数日分まとめてざっくりと。

姉からTシャツをもらう。
pic001_2017042212365567b.jpg

ぐうの音も出ない。
夏この頭おかしいTシャツ着ている人が居たら十中八九私です。


4/20 鹿角市某所で。
時刻 5:50→7:30
天気 横殴りの猛吹雪

ああ、山沿いってまだ雪がふるんだな。
しかも横殴りの糞みたいな天気で。
フリースにジーンズで挑みましたが1時間ちょいが限界でした。
帰ってきてから若干風邪気味だったのですがしょうがにんにくマシマシの
馬肉の煮込みを作ってゆっくり休んだらなんとか生き返りました。
釣果はもちろん0です。



4/21 大館市某所で
時刻 14:50→15:30
天気 晴れ、強風。

仕事抜け出し30分チャレンジするもノーフィッシュ。
pic002_20170422124445833.jpg
ウグイの遡上とたらのめを発見。
山菜の天ぷらはタラの芽よりもコシアブラ派なので放置。
街中では桜が咲き始めてるしそろそろ本流をやりたくなってきた頃合い。


4/22 大館市某所。

時刻 7:50→8:30
天気 曇りのち雨

一昨年あたりにせっせと通った沢にちょこっと様子見に。
昨年工事が入って結構変わって釣りは諦めたのだが
その後のポイントにもう魚いるかなって感じで見に行ってきた。
pic003_2017042212481117d.jpg
居た。
その他にもチェイスは結構あったけど書けれなかった魚も結構いて
腕が未熟だなと思うと同時にこのくらいいれば今年は楽しめそうと手応えを感じる。


時刻は一気に遡りますがちゃちゃっと一件エリアフィッシングの記事を片付けます。

4/14 岩手県八幡平市 ユーランド清水川にて

時刻 9:00→12:00
天気 曇り(強風)

80歳位になる方と一緒にエリアフィッシングへ。
釣果はまずまずでクランクやスプーンの巻きよりも
ミノーイングのほうが反応良かった感じでした。
初めてブラストイットのシンキングを使ってみたがコレはとても感触良いね。
フローティングはいまいちだったけどシンキングはアクションもレスポンスもとてもいい。
ウキウキでN夫妻から頂いたルアーだけど一発で1軍ミノー行きになりました( ・`д・´)
pic004_201704221253553aa.jpg
ミノーはどれも反応良かったけど特にこの2つは優秀だった。
(下:DENS70MDF ver MAT 上:ブラストイットミノーS)

今回のヒットルアー
pic006_20170422130014965.jpg
(左上から)
ウエイブラー
クラピー×3
ブラストイットミノーS
DENS/MATカラー ×3

(左下から)
ノア
ウルトラベスパ
リベロ
バベルGT×3
シャインライド
ボトムマジック
カランバ×2



明日の釣りは
pic007_20170422130527429.jpg
磯の予定です。
昔から使ってたチヌパワー+おからダンゴの組み合わせから
最新の流行の組み合わせにしてみました。(V10とか白チヌとかと迷ったけど)
今年はだいぶチヌが遅れ気味だがさてどうなるか・・・

スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

こりゃ年貢の納め時かね。

そろそろタイヤ交換しても良いような、
そんな感じの雰囲気にこの秋田県北部もなってきました。
しかしまだ奥山などに車走らせる可能性もあるし、
数年に一度は4月末に雪が降ったりするのでまだタイヤ交換はしない予定。
用心、用心と言うやつね。

しかし用心どころか釣り道具に関しては用心どころかまーたやらかしをしちゃいまして。
今回はそんな話。


4/16 青森県某所(陸奥湾管内)にて

時刻 20:40→1:40(5時間)
天気 快晴、星空がよく見える夜空。風は強め。

場所自体は紹介してもらったポイントに入るので詳細無しでお願いします。
今回の釣行は青森のN氏がエスコートでの釣りになりました。
ターゲットはもちろんメバル。

で、移動中薄々気づいていたことが有る。
青森市に入る高速道路の料金所で料金支払う際に
なんかいつもは有るはずの長物のケースがない。
うん、またなんだ。自分でもうんざりだよ。
ロッド全部忘れてきたの。

あえて言い訳させていただきたい。
エリア用のロッド、ネイティブ(本流用)のロッド、バス用のロッド、ソルト用のロッド、
渓流用(車に積みっぱ)と釣行に合わせてちょろちょろと中身入れ替えてるんだけど
最近はエリア行って渓流行って、バスの様子も見てから今度はソルトいってと
荷物の積み込みが毎日のように行われているので荷物忘れやすい状況にはなってた。
いやまいった。この時点で今日の釣行は満足いくものにはならないのが確定。
でも車には積みっぱなしにしているミニバチがあるからそれでやろうと決心。
(竿借りることもできたんだけど、数投するだけならまだしもガッツリ使うには
やっぱり怖いところがあるのよね・・・)

ポイントや攻め方を聞く。
ある程度のキーワードは聞いていたのでこんな感じじゃないかという
想定は立てていたが実際はもっと繊細な攻め方でなかなか手こずりましたが
pic003_201704181432163cd.jpg
pic002_20170418143214b84.jpg
pic001_20170418143213119.jpg
それでもミニマムサイズの中にも20くらいのがチラホラと交じる。
最初はいつも通りマイクロクローラーで攻めていたが、どうもテール部だけしか
かじっていないのかポロポロ落ちるのを連発したのでバブルサーディンに落としたら
ようやくしっかり来たかな、という感じ。
水は前日までの天気でだいぶ濁っていたことも有り途中フィジットヌードのクリアなど
ちょこちょこと変えてみたけどグリーングロー最強ということに落ち着いた。

コレが例えば普段行っているクリアウォーターの岩館なんかだと
今度はクリアラメなんかが効いてくるんだろうけど今回はグローでしたな。
0時までで豆サイズのメバルがいっぱい、時々レギュラーサイズが交じるという感じ。
ついでにこのポイントで一番のサイズだったのはN氏がプラグで釣った
pic004_20170418144810257.jpg
コレが一番だったかな。29センチだったと思うけど
魚のサイズ云々よりも体高の良さが目立った魚だった。

場所移動を提案して今度は前回の釣行でソイ天国だったところへ移動。
さっと竿振ってみるが・・・・・・・魚が居る雰囲気はもうなくなっていた。
潮の関係なのか、はたまたたまたまだったのか、分からないが
何れにせよ魚が全く居なかった(前回居た)のは何故だったのかを考えないと。
その後周辺で釣りをしてみるも風が強い&アタリがないため1:20、一旦切り上げ。
ちょっとだけ最後に上がりソイほしいと思い少し移動してぱっぱとマイクロクローラーを通して
pic005_20170418172250267.jpg
なかなかのクロソイをキャッチして撤退としました。

なんていうか、竿忘れた時点でかなり貧果に終わるかなと思いましたが
まぁ悪いなりにもなんとか・・・そんな日でした。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

バラし、バラシ、うーん・・・・?

エリア関係を中心に若干だけ戦力補充しました。
pic001_20170416121054aff.jpg
カランバのヒーローズ3種
K-Iミノーのオオツカオリカラ×2種
ちょい前になくしたノア鉄板北関東の補充、
バベルGTの補充。

加えて渓流用に一つ安物リールを追加。
pic002_20170416121706a3a.jpg
初代サハラに続き新サハラも買ってしまうという痛恨のミス。
しかも初代サハラは1年もしないうちにパーツ破損、ベール湾曲、
巻いてもゴリ感が強くなり、友人には「何このリール筋トレ用?」とか言われて
結局1年も使わずに戦力外最速記録を出してしまった初代サハラに懲りず
まーたサハラを買ってしまうんですなぁ。

こんなことを書くと渓流ルアーマンからは嫌な視線どころか
泥や石を投げつけられてもおかしくないと思うけど、自分はカーディナル33嫌いだし
シビアな性能も求められないしサハラで十分と思っている。
(逆に本流やエリアはドラグ性能の差など高いのを使うと差が出やすいと思っています。)
そんな渓流の話ですが今日はうーん・・・・?という感じでして



4/16 地元の小川にて。
pic003_201704161235597fd.jpg

天気 くもり
時刻 7:30→8:50(1時間20分)
ウエーダー引っ張り出してきて少し川を漕ぎながらの釣りを。
こういうポイントで張り出している木を気にせずにキャストするために
ミニバチを渓流にしたんだから、と本来の目的としていた釣りを展開する。

この川のこのポイントはエサが割りと流しづらく
それでいてなかなか木が邪魔で長いロッドだと投げづらいが
ミニバチなら問題なく振り切れるのが生きると思っている。
案の定魚は結構いるしチェイスは・・・・ある。

しかし、30分程度有るき回るもキャッチに至らない。
というよりもフックアウト多発なのだ。
魚がしっかりバイトしてそれに合わせてフッキングさせるが
どうも途中で魚がバレてしまう。バーブレスならそれも仕方なしと思うのだが
トレブルの方のルアーを使っても途中で落ちてしまう。まいったな。
pic004_20170416133900223.jpg
ようやくリュウキ45Sで1尾を取った。釣り開始からすでに40分もたってだ。
サイズも15センチほどということでもちろんリリース。

結局この後悶々と更に30分釣りをするがもう1尾をAR-Sでとったところで撤収。
pic005_20170416135115a90.jpg
これは小さいように見えて22あったのでキープしました。
AR-S#2で。

魚がしっかり追ってきてバイトしてるのに外れるとなると
まず一番最初に疑うのはフックなのだが、シングルバーブレスなら取れることがあっても
トレブルで取れるのはちとおかしい。
となると今度はラインを疑うのだが現在使っているPEでも先日までは
さほどこれと言ってバレ連発している状況ではなかった。
ロッドもそう。確かに固くて弾きやすいところはあるとは思うが・・・・。
次回釣行では巻き合わせへの変更など合わせ方をちょいと変えてやってみようと思う。
ミニバチで渓流などやってる人も他にいるとは思えないし
なんにしろ手探りで自分で改善していくしかないってのは難しくもあり楽しくも有る。



今後の予定など
4/14の清水川釣行の記事は後ほど。
4/16夜 陸奥湾へメバリングの予定
4/23は激荒ミンチもって男鹿方面へ
来週からぼちぼち本流も開始、サクラ狙っていきます。
多分5月最初の休みもチヌフカセになると思います。
例年通り5月末~6月に最初の北海道遠征を行います。
行き先、魚種などはまだ未定。エリア以外もあり得るかも?
地元のエリア釣行は友人らなどの誘いある時以外は6月まで無いかも。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

久々のフィッシングエリアUKへ。

PCがようやく帰ってきました。
そして4/9のストーリーガッツリ書いていたのですが
書きかけだった内容が全部ぶっ飛びました(´・ω・`)

なのでざっくりとだけ書いていきます。


4/9 青森県新郷村「フィッシングエリアUK」にて
pic001_20170413060944660.jpg

時刻 9:00→16:00
天気 はれ

プチ鱒大会を遠くに見ながら久々のUKへ。
今回はシマ氏ともう一人初心者さんを連れての釣行。
全体人数では約30名。開始は田んぼがわから。

開始はスプーンから初めたが反応がイマイチで結局はクランク。
上浜でもクランクが良かったこと考えると春はクランクなのかね。
それとは別にボトムは割りと良くてバベルGT、シャインライドで拾う。
放流はロールスイマー→ノア→ウルトラベスパ→再びノアで。
前回釣行からリバーオールド社のウルトラベスパを購入して使っているが
正直まだ全然感触がつかめない。どう使えばいいのかなコレ?

放流でノア2つほどブッチされたけど午前中は大サイズ2匹キープ完了。
同行者2名は午前券なので午後からはソロ釣行。
渋めだったんでBFをメインにして拾っていき、1時ちょいから小マスもキープし始める。
巻いているラインはどれれもコレも0.8号~1号のラインなので
メバリング用に巻いてあった0.3号のエステルをつかってみるが
3匹ほど釣ったところで良型ブラウンにあっさり切られ使ったことを後悔。
いや、後悔先に立たずか。

2時ちょいにインレット側に移動して空気読まないブラウンなどと遊んでいたが
脇から入ってきて執拗にラインかぶせてくるクソフライマンに文句つけたり
あまり楽しめた感じではなかったかな。すごく上手いフライマンもいたし
別にフライマンが全部クソだとは言わないけど、この日はほんと
「どうにかしてるよ」といいたくなるようなフライマンばっかだったな。

最後はエサ池で城峰オリカラ"二代目なおちゃん"でザクザク拾って終了。
このカラーはローライト時に圧倒的威力を発揮するのね・・・。
しまったな予備分も買っておけばよかった

今回のヒットルアー
(スプーン)
pic001_20170414225501d12.jpg
ノア
ハイバースト/オオツカオリカラ
QM
ペンタ/自塗
ウルトラベスパ
カランバ×2
グレッチ/自塗
BF×4
リベロ/自塗
ロールスイマー
バベルGT×4

(プラグ)
pic002_20170414230224138.jpg
パニクラ
クラピー/オオツカオリカラ、自塗×6
つぶアン/城峰オリカラ ×2
こしアン/オオツカオリカラ
シャインライド×2
ベビーバイブ
ザンム
イーグルプレイヤー/越トラオリから
シュヴァーンシャッド/アイランドオリカラ

殉職者はBFが1枚、ノア2枚、バベルGT1枚だったかな。
pic003_20170414230226335.jpg
サイズは驚くようなサイズは釣れませんでした。
それでもM券リミットの大4尾、小30尾確保には成功。
小マス30尾はなに、2~3時間位あれば余裕だろうと
1時過ぎ辺りから真面目に揃え始めましたがネットから逃げられたりして
ギリギリまでかかってしまった。ぐぬぬ



前回の上浜釣行から続けて違和感が残る。
全く釣れていない、というわけでもないがしっくり来ないこの違和感は
次回釣行(4/14)の釣行で更に顕著に。

ということで次記事に続きます。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

15分朝練一本勝負。

タックルケースをだいぶ整理しました。
エリア用に突っ込んでいたシャッド類はフック交換してバス用に戻したり
追加でやってくるカランバのためにスプーンの一部をリストラしたり。

現状でエリア方面はスプーンちょっと増強すればいいかな程度で
プラグ類は満足しているというか、釣りスタイルを絞り込もうかと考えているので
そろそろあれやこれやとタックルのスリム化をすすめていく予定。
金もなかなかにかかったがようやく使用ルアーがしっかり固まってきたことが嬉しい。
エリア釣行の話はちょっと後回しにして先に今朝ちゃっちゃと済ませてきた釣りの記事だけ。



4/11 大館市市内にて

時刻 8:45→9:00
天気 くもり

朝車移動してたら急遽用事が入り脇道にそれる事になり
せっかくそこまで来たならと用事をさっと済ませ15分一本勝負を。
はじめてこの流域を車で走るがめっちゃススキ。超ススキ。
このワードを言うとだいたいどの川速攻でバレるレベルで超ススキだった。
ちょうどよく落ち込みになっているポイントを発見したので
とりあえずリュウキでざっと流してみるが反応はない。
高台から投げているのでフラッシングを十分に出せていない?
確かに民家がそばにあるようなポイントではあるが形状考えると魚が居ないはずがない。

んー。
高い場所からしっかり沈めれてスローに攻めるとなるとやっぱコレでしょう。
というわけでブレットン#2を出して流れにのせてドリフトさせてくると
pic001_2017041119512385e.jpg
居た居た。ヒットルアー:ブレットン#2
もちろんリリース。
AR-Sでは軽すぎる上に高すぎて攻めづらい、
ミノーで攻めるような流れではないしスプーンか、スピナーだと思ったんだよね。

昔はスプーンならスプーンのみで、ミノーならミノーばっかで全域やってたし
知り合いだった人たちもそんなスタイルばっかだったが
エリアをやり始めた影響か、ポイントごとに一回一回ルアーを変えるスタイルになってしまった。
どっちが正しいとかって言うわけでもないしシーズン通して同じ種類のルアースタイルだって
良いとは思うが、ルアーをチョイスする楽しみ、これもなかなかオツなものだと思う。

※4/11に予定していたエリア釣行は釣行先の風速が8mだったため延期しました。
ウキウキランドも最低10日ほど休業に入るし行き先は清水川1択なので、
天気次第で行き先変えるのができないのが辛いところ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 上浜釣り堀センター(秋田県) 尻別川フィッシングエリア 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 合子沢養魚場(青森県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 0/10
釣行日数 0/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等 0/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR