いわなの村(青森県・平川市)へ。

(追記 2016/9月 この管理釣り場は閉業となったそうです。)

今まで行ったことのないエリアに行くのはいつもワクワクする。
しかし、初めて行くときに思いがけないトラブルにあうことだって有る。
たとえばgooglemapのナビ機能を頼りに運転したら
pic003_20140721220353962.jpg
こんなジャリ道のとんでもない山奥の農道を走らせられたり。
田んぼそばの細い道走ったりマジでたどり着けるか不安でした・・・・
確かにマップ上では道になってるんだけど実際走らないとわかんない道路なんていっぱいあるね。



青森県平川市「いわなの村」にて。(初遠征)
pic001_201407212111366be.jpg

時刻 10:00→1:00
天気 快晴
気温 30度
水温 19.8度
風はやや強い。

管釣りカテゴリで検索してもなかなかこれといった情報が数件しか出なく
手探りでの釣りになるのだが今まで使っているタックルがあるからそんなには心配はなかったかな。
今回はキャッチアンドリリースコースを選択したため釣果写真は省略。
先にヒットルアーから。
pic002_201407212121178f7.jpg

上段右から(今回初登場には※印)
ゴッドハンズ エグザ×2
ヤリエ Tスプーン※
ヒーローズ エフドラッグ※
イトウクラフト 蝦夷※
シマノ ロールスイマー×3
ジップベイツ ペレットペレット※

下段右から
フォレスト チェイサー
ヴァルケイン ハイバースト※
ロデオクラフト QM
スミス AR-S×2

3時間で釣れた本数は37匹。
そのうち半数をロールスイマーで釣り上げた。
プラグ類もそれなりに反応があるのだがサイズがサイズなせいで
スプーン中心にせざるを得ない状況であった。
その話も含め釣行記を以下に記していく。



他のエリアと同じく9時開始だろうな・・・・なんて思って到着したら
pic004_201407212242522ec.jpg
10時開始でございました・・・・
ううむ、山奥の砂利道を飛ばしてきた甲斐はなかったか。
まぁそんなこんなで9時40分ころに管理人の人が来てチェーンを外し入場。
レギュレーション等色々聞いた感じだとルールはこうらしい。

レギュレーションは
・シングルバーブレス装着
・制限ルアーなし(ワーム類、トレーラー類は多分ダメかも)
のみ。とにかく魚を痛めないようにだけ注意してくださいとのこと。
なので、リリースはやさしく行ってください。なるべく水中で、ということでいいだろう。

価格とコースは
・2時間コース、4時間コース、1日券があり、1日券は完全にキャッチアンドリリース。
2時間コースと4時間コースは2匹?くらい持ち帰り可能の模様。
ついでに受付時は名前と何かあった際の連絡先を聞かれます。
キャッチアンドリリースの値段は一日券で2160円。なにげに8%。
たいていのエリアが9時開始16時でに対して10時開始、17時までとなっている。
定休日は無く土日祝日は10時より。平日は昼以降。荒天時休業とのこと。

(てか、ネットで調べてもこういう情報が全然ないんだよねぇ・・・)

メインの客層は子供連れのエサ釣りで、殆どの人が持ち帰りで
その場で調理したものを食べていく感じだそうで、
ルアー釣りする人は今はあまりいないんだそうです。
現にこの三連休最終日、こんな素敵な天気だったのにルアーポンドで釣りしてるの俺だけだった。
pic005_201407212257314fe.jpg
とにかくルアーポンドが広い。
計測してみたら一周300mほど。面積にして4200平方メートル。キャパは50人位はいけそう。
(参考:うきうきで一周150m、面積にして1360平方メートル)
バスフィッシングも嗜むんで、このサイズの自然湖や沼なんかでは釣りをするけど
エリアフィッシングとなると今まで体験したことがない広さ。
広域に攻めればいいのか、それともバスフィッシングみたいに葦の廻りなどを
ピンスポットで攻めればいいのか、そういうプランは全然考えていなかったので
ユーランドやうきうきでココ最近やってるようにクランク系から開始。

水温は20度程度で魚の活性は非常に高い。
それとインレットは3本で水量も圧倒的に多い。
一回巻いてくれば2~3ヒットは当たり前、常に3~4匹がチェイスしてくる・・・・・が
魚が基本的にどれも小さい。
プラグ系だとどうも食いきれない感じで反応は良くても全然フッキングまで行かない。
てなわけで、スプーンに切り替えロールスイマーから攻めたら次々ヒット。
pic006_2014072123190438e.jpg

アベレージサイズは13cm~15cmくらい。最小は10cmくらいのもつれたかな。
この小さいサイズのニジマスが連続でポチポチとつれて行く。
しかし、どうも手応えに物足りなさを感じるため重めのルアーや
同じロールスイマーでもサイズを上げたものなどで木っ端サイズのニジマスを回避し
なるべく大きいのを探しながら一帯をひと通り攻める
pic007_20140721232341c13.jpg
一応粘るだけ粘って何とか30中盤台のを一匹釣り上げる。
でかいネットを持っていったんだけどなんとか使うチャンスに巡り会えた。
他にもいろいろ手を変え品を替えなんとかデカイのデカイの・・・と探っていくも
前日友人とバーベキューで夜中遅くまで起きていたせいか
夏の日差しと暑さにやられ17時まで居る予定が1時でドロップアウト。
手持ちのカウンターが37匹で止まっていた。

pic011_2014072123503222e.jpg
思うに、ココのエリアは4lbフロロラインじゃあまりにも太すぎる。
ココは1ポンドやら1.5ポンドで繊細な攻め方をするようなつり場なんじゃないかなと思う。
今日は2lbのラインつんだリールを持ってこなかったことも有り
釣れるには釣れたけどどうもラインがオーバースペックすぎて楽しみ甲斐が足りなかったかな。
それと、ココはボトム系のルアーは非常に反応が薄く、またトルネード系も効かない感じ。
逆に今回は釣れなかったけど他のエリアでは結果が出なかったリュウキや
エリアでは初登場の蝦夷なんかも果敢にヒットしてきてたことを考えると
渓流でも使えるルアーを流用するのが結果が出やすいと感じた。
あと水質がマッディなためヒットはアピールカラーが中心となった感じ。
全体的に魚のサイズが小さいのは子供用のエサ釣りがメインの客層になってるからだろうね。
唐揚げしてもこのサイズなら骨までむしゃむしゃいけるし。
ちょいと調べた感じでは弘前周辺の人にとっては子供を連れて行くには
ちょうどいい距離、場所、価格なんだろうね。

というか、ぶっちゃけた話赤銀のロールスイマー投げながらひと通り回れば
それなりに数を重ねれるんじゃね?と思った。

家族連れが非常に多く、大混雑&大盛況なエサ釣りポンドがある反面
こんな広大なルアーポンドを独り占めしているってのはなんか不思議な気分になった。
そんな一日。

あとで自分行ったエリアの詳細色々まとめておこうかね。



道の駅などに寄って
pic008_201407212336507a9.jpg
りんごジュース(炭酸)をごくり。

pic009_20140721233651e28.jpg
馬肉ラーメンをぱくり。

pic010.jpg
ソフトクリームをぺろり。

釣りに出かけた締めをするのはほんと日々の疲れが飛び、心が満たされる
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 上浜釣り堀センター(秋田県) 尻別川フィッシングエリア 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 合子沢養魚場(青森県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR