久々に上浜釣り堀センターへ。

徐々に朝の早さに慣らしていかないとなーなんて思うけど
今時期早起きしても1文の得もないんだよなぁ・・・
まぁそんなこともあとすこしで釣り三昧のシーズンに入るんですがね。

今年のネイティブ方面は"欲張りセット"を用意しました。
pic001_20170329205407ef8.jpg
"欲張りセット"と言うのはつまりサクラマスの水系券にしたことですね。
例年は所属する漁協のみの範囲で行使できる券だったのですが、
デイシーバスを今年やってみようかなと考えていたので
ならば現地の監視員とトラブルが起きにくいよう、サクラマスの水系券を買いました。
河口付近ではシーバス狙いの人の遊漁券云々で毎年揉め事が起きてるとか。
自分はまぁそんなのめんどくさいってのも有るし、購入したことで1尾でも多くの
サクラマスの放流資金の糧になれば、と考えました。


てなわけで今回は久々のエリアフィッシングの話


3/26 秋田県にかほ市「上浜釣り堀センター」にて
pic001_20170327223723969.jpg
天気:快晴
気温:7度位(昼)

前回が2015/7/24なので、約1年8ヶ月ぶりの釣行になります。
前回釣行時は自分以外に釣り人もおらず、ほぼイレパク状態でした。
さて、今回は?


釣行内容になる前にちょっとしたタックルの変更を書いておこう。
今回から汎用フックをダイワのプレッソマルチ、プレッソショートマルチに変更。
ここぞでヤリエやアイビーラインのフックに変更する算段。
なぜって?そりゃある程度の軸の太さがあって刺さりもよく、大物も無難に処理できるからだ。
カルティバのSBL47をこの位置づけにする予定だったのだがいざ使ってみると
あまり満足のいかなかったので何か代替を、ということで白羽の矢を立てたのがこのフック。
結論から言うと結構満足してます。入手も楽だしね。

ラインにも手を加えました。
今回からこちらのラインを使用しています。
pic002_20170327225342866.jpg
シーガーフロロマイスター3lb→サンラインパワードへら奏0.8号
   同              →シーガー筏チヌスペシャル1号。

まぁ明らかにルアーラインでない2種を使っています。
というのも、先日展示会でラインメーカーさんと話ししたときに
私「細くて強靭で、しなやかでルアーに使えそうな糸ってあります?」と聞いときの話を
色々かいつまんでいくことになるのですが
基本的にルアーラインと言うのは「断絶保証」をしなくてはならない。(国際規格)
コレは4LB表記のラインというのは4LBで必ず切れなくてはならない、ということ。
ルアーラインに書いてある○LB.testってのはコレ。
また、「号」というのは基本的に糸の太さを指すもの。よく4LB=1号と認識されているけど
実際は4lbと1号ってってのは全く違うことなんですね。また、強度を考えると
ある程度伸びのあるもののほうがためが効くのは明らか。
選択肢としては号表記のラインで、ナイロンラインという選択肢になる。

じゃぁ、メーカーとして一番神経質にラインの質を整え無くてはならないのは何か。
まずは磯。そしてヘラ、鮎。ナイロンの場合、伸びっぱなしになってしまうと
棚がボケてしまい思ったレンジに届けることができなくなる。
その為技術の粋を集めて伸びてもしっかり瞬時にもとに戻るラインは必要になる。
しかし残念ながら磯用ラインでは一番細くても1.5で太すぎる。
また、鮎ラインだと巻き数が少なすぎる。
というわけでおすすめされたのはへらびとというラインだったのですが
ここはあえて最高級のへら道糸ラインを使ってみようということで「奏」を購入。

コレも先に使用した感想を書いていけば
サンライン奏0.8+シーガーグランマックス0.8の組み合わせで使用したけど
やばい、かなりやばい。全く切れる気がしない。
コレほど心強い強さは久しぶりという感触だった
(※ナイロンのメインラインですが色が付いているので3mほどリーダー取りました)
使っていてもこりゃ強いなってのがはっきりわかった。
今回一度結束部からほつれてしまったがラインそのものから断裂する気は全くでない。
あえて注文をつけるとしたらガイド通りがあまり良くないのだが、
そこは本来の用途とはかけ離れた使い方なので仕方ないと思う。
まぁ、価格帯がグランマックスと同じランクなのでそのくらいはやれてもらわないと
ちょっと、ってのもありますけどね。

それもコレも春以降のエリアフィッシング、とりわけホームにしている2箇所と
今年もやります北海道遠征を見据えてのパワー系タックルの選定も行いたかった。
あれこれググっていくと、上浜では1.5lb程度の細糸での繊細な釣りが
トレンドになってはいるようだが、ここは釣果が落ちたとしても
力こそパワー、パワーこそ力ってことでパワー系で攻めることにした。

同時に、今季から渓流でカバーがきついポイント攻めに使用する
ミニバチの使用感の再チェックも同時に行いました。
ということで今回の釣行記はここから。



到着は9時。
車はひい、ふう・・・・・おいおい、めっちゃ混んでる!
これまで3度上浜にはお邪魔したのだが一番混んでたときでも1桁だったと思う。
後に秋田市の某釣具店の店長さんから話を聞いたけど
「上浜ここ最近めっちゃ人気出てるよ、特に酒田とか山形県中心の人が多いね」
確かにバスにはまだ早いし磯モノも早いし、川もまだ解禁日前だし・・・

9:10 受付してまずは大物池は向かう。
ハイプレッシャーの状況でしっかり大物池で魚と勝負するのはまだ無い。
まずはここで一匹釣ってからメインポンドに移ろうと考えていた。
pic001_201703280730440cf.jpg
水は相変わらずの超クリア。
でも木陰にはそこそこ魚が見える。
コレはなんとかなるかな?


pic002_20170328073046862.jpg
なんとかするのに15分以上かかるやつ。
確かノア→BFとやったけど追うどころか全く興味を示してこなくて
でもクランク投げるにも水深が浅くて・・・・じゃぁってなわけで
カランバ取り出してフックサイズ下げたらどん、だったはず

シルエットの大きさから大物用と思われがちのカランバだけど
フックサイズを#6に下げるとレギュラーマスもしっかりとれます。
最初からついているのは多分ヴァンの#2だと思うけど
個人的にはカルティバSBL47#6がベストマッチだと思う。

まぁレギュラーサイズではあるが一匹釣れたのでメインポンドへ。
それなりに釣れてはいる感じ・・・だがとにかく透明度も高いしプレッシャーも強いので
ノアjrから開始。ダメー
じゃぁBFは?ダメー
グレッチ使っちゃうよ?はいダメー
なるほどザワールドの愛川欽也ばりにダメ出しが続く。
近くでは釣れているのに自分は全く反応無しで50分位ノーフィッシュ。
いっその事ボトムはどうか?と思いシャインライド投げるとコレは好反応。
ならば・・・ということでミニバチにペレスプバンプを装着。はい、正解。
コレがもう一投一匹。ボトムにつけてからのデジ巻きが非常に有効だった。
まぁ、きっとフォールゾーンやエグザなど投入するともっと楽だったんだろうけど
そこまでルアーサイズ下げると飲み込まれるかなーなんて。

14匹くらいほぼ連続で釣れたあたりで近くに居た釣り人が
「あれ邪道だから、オレは正攻法の巻きでしか釣らねーんだわ」とかっていう嫌味聞こえたが
はいはいそうですかと聞き流しながらもじゃぁ巻きでも釣ったるよ!
ってわけでシュヴァーンとハビィとスピッシュで取ったあたりで
インレットがいい感じで空いたので移動。散々叩かれた場所だけど
この辺に漂ってる魚めっちゃやる気が感じられないので潮時とは思ってた。

と言うのもだ、回りで結構叩いていることもあって
やる気のある魚が中央付近に多く、そこに投げれるかどうかで
どうも大きく釣果が変わっているのに気づいていたから。
入った場所は左右から大きくキャストされるためなかなか中央まで
ロングキャストするのが難しかしく、気難しい魚ばかり相手せざるを得なかった。

インレットちょい下に入る。
いやー、さっきと打って変わって楽。
後にやってて体感したけど中央付近の魚よりは叩かれ気味で
活性は落ちるもののそれでも魚きっちり素直に追ってきてくれうことの喜び。
が、少し釣ったアタリでパタリと止まる。
横の3人組は結構そこそこ釣れている。
自分との違いはなにか、ルアーどんなのを使っているか
その辺をじっくり観察してみると気づくことがあった。
他にも釣れてる人の多くはルアーチェンジが圧倒的に早い。
自分は1個のルアーを5~6投は投げるが早いと2投くらいでチェンジしている。
加えて、使っているルアーのほぼ全てがクランク系。
確かにスプーンでも反応が出ないわけでもないがクランクねぇ。
ちょいと試してみるかなとおもむろにエアーブロー、つぶアンの入ったケースを開けて
同じように釣れなければ即交換、釣れても3~4投で交換を意識して
ゆっくり見せながら釣ってみると・・なるほど、ほう、ほう、ほう!
普段はルアーローテーションはかなりゆっくり目だけどこういうのもあるのか!
釣れている人をよくよく観察していきその技術とかやり方を自分の経験にしてく、
コレはエリアに限らずホント大事なものだと思うのよね。
まぁ、個人的にはスローシンキング系のこの手のクランクのゆっくりまきが
一番いいかなとは思ったんだけど、手元にピンとくるものがなかったので
ロッドを水に突っ込んで巻くことで沈めてごまかして釣ってました。

2投でダメなら交換。
投げても4投程度までと決めてどんどんローテーションを組むと
コレまたいい感じに数を重ねることに成功する。
まぁ、道具だよりのブルジョワフィッシングではにっちもさっちもいかないとき
どうするっていう話も出てくるのだが、とりあえず今日はこういうことでOKのようだ。

12時過ぎ、隣の3人組が交互にご飯を食べはじめて
ちょいと中央に投げれそうなのでおもむろにカランバフルキャストしたら
6連続くらいで釣れちゃう。やはりカランバ is GODか・・・・
ではなく、まぁ単純に四方からプレッシャー掛けられてるから
やる気のあるやつが真ん中に集まるのは仕方なく、レンジもちょうど合ってたんだろうね。
ルアーの交換をしながらそこそこのペースで釣って1時ころ受付に
魚を調理してもらえることを確認、ぱっぱと豆を使って
大きい方を1尾、小さい方を1尾用意して持ち込む。
小さいほうが連発でなかなか大きい方がつれなかったのは反省だな


ちょろっと釣りながら調理が終わるのを待つ。
ポツポツと釣ったあたりで「できました~」と。
座敷に通されて待っていたのは
pic002_20170329213217e0c.jpg
おお、コレですよコレ。
どんぶりいっぱいのご飯にお味噌汁。
そしてニジマスの唐揚げ。この組み合わせに間違いなど起きるはずもない。
ましてや先程まで生きていた魚だから生臭さも出ることはない。
(魚の生臭さは基本的に鮮度落ちからくる)

骨まるごとのからあげなのでちょいと邪魔になるんじゃないかなと思ったけど
しっかり二度揚げサれててサクサク行ける。うん、うまい。
このカタクリ系のから揚げ粉がいい仕事してるなー。
今時の業務用のから揚げ粉って扱いもかんたんだけど
こんな感じのしっかりしたサクサク感がある揚げ物って出来ないんだよね
とかなんとか独り言ぶつくさ言いながら

pic003_2017032921410896e.jpg
ごちそうさま。
体をストーブでしっかり温め直していざ、午後のスタートと行こう。

14:25釣り再開。
珍しく休憩50分位取ってたんだなぁ。
いつもエリアフィッシングでは休憩なしでやってることが多いけど、
ノルマ無しの釣りだとこんな感じでゆっくりやります。釣りバカだってお腹は減るんです

午後は少しメインポンドで釣った後再び大物池へ。
フォールゾーン1年ぶりくらいに投げてみるかなと思い投げたら
pic004_20170329214926561.jpg
あっさり出てしまう。ま、まぁ今日1出てしまったし、またメインポンドにいくか・・・
トラキンエキスパート戦にも参加している友人T氏にも
"一部エルアでレギュレーション上使えないルアーは結構あるけど
だからといってそれを全く使えないと困る日も来る。
使用OKの釣り場なら時々練習しておいても損はないよ"って言われてるしね。
とかなんとか。


メインポンド戻って適当にあれこれクランク投げ始める。
飯を食う前はつぶアンとかあのへん投げてたけど
ワウとかトレモとか水押し強めのシャロークランクどうかなと思ったらうん、まぁ、釣れる。
ニョロも・・・見切られるのが早いけどコレも問題なく釣れるし
活性が上がってきているのか見切りは早いが交換してすぐは反応が良い。
カランバ以外のスプーンには相変わらずだったんだけどね(´・ω・`)


時間は15時30ころ。秋田市に寄る時間、帰宅までの時間を考えると
リミットは16時半頃。最後に常連さんらがメインで入っている樹の下とか
あかないかなーなんて考えてるといい感じに入れそうな場所が。
ここからなら中央の魚にルアーをアピールできる!ということで移動。

案の定叩かれているとは言えやはり中央の魚はきちんと反応する。
やっぱり四隅ではなく四辺の中央が圧倒的にいいじゃないですか。
四隅でやる気ない魚メインに構ってた時間がもったいないなぁ。
ある程度巻きでとってラストは豆ドサドサなげて
pic005_20170329221403424.jpg
16:40、上がりマスをエグザで取って終了。
エグザ使うのいつぶりなんだろ・・・・・・。

ネットインの前に落とす魚も結構多かったので多分この日は多めに見積もっても
70程度止まりだと思うけど、もう一度行ければもうパターンもやり方もわかったので
ぶっとい糸ではなく細糸駆使して数を伸ばすのは問題なくやれそう。
ここでやるならやはり下調べどおり1.5lbくらいの細さで十分だね。
それでもまだ太いかもしれないけど、定期的に釣りに来れる距離でもないので
たぶん次行くときもパワータックルになると思います。

あーこの人めっちゃうまいなって思う人もちらほらいたし
pic006_201703292232218e2.jpg
アイビーライン・ムカイカップが行われるようで
メーカー協賛の大会が企画されてあったりと、
近場に有るならあれこれ腕磨くにはいいなぁ・・・なんては思いました。
大会そのものにはあまり興味ないけど、手持ちのムカイ製品で
使い方がよくわからないルアー結構あるのでコンセプト直接聞きたいんだけどなぁ。
それとペレスプバンプがとても良かったし直売アレば欲しいなーとか。
そううまくぽっ、と予定が空くはずもなく。

とりあえず先に今回のヒットルアーを。
※今回からルアーメーカーの表記を省略します。
pic007_201703292237137b3.jpg
(一段目・左から)
つぶアン/城峰オリカラ ×2
つぶアン/オオツカオリカラ
エアーブロー/自塗り
イーグルプレイヤー/越トラオリカラ
インチクランクUneR/越トラオリカラ
ゴキクラ
トレモスマッシュ
トレモ/アイランドオリカラ
ワウ/オオツカオリカラ
ワウ
スピッシュ

(2段目左から)
パニクラDR
シャインライド
ミッツドライ
カランバ×2
スイッチバックスプーン
ファクター
ノア×2
BF
グレッチ×2

(最下段左から)
シュヴァーンナノ/越トラオリカラ
ココニョロ/自塗り ×2
フィッシュイーター/自塗り
エア
ペレスプバンプ×2
ドワーフ
NST
エグザ
ハビィ

(記載漏れ)
フォールゾーン

殉職者
ペレスプバンプ:スナップ開けっ放しで釣ってたようで(´・ω・`)
この他に1度木に引っ掛け、1度合わせ切れしましたが
pic004_20170207212445d01.jpg
根掛かり、ルアーロストへの新型兵器のお陰で難を逃れました。



帰りは象潟の道の駅で帰り道にいくつか有る親戚にお土産買って置いてきたり
清水川でよくあってた方に会いに秋田市へプラっと寄ったり
旅として見るなら結構充実した1日なんじゃなかったと思います。
pic008_2017032922581729b.jpg
やはりネイガーはいいキャラしてると思うよ、うん。

この自販機で飲み物買ってくるの忘れたのが心残りか。

でも、やっぱ県南、中央の秋田弁って綺麗だなー
自分が主に喋ってる秋田弁は津軽弁、南部弁、秋田弁のハイブリッドだから
秋田弁と言ってもイントネーションだいぶ違うんだよなぁ。
県南部だと「しゃっけーのみもの"なんとだ?"」だが
自分の住んでるところだと「しゃっけーのみもの"どんだ(べ)?"」になる。
多分普段の会話は県外の人は絶対理解できないと自信あります。


次回釣行は4/9(まだ未定)
ホッケは接岸しない、磯もまだ微妙に早い、サクラは混むだろうから休日はなし
ユーランド清水川はこの日岩手の釣具屋がイベント予定だから回避、
ウキウキもT氏の情報によれば大会が有るとかで(2面のうち1面貸し切りかな?)
謝肉祭の餌になるのも一興だが太いタックルだけで今揃えたばかりなので回避で
八郎潟にブラックバスしにいくか、エリア遠征を考えています。
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

上浜釣り堀センターまで短時間遠征しに。

ルアーロッドの手入れとなるとたいていはボナンザなど使っていると思うが
私のところでは継ぎ目などにはこの「竿の油」とかいう怪しげな商品を使っている。
pic002_20150724224052cdf.jpg

自分の父の世代からずっと使ってきた道具で、主に和竿のメンテナンスに
使われてる油ってのはわかっているが、今は何処で手に入るかわからない。
竿と竿の継ぎ目部分などをコレでしっかり拭いてあげると、竿を組み立てる際に
接合部がしっくり来る感じでぬるりと装着できるし、滑るタイプの油でもないので
変に動きに遊びが出ないため、残ってる在庫を丁寧に丁寧に使ってきたが
とうとう在庫が尽きるようだ。今度は何処か別メーカーを探そうか色々模索中。
竿のメンテナンスはマメにやらないとトラブルが起きやすくなってからだとまずいしね。




7/24 秋田県にかほ市「上浜釣り堀センター」にて。
pic003_20150724224514d28.jpg

時刻 16:00→17:30  (合計90分)
天気 雨

短い時間の釣行。詳しくは釣行記の方に書きますが
短時間でも充実した楽しい釣りが出来ました。
今まで2回ほど遠征したんだけど、今回の釣りは抜群に楽しかった。


今回は先日買ったばかりのルアーの試運転もあったこともあり、
短時間で多くのルアーをローテーションさせました。
そんなわけで今回のヒットルアーから。(コメ印:今回初登場)
pic001_20150724224051a93.jpg

上段左から
ふわとろ35F(シマノ)
マイクロクラピー/ペレットオールスターズカラー(ラッキークラフト)※ ×5
ミディアムクラピー/ペレットオールスターズカラー(ラッキークラフト)※
ココニョロ(九重ルアーズ)
ココニョロ/自塗装(九重ルアーズ)

中段左から
サーフェスエアーブロー/ペレットオールスターズカラー(ラッキークラフト)※
パニクラMR(ジャッカル)
ワウ/ペレットオールスターズカラー(ラッキークラフト)

下段左から
ノア/シグネーチャーモデル(ロデオクラフト)
EIEN/クライマックスカラー(アングラーズドリームバイト)
クローザー(フォレスト)※
ジギルjr(ロデオクラフト)
ジギルjr/シグネーチャーモデル(ロデオクラフト)
ブラインドフランカー/シグネーチャーモデル(ロデオクラフト)

殉職者
なし。
素晴らしいことだ。

釣果:25ちょい(全リリースしたので釣った写真でも)
pic008_20150724231013718.jpg
pic007_201507242310113c3.jpg
pic006_201507242310109c7.jpg
pic005_2015072423100932d.jpg
pic004_201507242310070c7.jpg
ペレットオールスターズ各種のチェック。(通常池で)
白系が一番反応がよく、暗い色はチョット反応がにぶめかな。
他にもパニクラなどほかクランクでもルアーのレンジを確認しながら釣る。

pic012_201507242315385fd.jpg
pic011_20150724231537b62.jpg
pic010_201507242315362cb.jpg
pic009_20150724231534175.jpg
大物池の方では合計8キャッチ(13バイト)
ココニョロ1、ノア1、BF2、ワウ1、ジギルjr2、EIEN1
7尾とか思ってたんだけど8尾も釣れてたんだなぁ。

一般池は40分程度で切り上げ残りの時間はすべて大物池で。
今回は釣れるだろうと信じていたが、コレほどまでに連発できたのは自分でも驚き。
それもそのはず、そこには理由が・・・・ということで今回の釣行記は以下から。



急な用事が入りまして、仕事をおやすみして11時から秋田市へ。
あれこれと終わらせてようやく自由になったのは14時過ぎ。
まぁ、そのまま帰っても悪くはないんだけど、せっかく秋田市の方まで来たんだから
上浜に行きたいなぁ・・・なんてのを考えていたため、車には竿を積んでいた。
しかし問題は天気だ。

pic013_201507242329524cd.jpg
絶対豪雨に打たれるよなぁ・・・これ

行こうか行かないか迷ったが・・・・えええい、ままよ!
合羽は持ってきてるし強雨に打たれたらしゃーない。
むしろ他に釣り人絶対居ないような状況だしむしろ開き直れー!

到着したのが16時に10分前くらい。
無論、人は誰も居ない。平日のこんなクソみたいな天気で釣りする人なんて
余程の釣りバカ以外いないだろうしね。

私「すみません、17時までの営業時間なので1時間位になっちゃいますが大丈夫ですか?」
「あ、いいですよー、もしあれでしたら18時までやってもいいですよ!」
私「まじっすか(゚д゚)!」

でも、あまり遅くも帰る訳にはいかないので30分だけ延長させてもらうことにして
17時半まででお願いしますと告げていざ釣り場へ。

pic016_20150725001106041.jpg

まぁなんだ。
プラグは投げて表層巻けばすぐ釣れる。
なんでも釣れる。何だこりゃ、ヤバイくらいどんどんヒットする。
ヒットしたら交換する感じでクラピーをそれぞれ試していたんだけど
投げて直ぐに交換する感じになってしまい、コリャなんかおかしいなと。
なんでこんなに釣れるんだ?放流後?うーん?でも平日だよな?

なんて言っていたら管理人さんの人が居たので挨拶したら
「今日は何投げても釣れるでしょ?だってこの3日間で最初のお客さんだし
私「またまたまじっすか(゚д゚)!」
そりゃ釣れるわけですよ。考えてみたらわかるけど1日のインターバル入れてだけで
魚の活性なんてグッと回復するのにコレが3日間ですよ。
コレで釣れないはずがない。そりゃ入れ食いになるわけで・・・ん?
となるとこれは大物池いけるか!?
pic015_20150725000121cba.jpg

初めての遠征時は1匹も釣れず惨敗だった。
この時は全く歯が立たなかったのもあるが、そもそもこのドシャローを攻めるための
武器も全くなかった。釣る以前の問題だったかもしれない。

2回めの遠征はなんとか一尾釣れた。
しかし、粘って粘ってなんとか豆で1尾拾った程度だった。


そして今日。
天気も荒れ気味だが雨も降ってプレッシャーは低い。
今日はBFを始め、シャロー系のクランクなど攻めるためのルアーは揃っている。
いざ・・・!なんてことでBF投げたら着水まもなく水面爆発
文字通り、バチャーン!って言う感じで暴れまくる。水深が浅いこともあり、
水しぶきやら何やら、コレまで行ったエリアとは段違いで派手だ。
ヒットするたびにそれが繰り返されるんだからたまらない。
pic014_201507242357308b7.jpg
しかし何だ、サイズの割にココの魚はまっすぐに走りまくる。
そのやりとりが派手な水しぶきと相まって思わず笑いが出るくらい楽しい。
自分でもなんでこんなひとりごといってるんだよと思うくらい楽しい。
しかもルアーを変えればきっちりチェイスして・・・ひったくる。
クランクよりはスプーンのほうが反応がよく、小さなスプーンを表層20センチ位を
ちんたらだらだら巻いてくるパターンが一番反応いい感じ。少し重めのルアーは
竿を高めに構えてきちんと表層のレンジキープをするのを徹底した。
下手にアクションを入れるとむしろ逆効果な感じであった。

この池の大物が毎日このくらい高活性で仕事してくれれば
みんな目の色変えてクソみたいな天気だろうが遠征してくると思うし
俺も多少の長旅くらい我慢して定期的に通うのに、と。

大物池で合計13バイト、8キャッチしたところでタイムアップ。
こんな短時間でもタイミングによってはこんなにもイージーに釣りができることに
今日ココに来て釣りしてよかったな、という心地よい気分を味わう。

1時間半の釣りで1500円くらいだったはず。
大変楽しかった。短いながらこの満足感、きっと充実していた90分なんだろう。
多分また1~2年以内に秋田市へ行く予定も出るはずなので
またその際はお邪魔してみようと思う。
明日明後日は一般池はほとんど荒らしてないのでオススメですよー!
pic017_20150725001904823.jpg

そんな一日でした。
空は荒天、しかし心は晴天。
できればまた去年みたいに秋口にでも・・・・

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

8ヶ月ぶりの上浜釣り堀センター遠征

帰り道、秋田市の釣具店で何かいい感じのルアーがないか漁っていた時に
多分釣りビジョンか何かの番組が流れていたんだけど、
「若い子に『エアマックス狩りってなんすか?新しい髪型っすか?』て言われた」
とかいうネタやってて、ちょい前に、俺が偏光グラスなくする(現在3つ目)話をした際
「いやー、おでこのメガネがでこでこでこりーん」のままにしてて
よく落とすんだよねー」とかいう説明が果たして伝わっていたかどうか
もしかしたら「何言ってんだこいつ」とか思われたかもなーとか言うのを思いだした。

で、なんで秋田市の?
-そりゃ遠征したからです



6/7 秋田県にかほ市 『上浜釣り堀センター」にて
pic001_201506081201298c6.jpg

pic008_20150608160523963.jpg

時刻 9:30→17:00
天気 快晴
気温 半袖だと木陰にいると寒いが日当たりだと暑いくらい

清水川へ行くか、上浜に行くか前日の夜まで悶々と悩んだが
6/2に行って釣ってきた鮭がまだそこそこ多めに冷蔵庫・冷凍庫に入っているので
今回は上浜釣り堀センターへ向かうことに決めました。


まず最初にいつもどおり今回のヒットルアー(コメ印:今回初登場)
pic002_201506081220458e5.jpg
※間違って写真最上段左につぶアン写しちゃったけど今回釣れてません

(最上段左2個めより)
ザンム(ムカイ)
ミッツドライ(ジャッカル)×2
コロン(アイビーライン)
ピンズミノーS(YO-ZURI)※
ザッガーF1 ビッグファイト松本カラー(ハンクル)

(中段左より)
X-スティック(Xルアー工房)※
ジギル(ロデオクラフト)
ノア 2014シグネイチャーモデル(ロデオクラフト)※ ×2
ロールスイマー(シマノ)
サテライトベスパ(リバーオールド)
アルミん(ウォーターランド)※
ハイバースト(ヴァルケイン)

(下段左より)
ペレットペレットS(ジップベイツ)
ペレットペレットSS(ジップベイツ)
フォールゾーン(ディスプラウト)×2
エグザ(ゴッドハンズ)
キメラ(ネオスタイル)×2

殉職者
エグザ×5?
池の中心部に人工的なブレイクライン?が作られてあって
底の木の部分に3本ほど根掛かり。
2本はヒット時にラインブレイク。

詳しい話は釣行記の方で書くけど
ペレットペレットが非常に効くエリアでコレ1種(タイプは2種)とエグザはよく効いた。
ついでに同じボトム系でもキメラはあまり効きづらい。フォールゾーンはもっと効きづらい。
他のエリアでは使わないけどXスティックもレギュレーションでOKなので初使用。
巻きは表層系が強めな感じ。

釣果:72匹
pic007_201506081601528a4.jpg

開始~1:30まで 59匹。 1:30~5時まで 13匹
午後からは非常に悩まされた釣り。午前中何とか爆発をキャッチ出来たのがデカイ。
針を飲み込んだ2匹を持ち帰り。
針はきちんととれたけど、手が触れてしまった魚はリリースするとよろしくないので
持ち帰り許容量を超えない程度で。
ついでにこのエリアでは釣った魚をさばいてくれるため、この状態での写真です。

前々回より
ス バリバスプレミアムPE6lb+シーガーグランマックス0.6
バ サンヨーナイロン GTRトラウトスーパーリミテッド 3lb
にタックル変更。
正直、上浜だと1.5lbくらいでちょうどいい感じなのかも。
コレでもまだ太いというか、釣れる魚に対して強度に余裕が有るという感じ。

前回釣行でも触れたが上浜釣り堀センターの詳しいレギュレーションなどを。

遊漁料(8ヶ月前に釣行時と同じ料金払ったので変わっていないかと)
pic006_20141013083653ce5.jpg
釣った魚はある程度持ち帰れる。
持ち帰りの料金考えても非常にリーズナブルに楽しめます。

ルール
・シングル、バーブレスフック必須
・トレブルフック不可
・フェザー、起毛系不可
・ワーム、トレーラー不可
・集魚剤等不可

至って普通のレギュレーション
秋田市内幾つか釣具店回ったんだけど
なんでアラベスクをお勧めルアーにして売ってるんですかね・・・・
ジグヘッドみたいなのもすぐそばにあるし売れればいいってもんじゃないでしょ。


対象魚はニジマス。
レギュラーポンドは15cm~40cmくらい?
大物池は50クラスがいくつか泳いでいる感じだった。
池自体は人工池で水質はクリア。ただし、今回気温の上昇があるせいか
全体的に白色の濁りが入っていて、気温が暑くなるにつれ活性は下がっていた感じ。

池は大物池、レギュラー池の2つ。
大きさ等は前回の釣行時の記事を参考に。えさ釣りも共用です。

まぁそのへんも含め今回の釣行記を。


冷蔵庫の中に鮭・・・・まだある。
今回は帰ってきても仕事は残っていない・・・それなら遠征するか。
てなわけで、五城目町から高速に乗りはるばる2時間半をかけて
約8ヶ月ぶりに秋田県にかほ市の上浜釣り堀センターへ遠征してまいりました。

実はチョット前に清水川で「いやー、普段は上浜の方で釣りをしていて」という
秋田市からいらっしゃってた釣り人さんと話をすることがあって
その頃からしばらくぶりに行きたいなと考えてはいた。さすがにちと遠いけどね・・
pic003_20150608134125472.jpg
開始時先客は4名くらい?全員ルアー。
前回陣取ったインレットにはすでに人が居たので、最初は木陰側から開始。
表層に結構魚の反応が集中していたので、パイロットルアーで
いくつか釣ったあとはミッツドライでトップでいくつか食わせる。
そばにある木陰(上の写真)のカバーになってるところなど、
トップのルアーを投げるといい感じに反応が帰ってきて楽しい。

ひと通り投げて反応がチョットイマイチになってきたので、前回のパターンである
ジップベイツのペレットペレットを投入。フッキングがかなりしんどく、
アタリのうち1/4拾えた程度か・・・なんていうレベルでしか拾えなかったけど
アタリはかなり多い。キビキビとしたアクションではなく、ゆっくり竿を立てて巻き上げ
ゆっくり竿を下ろしてフォールさせる感じのアクションが一番反応が良かった。
あまりにもアタリが取りづらいなと思ってダブルリング+スプーンフックにしたのだが
若干は改善したかな?程度だったかな。コレフックの向き変えるのがいいのだろうか。

その後、インレット側に入った人がひと通り釣ったのか移動したのでそちらに入る。
そっから移動してから90分はもう連続、連続。流れ作業的にヒットが続いて
あれよあれよと1時ころまでにはカウンターが50すぎにまで到達。
こりゃ100いけるかな?と思ったのだが昼過ぎからは一転、
パターンがガラリと変わったのか一気に厳しい戦いに。
後々気づいたが水温や熱冷のせいか、魚は木陰の方に移動してたみたいで
ソッチのほうをスプーンで攻めるパターンを見つけたのはもう終了1時間程度前だった。

pic002_20150608152108fc8.jpg

pic001_20150608152107fb8.jpg
最後の40分を大物池の方で攻める。
この写真が大物池なのだが、魚の9割近くはやる気が無い感じ。
底面が藻じゃなければ、もしくはある程度の水深があれば
ミノーでリアクションバイトねらったり攻め方は違うんだろうけど
水深も厚く、底面が藻ばかりじゃなかなか厳しい・・・・も、
藻の切れ目にエグザを投げ込んだら何とかやる気がある個体がバイト。
あまり大きくなかったがそれでも何とかこっちで釣れたのだけでも良かったかな。

このエリアでは魚が散りやすいのも特徴的だと思う。
だいたい以下の2パターンで魚が散る。

・池に鳥の影が入る。
 -鵜もしくはカラスが池の上を飛ぶと魚がすごい勢いで散る。
  そうするとパタリと釣れなくなる。これはどうしようもない。
・ルアーラインが水面に勢い良く落ちる
 -勢い良くと言うのはなんか的を射た言い方ではない気がするが、
  着水に関しては他のエリアに比べてかなり注意をしなければならない。
  この点で太いラインじゃ厳しい戦いになったのが前回釣行。

人影が入っても割りと平然と泳いでる魚は多いかな。
でも、完全に日がてってきてからは魚の動きがぐっと弱くなったので
もしかしたら天候が快晴な場合は厳しくなるのかもな、と。
今回やった感じでは近場の魚は表層と低層に。
中層のやる気のある魚は遠投しないと厳しい感じでした。

他にもまぁ、色々書こうと思えば書けるんだけど
後は友人とか上浜で釣ってる人に出会った時の話の種にでも。

帰り際、前回釣行時に上浜オリカラルアーがあったと思って
「あのー、ココのエリアのオリカラのルアーって何かあります?」なんて聞いてみたけど
無いのと話・・・・・・だが、このシケイダー?がどうもオリカラルアーらしく購入。
pic003_20150608154115fe5.jpg

800円なり。安い。中古扱いだからかな?



今回はこんな所・・・・・・・か?



6/7 秋田県秋田市 セリオン近くにて。

時刻 18;30→19:40
天気 快晴


pic006_20150608154621c75.jpg
pic005_2015060815462058b.jpg

秋田市にまで来たなら秋田運河を攻めなきゃ嘘でしょ。
と思ったんだけど、何処からウエーディングすればいいのか
そもそも何処がポイントなのかさっぱりわからない。
あたりまえだけど、明るいうちに下見もせずにウエーディングなんて
それ何の罰ゲームだよと言われても仕方ない。
万が一事故が起きた際に他の釣り人にも迷惑が掛かるし・・・・
こういう時は釣り公園的ポイントに行けばいい。

手なわけでセリオン近くに来たわけだが
ううーん・・・・これは。
たしかに小さなベイトがサビキでは釣れてはいるがどうしたものか。
てなわけで先日釣具屋さんいった時におすすめされたブリーデンのメタルマルを装着。
ぶっ飛ばしてみると・・・・・こりゃ、あり得んほど飛ぶな。
えーっと、ショアジギングの基本は底に落としてシャクリシャクリのフォールだっけか。

で、つれたのがこいつ。
pic006_20150608155016898.jpg
コレ何のイカだろう。
アオリだったらコレで今年の目標一個消化だね!やったね!

んなわけないな。

しかし、やってるとコツコツとしたアタリが時々ある。
主にフォール中かな?合わせてみるんだけどどうも乗らず、
コレ以上は帰宅が遅くなりすぎるということで撤退。
近いうちに能代で試してみようか。

手なわけでここで今回の釣りは終了。


鯉の餌が入荷する前にちょこっとナマズゲームをやってみようか考えている。
夜にジッターバグ投げればいいんだろ?そうだよね?さて雨がふる前に行くか。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

上浜釣り堀センターへ行ってきました&おまけもあるよ!

理想:前の日の夜に電車で秋田市へ向かい、
    バーで大人のひとときを過ごし次の朝優雅に電車でにかほ市に到着。
予定:ぐっすり眠って体調万全でゆったり車で移動。
    近くで何処かのホテルのモーニングセットをいただき休みを満喫


現実:夜の11時までばっちり仕事。朝3時起床で残りの仕事を6時までに片付け車に飛び乗る。
    朝ごはん?そんなのコンビニのおにぎり一個で十分だろ!



現実って悲しいね。


10/12日

秋田県にかほ市「上浜釣り堀センター」にて(初遠征)
pic002_20141013080702af3.jpg

時刻 9:30→17:00
天気 晴れ
気温 19度(昼)
水温 不明
明日台風が来るなんて思えないほどの清々しい秋空。

とりあえず最初にいつものようにヒットルアーを、
pic001_201410130732134c1.jpg

上段左から(※印:初登場)
管釣りクランク(ロッキーマウンテンアウトファイターズ)※
ザンム(ムカイ)
ふわとろ(シマノ)
ペレットペレット(ジップベイツ)×2
ベビーバイブ(ラッキークラフト)
ファクター(フォレスト)
サテライトベスパ(リバーオールド)

下段左から
フォールゾーン(ディスプラウト)×3
エグザ(ゴッドハンズ)×5

殉職者
ロールスイマー×1
沖のストラクチャーに引っかかってしまった。

釣果:46匹
(※ネットイン&リリーサー使用時、意図的に竿煽って外したもののみ、スレはカウント外)
pic003_201410130809064ee.jpg
サイズは20cm台から40cmちょいオーバーくらいまで。
アベレージ的に見ると30後半くらいに落ち着くと思う。
2~3回悶絶タイムとやらを食らうも何とか終盤の追い上げでここまで。
初遠征としてはまずまず、といったところか。
そんなこんなで片道200km以上の道のりで遠征した秋田県内初めてのエリアフィッシング
その釣行記は以下から。



「仁賀保、遠いなー。」と、車中でひとりごと。

車の中で秋田市の町並みを太平山から望み、
鳥海山の麓を車で走ること片道3時間。
前日の疲労を全力で背負いながらやって来ました上浜釣り堀センター。
友人からも「秋田県内だし気になる場所ではあるな」という話もあったが
なかなか県北の方からでは足が伸ばしにくい距離ではあった。
ただ、雪が降ると絶対遠征が厳しくなるのでこのもやもや感を取り払うには
今このチャンスしかない!ということで行ってきました。

エリアに到着時は先客1名。
えーっと・・・受付受付・・・・この民家か。
「お早うございますー!」と挨拶したらなかからおばちゃんが一人。
「あー、今農作業に出てるから少しでくるんでまっとってー」
軽く話を交えてインレットがあるあたりに陣取る。
なんかこのインレット側に陣取る人が1日通して全然居なかったんだけど
こっちの方はあまり釣れない場所なのだろうか?
自分としては結構悪くなかったんだが。

なんて道具を用意してたら管理人さんが登場。
レギュレーションなどの説明を受ける。
・シングル/バーブレスフック使用
・ラバーネット使用(貸出ありだと思う)
・ワーム、トレーラー類禁止
・引っ掛け釣りなどは禁止
・フェザージグ禁止
・起毛加工関係禁止
pic004_20141013082924559.jpg
手持ちのルアーだと該当はこの2種かな
(大人のエグザ(ゴッドハンズ)・ペレットペレットコラボレーションカラー(ジップベイツ)

ルアーサイズの制限自体は無し。
マイクロルアー類は使用可能とのこと。

価格なんかは以下のとおり
pic006_20141013083653ce5.jpg
他のエリアと違って特徴的なのは持ち帰り制限が重量制であること。
300~400gくらいが結構釣れるので1日コースだと6~7尾くらいは持ち帰れると思う。
しかし今回は片道3時間&帰りはさらに時間がかかるので持ち帰りは無し。
(ついでにキャッチアンドリリースコースはない)
それと料金なんかも後払い制だったかな。これも珍しい点。

池は2種類あって大物池、通常池の2種類がある。
pic005_20141013083325f69.jpg
通常池
1300平方メートル。深さは1mちょいから2m位はありそう。結構深い。
魚影は比較的濃く、ほぼすべての釣り人がこの池で釣りをする。
ストラクチャーが結構ある。

pic007_20141013084719481.jpg
大物池
650平方メートル 深さは20cm~最深部でも1mあるかないか。
ざっと見デカイのが十数尾入ってるようにみえる。
ただ、非常に浅くルアーを選ぶ感じ。しかも入っている魚はかなり臆病。
これは何度か通ったりしないと攻める方法が思い浮かばない感じがした。


とりあえず通常池からスタート。
一投目からヒットで調子がいい感じ。
スタート1時間で6尾とまずまずの出足。
いつもはパイロットルアーをメッキ系から始めるけど
今回はペレットカラーで開始がうまく当たった感じ。これでぽんぽんと釣り上げるも
11時ころになってピタッと止まる。よくよく見てみると、着水時丁寧に落とさないと
魚が一気に散ってしまうような動きをとっていた。
それとラインの波動なんかも相当影響していたみたいで、
さすがに4lbや5lbラインで行ったのはちょっと失敗したかな、とちょっとだけ後悔。
二ツ井に休日なら24hやってた釣具屋あったはずだから買ってくればよかった。
以前このエリアが気になってたときぐぐったら、釣行記載せてた人のタックルが
1.5lbやら2lbくらいが基本みたいでこりゃちょっと難儀しそうだなっていうのを思い出す。
それでもまぁ、今回みたいにそこそこ勝負になるからガチプしないなら
気にするほどでもないかもしれない。

でうーん、こりゃ困ったななんて考えていたところに後ろから子供連れの家族が。
ん?何処で釣りをするんだ・・・・?なんて考えていたらすぐそばで釣り竿を。
これも初体験だったがえさ釣りもルアーも同じポンドでの釣りのようで
すぐそばのインレットでサッと5匹釣り上げてさっそうと帰っていった。
お、おう?みたいに横であっけにとられていた。

なんて言いながら実はしっかり見てました。
えさ釣りをしていた人の餌の色と魚の集まり方を。
すぐにルアーをペレットペレットに変更。
打ち上げるように高めにキャストさせてさっきまでえさ釣りをしていた人のあたりに落とすと
着水と同時にバイト!えさ釣りの人の餌がコマセ効果?になってたかわからないが
連続でどんどんヒット。

・・・・・・フッキングがなかなか成功しないけど。
このルアーどのタイミングで合わせればいいのか最後までよくわからなかった
しかし、1日を通してこの後も一番反応が良かったのがこのルアーで
巻きでもOKだが、渋ってきたら
着水→フォールさせながらずっとシェイキング→
着底後もしばらくのパターン→そのままボトムバンピング
という流れでいずれかのタイミングでヒットがみられた。
やっぱり例によりフッキングさせれない魚が多数だったけど。
でもこのルアーだけで15匹以上はキャッチ出来たし
もしこれがなかったらもうちょっと厳しい釣りになってたと思う。
このルアー、他のエリアでは全く釣れなかったんでこりゃだめだなって思ってたんだが
まさかココで大ヒットとはというのに驚かされたネ。

その他ボトム系も結構使ったんだけど、色で見切るのが結構激しくて
カラーチェンジをマメにやったおかげでこれらのルアーもコンスタントにヒット。
といっても、各種数匹づつで見切られたけど。
クランク系がどうも反応あまり良くなくて唯一ふわとろだけは反応が良かった感じ。
いつも使ってるエアーブローやつぶあん、クラピーはキャッチ0でした。
反応が全くないわけでもなかったんだけどね。
スプーンなんかも結構使ったんだけどどうもパターンが掴めなく撃沈。
ストラクチャーがそこそこあるので巻きでなかなかボトム攻めづらかったてのもある。

あ、それと12時半ころポリバケツで一杯?の放流があったんだけど
ロールスイマーダメ
ハイバーストダメ
マーシャルダメ
でお手上げでしたとさ∩( ・ω・)∩
放流ポイントが自分の入ったところから遠かったこともあるけど
これで全く放流魚を拾えなかったのは痛恨のミス。
このへんも常連さんとの経験の差っていうやつなのかね。

2時半ころ、2号池(大物池)へ移動。
pic008_201410131117052bf.jpg
浅い。
浅いよママン!
トップウォーター系でせめてみるも、どうもチェイスがない。
唯一2回ほどリュウキFをトップウォーター気味に使った時にずっと後ろを追ってきてたけど
他のクランク系も全滅で1時間もしないうちにお手上げ。
うーん、どうしたものか。

てなわけで1号池に戻った頃に虫がわき始め活性が上がってきた感じ。
ふわとろなどで終了時間まで本数を重ねなんとか40尾台はクリア。
初遠征ならこんなもんかね。管理人さんも釣りしてたけど渋かったし
常連さんも苦労してたみたいだし、うん、多分頑張ったよね?

結局17時までしっかり釣りをしてから帰宅。
ポンド内は死んだ魚とか病気の魚が全然居なかったし
丁寧に手入れされてるんだなってのが印象に残った。
それと持ち帰りの人がすごく多いのにも驚いたかな。
ラインや音に敏感な魚が多いけど、魚自体は素直に追ってくるのが多いので
しっかり細いタックルで行けば1日100匹なんかは割と早くやれそう。
もっと近ければ通えるんだけどなぁ・・・さすがに往復6時間はキツイ。
今年~来年に多分秋田市に行くことになりそうなのでその機会に時間があれば
もう一度しっかりやってみたいなと思う。



秋田市内を通って釣具屋の中古販売をざっと眺める。
うん、エリア関係の道具はない。
ブラックバスやシーバスなんかは結構品揃えしっかりしてるんだけどネ。
てなわけで、能代でラーメンをぱくり。
pic009_2014101312033790e.jpg

さて、延長戦行きますか



米代川能代付近某所にて

時刻 21時→23時
天気 晴れ時々くもり
東風がやや強く吹き始めた夜。

前日の話に遡る。
お客様がスズキを持ってきて処理してくれとの話が。
ああ、釣りに行こうとすると必ずこういう仕事が入っちゃうパターンだなぁ・・・なんて考えるも
見ると丸々に太った80cmくらいのスズキが。
これでテンションが上がらない釣り人が居るだろうか?

品物を受け取り似たのが釣り人本人だったので
直接何で釣ったのか聞いたら快く教えてくれた。
そこでルアーボックスをあさってみるも・・・・ううん、これでいいのかな?
と言った疑問が浮かぶようなルアーばかり。
まぁいいやとタックルケースに詰め込んだのが昨日の晩。

てなわけで、トゥイッチかけながらなんどかやっていたら待望のヒット!
おお、すげえななんて思いながら巻いてくるも
こりゃ巻き心地から30センチ位のセイゴサイズかねー(´・ω・`)
にしてもずいぶん引きが弱いな。上浜のニジマスのほうがよく引くぜ
pic010_201410131250409da.jpg
スズキだと思った?ウグイちゃんでした!


はぁ。
てなわけでいろいろ試行錯誤していくもこのあとはヒットなし。
延長戦は失敗に終わって1日の疲れがどっと出たところで帰宅。
今日から台風の影響で大雨らしいし落ちアユパターンなるものはここまでか。
ちょっとだけ夢見たけどううむ、やっぱ夢は夢か。


次回エリアフィッシングは10月末の予定。
今度は何処へ行こうかな。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 上浜釣り堀センター(秋田県) 尻別川フィッシングエリア 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 合子沢養魚場(青森県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 0/10
釣行日数 0/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等 0/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR