久々の岩姫フィッシングへ。

部屋で磯竿など年末に向けて一斉メンテナンスしていたときのこと。
後ろに並べていた竿が倒れ嫌な音が。
pic001_2016121311342275c.jpg
グギギギギギギ・・・・・

まぁ、安い投げ竿だから自分で補修するけどさ。
自分の不注意で折れるとちょっと凹むね・・・
月曜夜~水曜夜までなんか仕事がマッハ過ぎてなかなか書けずにようやくの書き起こし。



12/11 岩手県西根町「岩姫フィッシング」にて。
pic002_20161213114113fe2.jpg
全景写真夜にとったのしかなかったヨ・・・

時刻 11:00→16:45
天気 晴れ。ガイドが凍りつくかなりの寒さ。

今回岩姫フィッシングに向かったのは釣りもあるがもう一つ用事があった。
1週間前くらいの話だ。
T氏「そう言えば"そろそろ新しい箱買う"とかいつも言ってるけどいつ買うの?
  ちょうどウキウキでよく会うN夫妻が、プラノの箱一個余ってるから引き取り手
  探しているっていう話を受けたよ?居る?」
自分「え、まじで?いいの?」

現在はジュラルミンの工具箱を改造したケースを使用している。
まぁここまでどっぷりハマるとは考えてもいなかったし、
ある意味での独自性をそこに求めていたっていうのも有る。
なんだかんだで愛着も有るしね。
しかし流石に3年目に入ると収納力と重さがやはりプラケースに劣ってしまう。
そもそも戦場で撃たれるような事があるわけでもないから、
「こいつのお陰で銃弾から難を逃れることができたぜ・・・」とか言うこともないし
そこまで高度な耐久度は必要ないっちゃないんだけどね。
変えどきかなとは半年前あたりからは感じていた。

急な仕事がぶっこまれて到着したのは11時。
朝からフルにやろうかとは思っていたんだけどそうは行かなかったね。
pic003_2016121313020784f.jpg
頂いたのはプラノ1812オレンジ。
ありがとうございますN夫妻様。新しい相棒、頼むぜ。
お礼を済ませてロッドをおもむろに用意し始める。
前回記事に有るが、今回はミニバチを1日通して使うのが目的。
バチプロを使うのであればマメ系ルアーを使うのが当然と言うか、
メーカーの意図した使い方になるだろうから、使用ルアーの方向性としては
そういうことになるんだろうけど、清水川では18ミリ以下のルアーは使用できないため
白羽の矢を立てたのがこの岩姫フィッシングというわけだ。

しかし、過去の記録を掘り起こしてみるとこのエリアではマメでいい思いをしたことがない。
寧ろクランクで巻き倒したほうがよっぽど良かった記憶のほうが多い。
過去の釣行記からみてもそのとおりでしてさてさてどうなるかと不安だけが募る。
四苦八苦しながらグリップテープを巻いて投げてみる。
うん、予想したとおりこりゃ飛ばないなぁ。

それでもNST/ボルドーレンガでファーストフィッシュ。
pic001_201612151053477fd.jpg
銀鮭?

アクションの具合を見ながらロッドワークを調整していく。
ぽつ、ぽつと言った感じでつれ始める。
ある程度小池で釣ったので今度は本番と言うか大池での挑戦。
しかしこの大きい方の池ではなかなか飛距離がないと厳しい。
ならば、ということでシャインライドを使って飛距離を伸ばして
ダートアクション加えていったところで・・・・根掛かり殉職(´・ω・`)
有頂天カラーだったんだよなぁ。
そっから1時間以上全くヒットなし。
それでもボトムに拘ってみたけど………悶絶。
その後道路側に入ってみたり移動しながら攻めてみたけどどうも芳しくない。
試しにミノー投げてみるとチェイスも有るしヒットもする。
多分1日通してミノー投げてたほうが釣れるんじゃね?
と思ったりもしたけど、それでもマメ用に設計されてるロッドなら
それを投げ続けるのが竿に対してもメーカーに対しても取るべき姿勢と言うものだろう。

流れが変わったのは2時過ぎ。
清水川でよくお会いするM氏が来訪。
pic004_20161215134009bf2.jpg
ボス、ありがたくいたただきます!
コーヒーを頂きながら「先週はシャインライド良かったんだよなー、今日はだめ?
あの日は~~~みたいな動きで~~~」とアドバイスを貰う。
心折れて小池で遊んでたので、そこを底面のビニールシートに引っ掛けて
ルアーロストしたのをきっかけに再度シャインライドを接続して再び攻める。
ふむふむ、こういう動きで・・・とやってるとチェイスが多数。
コレは、と思い続けてるとようやく大池で満足の行くバイト。
pic002_201612151115202e8.jpg
このパターンで3匹ほど連続。
カラーに飽きてきたかな?と思ったので
別の色を使ったらまた底面のブルーシートにやられて殉職。
ぐぬぬぬぬぬぬ。

それでも再度インレットに入るとフォールゾーンで連発できたり
必ずしもノーチャンスではなかったことを確信する。
対岸にいたメンバーも結構連発で釣れるパターンを掴んでいたし
まだまだしっかりやれば釣れたんだろうなぁ・・・という後悔が残る釣行だった。

一日いっぱいミニバチを使った感触は前回インプレ記事を参照。
新しいプラノの箱にロッドホルダーをつけ次第にはなるが
今のところしばらくは
・ブロンズウルフ(汎用&ミノーイング)
・シンクロナイザー(汎用・クランク)
・アジスト(マイクロスプーン用)
・ミニバチ(ボトム系ルアー用)
の4本で挑む予定。
今まで専任にしてたミノーイング用のファントムは一旦おやすみかな。
5本装着できるようであればいいんだけどちょいとホルダーつけてみてからだね。



今回のヒットルアー
pic003_201612151339192c6.jpg

(左から)
ザッガーF1/自塗(ハンクル)
シャインライド/1091カラー(ヴァルケイン)
マメ類(NST、ドワーフ、AIR、フォールゾーンなど)

※今回はロッドコンセプトに沿ったルアーを使ったので
クランクや通常巻で使うスプーンなどはほぼ使いませんでした。

殉職者
NST×2 底面のブルーシートなどに引っかかり殉職
シャインライド×2 底面の(以下略

釣果:20くらい。
ここ最近では一番厳しかったのと
主に小池でのヒットが中心だったのでまだまだだな、って言った感じ。
でもたまにはこういう渋めのところでも悩みながらの釣行をしないと
きっとうまくならないんだろうな、なんて考えているのでまたそのうち。


次回以降の釣行
12/15~16 もしかしたらハタハタサビキ最終戦。
12/20~ 冬季メバリング釣行開始。まずは陸奥湾へ。
12/23 今年の釣り納め。ユーランド清水川を予定しています。

新年は
1/4日ころのメバリングが初釣り。
昼釣行は1月上旬、深浦方面の地磯での寒クロのフカセ釣りからスタート予定。
ようやく来年度から秋田県でもコマセをつかったフカセ釣りが可能になる方針が固まっているし
磯釣りの方にも釣り資源を徐々に注入できるかな、といった感じ。
基本的に現在秋田県内で私が地磯でフカセをやらないのは一応この規則に則って
やっていないというのが有ります。(まぁ、みんな守ってないんですけどね)
エリアフィッシングの一発目は1月中旬、ユーランド清水川を予定しています。
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

岩姫フィッシングで村田基スタイルを

シマノのオーバーホールキャンペーンがまもなく期限ということで
一部リールをオーバーホールに出しました。
"シマノオーバーホールキャンペーン2016"
次回のエリア釣行が約一ヶ月後ということや若干シャリシャリ音がしてきているので
いろいろ見てみるとオイルがだいぶ黒くなってきているので時期かな、と。
定期のエリア釣行が1ヶ月先というだけで、突発的に仕事休んで行けそうなら行くタイプの
エリア釣行はありそうなのでヴァンキッシュの方は自分で最低限のメンテナンスをすることに。
まぁ、性能にこだわらなきゃエリアに使えるサイズのリールは合計5つあるしね。
最低限2個それなりのリールがあれば問題ないと考えています。

というわけで前回記事「エリアフィッシングで大惨敗。」の続きです。


3/27 岩手県西根町「岩姫フィッシング」にて。
pic001_20160328225234bd9.jpg
時刻 13:00→17:00(4時間)
天気 快晴

前日の話。
友人「いやぁ、岩姫フィッシング行ってきたんだけどマジやばかったよ
数週間前に銀鮭放流したっていう話だからやってみたら
やる気のあるやつがまだ残ってて釣ってみたけど引きが半端ない。
タックルは通常より上のハイパワータックル持って行ったほうがいい
まだかなりやる気あるやつ残ってる。ヒットルアーと戦略は・・・・(企業秘密)」

まぁでも所詮は銀鮭。ウキウキなんかでも時々釣れるが
さほどいい引きって言うイメージじゃないんだよなぁ、なんて言ったけど随分力説するんで
携帯の写メ見せてもらったら超銀ピカの素晴らしい魚体。
………………これはいかなきゃなぁ。(意訳:これは美味そうだ)

なんていうことで午後からは一路車を走らせて西根町の岩姫フィッシングへ。
今回で釣行2回めとなるのだが程々に難しいとはいえ
流石に午前中の大惨敗よりはマシな結果が出るでしょ、と考えて向かう。

ついでに今回のメインルアーはこれら。
pic002_201603282259330fb.jpg
一番左に見えるのがロデオクラフトのノア1.8g。他のルアーがいかにデカイか分かる。
ついでにフックはすべてエリモン#4に変更済み。やわなフックじゃ勝負ならんしね。
普通のエリアだと「お前何勘違いしてるんだよ馬鹿か?」と言われても仕方ないラインナップだが
とにかく大物の一本、それだけを狙うためにデカイルアーでとにかく巻き倒す
そういう村田基スタイルで銀鮭を狙い撃ちする作戦が今回の作戦です。

ロッドも今回は
ブロンズウルフ+ステラ(PE0.2+シーガーグランマックス0.6)
シンクロナイザーエボリューション+バンキッシュ(フロロ3lb)
フェンウィックバスロッド+フリームス(ナイロン6lb)

と、一本だけ明らかにパワー系のタックルを組み込んでみたけど
正直この3本のうちパワータックルでなんとかって言うレベルだったのがなんとも言えない。

13時頃開始。とりあえず小さな池にマイクロクラピーぶん投げる。
うん、もうこのパターンほぼ効かない感じかな、反応が全く無いわけじゃないんだけど。
なんてぶつくさいいながら数投したあと、お目当ての大池へ。
正直、どうせ吹かしレベルで大げさな誇張でもしてるんでしょ?
ノルマは3匹(持ち帰り上限)だし、大きいルアーで遊ぶのは数揃ってからでいいでしょ?
と、数時間前の反省点を活かし小手調べでディープクラピー(スコーカー)から開始。

一投目。
こんな感じかな?と若干潜らせてトーレスしてくるといい感じの反応が。
pic003_20160328231719fb1.jpg
56cmだったかなコレ。ディープクラピー/オオツカオリカラ

ココの魚ってニジマスでも滅茶苦茶引いてくるんだよなぁ………。
目的とはちょい違うけどかなりいい感じのしっかりしたニジマス。
しかし銀鮭はともかくこんなのうようよしてる可能性も捨てきれないし、
まだ開始第一投でソコソコの釣れちゃったんでちょいと遊びでデカイの投げちゃうかな?
ブロンズウルフにチヌークS7gを装着し大遠投。底気味をトレースしてるとガン!という感じの
ものすごいアタリのヒットが。いやいやいや、マジで食ってきてんのコレ?
跳ねまくるし一気に走りまくるしローリングするし。
パワー自体は今まで体験した中で一番引きの良かった尻別川のニジマスにも負けず劣らす。
しかもジャンプもさることながらスピードが半端ない。スチール並のスピードはあるし
ココ最近では味わったレベルのない引きに慌てふためく。
pic005_20160328232606c61.jpg
ほぼ60サイズの銀鮭(ダイワ・チヌークS7gで)

北海道のニジマスはトルクが強くガンガン引っ張ってくる感じだったけど
これらの銀鮭はスピードも兼ね備えて一気に走っていくのが特徴だね。
この一回のやり取りで完全に手首ぶっ壊れたのでそこからはバスロッドをメインに。
ブロンズウルフを譲ってくれた友人に
「このロッドリアグリップが短すぎてダメだコレ、手首に負担強すぎぃ!」って話したら
「このロッドで大物狙いという時点からすでに間違っているヨ」、と。
本来であればエリアトーナメントロッドだよなぁ・・なんて話を帰宅後に。

ルアーをチェンジしていくと
pic006_20160328232808078.jpg
またまた銀鮭(パラバン・サラマンダー6g)
現在パラバンはすでにメーカーが吸収合併されていて存在していない。
だがソルブクローケンというメーカーが同じルアーを生産しているので
直輸入すればまだなんとかなるレベルなので普通に投げ倒せるのがありがたい。
このバージョンは再販物かわからないけどね。
某スプーンみたいに名前だけ引き継いで形状全く違いますよ的なやつじゃなければ。

pic007_201603282330084bb.jpg
時折50サイズのニジマスも交じる(オリムピック・レイクル7g)
これ釣ったあとにキャストしたらキャスト切れしてしまいロスト………
もう廃盤ルアーなのに(´・ω・`)
以前も秋鮭を連れて来たりオリムピックのレイクルシリーズは相性がいいルアーなのかも。
オリムピックはマミヤOPとなりその後ロッド部門を残して解散してしまったたため
(正しくは現在のオリムピックがロッド部門を引き継いだ)もう金型はないんだろうなぁ。


pic011_20160328234220c1c.jpg
ニジマス時々銀鮭みたいな感じ

pic009_201603282342184e1.jpg
この日一番のヒットルアーはこのチヌークSだった

15時ころからぱったり止まって1時間半くらい途中からやってきたじゅんさん
ほぼ悶絶食らったけど、開始2時間で腕が完全にぶっ壊れていたんで休憩と割りきると
そういうのもありかな、という余裕があった。
ほら、やっぱ余裕がある釣りやればしっかり釣れるじゃん自分!
最初から心にゆとり持ってやればきちんとできるんだけどなー。

時間的なものもあるのかわからないがそれでも銀鮭7尾、ニジマス16尾となかなか。
本数的には大した感じではないんだけどサイズがどれも良型だったので
満足度は非常に高い釣行となった。

今回のヒットルアー
pic012_20160329000842284.jpg

(左から)
ハイバースト1.6g(ヴァルケイン)
蝦夷3.5g(イトウクラフト)
タックルスプーン5g(タックルハウス)
ロングゲーター5g(ウォーターランド)
サラマンダー6g(パラバン)×3
チヌークS 7g(ダイワ)
ディープクラピー/オオツカオリカラ ほか(ラッキークラフト)×3
ココニョロ/自塗装(九重ルアーズ)

殉職者
リアクションジャバー×1
最後の一個だった。途中でラインが劣化していたのかヒットして一気のダッシュでラインブレイク。
パニクラ×1
唯一通常色で相性が良かったダッキーブラウンカラーがアワセ切れ。
レイクル×1
数匹キャッチ後だったせいか高切れ。
再入手不可能なルアーなのがいろいろダメージがきつい。

手持ちに7g程度の調度良いスプーンがあまりなく
オールド用のルアーケースから幾つかオールドルアーを拝借。
その最たるものがパラバンバージョンのサラマンダーなのだが、これもキチンと釣れます。
チヌークも現行カラーにはもうすでに無いカラーなので
使っていて割りとヒヤヒヤしながら使ってた。
そういえば昔のチヌークと今のチヌークって形状違う気がするんだがどうだろう。
流石に10g以上のルアーはチェイスがあるものの、底をズリズリ引っ張ってきちゃうので
数回使って後は使いませんでした、まぁ、サクラに使うし問題なし。


しかしまぁ、デカイルアーが必ずしもデカイのを釣れてくるかって言われるとそうでもないし
数を狙って食わせてその中にデカイのを、ってのも悪くはないんだけど
やっぱなんて言うかな、デカイルアーをすっ飛ばすとまず爽快感がやばい。
午前中が午前中だったんでやけくそでぶっ飛ばして時折アクション加える程度で
ガン!といったでかいアタリとともに一気に走って行かれるんだから
そりゃもう村田基バンザイですよ。
正直映像撮るための放流取りだしあんなデカイのぶん投げて
ダダ巻でデカイの釣れるはずないだろ、そう思ってたのをちょっと思い直さないとな
時にはあんな釣り方しても面白いんだなって。
いつの間にかエリアトーナメントのような小さいルアーで、繊細な動きで
そういうのに固執しすぎてるのかもなぁと、釣りの懐の深さを再確認しました。

あ、そうそう。
ミミズ持ち込んでルアーにつけてぶん投げてたおバカさんが居てしかも
ボウズで帰っていったのでm9(^Д^)プギャーって言うところまでワンセットで楽しかったね。
普通は即退場出禁レベルだと思うんだけどなぁ。
はっきりと悪意を持ったルール違反は初心者だろうが問題外だと思うヨ。



帰宅後友人から「どうだった?」てな話が来て来訪してきたので
早速釣った魚の締まり具合をみてまずまずOKっぽかったので刺し身にしてみました。
pic014_20160329112852c47.jpg
宮城県産の銀鮭なんかは扱ったことがあるが身が柔らかくて
刺し身なんてとてもじゃないけど………・ってな感じだったんだけど
今日釣ってきた銀鮭は身もビシっと締まっていて
「これはもしかしたらもしかするかも?」という手応え。

pic013_20160329112851a30.jpg
身の色は若干薄めだが悪くない感じ。
味のほうの感想だけど「美味い。」
口に入れた感じはさっぱりしているが噛めば噛むほど魚の脂が口に広がり
尾を引く魚の美味しさ。ロックトラウトに近い感じの味だねコレ。
まぁこんな感じでしょ的な食味から徐々にお?お?おおお?てな感じの味の広がり具合。
正直銀鮭のイメージとはほぼ真逆の臭みもなくしっかりとした食感、しっかりしたお味でした。
他に何人かに味見してもらったけど「銀鮭ってこんなに美味いのもあるの!?」って言うくらい
食べた人みんな口々に良い感想ばかりでした。

・・・焼き魚にしてみようかなと思ったけど刺し身で全部食べちゃおうかなコレ。




実は次回釣り遠征できるのは4/10日だったのですが、
明らかにオーバーワークレベルの仕事がどっさり入ってしまったので
次回の定期エリア釣行はその次の次の週の4/24日を予定しています。
実はコレを書いている3/29日に仕事抜けだして・・・て思ったんだけど
脱走失敗したんでまた日を改めてエリア釣行をはさみます。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

「岩姫フィッシング」(岩手県)へ行ってきました。

所在地域の広報を見ていたら秋田県のマスコットキャラが
新しくなっただのどうなのという記事が目に入る。
まぁ、スギッチは動けないし地味だしあまり可愛くないしきぐるみの中臭かったし。
しかし新しいキャラのんだっちはたしかに可愛くなっているが没個性になってる気も。
せっかく秋田県だし秋田犬(ハチ公)を横に置くだけで更にキュートになるのに。

なんてことをボーッと考えながらつるっつるの道路をちんたら向かったのが今回の話。


1/31 岩手県滝沢村 「岩姫フィッシング」にて。

pic002_20160131235412d53.jpg

時刻 10:00→17:00
天気 曇り
気温 昼間でも氷点下2度位
風   時折結構強め

オープン時間は10時とわかっていたが、ちょっと寄る所があったので早めの出発。
高速を使わず山道をとろとろ走ってたわけだがあまりのもツルッツルで
夏場よりも30分遅く9時ちょっと過ぎに中継点の某所へ到着。
再来週の遠征の件で岩手の方とちょいと予定とかすりあわせておく。
電話やメールで連絡を取るだけじゃ心配で直接口で伝えておかなきゃなんて思うのは
なんだかんだで自分の中でレトロな部分があるのかもしれない。

エリアから10分範囲には道の駅や食堂、コンビニなど点在しているので
そこで水分やトイレなどを済ませてから行くのが良いだろう。
エリアのレストハウスにはコーヒーやお茶が有り飲むことが可能ではあるが
一分一秒でも釣りをしていたいとなると休憩せずやりたいからね。
pic003_2016020100021285a.jpg
道の駅西根。
ご飯物は少なかったけど(おにぎりが焼きおにぎりとしその葉でくるんだおにぎり?)
pic004_20160201000213bed.jpg
ミニカツ丼があったので購入。道中外食店は焼肉店が多かったこともあり
この辺は畜産が盛んなのでは、なんて考えてみた。

到着は9:45分頃。自分の他に車は1台。
人的プレッシャーは無いと考えても良さそうだ。
一日を通してこの日はルアーマンが約10名、フライ(テンカラ)が多分2名。
pic005_20160201000804fef.jpg
料金体系、ルールなど。もちろん1日コース。
リリースコースといえどもキープ可能本数が設定されてあるのはウキウキと同じかな。
清水川とほぼ同じレギュレーションと考えて良いだろう。結構ゆるめ。

管理人さんは管理人のプレハブもしくは養殖池にいるので料金を先払い。
ふらしを持参しない場合、バケツを貸し出してくれます。ネットも無料で使用可。
pic006_20160201001246f38.jpg
その他画像左のレストハウスが使用可。暖房やコーヒー、お茶が飲めるらしい。
自販機やご飯物の提供はないため、要持参となっている。

pic007_20160201001451d73.jpg
池は合計3面あるが一つはエサ釣り&オールキープ専用なので実質2面。

小さい池は推定150㎡程度。一番深い場所でも1.5mくらいか。(キャパ3人程度)
インレット一本、アウトレット1本。
大きい池は推定1600㎡。最深部はもしかしたら3mはあるかも。(20人は余裕)
清水川のルアー池とだいたい似た程度かもうちょっと大きい感じかな。
インレット2本(3本?)アウトレット2本。底面は砂、ビニールシートで
ボトムを攻める際にシートに絡む可能性があるので注意したい。

開始は小さい池の方から。メインディッシュは後からってね。
季節によるかも知れないが水質はクリアなので
スタートはナチュラル系もしくは食わせ系のカラーで始めたい。
以前ウキウキで濁っていた時に膨張系のカラーが良かったのの逆、という理論。
自分はパイロットルアーが自塗ディープクラピーなので幾つかの選択肢を考える。
茶+金ラメか、クリア系のウーロン茶系か、カニムラ系か・・・・
結局チョイスしたのはクリア系のウーロン茶。
まぁ、結果を言えばこのクラピー一つで開始からさくっと4尾キャッチ。
考えてみると底面が青でもあるから青銀/青白系でも良かったかも。
pic008_20160201003353d48.jpg
小さい池の魚は比較的イージーに釣れる。

とは言っても、しっかりパターンをつかめなければもちろんこんな狭い池で
しかも散々叩かれている魚なんだからそう簡単には行かない。
最初はディープクラピー系をロッドを立ててゆっくりゆっくり巻くパターンから開始も
確かに釣れないわけでもないしそんなに悪くないのだがどうも気に入らない。
いろいろ手を変えてでた結論がマイクロクラピーの透過色のルアーをやや早巻き。
マイクロクラピーのペレットオールスターズ(デザートPAS)や
15年の1091カラー(スモーククリア、パーフェクトブラウン)が主なところ。
pic009_201602010046527ab.jpg
マイクロクラピー/デザートPAS

ゆっくりだと結構見切られるので早めに巻くってのがミソだった。
モカやパニクラでも同じことができると思うがエアーブローやニョロ系など
シャロー系を普通に攻めれるルアーでは反応が薄く
同じマイクロクラピーでもハツユキペレットなども反応薄めだったこと考えると
レンジは浅いからそれほど神経質になることはないが
種類とカラーをきっちり考えないと比較的簡単といえども
全く勝負にならないことも十分にありえる。

時々水面がざわつくのでトップを投げたら普通に食ってきた。
小さい池でも大きい池でも。
一日を通してだが魚は比較的浮いている感じか。
しかしあまりやる気のあるやつは多い感じではなく、追ってくるルアーは一部でしか無い。

12:45の時点で23匹到達(開始2時間45分)
雑感だが初めてやるなら小さい池のほうが釣れやすい。
もしここへ釣行へ来たとして、苦しかったら息抜きにみたいに考えておくといいのかな。
小さい池は大きい池に比べるとルアーのヒットゾーンが広いというか
いつもやっている釣りの延長で充分対応可能なのでよく釣れます。今のところは。


pic010_20160201013216ffc.jpg

じゅんさんとお会いしたことも有り大きい池へ移動。
一番勢いのあるインレット付近に陣取る。エリアではインレットが一番のポイントになるし。
11時半ころにちょろっと大きい池には少しちょっかい出してミノーで岩魚が釣れたこともあり
ミノーで開始してみたのだがどうもいまいち乗り切らない。
pic011_20160201010736c48.jpg
様子見に行って釣れた岩魚。ザッガー/自塗装にて。

開始から10分位、ようやく一匹目が釣れてからなんとか話しながらポツポツ重ねる。
pic012_2016020101114470c.jpg
岩魚なんだしネイティブ系ルアーでよくね?と思ってAR-S投げたら狙い通り。
その他3回ヒットがあったのだが乗せれなかった(´Д⊂グスン

pic013_2016020101114522e.jpg
確か茶ラメのクラピー。

pic014_20160201011147949.jpg
これも。

pic015_2016020101154129f.jpg
ダートラン(カフェコークで)

このほかノアをカウント10で完全に沈めてからの巻き上げにも反応があり
取れたりしたんだけどフックオフも多くて思ったよりも釣果を伸ばせない。
足場から浅場が1~2mくらいあり、そこでローリングしたり木に絡めてきたり
いつものエリアよりも圧倒的に魚が取りづらいなと感じたね。
寒いんで底ベッタリかな?と思ったんだけどさほど底を攻めても数を伸ばせない。
かと言って浮いてるのもどうもいまいちやる気が無い

それでも2時ころまではポツポツ重ねていけたのだが2時半すぎからパタリと止まる。
こういう時にどれだけ引き出しがあるかで上手い下手が出るんだが
30分後にやってきた友人と並んで釣りをしてみると
自分との差がはっきりわかりまだまだ自分の技量が足りないなと感じる。
終盤役に立ったのがふわとろ、カランバなど。(※カランバはロスト)
pic017_20160201012439ea3.jpg
pic016_201602010124375e2.jpg
普段はふわとろは使わないんだけど、
今日の状況がこれふわとろだとドンピシャじゃね?と思ったらいけた。
他の色にも割りと反応が良かったかな。
こういうことがあるから使わないとは思うけど・・・なんて思ってても
しっかりルアーはフル装備で行きたい。
ジョイント系のルアーは寒冷地だと使っている間にジョイント部が
凍っていたり氷、雪が詰まってたりするので気をつけないといけない。

結局3時過ぎから最後癒やしのために小さい池に戻って釣るまでに
キャッチ出来た本数は3~4本。
ヒットは結構あったし決してパターン読めてなかったわけでもないけど
なかなか乗せれず、特にブロンズウルフ+PEのタックルはルアーが弾かれ
こういう時こそ「乗せ」のタックルが必要なんだなと痛感。
PEだけじゃなくナイロンもしくはフロロを持ち込めばもう少しとれたと思う。
(今回のタックルはPE2本にナイロン6lb)

最後は小さい池の方でささっと釣って終了。
滅茶苦茶寒い中の釣りではあったがそれでもなんとか一日を終えた。


今回のヒットルアーは以下のとおり。
pic001_20160201075707cbe.jpg

(上段左から)
ふわとろ35F・35F-D(シマノ)×3
デカミッツ/有頂天カラー(ティモン)
ワウ/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
ザッガー/自塗装(ハンクル)
ダートラン/越トラオリカラ(ティモン)

(中段左から)
クラピー/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
クラピー/自塗装(ラッキークラフト)
クラピー/越トラオリカラ(ラッキークラフト)
クラピー/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
クラピー/自塗装(ラッキークラフト)
マイクロクラピー/ペレットオールスターズ(ラッキークラフト)
マイクロクラピー/15年1091カラー(ラッキークラフト)
バズボール(ザクトクラフト)

(下段左から)
AR-S(スミス)
ノア/14年シグネイチャーカラー(ロデオクラフト)

■殉職者
・ザッガー/自塗装 ×1
ヒット時に魚が木に巻き込んでラインブレイク。
・マイクロクラピー/15年1091カラー×1
ヒット時にPE部分からラインブレイク。ちぎれるように切れてたので
ささくれになってたところに気づかずやってたようだ。
・カランバ×1
バッサリ結束部あたりから切れてた。リーダーに傷が入っていたのかなぁ
・ディープクラピー/越トラオリカラ×1
キャスト時高切れ。ファッキュー。

釣果:36尾(7時間)
pic002_2016020113563453a.jpg

自宅に戻ってからルアー一つ一つコレどのくらい釣れたっけとか数えたら
思ったよりは善戦マンだった感じ。でもそのうち7~8割が小さい池の釣果。
落第点ではないかもしれないが自分が設定した及第点ラインには届かなかった。
じゅんさん曰く、今日はあまり釣れない日といっていたので、
今日の難易度はやや高かったのかもしれないがまぁ、なんとかといった感じだけど
途中ボケーっと適当にルアー投げてた時間もあったり集中力キレてたり
お遊びのルアー投げてたりしてた時は全く反応がなくてしんどい時間もあった。



今回1日やってみての感想と雑感をまとめておく。
・難易度は清水川やウキウキよりも難しく、ダラっとぼけっとやっても当然釣れない。
全く釣れないというわけではなく「しっかりやればしっかり釣れる」。
腕試しをしたい、難しめのところでやりたいならココはドンピシャ。
当然こういうところでやるとうまくなると思うし通えば腕もあがると思う
ただ、今回は強風+常時氷点下と天候的に厳しいところもあったので
もう少し暖かくなるとだいぶ易化するかな。特にフライは。
ついでに今回1日通して10~12人くらいはルアーの釣り人がいたが
何も釣れずに帰った人が半数はいたと思う。
管理人さんいわく釣れずに帰る人は結構多いらしく「自分ところはあまり釣れないよ」
的な話をされていたが個人的にはこのくらいの難易度は楽しいと思った。
ついでに自分がほぼ悶絶中に友人は15尾(2時間)。ぐぬぬ。

・岩魚の大きめなのが多い。
大きい池の方はイワナが結構はいっておりミノーを投げるとチェイス多数。
水質がクリアだし、サイトでミノーイングやるなら非常に適していると思う。
リフトフォールではなくトゥイッチでダートアクションをつけるのが反応が良かった
しかしながらフックがデカイのかじゃれてくるものの、フッキングしない、
合わせてもスッポ抜ける事が多くて多分7~8尾はキャッチに至らず。
ハンクルシャッドも反応は悪くなかったんだけど追っては来るものの、といった感じ
pic001_20160201115303973.jpg
セッティングはフックの51ではなく、通常の31クラスのほうが刺さりもよく
釣りやすいと思うね。以下に書くけどサイズも特段でかいというのは少ないし。
(ついでに自分は現在フックはすべてヴァンのプラグ用#51か、ダブルリングにしてエリモンを使用。
そりゃ合わせた時にスッポ抜けやすいわな)


・平均は40cm台に落ち着きそう
放流されている魚はニジマスは中型~大型が多い。岩魚もほぼ30cmオーバーがメイン。
小池はさほど難なくネットインができるが、大池の方は下にグイグイと強力に引く。
立ち位置から20cmくらいのシャローが2mくらいのびてて急に深くなる構造のため
魚がローリングしたりして油断ならない感じでなかなか楽しめる。
マックスは多分60クラスなのでゴテゴテのヘビータックルは必要なさそう。

個人的な感想としては
単純に楽しい。"釣れる楽しみ"と言うよりココは"釣る楽しみ"だね。
全く手も足も出ないスレッスレって言うわけでもないし手数さえ揃えれば
なんとでもなるんじゃないかな。
上浜の大物池くらいの難易度で考えると良さそうです。

簡単な釣り方はシャロー系のクランクを中速巻き、これだな。
色と種類によっては全くスカる場合もあるから注意必要だけど。




先日ドラゴンフィッシュジャパンの公式通販に注文を出していた
SC-R(スライドチップレーシング)が帰ってきたら届いていた。
pic001_201601312333097e4.jpg

迎春特別価格(もう2月になるけど)ということで1個200円程度だったし
以前からこのメーカーのウエイブラーというクランクに興味を持っていたのも有り
価格のやすさからついついポチってしまった。
ううむ、個人的に今の自分のお財布はスレまくってて多少のルアーじゃ見向きもしないような
そんな感じでぎっしり財布の口をしめていたはずなのに・・くそう。
ステッカーも同封されててお得な買い物だったのは間違いないけどね。
ルアーの形状から見るにゴッドハンズのイーリヤタイプのルアー。
完全に豆タイプのルアーと思ったけど巻きでも使えそうだ。
感触が良ければクランクの方まで手を出してみようかと考えている。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 上浜釣り堀センター(秋田県) 尻別川フィッシングエリア 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 合子沢養魚場(青森県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR