久々のフィッシングエリアUKへ。

PCがようやく帰ってきました。
そして4/9のストーリーガッツリ書いていたのですが
書きかけだった内容が全部ぶっ飛びました(´・ω・`)

なのでざっくりとだけ書いていきます。


4/9 青森県新郷村「フィッシングエリアUK」にて
pic001_20170413060944660.jpg

時刻 9:00→16:00
天気 はれ

プチ鱒大会を遠くに見ながら久々のUKへ。
今回はシマ氏ともう一人初心者さんを連れての釣行。
全体人数では約30名。開始は田んぼがわから。

開始はスプーンから初めたが反応がイマイチで結局はクランク。
上浜でもクランクが良かったこと考えると春はクランクなのかね。
それとは別にボトムは割りと良くてバベルGT、シャインライドで拾う。
放流はロールスイマー→ノア→ウルトラベスパ→再びノアで。
前回釣行からリバーオールド社のウルトラベスパを購入して使っているが
正直まだ全然感触がつかめない。どう使えばいいのかなコレ?

放流でノア2つほどブッチされたけど午前中は大サイズ2匹キープ完了。
同行者2名は午前券なので午後からはソロ釣行。
渋めだったんでBFをメインにして拾っていき、1時ちょいから小マスもキープし始める。
巻いているラインはどれれもコレも0.8号~1号のラインなので
メバリング用に巻いてあった0.3号のエステルをつかってみるが
3匹ほど釣ったところで良型ブラウンにあっさり切られ使ったことを後悔。
いや、後悔先に立たずか。

2時ちょいにインレット側に移動して空気読まないブラウンなどと遊んでいたが
脇から入ってきて執拗にラインかぶせてくるクソフライマンに文句つけたり
あまり楽しめた感じではなかったかな。すごく上手いフライマンもいたし
別にフライマンが全部クソだとは言わないけど、この日はほんと
「どうにかしてるよ」といいたくなるようなフライマンばっかだったな。

最後はエサ池で城峰オリカラ"二代目なおちゃん"でザクザク拾って終了。
このカラーはローライト時に圧倒的威力を発揮するのね・・・。
しまったな予備分も買っておけばよかった

今回のヒットルアー
(スプーン)
pic001_20170414225501d12.jpg
ノア
ハイバースト/オオツカオリカラ
QM
ペンタ/自塗
ウルトラベスパ
カランバ×2
グレッチ/自塗
BF×4
リベロ/自塗
ロールスイマー
バベルGT×4

(プラグ)
pic002_20170414230224138.jpg
パニクラ
クラピー/オオツカオリカラ、自塗×6
つぶアン/城峰オリカラ ×2
こしアン/オオツカオリカラ
シャインライド×2
ベビーバイブ
ザンム
イーグルプレイヤー/越トラオリから
シュヴァーンシャッド/アイランドオリカラ

殉職者はBFが1枚、ノア2枚、バベルGT1枚だったかな。
pic003_20170414230226335.jpg
サイズは驚くようなサイズは釣れませんでした。
それでもM券リミットの大4尾、小30尾確保には成功。
小マス30尾はなに、2~3時間位あれば余裕だろうと
1時過ぎ辺りから真面目に揃え始めましたがネットから逃げられたりして
ギリギリまでかかってしまった。ぐぬぬ



前回の上浜釣行から続けて違和感が残る。
全く釣れていない、というわけでもないがしっくり来ないこの違和感は
次回釣行(4/14)の釣行で更に顕著に。

ということで次記事に続きます。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

久々に上浜釣り堀センターへ。

徐々に朝の早さに慣らしていかないとなーなんて思うけど
今時期早起きしても1文の得もないんだよなぁ・・・
まぁそんなこともあとすこしで釣り三昧のシーズンに入るんですがね。

今年のネイティブ方面は"欲張りセット"を用意しました。
pic001_20170329205407ef8.jpg
"欲張りセット"と言うのはつまりサクラマスの水系券にしたことですね。
例年は所属する漁協のみの範囲で行使できる券だったのですが、
デイシーバスを今年やってみようかなと考えていたので
ならば現地の監視員とトラブルが起きにくいよう、サクラマスの水系券を買いました。
河口付近ではシーバス狙いの人の遊漁券云々で毎年揉め事が起きてるとか。
自分はまぁそんなのめんどくさいってのも有るし、購入したことで1尾でも多くの
サクラマスの放流資金の糧になれば、と考えました。


てなわけで今回は久々のエリアフィッシングの話


3/26 秋田県にかほ市「上浜釣り堀センター」にて
pic001_20170327223723969.jpg
天気:快晴
気温:7度位(昼)

前回が2015/7/24なので、約1年8ヶ月ぶりの釣行になります。
前回釣行時は自分以外に釣り人もおらず、ほぼイレパク状態でした。
さて、今回は?


釣行内容になる前にちょっとしたタックルの変更を書いておこう。
今回から汎用フックをダイワのプレッソマルチ、プレッソショートマルチに変更。
ここぞでヤリエやアイビーラインのフックに変更する算段。
なぜって?そりゃある程度の軸の太さがあって刺さりもよく、大物も無難に処理できるからだ。
カルティバのSBL47をこの位置づけにする予定だったのだがいざ使ってみると
あまり満足のいかなかったので何か代替を、ということで白羽の矢を立てたのがこのフック。
結論から言うと結構満足してます。入手も楽だしね。

ラインにも手を加えました。
今回からこちらのラインを使用しています。
pic002_20170327225342866.jpg
シーガーフロロマイスター3lb→サンラインパワードへら奏0.8号
   同              →シーガー筏チヌスペシャル1号。

まぁ明らかにルアーラインでない2種を使っています。
というのも、先日展示会でラインメーカーさんと話ししたときに
私「細くて強靭で、しなやかでルアーに使えそうな糸ってあります?」と聞いときの話を
色々かいつまんでいくことになるのですが
基本的にルアーラインと言うのは「断裂保証」をしなくてはならない。(国際規格)
コレは4LB表記のラインというのは4LBで必ず切れなくてはならない、ということ。
ルアーラインに書いてある○LB.testってのはコレ。
また、「号」というのは基本的に糸の太さを指すもの。よく4LB=1号と認識されているけど
実際は4lbと1号ってってのは全く違うことなんですね。また、強度を考えると
ある程度伸びのあるもののほうがためが効くのは明らか。
選択肢としては号表記のラインで、ナイロンラインという選択肢になる。

じゃぁ、メーカーとして一番神経質にラインの質を整え無くてはならないのは何か。
まずは磯。そしてヘラ、鮎。ナイロンの場合、伸びっぱなしになってしまうと
棚がボケてしまい思ったレンジに届けることができなくなる。
その為技術の粋を集めて伸びてもしっかり瞬時にもとに戻るラインは必要になる。
しかし残念ながら磯用ラインでは一番細くても1.5で太すぎる。
また、鮎ラインだと巻き数が少なすぎる。
というわけでおすすめされたのはへらびとというラインだったのですが
ここはあえて最高級のへら道糸ラインを使ってみようということで「奏」を購入。

コレも先に使用した感想を書いていけば
サンライン奏0.8+シーガーグランマックス0.8の組み合わせで使用したけど
やばい、かなりやばい。全く切れる気がしない。
コレほど心強い強さは久しぶりという感触だった
(※ナイロンのメインラインですが色が付いているので3mほどリーダー取りました)
使っていてもこりゃ強いなってのがはっきりわかった。
今回一度結束部からほつれてしまったがラインそのものから断裂する気は全くでない。
あえて注文をつけるとしたらガイド通りがあまり良くないのだが、
そこは本来の用途とはかけ離れた使い方なので仕方ないと思う。
まぁ、価格帯がグランマックスと同じランクなのでそのくらいはやれてもらわないと
ちょっと、ってのもありますけどね。

それもコレも春以降のエリアフィッシング、とりわけホームにしている2箇所と
今年もやります北海道遠征を見据えてのパワー系タックルの選定も行いたかった。
あれこれググっていくと、上浜では1.5lb程度の細糸での繊細な釣りが
トレンドになってはいるようだが、ここは釣果が落ちたとしても
力こそパワー、パワーこそ力ってことでパワー系で攻めることにした。

同時に、今季から渓流でカバーがきついポイント攻めに使用する
ミニバチの使用感の再チェックも同時に行いました。
ということで今回の釣行記はここから。



到着は9時。
車はひい、ふう・・・・・おいおい、めっちゃ混んでる!
これまで3度上浜にはお邪魔したのだが一番混んでたときでも1桁だったと思う。
後に秋田市の某釣具店の店長さんから話を聞いたけど
「上浜ここ最近めっちゃ人気出てるよ、特に酒田とか山形県中心の人が多いね」
確かにバスにはまだ早いし磯モノも早いし、川もまだ解禁日前だし・・・

9:10 受付してまずは大物池は向かう。
ハイプレッシャーの状況でしっかり大物池で魚と勝負するのはまだ無い。
まずはここで一匹釣ってからメインポンドに移ろうと考えていた。
pic001_201703280730440cf.jpg
水は相変わらずの超クリア。
でも木陰にはそこそこ魚が見える。
コレはなんとかなるかな?


pic002_20170328073046862.jpg
なんとかするのに15分以上かかるやつ。
確かノア→BFとやったけど追うどころか全く興味を示してこなくて
でもクランク投げるにも水深が浅くて・・・・じゃぁってなわけで
カランバ取り出してフックサイズ下げたらどん、だったはず

シルエットの大きさから大物用と思われがちのカランバだけど
フックサイズを#6に下げるとレギュラーマスもしっかりとれます。
最初からついているのは多分ヴァンの#2だと思うけど
個人的にはカルティバSBL47#6がベストマッチだと思う。

まぁレギュラーサイズではあるが一匹釣れたのでメインポンドへ。
それなりに釣れてはいる感じ・・・だがとにかく透明度も高いしプレッシャーも強いので
ノアjrから開始。ダメー
じゃぁBFは?ダメー
グレッチ使っちゃうよ?はいダメー
なるほどザワールドの愛川欽也ばりにダメ出しが続く。
近くでは釣れているのに自分は全く反応無しで50分位ノーフィッシュ。
いっその事ボトムはどうか?と思いシャインライド投げるとコレは好反応。
ならば・・・ということでミニバチにペレスプバンプを装着。はい、正解。
コレがもう一投一匹。ボトムにつけてからのデジ巻きが非常に有効だった。
まぁ、きっとフォールゾーンやエグザなど投入するともっと楽だったんだろうけど
そこまでルアーサイズ下げると飲み込まれるかなーなんて。

14匹くらいほぼ連続で釣れたあたりで近くに居た釣り人が
「あれ邪道だから、オレは正攻法の巻きでしか釣らねーんだわ」とかっていう嫌味聞こえたが
はいはいそうですかと聞き流しながらもじゃぁ巻きでも釣ったるよ!
ってわけでシュヴァーンとハビィとスピッシュで取ったあたりで
インレットがいい感じで空いたので移動。散々叩かれた場所だけど
この辺に漂ってる魚めっちゃやる気が感じられないので潮時とは思ってた。

と言うのもだ、回りで結構叩いていることもあって
やる気のある魚が中央付近に多く、そこに投げれるかどうかで
どうも大きく釣果が変わっているのに気づいていたから。
入った場所は左右から大きくキャストされるためなかなか中央まで
ロングキャストするのが難しかしく、気難しい魚ばかり相手せざるを得なかった。

インレットちょい下に入る。
いやー、さっきと打って変わって楽。
後にやってて体感したけど中央付近の魚よりは叩かれ気味で
活性は落ちるもののそれでも魚きっちり素直に追ってきてくれうことの喜び。
が、少し釣ったアタリでパタリと止まる。
横の3人組は結構そこそこ釣れている。
自分との違いはなにか、ルアーどんなのを使っているか
その辺をじっくり観察してみると気づくことがあった。
他にも釣れてる人の多くはルアーチェンジが圧倒的に早い。
自分は1個のルアーを5~6投は投げるが早いと2投くらいでチェンジしている。
加えて、使っているルアーのほぼ全てがクランク系。
確かにスプーンでも反応が出ないわけでもないがクランクねぇ。
ちょいと試してみるかなとおもむろにエアーブロー、つぶアンの入ったケースを開けて
同じように釣れなければ即交換、釣れても3~4投で交換を意識して
ゆっくり見せながら釣ってみると・・なるほど、ほう、ほう、ほう!
普段はルアーローテーションはかなりゆっくり目だけどこういうのもあるのか!
釣れている人をよくよく観察していきその技術とかやり方を自分の経験にしてく、
コレはエリアに限らずホント大事なものだと思うのよね。
まぁ、個人的にはスローシンキング系のこの手のクランクのゆっくりまきが
一番いいかなとは思ったんだけど、手元にピンとくるものがなかったので
ロッドを水に突っ込んで巻くことで沈めてごまかして釣ってました。

2投でダメなら交換。
投げても4投程度までと決めてどんどんローテーションを組むと
コレまたいい感じに数を重ねることに成功する。
まぁ、道具だよりのブルジョワフィッシングではにっちもさっちもいかないとき
どうするっていう話も出てくるのだが、とりあえず今日はこういうことでOKのようだ。

12時過ぎ、隣の3人組が交互にご飯を食べはじめて
ちょいと中央に投げれそうなのでおもむろにカランバフルキャストしたら
6連続くらいで釣れちゃう。やはりカランバ is GODか・・・・
ではなく、まぁ単純に四方からプレッシャー掛けられてるから
やる気のあるやつが真ん中に集まるのは仕方なく、レンジもちょうど合ってたんだろうね。
ルアーの交換をしながらそこそこのペースで釣って1時ころ受付に
魚を調理してもらえることを確認、ぱっぱと豆を使って
大きい方を1尾、小さい方を1尾用意して持ち込む。
小さいほうが連発でなかなか大きい方がつれなかったのは反省だな


ちょろっと釣りながら調理が終わるのを待つ。
ポツポツと釣ったあたりで「できました~」と。
座敷に通されて待っていたのは
pic002_20170329213217e0c.jpg
おお、コレですよコレ。
どんぶりいっぱいのご飯にお味噌汁。
そしてニジマスの唐揚げ。この組み合わせに間違いなど起きるはずもない。
ましてや先程まで生きていた魚だから生臭さも出ることはない。
(魚の生臭さは基本的に鮮度落ちからくる)

骨まるごとのからあげなのでちょいと邪魔になるんじゃないかなと思ったけど
しっかり二度揚げサれててサクサク行ける。うん、うまい。
このカタクリ系のから揚げ粉がいい仕事してるなー。
今時の業務用のから揚げ粉って扱いもかんたんだけど
こんな感じのしっかりしたサクサク感がある揚げ物って出来ないんだよね
とかなんとか独り言ぶつくさ言いながら

pic003_2017032921410896e.jpg
ごちそうさま。
体をストーブでしっかり温め直していざ、午後のスタートと行こう。

14:25釣り再開。
珍しく休憩50分位取ってたんだなぁ。
いつもエリアフィッシングでは休憩なしでやってることが多いけど、
ノルマ無しの釣りだとこんな感じでゆっくりやります。釣りバカだってお腹は減るんです

午後は少しメインポンドで釣った後再び大物池へ。
フォールゾーン1年ぶりくらいに投げてみるかなと思い投げたら
pic004_20170329214926561.jpg
あっさり出てしまう。ま、まぁ今日1出てしまったし、またメインポンドにいくか・・・
トラキンエキスパート戦にも参加している友人T氏にも
"一部エルアでレギュレーション上使えないルアーは結構あるけど
だからといってそれを全く使えないと困る日も来る。
使用OKの釣り場なら時々練習しておいても損はないよ"って言われてるしね。
とかなんとか。


メインポンド戻って適当にあれこれクランク投げ始める。
飯を食う前はつぶアンとかあのへん投げてたけど
ワウとかトレモとか水押し強めのシャロークランクどうかなと思ったらうん、まぁ、釣れる。
ニョロも・・・見切られるのが早いけどコレも問題なく釣れるし
活性が上がってきているのか見切りは早いが交換してすぐは反応が良い。
カランバ以外のスプーンには相変わらずだったんだけどね(´・ω・`)


時間は15時30ころ。秋田市に寄る時間、帰宅までの時間を考えると
リミットは16時半頃。最後に常連さんらがメインで入っている樹の下とか
あかないかなーなんて考えてるといい感じに入れそうな場所が。
ここからなら中央の魚にルアーをアピールできる!ということで移動。

案の定叩かれているとは言えやはり中央の魚はきちんと反応する。
やっぱり四隅ではなく四辺の中央が圧倒的にいいじゃないですか。
四隅でやる気ない魚メインに構ってた時間がもったいないなぁ。
ある程度巻きでとってラストは豆ドサドサなげて
pic005_20170329221403424.jpg
16:40、上がりマスをエグザで取って終了。
エグザ使うのいつぶりなんだろ・・・・・・。

ネットインの前に落とす魚も結構多かったので多分この日は多めに見積もっても
70程度止まりだと思うけど、もう一度行ければもうパターンもやり方もわかったので
ぶっとい糸ではなく細糸駆使して数を伸ばすのは問題なくやれそう。
ここでやるならやはり下調べどおり1.5lbくらいの細さで十分だね。
それでもまだ太いかもしれないけど、定期的に釣りに来れる距離でもないので
たぶん次行くときもパワータックルになると思います。

あーこの人めっちゃうまいなって思う人もちらほらいたし
pic006_201703292232218e2.jpg
アイビーライン・ムカイカップが行われるようで
メーカー協賛の大会が企画されてあったりと、
近場に有るならあれこれ腕磨くにはいいなぁ・・・なんては思いました。
大会そのものにはあまり興味ないけど、手持ちのムカイ製品で
使い方がよくわからないルアー結構あるのでコンセプト直接聞きたいんだけどなぁ。
それとペレスプバンプがとても良かったし直売アレば欲しいなーとか。
そううまくぽっ、と予定が空くはずもなく。

とりあえず先に今回のヒットルアーを。
※今回からルアーメーカーの表記を省略します。
pic007_201703292237137b3.jpg
(一段目・左から)
つぶアン/城峰オリカラ ×2
つぶアン/オオツカオリカラ
エアーブロー/自塗り
イーグルプレイヤー/越トラオリカラ
インチクランクUneR/越トラオリカラ
ゴキクラ
トレモスマッシュ
トレモ/アイランドオリカラ
ワウ/オオツカオリカラ
ワウ
スピッシュ

(2段目左から)
パニクラDR
シャインライド
ミッツドライ
カランバ×2
スイッチバックスプーン
ファクター
ノア×2
BF
グレッチ×2

(最下段左から)
シュヴァーンナノ/越トラオリカラ
ココニョロ/自塗り ×2
フィッシュイーター/自塗り
エア
ペレスプバンプ×2
ドワーフ
NST
エグザ
ハビィ

(記載漏れ)
フォールゾーン

殉職者
ペレスプバンプ:スナップ開けっ放しで釣ってたようで(´・ω・`)
この他に1度木に引っ掛け、1度合わせ切れしましたが
pic004_20170207212445d01.jpg
根掛かり、ルアーロストへの新型兵器のお陰で難を逃れました。



帰りは象潟の道の駅で帰り道にいくつか有る親戚にお土産買って置いてきたり
清水川でよくあってた方に会いに秋田市へプラっと寄ったり
旅として見るなら結構充実した1日なんじゃなかったと思います。
pic008_2017032922581729b.jpg
やはりネイガーはいいキャラしてると思うよ、うん。

この自販機で飲み物買ってくるの忘れたのが心残りか。

でも、やっぱ県南、中央の秋田弁って綺麗だなー
自分が主に喋ってる秋田弁は津軽弁、南部弁、秋田弁のハイブリッドだから
秋田弁と言ってもイントネーションだいぶ違うんだよなぁ。
県南部だと「しゃっけーのみもの"なんとだ?"」だが
自分の住んでるところだと「しゃっけーのみもの"どんだ(べ)?"」になる。
多分普段の会話は県外の人は絶対理解できないと自信あります。


次回釣行は4/9(まだ未定)
ホッケは接岸しない、磯もまだ微妙に早い、サクラは混むだろうから休日はなし
ユーランド清水川はこの日岩手の釣具屋がイベント予定だから回避、
ウキウキもT氏の情報によれば大会が有るとかで(2面のうち1面貸し切りかな?)
謝肉祭の餌になるのも一興だが太いタックルだけで今揃えたばかりなので回避で
八郎潟にブラックバスしにいくか、エリア遠征を考えています。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

会心の一日

久々にラム肉が食べたくなって肉屋に駆け込み買ってきた。
ただ、焼いて、タレで食べる。懐かしい味。
北海道遠征するとコンビニはセイコーマートをいつも使うのだが
コンビニではラム生肉(冷凍)を売っていて、どの都度「また食いたいなー」と
そのたびに近いうちに食べようかなと思ってたのがようやく叶った。

小さい頃にイベントなどでラム肉の焼肉などを食べたことが有るせいか
この独特な風味、味には抵抗感がまったくなく食が進む。
ああ、旨い。子供の頃の時の食べ物っていかに重要かよく分かる。


2/19 岩手県八幡平市「ユーランド清水川」にて
pic001_20170220140522762.jpg
時刻 9:05→16:00
天気 晴れのち雪、時折爆風

当初の年間計画では遠征する頃合いだったのだが、訳あって2日間の空きを作れず
遠征はちょっと先の方に変更。それならば海へ行ってホッケでも・・・・
なんて予定を考えてみるが、今年はどうしたものかホッケが全く居ない。
知人のつてなど現地情報を聞いてみるが「うん、多分無駄足になるよ」とのこと。
海を諦め上浜やウキウキなども考えたのだが天気予報見ると
「キョウノテンキハ、ユキ、トコロニヨリボウフウセツ。キオンハマイナス7ドデショウ」

流石に氷点下7度とかいうレベルになると峠越えが怖い。
特に県北地域からだと鹿角から田子まで抜ける峠、
そして田子から新郷村に至る細い道路なんかはちょっと。
逆に県南方面向かうにしても森吉ルートはちょっと怖い。
だからと言って能代経由も遠いし………えええい!怒涛のユーランド3連チャンでいいじゃん!

いつもはわずかながらの高速料金をケチって一部下道で行くが
今回は高速道を使い最短時間で車を走らせる。
安代を超えたあたりにはすでに車の温度計はマイナス8度を指していた。
下道は道路テッカテカだっただろうなぁ。



今回は前回釣行などで残っていた鮭をしっかりハーブ塩で染み込ませた
脂ギッシュな腹身の部分をカリッと焼いたものをおにぎりの具として作ってきて
それを頬張りながら少しだけ遅れて現地着。
えーっと誰かいたかな、なんて探してみると常連A氏が。
軽く挨拶を交わし隣に入れてもらう。
この日は釣り人も10人ちょっとくらいで、しかも全体的に釣り人も散らかっていて
案外どこでも入り放題ではあったが、やはり酸いも甘いもやり尽くした人の隣だと
アドバイスも受けやすいし大型かかったときなどでも心強い。

ついでにこの日は偏光グラスも自宅に忘れてきて「まずいな・・・」なんて
思ってた所に助け舟というか、サイトマスターを貸しを出してもらい
1日を通して全く不便なくと言うか寧ろいつもよりも快調な滑り出しが出来ました。

開始はリベロから。まぁ、普通に釣れるよなーなんてやってると
開始15分もしないうちに放流トラックが到着。
9時半頃に早々に放流するのは珍しいなぁ・・・と同時に、後半食いがおちた時
さぁてどうするかななんて考えながらA氏とだべりながら放流取り開始。
QM(鉄板北関東)で攻めるとそれなりには釣れるんだけど、何かが違う。
前回釣行でも放流取りはスピードをかなり遅めにしないと
しっかりしたバイトは得られなかったよなぁ……なんて考えて重量を一気に1.2の
ファクター赤金に変更。表層~中層をゆっくり目で巻いてくると、お?いいぞいいぞ?
と言った具合に釣れてくる。きっと上手い人は重いやつでもロッドワークを駆使して
うまく拾っていけるんだと思うけど、そのへんはまた後ほど。

ある程度ファクターでとった後セカンドはノア/地塗りで行くも数匹釣ったところで
ランディングの際にマスの魚体にぐるぐる糸が巻き付いてラインブレイク。
魚が巻き付いた時点でライン緩めるなり対策をとっさに取れなきゃダメなのに
そこまで一瞬で頭回らなかったなぁ、くそう。

ただ、連続でどんどん取れはするもののキープサイズが釣れない。
今回は3月いっぱいエリアは多分おやすみになる可能性があるので
出来たら60アップ、最低でも50後半の良型キッチリ揃えて暖かくなる前に
新巻鮭ならぬ荒巻ニジマスやニジマスで作る鮭とば、スモークサーモンなど
寒い時期、寒い地方でないと出来ない料理を一通りレシピ化して
しっかりした安定レシピにしておきたいなと考えていた。
(余裕があればこの辺も雑記記事で久しぶりに書いてみようかな。)
現状ではスモークサーモン一つとってもまだハーブのバランスや熟成が
納得行くレベルに達していないのでその辺も含めまだまだ未熟なので
ウキウキやユーランド清水川の美味しいサーモンで作っておきたいなと。

それはともかく、だ。
A氏が休憩中も投げ続け数を重ねてみるもどうも型が揃わない。
風も強いので再びQMを中心とした大きめのルアーをチョイスして投げる。
放流は若干落ち着きマットマンゴーやメタリックブルーなどでいい反応が得られるも
うーんコレはよく釣れるんだけど大物狙うなら違うなぁ、と頭をかしげる。
ノアとQMのロデオ系で攻めてました。

10時30頃か、遅れてやってきてたミノーマンM氏が「あっち側に放流魚固まってるよ」
との話を持ってきたのでそそくさとインレット側へ移動。
こっちの方は浅いからなー、ならカランバ行きますかということで
強風の中、風に流されないように、でも沈みすぎないようにラインの位置を調整すると
ドカンといいあたりが。なるほど、たしかに溜まっている。
2尾ほど良型をカランバで取るもインレット側は婚姻色が強い魚体多いことも有り
ある程度のフレッシュな魚が反応鈍くなったなと思ったので切り上げ。
キャッチアンドリリース組とは違い、キャッチ組としては出来たら美味しそうな魚を。
やせ細ったような魚を持ち帰っても後悔することを何度も経験しているので場所移動。

あまりプレッシャーもかかっていないと思われるエサ池の方へ向かう。
何人か釣り人が入っていたがすぐに戻ってきていたのであまり良いコンディションはないのかも
なんて考えながら、まぁとりあえずでノアを投げたらデカイのがバンバンかかってくる。
文字通りバンバンと。中でも投げてて、ここはノアがちょっと違いそうだから・・と
投げたハイバースト1.6/ウエストリミテッドカラーヒーローズがもうズバッとハマってくれて
ちぎっては投げちぎっては投げの状態。
pic002_201702211102261b8.jpg
ハイバーストは一度嵌ると爆発力半端ないなぁ。
向かいで釣ってた親子連れが唖然とするレベルでどんどんヒットを繰り返えしてました。
あまりにも連続で釣れるんで携帯で調べてみたらもうほぼ何処も売り切れのカラーと判明したので
そそくさとワレットに仕舞ってシェル、スイッチバックスプーン、ノアなどで
先ほどでもない勢いでは有るが拾っていって11時30分でキープ半分は完了。
ハイバースト1種だけで20尾くらいは取ってその後も10くらいは拾えたはず。
とりあえずここまですべて納得行くサイズで取れているが問題はこれから。

午後は渋くなりやすい、しかも放流は早い段階で終えているのでどうやって取るか、だが
とりあえずはまずはカランバで攻めて見ると相変わらず大物を中心としたヒットが続く。
で、カランバで若干食いが落ちてきたら一気にルアーサイズを落として
グレッチ0.5gで同じ層をゆっくり丁寧に引いてやるとコレまた連続でヒットを続ける。
なんていうか、カランバを完全に飽きさせないようにシルエット違うのを交互に挟むイメージ?
そんなのを意識して釣ってみました。
pic003_20170221111653150.jpg
その中でもグレッチ/自塗りでヒットさせたのがこの日1番の65cm/4kg超えの大物。
前回の釣行を踏まえてアジストでしっかりコントロールさせて、
思い通りにしっかり取れた会心の1尾。キープ。

と言うか、最近スプーンで釣るのがほんと楽しいんです。
クランクやミノーが嫌だとかというわけでなく、今は単純にスプーンで釣るのが
楽しくて楽しくて、クランクで釣る時間がもったいないくらいスプーンが楽しい。
ある意味でステップアップできたのかなと思うけど辿って考えてみると
やっぱ丁寧な釣りってのを考えだしたのがスタートラインだったのかな、と。

話を戻そう。
PM1:30を回ったあたりで暴風が吹き荒れる。しかも気温は氷点下で雪もちらつく
かなり厳しい天気。もちろん水面も
pic004_201702211148220f2.jpg
まるでちょっとした川を思わせるような波立ち具合。
それでも空を見上げると若干の青空は見えているのでこのアレ具合も
さほど続かないとは思って我慢して釣り続けます。
pic005_201702211150455d9.jpg
ここまで透き通るような青空もなんだか久しぶりだ。

てなわけで、どっかの釣りバカは「こんなに風が吹いているんだったら
魚はきっと流されて風下に居るだろう
」とかいう馬鹿なことをやり始め
ロールスイマー/自塗(オリーブ系)を投げると一発でデカイのがヒット。
うっひょーなんて思ったけどデカイのが水面はねた瞬間にラインブレイク。くそう。
じゃぁ同じ色で塗ったグレッチとかノアを投げ・・・たが、あまりの向かい風にルアーが飛ばない。
しかし別のカラーのロールスイマーを投げても先ほどみたいな反応は出ない。
ぐぬぬ、またストック作っておこうかなぁ・・・

PM2時過ぎ、風が止む。
再びスプーンで攻め始めるがどうも反応が鈍い。
もちろん釣れないわけではないのだが先程までの勢いがない。
回りをぐるっと見回すと同じエサ池では釣り人が6人。
大体みんなプラグで早巻き・・・でも釣れてない。
一人なんかボトム攻めしてる人が時々ヒットしている程度。
となると・・・・・・プラグで中層をねっとり攻めるパターンならもしやと思い
この日最初のプラグをチョイス。
そう言えばメールでトラキンエキスパート戦に参加してた友人から来てたメールで
今日はつぶアンとスプーンで攻めたんだけどあと一歩だった・・てな話しを思い出し
それ系のプラグでティン!と来るのないかなと見てたらティン!とくるものが。

選んだのはエアーブロー/ウマミソカラー。
クイッとレンジ下げてその後はスローにぎりぎり動くレンジをキープすれば・・・はいきた。
そこからはまたヒット、ヒット。こんなに調子良く釣れる日はいつぶりだろうか。
この日は何もかもが冴えていた。
A氏から借りたサイトマスターが良かったのか。
ブロンズウルフをメインに据えて組んだ戦略が良かったのか。
朝に前回ユーランド清水川で釣ったマスを使って作った巨大おにぎりが良かったのか
それとも途中A氏に差し入れとしていただいたコーヒーのお陰で頭が冴えたのか。
何が引き金だったかわからなかったが、冴えていたのは間違いなかった。
pic007_201702211231297c9.jpg
ダイドーのコーヒーって結構美味しい。

15:20リミット10到達。
もしかしたら1年以上ぶりくらいになるかもしれない。
自分が納得したサイズ、魚だけで10尾きっちり揃えれたのは。
しかも今年のユーランド清水川の魚は一味も二味も違う。
魚が抜群に旨い。2~3年食べているが今年の魚の旨さはほんといい。
昨年は身がパッサパサだったり見た目が良くても中身真っ白とかあったけど
今年はどうかなーなんて考えてキープしても身は真っ赤で驚くほど旨い。
40センチサイズなら1回でぺろりと食べる自分が言うから間違いないと思う。
もちろんしっかり血抜き、しっかり料理するのも大事だけどね。
食べ物が美味しいって、コレ以上の幸せはないと思うんだ。
pic009_20170221151325cb2.jpg


さて、時間は残った。
てなわけで場所移動して久々のキンギョチャレンジ。
現在は・・・計算し直してみたら約7時間ほど投げてキャッチ0。
今日の冴えている自分ならもしや・・・と投げてみるとなんと3投目、うおっと思うあたりが。
コレは・・・かなりのがヒットしたぞと隣のA氏のじゃまになりながらもなんとか釣り上げる。
pic006_20170221123126835.jpg
ラッキークラフト/キンギョ40F アルビノカラー
結局リングはダブルリングにしてスプーンフック使用。
やや大きめにしてテール部の食い上げにも対処できるようにするのがみそなのかも。

この日1ではないものの、この日3~4くらいの良型をキャッチ。
コレでようやく累計7時間とちょっとに渡ったキンギョチャレンジは
グッドエンドを迎えて終了に。あとはうん・・、もうお蔵入りにさせるかな。
その後、残り時間ブラストイットミノーでぐるりと回りながら楽しんで終了。

最終的には60アップ×8本、50アップ×2本という結果になりました。
以前もこのくらいきっちり揃えれた時期もありましたが、結局その当時は
レギュレーションでも認められていたマメも駆使した上での釣果だったので
それ無しでしっかりできるようになったのは自信にもつながる。
ここ最近では一番の会心の釣りになったのは言うまでもありません。
このクオリティと冴えを維持できるように精進していかないとね。

今回のヒットルアー
pic008_201702211350211b8.jpg
(左上から)
カランバ×2 バスデイ
リベロ/自塗 アールグラット
グレッチ/自塗他×2 シーレーベル
ハイバースト/ヒーローズカラー ヴァルケイン
QM×4 ロデオクラフト
キンギョ ラッキークラフト
ザッガー50F1/自塗 ハンクル
シュヴァーンシャッドナノ/アイランドオリカラ ヴァルケイン
デスロール アーキテクト
エアーブロー ラッキークラフト

(左下から)
パンサー ダイワ
ファクター フォレスト
シェル スリーピースルアーズ
スイッチバックスプーン×2 ヒーローズ
BF×2 ロデオクラフト
ロールスイマー/自塗 シマノ
アキュラシー/城峰オリカラ なぶらや
ノア/自塗他 ロデオクラフト
ミッツドライ ティモン


参考までに過去の同時期どんなのを使っていたかというと
pic001_20160201075707cbe.jpg
2016/1/31 岩姫に行った時にヒットさせてたルアー

pic001_201502091045120cb.jpg
2015/2/9 ユーランド清水川でのヒットルアー

pic001_R_20140216193556998.jpg
2014/2/16 釣行時でのヒットルアー

1年1年違った特色で釣ってるんだね・・・・

殉職者
ロールスイマー/自塗 はねた瞬間におなくなりに
ノア/自塗 ぐるぐるに糸巻かれておなくなりに
カランバ×2 普通にトルクフルなダッシュでおなくなりに
        もう一つは無理にランディングに持ち込んだ時に逃げられおなくなりに。
ハンクルシャッド ルアーの進行方向に魚が横切った瞬間ラインが背びれに絡まれ
          おいおい、頼むからいと外れてくれよと思ったがラインがおもったよりも頑丈で
          そのままルアーまで伝い背びれに引っかかってラインブレイク。



次回休日釣行は3/4 深夜:青森県深浦町での夜通しロックしッシュゲーム。
明け3/5はホッケのルアーフィッシング。未接岸の場合は海サクラを狙います。
仕事が入らなければ3月末の休みで遠征を入れます。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

修理したアジストの耐久度を確かめにユーランド清水川へ。

時間はちょいと前の話になりますが先週のエリア釣行の話をば。

デスクワーク的な意味で1年で一番だるいのがこの時期で、
まあいわゆる確定申告なんですが、思った以上に生活のリソースを食われ
結構時間がかかってしまう、「ブログ書き」ってのに回せない感じなんです。
なので2月いっぱいはちょっとかなり簡素な釣行記録になります。



2/5 岩手県八幡平市 「ユーランド清水川」にて。

時刻 9:15→16:00
天気 たぶんくもり

今回の釣行の目的はもちろん「修理したアジストのチェック。」
ロッドの修理は初めてなのでどれくらいイケるのか、はたまた失敗だったのか
それを確認したかった。

それともう一つ。
エリアフィッシング、もしくはライトソルトをやっているとおなじみのヤリエというメーカー。
実はヤリエのメーカーページでは毎月プレゼントが行われている。
12月だっただろうか、新発売のヤリエのTクランカップがプレゼントコーナーにあり、
正直ヤリエのクランクねぇ・・・実物も見れないし(まず取扱店が近くにない)
どんな動きするかもさっぱりわからないし、でも新しい商品触ってみたいし・・・
なんてことでダメ元で応募していたのですがつい先日
pic001_20170208182550452.jpg
でん。

pic002_20170208182551846.jpg
ででん。

当たっちゃいました(゚∀゚)
こんなオッサンでもちょっと遅いお年玉はうれしいです。
というわけで早速このルアーがどうか、というのも含めてテストへ。
前回はユーランド清水川だったので、今回はウキウキへ行こうかなーって考えていたのだが
前々日の時点で結氷休業の案内が出ていたのと、
(※実は前日に解氷・営業再開記事出てたけど気が付かなかった)
道路の凍結がマッハ(ついでに今回行く時外気温はマイナス11度でした)だったので
交通事情も考えまして2回連続でのユーランド清水川としました。

現地着は9時を少し回ったあたり。
ゆっくり裏道を走ってきたので少し遅れたけどま、問題ないかと思ったが
ミノーマンM氏「あ、今日事前放流だよ、急いだほう良いよ?」
え、まじかよ・・なんて思いならがら道具のセッティングをしていたが
この日は人も結構多く、ミノーマンも多く居たので何処に入るか悩む。

えーい、どうせ入れないんだったら下池から始めるか。
今回はアジストのテストがメインなので、というわけでまずは
リベロ/アクアエリアオリカラから開始。
今はもう値上げしてしまったけど、このルアーは発売当初破格だった。
そういう意味でも細仕掛けを使う際は重宝していたルアーだ。
今は値上げしてしまったのも有りちょっと使いづらくなってあまり使ってない。
久しぶりにリベロ使うけど
pic003_2017020912251394a.jpg
手持ちのリベロの多くが自塗にいつの間にかなってしまっていた。
自塗りに関しては全て実績のあったカラー飲み残しているから
ラインナップ自体は自信があるがなんだかちょっと複雑な気分。

当然ながらまぁ釣れる。
でもよくバレる。原因は明白。無意識なうちに
また折れるのが正直怖くてしっかりフッキングさせてない、
ロッドにしっかり重さを掛けたやり取りが出来ていない。
そもそも言う人に言わせると、ぶっちゃけこのアベレージが大きい清水川で
使うようなロッドじゃねーから!とか言う話になるんだけど
それを差っ引いたとしても午前中は10以上50~60アップをヒットさせるも
キープサイズは4にとどまった。(うち1は針飲まれたのでキープ40台かな)

午後からはまずはTクラのテスト。
流石に初日からぶっちぎられてロストしましたーなんてことは言えないので
ブロンズウルフ+フロロ3lbで使ってみる。

うん、普通に釣れる。
でもこのルアーちょっと動きが予想外だな
というのも、超デッドスローでもなんかぶりぶり動く。
どうせ動きなんてクラピーみたいなもんでしょと考えていたが
コレは全く違うタイプのルアー。流れが軽くあればほっとけしといたら
普通にアクションして普通につれてくれる。
今回は大きいのが掛からなかったがコレはちょいと色々幅広く使ってみないと
このルアーの動きはしっかり出せないぞ、というのを感じた。
次回釣行でも使っていくがデッドスローOKなのは確認。
系統でいえばウエイブラーなんかに近い感じになるのかなぁ。
アレもデッドスローで使うと結構いい感じに動いてくれるんだよね。

それ以上にティンときたのはフックのノリの良さ。
んー?と思いフックを外してスプーンに装着してみるとコレまたなかなか。
Tクラに関してはもう数回使って取捨選択する予定だけど
フックに関しては結構気に入ったので速攻で数袋注文を出している。
フック自体の価格帯も結構安めな方なので一部フックヤリエに変えるかな。


(注:ここまでは書き溜めてた内容なので下とずれがあります)

と言うか、フックは速攻買いました。
まぁそれも実はわけがありまして丁寧に釣りだしてから
実はスプーンでの釣りがほんと楽しい。主にマイクロスプーンだけど。
今回の釣行では鱒玉攻めてた時にラインを噛まれたりして
幾つか思いがけずスプーンをロストしてしまったけど、
それでもちょっと腰据えてやり直してみようと考えていまして
ちょっと真面目にルアーそれぞれに適当に取ってたバランスをしっかり統一しようかと。
以前一度カルティバの新製品の47フッ素フックを買ってズラッと変えたんですが
やはりマイクロスプーンなどには太すぎだったことなども有り
ちょいと色々また手を加えようかと、言った具合です。

終盤どうも安定しなくてスレがかってしまってるところを
じゅんさんに見られてしまうなどお恥ずかしい所を見せてしまったりしまったが
まぁそれなりの釣果で割りと悪くない一日だったと思います。

今回のヒットルアーは以下の通り。
pic001_2017021601521249b.jpg
今月はルアー一覧の名称は省略で。



次回釣行2/19予定。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

アジスト、再び殉職。

冬の間暇な時何しようかとちょいとゲームに手を出したら
コレがまた再び楽しくてブログ書くのが遅くなってるココ最近。
ただまぁ、学生の時みたいに時間が取れるわけじゃないから
本当にちょこちょことすすめてるだけだけどね。

タイトルからして不穏な雰囲気ですがまぁ、今回の釣りはユーランド清水川釣行です。



1/22 岩手県八幡平市「ユーランド清水川」にて。
pic001_2017012408233518b.jpg

時刻 9:30→16:00
天気 曇り時々雪

昨年末振りになるユーランド清水川を行いました。
今回は持ち帰りコースを選択。前回割りとしんどかったが今回は・・・。



今回は2つほど目的があった。
まず第一の目的は前回のユーランド釣行でリリーサーの先端部を落とし、
もし見つかったら教えてください、と伝えてあったことで、その結果を聞きに来たわけだが
結局のところ見つかりませんでしたとのこと。
雪が消えればまた見つかるかもしれないしそれを期待して、
今は先日購入したばかりのプレッソリリーサーで我慢することにする。

もう一つはレギュレーションに関しての再確認を行うこと。
前回釣行の記事で「バベルGTはレギュレーションに抵触してるよ、18mm以下使用禁止だよ」
という指摘を受けたのでそれに関して再度確認を取ること。
結果を言うと問題無し。

レギュレーションを再度確認した所
・使用ルアーは"18mm以上に限る"。
・可変型ルアーは禁止。
・もちろんフェザーも禁止。
・バーブ付きフックはもちろん禁止。

まぁよくある一般的なトーナメントルールと言うやつらしい。
前回釣行及び今回釣行に於いてボトム攻めに関してはバベルGT(18mm)を
メインに据えているがコレに関しては全く問題ないことを再確認。
ただ、正直今回の釣行内容としてはボトム攻めをメインにしたのが
中盤までの貧果の原因となってしまう。



開始は確か7名。フライ3名、ルアー4名かな?今回は釣り人も少なく結構楽にやれそうだ。
しかし、入りたいと思っていたインレット側にはフライマンが2人、ルアーマンが1人。
このくらい余裕があればだいぶ楽なんだけどねー。
アウトレットからやや中央よりに陣取る。

今回の釣りのテーマは「丁寧に、丁寧に。」
昨年の鱒職人終えたあたり、いや夏過ぎからか?
最近釣りがかなり雑になっていることをちょいとまずいなと感じていた。
特に昨年末のハタハタから始まり、ミニバチを買ったあたりで最高潮で
釣りが雑過ぎてちょっと考え直さなきゃと思っていたのでそれを実戦。

アジストに装着しているリールのラインをサンラインFC Shooter1.5lbに変更し
マイクロスプーンを中心とした攻めを心がける。
開始はノアjr1.2自塗から開始。
細糸なのでロストが怖いから八戸の某釣具店でワゴンで売ってた1.2gを
塗装剥いで塗ったのが結構あるんだよね。
それはともかくとして表層、中層、低層とタナを刻んでいくと
一旦底に落としてからの巻き上げがやや有効な感じ。
ポツポツと、でも悪くない感じにつれてくる。

が、とにかくガイドが凍る、凍る。
アジストはマイクロガイドなのでかなり抵抗がかかるレベルでガイドが凍る。
案の定数投したところでヒットした瞬間に変なところでぷつりと。
んー?その段階では「前回釣行でライン弱ってたのかな?」と思う程度だったが
(※巻き直したばかりだったので前回釣行云々じゃなかったんだよね・・・)
3lb巻いてるステラに変更してからものの20分でノアを2つロストして気づいた。
「あ、これガイドが凍ってラインに悪さしてるやつだ」と。
もっと早く気づけばルアーロストは防げたはずなのにバカバカメイのバカ!

放流は10時半ころ。
開始はMIU2.2g、あれ?反応ない。
じゃぁロールスイマー2.2か?
え?まじで反応ない?
じ、じゃぁノア1.8g鉄板北関東でどうだ!
これがドンピシャ。でも決して魚は早くなく、ややウエイト軽めの
若干ゆっくり巻きするのがうまくハマってくれたようだ。
ここ最近の傾向よろしく、放流は効き始めがイマイチでもダラダラと長く続く
そういう話も耳に挟んでいたし前回釣行でも感じていたので
とにかく鉄板北関東をずーっと投げてましたしずーっと釣れてました。
同じルアーで17~8尾くらい釣れたところでラインチェック怠ってたせいか
今日4つ目のノア殉職。今日巻きたてっていうのも有るけど
切れない時は1.5lbでも切れないけど、切れる時は3lbでもぶっちぶっち逝く。
放流切れたあたりでバベルGTで底を狙い始めるも2つほど根掛かりでロスト。
「あーもう!」と思うも「しまった、平常心平常心・・・」と落ち着かせる。
しかしそれも長くは続かない。
昼をやや過ぎたあたりか、キープが全く揃っていない現実が突きつけられる。

1時を回った時点でキープはわずかに1尾。
決して釣れていないわけではない。今日はここ最近の清水川釣行にしては
かなりいいペースで魚を出せている。うまく行っている方では有るのだが
釣れてくるのが小さめか、もしくは老齢、子持ちの魚がメインで連れてくるため
「おっ」と思うようなサイズが上がっても持ち帰って食べるには・・・というのが多い。
個人的な感触だが放流したてのフレッシュな魚の多くはインレット側に行くのでは?
と、前回釣行での傾向も踏まえてそういう推論を立てている。
(無論魚のサイズそのものはアウトレット側にも結構多くいるけどね)
pic002_2017012410502274d.jpg
こういうのと年取った魚にはすべてお帰りに願いました。

過去に遡ると午前中にキープ10尾をきっちり揃えれた事はあるが
現在の状況で残り9尾を3時間で揃えるというのは至難の業。
魚が溜まっていると考えられるインレット側はフライマンが相変わらず居るから駄目
でもこのまま事故的にフレッシュな大物がかかるのを待つのか?といわれると
そういうわけにも行かないだろう。座して死を待つなら動いて活路を、だ。

普段入らないような場所に入る。
この場所には今日は人が入っていないからもしかしたら・・・・と思い
とりあえずQM/マンゴーマットブラックで探っていくとなんかいい感じに
良型がぽん、ぽん、と3尾連続で上がる。小さくても今日は妥協妥協・・・
なんて思いながらふともしかしたら?とこの状況を思い出す。
もしかしたら完全な冬パターンというのではなく魚はもしかしたら
もっともっと上、しかも表層やや下なのかこの辺は??
じゃぁ例えばトレモ、例えばココニョロ・・・・この辺のプラグを思い浮かべたが
実はこの時点で3lbのフロロを巻いているステラは何度もライン交換を行って
糸巻き量がかなり不足気味のため戦線離脱。
ミニバチにはリールをつけっぱなしだしもう一つのPE巻いたリールはなんか
いい感じに凍結してしまっている。
ここは1.5lb+アジストというライトな組み合わせで挑むしかないということで
プラグは使わない方向はいいとして、
スローに表層やや下をじっくり攻めれるスプーンねぇ・・・んー?
おもむろに取り出したのはカランバ。基本的に自分の中では
春から初夏に向けて魚がやや上にいる際に圧倒的破壊力を持つルアー。
こんな真冬なんかに使ってもなぁ・・・なんて思うと第一投からバイトの連続。
ルアーはコレでイケる、後は微調整・・・と思いフックを#2から#6へ変更
そこからはもう、久々のいつぞやぶりかの天国を味わう
魚はどんどんヒットするし、そのほぼ全てが40アップ。
そしてひときわデカイのもヒット。
pic001_201701241140300a1.jpg
(※キープしたので陸揚げしています)
測らずとも一発で70アップと確信できるレベルの大物。
久々にランディング成功した瞬間ガッツポーズが出ました。
ヒットが薄くなってきたなーなんて思ってもまたカラーチェンジすれば
再び果敢にヒットしてくる。まさかこの冬にカランバがドンピシャな状況があるとは。
しかも使用したのは細いフロロとアジングロッド。丁寧にやれば取れるじゃない。Vやねん!
もうウッキウキの気分で連続で2本めの70アップをランディング使用としたときのことだった

pic009_20170124142003835.jpg

再びアジスト、逝く。(6ヶ月ぶり2回目→前回記事
もう免責は使ってしまったし今回は自分で補修して使うことにします。
後ほど記事にはするけど、買って8ヶ月で2回折れるとか相性悪いなぁ。
1.5lbのラインは全く切れないのにロッドが折れるということは何処かに
クラックが入っていたんだろうね。うーん・・・・。

リールだけをブロンズウルフに交換。
魚は比較的上ずっているのではという推測の下、投げてみると
これらもまたよく効いてくる感じ。
pic003_201701241309458bc.jpg
エアーブロー/自塗

pic002_20170124130942261.jpg
ココニョロ/自塗

それと前回ウキウキで良かったつぶアンの城峰釣具店オリカラの
三代目のMカラーを投げてみたけどこれやばい、まじでエサ。
数尾釣ったところでロストが怖くなり別のルアーに交換したが
午後は連続でロストしまくった午前と一変して、大物連発するものの
ラインチェックとマメに氷除去を行ったことも有りロストなしで終わった。
わずか1時間半(14:40分)でリミットメイクまで到達。
(後に検量時知ることだが1尾足りませんでした)
端っこで離れてひっそりと怒涛の追い上げをして良型を掴んだ一日だった。


ここからは今回の釣行で感じたことなどだが
水質に関してはもうかなり改善した段階になっていると思う。
昨年の池改修で活性も水質も大幅に悪化したことも有りちょっと避け気味ではあったが
まだ以前の超クリア状況にはもうちょっと時間がかかるかもしれないが
気温も下がったことも有り上の池、下の池ともにかなりいい感じに戻ってきてると思う。
明らかに昨年の末よりも見えている魚の数も増えているし、だいぶ良くなってきたなと。
ただ、相変わらず場所によって良し悪しはまだあって、最終盤インレットに入ったが
もう見てすぐ分かるレベルでの鱒玉が出来てたりそういう面では
付き場が変わったものの、場所による釣果の差は結構出そうな感じ。
今回丁寧に探っていったのも有るが、だいたい魚がごっそり溜まっているポイントが
何個かあったのでそれをしっかり探れれば・・・・相当いいかも。
濁っていたときはそれどころじゃなかったしね。
しっかりスプーンを丁寧に丁寧に巻けばきちんと魚は反応してくれる。
それだけでも今年は期待できる状況に戻っていると確信している。。

釣果:多分70は行ってると思う
pic004_20170124133416089.jpg
久々の70アップ×2を始めとして途中妥協した3本を除けば
かなりいい感じのサイズを揃えれたと思う。
この流線型のビシっとした締まったこのコンディションの魚が美味くないはずがない。
しかも身質も素晴らしいのばかり。しっかり赤いよ!美味いよ!
コレよコレ、ユーランド清水川の鱒はこうじゃなきゃ!

いくら採取用も一本確保。
pic005_201701241339021cd.jpg
・・・と思ったけどこの魚結構いくらが成熟しきってました(´・ω・`)
でも身質も赤々としてよかった。以前まではこういう魚は見が真っ白でパッサパサだったのに
卵を持っていてもコンディションいい魚って居るんだね。

pic006_20170124133903d95.jpg
その代わり別の魚から筋子状態のいくらをゲットだぜ。
鱒子醤油漬け作っちゃうぜ!やったぜ!

ついでに一番でかい70アップの方お腹の中からこんなの出てきました。
pic007_201701241350166d1.jpg
ウォーターランドのミノー。ジャークソニック?とか言うのかな。
腹の中に入っていたせいか塗装はもうほぼ剥げてしまっているが
再塗装をかけてあげればまだまだイケルと思う。


今回のヒットルアー
pic008_20170124135058ada.jpg
(上段左から)
カランバ(バスデイ)×4
QM(ロデオクラフト)×2
ペレスプ(ムカイ)

(中段左から)
ハイバースト/オオツカオリカラ他(ヴァルケイン)×2
ロールスイマー(シマノ)
バベルGT(ロブルアー)
ノアjr/自塗(ロデオクラフト)
ジギルjr(ロデオクラフト)
スイッチバックスプーン(嶋屋)
グレッチ(シーレーベル)

(下段左から)
クラピー/自塗(ラッキークラフト)
イーグルプレイヤー/越トラオリカラ(ディスプラウト)×2
つぶアン/城峰オリカラ(ラッキークラフト)
エアーブロー/自塗(ラッキークラフト)×2
ココニョロ/自塗(九重ルアーズ)

殉職者
ノア×4(自塗×1,鉄板北関東×1,2014早乙女×1,2012TS.II×1)
ハイバースト×1(自塗)
バベルGT×2
アジスト×1

ノアTS.IIは昨年の鱒職人でとても良い仕事をしてくれたルアーで
思い位入れも大きかった分ロストしたのが非常に辛い。
残りはまだ買える(塗れる)ルアーがメインなのでなんとか早めの補充を。



次回釣行予定ですが2/19がちょいと遠出できなくなったので予定変更となります。
2/5  エリア釣行
2/19 磯釣行(ホッケ)
3/5  遠征

ライトロックの方はアジストが修理完了するまでは代打(ネクスティーノ)が
メインになるので若干釣果が落ちるかも、です。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 上浜釣り堀センター(秋田県) 尻別川フィッシングエリア 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 合子沢養魚場(青森県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR