やっぱタナゴ天国だったじゃん

積極的に車中泊したいというわけではないのだが、
ここ最近帰り道がどうしても眠くて途中でダウンすることが増えた気がする。
何かかしら考えないと・・・・・って車中泊になるまでやるなって話でも有るけど。


5/21 秋田県男鹿半島にて。

時刻 6:00頃→13:30
天気 快晴

本命は釣れませんでしたので男鹿半島の素敵な景色でも御覧ください

BGMはお好みでこの辺でも流しながらどうぞ。
pic001_20170522150425f2c.jpg

pic002_20170522150426dae.jpg

pic003_2017052215042852a.jpg

pic004_20170522150429756.jpg

pic005_201705221504312f9.jpg

以上、終わり!

というわけにも行かないか。
実はこの日、磯釣りではメジャーメーカーであるキザクラが男鹿半島をステージに
黒魂カップというのを開催していたことも有りメジャーな沖磯は殆ど埋まっていた。
(まぁ、一週早くやれたとしてもマルキューの大会とかぶってたんですけどね。)
なら1番船に乗っていけっていう話なのだが、今回は同行者の予定もあってそれは不可能だったし
運転手の自分も1時まで2日分の仕事前倒しして処理しての就寝だったので
もう空いているところでいいやっていう感じになりました。

波の具合はほぼ凪で、もう少し荒れてもええどすえというレベル。
今回も渡船は戸賀漁港の「政運丸」さんを利用しました。
pic006_20170522152124573.jpg

あそこも駄目、ここも駄目と探してもらって約15分後
通称お○べ島というメジャーな島が丁度空いていたので乗せてもらう。
ポイントは正面の島との間の水道で自分は先端に入りました。

今回のタックルは
メインライン:サンライン ナイロン1.5号
ハリス:シーガーグランマックス 0.8号
針:がまかつ 掛かりすぎチヌ3号
ウキ:遠矢ウキB-大/円錐ウキ2B
付けエサ:ハマイチ 釣らせ名人Gボイル
コマセエサ:マルキュー チヌパワームギスペシャル
コマセエサ:マルキュー 激荒ミンチ
コマセエサ::押し麦(100均の)

前は生イキくんをメインにしててそれで慣れてたのだが
今回は見たこと無いエサがあったので使ってみた。

例のごとくゆっくり仕掛けを作りながら30分位かけて入念に場所づくりをしていく。
で、開始2頭目でスコーン!といい感じでウキが入る。

・・・・・はい、タナゴ。
しかも馬鹿にできないいいサイズなのが悔しい。

そんな感じがだいたい5時間位続いたかな。
とにかくエサ取りエサ取りエサ取り・・・・
投げたエサが目的のレンジに到達するまでに、(多分)ふぐ、タナゴにやられてしまう。
同行者は2枚すでにキャッチ。自分のところはこのくらいエサ取りがわくのかよと
思うくらいわいてたのに対して、同行者は餌取りも少なく釣れてたの考えると
場所というよりも集魚力があまりにも強すぎてドカッと魚寄せすぎたのかなと。
後は棒ウキが横風で煽られて円錐を使うことになってしまったのだが
その円錐の手持ちが少なく、想定していたレンジに届かせる前にエサ取りにやられていたのが
原因ということもはっきりわかっていたのだが、重りを調整してごまかすもどうにもうまく行かず
手をこまねいたのがこの日の釣行のすべてだった。

今年から再開した磯だが前はさほど不便だなーとか駄目だったなーってのでも
さほど気にせずに次、次といった感じだったのだが
今は課題点とどうやればいいのかをしっかり考えれるようになったことは進歩したのかもしれない。
後ほどタックルを増強して次回釣行に備えたいところだが、
今年はどうかは分からないがエリアフィッシングの方で6月初めは鱒職人があって
そっちの方も気になっているし、北海道遠征もやりたいなーなんて考えているし
磯にいくのかどうかすら今のところは未定です。

この日の釣果
タナゴ×10 27~21cm(うち5リリース)
イナダ ばらし
他にもチヌっぽい引きでばらしたのもあったけど浮かせれなかったので
そういうのはもう最初からノーカンということで。



2時磯を上がり能代市で吾作ラーメンを食べて、
道具を仕舞い男鹿から→能代→自宅、そこから更に陸奥湾へアジングという
ダブルヘッターを行ってきたのですがその記事は次の記事で紹介します。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

いざ春の男鹿半島へ。

来月からの釣り関係の予定を埋めているが割りと釣りの方は忙しくなりそうだ。
遠征する時間が取れるのかどうかもちょっと微妙に。
ただ、新潟遠征もまだ諦めていないし北海道遠征も控えている。
地元で言えばユーランド清水川が料金改定で持ち帰りコースの匹数が減った代わりに
料金値下げと自分が願っていた料金プランになり行きやすくもなったし、いっぱい行きたいね。
以前受付の人に「1日券で匹数少ないプランって作ってくれませんかね・・・1日10尾は
揃えるにもしんどいし余裕のない釣り、余裕のないルアー選択になってしまう」と伝えていた。
まぁリミットメイクしなくても別にいいだろっていう話だけど、
そこは釣り人のアレで揃えてしまうんだよね。良コンディションの魚を選別して抜くとなると
倍の数の良型必要だったので飯食わずで毎回やってたけど今回からはゆっくりやれそうだ。

そして4~5月といえば磯です。
クロダイです。水温が良くなってきて4月中旬には某漁港で初物が上がったとか。
それなら・・・・行くしかないでしょう?ねぇ?


4/23 秋田県男鹿市 双六漁港周辺にて

今回は地名を出しちゃおう。本命釣れなかったし(´・ω・`)
時刻 8:15→12:00
天気 晴れ、暴風。

男鹿に行きました。
以前から言っているとおり八森以北の地磯なら色々知っているのですが
男鹿の地磯ってのは全くさっぱりわからないのが本音です。(漁港はまぁ、わかります)
航空写真や昨年の釣具店のブログなどから入道崎付近(水島など)が一番いいのは
わかってはいましたが、予報で風が4m以上と渡船は無理だろうと判断。
地磯でいいところがないか急遽探すことになりましたが風がこんな感じで
pic001_20170424062953b4b.jpg
もろに男鹿の先端部~北部は真正面の風を受けてしまうため、方針転換か?
でも地図を見ながら、西黒沢の漁港なら風を背に内海を狙えると向かってみるも
背中に風を背負って釣りとか無理無理かたつむり状況の風に、最初から方針転換どおり
やったらええがなって言う自問自答を繰り返す。
コレで目をつけていた第3候補まで全滅とかやっぱカンが鈍ってるなーとつくづく思う。
pic002_20170424063543166.jpg
そもそもこの海見た時点で男鹿の南側に移動する決断をすぐ出来るくらいでなきゃなぁ。
しかし南側の地磯ねぇ。弁天崎か水族館の地磯あたりは写真見る感じ
悪くはなかったがこの2つはまだ結構風の影響を受けていて更に東へ。
・・って考えていって磯を眺めながらまた止まって眺めながら、ってやってるうちに
えええええーいめんどくっせえええ!となってしまい一路椿漁港へ。
面倒くさいときはマッハで漁港。手堅い選択だと自分では思った。
ナイス俺。しかし・・・・釣り人で満員御礼。ですよねー
pic003_20170424064414cbf.jpg
もちろん柵越えした立ち入り禁止区域に侵入すりゃまだ釣り場は空いていたけど
そんな馬鹿な真似をするつもりは全くないし・・・じゃ、じゃぁ館山崎は・・・・
八戸八戸岩手岩手時々秋田と言った風に県外ナンバー時々秋田みたいな感じで
車が10台近く止まっているのを見てガッカリ。この時点でどうするか決断したのが
「ああ、いいや、そのへんの適当な漁港の防波堤に入ろう」っていう安易な決断。

というわけで今回入ったのは椿漁港そばの双六漁港でして
この漁港に入るのも初めてだが海を見るとなかなか根がマッハで比較的浅めと
まだちょっと早いかなーと感じるポイントですが、もう男鹿に到着して2時間も
場所選びしてたのでもうここでいいや、と。
実は今回の釣行はダブルヘッダーで、12時の磯上がりは確定しているため
コレ以上伸ばせないという事情もあった。
(今考えたら近いんだし帆掛の方よかったか・・・)


pic005_2017042407472914d.jpg
ご覧の通りマッハで根。

なんか磯タモが全然届かない高さで抜き上げ必須になるのですが
今回は道糸1.5+ハリス1.5と細糸仕掛けで挑むことにしました。
撒き餌はチヌパワー麦スペシャル+激荒ミンチ+オキアミ3kg。
挿し餌はオキアミ、場合によっては激荒ミンチ内のコーンで。
急げ急げとは思いながらもしっかり30分かけて場所づくりして
ようやく開始。ざっと見る感じなんかエサ取りはもういるっぽいなと感じながら
底を中心にしばらく攻めていくとスーッとウキを横に引っ張っていくアタリ。
クロダイのアタリじゃないなとは思ったが勢い良くフッキングさせると強烈な引き。
まぁしかしなんだ?なんか浮いてきたやつなんか長いぞ?ホッケか?
pic004_20170424074727ad4.jpg
アイナメさんでした。こうみえても41cmのなかなかの良型。

よし、これでパーフェクトボウズ回避!
本命じゃないにしろなかなかに美味しい魚だぞ!
その後10時ころまでは風は穏やかだがどうもマッハでエサ取りにやられる。
犯人は誰かととりあえず針サイズを掛かりすぎチヌ3号からチヌ1号にかえて
誘ってみると・・・・
pic006_20170424081052a03.jpg
おまえか!

アベレージで20センチ位かな?
正直骨も荒いしあのウミタナゴ独特の風味?匂い?
焼いても好きじゃないのでリリー・・・いや、そう言えばタナゴ好きだった人いたなと
2尾だけキープして後はリリース。
最終的にタナゴは8尾釣れました。と言ってもタナゴ釣りに来たわけじゃないので
途中からコーンに変更。

10時半ころからだろうか、風向きが一気に変わって正面からの強い風に。
さっきまで超凪で楽に仕掛けコントロールできていたのに
なかなか仕掛けのコントロールが難しい状況に。
コマセが沖に出ているのに仕掛けが風に流され岸に寄るような状況じゃ
釣れるものも釣れなくなりますわな。
遠くに見えていた数人の磯釣り師も30分もしないうちに撤退していきましたが
これから場所替えするにも時間もないし仕方なく粘ることに。
時々コマセバッカンや磯バッグがズリズリと動くような突風も有り
なかなかアタリも取れず苦悶、苦悶。そこからは風とエサ取りとの格闘でした。
コレがラスト・・・・と投じた仕掛けに最後の最後で
pic007_20170424083356784.jpg
コーン(エサ取りには強いが取られないと入っていない)でラストふぐを釣って
この日は磯上がりと致しました。次回は渡船かなー。
状況がかなりいい感じになってきてるようですしね。
pic008_20170424083620afa.jpg
今回の釣果:アイナメ1 タナゴ8(うちキープ2) ふぐ1
先日エリアに連れて行った人に鮮度落ちないうちに上げてきました。
アイナメはお刺身してもとても美味しいんだけど、タナゴだけじゃ寂しいし。

pic009_20170424083936e91.jpg
防波堤もしっかりコマセ流してきれいにした(つもりだ)し

pic010_201704240840395eb.jpg
道の駅八郎潟?でネイガーの自販機でコーヒー買ったし

いざダブルヘッダーの2戦目に車を東に走らせる。



秋田県小坂市 十和田湖にて。
pic011_20170424084041c52.jpg
時刻 15:15→17:40
天気 はれ

ダブルヘッダーの2戦目は十和田湖でヒメマス狙いでした。
ソルトN氏のお誘いで行ってきましたが残念ながらこちらはノーフィッシュ。
ヒメマスはやはり群れに当たらないとどうしようもないことも有りまして
こういうことが有るのは仕方なし。こういうことだって有ります。
後ほどリベンジ予定で。

まぁ今日は前半アイナメ釣れたからいいや!

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

久々に冬磯へ寒クロを求め

2日連続釣行の2日目は冬の磯で黒鯛を求めにいってきました。
もともと磯もやれる方だったのですがしばらく離れてたんですよね。
まぁ、今年からまた本格復帰ということでまずは手始めに寒クロへ。



1/9 とある沖磯で
pic001_20170110105033d61.jpg

時刻 7:10→12:45
天気 曇り→横殴りの雨

自分が磯をやらなくなった理由の一つは船酔いに圧倒的に弱いというのが有る。
船釣りなんて論外、長距離の渡船もちょっと・・・ってな感じなのだが
今回は波の具合は1m程度ということで久しぶりだけどなんとかなるんじゃね?
的な感じで釣行を決断しました。

今回のタックルは寒クロということで
pic002_201701101105219d9.jpg
メイン:ダイワ 大島 1.5
予備:NFT ベイシス極翔 1.2
の2本を積み込む。
リールはレバーブレーキのがないのでナスキーなどを装着しているが
この辺も専用品を新調しておくのもありなのかもなぁ・・・。
pic003_20170110112045011.jpg
バッカンやバケツ、道具箱は結構お古のを使っているのでガマ磯クールにぶち込む。
バッカンなんて10年選手だしまとめて隠せるのは良いね。
やっぱり磯、しかも渡船となると道具はこういライトクーラーボックスにぶち込むのが
一番手っ取り早くスタイリッシュんんだよねぇ。やっぱり便利。がまかつバンザイ。
ラインはナイロン1.5号、ハリスはフロロ1号~0.6号まで状況に応じて。



現地磯に到着は6時15分ころ。
もともと1番船に乗るつもりはなく、2番船でと考えていたが
おもったより遠く、出船ギリギリに到着したせいで慌てて道具を下ろし乗船。

いやー
飛ばす飛ばす。
ムリムリ早すぎ揺れすぎまじ無理っす
出船5分で後悔したね。やっぱ船の揺れきついっすって。

他の客を降ろしながら
船長に「あー、何処行く?あいてるのは○○島、○○、○○・・・・」
私「全くわからないのでおすすめあれば!」
船長「一番船ならちょっと遠くの昨日釣れた所イケるんだけどなー
もうほとんど埋まってしまってるから探しながら上げるわ」
てなわけでとある小さな島におろしてもらう。

後ほど知ることになるのだが、春は人気すぎて入れないポイントらしく
磯知っている人に話したらそこあいてるとかホント運が良いな、と。

場所を作りながら気象条件を見てみると
やはり昼過ぎから風向きが悪くなるようだ。
漁師さんが言うには「この一帯は東風がどんだけ吹いても波は穏やかだ。
しかし西風となると話は変わる。一気にかぶってくるから
その時は早めに沖上がりをするかもしれん。」
コレは割りと勝負を急ぐ必要があるのかもね。


pic001_201701110823514ec.jpg
開始第一投。
ほうほう、こんな感じで流れていくのか・・・と様子見の第一投で
ウキがスコーンと入る。
うわ、まじかよ、なんてあわせてみる。
お、一匹目は真鯛の小さいやつか?

…………海タナゴでした。(※家に戻ってから撮影)
pic004_20170110115104660.jpg
でもコレでパーフェクトボウズは回避。
寒クロだとパーフェクトボウズどころか、えさが一度もかじられさえもしない
完全試合ってのも割りとある話なのでとりあえず生命感を感じられただけでも
一番最初のハードルはクリア、と。
その後、魚がかかっても乗らないレベルでのあたりがポツポツと。
タナゴだったとしても、あまり食べても好きじゃない魚なので餌取り対策を。
生イキくんから生イキくんボイルタイプに変更。コレでだいぶマシになるはず。
8時半を回り完全に明るくなる。
そろそろこの辺で本命も来てほしいなーなんて考えながらエサを投入していくけど
だんだん風も強くなりこりゃちょっと仕掛けの変更が必要かなーと。
遠矢ウキのBから円錐ウキのBに変更、重りを調節して若干沈め気味に流していく。
こういうときって0釣法のほうが良いんだっけか?でも自分は棒ウキメインで
しかも浮力0のウキなんて持ってきてないんでね・・・・

・・・・

・・・・・・・。

午前11時ころ、渡船で使った船が様子を見に来る。
船長「どだー!つれでっかー」
自分「だめっすー。朝タナゴが釣れたけどそっからぱったり」
船長「水温ぐっと下がったし黒鯛全く口使ってねえべー
   他の島に上がった連中もみんな全滅だぁー」
自分「」
どうもこの日は渋いながらそれでも3人に一人は上がった昨日よりも
遥かに状況が悪いようで船長も困ったなーって言う感じだった。


場所移動するにも、普通の釣りとは違って場所づくりからやり直しする必要があるため
移動にも決断を戸惑ったが残り約2時間、何としてでもチャンスを、と
同じ島の別のサラシが出来ている所に移動。ちょうど風下だしここにワンチャンを掛ける!


12:45分頃
ダメデシタ。
数回海老の頭を取られたり微妙にかじられてる感じはあったのだが
フッキングさせるには至りませんでした。
船が迎えに来たのでそそくさと道具をまとめ撤退となりました。
帰りは船もザバザバと波をかぶるくらいになっていました。

帰りの船には何人も釣り人いて、この日は遠くは宮城から来ている人も。
話を聞いた見たのだが同船者みんな討ち死に。
一人だけ大きなヤリイカ釣れた人がいたのかな。
船長も「今日はだめだったなー、後数組もう少しで回収するんだけど
みんな同じ感じだったから今日は潮回りも水温もだめだったんだべなー」
後々この渡船のホームページで今日の釣果情報ーみたいなやつを見たのだが
主な釣果はこの時に聞いたヤリイカのみで黒鯛はさっぱりだったようだ。

まぁ、磯では割りとよくある話なので気にせずにまたリトライする予定です。
といっても、自分の前の日に黒鯛釣ってきた話を聞いた所
胃は完全にノリばかりでもう最終盤じゃないかって感じだったんですけどね。
とりあえず今回はこんなところで。



次回の夜釣行は来週能代方面を考えています。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 上浜釣り堀センター(秋田県) 尻別川フィッシングエリア 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 合子沢養魚場(青森県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR