スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間もなく十和田湖解禁・・・・その前に。

もうヒメマスが絶賛遡上中で採卵はピークに達しています、というローカルニュースが
流れていることも有りまして、先日ウキウキいいったときにちょこっと観てきましたが
ライズも有りしっかり魚は接岸しているのを肉眼で確認してきました。

(基本情報)

解禁日:10/1夜明けから。
釣行可能エリア:半島や遡上地域を除くほぼ十和田湖全域
pic001_20160928113635d49.jpg
写真は和井内の桟橋ですが正面に見えるようなブイやロープに囲まれた箇所は釣り禁止。
(一部ポイントは11月頃に開放されます)
通年の禁止区域は遊漁券の日付の下に記載があります。
遊漁券は岸釣り1000円/day。漁獲制限有り。
最速で手に入るのは各地にある民宿で、よく使われるのは
うたるべ荘のようですが解禁日当日朝一番では行ったことないのでよくわかりません。
時々不在でしたな。
現地徴収も加算なしのはずだったのでそれでも良いかもしれません。

■タックル
ゲームフィッシングで楽しもうとする場合、エリアタックルでいいと思いますが
(UL~XUL,ラインは2-4lb、シングルフック)
多少強引でも取りたいというならネイティブトラウトのタックルやバスタックルでOK。
フックサイズは#6-10あたりのやや小型のほうが良いかもしれない。
使用するルアーは軽めのスプーン、クランクベイト(表層のほうが良いかも)
マメ、メタルバイブ、まぁ、普段使っているようなものはなんでもOK。
参考までに去年(自分以外の人を含めて)釣れたルアーはこんな感じ。
pic002_201609301123397f4.jpg
(画像のルアーは、ザンム、ふわとろ、ハビィ、ロールスイマー、ファクターなど)
解禁当初は赤金系の派手めなスプーンやクランク、というかなんでもOK
ただし、狙うのは浅場がメインなのであまり深く潜るタイプのルアーは
あまり個人的にはおすすめできないなという感じ。
思い返してみると回遊してるような魚はスプーンやスピナーが良かった。
完全に底を縄張りとして固定している魚はマメやミノーで威嚇バイト狙うのが
良いような感じではあったが別にどっちでもどうもなるかもしれない。
確実にキャッチするならもちろんバーブ有り、だがトレブルだと
場所によっては根掛かり頻発するのでフックはシングルのほうがスタイリッシュかなー。
去年見かけたのはシーバス/サクラ用の7ft以上のロッドで重いスプーンやミノー
それらをかっ飛ばし悶絶しているパターン。たしかに大物が釣れるかもしれないけど
コンスタントにキャッチしていくなら岸狙いで十分。足下に泳いでくるってことも。
接岸も最終段階に来るとだいぶ渋くなってきてエリアと同じくカラーも落とし気味のほうが
良かったりもするのだが無論その日の状況に依るのでなんとも。

エサ釣りなら断然サシが有効。
隣でド初心者おっちゃんに聞かれたんで釣り方教えたら入れ食いしてた。
それが手にはいらないならブドウ虫でいいようだが去年やった感じ、
イクラはあまり有効な餌でなかったことだけは留意しておきたい。
(タイミングによるかもしれない。)

共通して、ヒメマスは口切れしやすいので強引なやり取りは禁物。
それからハンディタイプでいいのでネットはあったほうが良い。
それと何よりも車上荒らしにはご注意を。最低限の道具だけ持ってくること。

明日の朝、早速やってきます。
その前に・・・・




9/29 三種町の漁港にて。

時刻 21:00→23:30
天気 晴れ、強風、時化。

男鹿からの荷物にアオリイカが大量に。
pic003_20160930120638521.jpg

・・・・・・・ん、こんなに浜に上がってるなら2年ぶりくらいにエギング行くか!
実はここ2~3年、男鹿以北でアオリイカはあまり状況が良くない。
無論今年も昨年よりはマシになったとは言え、絶望的な釣果が上がってきている。
とは言え、実際男鹿産のアオリイカが来ているというのは間違いない。

幾つかの漁港をピックアップしていってなるべく家から近い所・・・・うーん。
googlemapであれこれ調べてみると、ふむ、この漁港が良さそうだな。
というわけで行ったこともない初めての漁港を目的地と定めGO。
事前情報で「砂がめっちゃ多い漁港だよ!」って聞いていたけど
砂が多いなら多いでシュラッグミノーでヒラメ狙いもいいじゃない?
そんな軽い気持ちで到着。


・・・・・爆風やんけ!
そりゃ爆風スランプも走り出すわ。
ライトタックル?無理無理かたつむり。
そっとアジストを車に仕舞いエギングの道具だけを持っていざゆかん。

いやぁ、久々にエギで煽ってみたけど何ていうか、
感覚めっちゃ忘れてるね。エギだけはヤマシタのエギQを揃えているので
いればそれなりに反応はあるはず、とスマホの動画であおり方をチェックしながら
こまめに漁港を攻めていく・・・・も、うーん、浅い。

じゃ港湾部奥の方はどうか、と思い後ろからうねりがバッシャンバッシャンと
テトラに打ち付けられてるようなポイントに立ってやってみたけど
後ろの波の音が聞こえるともう怖くて不安でやってられない。
動物的直感?いや、普通にコレは危険というのを肌で感じたので浅い内海で
エギをひたすら投げて、おっ、とぐぐっと来たので2m~3mは有る高さから
抜き上げを試みて・・・


・・・・・落としたヨ(´・ω・`)

緊張の糸が切れてしまったのでそこで撤退を決断。
今年こんなのばっかだなぁ。
やっぱ自分にはエギング向いてないのかなぁ。うーん。

明日の十和田湖でこの不運も一緒に消し去ってこようぞ。


追伸
10/30(日曜日)の釣行先は尻別川フィッシングエリアに確定しました。
はいー、ミノーイングセミナーと日程かぶったー。/(^o^)\ナンテコッタイ
脳内でなるほどザワールドのセットで愛川欽也が机叩いていました。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

釣れなかった数日分まとめて

例によって数日分まとめてあります。
こういう時は基本的に釣れていないのでさっくりと。


7/28 米代川にて

時刻 20:30→23:00(2時間半)
シーバスを狙いに行くも水は濁り気味だったせいか
魚のボイルもほとんど見れず人気ポイントもどこもガラガラ。
そんな状況でヒットに恵まれることもなく、加えて帰り道にラーメン店寄ろうかとおもったら
定休日で無駄足になるところまでワンセットでガッカリ。



7/27 米代川支流にて

時刻14:30→15:20
昼休みをとって近くの川へ行き大場所を狙ってみたが
釣れてくるのは小型のウグイのみ。
スピナーやスプーンのフックサイズを大きくしてやってみたけど反応無し。
ただ深場の奥に良型の何かの魚がいるのを見つけたので
メタルバイブかメタルジグなど流れにあまり翻弄されないタイプのボトム攻めが
できるようなルアーを持ち込んで再度せめてみることを検討。



7/29 近くの自然公園にて

時刻 18:30→19:00
先客1名。釣れている感じではない。
あまり期待はしていなかったが買いたてほっかほかの
シャッティングXをエリアミノーイングで行うような操作をしたら25cmくらいのが1尾。
他の人がなんと言おうともメガバス製品は私は好きだな。
pic001_20160730182334489.jpg
でも今週の釣りはイマイチだし気分はこんな黄昏時の空みたいにぼんやりだよ



エリア用にルアーを3つほど補充。
pic002_2016073018294602d.jpg

シャッティングX(メガバス)
フローシャッド (ジャクソン)×2
MAT仕様のDENSとか本当は欲しいんだけどすぐに売り切れるし
常々ハンクルシャッドよりもボリューム感が抑えめで
操作性に優れているシャッドがないかといつも考えていて
とりあえず的な感じで購入。汎用品なら安定して手に入るし
そういう意味でも今後に期待してみたい。


7/31は迷ったけどフィッシングエリアUKへ行く予定。
虫刺されが嫌すぎてイブニングは不参加のつもり。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

アジストTZが着弾。

ちょっと時系列が前後するのですが先に新ロッドのインプレから済ませようかと。
先日アジングにでかけたストーリーは後ほど。


6/12 米代川水系長木川にて。

時刻 7:00→8:00
天気 はれ

えー、アジストがもう着弾しました。
pic001_20160612133423e44.jpg
思ったよりも早く着弾しすぎてリールの準備などしていなかったんだよねぇ。
というわけでとりあえず使用を想定した使い方で近くの川へ。

ルアー重量が3gとなっているように、超小型ルアーでの使用になるため
流れがある場所で使うのではなく、実際使用するレベルのルアーでちょいと振ってくることに。
となるとちょうどこの時期の川は流れが淀んで小物釣りするにはちょうどいいかな
そう思って幾つかのエリアスプーンを持っていざ出撃。
先日アジングに使ったPE0.2号とリーダー月下美人の3lbでやってみる。
ルアーは小物釣りということでノア1.8g~BF0.5gなど。

ここからインプレ。
(マイナス点)
・ロッドはやや重め。でもリールを装着して使ってみるとそんなに重く感じない。
 根本をやや重めにして持ち重り感が軽めにしてるのかな?
・糸鳴りがきつい。ガイドの設計上どうしても糸鳴りが発生しやすいらしいが
 それを実感できるレベルで糸鳴りが特にうるさい。
・かなり硬い。好みの問題もあるがバッド部は相当硬い。
 トラウトに兼用する場合はかなりライン柔いの使わないと弾くなこれ。
 (※柔めのフロロかナイロンで使おうかなと計画変更)
・思ったよりは飛距離が出ないなと。トルザイトに過剰な期待をしてたかも。
 もしくはロッドが硬いのでしなりのなさが飛距離に影響与えている気がする。
・ガイドがかなり小さいのでラインは極細でしか使えなさそう

(プラス点)
・感度というかフッキング時のわかりやすさは相当増幅されてると思う。
 かなり小さい魚のアタリでもしっかり手元に来る感じ
・価格のやすさ

主にライトソルトとエリアに使うのでこれから、ではあるが
とりあえずファーストインプレッションとしてはこんな感じか。
どのくらい小さいあたりをしっかり手元に伝えてくれるかというと
pic002_20160612183913435.jpg
pic003_20160612183914759.jpg
BF0.5g 9.24カラーだったかな?
このサイズでも手元に「カーン!」という感じではっきりアタリが伝わってくる。
魚のサイズとしてはこれ7cmくらいかな?このレベルの魚のあたりも
かなりしっかり伝わってくるなら合格点かな。
ただ、ネイティブでミノーに使うには華奢すぎる感じ。ううむ。
あれこれとこのサイズのウグイを7~8匹つってとりあえずテストは終了。

あとはエリア/ソルトに持って行ってどれだけやれるかかな。
今週は釣りに最低でも3回は行く予定なのでその時に色々やってみます。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

奥入瀬川サーモンフィッシングへ行ってきました。

時間がないとただ嘆くよりも、時間を作るために努力するのが正しい姿らしい。
例えば早く起きたり、仕事前倒ししたり調整したり。
先日は休みに仕事が舞い込みエリアへ行けなかったが
その代わり今日釣りに行くための下準備はしっかり行った。(つもり)

半日の予定ではあるがさぁ行こう心置きなく。



11/18  青森県十和田市 奥入瀬川にて。

時刻 8:40→12:00
天気 くもり時々晴れ
気温 7度

前日の予報では曇で風が強い予報だったが
クソみたいな天気を幾度か乗り越えた俺にはさほどの脅威でもなかった。
唯一気がかりだったのは十和田湖周辺が夜のうちに凍結してないかって言うことだったが
pic001_20141118175117d07.jpg
雪は積もっているが凍結はしていない。
凍結していたとしたら冬の運転方法になるけどまだ普通の運転で問題なさそうだ。

市内を迷いながらもギリギリちょいすぎくらいの時間に現地着。
初めて来る場所なのだが思ったよりも川幅は狭そう。
pic002_20141118181613753.jpg
事前にネット経由で予約を入れていたこともあり受付で話をしてすぐに
誓約書と許可証に署名。誓約書っていうのはよく見てなかったがざっと見
「怪我したり死んでも自己責任ですよー」って言う感じのことが書いてあったかな。
今回は大河川でのウエーディングを想定していたのでウエーダー、ライフジャケット
などしっかり持参。特にウエーディングしながらの転倒→川流れは非常に危険だし。
いろいろ考えた結果、堰堤になっている場所のタタキのところに入るには必須装備。
流れはやや強くしっかり踏ん張らないと危険だなと感じたがなんとか陣取る。
pic003_20141118182359801.jpg
事前に調べた感じでは
・「タコベイトを付けた方がいい」
・「塩サンマをルアーにつけて流しながら釣ればいい」
・「ウキルアーという機構を使うとよく釣れる」
この3つの情報は入っていた。
タコベイトは近所の釣具屋から購入。ウキルアーはよくわからなかったのでスルー。
pic004_2014111818301869e.jpg
三枚おろしにして大量の塩で水分抜けば完成らしいので作ってみた。
これを切り刻んで塩ぶっかけて仕上げにガーリックをひとまぶし。
完成品はもう人間が食べても最高の酒のつまみと言わんばかりの素晴らしい味。
これをチビリとたべながら日本酒をキューっといくのはどんなに幸せだろうか。

が。

ルアーにつけてぶん投げて巻いてきてもさんまが付いているせいか、
流れの強いところでは浮き上がりやすくなんか色々と感覚がうまく伝わってこない。
挙句の果てには、ルアーを2本根掛かりでロストして手持ちのタコベイトは底をついた。
てなわけで、10時過ぎにはタコベイト無しで時々さんまをつけたり付けなかったりしながら
スプーンを中心に巻いてくる方針に。

スプーンを中心にしたのは現地に毎年サクラマスの時期にだけお会いする釣り人さんに
こんな場所で偶然にも出会うことが出来て、
「ココって何をやって釣るですかね?」
との問いに
「ミノーでも釣れないことはないけどやっぱスプーンだね。ほとんどがスプーン」
という助言を受けているから。


・・・・

周りでもちらほら釣れている人が居る中、なんのヒットもなくリミットもどんどん近づく。
場所を変えながら竿を振っているとなんか白い影が見える。
魚には間違いないだろうけどあれがサケなのだろうか?
11gのスプーンにさんまをつけ、執拗に前を通したりボトムバンプしてみたり
ぶら下げてチョイチョイと動かしてみたりして攻め続けようやくヒット。

が。

pic005_2014111818384018a.jpg

え、魚体が白いどころじゃないんですが・・・・・。
産卵後あしたのジョーよろしく、真っ白に燃え尽きたやつでした。
これで居て一応生きては居るんですけどすぐに死ぬだろうなぁ。
さすがに持ち帰るわけにも行かずキープもせずにそっと放しました(´・ω・`)
隣でルアーをやってた人もその真っ白な鮭を見て察してくれたようで。

教訓:泳いでいても白く見えてる魚は釣ってはいけない(釣れても無意味だ。)

この時点でもうリミットまでは40分と時間がない。
粘るももうリミット近く。これはノーキャッチで終了か・・・?
というところで陸に上がったらなんかエリアで見かけるような酸素をつんだトラックが。
放流だ。こういう鮭でも放流があるとは全く知らなかった。
ちょいと間を開けて川に急いで戻りルアーを投げる。
リアライズの青銀---------だめか。
チヌークのハンマード--------これもだめか。
頭によぎったのはエリアで放流時の鉄則、"赤金系のルアーを早め"に。
しかし赤金系のルアーは前半にロストで・・・・いや、一個残ってた。
ダメ元でキャスト・・・・・・・・きた。
確かにグイグイ引いてくるこの感触、間違いなく魚だ。

pic006_201411181938026a8.jpg
69cm。
ヒットルアー レイクル12g(オリムピック)
とうの昔に廃盤になっているオリムピックのレイクルが何故かタックルに入っていた。
多分クルセイダーと間違って紛れていたのだがこれにヒット。
タコベイトも、さんまもついていない、ルアーだけで問題なくヒットした。
最初からセオリーを重視しすぎていたのが失敗だったのだろうか。
pic001_20141118200848c7a.jpg
pic002_20141118200849b54.jpg

もうオリムピックはルアーの製造をしていないらしい。
自分がかなり小さい頃に、スーパーファミコンで「渓流王」というゲームがあって
それをやりこんだ記憶があるのだが、その中のルアーの選択肢で
最も信頼性が高かったのがこのレイクルというルアーだった。
釣れる釣れないは別として、毎年桜の時期のタックルにはこのルアーが入っているのは
この時の刷り込み効果によるものがデカイのかもしれない。

ああ、何とかボウズは免れた。初めての釣行でキャッチなら上々だろう、
正直なところ、見た感じだとえさ釣りの方が簡単そうかな、と見えた。
それとウキルアーの本物も初めて見ることが出来た。なかなか興味深い。
一度でも現地に行き、釣りをしてみればいろいろなことがわかる。
次回行くときは(行ければ、だが)もっときちんとした対策を取って行きたい。

今回はいろんな奇跡が重なって釣れたのは間違いない。
天気も前日予報ではクソみたいな予報だったのがまさかの好天だったし
現地で偶然であった顔見知りの方からアドバイスもらえたし
偶然にも放流日に釣りをすることが出来たし
それと受付のお姉さんのご厚意にも感謝しきれない。

後はこれにロッドがエギングロッドじゃなければ文句なしの1日だったのだが
まぁ、思ったよりも使いやすかったし、話のオチとしてはちょうどよかったかな。

今回のタックル
ロッド 8.2ftエギングロッド
リール 2000番
ライン ナイロン GAME12lb

殉職者;チヌーク×1 リアライズ×2 ついでにタコベイト2つ。



十和田湖畔はもう冬の装い。
pic004_20141118211936bd6.jpg
pic003_201411182119352c6.jpg

今年5月にココを通った時はこんなにも桜が舞っていたのに。

pic018.jpg
pic017.jpg


ああ、桜の季節までまだ半年もあるのか。
来年の春はまたこの十和田湖湖畔を歩き回ろう。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

秋田渓流解禁3日前。

3/18

自宅で解禁日に持っていくルアーを選びながら。

渓流解禁まであと3日です。

竿・・・・メインと予備の2本、コンディション問題なし!
糸・・・・3LBと4LB巻いてOK!
網・・・・通販で安いラバーネット買った。ちょっとデカかったけどOK!
券・・・・地元のは明日買いに行くとして隣接地域の年券OK!

そしてルアー
今年は何を使おうかと考えながら昔のルアーボックスを開ける。
今はなき父が使っていたものをそのまま使っているのでオールドルアーが結構ある。
ふと、自分が父に習いながらルアーを始めた時はどんなルアーを使っていたっけ?なんて思って
ちょっとだけ箱から出してみる

pic001_R_20140317232457b75.jpg
今でもオールドルアーは使うけど一つ一つ取り出しながらこれらでヤマメとかイワナ釣ったなぁ・・・なんて。
あまりミノーに対して積極的な人じゃなかったのでサクラマスに関しても最後まで殆どミノーを使わなかったし
その影響もあって今自分もサクラマスにはスピナー・・・具体的にはブレットン#2からルアーローテーションを組む。
多分それは今年も変わらないであろう。

pic002_R_20140317233149904.jpg

ラインはTDラインっての使ってたっけ。色は・・・深緑?
確か1年通して12LB使ってた記憶がある。
箱にはシールが入ってあって、子供の頃はそれをへんてこりんな場所に貼ってた。
それでもヤマメやイワナは釣れたし何の不便もなかった。竿は確か・・・・ミニパック?使って記憶がある。
昔の人はそれでもサクラマスをバンバン釣ってたのだからすげえなと思う。
父は1年を通してスピナーで30本くらい釣ってた人だったから今の自分にははるかに及ばないそんな人
今になってその凄さがよく分かる。
自己最高記録は年12本。その3倍かよ・・・・1釣り人として見ると遠い遠い先にいる存在。
この歳になって改めて思うね、もっと長生きしてくれてたら色々教えてもらえたのにと。



で。

今年はこのタックルでまずは挑んでいこうと思う。
pic001_R_20140317234146c3c.jpg
主に昨年春実績があるものを中心に。

今年チヌークの4.5gとスピアヘッドリュウキ各種を近所の釣具屋さんにオーダーを出し各色揃えてもらった。
加えて昨年実績があるブレットン、ハスルアー、ヤマメルアー、AR-S、パニッシュなどなど入れてみた。

実は毎年いくつか新しいルアーを入れることを目標としている。
2011年はスピンソニック、ポインター他ミノー系いっぱい(シーバス用)
2012年はリアライズ、テッペンスプーン。(サクラ用)
2013年は雅牙、リュウキ、Dコン、iFish、AR-S(渓流、サクラ用)
2014年は管釣り用ルアー以外では、蝦夷、新チヌークS、ロールスイマー(渓流用)
ロールスイマーは本来管釣り用という認識のルアーらしいけど、ネイティブではどうかってのには非常に興味があった。
ロールスイマーよりはスリムスイマーの方が適してる気がしないわけでもないが、
いずれにせよ今はもうないCoatacコンデックスの代わりになるパイロットルアーが欲しい。
もう一つ、今年は渓流ジグというものをやってみるつもり。
今現在手元には届いていないがblueblue社のシーライドを導入してみる予定です。
コレはちょいとオールドルアーに関して調べていたらこのジグを扱っているブログに遭遇しまして
面白そうだな・・・ってので発注してみました。
3gが良さそうならサクラに重いのも買って試してみる予定。
渓流でジグ?なんてどういう感じになるのか全く見当もつかないが
何もせずに否定するってのはよろしくないので。
(ぶっちゃけ管釣りで使ってみたいってのもある。)


今は嫌な感じでしとしと雨が降り続いているけど
解禁日濁流になってなきゃいいなぁ・・・。

テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。