折れたルアーロッド(アジスト)の補修に挑戦

2/5にエリア釣行でのチェックをしたのですが、
その記事は後ほど、ということで先にロッドの補修記事を載せておきます。



※この記事を参考にしてロッド補修をこなった場合は自己責任でお願いします。

先日アジストが折れた話を掲載しました
いろいろ調べて以下のような感じで直していきました。

3行にまとめると
・折れた切断面を整える
・カーボンソリッドを芯にして接合し、くっつける。
・仕上げとしてスレッドを巻いて切断部の強度を上げる。


・まずは折れたロッドの切断面をチェック。
例えばコレがメキメキと千切れたようなささくれになってると
ある程度ロッドの切断が必要になってくるし、そのささくれ具合も長さによって
切断する長さを変えなくてはならない。
pic001_201702061537581cd.jpg
不幸中の幸いか、切断面はきれいにポキっと折れている。
ささくれも見当たらないし軽くサンドペーパーで接着面が合う程度に調整する。

pic002_201702071351230d5.jpg
今回使うのは直径2.5mmのカーボンソリッド(画像一番上)
(商品名:カーボンロッド 2.5mm×750mm(solid) 棒 )
Amazonで450円(+送料200円)購入。送られてきたのはまさしく円筒状のカーボンの棒。
内部の穴の直径は2.2mm程度のようだったので少し削って入れようっていう判断。
ドリルにはめる部分を約1cm,芯になる部分を6センチと想定して7センチを切り取るが
コレは多分長すぎたようで後記の補強の際の音なりにつながることになる。

とりあえずきちんとハマるようにサンドペーパーで太さを調整する。
pic003_2017020713542150f.jpg
用意したのは100均の様々な種類があるやつ。
#100でざっと整えて#400で仕上げをした。
ただ、道具無しで手でこすって削るのは非常に困難で、
電動のドリルにはめ込むなど回転させながら山型に削れるように調整。

pic004_20170207135423c76.jpg
残念ながら自分の家は近所の家が直ぐ隣なので大音量が出る機材は使いにくい。
てなわけで我が家にはハンドドリルなるものが有りまして
いろんなものに穴を開けるのに非常に重宝しています。
ソリッドを挟んでグリグリとハンドドリル回しながら形を整えていく。

pic005_20170207140527de2.jpg
いい感じにハマってくる。うん、コレくらいなら満足かな。?
下の方もドリルにはめた部分を切断して調整する。

pic006_201702071405328e9.jpg
うん、こっちもいい感じ。

pic008_20170207140533c1f.jpg
30分硬化型のエポキシを使って固定する。
この際失敗したのがエポキシの量が足りなかったということ。
特に太い方の部分はエポキシが不足していたことに加え、軸の部分が長く
芯がぶれて内部のブランクにあたってキャストごとに音が出る感じになってしまった。
もしコレをやられる方が居たら、エポキシは内部にたっぷり詰め込み入れるようにしないと
ガタついてしまうので要注意かもしれません。

硬化後、ロッドを振ってみるとどうも「カタッ、カタッ」という音がする。
コレは中の芯がぶれてしまっていると判断。
このまま使うと変に負荷がかかってしまいすぐに折れてしまうと考えたので
折れたロッドの部分のグリップ側から筒状のものでエポキシを流し込む作戦。
長い円筒状のもので、しかもかなり細い箇所に流し込めるストロー状のものか。
理想を言えば針が40cmくらいついている注射器状の道具があればいいのだが
そんなものがホイホイ転がっているわけはない。
(後に知ることになるのだが、こういうのはインジェクターと言う名前だそうだ。)

pic009_20170207180853153.jpg
そんなわけで、とあるアイテム制作で一本使えなくする渓流ざおを持ってくる。
そこから一番細いやつを抜いてエポキシを吸って竿の中に注入するとかいう
かなり原始的な方法で大量に、とは言えないがそこそこの量のエポキシを
流し込むことに成功、芯のガタツキはなんとか抑えることに成功した。
(写真の上に乗ってる方がエサ釣りのパーツの一部)
ルアーの着色に細かい作業をすることが有るのでインジェクターは
後々買ってみようかなとが考えている。

pic010_201702071808559f8.jpg
最後にスレッドを巻いて多めのエポキシで上から補強。
以前ガイド交換を行ったときのスレッドなのでかなり目立つ色。
更に染色して目立たないようにしようかなと思ったが・・・・なんとなく
このままにするのも有りかな、と思いそのまま固定としました。

2/5、ユーランド清水川での釣行において
2g~2.8g(QMなど)を全力で何度もキャスト、問題なし。
10本以上50アップ&60アップとやり取りも問題なし。
補修成功ということにしました。まぁ、次折れたらガイド移植でもして
別のロッドのガイドを交換でもしようかなと考えています。
移植先は旧プレッソイプリミの予定。

修理にかかった費用は
・カーボンソリッド(680円)
・2液エポキシ30分硬化(432円)
・サンドペーパー(108円)
それと以前から持っているものとしてアルコールペーパータオルや
ハンドドリルも使ったかな。でもお安く修理完了しました。
まだカーボンソリッドは残っているのであまり考えたくはないが
次回折れたときも修理はなんとかなる予定です。


ついでに小ネタ。

シャトル型ルアー回収機(遠くの沖へキャストして拾ってくるやつ)
 →オフィスユーカリのルアーキャッチャーみたいなもの。
ラインを滑らせてスナップに引っ掛けて引っ張るタイプのルアー回収機
 →自作品ではなく「ルーバ・ウノ」という商品を使っています。

この2つのロスト対策のおかげで渓流などでルアーロストが
圧倒的に激減したのですがエリアではまだ不十分と考えていました。
"磁石型"のルアー回収機が必要だと。
何度も体験したのですがルアーロッドを目一杯伸ばして
ようやく落としたルアーをフック同士で引っ掛けて引っ張れるか
・・・と思った瞬間に土埃で見失う。
そこそこ近いのにどうにもならない引っかかり方・・・コレがどうにかならないかと。

そこで白羽の矢を立てたのが渓流の竿。
結構昔に買ったのだが平均的なローエンドの540の竿で120-130gなのに
なぜか200g以上有るという筋トレ渓流ロッド。
あまり使い続けると腕が攣るような重さを兼ね備えたロッドが有るのだが
今年新しい渓流ロッドを買うことにしてコレをルアー回収機に改造しよう、と。
その際に途中でアジストの修理でエポキシを流し込むような仕事にも使ったり。

制作段階などは中略して、どんなのかというと
pic001_201702072124405aa.jpg


3・本体

pic002_20170207212441279.jpg
1・接着回収用モード


pic003_20170207212447709.jpg
2・ひねり回収用(大)モード

3ひねり回収用(小)モード※現在再調整中
本体の先端はジョイント部になっているので、
用途に応じて先端を変更することが出来ます。


pic004_20170207212445d01.jpg
もちろん使わないときは蓋をできるように考えています。
先日キャスト切れしたルアーも無事に回収できること確認しましたので
今度ルアー落としたときなどには積極的に使っていく予定。

・・・・またいらないものを作ってしまったが今回はうまくいくと思っている。

というわけでユーランド清水川釣行記事はまたちょい後で。
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2016年の釣りを振り返る/2017年の目標、方針を決める。

今年最後の更新となります。
今年も一年お疲れ様でした。
とりあえず今年一年を目標と一緒に振り返ってみます。


・達成項目

・エリア総釣果(概数)1620/1500
pic005_20160328232606c61.jpg
釣果が書いていないところがいくつかあったのでルアー数から大体の所を出したのも有ります。
また、大会参加時の釣果は除外してあります。
2000くらいはイケルと思っていたんだけど後半の釣行があまり伸びなかった。
遠征があまりうまくいかなかったのと、清水川で安定した釣果を叩き出せなかったのが
伸び悩みの主な原因になったと思う。ミノーを使う機会が増えたのも一因かな。
来年はエリア釣行が減る予定なのでこの水準をクリアは来年は厳しそう。

・ハタハタ釣行 5/1(釣行回数)
pic001_20161209112604d57.jpg
今年からハタハタ釣行を行いました。
釣果にも比較的恵まれ、手探り状態だった初回を除けば
割といい感じの釣行を重ねれたと思います。

・根魚類 100+/15
pic003_20161111124227266.jpg
今年は年初は岩館方面、初夏~秋はむつ湾と、
今までにないくらいライトソルト釣行を重ねました。
正直今年の渓流/シーバス釣行が大幅に減るレベルで今年の釣行計画が崩れた。
でも楽しかったからセーフ。

ついでにアジングも今年から本格参入しました。
pic002_201610190356305a8.jpg


・遠方遠征1/1
pic001_20160216231213600.jpg
pic001_20160216185418a39.jpg
pic001_20160216113552ea5.jpg
pic006_20160215192852ef7.jpg
関東遠征をT氏、N氏と一緒に行こないました。
尚仁沢アウトドアフィールド、408club、アミパ佐野店、フィッシングスペース爆釣へ。
408でヒーヒー言ったり爆釣でロックフィッシュ連発したり。
割りと充実度が高い釣行でしたが、長時間の車移動ってやっぱくるね。

・北海道遠征 3/2
pic006_20160912140101a2e.jpg
pic001_20160913115037757.jpg
pic005_20161101115023ced.jpg

今年は尻別川FA釣行が3回、プレイ・フィッシュ・プレイスが1回となりました。
その中でも尻別川フィッシングエリアの感謝祭に参加できたのが一番印象深い。
来年はリベンジを、と考えているが来年のその時期に休みを取れるかどうかはわからない。
ただ、来年は強行軍を減らす予定。ゆっくりした日程で釣りをしたい。
なお、0泊2日になるだろう。

ブラックバス40アップ 1/1
pic004_2016071110341574e.jpg
ピッタリ40だったけど達成。
写真で見ると小さく見えるんだよなぁ。ぐぬぬ。
釣行回数は多めで小バスばかりのシーズンだった。
実は何度かは書いているけど八郎潟への遠征を企てたものの、
なかなか実行には至りませんでした。理由としてはダルかったのも有るけど
昼間に下見もせず夜行っても危険すぎて・・ってのを確認したため。
シーズン真っ盛りにアベンダクローラーを買えればそれをきっかけとして
釣行を重ねる予定ではあったが、買うチャンスがなかったため今回は足が遠のいた。
代わりにと言っちゃ何だけどキャタピーとジタバグは有るのでそれを投げに行けばよかったかな。

ヒメマス 41/30
-10月の十和田湖釣行は少ない釣行回数の割りに満足の行く結果となりました。
pic006_20161015135828ae0.jpg
pic005_201610151251013d6.jpg
とにかくシャロー系のクランクに蛍光オレンジを塗っとけ作戦が証明された。
無理しない程度の釣行時間でそれなりに結果も得られるし悪くはなかったんだが
7月の特別解禁時に結果を出せなかったことが悔やまれる。



・未達成項目
サクラマス 0/1
pic001_20160401111833f94.jpg
正直、サクラ釣行に割いた時間はトータルでも4~5時間程度でした。
コレは主に今年から漁協の監視員を行うことになったものによるもので
地域の周回に大きく時間を割かれ時間を確保することができませんでした。
来年も監視員の依頼が来ているので長く時間を確保できないのが確定しています。
ついでに自分が回っては現地徴収を一度もしませんでした。まぁ、
釣り券を持っていない人を見つけたのですが、声をかけたら急に自分がお腹が痛くなり
トイレに行っている間に現地徴収加算がないコンビニへ行って買ってきてくださいという指示は
行うことが何度か有りました。ぶっちゃけ金儲けする気はさらさらないので
現地加算がない釣り券を買ってきてどうぞっていう話なのだが
例年真面目に遊漁券を買って釣っている人からは、タダ釣りしている人は片っ端から
捕まえてくださいっていう話は何度も受けてたので仕事の合間にぐるぐる回ったつもりです。
ついでにあくまで自分のポリシーなので他の監視員は普通に現地徴収取ります。
釣り券は事前にご用意ください。

・尺物渓流魚 2/5
pic002_201604271023395f2.jpg
pic006_20160306123331eab.jpg
pic003_20160306114906b0e.jpg
(※上のはまったく尺ありません)
泣き尺は何度か釣れたけど尺超えは2でした。
コレもサクラと同じ理由で監視員で回ることが多かったことに加え、
ハイシーズンにライトソルトへ行っていたことも有り釣行回数が激減
例年100日くらい行っていたのが今年は15日くらいしか釣りに出なかったのが原因。
後何よりも、今年はスタートダッシュは岩手でやるで!って言うことで
秋田と岩手の県境の遊漁券年券を購入したのだが
3月ではまだほぼ全域雪の中、水温も極度に低く、釣りをするには厳しい状況に加え
早い段階で雪の中に遊漁券を落としてしまう失態をして解禁前から
やる気がかなり下がっていたのも大きかったです。

・鯉60アップ 0/3
昨年と違い、今年は鯉釣りをほぼやりませんでした。
3月に近くの野池が氷どけしたのでそこで何度かやろうと見に行ったのですが
全くコイの動きはなく、しかも主に通っていた野池が倒木で
ほぼ釣れなくなってしまったのも原因の一つです。
来年もコイ釣行は行いますが目標ラインは下げ気味の予定です。

・イトウ  2/3
pic008_20161116104159ce6.jpg
pic010_201604242340549fd.jpg
2尾にとどまりました。
何度かチャンスあったんだけど今年は数での目標も立てていたので
なかなか両立するのは難しい感じでしたね。
来年もボーダーは変えない予定だけど釣りスタイルは変えないとだめっぽいなぁ。

・シーバス 0/1
ハイシーズンに対応するルアーがなくて・・・・。
ただ、今年の釣行でノウハウ自体は蓄積したので
来年は間違いなく一尾を取れると確信しています。
そのための準備は今から着々と始めています。



来年の予定。
1~2月:エリアフィッシング、ライトソルト中心。
2月中旬:第一次長距離遠征(魚種未定)
3~4月:ホッケ、磯フカセ、ライトソルト中心。
 4月~:エリアフィッシング再開。
4~6月:渓流、サクラマスメイン。時々バス。
6月中 :シーバス(約1~2ヶ月)
6月末~7月初:第二次長距離遠征(エリアフィッシング)
6~9月:バス、渓流、ライトソフト(主にアジング)
10月;ヒメマス、コイ、エリアフィッシング
10月中旬:第三次長距離遠征(魚種未定)
11月:磯フカセ、エリアフィッシング、コイ
12月:ハタハタ、エリアフィッシング

主な変更点は今年から磯フカセを再開するところです。
今年よりエリア釣行が若干減ると思います。(年間にして3~5回ほど)



2月の内容未定の長距離遠征に関して。
色々行きたいものをリストアップしました。
今年の年末ジャンボ宝くじの末等(下1桁)の数値に行き先を委ねたいと思います。

(数字は末尾)
0:まさかの厳冬北海道道南で挑むロックフィッシュ釣行
1:結局北海道?厳冬の北海道道南で挑むショアサクラマス釣行
2:北海道よりはマシかもしれない青森県下北方面で狙うロックフィッシュ釣行
3:餌よりも手軽でいいんじゃない?ライトタックルで挑むホッケ釣行
4:近場ならハシゴも有りじゃない?上浜釣り堀センターからのラウンドワンハシゴ釣行
5:林系の魚に初挑戦、蔵王フォレストスプリングス日帰り釣行
6:エリアフィッシングの東大に挑戦、夜行バスで0泊3日!朝霞ガーデン釣行
7:関東でしかやれないのかな?、夜行バスで0泊3日!プールトラウト釣行
8:なんとホテル泊有り!新潟一泊三日エリアフィッシングハシゴ釣行
9:ワカサギに初挑戦!八郎潟/岩洞湖でのワカサギ釣行
※いずれの釣行も天候や仕事の入り具合で予定変更になる場合があります。
その場合はユーランド清水川釣行への代替となる予定。

割りと、どの行き先もキチガイじみた釣行計画になりそうです。



来年の目標に関して

来年の魚種と目標本数を以下に定めました。
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

昨年とほぼ変わりませんが
今年も所属漁協での監視員になる予定で
釣行が減ると思いますので少しハードルは下げました。
また、今年は合間を見てナマズに挑戦予定です。

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 0/10
釣行日数 0/15

今年は本数重視の釣行があったため、大型魚に腰据えて挑めなかった。
その辺も含めちょいと方針転換してみました。
先にも書いたとおり釣行回数はやや減る予定です。

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3(餌限定)
アジ    0/100(ルアー限定)
ソイ・メバル等 0/15(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

ライトソルトを少し上の段階に持っていきたいので
ハイシーズンを除いた厳冬期をメインとした根魚ゲームを
重点強化項目に据えています。
また、今年から磯フカセを再開していくことに決めました。
釣行回数は1年を通して3~5回行う予定です。

(その他)
長距離遠征    0/3
今年も遠征いっぱいできるといいなぁ。



ということで今年最後の記事となりました。
今年は物を頂いたり、情報を頂いて釣り場に連れて行ってもらったり
行った先でバーベキュー大会に参加させていただいたり感謝感謝の1年でした。
この場を借りて深く御礼申し上げます。

では皆様、良いお年を。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

バーチカルプロミニ35(通称:ミニバチ)インプレを。

12/11のエリア釣行は反省点やあれこれ物をもらったりとか
色々有るのですがとりあえず先にインプレ記事を書いておきたいと思います。


先日EMTバーチカルプロミニ35が届いたのでインプレを置こうかと思います。
とりあえず検索しても普通の60バチプロはインプレ有るものの、
ミニバチに関してはしっかりした使用感などの記事も全く無いので
誰かの参考になれば、と。

岩姫フィッシング釣行時に約5時間ほど使ってのインプレとなります。
使用したリールは15フリームス2004、ラインはシーガーフロロマイスター4lb
主に使用したルアーは
NST,AIR+,キメラ(いずれもネオスタイル),フォールゾーン(ディスプラウト)
シャインライド(ヴァルケイン),ドワーフ(アールグラット)

▼竿の感触
pic002_2016121200103718a.jpg

おもったよりも固めの作り。いわゆる先調子では有るけどそれでもそんなにぐにゃっとしない。
感覚としては近年のネイティブULクラスのツーピースロッドってる感じに近いかも?
最近のネイティブトラウトロッドはヘビーシンキングミノーを先端の動きだけで
操作しやすいようにバッドは強めで固めなのが多いんだよね。

▼リールシート
pic001_20161212001039697.jpg

巻くのはめんどくさいし見た目もちょっと個性強すぎなんだけど
巻いて使ってみるとおもったよりもこういうのは違和感なく扱える。
しっかり握れるし案外悪くないなと感じた。
あとなにげに握ってるとほんのり温かいのも嬉しい。

▼ガイド
5つ。飛距離を考えると4リングもしくは若干大きめの5リングの方が
良かったなと言う言う印象。
Kガイドで、トラブルは少なく短いためすぐに修正可能なのは良いが
これトルザイトリングだったらもっといいだろうなぁ。

▼飛距離
通常のロッドでの飛距離の2/3程度しか出ないと考えたほうが良い。
ロッドも固めなので普段の感覚だと、ルアーの重さを
ティップに乗せきれないのも飛距離減の要因。
1g以下のルアーを使う場合は細めのラインを使うなど専用セッティングが必要。
太めのラインで飛距離を伸ばすならやや垂らしを長めにしてキャスト。

▼取り回し
非常にやりやすい。
かなり快適に魚を取り込める。

▼パワー
エリアロッドとは思えない粘りとパワーが有る。
50ちょいのサイズでもかなりらくらく寄せることが可能。
ブロンズウルフMLと同程度のパワーは有るね。
このロッドを買って一番満足してるのはこの点。

▼感度
正直バチプロの売りである感度に関してはさほどメリットを感じなかった。
というよりも、ほぼラインや目視で合わせてたっていうのも有る。
もしかしたら60などの長いロッドの方だといいのかもしれないが
手元に伝わるものはアジストのほうがよっぽどわかりやすいし
普通のロッドでもエステル使えば十分わかるので、アドバンテージは感じない。

▼操作感
通常のロッドよりもやや大きめなアクションを意識した方がいい
デジ巻きやるならさほど他のロッドと遜色はないが
バンプさせる際はその辺を気をつけないとおもったよりも動いてなかった。

▼個人的な総評
トルクフルなショートロッド。
特殊なロッドだがコレは活躍する場は結構ありそう。
正直な所、1g以下の小型のルアーを投げるにはいまいちな気がする。
もちろん糸を細くすれば飛距離の面はある程度解決できるのだが
個人的には1g以上のルアーやシャインライドを扱うと、なかなかいい操作感が
得られるので、やや太めで重めのルアーを用いてパワーを活かした釣りに使いたい。
また、自分が求めている方向性としては目論見通り、コレネイティブトラウトで使うと
絶対楽しいロッドだと思う。エリア用途としてはやや重めのやつじゃないと
飛距離が満足できない事もあり、限定的な用途になりそう。
後ほど"巻き"でも使用予定。

こんな感じです。
今回の岩姫フィッシングでの釣行記に関しては次、もしくはその次の記事にて。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

シーズンインに向けてあれこれ散財

秋田県の主な河川の解禁日までもう1週間となりました。
実は漁業権のかかっていない、もしくは漁協の管轄外の一部河川は
3/21に解禁されていて、○○川はOKという話は知っていながらも
どうも気が進まなかったのでまだやっていません。

近隣河川での密猟者のチェックなどは行っていますが現行犯で見つけることが出来ず断念。
今年は監視員なのでこまめに里川を中心に遊漁券のチェックを行う予定です。
時々サクラマスを含めてきちんと魚券を買って釣りをしている釣り人に
「地元の漁協組合員なら魚券持たずに密漁しているのをきちんと取り締まってもらわないと
真面目に魚券買うのが馬鹿らしいんでまめに回ってきて欲しい」って言う話は受けてて
漁協の役員さんに要望は出してはいたのだがこういう機会なので参加させてもらうことに。

そのためにはいっぱい川へ行かなくちゃ!ってなわけで散財ネタを。


ヴァルケインのハイバーストをもっさり購入。
pic003_20160324145544cc4.jpg
ハイバーストは友人がメインで使っているルアーで、使わなくなったものを中心に
いくつか拝借して以前は使っていたのだが、ココ最近はプラグばっか使っていたこともあり
縁遠いルアーにはなっていたのだが「誰でももらえるキャンペーン」に応募しようかと思い
自分の手持ちにはない色を中心に購入。ついでにノアの16有頂天なども購入。

キャンペーンの方はルアー到着後すぐに応募。
でもバーコードってこのフィルムに付いてる奴?んん?
防犯タグなどいっぱい付いてるんだが??ってなわけで
ルアーだけぬいてパッケージまるごと入れて発送しては見たものの・・・・
まぁ、なんとかなるでしょうってことにしておいた。


アールグラットのドラーフをもっさり購入。
pic001_20160324142716eb7.jpg
友人の分もまとめて購入。豆系のルアーが現状もう殆ど手持ちにないので
割と期待して待っていました。価格帯としては税込みで2枚入れ428と
ディスプラウトのフォールゾーンと同程度の価格帯で比較的安いため、根掛かりが多い
秋口のヒメマス釣りでの使用も視野に入れて多めにストック予定。
倍くらいの重量があればほぼドンピシャなのだが現状の0.6のラインナップのみなら
昨年高実績だったバベルとの併用で考えている。ネイティブというか湖なので
シンカーを噛ませて使用するっていうのも一手かな。


あれこれ使わなくなったルアーなどをまとめてリペイント
pic002_2016032414554354a.jpg
つや消しスプレーやメタリック塗料などを手に入れたので
以前塗ったルアーであまり良くなかったものを中心にリペイント。
加えて自作の豆もいくつか補充。
メタリックグリーン塗ったのにぼーっとしてたのかつや消し塗ってしまい
もっさりとしたメタリックになってしまったルアーもあるがそのへんは使ってみてからだな。


とりあえず針ももっさりと買ってみた
pic004_2016032415050367b.jpg
地元釣具店にがまかつの値上げ前のフックがあったので買い占め
数は少ないものの、以前書いたミノーに使おうと思っているフックの候補の一つ
がまかつエリアプラッキングコンペティションがあったので。
pic005_2016032415050418f.jpg
一回の釣行でこのくらいはフック交換するのでフック代が案外ばかにならない。
いっその事31メインで使っているフックの番手を上げて少し節約するべきかとも考えている。


といったところで散財ネタはこの辺まで。
ついでに普段の釣行範囲の魚券は全て年券で購入終了。
あれ、ネイティブ用ルアーは?
注文していたスピナーが全く入ってこず、実績がないカラーやシリーズ、
番手しか入ってこないためスルーということにしました。(再入荷は5月だとか)
釣具屋さんにはカタログにしるしつけて品番も書いて発注だしたので
間違えようはないと思うんだけど問屋が悪いのかメーカーが悪いのかわからないが
来ていないものはどうしようもないんで昨年の残りのボロボロのAR-Sをリペイントして
お茶を濁す予定にしています。


次回釣行は3/27 ユーランド清水川でスプーニングを中心に釣行予定。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

タックルの補強など雑記。

確定申告に全力でケツ叩かれて釣りに行くことが出来ない(´・ω・`)
例年は岩手の渓流釣行など考えていなかったから全く気にならなかったんだけど
早くバシーっと決めないと用意している餌も無駄になるし急いでやらなきゃ
(なんていいながら伝票の山に向き合うとパソコン打ちながら寝落ちするわけだが)

・・・というわけで最近行ったタックル補強などを少しだけ書いておく。



・ハンドメイドミノーを購入。
pic001_201603021144450cd.jpg
"Full Handmade Balsa Minnow 寄熊"
詳細は不明。フローティングかシンキングか、長さや重さなど
スペックが書いてあるわけでもないので前から気になってはいたけど手に取らなかったが
地元秋田の人が(しかも周辺市町村)作ったルアーって言うなら使わない訳にはいかないだろう。
せめて紹介ページやスペック表くらいあるともっと手に取りやすいんだがなぁ。
(ついでにスペックを書いていくと、
バルサ素材、シンキング、ボディ長4.0mm/リップ含む4.3mm、約4g、リップはサーキットボード)

3月の岩手渓流から投入予定。
今年はもう一種類ハンドメイドミノーを購入予定。


いつものルアーを購入。
pic002_201603021154583ae.jpg
スピアヘッドリュウキ アイビック別注カラー
地元釣具店に入荷されていたので即購入。
過去のアイビックカラーでも結構いい思いをしたことがあるので。
スタンダードカラーの方も入荷待ちしている状態。
1091カラーもでてるはずだけど入荷されていないので今回はスルー。
地元で買える釣具はなるべく地元で買うのがモットーだしね。
ついでに今年は去年の残りのリュウキがまだ結構あるのだが
結構ヒビが入ってあったり破損してるのが多いので結構量を買うことになりそう。



メバリング用のジグヘッドも購入。
pic003_201603021611496fb.jpg
JAZZの尺ヘッドを購入。すでに記事化している前回釣行で使っているのはこの時買った物。
シュラッグミノーのボトムワインドの基本となるDタイプの漁師パックはもちろんのこと
Rタイプというのもとりあえずどんなものかと思い購入。
ワーム本体は地元の釣具店に発注済み。
メバリング自体は4月で一旦切り上げてシーズンオフ、10月から再開の予定とはしているが
夏シーバスの時に少しメバル狙いもやってみてもいいかもしれないと考えている。
その他にももう1魚種使いたいものがあるがとりあえずそれは時期になったら書きます。


渓流のエサ釣りの方もあれこれ小道具補充。
pic004_20160302163647611.jpg
通常時に使うシーガーグランマックス0.6号や一刀ヤマメ針の各種サイズ
ここ一番で使うファイター0.3号とハイパー渓流6号針などを補充。
地元でハイパー渓流を出すことはほとんど無いけど、岩手にいった際どういう河川があるか
プレッシャーのほどはなど未知数なところが多いので一応。
竿はすでにコーティングやメンテナンスも終わっているのでいつでも行ける状態に。

pic005_20160302170109e69.jpg
もちろんルアータックルも全てフックチェック済み。
いつでも行ける準備が整っている。
今年はトレブルフックとシングルバーブレスを2:8くらいの比率に調整。
抜き上げが必須になるようなポイント以外では基本シングルバーブレスを使用します。
ネイティブ専門の人には「なんでトレブル使わんの?バレちゃうじゃん」とか言われるけど
魚に優しいでしょ?(にっこり)みたいなことではなく単純に刺さりがいい、
根掛かりしづらい、ネットに絡みにくい、リリースサイズを手っ取り早く外せる
そういった実用性で採用していると説明している。別にバレても仕方ないと諦めれる。
そのくらいの余裕は必要だと常々考えています。変わり者だなって言われるけどね。



地元の魚券(組合員用)も到着。
pic005_20160304111440d66.jpg

今年はこれに2箇所の渓流魚用年券を購入予定。
一箇所は隣の漁協管轄地域でもう一箇所は岩手県の管轄を買う予定だが
岩手県の方は岩手米代川、馬渕川、松川いずれの年券を買うかまだ迷っている。



ココニョロ再塗装などエリアタックルも一部増強。
pic004_20160304113603842.jpg
一番左:友人分(名前未定) ボーンブランクスに4色の散らし・
真ん中:某16有頂天のカラーリングを塗ってみたやつ
一番右:黒を塗ってみました。マットブラックではなく若干青系。散らしは薄いけどグロー。

友人のオーダーを2つほど塗装。すでに紹介したものなので
今回はじめて塗ってみたカラーの方のみ紹介。自分も塗装がハゲ気味なのを1つ、
実績が薄いのを一つ塗装を剥いで再塗装処理をかける。
初期に作ったニスでトップコートを仕掛けたのはかなり傷も顕著だったので
この際一気に作りなおしてみる。あとでここまでの変遷を纏めてみようか。
試しに作ってみた奴は後でテストをお願いする予定。

加えて以前から使っている通販店で割引セールが行われていたので
マイクロクラピー、ボトムクラピーのディスプラウトチューンやブランクルアーを購入。
来週予定しているエリア釣行で使用予定。まーたクラピー買ってるよこの人



さて、こんなことを書いているうちに一枚でも書類を進めたら?って言われても
ぐうの音も出ないので今日はこの辺まで。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR