増水の次の日はやっぱミミズだね!

3/31

米代川水系、長木川支流にて。

昨日は折角の日曜日だったんだけど雨が降ったのと仕事がかなりきつかったので釣りに出かける気力もなく
ついでにその疲れを睡眠で解消できなかったのか今日は寝坊。
いつも行っている沢は車で片道20分程度かかる上に、仕事に関連する某所へ向かう道とは正反対。
ってなわけで行ったことがないポイントへさらっとだけ入ってみることに。

時刻:7:30→8:00
天気:はれ
気温:6度
水温:5度


pic002_R_2014033110521725e.jpg
民家がすぐそばにあるくらいの里川。

pic001_R_20140331105215de6.jpg

釣行時間30分という短い時間ではこんな街中を流れるような小さな川でしか出来ない。
無論こういうところはルアーじゃ厳しいためシモリ玉を重めにセットしてテトラの底を
一つ一つミミズを流しこんで探っていく・・・・・・
こういう「点」で釣りができるのはエサ釣りのメリットか。

pic003_R_201403311109130bd.jpg
こんなに小さいのはさすがにリリースだね・・・。

pic004_R_20140331115535a14.jpg

合計4匹 19・17・14・13以下(うち一匹はサイズの関係でリリース)
うーん、釣れるには釣れたんだけどサイズに納得がいかない・・・・。
活性自体は悪くないんだけど時間が短かったせいもあって消化不良気味で撤退。

増水後はミミズ、その戦略自体は間違いじゃなかったけど
そこにでかいのが居るかどうかはまた別問題だからね
去年みたいに数自体はコンスタントに上がるけどサイズが・・・というのは今年もなりそうだなぁ



お客様と話をしていた時に4/1に以前冬季通行止めになってる道路が開通する話が出た。
コレでとうとう以前行こうとして雪の壁に阻まれた青森県のうきうきランドに行くことができる。
さて、いつ行こうか。
スポンサーサイト

テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

へら竿で渓流行ったっていいじゃない


3/29

昨年へら竿を頂いたことはココで書いたのだが、
その時「このへら竿は全く使っていない」という話を聞いている。
手持ちに5.4mと3.6mの渓流竿があるのだがココはあえて、このへら竿で挑戦してみるか!
ということで行ってきました。

時刻:5:40→7:30
天気:快晴
気温;5度
水温:不明
増水有り。

と言っても、まじめにガチでやるようなラインシステムを組むわけではなく
ダイソーナイロンライン1.0号+がまかつの一刀ヤマメ(ハリス0.6)にガン玉一つ打っただけ。サルカンすら無し。
シンプルイズベストですな。しかもリーズナブル!お金がかからないって大事ね。
一時期0釣法とか色々凝ったりもしたけど一言で言うと「めんどくさい」から辞めた。
だって、普通にこの仕掛けでも十分釣れる。

pic001_R_201403290924221a2.jpg
pic005_R_20140329092428fbb.jpg
pic003_R_20140329092425035.jpg
pic004_R_2014032909242639e.jpg
こんな感じで。
合計で10匹かな。
写真ならべたって多いし小さいのもあってそれはすぐにリリースしたから抜粋して。
最大はイワナの24cmかな?20cm以下のを中心にヤマメが9匹(うち半分をリリース)

こうやってやってみると、やっぱこの時期はエサ釣りの方がよりイージーだね。
今日は仕事の準備があるから早めに抜けたけど、一日ゆっくりやれば相当数をキャッチできるのはわかる。
だからといって、インターネット上でよく議論されてるどっちが偉いだのどっちが優れてるだのという
全く意味を成さない議論に参加する気は全くない。

だって、どっちも面白い。
それじゃダメなんですかね。



へら竿で渓流をやった感想だが
竿があまりにもおもすぎてしんどい上、竿がやわらかすぎてかなり厳しい感じだった。
餌はまだ残ってるから・・・・渓流竿倉庫から出してくるか(´・ω・`)

テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

バーブレスフックの欠点を存分に堪能する

3/28

米代川支流、犀川へ流れこむ某小渓流にて。

メリットを堪能する、ではなくデメリットを堪能したそんな朝。
バーブレスフックのお陰でバラしてしまった、っていうのは間違いなく判断できるけど
バーブレスフックのお陰でフッキング出来た、と言うのは判断が難しい。
ただ考えてみると、例年この時期にルアーでキャッチしてた本数は2~3匹なので
今日の釣果を含めると例年の数倍のキャッチ率になる。
コレをどう見るか、だなぁ。去年は使ってなかったルアーもあるし、それが結果を出してるしねぇ。



時刻:7:00→8:30
天気:くもり
気温:5度
水温:4度

pic010_R_20140328130621f13.jpg
pic006_R_20140328130620470.jpg
pic003_R_20140328130618f40.jpg
pic001_R_20140328130617f86.jpg

キャッチしたのは23cm,22cm,17cm,15cm

pic004_R_201403281303219b0.jpg

ヒットルアーはAR-S#2、コータックヤマメ3g
AR-Sのフックが折れたのでシングルフック化してみたけどそれでもしっかりキャッチ。
ただ、今日回った渓流は雪庇になってる箇所、画像のようにボサがはみ出している箇所、
視界が通らない感じの高い箇所など結構難所が多くヒットしてから取り込むまでに落とした数が
釣れた数よりも多いくらいな感じで、こういう時はトリプルフックにしときゃよかったかな、とか何とか。
もし大量にルアーを保持しているならトリプルフックとシングルフック、両方を状況に応じて
使い分ける釣り方ができるようになればさらに釣果は伸ばせると思う。

pic007_R_20140328130809f15.jpg
足元に樹の枝がいっぱいあって引っかかっておちる。
pic011_R_20140328130811091.jpg
雪庇の雪に衝突しておちる。


うーん、でもなぁ・・・今年まだプラグやスプーンのロストが0が語るように
根がかりが圧倒的に少ない事実もあるから難しいなぁ。
まぁロストが怖いならエサ釣りでもすればいいんだろうけどね。
暖かく前にミミズ一箱買って使いきるまでガチでやってみようかな

テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

濁りが強い・・・

3/27

米代川支流、長木川にて。

時刻:7:20→8:30
天気;晴れ
気温:5度
水温:不明
濁り・増水有り。

釣果は0でした。


増水が一気に進んでるって昨日書いたけど・・・・
pic003_R_2014032712041112e.jpg
さすがにこのくらい濁りが入ると正直厳しい。
川の勢いも滅茶苦茶あるし。
加えて台風18号関連の災害復旧も幾多の場所で行われているため
工事による濁流なんかも混じっているだろう。

pic006_R_2014032712054151e.jpg
未だに全然手がついてないような場所もあるしね。
しかし工事をするにあたっても

pic002_R_201403271206201ae.jpg
この位置にプレハブはどうなんだろう(※コレはさらに支流)
なにげに凄く危ない位置何じゃないかなと思ったんだがこういうのってきちんと杭か何かで固定してるのかな?


pic008_R_201403271208103cb.jpg
pic007_R_20140327120808f5e.jpg


途中小さな沢を見つけたけどノーヒットで終了。
後にグーグルアースで見てみたけど、これ夏は水がない場所なのね。
上にまで登っていけば大きな貯水池があるんだけど、確かブラックバスが居たはずだし
今になって考えてみれば入る場所間違えたかな。

テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

雪解けは一気に進んで。

3/26

米代川支流・犀川とそれに流れこむ小河川にて。

気温が上がったおかげで川沿いの雪は一気に減り
山から雪解け水の多くを受け入れまるで大河川を思わせるような水量を誇っている。
例年よりもやや早めの増水だがそれに応じた戦略やポイントを見つけていかなくてはならないだろう。

時刻:6:20→8:40
天気:はれ
気温:4度
水温:5.5度
増水・濁り有り。

pic003_R_2014032611270807b.jpg

雪解け水を含んでいる割には割と水温は高い。

pic007_R_20140326112428744.jpg
釣果は2匹。(22cm、15cmくらい)
一匹写真撮ろうとしていたら暴れて川の中に落ちてったヨ(´・ω・`)
こういう時こそネットを使え、ということで2匹目はネット使ってます。
ヒットルアーは昨日と同じリュウキ、AR-S#2
去年はあまりAR-Sいいとは思わなかったんだが今年は結構ヒットするなぁ。
巻いてはあまりいいルアーだとは思わないけど立ち上がりの早さと、
流れが殆ど無くともブレードしっかり回るのは評価したい。

pic010_R_201403261122294de.jpg
その後去年行った沢登れるかなと行ってみたけど
除雪が途中までの上、先行多数だったのでズコズコとかえってきた。
スキー組はこの季節やっぱ強いなぁ。

pic002_R_20140326112202a3d.jpg
ふきのとうもいい季節になりました。
帰り道幾つか採取しておみやげに。
こういう雪の下に生えてるのは苦味が少なく食べやすいんだそうです。

テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

先行者の足跡を見ながら。

3/25

まだこの雪が残る時期はどれくらいの人が入ったのか、
どんな釣りをしたのか(餌か、ルアーか)
何日くらい前に入っていったのか
そういうのが雪に残る足あとで判断できる。

ルアーじゃないと厳しい場所、餌でなきゃ厳しい場所、ひとつの川には色々なポイントが有り
そこの足あとの付き方で先行者がどんな人かわかるようになったのは
両方をやってるからこその知識になるんだろうな。

pic011_R.jpg
思ったよりも人がいっぱい入ってたでござるよ(´・ω・`)
足あとから見るにカンジキを履いている人も居てああ、自分も持ってくればよかったと後悔。




米代川支流小河川にて。

時刻:6:10→8:30
天気:くもり時々晴れ
気温:7度
水温:2.9度
風:4m

雪が流れる小さな川でルアーを。
秋になってから釣果があった川で
春先の釣行は初めてだけどどんなポイントになってるか興味があって入ってみたが
なかなか水量が多くやっぱ渇水時の方がいいかな、と思える感じだった。
でも一応数匹キャッチ

pic008_R.jpg

pic002_R_20140325102051aaf.jpg

pic004_R_20140325102052717.jpg

計4匹。(18cm,16cm、13cm以下×2)
ただ、そのうち2匹は13cm以下の稚魚のためリリース。
確か秋田県の漁業協定だっけか、何かで13cm以下はリリーズを義務付けてたはずだしね。
(わざわざラバーネットを使ったのもリリース前提のため)

ヒットルアーはリュウキ45s、ブレットン#2シルバー
pic007_R_20140325102053e18.jpg

スレ気味だったせいかわからないけどチェイスしてくるのは1回で終了だね。ルアーを交換などしても反応しない。
パイロットルアーで一発で決めないと厳しい感じだった。



先日の記事で書いてたblueblue社のシーライドミニ、届きました。
pic010_R.jpg


とりあえず今日少し使ってみたけど
コレどうやって使うんですか(´・ω・`)

ジギングって言うとあの沖の漁船でイナダたブリをしゃくりながら釣ってるイメージしか無いから
実際実物を渓流に持ち込んでもいまいちピンときてない。
流れあると浮き上がるしアクションの付け方もわからんし
さてさて、どうしたものかなと色々考え中。



今週はとりあえず晴れが続くらしいので朝仕事に出るついでに釣りが楽しめそう。
しかしまぁ、運動不足のせいか雪を抜かりながら歩いて行くとしんどいね。
体慣らしていかなきゃ。

テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

今年最初の一匹。

3/23

米代川支流の更に小渓流にて。

時刻:6:00→8:000
天気:くもり時々雪
気温:0度
水温:不明


明日からは天気が良くなるものの、明日は朝忙しいし
ちょっと風も強いけど少し早起きして近くの渓流へ車を走らす。
・。


pic005_R_20140323160946059.jpg

pic007_R_20140323161005126.jpg


pic001_R_20140323160940840.jpg

20ちょいが2匹、15くらいのが一匹。


pic002_R_20140323160941049.jpg

ヒットルアーはこちら。
AR-S #2
スピアヘッドリュウキ 45S
ロールスイマー 2.5g

殉職者:ブレットン#2×1
5gのルアーってこんなに飛ぶっけか・・

車で移動しながらの釣りなため現地での実釣時間は50分位ではあるが
それでも比較的実のある釣りができたと思う。

特に管釣り用のルアーだと思っていたロールスイマーに釣果が出たのは嬉しい。
管釣りをしててこのルアーはドスローで巻いてもアクションするしアップクロスにキャストして
よどみを攻めれば行けるんじゃないかと思ってやったら一発でドンピシャだった。
リュウキのカラー、そしてAR-Sのカラーは昨年の経験から雪のある時期はコレがいいというデータどおりだった。
ミノー系はもうちょいしたら赤金なんかがヒットしてくるんだが



今年からは渓流ルアーはスピナー以外すべてシングルフックに変更した。
導入したのはヴァンフックエキスパート、アイビーラインマンティスフックナノの2種。
バーブレスフックに関しては前年から導入しようという話を出していたが
特にマンティスの方はおすすめだという話を針を頂いた方から聞いていたため購入。

渓流で使ってみた感想を言えば、
「やっぱシングルフックは障害物回避率が高いな」
てのを改めて実感した。あとは書いてあるとおりフッキング率も申し分なかった。
唯一不便と感じたのはエリアとは違い立ち位置がとんでもなく高いところになるところもあり
そういうところで逃げられるってことがあるってこと。
今日リュウキは3ヒットあったが立場から水面まで3m以上あるところだったので
ランディングまで2匹ほどばらしてしまった。もったいない。

pic006_R_20140323161003fb1.jpg
こんなポイントで釣れました。(15ちょいのやつ)
見るだけでアドレナリンが出る
でもこの時期は一匹釣っちゃうと後が続かないね。
根こそぎ釣る気は全くないから別にそれで構わないけどさ。

テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

本日から渓流解禁。

3/21

秋田県・米代川支流にて。

秋田県は今日から秋分の日までヤマメ/イワナなど渓流釣りが解禁になります。
例年釣れない解禁日ですが今年は
pic003_R_201403212113400f0.jpg
pic001_R_20140321211339c2a.jpg

猛吹雪で釣りっていうレベルじゃなかった。


でもいいんです。
たとえ吹雪で釣りがしづらくても
去年早春にヒットはあったポイントが工事車両でグチャグチャにされてても。
竿を振れるこの喜び!は何にも代えがたいと。

とりあえずハイスピードのリールを使ってみたけどコレちょっと使い物になるか微妙になってきた。
今まで慣れてたリールと違い同じリーリング速度でもスピナー浮いてきたの考えると
ちょっと今までどおりいかなくて使いづらいんだなぁ・・・。
どうしたもんか。このまま管釣り用にぶん投げてもいいんだろうけど、とりあえず1周間は使って見る予定


pic004_R_201403212115383c1.jpg

淵になってる箇所を思い出しながら車で移動して深い雪を何とかしのぎながらポイントをめぐるも
どうも田の水が入らないと厳しいポイントが多く(水温差とか虫など餌の関係もあるんだろうね)
ブレットンを中心に責めてみたものの今日は朝早めに仕事があるため釣果なしでタイムアップ。
この時期はやっぱエサ釣りに負けちゃうなー。明日もうちょっと大きめの川をミノーでせめて見る予定。


時刻 6:00→7:10
天気:雪(吹雪)
風:4m
気温:マイナス2度
水温:3度

殉職者:ブレットンシルバー#2

護岸工事することには全く文句をいう気はない。
治水面でも大変必要なことだから。

ただ言わせて欲しい。
工事が終わったブルーシートを川の中に放置しておくんじゃないよ!
釣り人の最大の天敵だよ!しかもそれにゴミが絡まったりして景観も悪いよ!

pic005_R_2014032121154084e.jpg

ネコヤナギが白い実?をふくらませていた。
春はもうそこに来ているはずなのに。

テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

秋田渓流解禁3日前。

3/18

自宅で解禁日に持っていくルアーを選びながら。

渓流解禁まであと3日です。

竿・・・・メインと予備の2本、コンディション問題なし!
糸・・・・3LBと4LB巻いてOK!
網・・・・通販で安いラバーネット買った。ちょっとデカかったけどOK!
券・・・・地元のは明日買いに行くとして隣接地域の年券OK!

そしてルアー
今年は何を使おうかと考えながら昔のルアーボックスを開ける。
今はなき父が使っていたものをそのまま使っているのでオールドルアーが結構ある。
ふと、自分が父に習いながらルアーを始めた時はどんなルアーを使っていたっけ?なんて思って
ちょっとだけ箱から出してみる

pic001_R_20140317232457b75.jpg
今でもオールドルアーは使うけど一つ一つ取り出しながらこれらでヤマメとかイワナ釣ったなぁ・・・なんて。
あまりミノーに対して積極的な人じゃなかったのでサクラマスに関しても最後まで殆どミノーを使わなかったし
その影響もあって今自分もサクラマスにはスピナー・・・具体的にはブレットン#2からルアーローテーションを組む。
多分それは今年も変わらないであろう。

pic002_R_20140317233149904.jpg

ラインはTDラインっての使ってたっけ。色は・・・深緑?
確か1年通して12LB使ってた記憶がある。
箱にはシールが入ってあって、子供の頃はそれをへんてこりんな場所に貼ってた。
それでもヤマメやイワナは釣れたし何の不便もなかった。竿は確か・・・・ミニパック?使って記憶がある。
昔の人はそれでもサクラマスをバンバン釣ってたのだからすげえなと思う。
父は1年を通してスピナーで30本くらい釣ってた人だったから今の自分にははるかに及ばないそんな人
今になってその凄さがよく分かる。
自己最高記録は年12本。その3倍かよ・・・・1釣り人として見ると遠い遠い先にいる存在。
この歳になって改めて思うね、もっと長生きしてくれてたら色々教えてもらえたのにと。



で。

今年はこのタックルでまずは挑んでいこうと思う。
pic001_R_20140317234146c3c.jpg
主に昨年春実績があるものを中心に。

今年チヌークの4.5gとスピアヘッドリュウキ各種を近所の釣具屋さんにオーダーを出し各色揃えてもらった。
加えて昨年実績があるブレットン、ハスルアー、ヤマメルアー、AR-S、パニッシュなどなど入れてみた。

実は毎年いくつか新しいルアーを入れることを目標としている。
2011年はスピンソニック、ポインター他ミノー系いっぱい(シーバス用)
2012年はリアライズ、テッペンスプーン。(サクラ用)
2013年は雅牙、リュウキ、Dコン、iFish、AR-S(渓流、サクラ用)
2014年は管釣り用ルアー以外では、蝦夷、新チヌークS、ロールスイマー(渓流用)
ロールスイマーは本来管釣り用という認識のルアーらしいけど、ネイティブではどうかってのには非常に興味があった。
ロールスイマーよりはスリムスイマーの方が適してる気がしないわけでもないが、
いずれにせよ今はもうないCoatacコンデックスの代わりになるパイロットルアーが欲しい。
もう一つ、今年は渓流ジグというものをやってみるつもり。
今現在手元には届いていないがblueblue社のシーライドを導入してみる予定です。
コレはちょいとオールドルアーに関して調べていたらこのジグを扱っているブログに遭遇しまして
面白そうだな・・・ってので発注してみました。
3gが良さそうならサクラに重いのも買って試してみる予定。
渓流でジグ?なんてどういう感じになるのか全く見当もつかないが
何もせずに否定するってのはよろしくないので。
(ぶっちゃけ管釣りで使ってみたいってのもある。)


今は嫌な感じでしとしと雨が降り続いているけど
解禁日濁流になってなきゃいいなぁ・・・。

テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

SAHARA 2000HGS(シマノ)が届いたので雑感をば。

3/13

前々から「ハイギア」というものに割りと興味があった。
まぁ今流行りのなんとかだって言うのはわかるがちょい前は高いモデルのリールにしかなかったため
手が出なかったものの今は低価格帯のリールにも搭載されるようになった。

とりあえず気に入らなくともダメージが少ない値段のやつにしよう、と思っていた所に
今年シマノで新しく「サハラ」(※公式ページ)という低価格帯のリールを発表していて予約をし、今日手元に届いた。


pic001_R_20140313223749cfa.jpg

こんなの。

多分この手のリールに興味がある人は同じ低価格帯のリールを比較対象にすればわかりやすいと思うので
本日手に入ったサハラ#2000HGS(定価8400円、実売7000円程度)と
シマノのちょい前の低価格帯リールであるエアノスXT#2000(バリュープライス、実売価格5000円程度)と、
もう一つ現在使っているKIXフリームス#2000(定価14,800)の使用感を比較した。


重さ
サハラ 280g  エアノス 260g   フリームス(糸含め) 260g
たかが20gの差と言えど重いが、実はハイギアモデルは通常の番数より約20g重いため、
カタログ通りの比較で言えばそれぞれ3つのリールはほとんど重量が変わらないであろう。
おまけとしてカタログの重さで比較すると、ハイエンドモデルであるシマノ・ステラは180g
ステラと双璧をなす人気のヴァンキッシュは160gなのでこれらよりも圧倒的なスペックなのは言うまでもない。
100gの差ってかなりデカイ。


ハンドルの軽さ
フリームス>>>>>エアノス≧サハラ
値段の違いがはっきりわかるくらいハンドルの重さは違う。
これもハイギアのとそうでないのを比較するのだから対等な比較ではないが
サハラの方は巻き始めが若干重く感じる。巻いたあとは楽なのだが。

ついでに手元にあるその他の似た番台のリールとの比較だとエーギー(ダイワ)はフリームスよりもちょっとだけ重く、
自分が20年前ちょいに買って昨年まで現役だったエンブレムXよりは
サハラの方が軽かった。(ついでにエンブレムXは故障中)
さすがに技術革新と言うのはそのくらいの年月があると差が出るね・・・。
買った時は子供ながらかなりねだった。


ハンドルノブの比較

pic004_R_2014031322375402e.jpg

それぞれこんな感じ
カタログはなんか糞でかいノブだったんだけど現品はこのI字ノブだったので安心。
(左からサハラ、エアノス、フリームス)

その他色々と
pic003_R_2014031322375219c.jpg
ストッパーレバーがこんなに小さく。
前々から思ってたが正直この機能要らんと思うんだ
昔ドラグの性能が悪かった時代の名残なんだっけ?

あとハンドルを巻いてベールを返そうとすると結構重い&反応がいまいちだね。
フリームスどころかエアノスと比較してもかなり重い。
キャストして巻いたところでハンドルでベール返す釣り方してるならかなりまずいかも
その辺はやっぱり安物ってところなのかな

使ってみて思うことも色いろあるだろうけど、とりあえずこんな感じかな?
2つを比較して思うことは、ハイギアにこだわらないならエアノスの方が良い気がする。
ローエンドモデルでハイギア使えるようになったって点ではサハラもいいんだろうけどね。
ただ+3kくらい出せばアルテグラが手に入るの考えるとちょっと微妙かな。
金額差は微妙でもリール自体の重さの比較を言えば微妙どころじゃないんで

こんなところかな。
ついでに他地域のヤマメ、イワナの釣り券も買ってきました。

そういえばうちの所属してる漁協は先週総会だったな
早い段階で各漁協の総会で規約変えないとサクラマスの解禁日変えれない上、
それが全地域必要って内水面で発表されてたけど
こんなサクラマスのメジャー地域の漁協からしてコレだからね。
そりゃ足並み揃いませんがな・・・・仕方ないところもあるけど。
俺が役員だったなら漁協用の釣り券一般開放&解禁日周辺の気温や天気や状況配信くらいやるんだがねー
それを大多数を締めるお年寄りにやらせるってのも無茶な話だし
メインはアユと思ってる人ばっかだからかえようもないってのもあるかもなあ

秋田県の渓流解禁まであと8日。
ルアーも揃えたしいつでも行く準備万端です。

テーマ : 釣り・フィッシング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 0/10
釣行日数 0/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等 0/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR