久しぶりの尺物を。

ふと、今年は尺物をキャッチしていないことに気づく。
(釣れるには2回釣れている・・・が網が届かない高さで2度とも抜き上げ失敗)
ぶっちゃけて言うと、多く尺物が潜んでいる沢や渓流ってのは結構聞いたりしてるが
一番近くでも片道20分以上など単純に移動時間がもったいないなって
考えてるからいつもそばの里川で遊んでるわけなんだけど(熊も怖いし)
ウエーダーを買ってから抜きあげで無理しなくても済むということで、久々にちょっと奥まで
・・・・というのが今回の話。



8/30 米代川水系小猿部川の支流の更に支流にて。

時間:6:50→7:55
天気:快晴
気温:19度
水温:16.5度
前日の雨でやや水位があがっているけど水質はクリア

本当はもう1時間早く家を出る予定だったのだが
朝イチのしごとが入っていたのでそれの仕込みの関係でこんな時間に。
多少無理な仕事でも釣り人の釣った魚の処理の苦労ってのを知っているから
この仕事に関しては1釣り人として放っておけないんだ。
どうしようもないときは断ることもあるけどね(´・ω・`)

それはともかくとして
竿は結局昨日のまま7ftロットで。(替えの竿が6.6ftだったヨ)
熊に注意しないとダメなので爆竹をババンと鳴らしてから川の中へゴー。
とりあえず周りの風景見たかんじだと他にも釣り人が入った痕跡があるので
堰堤になっている箇所やタマリになっているなどは避け
瀬や他のシカケでは狙いにくい急流の中のエグレ、そしてボサ周りを中心に攻めていく作戦。
こういう時はホントシングルフックのルアーや立ち上がりの早いルアーの強みを発揮できる。

具体的に言うと、こういうポイントの場合
pic005_20140830105819154.jpg
奥に見えてるような流れ込み(実は割と深みが有る堰堤)は数投でスルー
手前の瀬になっている部分を流れに乗せながら草の脇を丁寧に丁寧に攻めていく感じ。
pic007_20140830110201831.jpg

pic006_20140830110200d5a.jpg

pic002_20140830110157942.jpg

pic001_20140830110156b53.jpg

この他4匹。(最大17cm)
(ヒットルアー:AR-S#2、#3 いずれも赤系のトリックカラー)

が、今日は小さいのを釣りに来たんじゃない。
ということで全リリース。サイズ規定届いていない魚もいるしね。
また来年。

うーん、大きなのは何処かね。
と、考えた結果、強めの流れに潜んでるんじゃね?
と思い、フライや普通のルアーや餌じゃ難しい調度よい感じに流れが強い所強い所・・・

あった。
pic009_201408301109135cf.jpg
こういうところはヘビシンをダウンキャストで流れを這わせていけば・・・・

pic008_201408301112026fb.jpg
18cm リュウキ45s RPアユ
やっぱ小さい(´・ω・`)
どうしたもんかね。
首を傾げながらもう一度スピナーに変更してボサ周りを攻め始めると
おっ?おっおっ?
一発で尺物と分る手応えが。
pic010_20140830114254a7d.jpg
pic012.jpg

31.5cm AR-S #2 トリックカラー
まぁ、割と気合入れて釣ろうと思って狙いに行ってたんでこれくらいは釣れてもらわないと。
なんて言いながらも心のなかでは超ガッツポーズしてます、はい。
これもウエーダーがなければ絶対キャッチできない高さの場所だったんで
ウエーダーさまさまです。

一番の収穫は釣れた事自体よりも
このサイズを釣ろうと思って、戦略を立てて、場所を選んでそれがバッチリハマったこと。
ただ単に理由もよくわからず釣れた、という釣りより実のある釣りを重ねていきたいと思う。

今晩は仕事が溜まりに溜まっていることと
明日はちょいとした催し事に参加しないといけないため釣りは無理かな。
まぁ、気分次第、ってことで。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ウエーディング、はじめました。

8月もまもなく終わり、本格的に秋シーズンに入ります。
今年はすでに釣行日数も100日を越えて充実したシーズンとなりました。
(近場へ30~1時間という釣行が多いですが)
思い残すこと思い残すこと・・・・・・ああ、アレが有るな。


8/29

秋田県米代川 支流域にて。

時刻:6:50→8:00
天気:快晴
気温:19度
水温:17.4度
風  :ほぼ無し
水量は多くなくクリア

基本的に水の音を立てると魚は逃げるという持論持ってるんで
今まではサクラマスも含めウエーディングというのには全く興味がなかったのだが
誕生日にもらったamazonギフト券がそれなりの額余っていたこと、
在庫処分セールとか言うのをやっていて6割近く割引で4000円台でウエーダーが
手に入るようなのでとりあえず物は試し、ということで購入し初ウエーディングしてきました。
いきなり急流、というのも無理な話なので先日入ったボサの多い沢を
川を登りながら攻めていくことに。

pic001_2014082911100673d.jpg

pic002_20140829113642ef2.jpg

pic001_20140829113641289.jpg

いやまぁ、全然風景が変わるもんだね。
今までは草がボーボーでキャストできなかった場所、高さがあっておりれなかった場所
そんな場所が攻めれるようになると今までと比べて攻めるポイントのバリエーションが多彩になる。
1時間ちょっとの釣行ですぐ分かった、ウエーディングの楽しさが。その有用さが。
そして自分のタックルじゃ厳しいことを。

通常時の自分のタックルは7ftULロッド+2000番のリール。
一般的には5~6ftロッドが主流だが、自分はウエーディングしないし
小さな河川やポイントなんかでも水に入らず遠投で攻めていたので
飛距離も必要な私にはベストマッチだったんだが、いざ水に入って
こうやって直接近くから攻めれるようになると長い竿は邪魔でしかないね・・・
硬目のショートロッドがほしいなぁ・・・たしか6ftならミディアムライトのやつが
あった気もするが竿の長さ変えるとキャスト精度一気におちるんだよなぁ。
うーむ。

pic004_20140829115609d48.jpg
pic003_20140829115608642.jpg
16cmを最大として木っ端ヤマメが数匹。 例によりAR-S#2トリックカラー
全部リリース。来年まで元気でなー。

さて、ムレムレになったウエーダー干してこようかな(仕事しろ)

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

秋の釣りにはAR-Sを。

メーカーの回し者じゃないけど
今年は驚くほどこのルアーに世話になっているのでこんなタイトルに。
#3はイマイチなんだけど#2は名作だと思う。



8/28

秋田県 米代川水系長木川支流にて。

時刻7:50→8:45
天気:晴れ
気温:21度
水質はクリア。

前日の夜にシーバスに出かけたのだがかなり消化不良で終わったので
延長戦を、ということで地元では超ド定番と言われてる沢へ。
(※シーバス釣りの内容は中身が無いので省略)
あまりいい思いをしたことはないポイントではあるが春先の釣行の際では、
小さいながらもチェイスを時々見かけてはいた。
草をかき分けかき分け、またかき分けて・・・ようやく到着。
まぁ、車から降りて5~10分なんだけどサ。
pic001_20140828102800ae6.jpg
pic002_20140828103904e9a.jpg

道中幾つもの人が入った痕跡があったのが示すとおり、
こういう「いかにも」というポイントはどれも反応が悪い感じ。
スプーンを中心に粘るもどうもチェイスはするもののバイトまで至らず。
まぁでも大場所にこだわったってキャッチできないってのはわかっていたので
浅瀬のカバーの下などを軽いスピナーで流しながら探る。
pic003_201408281106489da.jpg
こんなところでいいんですよ渓流釣りなんて。
こういうちょっとした流れ込みでも軽めのルアーを通せばきちんと答えてくれる
pic004_201408281121411d2.jpg
24cm  AR-S #2 トリックカラー

もうちょい行けるかな・・・?とおもって上に行った時に
ミスキャストで木に引っ掛けそれを何とかして外してる間にタイムアップ。
うーん、フリップキャストとバックハンドキャスト練習が足りないなぁ。
時々失敗する、そしていつもしょーもないトラブルを連れてくる。
今度エリア行く時に練習かねて1日いっぱいやってみるかな。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

とうとう「大台」の目標をクリア。

あらゆる釣りでもとりあえず目指す目標が有る。
渓流なら「尺」
バス/シーバスなら「ランカークラス」
管理釣り場であればとりわけ「100」か「イトウ」というところか。


8/24

岩手県八幡平市「ユーランド清水川」にて(釣行12回目)
※過去の釣行のリンクは後ほどまとめたの作っておきます。
pic002_20140824223418631.jpg


時刻:9:10→16:00
天気:晴れ
気温:27度
水温:15.3度(11時)
水はクリア&やや白色。藻がちょっと邪魔な程度。
風は1~2mの風が時々吹き下ろしで来る程度。


ヒットルアーは以下のとおり(※印:今回初登場)
pic001_20140824214919bf2.jpg

(右上から)
プリラ(ザウルス)
エアーブロー(ラッキークラフト)×2
つぶアン(ムカイ)
クラピー(ラッキークラフト)×2
コロン(アイビーライン)
ふわとろ(シマノ)
ベビーバイブ(ラッキークラフト)
ペレットペレット(ジップベイツ)
フォールゾーン(ディスプラウト)×2
エグザ(ゴッドハンズ)×7

(右下から)
ロールスイマー(シマノ)×2
イーリヤ(ゴッドハンズ)×2
ペレスプ(ムカイ)×3
ファクター(フォレスト)
ハイバースト(ヴァルケイン)
ダイアナ(ロブルアー)※
ティアロ(ジャッカル)
プレッソグレイン(ダイワ)※
ドーナ(アングラーズシステム)

殉職者
イーリヤ×1
エグザ×2
フォールゾーン×1

釣果:103尾
ヒットルアー紹介もやたら多くなるわけだよ
確保分は40×6、50台×3、60台×1
(カウントはリリーサーもしくはネットに接触、
 足元でラインをゆるめたりして意図的に外した場合カウントアップ。)

とにかく、釣った、釣った、コレでもかというくらい釣った。
そんな釣行記は以下から。


pic001_20140824230219225.jpg

9:04分到着して入れそうな場所をざっと見ると、いつも埋まっている場所がなんと空いてる。
となると入るしか!ということで(個人的には一番釣れると思うポイント)へ陣取る。
放流が入るまではとにかく辛い釣りだった。
それ以上にどうも食いが浅い。フッキングしてもすぐ外れる。
あまりのフックオフの頻度にゴロンと転がるレベルだった。

いつもは開始してすぐはスプーン、プラグでそっから反応が悪くなったら放流まで底を中心に。
しかし今日に至っては、縦系ルアーも全然反応悪くて悩ましかったかな。
代わりに今回買い足したイーリヤがそこそこ反応よくて助かったけど。
それでも10時半過ぎの放流までは13尾、しかもキープなしと低調。

こりゃどうしたもんかなと考えてた時に放流が。
そっからは(もちろん定番ローテーションをメインにしたが)
とにかく1~2投で1匹釣れるペースが1時半過ぎまで続いた。
釣って、少し反応なくなったら別のに、で行くのだが
その変えたルアーがほぼすべてドンピシャで自分でも怖いくらいだった
前回のユーランド釣行のパターンがそのままドはまりした感じかな?
12時回った時点で40尾を越え、このペースで行けば間違いなく・・・・
というのを意識し始めてからはとにかく集中、集中、そしてラインでビシッと集中モード。
特に、ハイバースト、ペレスプ、エアーブローあたりは大爆発と言わんばかりのヒットで。
他に気づいていた人がどれだけいたのかは分からないが、
今日という一日においてはスプーンのフォール、それだけを意識してれば
相当イージーにキャッチ出来ていたのでは?と思う。
逆にプラグ類は着水時素早く潜らせて30cm程度の深さをゆっくり巻きで。
縦系ははっきり言ってスレるのがとにかく早くて最後1時間前にまとめてヒットする前は
一色につき1~3尾で釣れなくなる状況ではあった。使う人が増えてる?
まぁ、それはともかくとして

・・・・・・3時半、100尾達成&キープ10尾完了。
ホント自分にヒットした魚は小さいサイズばかりだったのが数を伸ばせた主要因。
上手い人はやすやすと達成してるだろうし、自慢するほどのレベルでもないかもしれない。
自己満足なのは無論間違いないが、それでも自分が設定したハードルにようやくの思いで
到達したこの満足感は何にも代えがたいものだった。
途中まではキープぶんのことしか考えていたのでやたらでかいの連発してたそばの人に
ルアーを聞いてみてそれ投げてみたんだけどよくわかんないがそれでも小さいのばっかで
「いやー、数はいらないんでデカイのがほしいんです」といったら贅沢な悩みだとかなんとか。
まぁそりゃそうか。
100越えてからは釣りたいルアーで攻めてみたが3尾を追加しただけで終了の時間に。



自分が立っていたこの場所は
冬の寒いこの時に、
私がまだ私が経験浅い時に
めちゃくちゃうまい人が連発してた場所。
どうやって釣ったのかルアーを聞いたあの日、
脇目もふらず爆釣してたその人を横で羨ましげに眺めていたあの日、
そこから俺は名前も知らないその人の背中を追ってたのかもしれない。
しかし・・・これでようやくスタートラインにたてたのか。
それはまだわからない。

今日、ずっと釣ってて思い浮かべたのがその情景だった。
思えば遠くへ来たもんだ、と。

tombo.jpg

季節はもう秋。
そして背中を追い始めた冬がまもなくやってくる。


灼熱の太陽、というわけではないが
日差しを一日いっぱい浴びると体がべとつく。
そして魚臭くもなる。

いつもはそんなどんよりした帰宅の途ではあるが今回は違うんだ。
pic003_2014082423080028b.jpg

pic002_2014082423075953e.jpg
フロンティアの湯
前々から気になっていたんだ。
琥珀色の湯、そして源泉かけながし100%
これはもう行くしか無いでしょ!

・・・・・と、温泉内はあたりまえだけど撮影不可なんで写真はない。
料金は500円と温泉としてはやや高め。

しかし、この疲れたからだに染みわたるこの満足感は何なんだ。
ちょうどいい感じの温度、足をゆっくり伸ばして首までどっぷり浸かれるこの心地よさ
そして帰り道のスッキリした運転と程よい疲労感。
帰宅してから浴びるシャーなどでは味わえないこれは何にも代えがたい。
金の大小など些細な問題だ。

それだけでも十分満足できる一日となることだろう。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

じゃぁ美味しくなさそうな魚がつれた日は

ちょいと暗い話を途中まで書いたがやめやめ。
せめて自分にとっての「釣り」という趣味のように、
いらないことを何も考えずに没頭できる時間が彼にもあれば
もしかしたら別の道があったのではないのかな、なんて。

さぁ、気分をズバッと変えて釣りの話をしていこうか。



8/23 米代川水系犀川支流にて

時刻:7:50→8:20
天気:晴れ/くもり
気温:25度
心地よい風&若干の濁り有り。

前日の夜コレでもかと言わんばかりの大荒れの空で
今日はどうせ釣りに行っても釣りになるようなポイントがないだろうな、と諦めてた。
案の定前日に行った沢はどうも水量増&濁りが入っててルアーじゃアウト。
いくつか思い当たる沢をグルグル回ってようやく見つけたのはこの小さな河川、
pic001_20140823113029f58.jpg
水量が上がったせいで若干急流にはなっているが
これはあくまで持論だがルアーのバリエーションさえ揃えていれば
河川の9割で釣りをすることができると思ってる
あとは時期、流れの強さ、レンジ、キャストの方向で信頼できるルアーをある程度揃えればいいだけ

なーんて思いながらショルダーバッグからリュウキを・・・・・
あれ?あれ?

ルアー整理してた時に自宅にルアーワレット全部置いてきちゃってた(´・ω・`)
竿につけっぱなしにしてたAR-S#3のみしか使えるルアーがない
強めの流れの中やエグレの下を探る釣りを諦め
ちょいゆるめのポイント&木陰に潜んでいないかをアップキャストで丁寧に探る。



出てくるのはこいつらばっかり
pic003_201408231211152ca.jpg

んー、これはうぐいじゃなくてアブラハヤのでかいやつかな?
チェイスしてくる魚を見てもどれも小さめだし
こういう美味しくないのは多少イラッとしながらもやさしーくリリース。
高さが有るところはきちんと流れの多い田の側溝へ。

・・・といった所で今日はタイムアップ。
エリアと違ってネイティブ相手ならこういう空振りに終わる日だって有りますな。
食えない魚ばっかりっていうのは残念だけどそれでも釣りに出ているだけで気分が晴れるのは
釣りを趣味としておいてよかったと思う。


さて、

スモークウッド 準備完了
スモーカー   改良完了

さぁ、明日ユーランドへいってスモークサーモン用の魚を確保しに行こう。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

釣った魚が美味しそうな日は素敵な日

局地的大雨が報道されているがココ秋田も例外ではない。
ものすごい量が降り、そして短時間で止む。
川への影響もでかくしばらくは本流は釣りにならない感じ。
鮎釣りの人はポイント選びが難航してそうだ。



米代川支流の小河川にて。

時刻:13:45→14:25
天気:くもり
気温:27度
水質はクリアでやや水量多め

連日の雨で濁ってる河川が多く、どうすっかなーなんて考えていたら
ふと公的書類を提出しにいった帰りに釣りができそうな小河川を発見。
てなわけで昼休みを使って車でゴー。
pic002_201408221745594b3.jpg
と言ってもこんな道は車では渡れないけどね。
ボサがかなり多い沢ではあるが足早に周囲を探索して・・・・うむ、こういうのは潜んでそう。
pic001_20140822175100d77.jpg
ちょっと浅いけどこういうボサが多い箇所は必ず魚が潜んでいる。
渓流魚でもグラスミノーなどワームが有効だしこういうポイントでは
バス釣ってる人間の方がうまく攻めれそう。

まぁ、そんなバスタックルなんて持ってきてるわけないんで
シングルフック化したリュウキで丁寧にボサ周りを攻める。
んー?反応ないな。
じゃぁスピナーは?ということでブレットンでUの字に攻める。
ん?チェイスあったな。
これは、と思い数投後(自分の中では)秋の最強候補の一角、AR-Sのトリックカラーで
・・・・・・・よし。
pic003_20140822180052c03.jpg
27cm。 AR-S #2 トリックカラー
尺にはちょい足りなかったものの、丸々と肥えたヤマメ。
こういうのは塩焼きすると絶対うまい。
食べる前から絶対うまいとわかるくらい肥えてる。
このくらい肥えてるのは(以下ループ)

で、タイムアップ。
さすがにじっくり攻めるには時間が足りなすぎる。
初めて入る沢はポイント選定もしなきゃいけないしなかなか、ね。
明日の朝はやくおきれたら&雨が降ってなかったらもう一回探ってみる予定。


ついでに小ネタを幾つか消費。


先日ukで釣ったニジマスだがスモークサーモン制作が完了した。
pic004_20140822180852ed1.jpg
きちんと美味しいし、きちんとスモークサーモン。
いろいろな方に味見して頂いて味は合格点をいただいたものの
「これ、スモークサーモンだけど若干あぶりサーモンだよね」
はい、自分の作ったスモーカーだと温度をコントロールしきれませんでした。
今度はもうちょい改善をして完璧なものを・・・・。

そのためには釣ってこなきゃね!

・・・・
pic006_201408221811435d0.jpg
使用ラインをダイワ・月下美人3lb(フロロライン)
          →ダン・ラップウイング3lb(フロロライン)へ。
今までは別に月下美人で不満なところはなかったけど前回釣行時ちょっとライントラブルあって
月下美人はやわらかすぎるんでラインを別メーカーに変更することを検討。

amazonでセール品として出ていたので速攻ポチる。
定価1800円が税込み716円だったらもう買うしか。
本当は東レとかクレハが信頼度高いと言われてるけどなかなか手がでないね。
ついでにコモモやサスケなども安売りしてたので買い増し。(50%オフセール)
amazonって時々投げ売りがあるからチェック外すわけには行かないんだよなぁ
品揃えはちと微妙だったりもするけどバカに出来ない。



日曜日は岩手方面へエリアフィッシングへ行く予定。
今現在検索で色々調べたりしてるんだけど
岩手県内でトラウトフィッシングが出来そうなのはユーランドくらいしかなさそうだけど。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

雨と雨の合間を縫って

昔は前の夜にてるてる坊主を吊るし、天に次の日の晴天を祈ったであろう。
一昔前は前の日の天気予報を見て、次の日の晴天を祈ったであろう。
現在は携帯で雨雲を確認しリアルタイムで雲の動きを見ながら外れろー外れろー!と祈る。

コレが技術の進歩ってやつなのかねぇ



青森県新郷村「フィッシングエリアuk」にて
pic002_20140819211329579.jpg

時刻:9:00→12:00
天気:くもり
気温:24度
水温:17.7度(12時計測)
風はほぼなし。水質はかなりマッディ(濃くこげちゃが残るレベル)。
放流は無し。

釣果:28尾(※制限によるリリース含む)
ヒットルアーは以下のとおり
pic003_20140819212456743.jpg

(左から)※:今回初登場
ロールスイマー(シマノ)
ダートマジック(ジャクソン)
ノラクラ(ティモン)
エアーブロー(ラッキークラフト)×2
つぶアン(ムカイ)
クラピー(ラッキークラフト)
コロン(アイビーライン)※

殉職者:中華クランク×1
メインロッドのリールがバックラッシュした際、サブロッドで引いてたら
ドラグ調整忘れてて一気にぶっちぎられて終了。

一番反応が良かったのはエアーブロー
コレがないと正直ほぼ詰んでいた感が強いくらい途中の悶絶タイムの救世主となった。
一緒に同伴した人も別のエアーブローでヒット連発。同伴者のお陰でたどり着いた解。
次いでつぶアン、コロンと続く。

という訳で今回の釣行記は以下から。



日付は今日と決めてはいたが天気がどうしても不安ではあった。
ココ最近は不安定な天気が続いていたため、天気予報がコロコロ変わる有り様。
今は携帯で雨雲の状況を確認できるのでそちらを見たら・・・・3時間は問題ない!
今回は一人での釣行でないので予定はかえれなかっただけに何とか天気だけは持って欲しかった。
と言ってもココ最近の天気で水質はかなり濁ってる感じ。
さてさて、こういう状況はなんとしようかなと考えながら9時開始に。
pic004_2014081921480692c.jpg
写真じゃあまり濁ってるのが表現しにくいなぁ。

インレット側に陣取ったが他に客はおらず2人で独占状態で始まる。
濁りがキツ目なのでこういう場合はメッキ系の派手なスプーンを中心に・・・と振っていくも
ロールスイマーで1匹拾ってからはQM,マーシャル、エアバースト・・・どれも反応が悪い。
もしかして、とおもいつぶアンに変更でヒット。数匹拾うも・・・・うーん、続かない。
人気ポイントではあるんだけど連休中の間にスレまくってしまったのか?
そう考えながら場所を変え手を変え品を替え少しづつつるもピンと来ない。
2人同じ箇所に場所替えをしてたんで隣を見たらエアーブローで連続ヒット
となると俺もエアーブローに変更したらスマッシュヒットで一気に二桁連続確保。
その後またぱたっと止まり30分の悶絶タイムをはさみタイムアップ。
午後からは3人お客さんがいらしてたけど釣果はどうだったんだろうか気にはなる。

んー、もうちょっと早くプラグ優勢に気づいていたらうまく重ねれたかも。
スプーンで1時間粘ったのが敗因?か。
今回釣りに行くにあたって結構スプーン増強しただけに空振りは堪えるなぁ

とはいえ、この悪天候の中自分たちが釣っていた時間は奇跡的に言って気も雨がふらなかった。
それだけでも感謝しなきゃダメなのかもしれないね。



今回釣った魚は・・・・・すばり、コレにする予定。
pic001_20140819210800f18.jpg


スモークサーモンの時間だぜヒャッハー!

・・・・・・今回大きいのって少ないから(制限2匹)うまくいって美味しかったら
あちらの方のエリアにいっていっぱいスモーク用にストックしまくるってのもありだな・・・
いずれにせよ成功したらいずれかの記事のおまけで書く予定。

追記
仕込み中味見してみたらなんかこのニジマス美味しいんですけど!
なんか醤油と山葵が目の前にあって食っちゃってるんですけど!
同伴で行った人の刺し身が減っていく・・・・

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ようやく釣りに行く余裕が

以前に書いたように更新がないという時はお仕事が忙しいということで
事実、7月末から地元のイベントの絡み~お盆進行としんどい日々が続いていた。
特にお盆前は体調崩すのは絶対避けたいんで無理をしないことにしている。

それが一段落したのが昨日の夜。
さぁ、渓流シーズンはあと1ヶ月程度、これからスパートしていこう。



8/17

米代川水系小猿部川の支流にて。

時刻:7:00→8:40
天気:くもり
気温:25度
水温:不明
水量は若干多め、入ったポイントは濁りなし。

連休中は県外からの釣り人で奥渓流の方は荒らされていると思うが
自分がホームにしている里川なんかはほとんど人が入ることはない。
2~3回回ってきた監視員の人と話をしたが目立つような場所で釣りしてる人は
たいてい釣り券を買っているから最近は奥山の方を重点的に回るとか何とか。
日券なんてたかだかルアー一個分なんだしなんだかなぁ・・・・なんて。

おっと話はずれた。
まぁそんなことで国道沿いのもしもしピットなど駐車できるところに車を止めいざ川へ。
pic002_201408171136496af.jpg

pic001_20140817113648bc7.jpg
いつもより水量は多め、でも釣れそうな雰囲気。
あまり難しく考えるな、
アップキャストならAR-Sを、ダウンキャストならリュウキを、ターンで探るならブレットンかパニッシュを。

・・・・
・・

pic007_20140817115023015.jpg
pic005_2014081711502018a.jpg
pic004_20140817115019b2e.jpg
pic003_2014081711501719e.jpg
pic009_201408171152536e5.jpg

(^ω^)<斬新なヤマメですね!
('A`)<・・・・・・・・。

いやぁ、行く先々でウグイがいっぱいで。
熱烈歓迎っていうのはこのレベルじゃなきゃね!なんて。
何を投げてもとにかく果敢にアタックしてくるから困る。
1時間40分程度で20匹以上釣れたと思う。
こういう場合はとにかく流れがきつめなところに・・・・てなわけで少し潜んでいそうな場所を探す。
一回目のキャスト・・・・・・小さな魚に混じって大きめな魚体がチェイスしてくる。
それなら2回目はちょいスローにして・・・・と、ヒット。
pic010_20140817120154d18.jpg
22cm AR-S #2 トリックカラー
トリックカラーは5種あれどTGRRカラーは抜群に反応がいい印象。
特に秋口なんかはコレ一つでも十分戦える。

もう少し粘っていこうかな・・・・と思ったところで小雨も降ってきたし撤退。
忙しさの中でも釣りに行きたいとフラストレーションが溜まっていたんで少しは気が紛れたかな。
しかし連夜の雨で川は濁ってるしシーバスゲームはしばらくお休み。
状況を見ながら川が落ち着くまで渓流へ向かう予定です。



19日フィッシングエリアukへ遠征予定。
お客様同伴で釣りになるので天気が良くなることを祈っているがさて。。。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ネクスティーノ、折れる。

本当はシーバスに行く予定だった。
以前はどうせつれないだろとおもってゴミ袋ヒトツで出かけていたが、
今回はクーラーも積んでもう何本釣ろうがどんと来いの状態だった。

・・・・しかし先日の大雨で川が濁流。
悩みながら今回はエリアフィッシングへ行くことにした、というのが今日のお話。



8/3 岩手県八幡平市・ユーランド清水川にて。(釣行11回目)
pic001_20140804111723de1.jpg

(以前の釣行 10回目9回目 8回目 7回目 6回目 
          5回目 4回目 3回目 2回目 1回目

時刻:9時30→15:45
天気:晴れときどきくもり
気温:32度
水温:17.4度(15時30分)計測
風  :ほぼなし
水質:クリア、やや白みがかり

某FPSゲームのアジア大会の様子を見ていたせいで夜更かし。
前日川の様子がアレだったんで海も川も×ということにしてたが見事に寝坊。
急いで車にエリア用の竿を2本積んで(加えて渓流用の竿が一本の3本体制)いざ出発。
この近辺でもう一つ営業しているらしいエリアもあるのだが、
それは秋に遠征と決めてとりあえずユーランド清水川へ。
うちにエリアフィッシングの話してくれた人が夏のユーランドがファンタスティックという話を
していたのを思い出して行き先を決定したわけで、1ヶ月ぶりの遠征となる。

以前の記事にあるように今回はキャッチアンドリリースで遊んでこようなんて思ってたんだが
車にはシーバス用に使う予定だったクーラーとフラシが入ってる
(ストリンガー持ってないのでフラシで代用予定だった)
窓口につくギリギリまで悩んでたが口からとっさに出たのは
「持ち帰りコースで」
以前釣ったのはとっくに食ったり色々処分して冷凍庫にはないし・・・・と
タイミング的には悪くはない感じだしまぁいいや、なんて。

ついでに窓口で受付する際受付の方に「八幡平サーモン」はないんですよー。なんて話を受ける。
こんなしがない個人ブログに目を通してくださってることに驚くとともに
旨いと言われている八幡平サーモンはこれ以上旨い、との話も受けて
こんど遠征する際は食べれる店を聞いてみようかな、なんて考えている。
生くさい魚が少ないのは水温のおかげなのかもしれない。

とりあえず誤解のなきよう以前の記事を訂正しておこう。

▼今回のヒットルアーは以下のとおり
pic006_2014080422542694f.jpg

上段左から(※印はブログ初登場)
マーシャル(フォレスト)
マーシャルクラシック(フォレスト)
ロールスイマー(シマノ)
ディープカットダイヤ(ウォーターランド)
ドーナ(アングラーズシステム)
プレッソルパン(ダイワ)
ペレスプ(ムカイ)
ミュー(フォレスト)
バベル(ロブルアー)※
フォールゾーン×2(ディスプラウト)
エグザ×5(ゴッドハンズ)

下段左から
クラピー×2(ラッキークラフト)
プリラ(ザウルス)※
ノラクラ(ジャッカル)
つぶあん(ムカイ)

殉職者
ロールスイマー×2
エグザ×2
スレ掛かりで2個、ラインの劣化というかラインチェック忘れて2個殉職。
どっちのルアーもかなり釣れるルアーであるが殉職率も高いなぁ。

一番反応が優れていたのはロールスイマー。
放流後を中心にこれ一種で25匹近くキャッチしている。
次いでペレスプ、エグザ、マーシャル、つぶあんが続く。
渋ってきてからのペレスプは去年からよく効くのが経験から理解はしていたつもりだが
久しぶりに使ったら一気にヒットが連発したのには驚いた。
ちょっとばかり使い方にコツが必要だったけどね。
MIUに関してはボトムを攻めていったらボロボロのラインの先についてあって、
フックを代え使ってみたらなんかスゲえ釣れるんですけど!的なやつだった。
これ特殊カラーなのかカタログに無いんだけど何処で手に入るんだろう?
ラインの劣化見る限り当日居た人のバラしたやつじゃないだろうし、ううむ?


pic003_201408041920202c4.jpg
今回の釣果は60~70程度。
ここ最近では(自分にとっては)かなりイージーだった感じ。
つり場に到着してスタートダッシュが出来なかったことも有り
放流前までは結構厳しい釣りを強いられていたがそっから先は
放流で数を重ね、ひるすぎからはポチポチ釣り上げてった感じ。
サイズは50+が7匹、40台が3匹。
放流後から今日はいけるという手応えがしっかりあったので、釣れた個体を見て
サイズと肥え具合などを吟味して合格したものを持ち帰りとした。
食う前提なので痩せてて美味しくないのはNG。
pic004_201408041920221a9.jpg
それでもさばいてみると真っ白な個体が紛れ込んじゃったりもするけど。

60台を2回キャッチしたものの、フラシにいれるのを失敗して逃している(´・ω・`)
小さいのだとさくっと入るんだけど自分のはあまり大きくないのでデカイのを入れそこねる。
うーん・・・・なにか対策を考えないと。

というわけで今回の釣行記は以下から。

9:20分到着。受付を済ませて9時30から釣り始めるもどうも周りの人はあまり釣れていない。
開始時点での釣り人は自分を含め5名。累計では9名かな?ちょっと少なめ。
朝イチ勝負には寝坊したせいで参加できなかったことも有り、
ここは放流まで我慢の釣りと決め込みボトム系を中心にだらだら、と。
といっても、開幕5連続とかあったりそんなに悪いっていう感じでもなかったけど
サイズもどうもいまいちだし、日差しはうだるような熱いし
放流まで我慢・・・放流まで我慢・・・と釣っていたら、
でかいのかかった瞬間に「ポキッ」と嫌な感覚が。

ルアー竿で経験するのは4度目(魚におられたのは2度め)だからすぐに何が起きたかわかった。
pic002_20140804124203583.jpg
魚に竿おられた('A`)
アベレージがデカイユーランドだからいつかはやるだろうなと思ってたがとうとうこの日が。
買ってからまだ4ヶ月だけど割とマメにメンテナンスしてただけにちょっと悔しい。
保証書規定を見る限り引っかかりそうなのは想定を越えた負荷~って項目くらいだけど
これ普段行っている場所の魚のアベレージがデカイからアウトー!ッて言うことはないよね?
今は確か全国的にサイズが小さめで数が多いっていうのがスタンダードなんだっけ。
ビッグサイズを売りにしているエリアだとよく折れた竿をババンと掲載してたりもするが
さてさて、メーカーからはどんな返事が来るのだろうか。

竿は使ってればいつか折れるものだから仕方ないのかね。
そんなに折れるのが嫌なら鉄パイプを竿にして釣ってろって言う話だし
普段から超雑につかっている渓流用の竿と比べればそりゃ華奢だから仕方ない。

・・・・・・

折れた時を想定して常に予備ロッドは用意してあるのでココで例のSZMの竿を投入。
魚を乗せるのには大変苦労するが頑丈さと見た目の安っぽさと何よりも運がいい竿でもある。
超使いづらいのが難点だが。

ということで竿2本体制で放流後をしっかりキャッチしーの、
午後からは色々スプーンやクランクを中心にそれなりに結果残したが
正直
クソ暑くて暑くて。
途中からかなり適当モードで釣ってました。

どんだけ適当かというと、地べたにあぐらかいて
かき氷食いながら釣りをするとかそんなレベル。
琵琶弾くように体に竿を持たれかけて片手でかき氷食いながら片手で巻く。
もちろんアワセなんて巻き合わせで十分。そのレベルのやる気の無さ。
まぁ、普段ではそんな行儀悪いことはしないけど、あまりにももうだるくてだるくて。
でも釣れちゃうんだよなぁ・・・・・

そう、つぶあんならね。

不思議とやる気を出して巻けばあまりつれないのに適当によそ見しながらダラっとやってると
釣れるのは俺だけではないと考えているがさてさて。
ついでにプリラも今回久々に使ったらとてもよい結果が出たのに驚いた。
久しぶりに肩が痛くなるまで釣った気がする。

次回までの課題としては
・フラシの改善
・ルアーバリエーションの補強(買い足しなど)
・暑さ対策
などを行っておきたい。
特に昼過ぎて放流パターンが終わってからの切替時、30分位ノーヒットの時間があったので
そこのタイミングでの攻略を考えていければ、と考えている。



pic005_201408041917583d2.jpg
今日は高速道路、花輪パーキングエリアにて「小岩井農場ソフトクリーム」を。
うーん・・・・・・普通のソフトクリームだなぁ。
少し早めにエリアを出発して以前立ち寄った味噌屋のみそソフトを食べてきたほうが正解だったか。
そういえば警備の人が結構いたんで「何かイベントでも有るんですか?」と聞いたら
「いやー、ねぶたがあるでしょ?てなるとパーキングエリアにも人がごった返すだろうということでー」
と言った後に「でも全然居ないよね!ハッハッハ」みたいな小話をされたりとか。

本当は安比高原の方に回っていったんでどこかに農場関連のソフトクリームがないか
色々グルグルと探して回ったんだけどすでに店が閉まってあったりと
運命的な出会いにはたどり着けなかった。
トミカ博とかいうのが開催されていて人自体はかなりいるような感じだったんだけどね。

ただ、道中「フロンティアの湯」とかいうあやしい看板があって
琥珀色の温質、ぬるいのもあっついのも有るよ!的なフロンティア精神を揺さぶるようなものが。
今回は風呂道具を用意してなかったから入れなかったが今度は寄ってみることにしたい。


明後日からはまた雨だそうで
そろそろお盆進行にはいるんで釣りに行けてもお盆前はあと1~2回だなぁ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR