冬の季節は地形を確認するのに最適。

尻尾の先まで真っ赤。コレが美味しくないはずがない。
pic002_20141126110357da7.jpg

これから低温で風乾作業に入るけどどうもソミュール液の味がしっくり来てなくて
ちょい乾燥時間など調整して味を調整しないとなぁ。
一回の仕込みで1000円ちょいとかなりリーズナブル(燻製用の木材含めても1500円以下)
なんだけど、せっかくサーモンが美味しそうでとてもいいものなのでうまくやりたいね。

いつもは燻製材に桜を使っているけど今回はナラで仕上げるので出来にも期待している。



11/26 大館市 自然公園にて。

pic003_20141126110400437.jpg

時刻 7:10→8:00
天気 はれ
気温 0度

エサや竿などの構成は前回と同じ。
起きる→寒い→布団から出たくない→2度寝
の黄金パターンで見事に釣り時間が短縮といういつもの感じ。


スイコミのエサを打ち返している最中ウキがスッと入ったけど
急いで合わせるも魚は乗らず。40センチ位の鯉だった。
いつもはマッディなこの公園も冬の時期は水質が改善してクリアになるようだ。
ちょいと先にあるエサの具合も目視できるし、地形も、やる気があった魚までも見える。
その御蔭で今まで予想していた深さよりはるかに浅いというのがわかったのだけは収穫か。
鯉は待ちの釣りとは言われているが、チャンスを逃すともう一匹というのは難しいなぁ。
今回はボウズで終了。まぁ、そんなもんです。
pic001_20141126110358960.jpg
年甲斐もなく水たまりに張った氷を踏んで楽しむ。
なんでもないことなんだろうけど不思議なものだ。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

冬シーズンのユーランド清水川釣行をスタートしよう。

先日釣ってきたタナゴが水槽の中でいい感じに慣れてきた。
きちんとエサをくれる人をしっかり判断してくれてるのがコレまた嬉しい。
お客様にもタナゴ懐かしいなー今何処にも居ないんだよなーとかいう話を。
案外貴重なものなんだねぇ。


11/23 岩手県八幡平市 「ユーランド清水川」にて。

時間 9:00→16:00
天気 はれ時々曇り
気温 昼は7度くらい

いつものようにとりあえずヒットルアーから。
1_20141123225514e30.jpg
上段左から
コロン(アイビーライン)
ノラクラ(じゃっかる)
ふわとろ(シマノ)
管釣りクランク(ロッキーマウンテンアウトファイターズ)
つぶアン(ムカイ)
中華クランク(メーカー不明)×2
クラピー(ラッキークラフト)×2
エアーブロー(ラッキークラフト)×2

下段左から
ロールスイマー(シマノ)
イーリヤ(ゴッドハンズ)
フォールゾーン(ディスプラウト)×2
エグザ(ゴッドハンズ)×4

加えて写真取るの忘れてたけどTスプーン(ヤリエ)×2

殉職者
ロールスイマー×1 ラインブレイク
エグザ×4 ラインブレイク/ラインの劣化/結び目の結束不十分)
フォールゾーン×2 ラインブレイク

正直前半でロストしまくったおかげで萎えてた。
まじめにクランク使う気になれなかった・・・が、後半クランクに移行する。


釣果
午前ちょい過ぎたあたりで49/午後25程度 トータルでは70中盤~後半。 

2_20141123230328160.jpg
60台×4
50台×4
40台×2
今日一は69cm/4.3kg

70には届かなかったけどまぁ満足なサイズがそれなりに揃った。
てなわけでさっと今回の釣行記を以下に書いていく。


遡ること3週間程度前。uk遠征時のこと。
60ちょいのが釣れたし、こりゃボジョレーヌーボーにあわせて
自分の分は余裕でスモークできるわ!なんて思いながら三枚おろししたら
3_20141123231207465.jpg
4.jpg
多分ヤケドか何かだと思うが生で食べるには不安要素。
そりゃあんだけいっぱいいれば数匹はこういうハズレが居るのは仕方ない。
原因はなんだろう?釣り人のリリース時のやり方に起因するものなのだろうか?
どちらにしろ、目星を立てていた魚が使いものにならないおかげで
このボジョレー解禁の日にスモークサーモンが間に合わないなんて言う羽目に。
てなわけで、スモークサーモン量産体制自体は整っているので
持ち帰れる本数がでかい清水川の方へ行こうと判断。
今までウキウキで釣った魚も外れなしで大変美味しかったので(参考記事
今年の最終釣行も兼ねて行こうか迷ってはいたんだけどね。


朝イチで5時ちょいから仕事したことも有り、到着はほぼ開始直前。
最終的にはエサ+フライ+ルアーの釣り人含めてのべ40人位は居たかも。
最近エリアトラベラーズ効果か良く混んでる話を聞いていたのだが確かに混んでた。
それでもわりと釣りやすい場所には入れたのは幸運だったかもしれない。
よく現地でお会いする常連さんと軽く話をして隣に陣取らせていただく。。

行く2日前に友人「土曜○○さん(※常連さん)と一緒にたっぷり叩いておくから!」
なんて言われてたんでビクビクしながら開始。君が言うと洒落にならんのよ。
とりあえず渋めのルアーから行くか・・・・と開始するとヒット多数。
なんか池全体でフィーバーしてるんですが。
あれー?おっかしいなぁ。こりゃ放流したてかよ!?と言わんばかりのつれ具合。
おいおい、前日しっかり叩いておいたとか言うのは何だったのか!
と顔見知り常連さんと話をしていたら放送が入り
「本日は開始前に放流しております」のアナウンス。
ですよねー。
メッキカラーで始めたほうが良かったと後悔しながらも数を重ねる。
20尾越えたあたりでマス玉が出来たりしてそこにマメを突っ込み即釣りとか
かなりダラっとやりながらも午前中49尾キープ7尾、で折り返す。
しかし11時ころからだろうか、ラインブレイクが頻発。マス玉で遊んでいた時のせいか
ラインのかなりの部分がボロボロになっていたようだ。
テンションだだ下がり&こりゃクランク使うのヤバイな・・・。
基本方針を安クランクもしくはスプーンなどに据えて釣行続行。
来月は甥っ子などにプレゼントやら何やらで出費がかさむので
値が張るルアーのロストは避けたかった。昨年の今頃の釣行みると
この時期にはすでにクランクが非常に有効だったのはわかっているのだが
まぁ残り4時間残してキープ3尾釣ればいいだけの話だしー余裕余裕。
なんて言いながら40cm台も全てリリース50後半狙いで続けてたら
「お前何雑な釣りしてんの?そんな貴様には悶絶タイムだ!」と言わんばかりに
昼過ぎからはぴたっと止まる。まぁ、どうせ残り3尾くらい余裕でしょと
タカをくくった結果が2時間で数匹という体たらく。
周りでもクランクを中心に釣れている人もいることだし本気モードにギアチェンジ。
ラインを10m程度ガッツリ廃棄。サブロッドの方のリールのも同じくらい切断。
クランクを総動員して集中、集中を意識して何とか50分前に残りのキープ分も確保。
何とか頭数揃えることには成功したけど最初からきっちりラインなど
細かいところをチェックして現地でトラブルないよう気をつけないと
こういうことになりかねませんよっていう良い教訓になった。
舐めプ、ダメ、絶対。

そんなわけで十分な量が確保できたのでスモークサーモン大量に作っておきます。
柵取りして常連さんにでもあげようかな。

pic002_20141124180441d56.jpg

写真撮るのすっかり忘れてたんで帰り道から見える岩手山でも。
今回すごく天気が良くて清水川から釣りをしながら正面に見る景色は
程よい冠雪具合で大変素晴らしい眺めでした。
コレでバーベキューなんかもできたら最高かも、なんて思ったけど今の時期じゃ寒いな。ううむ。
今度行くときも天気が良いといいなぁ。
とりあえず3月までは1ヶ月に1~3回通う予定です。



帰り道はいつもの様に寄り道。
何処か風呂ー温泉ー・・・・そういえば湯瀬温泉ってあったな。
高速乗らないで寄って行ってみるか。

とりあえず体は芯まで冷えているし一番良い所・・・
湯瀬ホテルの日帰り温泉。こんなのもあるのか。
pic005_2014112418120442c.jpg
pic003_20141124181202da0.jpg
1000円。このへんの温泉と比較するとかなり高い。
しかし湯量はかなりあるし湯船に浸かると腰より上に来るレベルで深くデカイ湯船。
露天風呂が外がいい感じでキンキンに冷えていたため心地よい。
なんか1000円で3つの温泉をはしごできる券があるらしいから時間があるなら
それでゆっくりはしごするのが一番賢いのかもしれない。

普段は温泉は30分程度で上がるのを1時間半しっかり出汁をとって温まってから出発。
体も温まったことだしなにか食べ物・・・食べ物・・・・。
pic006_201411241822546f1.jpg

鹿角市の中を散策するとなんかよさ気な店はいくつかあるものの何かピンとくるものがない。
おしゃれな居酒屋……喫茶店……チェーン店……バー……ううむ違う。
こういうのじゃないんだ。こういうのはクリスマスを前に思いを秘めたカップルや
年末の忘年会に一肌脱ぎますか!みたいなノリの集団が行くところだ。
こういう風呂あがりの疲れきったオッサンがはいっていい場所じゃない

ぐるりと街を歩いて何も来るものがなかったと打ちひしがれながら車を再び走らせると
沿道沿いに「ラーメン定食」の文字が。
pic007_20141124183136b37.jpg
そうそう、こういうのですよ。
今の俺にはコレ。こういうのがお似合いなんですよ。
チャーシュー麺680円。最近流行りのこってり系ということでもなく
特別なトッピングがあるわけではない。でも美味い。そして安い。
ラーメンってコレだよ。複雑怪奇な味や派手なトッピングだってたまに食べるならいいだろう。
でも、ラーメンってこうであってほしいな、と思ったそのものが出てきてコレまた嬉しい。
ああ、俺の直感はハズレじゃなかった。

キットまたここに食べに来るだろう。
その時が楽しみだ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

スイコミだけじゃなくウキ釣りでも

日曜日にエリアフィッシング行ってきましたけど内容は今晩にでも。

今の時期持ち込まれる魚といえば
ブリ&ブリ&ブリ&秋鮭(いくら抜かれた後の奴)&ブリ&ブリ&真鯛
話に聞くと今絶好調らしく、1回の釣行で20~30は余裕で行くとか。
そのレベルで釣れたらそりゃ楽しいよねぇ・・・走るし。
船酔いに弱くなきゃやりたいんだけど渡船レベルでも具合悪くなるんで無理だよなぁ。



11/24 大館市 自然公園にて。
pic001_20141116193107798.jpg
(※写真は使い回し)

時刻 8:05→8:50
天気 はれ
気温 マイナス2度

昨日の疲れはバッチリとれたみたいだが片付けがまだ終わってなかったこともあり
若干遅れながらの出発となりそうだが、9時までに帰れば問題ないのでゆっくり・・・
なんて言ってたら時計がずいぶん進んでたわけで40分ちょいの釣りに。
コイ釣りってのは練り餌を作るのにもまた時間がかかるんで他の釣りよりも
さらに実釣時間が短くなるのが難点だな。

今回のタックルは
1・スイコミ
シーバス9ftロッド/3000番/道糸PE2号
2・スイコミ
トラウト9ftロッド/2500番/ ナイロン3号
3・ウキ釣り
ヘラ竿/道糸3号/ハリス2号/黒鯛5号針/ヘラウキ

エサは
鯉のぼり3:大ごい2:パン粉1:砂糖0.5
位になるように目分量で配合。少し固めにした部分を付け餌にも流用。

本当はブッコミ3本でも十分忙しいことは忙しいんだけど
昨日エリアで一本竿でイトウと格闘してたの見てからなんか思うものがあってね。
やっぱ大ごいに一本竿で真っ向の力勝負って結構ロマンなんじゃないかって。
釣れる釣れないはまた別として、釣り人ならロマンを追ったって許される。
バス釣りでトップにこだわるように。コレで結果が出たら最高だ。
そしてその最高の瞬間はすぐに起きる。

エサ落ちを意識できるようほとんど沈めて使っていたウキがモゾモゾ言いながら
水面に入る。即時に合わせてドラグ無しで一本勝負。
pic001_20141124121459189.jpg
46cm

一本竿での魚との勝負はほんと楽しい。
連続で来られると腕パンパンまちがいなしだろうけど。
胴調子の竿だからなおさらグイグイ曲がってこれはテンション上がりまくり。
てなわけで連れた魚を計測後は沼に帰ってもらって・・というところで今回のタイムアップ。



明日からは雨予報なのでちょいと間が開きそうな気がするが、
とりあえず沼が凍結するまではコイ釣り続ける予定です。
ハタハタ釣りはしないので(あの喧騒の中での釣りは好きじゃないし皆殺気立ってるし)
海の方はホッケまでお預けかなぁ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

餌のブレンドに手を出す。

マクドナルドのナゲットのタダ券があったので今朝ドライブスルーで
チキンクリスプマフィンの単品と一緒に購入。
電子マネーで決済して商品を頂いてさぁ、行こうと思った時に、
あれ?残高いくらだっけ?と思いながらレシートを見たら
ナゲットがサービスになっていなかった。

店員だって人間だからミスは仕方ない。それにいちいち角を立てる気はないが
普通に現金で扱うとこういうのはすぐに分かる事象が、電子マネーだったために
こういうミスに危うく気づかずにスルーするところだった。
案外しっかり見ておかないと思いもしないところに落とし穴があるね。


11/21 大館市 最近通ってる野池にて。

時刻 6:50→7:45
天気 はれ
気温 マイナス3度

昨日仕事しながら色々考えてみた結果、今結果が出てない理由で
一番怪しいと思っているのは「エサ」だと判断。
「大ごい」だけだとエサがバラけにくい、集魚能力が足りないんじゃないかな、と。

ということでちょいとググって先人の努力の結晶をちょいと拝借。
餌のブレンドに手を出してみた。とりあえず手持ちのエサはあまり増やさない、
あるものや手に入れやすいものを補強するということで

・大ごい(マルキュー) あるものを使わなきゃね。
・鯉のぼり(マルキュー) 謳い文句に「集魚力抜群!」って言ってるし。
・パン粉  結構使ってる人が多いみたいね。
・砂糖   「九ちゃんフィッシング」でコイは甘いの大好き言ってたし。

この4種を混ぜあわせなるべく硬くなり過ぎない程度に練り込む。
大ごいのみで釣っていた時は30分位しても団子がまだかなり形状が残っているような感じで
どうもコレジャナイ感が結構強かったのでなるべくバラけないかなーなんて思いながら。

pic001_201411211618012ba.jpg
きっと昼は少しはぽかぽか陽気を思わせるような日差し。
霜は降りたままダケドネ。
なんか今回は投げた後微妙に水面の変化が違う気がする。
コレが鯉のぼりパワーというやつなのだろうか。でも釣れなきゃ意味が無い。

ボケっと待つこと20分。
微細なアタリが竿先に。一呼吸待ってあわせる。
pic002_20141121162932f8f.jpg
引きはかなり強烈だったんだけど上げてみれば案外のサイズ。
37~9くらいって感じかな。このサイズでもコンスタントに釣れてくれれば
それだけでもそこそこ遊べそう。目標としている大ごいには足りないサイズだけどね。

早いうちに釣れたんでももう一匹・・・・・なんて考えながら
ひと通り仕掛けを設置したら仕事の電話が来てタイムアップ。
ああ、もうチョット遊びたかったなぁ。
しかしこの沼からようやく結果を出せたのは良かったかな。
ブレンド制作成功といったところ。この調子で最初の沼に明日アタック予定。



日曜日仕事が休めそうなのでエリアフィッシング行こうと考えている。
さて、どちらに行くべきか・・・。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

またもや空振り。

最近足を高くして寝るようにしたら割と調子がいい。
立ち仕事なので時々仕事後足が痛かったりするんだよね。
これが慢性的にならないように色々工夫しないと。


11/20 近くの野池にて。

時刻 7:15→8:05
天気 晴れ
気温 マイナス3度

pic001_201411201827532e4.jpg
霜が降りてた。
冬なんてだから霜がおりるなんて当たり前の事って言えばそうなんだけど
それでも視界が白いと気分的にも本格的な冬の到来の予感を
身に染みこむほどの寒さから感じる。

pic002_20141120183031f5b.jpg
竿を一本追加して短いながらも時間いっぱい粘ってみるも全然反応なし。
連続でボウズを食らう。ううむ、コイって案外難しい?
餌の配合や時期等、奥深い釣りだとはわかっていたけどこうやってボウズを連続を食らうと
釣り方とか仕掛けも含めちょいきちんと突き詰めていかなきゃダメかもなぁ。
コレに関しては師が居るわけじゃないんで独自研究が必要かな。


pic003_20141120185217a91.jpg
帰り際霜が消えたあたりにたんぽぽが。
確かこれがセイヨウタンポポなんだっけ。
四季に関係なく条件さえ揃えばーっていうやつだったような。
ってググったらすぐに出てきたけど、でも君、もうまもなく雪がつもるのに咲いてどうするのよ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

奥入瀬川サーモンフィッシングへ行ってきました。

時間がないとただ嘆くよりも、時間を作るために努力するのが正しい姿らしい。
例えば早く起きたり、仕事前倒ししたり調整したり。
先日は休みに仕事が舞い込みエリアへ行けなかったが
その代わり今日釣りに行くための下準備はしっかり行った。(つもり)

半日の予定ではあるがさぁ行こう心置きなく。



11/18  青森県十和田市 奥入瀬川にて。

時刻 8:40→12:00
天気 くもり時々晴れ
気温 7度

前日の予報では曇で風が強い予報だったが
クソみたいな天気を幾度か乗り越えた俺にはさほどの脅威でもなかった。
唯一気がかりだったのは十和田湖周辺が夜のうちに凍結してないかって言うことだったが
pic001_20141118175117d07.jpg
雪は積もっているが凍結はしていない。
凍結していたとしたら冬の運転方法になるけどまだ普通の運転で問題なさそうだ。

市内を迷いながらもギリギリちょいすぎくらいの時間に現地着。
初めて来る場所なのだが思ったよりも川幅は狭そう。
pic002_20141118181613753.jpg
事前にネット経由で予約を入れていたこともあり受付で話をしてすぐに
誓約書と許可証に署名。誓約書っていうのはよく見てなかったがざっと見
「怪我したり死んでも自己責任ですよー」って言う感じのことが書いてあったかな。
今回は大河川でのウエーディングを想定していたのでウエーダー、ライフジャケット
などしっかり持参。特にウエーディングしながらの転倒→川流れは非常に危険だし。
いろいろ考えた結果、堰堤になっている場所のタタキのところに入るには必須装備。
流れはやや強くしっかり踏ん張らないと危険だなと感じたがなんとか陣取る。
pic003_20141118182359801.jpg
事前に調べた感じでは
・「タコベイトを付けた方がいい」
・「塩サンマをルアーにつけて流しながら釣ればいい」
・「ウキルアーという機構を使うとよく釣れる」
この3つの情報は入っていた。
タコベイトは近所の釣具屋から購入。ウキルアーはよくわからなかったのでスルー。
pic004_2014111818301869e.jpg
三枚おろしにして大量の塩で水分抜けば完成らしいので作ってみた。
これを切り刻んで塩ぶっかけて仕上げにガーリックをひとまぶし。
完成品はもう人間が食べても最高の酒のつまみと言わんばかりの素晴らしい味。
これをチビリとたべながら日本酒をキューっといくのはどんなに幸せだろうか。

が。

ルアーにつけてぶん投げて巻いてきてもさんまが付いているせいか、
流れの強いところでは浮き上がりやすくなんか色々と感覚がうまく伝わってこない。
挙句の果てには、ルアーを2本根掛かりでロストして手持ちのタコベイトは底をついた。
てなわけで、10時過ぎにはタコベイト無しで時々さんまをつけたり付けなかったりしながら
スプーンを中心に巻いてくる方針に。

スプーンを中心にしたのは現地に毎年サクラマスの時期にだけお会いする釣り人さんに
こんな場所で偶然にも出会うことが出来て、
「ココって何をやって釣るですかね?」
との問いに
「ミノーでも釣れないことはないけどやっぱスプーンだね。ほとんどがスプーン」
という助言を受けているから。


・・・・

周りでもちらほら釣れている人が居る中、なんのヒットもなくリミットもどんどん近づく。
場所を変えながら竿を振っているとなんか白い影が見える。
魚には間違いないだろうけどあれがサケなのだろうか?
11gのスプーンにさんまをつけ、執拗に前を通したりボトムバンプしてみたり
ぶら下げてチョイチョイと動かしてみたりして攻め続けようやくヒット。

が。

pic005_2014111818384018a.jpg

え、魚体が白いどころじゃないんですが・・・・・。
産卵後あしたのジョーよろしく、真っ白に燃え尽きたやつでした。
これで居て一応生きては居るんですけどすぐに死ぬだろうなぁ。
さすがに持ち帰るわけにも行かずキープもせずにそっと放しました(´・ω・`)
隣でルアーをやってた人もその真っ白な鮭を見て察してくれたようで。

教訓:泳いでいても白く見えてる魚は釣ってはいけない(釣れても無意味だ。)

この時点でもうリミットまでは40分と時間がない。
粘るももうリミット近く。これはノーキャッチで終了か・・・?
というところで陸に上がったらなんかエリアで見かけるような酸素をつんだトラックが。
放流だ。こういう鮭でも放流があるとは全く知らなかった。
ちょいと間を開けて川に急いで戻りルアーを投げる。
リアライズの青銀---------だめか。
チヌークのハンマード--------これもだめか。
頭によぎったのはエリアで放流時の鉄則、"赤金系のルアーを早め"に。
しかし赤金系のルアーは前半にロストで・・・・いや、一個残ってた。
ダメ元でキャスト・・・・・・・・きた。
確かにグイグイ引いてくるこの感触、間違いなく魚だ。

pic006_201411181938026a8.jpg
69cm。
ヒットルアー レイクル12g(オリムピック)
とうの昔に廃盤になっているオリムピックのレイクルが何故かタックルに入っていた。
多分クルセイダーと間違って紛れていたのだがこれにヒット。
タコベイトも、さんまもついていない、ルアーだけで問題なくヒットした。
最初からセオリーを重視しすぎていたのが失敗だったのだろうか。
pic001_20141118200848c7a.jpg
pic002_20141118200849b54.jpg

もうオリムピックはルアーの製造をしていないらしい。
自分がかなり小さい頃に、スーパーファミコンで「渓流王」というゲームがあって
それをやりこんだ記憶があるのだが、その中のルアーの選択肢で
最も信頼性が高かったのがこのレイクルというルアーだった。
釣れる釣れないは別として、毎年桜の時期のタックルにはこのルアーが入っているのは
この時の刷り込み効果によるものがデカイのかもしれない。

ああ、何とかボウズは免れた。初めての釣行でキャッチなら上々だろう、
正直なところ、見た感じだとえさ釣りの方が簡単そうかな、と見えた。
それとウキルアーの本物も初めて見ることが出来た。なかなか興味深い。
一度でも現地に行き、釣りをしてみればいろいろなことがわかる。
次回行くときは(行ければ、だが)もっときちんとした対策を取って行きたい。

今回はいろんな奇跡が重なって釣れたのは間違いない。
天気も前日予報ではクソみたいな予報だったのがまさかの好天だったし
現地で偶然であった顔見知りの方からアドバイスもらえたし
偶然にも放流日に釣りをすることが出来たし
それと受付のお姉さんのご厚意にも感謝しきれない。

後はこれにロッドがエギングロッドじゃなければ文句なしの1日だったのだが
まぁ、思ったよりも使いやすかったし、話のオチとしてはちょうどよかったかな。

今回のタックル
ロッド 8.2ftエギングロッド
リール 2000番
ライン ナイロン GAME12lb

殉職者;チヌーク×1 リアライズ×2 ついでにタコベイト2つ。



十和田湖畔はもう冬の装い。
pic004_20141118211936bd6.jpg
pic003_201411182119352c6.jpg

今年5月にココを通った時はこんなにも桜が舞っていたのに。

pic018.jpg
pic017.jpg


ああ、桜の季節までまだ半年もあるのか。
来年の春はまたこの十和田湖湖畔を歩き回ろう。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

短時間じゃ結果が出にくい釣りなんだなぁ。

明日奥入瀬川のサーモンフィッシングへ行ってきます。
悪天候なのがわかっている所為か申込者がやけに少なかったし
わからないことなどは現地で受付の人に聞けばいいや。
塩サンマは仕込んだし、あとは桜タックルで問題無いとは思うがさてさてどうなることやら。
無論、ボウズは覚悟の上。とりあえず当たって砕けろ。
行こうと思っても行かずにシーズンを逃すなんて事はする気はない。
詳しい話は明日釣行後にでも。



11/17 大館市 初めて行く野池にて。

時刻 7:20→8:00
天気 くもり
気温 マイナス1度

昨日の釣りの際、近隣に住んでいる方からこっちのほうがデカイの居るよ!
って言う話を聞いたため、今までやってた場所からちょっと移動して別の野池へ。
pic001_201411171414329f4.jpg
ふむ、今までいってた場所とは違いきちんと釣り人が多数入ったであろう痕跡がある。
それはゴミなどではなく、こういう形の天然の竿立て。
これが数本並んでいるところを見る限り、定期的に釣りをしている人が居ることがわかる。

pic002_20141117141702763.jpg
今日はぶっこみ×2でやってみたが40分程度じゃ結果が出せなかった。
でも仕掛けを投入しながら何処に鯉がいるのか水面をゆっくり観察したり、
どこからどう狙えばいいのかを色々考察してみるには十分ではあった。

前から思っていたがこの鯉の吸い込み釣りは周りのゴミ拾いするのに十分な余裕がある。
と思い、軽くだが周囲のゴミを回収していたところでタイムアップ。
マナーが悪い釣り人のせいで幾つもの場所が立入禁止になってる現状。
せめて自分が行くつり場くらいは綺麗にしていかないとね。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

もっと吸い込み釣りを。

14日のこと。
私  「はい、○○ですー」
お客様「16日にお願いしたいんですがやっていますー?」
私  「はいもちろんですー」

その間1分程度。こうして16日のエリア釣行は水に流れた。
お客様の要望であれば休日なんてなんのその。
それがきっと社会人ッて言う物なんだろう。まぁ、平日行こっと

■ 大館市 市民公園にて

時刻 7:00→9:00
天気 くもり/小雨
気温 0度→3度

前々から気になっていた場所へ。
ブラックバス釣りをしている時鯉が遊泳してるのを見ていたのでつれないかと考えていた。
そもそも、ブラックバスを釣りにこの場所が釣り可能かどうかを判断した材料のヒトツが
ここで釣りをしている人が居るかどうかだったのだが、
ロケハンの際何度かえさ釣りをする人を見ていた。
その時釣り方を見る限りへら釣りっぽかったけど
見えている鯉だって釣れないわけではないだろう。
pic001_20141116193107798.jpg

・・・が、反応が全然ない。
錦鯉の色が抜けたやつなのだろうか、真っ白な鯉なんかが近くを回遊するも
どうも全く餌に反応している感じもなく、
突如降り始めた小雨に打たれながらタイムアップを迎える。
ブラックバス釣りの釣り人も定期的に来ているせいだろうか、どうも反応が悪い。
なにげにココの鯉はルアーを追ってきたりしてたし底物をあまり食べないのか?

・・・(仕事を片付ける)・・・

■ 大館市 何度か行っている野池にて。

時刻 14:50→17:00
天気 くもり
気温 7度

今まで使っていたマルキューの「九ちゃん」をすべて使い切ったので
釣具屋さんから購入した別の餌に変更。こっちのほうが匂いがマイルド。
pic002_201411161938484e6.jpg
マルキュー「大ゴイ」
名前にもあやかり、これでとりあえずの目標である50センチ台へのサイズアップを狙う。
今回、釣具屋さんから餌を買う際、こんなものをいただいた。
pic003_2014111619404473f.jpg
これが噂のボイリーというやつか。一緒に仕掛けを購入し、
今回はボイリー仕掛け+スイコミの2種類の狙い方で鯉を狙ってみる。
釣具屋さんの話を聞くところによると
「去年はよく売れたんだが今年は殆ど売れてない。一個だけ残ってしばらくたつからあげる」
とのこと。
これの釣りをしようと下調べした段階の情報では、効く地域と効かない地域があるようで
もしかしたらこれのせいで・・・・?なんて考えてたがとりあえずやってみよう。
何でもトライすることは大事だ。
pic004_20141116194522e45.jpg
使い方は多分これであっていると思うのだが・・・・。

大体2つの仕掛けを1m程度の位置で並べてみる。
スイコミ仕掛けの練り餌の集魚効果も期待できるので一挙両得っていうやつだろう。
pic006_20141116194732708.jpg

タックルA(スイコミ)
ロッド:バスロッド7ft
リール:2000番
中通しオモリ5号+ナイロン12lb+スイコミ+マルキュー「大ごい」+マルキュー「つけるだけ!」

タックルB(ボイリー)
ロッド:シーバスロッド9ft
リール:3000番
ナス型オモリ5号+PE2号+ボイリー仕掛け+ダイワのボイリー

本気で鯉を狙ってる人達から見れば超ライトタックルクラスになるらしいが
個人的な感覚をいうのであれば、エリアで50だの60を3lbで取ってるんで
十分なくらいというかオーバースペック気味な感覚。


開始20分後、早速スイコミの方にアタリが。
pic005_201411162026170e6.jpg
前回と同じくらい?40行くか行かないかくらいのが早速ヒット。
通りがかりの近くに住んでいるであろう、初老の人と連れた鯉を前にして色々と話しを。
こういうのも釣りは孤独でも寂しくならないという理由のヒトツかもしれない。

こりゃ幸先いい出足だなとおもいきやこっから全く反応がなくなる。
いや、反応がなくなるというより鯉の気配はあるのに反応がないといったほうが正しいのか。
スイコミの方もボイリーの方も、周囲に時々泡が出ているのだが仕掛けがぴくりとも言わない。
ルアーは追ってくるのにいくらやっても食いつかないあの感覚に近い。
しかし手を変え品を変えという作戦が出来ないぶんこちらは歯がゆさがデカイ。
4時を回ったくらいから日が傾き秋の日はつるべ落としともいうように
30分もしないくらいに周囲は真っ暗に。そこでタイムアップ。
pic007_20141116211240418.jpg

・・・・とおもいきや、竿を上げるためにリールを持ってくるとなんだか重い?
いや、ゴミだろと思って竿をあげたら

pic008_201411162119058b6.jpg
ちっこい。15センチ位?もうちょいあった気もするが。
というわけでしっかり上がりの一匹を手にして今日の鯉釣りは終了。
天気が荒れてない日で雪が積もるまではもうちょい続きます。


表向きは仕事休みだったんで
pic009_20141116212136c17.jpg
大館市にクレープ屋があると聞いて食べてみたりとか
お肉屋さん行って角煮を買って角煮ぶっかけ丼ご飯を作ってみたり
食べ物的にはうん、まぁ、それなりに納得行く1日だったかな。
ホント甘いものにも塩辛いものにも食べ物には目がないんです・・。

あ、そうそう。
十和田湖付近の冬季封鎖が始まりました。
例年通りであれば再び開通するのは4/1でしょうねぇ。
11月中旬天気が良かったらワンチャンあったかもしれないんだけど
天気予報見る限りは絶望的で。
行けないわけでもないんだけど山道を車で2時間半は自信がない(´・ω・`)
もう一度ukに行きたかったんだけど次回は来年の春に。

今年から通い始めて大変楽しい釣りを楽しませていただいたことに感謝。

今後の予定
~雪が積もるまで:鯉釣り
~それ以降もしくは時間がとれた日:岩手・宮城へ
ついでにサケ釣りも一度挑戦予定です。仕掛け何を使えばいいかさっぱりわからないけどね!

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

吸い込み釣りに挑戦。

朝晩霜がおりるようになってきて本格的な冬の到来を感じる。
冬の釣りといえばワカサギあたりが定番なんだけど、
今年は冬のサーモンフィッシングに挑戦しようかと考えている。
あいにく次回の仕事のお休みである11/16はエリア釣行を予定しているため
その次の休みにということであるが、さてどんな仕掛けがいいものか。
桜と同じでいいと思うんだが・・・・うーむ。

■ 大館市 とある野池にて

時刻 7:00→8:50
天気 はれ
気温 2度

前回鮒釣りをした際に、鯉がヒットした。
なかなかいいサイズだったけどあげることが出来なかったため、
今回は鯉を狙ってみようか、ということに。

調べてみると近頃のコイ釣りは、ボイリーというものを使ってセンサー等を駆使した
ヨーロッパスタイルのものが激アツらしい。
と言っても、そんなハイカラな餌や仕掛けを持っていないので
ココは日本の伝統的な釣り方である吸い込み釣りで狙ってみる。

picture001_201411121410532d3.jpg

タックル シーバスロッド 9ft
リール 3000番
ライン PE2号
仕掛け スイコミ

これに、だんご餌をマルキューの「九ちゃん」、付け餌はマルキューの「つけるだけ!」
を使用した。前回の釣行時、自作餌でも釣れることがわかってはいたが、
吸い込みの仕掛けなどを調べている際、マルキューのyoutubeに上がっている動画が
色々と参考になったため、せっかくなら使ってみようということで。
大物が来てもリールのレバーをしっかりストッパーオフに設定。
コレで万一ボケっとしてても竿を取られることはないというのを確認する。

基本ブッコミになるので、前回と同じく渓流竿の方では鮒釣りをしながら待つことに。
フナの方は昨日と同じく自作餌でちんたら釣り上げ最終的には2時間で28尾。
このくらいコンスタントに釣れるとなかなか面白い。
コンディションが良い&連れた時にダメージが少なめなものを選別。
picture002_201411121417275ac.jpg
コレはコレでいろいろ試行錯誤しながらの釣りが楽しい。

さて、吸い込みの方だがボケっとすること約40分。
竿先がピクピクいってるのを確認。
しっかり吸い込んで走るのを確認してから合わせる。
今回のタックルはラインブレイクする可能性がほぼ0なので比較的ゴリ巻きでたぐり寄せる。
picture003_2014111214211151e.jpg
まじめに鯉狙いしてのはじめての鯉をキャッチ。
ルアーやってて外道でつれたことは何度かあるんだけどね。
picture004.jpg
36cm
うーん、小さい。体高は十分何だけどなー。
てなわけで写真をとったら素早く針を取ってリリース。
野鯉は寄生虫が結構付いているのと、泥を吐かせるのに時間がかかるので
なかなか持ち帰って食べる、というのには向かないんだよなぁ。

まぁでも、こうやって釣れたのは素直に嬉しい。
もうちょっと練り餌が残ってるのでもう1~2回鯉の釣行に行こうと思う。
今度は50サイズを狙いたいね。

手が臭くならないならお手軽でビッグファイトできる素晴らしい釣りなんだけどねぇ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

釣りはフナに始まりフナに終わるというが。

色々な釣りに手を出しているから年中釣りをやろうと思えばやれる。
道具も使い回し出来たりするし、スタートダッシュだって容易だ。

今週からはブラックバスを少しおやすみして釣りの基本の基本に立ち戻る。



11/9 大館市 とある野池にて。

時刻 7:40→8:50
天気 くもり
気温 6度

ヘラブナとなるとまた仕掛けが変わってくるが普通の鮒なら基本的な仕掛け、
基本的な釣り方で釣れるのはわかっているので後は、餌など基礎的な知識を補強。

・今の時期は3~5cmくらいの小さな魚が主体
・餌は小麦粉+卵黄を練り込んだもので良い
・シモリ仕掛けで問題ない。(きちんとやるなら唐辛子ウキなどを使うらしい)
ここまでわかれば後はこの状況に合う仕掛けと道具を考えればいい。

pic001_20141109101841d43.jpg

道糸:デュエルハードコアフロロ 3lb
ハリス:東レ 渓流0.4号
針:ハイパー渓流
後はコレに360cmの渓流竿もっていざ野池へ。

pic002_20141109102559d0e.jpg
鮒がいそうな野池はある程度目星がついてあるので車でちょいっといったところへ。
近くで農作業してるおっちゃんに声をかけ釣りOKか聞くと問題なしとの話。
ついでに昔は鮒をそこで釣って云々かんぬんという話をだらりと。
とりあえず持ってきた餌の半分をなるべく深めの視認ができる場所へコマセ代わりに撒いてみる。
・・・・うん、なんか小さいのがちらほら見えるね。これは行ける。

しかし、なんというかやってみて気づいたけど渓流竿だとパワーがあまりにもありすぎて
うまく合わせにくいという感じでなかなか合わせた瞬間ぐっと来るけど乗らない。
もちろん針がデカイせいもあるんだろうけど、さてさて・・・ということで
色々合わせ方を「ピシッ」と合わせるのでなく「もったり」あわせて何とかゲット。
pic003_201411091033253af.jpg
ハエ竿なんかだとうまく行けそうなんだけど、
あにくそういう汎用性が低そうな道具は持ち合わせていない。
(実はこの渓流竿はテンカラにも使っている。)

一匹釣れるとだいたいどんなものかわかってきて、
更に一匹・・・更に・・・と重ねていたその時、一気にシモリが沈む。
お?こりゃ少し大きいのが?
なんて思ってグッと合わせたら竿が弧を描き仕掛けが一気に走る。
ヒットしたのは40くらいは余裕であるコイ。何とか竿でためながら耐えてみるも
ドラグのない一本竿でしかも貧弱な仕掛けじゃ捕れるはずもなくラインブレイク。
ネットがあるわけでもないし、せめて浮いたところを写真に
・・・なんて思ってカメラ持ちながら耐えたけどものになりそうなのはコレ一枚しかなかったヨ。
pic004_20141109104635029.jpg
浮いたどころか魚の姿すら見えないとか(´・ω・`)
シモリ玉もすべてロストしてしまったのでココで今日の釣りは終了。

pic006_2014110910524440f.jpg
pic005_20141109105107e70.jpg

トータルで7匹。
そのうち数匹を自宅の水槽へ。
ドジョウも居るので文字通り「どじょっこだーのーふなっこだーの」という唄の状況に。

さて、仕掛けを全部取っていった鯉の野郎にリベンジをかますのか先か
も少し鮒釣りを楽しむか、すこし様子見しながら釣りを楽しもう。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR