スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた新リールの魂入れにユーランド清水川へ。

ちょい前の話。
「あのー、すみません。活鯉って扱ってますか?」と。
まぁ、鯉なら以前市場経由で何度か取寄したことあるなと思って承り、
その件で発注をかけたら
「あれ?いつも取ってる養鯉場閉鎖したの教えてませんでしたっけ?
取り寄せするにしても関東から引っ張るんで活魚じゃチョット無理っすよ」
と。こりゃ困った。とりあえず色々あたってもらうも条件が折り合わず。
野鯉じゃ泥はかせたり寄生虫の心配もあるので却下
(まぁ、それ以前に沼はほぼすべて何処も凍結してるけど)
万策尽きるかーとおもいきやふと思うところがあってとある小さな釣り堀へ。
冬期間は営業してないのは知っていたけど聞くだけなら。
と、聞いたらなんと普段は売っていないが自分らで食べる分の鯉から分けてもらえることに。
完全天然湧水、しかも水量豊富のところで泳がせてるから品質は万全。
ダメ元でも聞いてみるものだなと。
しかも自分の楽しみがまた一つ増えるというおまけ付き。
話を聞くと鯉の需要がかなり減っていてココ数年養鯉場が一気に減ってしまい
この釣り堀でも以前は鯉も販売してたが今ではしてないとの話。
鮒釣りの釣り堀なんだろうけど今年の春に釣行予定。
私は何度か東京に行った際、山手線窓際から見るあのP箱に座って釣る
あの昔ながらの釣り堀をやりたいとずっと考えていたんだ。
もちろん、上京してそんな余裕が有るような楽しみ方は出来ないけれど
せめて地元でそんな雰囲気をあじわいたいな、と。



2/22 岩手県八幡平市 「ユーランド清水川」にて。
pic001_2015022313280385c.jpg

天気 晴れ時々くもり
気温 たぶん5~6度。日差しがあたたかい。
風  ほぼなし

関東地方では春一番のニュースが流れ、岩手県の海側の方では風が強い予報だったが
現地は服を脱いでも問題ないくらいの気持ちいい天気でした。

例により今回のヒットルアー
pic002_20150223133000971.jpg


(上段上から)
ロールスイマー(シマノ)
ザンム(ムカイ)
フォールゾーン(ディスプラウト)
(下段)
エグザ×8(ゴッドハンズ)

殉職者
エグザ×6
うち4個はイトウにスレ掛かりして終了。
なんかイトウが滅茶苦茶増えた気が。

今回バリエーションが少ないです。
それには色々理由があるのですがそれは本編で。
コレしかヒットルアーがなければ釣果は散々だろうな?
とおもいきや・・・

今回の釣果:80~90くらい
pic004_20150224104748198.jpg
70台×1
60台×2
50台×6

いくらでかくても少しでも婚姻色が出ているものは全てリリースしたこと考えると
持ち帰りのサイズ的にも決して悪いわけではない数。
マス玉が出た時点で常にその勢いをキープするため
腕が爆発寸前までとにかく釣り続けた時間帯が3時間ほどあった。
もう投げればすぐにバイト、周りの人を差し置いてガッツリ連発させてもらった。
え?持ち帰り上限10尾なのになんで9尾だって?
数えるの間違えてたんだよこんちくしょう!
最後受付チェックの時点で一尾足りないのに気づくとか
どんだけ耄碌してるんだよほんと。

てなわけで、色々あれこれった今日の釣行の内容は以下から。


pic001_201501241049011c4.jpg
先月我が陣営に加わったヴァンキッシュ。
多少ゴリ感が出ているものの、リールの軽さ、ドラグの出やすさ、
そして巻きの軽さと破格で譲ってくれたのが申し訳ないくらい非常にいい仕事をしてくれています。
ロートルや安物がメインのうちのタックル群の中において
エースなのは間違いなかった・・・しかしだ。
先日加わったおニューのリールはそれをさらに置き去りにするレベル。


つまり
pic003_201502231332417c1.jpg

ステラC2000S。
ダイワのイグジストと並ぶスピニングリールの最高峰なのであるが
わけあってうちの陣営に仲間入り。遡ること3ヶ月前。とある大物イベントに参加した所
ゾロ目賞としていただくことになりまして、本当に俺なんかでよかったのだろうか・・
と、はるかに上手い釣り人と申し訳ないとは思いながら有難く頂戴することに。
頑張ります、精進します。


てなわけで、ステラの試運転をしたいと思いいざ清水川へ。
今回はヴァンキッシュとステラの差異の違いを感じたかったのも有り、
途中まではヴァンキッシュを中心に、後半はステラを中心に同じ竿に装着して
違いを感じていこうと。(途中まではステラはミノーイング用の竿に装着)
とにかく数を重ねていくことを主題においてボトム系のルアーを中心にローテーション。

が、予想していた事態とはかけ離れた現実が。
もう渓流解禁1ヶ月を切るので早めに家を出て、普段行く河川を
下見を兼ねて工事状況やポイントチェックをして行ったら開始9時に間に合わず
10分オーバーして現地につくことに。
さらに、今回はいつにもまして人が多く自分がはいるポイントが殆ど無い。
受付の人も友人も、今日は人が多いなーと。
って、いつもいるめちゃくちゃうまい常連さんもいるしこりゃどうしたもんかと。

・・・てなわけで、今まで一度も入ったことのないポイントから開始。
インレット側、対岸といったところか。
このポイントは他の人が釣っているのを見てもあまりいい思いも出来そうもない場所で
何より手前がかなり浅めなお陰で遠投をしなければならない。
いつもとは感覚が違うがそれでもなんとかなるだろと思いスタート。

が、

なかなかに厳しい。近くに魚影がそんなにあるわけでもなく
開始1時間一匹も取れないなんてまさかまさかの状況で焦る。
魚がたまっているとみられる場所までは遠く、スプーンを中心に巻いていくも
どうも反応が鈍い。
その後何とかパターンを見つけて少しづつ放流も含めとるけど
どうもパッとしない感じ。てなわけで、こっからはもうなりふり構わず
エグザでガン釣りモードに変更。とにかく数釣って比較しなきゃどうにもならんし。
放流後なので、何とか釣り上げこっちによらせてマス玉を作る。
そのマス玉を切らさぬよう休みなしノンストップで釣り続ける。
といっても、最近はエグザやフォールゾーン、バベルなどこの手のルアーにスレ気味。
普通にお手本通りの使い方していても最近は続かないが(周りで使ってる人も居るけど
連発できずに散発的って言うパターンが多い)ちょいと使い方を替えると
コレが一気に爆発するようになる。今はちょいと企業秘密って言うことで。
とにかくそこからの2時間半以上にわたって、常に連発連発、
でかいのから小さいのまで腕がパンパンになるまで連続で釣り上げる。
グリップを支える人差し指のわきが擦れて軽く血がにじむまで釣るなんて久しぶり。
途中何度かイトウがスレ掛かりしたりして無駄に時間を費やしたりしたものの
とにかくマス玉が消える2時過ぎまではずーっと連発することが出来満足。
最後の最後で微妙に途切れてしまったものの、2つのリールを使うには十分すぎる釣果だった。

じゃぁ、バンキッシュとステラ2つ使ってどっちが良かった?と聞かれるとコレまた難しい。
違いを感じる事はできる。
バンキッシュは軽い。そしてハンドルが軽い。
ステラは上に2つの点に関してはやや劣るが魚をかけてからの馬力がすごい。
魚が急に走ったとしてもドラグがしっかり対応してくれるし寄せも強い。
安心感で言えばステラが圧倒的。今回イトウを含め大物をかけた時に
一瞬で走られてラインブレイクという自体は一度もなかった。
(ただし、やりとり中に結び目からキレたりはしたけど)
ついでにバンキッシュは一度だけ走られラインブレイク。
以前安リールを使っていた時に、一瞬で走られるとほぼルアーロストしてたこと考えると
ドラグの走りやすさがいかに重要かよくわかる。

コレまた別の話になるが、これらのリールが安物とかオールドと比較して
性能が価格に見合っているいるかと考えると難しい。
性能の劣ったリールだってドラグをゆるゆるにしてればそれなりに対処できるし、
どんな道具だってやりようによってうまく力を引き出せば負けず劣らずの性能は出せる。
ただ、これらのリールが明らかに良いものであることは疑いの余地はない。
2つのリールとも、自分がまだ十分ポテンシャルを引き出せているとは
到底思えていないが、それでも長く大事に使って腕を上げていければな、と考えている。

帰り際、養魚場の方とすこしばかり話を。
少しの時間といえど参考になる話が色々聞けてやはり、食べるにあたって
生産者の人にいろいろ話を聞いてみるのは非常に有意義だと再確認する。
医者に魚卵など、コレステロールの高いものはダメだぞ?
なんて言われてマスのイクラを避けていた(取引のある食堂さんなんかに
自家用で食べてね。と言って譲ってたり)が、問題ないならパクパク食べるかな。
清水川のニジマスは間違いなく美味い。
まぁ、不味ければとっくのとっくに持ち帰りなんてしないわけで
食って美味い釣って楽しい、だからよく通う。
日差しも暖かくなり解禁まであと少し。解禁までもう2回は伺いたいところだが・・・・。


八幡平市で温泉に入るのは非常にゆっくりできるが
同時に帰り道猛烈な眠気に襲われることが前回釣行で判明した。
そういうわけで帰り道に温泉を散策。

大館市「大葛温泉」へ
pic005_20150224120601902.jpg
以前から一度行こうと思っていたので少し回り道してみた。
入湯料が100円と破格の価格設定の地元民が通う公衆浴場と言った雰囲気。
温泉の質は癖もなくやや熱めだが自分にはちょうどいい。
湯瀬温泉なんかも泉質は自分好みだったがそれと同じくらいいい感じ。
しかし、備え付けのシャンプー等はもちろん、シャワーや蛇口すらない
浴槽も一つといった昔ながらの温泉だね(建物は新し目)
そういえば子供の頃通っていた銭湯なんかはこんなかんじだったなぁ・・・。
たまにはこういうところに入るってのも良いね。

pic001_2015022412132940c.jpg
天使は言ったんだ「風呂あがりは瓶コーヒー。疲れた体には定番、そして美味のコレ」と。
悪魔は言ったんだ「こんなところに来たんだったら、ココは一発ネタに走るべきだ」と。
私は悪魔に屈したね。そしてこう思った。


「このジュースはアカン」



次回釣行は3/1もしくは3/8を予定。
前者ならエリアフィッシング。後者なら海でロックフィッシュ狙い。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

さらに色々なミノー類で挑戦。

某艦娘を集めるブラウザゲームにドはまりしたせいで記事を書く時間が┐(´д`)┌
ようやく一段落しそうなのでようやくブログに手を付けるなど。

秋田県の北の内陸部といえば比内鶏なんかが盛んな地域。
フライを始めるにあたって材料集めをしながら思ったのが、
案外比内鶏のハックルなんていいんじゃないのかな?なんて
色々邪な考えを巡らしているなど。
くさるほど手に入るからなぁ。少しでも節約を・・・・とかなんとか。
まぁそう言うのは少しうまくなってから凝る箇所なのかもしれないけど。

■ 2/8 岩手県八幡平市 「ユーランド清水川」にて。

天気:曇り時々晴れ
気温:-4(9時)
風  :3~5m/s
まぁ、ミノーイングなどちょっと重いルアーを扱うには問題ないが
1g以下のルアーだとちょっと厳しいような、そんな天気。

とりあえずいつもどおり今回のヒットルアーから。(※印付加は今回初登場ルアー)
pic001_201502091045120cb.jpg

(上段左から)
ベビーシャッド(ラッキークラフト)
ザッガー65F1(ハンクル)※
シュガーミノースリム(バスデイ)※
LIVE-X SMOLT(メガバス)※
K-2 Minnow(ハンクル)※
LIVE-X マーゲイ(メガバス)×2
ステイシー(ラッキークラフト)
スピンムーブシャッド(エバーグリーン)※
ザンム(ムカイ)

(下段左から)
イーリヤ(ゴッドハンズ)×2
ロールスイマー(シマノ)×2
フォールゾーン(ディスプラウト)×2
エグザ(ゴッドハンズ)×9

殉職者
  ハイバースト赤金:普通にでかいのにぶっちぎられて終了。
          ハイバーストは使いやすくて良いルアーだからひと通り揃えたいなぁ
QM北関東鉄板カラー:今回このルアーはかなりヒットしたんだけどお亡くなりに。
          ウキウキの方では放流時鉄板ローテでした。また買おうかな。
     エグザ×4:いつもどおりスレ掛かりしたケースを中心にロスト。
          これ多分ルアー小さいから丸呑みされてロストしてるんだろうなぁ。

え?今回本当にコレで管理釣り場で釣ったの?なんて言われそうなラインアップ。
バス用のミノー、シャッドが中心だったりするのですが
前半バスルアー縛りしてたためによるもの。案外行けるんだなぁ
後半ノルマ届かない可能性が出てきたのでエグザやフォールゾーンでガン攻めしてました。

釣果:50くらい
pic001_20150212123635e3b.jpg

60台×2
50台×5
40台×3
スタートダッシュもよく午前をいい感じで折り返したものの、
午後からはサイズに恵まれず結局チョットだけ妥協。
16時ギリギリにそこそこのがつれたのでそこで終了。
なんとかかんとか滑り込めた。終い30分の連発で助かった。

今回バスルアー縛りなどやってみたけどどうだった?
そんな話の本編は以下から。


自分が昔使っていたバスタックルケースをあける。
前回エリアミノーイングがそれなりに行けると確信したので
とりあえず何か使えるものなどないかを見ていく・・・。
うーん、さすがにアライくんとかビッグバドみたいなキワモノは無理か。
あと重めのバイブレーション系は厳しいよなぁ。もちろんスピナベなんかは論外。
てなわけでいくつかのルアーを倉庫から引っ張り出したり
中古で安く売られているのを漁ったりしていくつか補充。
Live-Xマーゲイが一個500円位で2つかえたのはありがたいなぁ。
バスルアーってブームがある程度落ち着いてるので2000年ころのブーム時の
昔のルアーが今でもちょくちょくワゴンに入ってたりして助かる。
最初はレアリスシャッド(Duo)あたりを釣具店に発注出してみようかなとか
考えていたんだけどバンキッシュを買った関係でお財布が厳しいのよね。

pic001_201502140959150cb.jpg
ロッドは普段持ち運んでいる3本に加えて6.2fの渓流用ミディアムライトの竿を追加。
結論から書いてしまうけどやっぱり先調子で硬めな竿はアクションが楽。
前回1時間でへばってしまったミノーイングも今回は3時間以上はやれた。
友人がロデオクラフトのフォーナインマイスターのMLを使っているが
なるほど考えると単に柔らかいだけの竿じゃどうにもならない事もあるなと。
次回から竿4本体制にしようかなとは考えているけどそうなると少し箱に改造加えないと。


pic001_20150213184522aa9.jpg

釣り人はルアーで13人位はいただろうか。
よく見る顔が結構いるしこりゃちょい厳しい戦いになるなというのは見えてはいた。
9時開始で放流がある11時まではとりあえずバスルアー&ミノー縛りをやろうと。
そうはいってもそんなに数があるわけでないので手元にあるのを適当に。

一番反応が良い感じだったのはLiveX-スモルトだったかな。
ステイ時に普通にひったくって食いに来る。
しかし、後半なかなか反応が鈍ってきたの考えるとプレッシャーが高いと駄目な感じ。
そういった時に結構効いたのがシュガーミノー。
キャストさせて浮かせる→少しトゥイッチの繰り返しで表層で誘う。
クランクでも同じ戦術ができるのを単純にミノーってことで。
これの反応は結構良い感じで、ちょい工夫すればきっちり遊べそう。
とは言え、結構小さいのばかり釣れるし、やっぱ巻いて、ガッツリ誘って
やる気のあるでかいのを振り向かせてなんて考えるとなかなかこれまた考えもの。
小さいのにはかまっている暇はないの。

実は今回キープのハードルがじつはかなり高め。
・卵を持つ個体でないこと
・体高が十分あること
・健康な魚であること
・良型を10尾揃えること
前回釣ってきた魚に卵を持ったメスが結構混じっていて、その場合身が真っ白になって
パサパサして美味しくない感じになってしまっているのが多々あった。
実は身が白いと焼くとさらに真っ白になってしまう。(まるでホッケやたらのように)
焼いても余り食べる気がわかないのに、それが生やスモークだったらさらに食欲が失せる。
今まではでかくて体高さえあれば十分だったんだが、オス限定となると難しい。
そもそもどう判別するのかがよくわからないが、ぐぐったら顔がとんがってるほうが
雄とかなんとかまぁ、アバウトなもんで直感も合わせて判断していった所
一応10尾中7尾がオス?(イクラなし)とこれまた悪くない結果。
案外世の中アバウトでもなんとかなるものだな。

おっと、話が脱線してしまった。
とりあえず今回持ち込んで試してみてつれたのと釣れなかったのを列挙。

○LiveXマーゲイ
◎LiveXスモルト
×フラッシュミノー
×パニッシュ55F
○ステイシー
◎シュガーミノー
×ビーフリーズ
×リュウキ70S
○K2ミノー
○ザッガー65
○スピンムーブシャッド
◎ベビーシャッド

基本的にトゥイッチを派手目に入れて誘う使い方。巻きはほぼ無し。
考えるに、シャッド系は派手目にでミノー系は軽めのアクションにしたほうが良かった気が。
サイトである程度見定めて大きい魚の前でアクションさせるなどして食わせていってたのだが
やはりなかなか数は伸びずに結局ミノー類でキープは5尾にとどまる。
というか、ひとこと言いたい。
ノルマがある釣りしてればこういう定番外のルアーで釣るのにほんと躊躇する。
本来であればちゃっちゃとノルマ片付けてミノーイング勝負をしたかったのだが
途中ぱったり止まった時間や小物ばかり続いた時間があって、もう終い2時間は完全に
何が何でも取りに行くパターンに変更せざるを得なかった。そりゃもうマメアンドマメですわ。
それがこのエグザの山ですよこんちくしょう!
去年の自分の釣行データを見ても巻きでも十分勝負になるってのはわかっているが
選別もしなければならない、とにかく釣らないといけないとなるともうコレ。
うーん、ダメだなぁ。戦術の幅が狭すぎる。春先からウキウキさんの方にも行く予定なので
マメを使う以外の戦術パターン増やしておきたいのに。
こりゃ近いうちにキャッチアンドリリースコースで1日いっぱいやって少し練習しなきゃ。
そんなこんなでもう渓流解禁まであと少しだし準備なんかもしとかないと。
一応最近の釣行ではキャスティングの練習かねてはやってるつもりだけど
(バックハンド、両サイド、フリップなどなど)どうしてもエリアでは
カバーになっている場所なんかないので楽にできるんだけど、
いざ現地で林の中でやるとルアーロストが怖くて精度落ちるのよね。

課題はまだまだ多いなぁ。


釣り中に差し入れをいただく。
pic002_20150214100137348.jpg
くるみ餅。イメージ的にくるみ餅というと、甘くてふわっとしたイメージなのだが
こちらはずっしり、そして甘しょっぱいこの味は・・これは県北地域のソウルフードである
きりたんぽの食べ方の一つ、味噌漬けタンポに通じるものがある。
そういえば子供の頃よく醤油に砂糖を垂らして、きりたんぽにつけて食べたな、と。
ごちそうさまでした。


基本的に釣りに行く=バカンスと考えている。
釣りに出かけて、温泉にはいって、食べたいものを食べて帰る。
物事を始めるには理由が必要だが、それとは別に物事を続けるにも理由が必要とか
これは誰の言葉だったか。後者の一つが温泉なんだろうな。


鹿角方面ではめぼしい温泉が帰り道に殆ど無いため
今回は八幡平市周辺で何かよさ気な温泉がないかと散策。
一応出発前に目星をつけていた奥地の温泉がどうやら閉鎖されていたようで
周辺をグルグルと回ってみると「日帰り温泉歓迎」の文字が。
ふむ。今回はココで八幡平ソウルを吸収だ

八幡平ハイツ」にて温泉にざぶり。
pic002_20150213191302d76.jpg
○○ハイツとか70年代を思わせるようなレトロな名前と外観だが
中の施設は充実していて古い雰囲気など無く綺麗で施設も充実してた。
そこらのホテルよりもよっぽど充実していい感じの内装だった。
温泉は硫黄泉で硫黄の匂いが結構するね。お風呂は熱め。


風呂あがりにキューっと瓶コーヒーでも飲もうかと思ったら怪しげな張り紙と瓶が。
無論即購入。
pic003_20150213192045633.jpg
八幡平限定ラムネソフトクリームとご当地サイダー。
味はまぁ、普通のラムネソフト。個人的にはもうちょい酸味がほしいかな。
でも有りっちゃ有り。

pic004_2015021319204635f.jpg
彼は誰を成敗するのだろうか。
怪人ヤマセフキオローシ星人とかかな。

そして帰りは以前また来ようと考えていた鹿角市の森ラーメンへ。
pic005_20150213193105f21.jpg

今流行のゴッテリした濃厚ラーメンとかいうトレンドからは外れているが
最近どうもあまり受け付けなくなってきたのかスタンダードなラーメンがちょうどよく感じる。


次回釣行は2月22日の予定。
行き先は今のところ未定かな。いろいろやりたいことは多いけど
いかんせん天気がもうひどすぎて来週○○行こう!なんて言ってもなかなか・・・。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

今年から秋田県のサクラマス解禁日が4/1からになるようです。

普段行く釣具店へ以前頼んでいたルアーを買いに行った時
とうとう待ちに待ってた情報の第一報が入ったとの話を。

『【ビックニュース】桜鱒の遊漁解禁時期が変わります!』(渡正釣具店 )
http://www.watasho.fishing/?p=375

解禁日を変更しよう、という話は以前から有りました。
私の記憶が確かならば、もう10年以上前に署名運動が行われたりしてたと記憶しています。
(父が生存時そういう活動にいろいろ働きかけをしてたりもしていたので)

大きく動いたのは去年。
サクラマスの漁業権の更新が25年度でその際、解禁日も変更しようかという動きが。

『サクラマスの漁期と年券の発行について』(秋田県内水面漁業組合)
http://www.akita-naisuimen.com/wp/?page_id=15
『サクラマス漁期の見直しについて(中間報告)』
http://www.akita-naisuimen.com/wp/?page_id=3620

以前某新聞の紙面にて、米代川水系サクラマス協議会が行われた際に、
山形県の解禁の例を取り上げ、秋田県もそれに倣って時期をずらすべきだという話が出たと
新聞で記事になっていたようだ。
米代川水系サクラマス協議会の代表者が動いているということなので
これは期待できそうという話ですでに水産庁との交渉が佳境段階にあるという話。
そしてまことしやかに「今年から変わりそう」という話が湧いてきたのが今年の1月。
とうとう来たか、という感じに。
現在内水面漁業のwebで大々的に発表されているわけではないが確定と見て良いだろう。
数年前行われていた解禁前の実釣調査では5月前期でも遡上著しい年もあったので
釣り人、とくにサクラマスを釣る人間にとってはコレ以上の朗報はない。
やはり偉い人が動くと山が動くんだろうな、と。

6/1のあのお祭り騒ぎはもう来ないんだろうけど
あまりにも混みすぎてたし近隣住民とのトラブルなど問題が多かったと思う。
鮎釣りが始まる1ヶ月程度の釣り期間しかほとんど釣りにならないし
そもそも6月中旬を過ぎた頃になると食べても美味しくない(川臭い)
自分は漁協所属なので(管轄エリア限定だが)組合員価格でやれたものの
普通に15000円出すほどの価値があるとは到底思えないと思ってはいた。
個人的に言えば、本流で釣りができる事自体で満足なんですがね。
以前から言っているけど3lbライン、小さなスピナーでちまちま細かいポイント探ってるだけで
このタックルじゃ明らかにサクラなんてムリだろっていう状況なのに
本流でやるってだけで監視員が遠くからジーっと見てるとか非常に気分の悪い釣りだったし。



今週末はエリアフィッシングの予定です。
色々紆余曲折がありまして友人とミノーイング勝負とかいうことになりまして
さてさて、どうなることやら。
と言うか、百戦錬磨の相手に挑むんでまぁ、うん、あー、無理っぽい。
ついでに今日釣具店で注文してたルアーを買おうと思ったらなんか妙に減ってるんですわ。
あれ?コレしか入らなかったの?なんて聞いてみたら
「えーっと、もう4~5人くらい買っていったよコレ」との返事が。
あれ、ウチ住んでいる地域こんなにエリアフィッシングやる人居たのか・・・と
在庫薄になったルアーを見ながら途方に暮れるなど。

まぁ、そんなところで。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。