4月1日からサクラ解禁と言えど・・・・

今年から4月1日からサクラ解禁ではあるんだけど、
現在の米代川の状況というと・・・

pic001_201503311056029ed.jpg

pic002_20150331105603ed2.jpg

大増水&濁りが強くて全く話しにならず。
知り合いなどと連絡取り合いながら細かい支流の情報などアワセてみたけど
こりゃ何処も全滅で解禁初日は釣り自体無理じゃないかっていう話に。
年券ならともかく日券で買う場合「どん判金ドブ」と言われても仕方ないかと。
あ、でも県南地域は昨年と打って変わって雪が少なかったらしいので
ソッチのほうの状況はどうかはわからないけど。
今年は県北地域は積雪が多く、雪解けには時間がかかるっていう推測はたってたけど
一気に進んでしまったためココ1週間くらいこの調子。
この増水が落ち着くのは4月中旬には・・・と思っているけどうどうだろう。
いずれにせよ、今はかなり川が危険な状態なので各釣り人は気をつけられたし。

データ的なものから比較すると
    2014/6/1     2015/3/31
気温  16度→27度        7度
水温     14.9度         5.5度
水位  6月と比較して+50~80cm高め

割りとというか、だいぶ厳しいと思っているがさてどうなるか。
一応、川沿いは歩いてみるけど釣りはしないと思っている。

■ 3/31  米代川水系米代川支流にて


時刻 7:40→8;30
天気 晴れ
水温 6.5度

pic003_2015033111124924a.jpg
24cm 長さはあるけど痩せすぎ。
美味しくなさそうだからリリースも考えたけどやっぱキープ。

先日の残りのブドウ虫を処分。
実は前日昼過ぎなんかも釣りにはでたことはでたんだけど反応が全く無かったり
水の勢いがあまりに強すぎたりして全く釣りにならなかった。
奥に行ければそれなりに良いポイントとかは有るんだけど
細かい時間はとれてもまとめてガバっとした時間が取れないんで
里川で我慢我慢。

それと4/2にはちょいと遠征するかも。
しっかりルアー揃えとかないとね。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

早春はブドウ虫・・・・・か?

自分としては何気ないその辺の水路だって障害物があってよどみが出来てたり
ちょいとしたえぐれや流れの強弱ががあればそこはもうポイントで
うまくやれば魚が釣れると、そう感じていたのだが世間一般ではそんなこと無いらしい。
大場所でなくても魚って結構いるんだけどなぁ・・・・。

と、ちょいとした小水路で釣ってた時に驚かれた俺の反応。
釣れるやり方で釣れば、渓流魚って簡単だと思うが。

■ 3/26 米代川水系米代川に流れ込む小さな小川にて。

時刻 6:50→8:00
天気 晴れ
気温 7度
水量 結構多め

pic001_20150328111801bd8.jpg

今回はえさ釣り。車のバッテリーがかなり弱くなっていたので、ディーラーに
点検をしてもらっている間にぷらりとホームセンターへ。
ほんとうに欲しかったものはなかったんだけど、中にあった釣具コーナー見たら
ブドウ虫があったので、数年ぶりにブドウ虫で釣をすることに。
ココ数年はずっとミミズ一辺倒だったからね。
完全に「取りに行く」って言うならばやってみてもいいかもしれない。

(タックル)
・3m60cm 渓流小継
・ライン 0.6g号
・ガン球極小1
・関東スレ針

基本的には小難しいラインシステムは使えない。
面倒だったので今回はハリスさえ使わない感じで挑む。
世の中には0釣法とかテクニカルチューンとかいろいろあるけど
ああいう小難しい仕掛けを使わなくても十分釣れる。

pic003_20150328120222f04.jpg

pic002_20150328120221c5f.jpg

20cm/16cm エサ;ブドウ虫

pic004_2015032812041478d.jpg

けど相変わらずこのサイズのリリースレベルの魚が多くて
エサばかり消費していった釣行でもあった。


今回久しぶりにブドウ虫使ってみて思ったけどこんなに浮力があるっけこの餌って。
思ってた以上にエサのコントロールが難しくて手間取った感じ。
ミミズでの釣り方をベースとしたガン玉の打ち方やったので、
次回はもうちょいやり方を変えて挑んだほうがいいと痛感。
でもさすがに釣れるね。みんな使うだけのことは有る。
もう一回分はエサが残っているので次回もえさ釣りの予定です。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

改善がまだまだ必要そう。

ようやく疾病から復帰しました。
まだ咳が残るものの、病気の進行状況的に言うと今日から外出OK。
スタートダッシュが出来なかった分、チャッチャッとやりたかったこと消化していかないと。

■ 3/27 米代川水系米代川その支流にて。

時刻 13:20→14:30
天気 くもり
気温 14度
風  強し。
急に気温が上がった所為か、雪代水が本気を出してる。

pic001_20150327192622093.jpg

pic003_20150327225546024.jpg

pic002_2015032722554468f.jpg



昼に仕事を抜け出し近くの川へ。
去年からお気づきの方もいらっしゃるかもしれないけど、自分は基本的に里川メインです。
崖を登り、草を分けながら歩いて1時間の秘境のポイントで奇跡のオオイワナを狙う!とか
そんなのあまり出来ないんでどうやってもしょっぱい釣果になりがちなんだよね。
車から降りて5分以内に到達できるポイントっていいよねほんと。

今回は魚を取りに行く方向ではなく、釣りを楽しむ方向でのルアーチョイス。
ファーストキャストを必ず定番外から攻めて釣り登っていく。
当たり前の話だが、捕るためのルアーチョイスと遊ぶためのルアーチョイスは違う。
確実に欲しければ、以前紹介した定番ルアーをしっかり投げ込んで確実に取る。
でも今回はいろいろ試したいことがあって、メタルバイブやメタルジグ、エリアスプーン等
普段ではあまり使わないタイプのルアーを試しながら登っていった。
捕るための釣りってしんどいんだよね。例えばエリアでマメ一辺倒で投げてる時とか。
逆に遊びの釣りってなるとエリアミノーイングとかあんな感じになるかな。

ノルマを課すとなかなか釣りってのはプレッシャーとの戦いになったり
ガラッとその性質が変わったりするのが怖い所。
まぁ、そろそろきちんとした一匹釣っておかないと、ってなわけで次はエサ釣りやるけどネ。

話はずれたけど、色々なルアーを試しながら、
本当に魚が居なかったか、定番系で本当に魚が居ないかチェックする。
その際、チェイスがあったりヒットした場合そのルアーは同じ状況ではつれないと判断。
(例:ルアーAではダウンクロスで淵をドリフトで流しても反応がない。など)
その際気づいたのだが、リュウキで攻めた時にバイトに持ち込めないケースが多々有った。
以前話に出したとおり、今年は一部プラグ類をダブルリング+スプーンフックに変更したが
フックの遊びが大きすぎるのか魚がアタックしてるように見えてもなかなか掛からないという
そんな状況が多々あった。
決して魚のサイズが小さい感じではなかったのでこれは要検証事項ではあるけど
推論としては、トレブルフック時の重さに合わせるために、やや大きめのフックを選択したのが
凶と出ている可能性が一番高いと見ている。いずれにせよ、バーブ付きのシングルフックは
手持ちでは小さいサイズがないんでえさ釣りで少し遊びながら、その間に少し自作してみようかと。
それでダメなら既成品を買うかなぁ・・・・。と言った感じ。

処理しなきゃいけない仕事がいっぱいあるし(しかも金にならない)
それ片付けないと今はゆっくりと行った感じでできなさそうなのが悩ましい。

私が大変よく好んで見ているブログの書き方を真似するのであれば
ヒット  0
バラし  3
バイト  時々
チェイス 複数

こんなかんじ。
ついでにリンクも足してみた。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

病気療養中につき・・・

26日ころまで釣りに出られなくなりました(´・ω・`)
この早春の楽しみは特別なものがあるのに。ぐぬぬ。

■ 3/22 米代川水系犀川支流の支流にて

天気:晴れ
時刻:7:00→7:20
気温:0度
風 :無し

具合が非常に悪くて時間外診療へ行ったらアレな結果が出てたんだけど
前日の釣りでルアーを一つ木に引っ掛けてたので、それを回収しに。
それさえ回収できれば後は思い残すことは・・・・ってなわけで回収完了。
やっぱりウエーダーがあるとないとじゃぜんぜん違うね。
今は通販で3000円台からそこそこの買えるしいい時代になったものだとつくづく思います。
今度はカヤックでも買ってみようかしら。使う場所が超限定的になるけど。

pic003_20150323152901d3d.jpg

どうせだしチョットだけ・・…・・なんて思って
近くの川幅1mも満たないような水路を攻めるも反応なし。
さらに言えばこいつですよこいつ。

pic002_201503231529011b2.jpg
写真のは見えやすいから回避可能だけど川底にこいつがポツポツと仕込まれており
こいつに引っかかったら最後、麻ひも以上の強度でガッツリルアーを吸着しやがる。
去年も何度かコレに関して不満を言ったけどほんと釣り人キラーですわ。
一昔前は水底に沈んでいるブルーシートなんかが強敵だったけど
これからはこいつが障壁となりそう。米代川でも去年良ポイントと言われた場所にも
こいつをふんだんに沈めていた光景も見てるし(※自分の漁協の管轄外だけど)
お財布に響くことなのでしっかり見ておかないとなぁ。

pic001_20150323152858a7a.jpg
スミスのルアーはフックは弱い気がする。
でもその弱さに今回は感謝したい。フックが折れるものの何とか無事回収。

幸先が悪い1年となるけどまぁ、だらだら頑張っていきます。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

今年も渓流シーズンがやってきた。

半年待ちに待った渓流シーズンが3/21より始まりました。
前日釣具店に行くとそれぞれエサを持つ人、ルアーざおを選ぶ人、
フライのマテリアルを購入する人・・・・。
こういう光景見るだけでも春の訪れを感じます。

■ 3/21 米代川水系犀川、その支流にて。

時刻 14:30→15:20
天気 はれ
気温 8度
風  なし
濁り なし

早朝から仕事がびっくりするくらい詰まっていた上に
更には従業員の一人がインフルエンザにかかってしまったこともあり
釣りなんかをしていられない状況・・・ではあったがちょっとした時間を作って
近場の里川へ。うーん、釣りキチだなぁ。

pic002_20150321175430ac9.jpg

先行者は2~3名かな?この残雪が残る時期は、足あとで何人入ったか容易にわかる。
立ち位置で何の種類の釣り人かもわかったりするしこの時期は楽しい。
自分と違う釣りの場合別の釣り方では攻めづらい場所を最初に攻めると
いくら人が入ったあとでもしっかり結果出たりもするし
お前と俺、どちらが上手いか勝負や!みたいな背くらべもできる。

深さ30センチ位あるちょっとした落ち込みでもきちんとルアーを通してやると
きちんとレスポンスが有る。
pic003_201503211755439f8.jpg

pic001_2015032117554142a.jpg

両方ともAR-S #2 トリックカラーにて。
この他にもAR-Sで1尾、リュウキで1尾釣れたのだが
携帯で写真とったこともありブレブレで撮影されちゃて使いものにならないので省略。
いずれにせよすべてリリースサイズでした。
やはりこの早春でも、アップ/アップクロスで攻める場合、
このAR-S#2というルアーは無類の強さを誇る。
ブレットン#1でもしんどいような流れの強さでもきっちり攻めてこれるのは魅力。
コレがAR-S#3だったりするとレンジがごっそり変わったりするんでスピナーのサイズや
重さ選定はしっかりやらないとせっかくのルアーの力を発揮させてあげれない事に。
俺はアップストリームはAR-Sの2番がデフォ。
(さっき釣具屋に行って追加しようと思ったら#2のトリックカラーだけごっそり減っててビビった)


逆に、ダウン/ダウンクロスだとここ数年はリュウキが圧倒的に釣果を重ねてる。
まぁ今年最初の小手調べ的なものなので定番で攻めてみたが
今回今年もちょいと色モノルアーを試してみるつもりなので乞うご期待を。

そういえば釣具店にはリュウキ専用のシングルフックとやらが入荷されてたなぁ。
使おうか使わまいか色々考えていたが、今年のプラグ設定は
一部ヘビシンにダブルリング+マイクロバーブシングルフックに変更済みだし
今のところは評判待ちって言うところかなぁ
pic005_20150321202252e17.jpg

具体的に言うと
ヴァンフック/ミノーエキスパートから
ヴァンフック/スプーンエキスパート(マイクロバーブ)へ変更。
ダブルリングはネイティブではあまり見ないがエリアでは割と導入しているルアーがあったり
メソッドの一つとして認識されている。これをネイティブでやろうという話。
まぁ、どこまで違いが出てくるかはまだ全然未知数なんだけどね。

てなわけで、だらだらはじめていこうと思う。
本流は絶賛大増水中なのでとりあえずは、小川を中心に行こうと考えています。
エリアフィッシングの方は3月末行く予定でしたが仕事が入り後日延期。
4月は3回ほど予定しており、ウキウキ、上浜、清水川を各一回づつ訪問予定。
pic004_20150321195142d3b.jpg

ハンクルシャッド65SRのオリカラ等、エリアミノーイング用のタックルを増強したので
できたら3月末やりたかったんですけどね(´・ω・`)

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

またまたメバリングへ。

うんざりするようなことばっかりあったここ数日。
そりゃ釣りにでも行かなきゃやってられませんわ。
普通ならバーに行ったりヒトカラ行ったりして解消するけどもうダメ。
体は疲れてしんどいけど釣りに行ってストレス解消。

■ 3/19 秋田県八峰町の磯・漁港などなどにて。

時刻:21:00→23:30
天気:曇り
気温:5度
風 :なし~1m
波 :凪(~0.5m)
潮 :中潮

勢いで釣り道具を車にぶち込んで走りだしたことも有り
ワームが無いとかいう事態だったがそれでも釣具店から
前回釣れたルアーのシンキングペンシルをいくつか買っていたので
今回はプラグ縛りということで釣り開始。
どんな感じのプラグ操作がベストなんだろうと考えながら始めた結果
カウントダウンでレンジを決め、深さを維持したまま、
「巻き」ではなく、ダートアクションを加えてキビキビ動かすのがベストと判断。
というか、このユラメキというルアーはどうも巻きではアクションしない。

釣り開始から30分弱でこの連発
pic001_20150319104606375.jpg

pic002_20150319104607ccf.jpg

pic004_20150319104610f03.jpg

pic003_2015031910461038d.jpg

pic005_201503191046120c2.jpg

pic006_201503191046402df.jpg

pic007_20150319104642138.jpg

が、どれも小さい。
何度も何度もアタックしてくるけどフッキングすらしないレベル。
メバルは煮付けにするとすごく美味しいので良型がほしいのだが。
隣でやってたワームでメバリングしてた人とも軽く話をしたけど
やはり小物ばかりでサイズアップできてないとのこと。
前回釣行時はクロソイではるけどそれなりのがでたんだけどなぁ。
とにかくヒット多数で表層~中層メインでどんどんヒットしてくる。

pic008_201503191046438f5.jpg
(※この後スタッフがおいしくいただきました自宅に持ち帰っています)

サイズが小さい割にトレブルフックなので針から外すのがめんどい。
ネットにもザクザク刺さるし魚からは外しにくいし魚が小さいと
いっその事バーブレスシングルにしたほうが圧倒的に楽だ。。
・・・って、この感覚はエリアフィッシングやってから湧いてきたものなんだな。
いろんな釣りをすることで色々学んだり導入することがあるね。
バラシもあるけど連れてからのストレスが0で非常によろしい。

が、22時ころになってぱたっと止まる。
コレ潮が流れてないとかそういう影響かなとタイドグラフなどチェックするも原因不明。
そこから誘い方を替えたりレンジを替えたり移動したりするも
23:30までノーフィッシュで終了。腕首も痛いし。
エリアやってる時もたまにあるがこういう急にぱったりと止まった時に
別の攻め方があるかないかが釣りの一番の要なのかもしれない。
今回はプラグしか持って行かなかったけど、次回は何か別の手を考えておこう。

そんなところで小雨がポツポツ降り始めたのと
あまりにも眠かったので帰宅の途へ。道の駅などで仮眠取ったせいもあるけど
帰るのに6時間もかかったヨ。でも安全運転が大事だし眠い時は寝ないとね。



釣りに対するアプローチで「なぜ良く釣れたのか」と「なぜ全く釣れなかった」という
2種類のアプローチがあるが、とりあえずメバリングには
なぜ釣れなかったかの方を潰していきたい。

次回釣行は3/21 渓流開始です。
と言っても、朝一は仕事があるし昼抜けれるかも微妙なので
もしかしたら次の日開始かも。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

まじめにメバリング、と行こうか。

とうとう渓流解禁も後すぐそばに来ました。
日差しがぽかぽかと暖かく、もうまもなく春だなぁ、と感じる。
このまま降らなきゃかなり良い解禁日を迎えれると思う。

■  3/15 秋田県能代市・八峰町の漁港などにて。

時刻 21:20→24:00
天気 曇り時々小雨
気温 0度
風  2mくらい?

2週間位魚をキャッチしてなかったらなんか禁断症状が出て
とにかくなにか釣りに行きたい、何か………何か………なんてなってたんだが
ちょうど海の方も天気がよくこりゃチャンスや!ってことで初のメバリングを試してみた。

とは言ってもメバル用の竿はない。
なければ何かを流用すればいいんだが使うタックルが4lbライン、投げるのは
2g程度のジグヘッドということでエリア用のネクスティーノを使用。
リールなんて別に安物でも問題ないし適当なのを装着。

タックル
竿:メジャークラフト ネクスティーノ 6ft XUL
リール:シマノ サハラ2000HGS
ライン:アプロード ナノダックス3.5lb

ちょい前まで使っていたエリア用のタックルで。
そもそもそんな難しい釣りではないと思っていたんで
タックルも軽装、持っていったのもプラグ数個と
ジグヘッド+グラスミノー(エコギア)&月下美人ビームスティック(ダイワ)をちょろっと。
途中で車を止め、googlemapで中小漁港をリストアップ。
後は実際車で行ってみて常夜灯があって、立ち入り制限が無いところを中心に
グルグルと回っていく作戦………・ではあったが、
実際そんな条件が揃った漁港なんてほとんどなく、実際入れたのは数カ所かな。

pic002_20150316110609a9a.jpg

pic001_20150316110608e65.jpg

しかしまぁ、久々のワームということもあったけど、
なかなかワームの感触がつかめず苦戦する。
とくに磯になってるところなんてのは軽いワームだと反応が全然わからないね。
こりゃチョット昼とかに練習して感覚掴まないと、
初めての場所で闇の中軽量ワームってのは無理ゲーと判断。

今度はプラグを取り出す。
使用したのはデュオのテトラワークスユラメキ。いわゆるシンキングペンシルって奴。
携帯で使い方を探すも……これといった使い方が出てこないしとりあえず
シンキング系のミノーのようにカウントダウン&トゥイッチを多用して誘い出す方針。
6.3gと程々の重さもあるし結構良い距離すっ飛ぶルアーなので爽快感は有るね。
なお、竿には0.8-2gって書いてあるけどそこはほら、まぁ、うん。

ロッドワークを真横よりもやや斜め上のアクションを意識して誘って行くと・・・・

うん
pic006_20150316111600b21.jpg

なかなか
pic005_2015031611155873b.jpg

これは
pic004_2015031611155765e.jpg

楽しいぞ
pic003_20150316111555e5a.jpg

待ちの釣りではなく積極的に誘って行っている所為か
釣れるとほんと楽しい。それと、トラウトとは全く違う引きなのもいい。
もともとこのルアーはエリアにも使えないかなって思ってシングルフック化してたんで
ランディングようとして引き抜く際に失敗して逃げられたり、
途中でテンション緩んで逃げられたのも含めると、まじめにメバリングすれば
結構良い数上がるんじゃないかな、と感じた。
コレシーバスにも使えないのかな?今年試してみよう。
大きめな個体を1匹持ち帰って後は全部リリース。ネットを使う、コレ大事。
個人的な意見だが最近流行りのフィッシュグリップだっけ?
あれ大嫌いなんでこういう写真で我慢していただきたい。
どんな魚にでもあれ使って写真とってるの見るとなんだかなぁ、と。
あ、別に各所に喧嘩売ってるわけでなくそう思ったただそれだけね。


もともと24時には帰宅の途に付く予定だったので
最後に……・と思ってやったらルアー回収機が届かない遠さで根がかり。
残念ながらルアーロストで強制終了となりました。

さぁ、後1周間で渓流だ。準備しないとね。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

まだ鯉をするには水温が低すぎるのか

先週NHKの「ドキュメント72時間」で
「秋田県 真冬の自販機の前で」というのをやっていた。
あの自販機以前は色んな所で見て、あの場所ではないが自分も学生だった時
親と一緒に夜釣りに行った帰り昔で言う「オートスナック」の建物で
あのうどん、蕎麦をすすったなぁ・・・なんて想い出す。
今その場所は自販機はおろか、建物自体も撤去されてて
アレな自販機が置いてあるだけになってたハズ。

こういうのってやっぱ思い出になるんだね。

■ 3/9 近くの野池にて。

天気 快晴
時刻 6:15→7:45
気温 -3度
水温 4.9度
風  無風

団子配合:大ごい1:鯉のぼり1:パン粉1:砂糖0.2
  付け餌:コーン

pic003_201503091105045e2.jpg

pic001_20150309110502fab.jpg

pic002_201503091105030a9.jpg

pic004_20150309110506650.jpg

反応なし。今日もノーフィッシュ。
前々から調べていたが、鯉に関しては水温が7度以下の場合は
「越冬休眠期」という状態になるらしく、土などに潜ってじっと冬を耐え忍ぶとのこと。
その状態の鯉を釣ろうとなると相当な忍耐とテクが必要だってのはわかっているが
それでも俺みたいな気の早い奴が鯉にも居てつれてくれないかな、なんて考えてたりする。

現実はこの有り様だけどね!

とりあえず今はデータ蓄積の段階でもあるんでこの経験とデータは無駄にはならないはずだ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

鯉でスタートダッシュを決めたかったが

日中の気温が10度の予報などそろそろ春の足あとはもうすぐそこに。
昨日見つけた凍りにくい沼へ行き今年最初の秋田の釣りをスタートさせよう。

■ 3/8 秋田県大館市 とある野池にて。

pic001_20150308091950695.jpg

天気:快晴
時刻:7:10→8:50
気温:マイナス1度
水温:4.6度
風 :なし

今日エリアフィッシング行く人は最高の条件なんじゃないかというのが
ひしひしと感じられる、そんな素敵な朝。



ロッド、よし。竿油もつけて準備よし。
pic002_20150308092116fd8.jpg

リール、よし。ナイロンはライン交換よし。リールオイル充填よし。
pic003_20150308092249245.jpg

餌よし・・………去年のでいいや。くわせ餌が在庫切れしてたけど
昨晩釣具屋さんに行くのに閉店時間に間に合わなかったので食パンで。
とりあえず明日までに即戦力になるかわからないがコーンを仕込んでおこう。

仕掛けは吸い込み。エサの組み合わせは昨年実績を参考に。
配合は「大ごい1」+「鯉のぼり1.5」+「パン粉1」+「砂糖0.3」くらい。
なんでこうなったのかというと計量カップ忘れてきたから。
目分量でやってもなかなか難しいものだね。
「別冊 飛鮒会通信」さんなど、冬場に鯉を釣られているブログを見ていても
なかなかこの時期はでかいのが多いようだし、シーズン目標を達成するためにも
この時期にドカンと良サイズをキャッチできれば、なんて。

pic005_201503080937454dd.jpg
あー、鯉釣りってこんな感覚だったよなぁ。
練り餌てこんなに匂いドきつかったっけ?
どんなポイントがいいんだろう?駆け上がりとか深場とか?
そんなこんな色々考えながら

はい、ノーフィッシュで終了でした。


幸先は良くなかったけど竿振っただけでも楽しかったから!
負け惜しみだけど!
便利な言葉だよね、「川に行っただけで楽しかった」、「竿振っただけでも楽しかった」
うーん、悔しいな。冬場は釣るのが難しい、とか魚が冬眠状態だとか
そういう話もポチポチ出てくるも、八郎潟では少しづつではあるけど鯉釣れてるし
工夫次第ではきっとなんとかなるはずだと考えている。

明日も、頑張ろう。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

明日から開始。ルアーペインティングを。うっかり鮭ハム。の3本。

いつもの釣り関係の小ネタ回収。
同時進行で色んなモノやってるんだけど、とりあえず形になりそうなものを
時々こうやって消化していかないと時々ヘビーな記事になってしまうんで。

▼明日から秋田での釣り再開。
渓流は3月21日から。
海はまだチョット穏やかではない。
ワカサギ?落水怖いし。

じゃあなによ?

つい先日の話。
pic001_20150307225847b6c.jpg
去年通った自然公園。まだ足あとがない雪原を足をぬからせながら進む。

pic002_201503072300047f3.jpg
ダメだ、水の流れる音は聞こえるけど水面が全く見えない。


pic003_20150307230143284.jpg
目をつけていただだっ広い水辺も

pic004_20150307230256375.jpg
去年通ったこの沼もこの春の日差しで少し溶け始めているのに春は遠い。
せめて湧き水があれば、その水がたまっている沼さえあればと、彷徨う。
色々思い当たる場所を次々とあたってはみるが全滅・・・・?いや、あった。

pic005_201503072305241ff.jpg
このくらい水が溶けてれば・・・・いける。
この池は湧き水だったのか。まさかここがそういう条件だったなんてわからなかった。
うん、明日釣りに行こう。鯉の道具を持って!


▼ルアーペインティングをしてみようと考えやってみた。
結構使っていないルアーなんかがゴロゴロしているんだけど
どうにかならないかと常々考えていた。例えばこんなの。
pic001_20140621162524c01.jpg

pic001_20150305190103a0a.jpg

いつぞや中国から直輸入した怪しげなクランク。
中国の通販サイトから買った時は確か1ドルちょいだったはずだが、コレにかぎらず
チョットでも出来良さげなルアーはヤフオクとかamazonマケプレ見てると
いろいろな説明書きやよくわからないメーカー名をつけて2倍3倍どころか
1000円近くの値段で取引されてたりするからビビる。
それはともかく、通販ページ見てた時は見た目は悪くないなーなんて思ってたけど
いざ実際に届いて使った感触も魚の反応もイマイチ悪い。
動き自体はそんなに悪いわけじゃないんだけどカラーリングがかなーり微妙。
てなわけで、この他いくつかの使っていないルアーをまずは脱色する。
pic002_201503051903340d4.jpg
イソプロピルアルコール液にドボン。
簡単に言うと車の水抜き剤なんかがこれにあたる。
プラスチック類を溶かす溶液なのであまり長時間は漬けれないけど
15時間ほど漬けて金属タワシでゴシゴシとこするとたいていのルアーは
pic003_20150305191140526.jpg
綺麗に塗装がハゲる。思ったよりもうまく剥げたかな。
ついでに冒頭で紹介したクランクは内側にペインティングが施されており
全く効果がなかったということも付け加えておく。
でも色が取れないというのであればそれなりに上手く使えるようなものを用意すればいいだけ。


普通はココでスプレー缶など塗料が出てくる流れなんだろうけど実はそんなの無い。
ついでに言えば、マスキングテープやエアブラシなど、彩色するための機材もない。
それもそのはず、今回は転写シートというものを使おうと考えた。
少し前に「ルアー、塗装、簡単」と調べてると出てきたページのアイデアがなかなかだったんで
これは自分でもできるんじゃないか、ということで挑戦を。
投資額も少ない上、パートリッジカラーなどが表現しやすい。

購入したのは背景白と背景透明の2種。
これに印刷していくのだがとりあえず考えたのがパートリッジカラーのクランクを作ってみようと。
先日友人と交換したクランクがなかなか良かったことも有り、
これを参考にクラピーのカラーを検索すると限定品でパートリッジカラーシリーズがあった。
その色合いをベースとして各社メーカーのパートリッジカラー品など
参考にしつつ型紙を製作。後は貼り付けると
pic001_20150307111851f98.jpg
こんなかんじ。
でかい画像であげるとかなり雑なのでこのくらいの解像度で勘弁して下さい。。
一つはクラピーのストロベリーパートリッジ柄。
残り2つはムカイなどのクランクを参考に。
後はこれに超耐水性のクリアカラーを吹き付けて完成。
この他にもいくつか作ってあるのでそれを含め次回釣行時に実戦投入予定。

鮭ハムの話はちょいと画像が多めなので追記部分にて。
まぁ、釣りとはあまり関係ない話でもあるし。

続きを読む

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR