スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懸命さを捨てるという選択

ブログに毎釣行記録をつけるというのは一日を思い返して
今日は何が良かったか、悪かったか。過去データは。
考えながら今日という一日をいかに次に生かせるかを考えるのには一番いい。
だからこそ、辛い日にもしっかり記録を残していかなくちゃならないし
ぼんやりとでは無く釣果もや状況などごまかしなく書いていかなくちゃならないし
行ったらよほど疲れてたり時間無かったりしないなら毎回書くことにしている。
誰のためでもない自分のためのものであり、たまたまそれがだれかの参考になれば、
なんてその程度のスタンスが一番いいんじゃないかなと考えている。

まぁしかし、そうは言っても今日は何だ。
ひとことで言うと



debk.jpeg


そんな回だと思う。




10/25 青森県新郷村 「フィッシングエリアUK」 にて
pic006_20151026110458469.jpg

時刻 9:00→16:00
天気:曇り時々雨、時折みぞれ。強風
気温:5度(16時)

例により今回のヒットルアーから(※印:今回初登場)
pic002_20151025235152ea1.jpg

左上から
ザッガー/自塗装(ハンクル)×2
デスロール(アーキテクト)
ハンクルクランク/オオツカオリカラ(ハンクル)※
クラピー/越トラオリカラ(ラッキークラフト)
ディープクラピーヘビーウエイト/越トラオリカラ(ラッキークラフト)

下段左から
ロールスイマー(シマノ)
ミュー(フォレスト)
AGスプーンリベロ(アールグラッド)
BF(ロデオクラフト)
ノア/シグネイチャーカラー(ロデオクラフト)
ハビィ(アイビーライン)
リアクションジャバー(アイビーライン)
水牛スプーン(ワイズカスタム)
つぶアン/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)

殉職者
ザッガー/自塗装 ×2
着色済みのやつじゃないからまだ諦めがついたが
それでも先日塗りたてほやほやでしかも今回一番反応がよかった
pic001_201510221240417b3.jpg
こいつをロストしたのがほんと痛い。
塗料の配合比率?そんなの覚えてねえよ!


釣果:20~30尾くらい
pic007_20151026154124b39.jpg
キープ:60台×2 50台×4 30台×1
釣果自体いつもの1/3以下です。
なぜって?今回はイベントだったので殆どの時間をミノーイングに費やしたからです。
しかも、今回はハマるパターン全然見つけ出せずただただ悶絶、悶絶。
放流の時と最後1時間半くらいは普通のルアー使ったのでそれでもなんとかこの数字だけど
本当に全て懸命さを捨ててミノーイングのみだったら1桁だったかも。
悩めば悩むほどズブズブとはまっていく底なし沼、
そんな今回の釣行記は以下から。



いや、ほら、まぁ。
行く時から今日はこんな天気みたいなことになりそうだなと思ってたんですよ。
pic003_20151026000314b03.jpg

強風。
そして雪、雪、雪。
十和田路は雪でした。遠くに見える山は完全に冠雪。
昨年は11/18の奥入瀬川サーモンフィッシングにいった時に雪が、
そんな感じだったので例年よりも早いんじゃいかなと考えている。
まだノーマルタイヤなのでさらっとだけの積雪でも運転は非常に不安定で
この時点でもうだいぶ今日はやばい気がするなんて思ってました。
しかし、今日は必ずウキウキへ行こうと考えていた。

pic005_20151026002544826.jpg

M.A.Tさんアイジェットリンクさんキングフィッシャーさんワークスゼロさん合同イベント
それが今回の自分の目的。ウエブショップ張り付いているんだけどなかなか買えず
それならイベントでいらっしゃる時に買えば、なんてチャンスがこの日だった。
直接本人から聞いた話ではあるのですがM.A.Tのウエブショップは陳列5分が勝負だそうで
熟考して迷ったらほぼアウトだそうです・・・・。
先日DENSの70MDFが発売されてたのですがかおうと思ってパソコン張り付いていたのに
10分位目を離してたら商品なくなってておかしいと思ったんですよね。
pic004_2015102600120010a.jpg
購入物は
DENS70S/ブルーモザイク
DENS70S/パープルモザイク
ハンクルシャッドボーン65SR/めたる☆ぴんき~
ブラストイットミノー66SP/忍者ブラウン改
DENS50S/リフレックスミント

一応全部オリカラかな?ブラストイットミノーもイベント限定カラーだそうで。
初めてこの手のミノーで釣ったのがリフレックス系の(多分青)やつだったので
リフレックスミントを入手出来たのは良い収穫だった。
(本当はセット品だったのですが頼んでバラ売りしてもらいました)

フックはどのメーカーの番手は何番がいいか
ーヴァンの51のフック(サイズはルアーのサイズによる)

ラインの選択は、太さは?
-フロロラインの5~6推奨。ミノーの動きやレンジの幅をもたせやすい

どのシチュエーションで何を使えばいいか
-(カラーの話なので文章で画像なしでは説明しにくい)

などなど、他にも聞こうと思ってた話はあらかたOK。
後は釣りしているのを見ながらロッドワークガン見してました。
他にもイベントということも有りミノーでやってる人多かったんですが
ティップの動きだけであまり遠投はせず、細かい動きを加えて誘っている感じだったかな。
ああいうのを見ると、今回硬いバスロッドを持ち込んでやってみたけど
最適解はティップがやわく、パワーが有るロッドが正解っぽい。
ネイティブトラウトのライトアクションの竿なんかがいい気がする。

来年はネイティブロッドを新調したいと思っていて、カワセミラプソディを検討してたけど
くっそ硬くてこれ何に使うの?とか言われている新型シルバークリークなんかが
マッチしそうな気もする。これかって兼用にしようかなぁ。
なんにせよ理想を求めていくと果てしないけど、それでもメーカーに拘りはないし
ちょっと昔地元でサクラマスの時期にテスター集団で場所占拠して
周りにオラついていた某メーカー以外ならどこのメーカーでも別け隔てなく好きなので
幅広い選択肢で探していきたいと思う。

っとまぁ、話が横道にそれたので元に戻す。

pic001_201510252350080e6.jpg
午前中開始時は釣り人20人超でスタート。午前中で帰った人も結構いたが
延べ人数で考えると30人+メーカーさんの人たちといった具合か。
オーナーさんいわく、この人数じゃどうやっても難しくなるよなぁなんて話も。
ついでに今日は放流が多めに行われた上に、前日夜にも多めに放流されたようで
今週釣行する人はいい思い出来そうですよ。

ということで、今回はミノーイングをガッツリやるということにして
タックルを揃えていざ、てなことでミノー縛りでやってみたのですが


辛い。
とにかく辛い。
とてもつらい。

以前の釣行の時にかいたのだが複数人ミノーイングやってる人が居る場合
ミノーに対するスレ方がきつくてガックリ釣果が落ちる気がする
今回は特に人も多く、一日を通してもザッガーでブラウンを中心に少々と
デスロールで数匹、残りはシャッド系含めほぼ反応無しで
前回の釣行の時に馬鹿みたいに連発したハンクルシャッドも空振りに終わった。
全体を見渡してても、クランクやスプーンは普通に釣れていたけど
こういう難しい状況で、しかもミノーイング限定となると腕の差というのは出るもので、
中途半端でしかやれていない自分にはあまりにもきつい状況だった。

どうしてもキープ分だけは確保したいと考えていたので
2度の放流時はスプーン、クランクで攻めたがまぁ、余裕で普通に釣れる。
一度目の放流で5尾(うち1尾は40cm未満、エラを傷つけてしまったため)、
2度めの放流で2尾追加して規定量だけクリア。
夜だいぶ冷え込んできたので製作開始をする
スモークサーモンを作るぶんの最低限の素材量だけはなんとか。
味見で納得行く出来ができたら前々から食べたい言ってた人に配る予定。
今回去年よりも更に調味料の配合かえるのでうまくいくかわからないけどね
pic008_20151026154313f6a.jpg
こんなの食べる前でも絶対美味しいって分かる質の良さじゃん・・・
料理する前からどう調理しようかもう楽しみになる。

ついでに、12月ころからは更に改良した餌を使うそうで、
冬からのウキウキの魚は食味最高になるよ!期待してて!とのこと。
冬季封鎖明けになると思うけどホント楽しみだなぁ。

午後2時半、完全に心折れる。
途中何度も何度もプラグやスプーン投げる誘惑に我慢してたけどもう限界。
それにとにかく寒さが半端ない。秋の服装で行ったけど冬装備が必要だった。
家に帰ってからはストーブの前から離れれなかったくらいだ。
その上に釣れないとなるとなかなかテンション維持していくのは辛い。
正直それでもずっとミノーイングを続ける人達を見て
「絶対この人たちドMでしょ・・・・」(※いい意味で)なんて思ったくらいだ。
荒天の中休憩無しで釣りしてた方もなかなかにMなんですけどね。
(基本エリアやるときはは休憩なし飲食なしのぶっ通しが基本スタイル)
ラストはインレット側に居た友人の隣に陣取って
リアクションジャバーやBFをマメみたいに動かして
いくらかちょいちょいと釣って終了。普通に釣れる。当然か。
データ的に言っても昨年の今頃の釣行はハビィ一辺倒で問題なかったので
普通に釣りをするならボトムゲームで良さそう。
(キャッチアンドリリースコースならマメで、持ち帰りコースならメタルバイブなどかな)

それでも、ただ数を重ねていく釣りではなく、
懸命さを捨てて狙った1尾を取っていくようなエキサイティングなミノーイングをするなら
技術と経験がまだまだ足りない、そう実感した1日だった。
今回の辛さは次回以降釣行に活かせるようにしたい。



次回エリア釣行は8日にウキウキの予定。十和田湖への道路が冬季封鎖になる関係で
ウキウキへは次回が多分年内最終釣行になりそう
11月末からは清水川メインになっていく予定、
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

アジングのつもりがメバリングへ

とりあえず2個めも色を塗った。
pic001_2015102411431329b.jpg
塗装が流れるということを覚えた。室温が低いと乾きにくく
しっかり乾かさないと油断してると塗装取れやすいことを覚えた。

参考にしたカラーがあったんだけど、色の配合ってほんと難しい。
それっぽい色は出たんだけど理想の色が出たわけではなかった。
一朝一夕で身につくものじゃないのはわかっているけどね

トップコートする必要があるので次回釣行に間に合うのは前回のやつとこれの2本。
ルアービルダーというのはこの試行錯誤の繰り返しで色を出していると思うと
大変な仕事なんだなというのがよく分かった。

あ、それとカテゴリ増やしてヒメマスと、アジ&メバル記事を整理します。



10/23 能代港ほか

pic002_20151024115152805.jpg

時刻 21:15→22:10(一箇所目)
    22:50→02:00(二箇所目)
天気 晴れ時々くもり

知人友人やら数人に先週末辺りから
「海好調でっせ」とか「海で釣れてるらしいけどちょっと見てきてよ」とか
そんな感じで尻叩かれていたんだが、十和田湖に行ったり仕事が押し押しだったり
なかなか海まで足を伸ばしては居なかった。海遠いよね。。。
しかし、23日は仕事が20時前に上がりそうだったので次の日が時化だし
せっかくならちょいと行ってみるかって言うことで複数のタックルを持ち車を走らせる。

竿はシーバスロッド、バスロッド、エリアロッドの3本
ラインはPE0.8+フロロ12lb/ナイロン6LB/フロロライン3lb相当
の組み合わせをしてきたので、シーバス、エギング、ロック、アジングなどなど
状況に応じて良さそうな釣りをしていこう、そんな感じ。
ついでに準備は万端と意気込んで行ったものの、
現地についたらハードルアーボックス家に忘れてたんですけどね・・
メバリング用のハードルアーが全滅。割とこれ致命傷でした(´・ω・`)


能代市についてからはサビキ釣りでは定番と言われるポイントなど入る。
いつの間にか常夜灯は用を成さなくなっており周囲は真っ暗。
節電云々で今は河口周辺なんかは特に常夜灯がなくなったと思う。
無論釣り人なんて一人も居ない。まぁ、常夜灯など無くてもロック狙いでいいか
てな事にしてエリアロッド+ジグヘッド(1g)+ダイワ月下美人ビームスティックを。

表層中層低層などなどレンジをそれぞれ移動しながら通していくと何度かヒットが。
この魚の乗らなさはあいつかな?なんてしつこくやってなんとか
pic003_201510241246575b1.jpg
コアジ。15cmくらい?こんなのがコンスタントに釣れたら割といいんだけど
どうもさほどあたりも続かず、どうも集中できてないせいか漫然にキャストしたのか
障害物に引っ掛けジグヘッドを2個ほどなくする。
釣れる釣れないは別として、漫然な釣りが最もよろしくないんだよねぇ。
釣れても釣れなくても集中して考えた釣りは次に繋がるけど
ぼけっとした釣りは身につくもんじゃないし。
ついでに7ヒット2キャッチ。

ってなわけで、気分を変えるためも含め北上。
とある港周辺を目指す。
釣り人は先客で数名居るがそれでもアジングなら問題はなかろう。
水面をよくよく観察するとなかなか悪くない数のコアジが見える。
これサビキでやれば文字通り爆釣だよなぁ、なんて考えながら
前回のアジングのヒットパターンである
ジグヘッド1.2g+バークレバブルサーディン2inchを装着。
ゆっくり、アクションは控えめにダダまきを行う。


あれ?まったく反応無いぞ?
層を変えたリアクション変えても全く反応無し。
それなら、てなわけでまたダイワの月下美人に戻してみたんだがそれも反応無し。
能代でヒットしたジグヘッドに戻してようやくコツコツ、としたあたりが出るように。
メバリングってこんなにシビアなのかなぁ?来年やることがあったら
サーティフォーなど専用メーカーのやつを一度使ってみようかね。

ということで漁港内をちまちませめて
pic008_20151024134214af8.jpg
pic007_20151024134213f7a.jpg
pic006_201510241342118c3.jpg
pic004_20151024134208240.jpg

大きいのから小さいのまで合計ソイ類10キャッチ&小アジ1キャッチ。
まぁ当然だけど小さいのはそのままリリースしたけどね。
軽くエギやミノー投げてみたけど墨跡もない、アジが逃げている雰囲気もないので
数投で終了。今度はタコの仕掛けでも持って行こうかしら。


車に戻ってみると・・・・・奴が。
しゃーない、ってことでクーラーボックス開けてアジをぶら下げる。
pic009_20151024134739c37.jpg
猫っていいなぁ。
縁があったら飼おうかな。
でも今回あげたアジはお気に召さなかったのか、
ある程度引っ張って行ったら放置されてまた寄ってきた。
むむむと思いながらもこれはもしや食べ物をねだっているのではなく・・・と思い
例の画像の「たまらん」と「許す」の部位をサスサスするとこれまたニャアニャア言って可愛いのなんの。
お前さすって欲しかっただけなのか。


海釣りはだいぶ寒くなってきたなぁ。
もう一回行ければいいなとは思うけど行っても多分ロックフィッシュゲームになりそう。
もしくはいっそのことサビキでもやろうかな、などと画策中です。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

実釣で感触確認

はじめてエアブラシを使ってみた。
pic001_201510221240417b3.jpg
特にこれといったコンセプトみたいなものは全く無いんだが
いろいろ見てみても「とりあえずはやってみろ、やると分かる」みたいなのが多かったんで
何も考えず塗ってみたが、こういうカラーリングどっかであったよなぁ?
まぁ、いいや。

ここから地塗り技術をどこまで伸ばしていくかとかはさっぱりわからないが
機を見て時々この手の記事を挟んでいこうと思う。


10/22 近くの貯水池にて。

pic002_2015102217443459d.jpg

時刻 7:30→8:25
天気 くもり

昨日の続きでロッドのテスト。
今回は魚を釣った感触をつかむためにも魚影が多いところへ。
ルアーはダイワのスモラバ+ジャッカルのシザーコーム。

pic006_201510221752598b6.jpg
pic005_20151022175257b19.jpg
pic004_20151022175256890.jpg
pic003_201510221752556ca.jpg
大きいのから小さいのまであわせて7尾。
うーん、魚がかかってみての感触だがこれもちょっとイメージとは違う。
もっともっとハリと弾力性がほしいんだけどなぁ、なんて感じ。
硬さ自体はさほど悪くないんだけど、その割にはロッドパワーというか、
竿がいなしてくれてる感じが殆ど無くてこれで大丈夫なのか不安に。
まあなんとかなる、はず。

本格的な釣りシーズンももう残す所1ヶ月。
頑張って釣行重ねていきたいなぁ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ちょいとアレなロッドでも・・・

とある所で、どうやって釣り人を増やしていこう?そういう話を。
その話のもとを辿って行くと、とある地域の釣り関係団体が資金不足だって話で
どうやって資金源を確保していこう、という話を外野ながら考えてみたんだけど
上~中流だと鮭遡上調査は無理だし、冬場のキャッチアンドリリース区間設定も
川が雪捨場に指定なっているために無理。
後は野池か冬季休業している釣り堀を借りて冬季のみ営業の釣り堀にするくらいか。
まぁそういった場合、監視員は誰がやるのか、人件費は、除雪代は、仕入れは
などなど経費を積み立てていくとコレまた難しい。
室内釣堀なんかだと維持費が莫大だろうしさて、どうしたもんかなとあれこれ。
北陸に住んでいた時期に室内釣堀体験しておけばよかったなぁ。

まぁ、こうやってあれこれと意見を出してこうすればいいんじゃね的な話をしてきたのも
とどのつまり何かこうやってもらえれば自分も冬場釣りに行く選択肢が増えるわけで
自分も冬場楽しめて他の人も楽しめて漁協も潤うなら最高じゃね、なんて。
きっと現実というのは厳しいものだろうけど。




10/21 近くの自然公園にて
pic001_201510211457596d0.jpg

時刻 8:20→8:45
天気:霧

超短時間だがちょっとだけバス釣りへ。
ちょいとわけあって十和田湖もう一度行くことになり、本当は早起きして行く予定だったが
目が覚めたら時計は7時をすでにまわり行くことを断念。明日という日は毎日あるが
明日の釣行と頭を切り替える。

話はちょっと変わるが、日曜日のエリアに何の竿を持っていくか悩んでいた。
実は自分が使っている竿はバスロッドの果てまで柔らかめ(MLクラスまで)なので
もっとパッツンパッツンの竿をもって行きたいと考えていた。
エリアへ数回は割とまともなバスロッドロッドや固めのトラウトロッド持って行ったわけだが
それでもどうも釣れた感じではしっくり来ない、パワー不足が伝わってきていた。
・・・・というわけで、「まともじゃない」ロッドで行こうと考えている。
てなわけで、倉庫から引っ張り出してきたのがコレだ。
pic002_20151021150645964.jpg
Wizz Bass Master 602L
Wizzといえば、低価格品が多いエイテックの中でも更に廉価品が多いブランドで
とある時に「もう使わない」ということでもらったまま倉庫にしまっていた竿である。
もらった時点で安物の竿のせいか(多分実売価格3000円程度?)手入れがされておらず
青サビがついてたりガムテープの破片がついていたんだが、ロッドケースに仕舞っていたし
コレを期にコーティング剤などで磨き上げて使えるようにリール接続部なんかもチェック。
正直ブランクスが特徴的なものでなければ、誰も何のロッドかわからないだろうし
ルアーがキビキビと想定通りに動いてくれるならそれでいいやっていう考え。
当日と同じポンド数の糸で実戦投入して調べてきた。

・・・・・・ん、思ったよりは結構プラグ動くな。
でもガイドはうんこだな。結構絡まりやすい、と。
ロッドがやや重いせいかちょいとバランス悪いな。
後は魚がかかった後の竿の弾力などを見たかったが今回は魚なし。

などなど、3種くらいルアーを使って具合を見たところで本日のタイムアップ。
当日はコレ以外にミノー用に2本持ち込んでみて一番具合良い物を後々にも
使っていこうなんて考えている。

さて、コレが吉と出るか凶と出るか・・・。



今後の予定
もう一回だけ十和田湖行くかもしれません。
~10月末 ブラックバス
~11月末 鯉
~11月末(までに2回位)海
~十和田湖の道路が冬季閉鎖なるまで ウキウキへ
~十和田湖の道路が冬季閉鎖後 清水川メインで

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

十和田湖ひめます釣り2015 #4

まーた旅がしたい病が発症しかけている。
と言っても、仕事の関係上休みはある程度自由が効くが
連休というのは取ることは出来ないため(多分最後にとった連休は10年以上前)
日帰りもしくは弾丸一人旅になってしまうのだが。

ただ、先日一緒にいったご年配の人に言われたけど
「仕事してる時って、ここに行きたい、あそこ行きたい、というのを毎日考えていた。
しかし現実は、仕事をリタイヤする頃には体も心も衰えて
なかなか遠くに行こう、というのを全く考えなくなってしまった。
だから何かを成そうとか何かにとりかかるなら無理してでもやれるうちに」

と。
まぁよく耳にする言葉ではあるが
やはりそういう状況を実際で目で見てその言葉を聞くと重いね。


というわけで、若いうちに多少睡眠を削ってでもまたヒメマス釣りへ行く事に



10/18 十和田湖にて
pic001_201510181155064cb.jpg

時刻 6:00→7:50
天気 霧

前日19時ころに少し休憩・・・・・なんてソファに横になったら
目が覚めたのが朝の2時半。コリャどうしたものかと思い仕事を多少片付けて
何処に行こう?なんてボーッと考えたんだけど今回もヒメマス釣りに行くことに。

と言っても、以前調べた感じでは20日にはだいたい接岸があらかた終わるようで
その頃以降は貧果になるということを見かけていた。
年により接岸時期などはバラバラではあるが、今年は接岸が特に早いことも有り
ピークは解禁日から数日だったという話も。
現に、友人らがいった時はだいぶ魚影は薄くなっていてかなり厳しい釣だった
みたいな話もあったのでどうするか迷ったけどそれでもココはヒトツやったろうか、ってことで。

現場に到着すると岸側はほとんど満席。
桟橋に陣取り釣り開始。
開始早々、ファクター(フォレスト)で1尾キャッチするも後が続かない。
クランクやエグザなども反応がないっていうわけじゃないんだけどとにかく乗らない。
周りを見てもぽつぽつとしか釣れていない上に釣れているのはエサ釣りの人。
こりゃルアーは厳しいかなぁ・・なんて考えながらもとにかくスプーンやクランクの巻き、
そしてエグザなどのボトムルアーでネチネチと攻めていくも7時までで釣果1尾。

流石に1尾のみで帰るというわけには行かないのでココはちょいとひみつのプラン3に移行。
やり方がちょっと言葉で表現するのが難しいけど
桟橋から岸辺へ移動してとにかくサイトで浅場を攻めていく。
やり方はちょいとコツが有るんだけど、先週までは全く居なかったボトムルアー使いが3人も居て
コリャ随分情報広がるの早いな、と思ったんで今回は秘密で。
みんなトラウトガムつけてみたりフライのトレーラをやってる人とか
試行錯誤はしてるみたいなんだけどなかなか手返しは悪そうだったかな。

まぁとにかく残りの40分は一人勝ちして釣り終えました。
pic002_201510181208062aa.jpg
2時間でこの程度かー。
とは言え後半40分で7尾行けたんでまぁ良しとしますか。

ヒメマスは今年はコレで終了予定です。
次回からは地元の釣りを。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

あえて、ナイロンカラーライン。

気になるルアーがあまりにもありすぎてお財布が厳しい、そんな昨今。
特にミノーなんかはやばいですね、ザッガーとハンクルシャッドの新色出ましたし
その他にもダイワのダブルクラッチとかよさ気なのがあるし
近場の釣具店に地元の人が作ったんだというハンドメイドミノーがあったり
まぁ、どうしようかねぇ(´・ω・`)


次回釣行がほぼミノー縛りになりそうなので少し層を厚くしていくべきか悩む。




10/15 青森県新郷村 フィッシングエリアウキウキランドにて。

時刻 9:05→12:00
天気 晴れ。山側からやや強めの吹き下ろし。

いつもどおり今回のヒットルアー(※印:今回初登場)
pic001_20151015162022992.jpg

(上段)
ハンクルシャッド/MATカラー(ハンクル)
トトシャッド(デュオ)
クラピー多種/越トラオリカラ他(ラッキークラフト)×4

(下段)
つぶアン/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
エアーブロー/ペレットオールスターズ(ラッキークラフト)
デカミッツ(ティモン)
BF/シグネイチャーカラー2015(ロデオクラフト)
ジギル/シグネイチャーカラー2015(ロデオクラフト)

コレに加えてジャッカルのダートマジックも追加。

殉職者
ハンクルシャッド
トゥイッチングに馬鹿みたいに反応が良くて調子に乗って50アップ7本目でラインブレイク
この日滅茶苦茶釣れるカラーだったしゲロ吐きたくなるレベル
土曜早朝きっと浮いているでしょう(´Д⊂グスン※追記:MR版の同じ色買いました

ディープクラピーヘビーウエイト/越トラオリカラ (※貸し出し)
ブラウンのデカイのをかけていてファイト中にラインが切れた模様。
べ、べつにまだ買えるし(白目)※追記:買いました

エグザ(※貸し出し)
ラインを外す際に切れたようだ。

マイクロクラピー(譲渡)
八戸から初めてエリアフィッシングをやりに来たという人に譲渡。
これ以外にもマメなどを貸し出して70アップ釣らせました。

釣果:25行かないくらい
pic005_20151016224648a03.jpg

(※同行者の下処理中の魚も一緒に入っています)
60アップは3本。50アップも6連含め結構あったと思うが・・・
3時間程度のうち実釣してたのは1時間半ちょいくらいだったし
まじめに一人で釣りしたのは上がり40分程度だったしこんなものでしょう。
いろいろ試行錯誤を交えながらやった釣りではあるがこんなものかな、といったところ。
てなわけで、今回の釣行記は以下から。



3日前のことだ。私は悩んでいた。
今回はまた初心者を連れて行ったのだが、今回はお年を召している方。
以前連れて行った際に「いやぁ、釣り糸が見えないんですわ・・・」
という話をしていたのでなにかかしら対策をしようと考えていた。
と言ってもPEじゃ費用の問題などを考えると手を出しづらいし

pic001_201510161015194b3.jpg
某D社(※ダイワではない)のカラーライン1号を200mまいてみました。
蛍光イエローなら視認性も高いし視力が弱い方でも安心である。
しかし、このまま使うのであれば釣果が伸びないのは確実なので
ココはフロロラインでリーダーを接続(シーガーグランマックス0.6号)

以前はナイロンラインにフロロリーダーとか意味あるの?なんて考えてたけど
実際使ってみるとなかなか悪くない感じで強度的にもナイロン側からのラインブレイクは無し。
比重がなんかやや重くて少し使いづらい感じはあったが、
ぶっちゃけコレでもいいような気もしてはいたけど、
もともと片方はミノーイング用の6lb巻く予定なので一回の使用で廃棄予定(´・ω・`)

少し早めに出発。
pic002_201510161030347d6.jpg
(※写真はひるころの写真)

清々しいまでの秋晴れ。
せっかくなので十和田湖畔経由で向かう。
この紅葉の赤と湖畔の青は素晴らしい。写真とっておけばよかった。
10月いっぱいはこの景色楽しめそうな感じ。

さて、ウキウキ到着で川側からのアウトレットから開始。

使わせたタックルは
ファントムNT+エムブレム
プレッソイプリミ+フリームスKIX
の2種をメインに、最後自分がミノーイングしているときは今のメイン
シンクロナイザーエボリューション+ヴァンキッシュを貸与。

使用ルアーは
クラピー/カフェコーク
クラピー/スコーカー
クラピー/ストロベリーペレット
エアブロー/ウッドランドペレット
つぶあん
エグザ
BF
Xスティク

この辺を中心に。割と本気でチョイスしてみました。
最大60アップを中心に14尾くらいは釣れていたかな?
カフェコークカラーのクラピーロストした時は白目になったけどね

記念写真にした中から一枚
pic001_20151016163839074.jpg
魚を触るときは手を冷やしてからネット越しで。
何人かエリア連れて行ったり教えたりしてるけどルール遵守だけは口酸っぱく言ってるつもり。
陸揚げしない
スカリに入れた魚は戻さない
などなど。

自分の方はというと、今日はキープサイズにある程度妥協をいれることを決めていたので
今後の遠征を見据えて今までほぼ釣れていなかったルアーを中心に振り分け作業。
まぁ、相性が悪いルアーばっか使ってたから釣果的にはいまいちだったし
1時間もそんなことやってたら飽きてしまって普通のルアー使い出したけどね……。

来年は2回ほど0泊3日の弾丸一人旅をやるつもりなので
そのへんまで見越してタックルのスリム化を計画している。
何回かの釣行で2/3程度に絞り込みたいと考えてていて
使わないのは・・・・タックルケースの肥やしに(´・ω・`)

ついでに
俺「北海道へ釣りに行ってきたよー」
誰か「何処の川行ってきたの?1週間位?」
俺「0泊3日でエリアフィッシングだけど」
誰か「あんた相当馬鹿でしょ」

という反応を殆どの人から受けるんだけどそんなに馬鹿だろうか。

まぁつれた中からそこそこのサイズのブラウン一匹のみ登録。
pic002_20151016165433677.jpg
ほどほど路線で登録するにも2尾は揃える必要あるから
とりあえず1尾だけでも登録しておく。


地元八戸から初めてエリアフィッシングをしに来ました!とかいう人に
ルアーを教えたりフック交換したりして釣り方のレクチャーを。
ペンチで潰してあるシングルフックをヴァンやカルティバなどのフックに変更、
プラグ類もあるよっていう話でクラピーを譲渡して使い方を教える。
とりあえ良型ずまず1尾を釣りましょうって言うことでエグザを貸して
デカイの一匹釣れるところまで見届けて任務完了。
帰り際に八戸でエリアの道具をかえるブレイクさんなどを紹介しておく。


ラスト40分は自分の時間として
ちょっとミノーケースのみを持って少しだけミノーイングの練習。
今回は縦トゥイッチを使って短距離で誘うやり方を
ハンクルシャッドなどで実践してみたけどコレがまた滅茶苦茶連続ヒットで
しかも40後半~60くらいのがどんどんヒットしてきた。
その際に一番ヒットした
pic003_2015101622261479f.jpg

このルアー最後にぶっちぎられてロストしちゃったけど(´Д⊂グスン
(ハンクルシャッド65SR スパークルクリア)
MR版が最近販売開始されたのでとりあえず買ったけどSR版も買い足そうかしら。

時間的には短時間の釣行ではあったが
それでも次回に向けて考えるべきことがいくつか整理できたのは良かった。
この調子で来月末までになんとかイトウを狙って釣り上げたいところだ。



次回エリア釣行は10/25 フィッシングエリアUKを予定。
次回はミノー縛りになりそうだね。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

愚痴っぽいことは余り書くつもりなかったが。

朝起きて、腕をぐるぐる回したり体温を測る。

うん、仕事は無理だけど釣りは大丈夫な体調だ。


前日ひどく具合が悪かったが、なんとかそこそこまで回復してるようだし
謎理論引っさげ釣りに出かけてきたというのが今回のお話。
正直今回はいろんなことがうーん、ということがいろいろありすぎて。



10/11 青森県新郷村 フィッシングエリアUKにて。

時刻 9:10→16:00
天気 曇のち雨、ときおり強風
気温 13度位?

いつもどおり今回のヒットルアー(※印:今回初登場)
pic001_201510121019414ec.jpg
(上段左から)
クラピーヘビーウエイト/越トラオリカラ(ラッキークラフト)
ディープクラピー/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)×2
クラピーD4(ラッキークラフト)
ディープクラピー(ラッキークラフト)
マイクロクラピー2フック/1091カラー(ラッキークラフト)
パニクラMR(ティモン)
グリフォン(メガバス)

(中段左から)
エアーブロー(ラッキークラフト)
エアーブロー/ペレットオールスターズ(ラッキークラフト)
つぶアン/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
つぶアンザンム(ムカイ)
デスロール(アーキテクト)×2 ※
デカミッツ/有頂天(ティモン)×2
ミッツドライ(ティモン)×2
スピッシュ(ノーリス) ※
ハンクルシャッド/MATカラー(ハンクル)

(下段左から)
ハイバースト/オオツカオリカラ(ヴァルケイン)
QM(ロデオクラフト)×2
ロールスイマー(シマノ)
ジギル/シグネイチャー2015(ロデオクラフト)
ノア/シグネイチャー2015(ロデオクラフト)
BF/シグネイチャー2015(ロデオクラフト)×2
ノア/シグネイチャー2015(ロデオクラフト)
AGスプーンリベロ(アールグラッド) ※
マーシャル(フォレスト)
ペレスプ(ムカイ)
NST(ネオスタイル)×2
エグザ(ゴッドハンズ)×3
フォールゾーン(ディスプラウト)

写真に撮り忘れたがXスティックとジギル各1追加。

殉職者
NST×1
エグザ×2
AGスプーンリベロ×1

今回キャッチアンドリリースコースを選択したので、
ペレットタイプのルアーや可変型のルアーが使用可能です。
通常は持ち帰りコースで行くのですが、今回はレギュレーションがゆるいコースを。
その理由ですが今週木曜日超初心者を釣れてウキウキに行く予定なので
そのロケハンも兼ねて選択しました。。

釣果:90尾くらい6割が午前。
pic001_20151013111040e98.jpg
キープ:3尾(キャッチアンドリリース大サイズ持ち帰り上限数2+小サイズ1尾)
2尾はすでに口の中に入っているので写真は一匹のみ。これも今日中に調理。
あまり移動せず同じ場所で粘っていたせいもあるが(移動は一回のみ)
マメ使っておきながらこの釣果はよろしくない。100は行きたかったところ。
前回釣行でロックが入っているのがわかってはいたのでガッツリキープしたかったが
レギュレーション順守しないとね。我慢。

というか、いつの間にこんな無法地帯に?なんて思うことがあって
そのへんも含め今回の釣行記は以下から。



愚痴っぽい事とか否定的な事書きたくないんだけどたまには書く。
一度大量に書いたんだけどうだうだ書くのもアレなので簡潔に。



見てたけどウキウキってこんなに無法地帯だっけ?
と思うことが。

プラグにフェザーついたの使う人、
餌っぽいのを取り付けて投げてる人
放流魚種のブラウンキープしまくってる人、
一度キープした魚をポンドに戻し別のに入れてる人
釣れるたびに盛大に陸揚げして写真とったりしてポンドへ戻してる人
持ち帰りコースでマメ使いまくってる人、
明らかに制限数大幅に超過して持ち帰っている人
ネットやリリーサー持ってるのに使わず手でフック外してる人
とにかく釣れたら陸揚げする人

コレ全部禁止行為なはずなのだがどういうことですかねぇ・・・・。
初心者がやってるならしゃーないと思うんですけど
コレをエリアの道具しっかり揃えてるような人がやってるんだからなんだかなぁ
ちょい前にもこういう事があるよっていうのを某ブログで見たことあったけど
実際近くでやられるとこういうこと本当にあるんだなと微妙な気分に。
人の振り見て我が振り直せ。1釣り人としてルール遵守した釣りを続けていこう。

一ヶ月前にリール依頼出したのに全然修理から帰ってこないどころか
先週まで確実に全く着手すらされていなかった事が判明という
某S社の修理部門の糞っぷりとあいまって別の意味でアレな気分になった釣りだったが
それでもマメやスティック含め一通りルアーチェックして初心者には
どうすればいいのだろうってのを考えれたのでまぁ良しとしたい。

今回イトウも放してたしアルビノも放流されていた。
そこそこにイトウ釣れていたけど今回は自分はノーバイト。残念。

釣りの内容自体はいろいろ考えながらやってはいたが
小物中心の数釣りになってしまったので冬季閉鎖が行われる来月までに
大物釣るための釣り方とは全く違ってることがわかりやり方を考えなおすことにしたので
今回特記事項なんかはなく省略しました(´・ω・`)




今月中のノルマ
・ルアー回収機を自作する(根掛かり回収ではなく浮遊物回収)
今回2回もクランクちぎられて清水川で知り合った人とか、
トーナメントで話したことある人なんかからルアー回収機を借りたけど
あると無いとじゃ安心感が全く違う
失敗したなら既成品購入かな。

・ルアー試し塗り
ようやく塗料等揃えたので始めようかと。

次回エリア釣行
10/15 フィッシングエリアUKの予定(ルアー初心者をつれて半日)
10/25 フィッシングエリアUKの予定。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

十和田湖ひめます釣り2015 #3

体調がひどく悪いので簡略的に。



10/10  十和田湖にて(日付修正)
pic001_201510101027004ad.jpg

時刻 5:30→7:30
天気 曇り+強風
気温 12度位

到着した時強風過ぎて(風速6m以上の横風)
釣りになるか正直微妙なレベルだったが桟橋が開いていたので陣取る。
釣り人の多くは風下や風の影響を受けない場所に陣取っていたが
自分は横風に強く吹かれようが定番ポイントへ。
6時半ころまでは自分以外はほとんど釣れていない状況になるくらい
一人勝ちでヒットもキャッチも出来たかな。
本当にちょっとしたコツなんだけどそれがなかなか見えないっていうのが
釣りの面白さというか醍醐味というか。
まぁ、その後1時間ほどヒットしても近くに寄せても逃げる、抜き上げ時に落ちるなど
クソみたいな状況だったんですけどね!
まぁ、バーブなしのシングルだとそんなものかな、と達観はしている。

7時過ぎからは様子見に来た人やらエサ釣りに来た人やら
もういろんな人がごった煮の混雑具合になったので思うようには投げられなかったが
それでもそこそこの釣果が短時間で出せたんで今日は満足でございます。
隣に入ったエサ釣りのおっちゃんに餌は何がいいとか釣り方何がいいとか
全部教えたら爆釣してたけど、こうやってみるとやっぱエサ釣りは勝負が早いね。


釣果:10匹程度
pic002_20151010164206e23.jpg


ヒットルアー
エグザ
バベル
ロールスイマー
エアーブロー
ふわとろ

体調が戻れば明日はエリア釣行予定です。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

要領は・・・掴んだ。

先日釣ったヒメマスを実食。
pic002_201510081038469bd.jpg
個体はメス。
一般的に託卵したサケマス類は身のほうの味はお察しレベルであるが・・・

pic003_201510081040195cd.jpg
イクラは湯通しして味付けをしてみた。
粒は小さめ、皮もしっかりした感じ。味はなかなか良い感じ。
イクラ好きの人に味見をしてもらったら「お、なかなか良いじゃん」
と、合格点をいただくレベル

pic004_201510081043079c7.jpg
頭の向きが逆になってしまったが、塩ふり焼きをしてみた。
魚の味が最もわかりやすいのは塩ふり焼きということもあり
基本的に初めて食する魚に関しては大抵塩振り焼きにしてみてる。

表面に結構強めの粗塩を、腹を割いて内側の血合いを取り除き
染みこませるように多量の塩を刷り込んでみた。
結果から言えば、内側から塩を刷り込ませるのが超ファインプレーで
塩がきいている部分はなかなか良い感じにおいしくいただけた。

味は見た目とは裏腹に予想よりはおいしくいただけた感じ。
もっとパサパサして川臭いと思っていたがそこそこジューシーさがのこってて
産卵期の魚にしてはなかなか悪く無いじゃん!といった感じ。
ただし、匂いがやっぱ川臭い淡水魚独特の匂いがあったね。
pic005_20151008105049caf.jpg
皮以外完食。ごちそうさまでした。
普通の魚よりもちょいと多めに塩を使うとなかなか美味しい魚だと思う。
通常期に釣れるヒメマスも採れたてをいつか食べてみたい。




10/8 十和田湖にて。
pic001_201510081035099be.jpg

時刻 6:10→7:30
天気 曇り やや風が強い
気温 6度位

先日の釣行でなんとなくどれをどうすればいいのかだいたいわかってきた。
今度は口をしっかり使わせて取るのを第一目標にする。

前回の日記でも書いたが
・赤金橙のいずれかのスプーンをメインに
・マメなんて投げてみたら反応はどうだろう
この辺を中心に色々考えながら、ネイティブのやり方というよりは
エリアのやり方を基軸としてスローな釣りを展開していくのを心がける。
自分の背中にスイッチが付いているわけではないが、意識してエリアではこうやるよな
というのを頭のなかに入れながら釣りするだけで自然と操作方法などが変わるわけで。

結果を言えば
pic006_20151008112848262.jpg
エグザ使っても十分口を使ってくるし

pic007_20151008112946f18.jpg
バベルなんかでも余裕で食ってくる
マメをボトムバンプさせていくのが非常に有効なのをまず確認。
やっぱり予想したとおりだった。派手目カラーでのボトム攻めが有効だと。
メタルバイブが有効だったのも納得がいく釣れっぷり。
目の前でバンプさせると狂った様に食いついてくる
アッパーカットでスレがかりを狙うような釣りではなく、しっかり食わせていく釣りでとれた。

しかし、ボトムばかり攻めていると根掛かりも結構あるので巻きでも勝負したいところ。
と思い、オレキンのファクター1.2g投げてみると1投1尾ペースで一気に4匹釣れる。
なんだ、巻きでも普通にやる気あるやつが大量に居たわけだったというオチ。
実はその前後、隣りにいたカップルの人から「よく釣れてますね、何を使ってるんです?」
という話をしながらこれこれこういう~っていうのを教えていたんだけど
全く釣れずに相方の方はふらふらと釣りに飽き気味になっているのを見ていた。
てなわけで釣れてるタイミングで「このルアー差し上げますので使ってみませんか?」
と、申し出てみる。(使っていたのは10g位もありそうなスプーンだったし)
その後きちんと釣れていたのを見届けたし少しでも楽しい思い出になれば。
一匹釣れれば、それを反復していけるからわかりやすいんだけど
その一匹に到達するのがなかなかうまくいかないことが多いわけで
自分らみたいな釣りキチは幅を利かせて場所を独占して自分だけ楽しむのではなく
そういう人たちに助け舟を出せるような余裕を見せれるようにしたいといつも考えている。

結局今回のヒットルアーまとめてみると
pic008_201510081246537e1.jpg
こんな感じになった。
(コレに加えてエグザの果実シリーズのポンク、ファクターオレキン1.2g。)
考察通りの結果が出て釣果がしっかり出たのは嬉しい。
今回はロールスイマーで一匹だけスレがかりしたが、それ以外はすべて口を使ってきたのを
釣り上げることが出来てなんとかルアーマンとしては面目躍如といったところか。
先日の苦悶ぶりは何だった。

多分バーブ付きやトレブルを使えば3割位は釣果が増えていただろうけど
pic009_20151008125257e64.jpg
1時間ちょっとでリミットほぼいっぱい到達しちゃったんで
無理に取りに行く必要はなかったかな、と。
ヒットだけで言うなら1時間ちょいで20以上はあったと思う。
いい感じで釣れるので楽しい。

流石に十和田湖行きは昼仕事中眠気がマッハになりやすいので
明日以降は特になければ近場の釣りを再開予定です

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

いざ十和田湖へ。

先日釣ってきたロックトラウトでますのすしを作ってみたのだが
自分でもわけがわからないレベルで大失敗。
おかしい、こんなはずでは・・・・・
細かい味の下見を全てスルーしたのが元凶なんだけど
残ってる切り身を使ってもう一度何が悪かったのか検証しないと。



10/6 十和田湖にて
pic005_20151006142411754.jpg

釣り開始時刻 5:00→8:20
天気 晴れ
気温 3度(午前4時)

シマさんら3名で十和田湖でヒメマスに挑戦してきました。
ヒメマス釣りは昨年暮れから釣行を予定していたので今年釣行することは確定してたが
詳しい情報なども含め情報収集がなかなか進んでいなかった。
10/5日にエリアの帰り際に十和田湖に寄って他の人の仕掛けなど
いろいろチェックしていって状況などを把握。シマさんの持ってきた情報などを統合し
いざ5時頃釣りを開始。


が、全く魚の気配がない。


桟橋から流入水があるところに移動しウエーディングで釣りをするも
若干のライズはあるけど魚の明確なアタリや引きは無い。
川の方へ時々背びれを見せて遡上しようとしてた魚が居て
足元によってきたので掬ってみる。
pic002_20151006104248ba4.jpg

pic003_20151006104250171.jpg

30センチ程度の良型のヒメマスだが尾びれはボロボロ、
身にも傷がついて弱って漂っているだけの個体だった。
泳いでいる魚の尾びれがよく見えていたので群れでいるのかな?
ということでしつこく攻めていたのだがどうやら弱った個体が数匹
漂っているだけの感じだったので場所移動。

日曜日の下見で釣れてた人のヒットルアーはだいたいわかっていたので
それに準ずるルアーを投げていく・・・・がどうも反応は薄い。
終了30分前に多少移動してミノーでせめて見るとなかなか反応が悪く無い。
フォールにしっかり追ってくるのが見えるし違和感はあまり受けている感じはない
きっかけは魚が見えている感じだったので最悪スレがかりでもいいから取れないか、
そういうのを考えてトゥイッチをかけて行った際の事だった。
pic004_20151006142317b72.jpg


キャッチは五尾。
でも、そのうち4尾はスレがかり(´・ω・`)
釣果だけをみるのであれば、うん、まぁてな具合なんだけど
ルアーマンとしてみてみればやり方がアレなこともあり落第点ですな。

一応、昨日今日の釣りでやったことなどをまとめてみる。
接岸数も多いし群れている箇所もあるが
ルアーを追ってくるようなやる気のあるやつはどうも群れから離れてる奴っぽい。
明るいプラグ、スプーンで釣れている感じ。
自分も含めてあたりがあったのは
エアーブロー/ストロベリーペレットオールスターズ
エアーブロー/マーボーペレットオールスターズ
AR-S/トリックカラー 04.TGOO
Dコンタクト/オレンジ箔
ミニスペック/パールカラー
赤・オレンジ系をおってきてる感じ。
周り見てもアカキン系スプーンや明るい色のクランクベイトを使っているひとが多いかな。
巻きで追ってくる個体自体は余り多い感じでもない(ちょいとエリアを難しくした感じ?)
書いた以外ではアイビーラインのハビィなんかも日曜日釣ってる人が居て
今回真似をして使ってみたんだけどどうも反応薄。
ルアーカラーが原因と推測している。色が深緑系しかなかった。
フォールで食ってくるのであればそれこそフォールゾーンみたいな
マメなんかも使ってみたらどうだろうなんて考えている。

エサ釣り用としてイクラも持参して使ってみたが反応はない。
一応数匹がちょっとだけ気にしたかのように寄っては来るが
いくらを食べるような素振りは全く無かった。秘策と言うのは失敗すると
大抵はダサい結果になることが往々にあるもので
ルアーロッドにウキと針を取り付けてエサ釣り始めたりしたのはルアーマンとしては
あるまじき釣り方だよなぁ・・・・なんて考えてみたりも。
エサ釣りは無難にサシ餌がいいのかもしれない。
タックルはエリア用3lbで十分必要条件満たしている感じ。
・ロッドはエリアロッドもしくはトラウトロッドでOK
・ラインは3lb~で問題なし。
あえて取りに行くならトレブルフックにしてもいいかもねぇ・・

要領がわかったので次回釣行ではしっかり釣ってこようと思います。
とりあえず連れたヒメマスの食味レポートは後ほど。
美味しかったら通おうかな。滅茶苦茶昼眠いけどね。
明日行こうかと思ってたけど仕事が降ってきたのであさって~金曜あたりにでも
行けたらいいなと、そんなことを考えている。

追記
行ってきました。食味レポートとヒットルアーなどもこちらから

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。