今年度も冬のユーランド清水川釣行を始めようか

ルアーを大量にロストすると、釣り中もテンションがガタ落ちで落ち着かず、
自宅に帰ってロスト分の金額計算した時頭痛がする現象は
なんていう病気なのか定義づけなければいけないと思うんですよね。

エリアでは稀でしか無いがサクラマスなんかやってると結構来るものがある。


11/29 岩手県八幡平市「ユーランド清水川」にて。
pic001_20151129230302876.jpg

時刻 9:00→16:00
天気 曇り、時折強風
気温 1~4度

クソみたいに寒かったがそれ以上に風の強さに手をこまねいた。
それだけでなくあれこれと・・・・。とりあえず例によりヒットルアーを先に。
pic002_20151129231251ad6.jpg
(最上段左から)
カランバ(バスディ)×2
イーリヤ(ゴッドハンズ)
ハビィ(アイビーライン)
ロールスイマー/自塗装(シマノ)
ミッツドライ(ジャッカル)

(中段左から)
パニクラ/越トラオリカラ(ティモン)×2
ココニョロ/自塗装(九重ルアーズ)
ココニョロ(九重ルアーズ)
エアーブロー/自塗装(ラッキークラフト)

(下段左から)
ディープクラピー/自塗装・越トラオリカラ・オオツカオリカラ他(ラッキークラフト)×10
マイクロクラピー(ラッキークラフト)
フラットクラピー(ラッキークラフト)
エグザ・フォールゾーン・NST他豆ルアー各種

殉職者
・クラピー/自塗装 ラインブレイク
・ノア/シグネイチャーカラー スレがかり
・エグザ×6 いつもの

この他にクラピーを2つロストしたんだけど(スプリンクルカラー、美鬼カラー)
一つは何度も池を回って漂っていたのを発見、
もう一つは他の釣り人が拾ったところにお願いして戻してもらいました。
スプリンクルはともかく美鬼は手にはいらないのでなんとしても回収する必要あった。
これら2つはラインブレイクした時自分でも驚くほどテンション下がった。
ロストしたクラピーは
pic009_2015111222221064c.jpg
コレとほぼ同じ配色だったのだが反応がすこぶるよく開始1時間でロストしたのは
結構ダメージがでかかった。どっちにしろまだ塗料があるので、
なんとか素体を用意して同じ色のクラピーを数個量産するつもり。

釣果:60ちょい?
pic006_201511301333351c9.jpg

キープ 60台×1 50台×5 40台×4
今回釣れた魚は婚姻色が非常に強く出たものが多く、
それを避けるとなるとサイズをすべて揃える事ができなかった。
場所的なものなのか、季節的なものなのか、それともそれ以外なのか
その辺についてはよくわからないが大物のうち半数は強く婚姻色が見れた
11月に何度か釣ってきたウキウキランド産のサーモンでスモーク化したのは
ほぼすべて食べてしまったため、今回釣れた個体はスモークにと考え
産卵中など身質が落ちる個体が避けたかった。

しかし今回の釣行は割とそれどころじゃなかったというか。
まぁそのへんも含めて今回の釣行記は以下から。


この季節がやってきた。
pic003_20151130074520dfb.jpg
雪、そしてアイスバーン・
10~11月はビッグワンラリーに参戦するためにウキウキへ通っていたわけだが
冬季閉鎖が行われ山路をいけなくなったことも有り、
冬場はユーランド清水川に行くことにしている。
どちらが楽しいのではなく、どちらも楽しいのではあるが
季節イベントや交通費などのコスト面のことで冬→初夏は清水川
秋口に若干遠征をこなして晩秋をメインに冬以外はウキウキ、そんな感じ。
冬季も冬場が盛んな関東など頑張れば行けないわけではないのだが、
冬道の運転はやはり危険が伴うのであまり積極的な遠征はちょっと。

到着時、釣り人は結構多い感じ(エサ釣り2名、フライ2名、ルアーが10名くらい?)
入ろうと思っていたインレット側はズラッとネットが並んでいたのでアウトレット側へ。
冬場になるとアウトレット側が強いんだよなぁ・・・
そして持ち帰り組は特にアウトレット側に入りたい理由があるんだけど
びっしり詰めて並んでいることも有り諦めてインレット側へ。

開始はマンゴーカラーに塗装したロールスイマーからカニミソに塗装したクラピー
この2種で1時間ちょっとで15尾をさっとキャッチ。
いつもこんなに朝イチ調子いい訳じゃないので
この時点でいろいろ放流済みなど察しておく必要があったかもしれない。
10時半過ぎ位からは池全体が静まっていく。風が非常に強いことも有り
みんなルアー操作に苦戦している感じであったと見ている。
自分も例に違わず、巻き系のスプーンを使うには厳しくて結局プラグを使うことに。
調子いいのはフライマンくらい?いろいろルアーローテーションしていった感じ
途中でパターンを見つけれたのはハビィでのボトムバンプ、
カランバでのスローリトリーブ、クラピー系の表層巻き、そのへんか。

全体的に厳しい時間が時折あるなかでキャッチする魚の多くは
婚姻色が非常に強く出たのが多く釣っても「お、サイズいい感じじゃん」
って思ってもリリースする魚がが続出したため、キープを前提とした釣りは厳しいと感じた。
いろいろ話を聞いていく限り特にインレット側は婚姻色強いのが溜まっていたようだ。
12時過ぎ、ココはもう奥の手を使っていくしか無いと判断。

清水川はアベレージがデカイのでルアーを無くする可能性がとても高く、
できたらあまり高価や入手が厳しいルアーを使いたくはないのだが
リミットに達しないのはまずいと思いカフェコークやら美鬼とか人気があるオリカラを投入
加えてボトムをハビィからエグザやフォールゾーンなど豆系にシフトチェンジ。
pic004_2015113010390622f.jpg
この辺のプラグは基本的に奥の手としているが、
釣れない時は引っ張り出してくるしか無いよなぁ。

というのも、今回クラピーは自塗りを2つ用意してきたのだが、
一つは上に書いてある通り途中でロスト。もう一つも
pic005_20151130104500cee.jpg
こんな感じで塗装がぼろぼろ禿げてしまったことも有り使用に耐えなかった。
色塗りから釣行の期間が短く、急いで仕上げるためにエアブラシで希釈したニス吹いて
2層仕上げにしたのだが、それでは皮膜が薄く耐久度が低かったのが原因。
乾燥までの時間も含め5日くらいかけてゆっくり作らないとどうも厳しいことがわかった。
できたら自塗りの安いルアーや使わなくなったルアーの再塗装品でお茶を濁した釣り
そんなのがお財布には一番優しいのだがまだまだ修行がたりないようだ。

釣りの内容に戻ろう。
その後はちょくちょく移動したりしながらやってたわけだが
風が強く豆系のルアーは合わせのタイミングが遅いのか
ラインブレイクを連発。流石に3連続で切られた時は使用を悩んだ。
結局はヒットカラーをすべてロストする羽目になって後悔するなど。
豆系はしばらく控えようかな(´・ω・`)

途中で美鬼やスプリンクルのクラピーをロストしてもう萎え萎えなったり
そのせいかちょろちょろ場所移動続けたり、あちこち投げたり
まぁ普段じゃ余りやらないくらい挙動不審な釣りしてました・・・。

最終45分はインレットがざっくり開いたので急いで移動。
そこではクランクの表層巻きやココニョロにヒットが結構有り
しかもコンディションが良い魚が結構とれたことも有りなんとか形に。
最初からここに入りたかったなぁ・・・・なんてぼーっと考える。
決してアウトレット側が釣れないなんていうわけでもなかったのだが
藻が結構きつくて幅広いレンジを攻めれなかったことがネックになったかな。
後は上にも書いたとおり産卵を意識してる婚姻色バリバリの魚ばかりで
苦戦した一要因なんだと思う。

久々のユーランド清水川ですが完全に舐めきってたこともありルアーロスト多発で
次回からはしっかりした大物タックルで挑まないと、と気を引き締める。
何度も池の淵をチェックしてロストしたクランクが流れ着いてないか探した時に
なくした一つのクランクはなんとか救出出来たのでそれだけは救いかな。
ついでに去年の清水川釣行の記事を改めて読んでみると
ほぼ同じような状況で「全く学習してないじゃん」ってのが頭にくる。

帰り際、冬はいつもいらっしゃる管理人のお姉さんと猫の話をしながら
「今年の冬もお世話なります」、とそんな挨拶をして帰路へ。
なんだかんだいって秋以外は1年中通っているんですけどね。

温泉に入っていこうと思ったが換えの下着を忘れててそのまま直帰。
次回からは温泉めぐりも再開していきます(`・ω・´)


次回釣行は12/13(日)を予定。今回と同じくユーランド清水川を予定しています。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

自塗り関係ほか雑記。

今週末行われるトラウトキングの大会に友人ほか地元勢が結構参戦するようで
皆様のご健闘をお祈りしたいところ。
何はともあれ、道中悪天候なので事故だけには注意ということで。


開いている時間にまた時々塗りたくって遊んでいます。
pic002_20151128121835c9c.jpg
ロールスイマーをベースに某R社のマンゴーカラーを塗ってみたり
(裏面マッドブラックじゃないからセーフだよね!?)
pic001_2015112812183432b.jpg

そういえばカニミソカラーってあまり持っていないしちょいと塗ってみようかな?
そんな感じでスプーンの配色を参考にカニミソイエロー的なの塗ってみたり
(上のルアーは夜光&パールホワイトやろうとして失敗してしまったやつ)

pic003_20151128121837943.jpg

レギュレーションの関係で使えない場合が多いのでお蔵入りしていた大人のエグザを
脱毛処理して塗りなおしてみたり※まだ製作途中
(毛なんて燃やせばいいだけじゃん!なんて思ってコンロで炙ったら
 素材の融点が低くルアーそのものが燃えて溶けてしまったしとかも)
その他色々まぁいろいろ楽しく遊びに行けないなりに楽しんでいます。
今月のアングリングファンがそれこそ色の特集だったので参考にするなども一応。

現在使用している塗料はいずれも水で希釈可能なデルタセラムコート(アクリル)と
アサヒペン水性エナメル塗料この2種をメインで使っています。(時々もらったタミヤカラーも使うけど溶剤の匂いがね・・・)
エアブラシが無くても色塗りなんてラッカースプレーでいけないこともないんだけど
ネックとなるのはやはり色の複雑さと種類ということになるんだよねぇ・・・・。
ということで、ちょいとしたツテでエアブラシ持ってる人が居て借りているのが今の状況。
でも考えてみると普通に全部買って・・・なんて考えるとハードル高いんだよね。
自分は運が良かった、ただそれだけなのかもしれない。
pic004_20151128132009fe3.jpg
でも、こういう感じで既成品だけじゃ補えなかった色を案外簡単に揃えれたり
全くこういうことやったことない自分が数回やるだけでそれなりにと思えるような
そんなことできるのでいろいろ試してみようと考えている。
(画像のは3つのみだけ塗装済み製品)


以前釣ってきたコハダは三枚に下ろして塩で水分を除いた後
酢で締めておいしくいただきました。
pic005_20151128145738dd7.jpg

感想?
めっちゃ寿司屋のコハダだった!

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

やはりマメは格が違った・・・

今回この欄に何をかこうか迷ったんだけどとにかく寒いな、くらいしか。
あ、雪降ってるのでタイヤ交換は必須です。
冬将軍、油断大敵。


11/23 青森県新郷村「フィッシングエリアUK」にて。
pic001_20151124002826e68.jpg

時刻 13:00→16:00
天気 雪
気温 マイナス1度

冬&冬&冬&冬
雪が降ってほんとやばい一日でした。中途半端な防寒対策だったら詰んでた。
とりあえず今回もヒットルアーから。(※印;今回初登場)
pic002_20151124003343770.jpg
(左上から)
ザッガー/自塗装(ハンクル)
カランバ(バスディ)×2
エアーブロー/自塗装(ラッキークラフト)
クラピーD4/自塗装(ラッキークラフト)
ダートラン/越トラオリカラ(ジャッカル)※
ココニョロウレタンモデル/越トラオリカラ(九重ルアーズ)※

(左下から)
エグザ/自塗装(ゴッドハンズ)
エグザ(ゴッドハンズ)
フォールゾーン(ディスプラウト)×2
水牛スプーン(ワイズカスタム)

殉職者
カランバ×1 ラインブレイク
フォールゾーン×2 ラインブレイク

※今回はキャッチアンドリリースコースなのでフォールゾーン等
マメと言われる関連のルアーは使用可。

釣果:52尾
pic005_20151124201544c00.jpg

持ち帰りはこの1尾のみ(キャッチアンドリリースコースのため)
40~50程度のニジマスがコンスタントにつれたものの、
記録更新に必要なサイズはキャッチできず。
今期最後のUK遠征は以下から。


秋田県側から十和田湖畔を抜けていくルートは11/25日で冬季閉鎖となる。
pic003_2015112419145237c.jpg
そんなことで、23日は仕事がガッツリ入っていても、なんとか午前中に処理して
今年のUKでの釣り納めを考えていた。

若干寝坊したことと、仕事におかわりが入ったことも有り仕事が押し押し。
結局UK到着は午後1時頃の到着となる。
釣り人は合計で5名。友人、以前トーナメントに出た時に一緒になったご夫婦様、
後は餌池のほうでフライとルアーをそれぞれしていたご夫婦かな?
いずれにせよ、ココ最近激混みと言われていたにも関わらず、今回はかなりの少人数での釣りに。
(※後にきいたことだが午前中は例により激混みだったらしい)

基本は今回も自塗りしたルアーのチェックがメイン。
使いみちに困っていた大人のエグザ(※レギュレーションの関係で使えない場合が多い)
を何種類かの方法で脱毛して着色したもののチェックもあったので
今回はマメも使えるレギュレーションが適用されるキャッチアンドリリースコースを選択。
ついでに後々このエグザの脱毛関係の話も別記事で。

エアーブローの緑・・・・バイトが頻発するし悪くないが乗りが悪い。魚寄るし要フック調整
クラピーの自塗オリーブ・・・大変よい感じだが前日急遽塗って急遽コーティングしたせいか
一部コーティングが剥がれてしまったので後々手直し必要。
ザッガーの自塗オリーブ・・・反応弱し。ミノーに反応が薄いかと思ったが別の色では反応あり。
次回釣行でも結果でなければ塗り直し。
                   などなど。

今回はこれら一通りチェックした後、前回必ずコレベストパターンだろと思ってた
カランバのどスロー巻きを。無論、ドンピシャ。
40~50サイズの良型が何度もヒットする。そしてロスト。はぁ。
カランバは3種持っているけど一番使ってるのをロストしてしまった。
明日にでも釣具店へ走る予定なんだけどね。
多分もうちょっとカランバの表層巻きは効くと思う。
バイトが浅めなのでしっかり見て合わせないと乗り切らないけどね。

カランバOKなら水牛スプーンでもイケるかな?と思ったけど水牛スプーンは
カランバに比べて、ではあるがそんなにドスローで巻けるわけじゃないので反応がいまいち。
またカランバに戻してヒット、みたいな感じに。

その後ココニョロのウレタンモデルやらダートランをつかってちまちま釣ったけど
・・・しかし天気がひどい。外気温は氷点下。天候もみぞれ混じりの雪。
インナーは結構着込んできていたのでさほど寒さは感じなかったのだが
それでも今回手袋をしてこなかったので手がかじかむような寒さ。
朝から結構目が回るレベルの忙しさからの~釣りだったので飯も食わないできてたし
ガス欠気味での釣りだったのだが
pic004_20151124194129be3.jpg
近くで一緒に釣りをしていたご夫婦様にコーヒーを頂きました(゚∀゚)
尾崎豊の曲じゃないけど120円のぬくもりだってこんな天気じゃ天国の暖かさ。

へぇー世界一のバリスタが選んだコーヒーねぇ・・・。
コーヒーかぁ……
うん、コーヒーなんだし使うか!

さすが世界一のバリスタ。
味もいいし投げ始めたフォールゾーンには次々バカスカヒットが続く。
まぁ、UKではあまりこの手のルアーを使う人いないし釣れて当然ちゃ当然なんだけど。
その後エサ釣り池のほうでもワンキャストワンヒットだったのだが
途中でPEが巻いてあるほうのリールがライントラブルで使えなく。
仕方なくフロロ巻いてたほうでやってみるも、もう15:30ころには暗くて
ラインでアタリとるには困難な状況に。再び暗い中FGでフロロ巻き直してるも
もたもたしてしまい結局は3時間で50尾程度といった結果に。
時にはこういったわんこそば的な釣り方もやっておかないと感覚がね。
冬~春にはだいぶお世話になるパターンだし。

釣りってこういう偶然やこじつけが、ズバッとそのパターンにハマるってことが多々ある。
こういうのも釣りの楽しさのヒトツなのかもしれないなぁ。
(いう人に言わせれば偶然に頼る時点でまだまだなんだろうけどね。)


そんなこんなで今年のUK通いもコレで終了。
残念ながら記録も去年並といった散々な結果に。
ビッグワンラリー登録日にイトウをバラしてしまったのが全てだったかな。
アレでなんかいろいろ歯車狂っていってしまった感じがする。
来年頑張りましょう。UKへの次回釣行は4月上旬を予定しています。


次回エリア釣行は11/29 ユーランド清水川を予定しています。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

サビキでアジコハダ乱舞。

釣りビジョンの今回のエリアトラベラーズがビッグファイト松本だった。
友人と初回放送をだらりと見ていたが、今年春の釣行を思い出すような映像で
また北海道に行きたいという気運がむくむくと湧いてきた。
しかし今行くには・・・・・絶対寒いだろうなぁ。来年かなぁ。
でも尻別川も行きたいしなぁ。思いは膨らむ。



11/17 秋田県能代市岸壁にて。
pic003_20151118060834b59.jpg

時刻 4:40→7:10
天気 曇り時々雨
気温 9度位

今回はシマさんとその同級生の3名で海へいってまいりました。
ターゲットはアジメインな話をしていましたがタックルに関してはご自由に、
てなわけで様々なシチュエーションに対応できる道具を用意。

海に到着時はまだ真っ暗。
周りには釣り人結構いるようだがそれでもまだ時合が来ている感じではなさそう。
周りもみんなサビキをチョイスする中、自分は広範囲を浅くサーチすることを考えながら
ダイワの月下美人ビームスティックで軽く2キャッチ。バイトは多数。
いろんな層を攻めてみたけど全体的には表層より1mくらい下かなぁ。
結構当たりが頻発してきてるので、まもなく時合か・・・と考えていると
にわかに周りの釣り人が慌ただしくなりはじめる。

そう感じたので今度はルアーからサビキにチェンジ。
使ったのはハヤブサの秋田エリア。サビキとしては割と高価だが釣果は圧倒的。
何のターゲットを狙うにしても事前情報は大切大切。
入れ食いが始める。とにかくアジ、イワシ、コハダが連発。
特にコハダの頻度が非常に高く、上層に群れをなしてヒットしてくる感じ。
pic001_20151118060801686.jpg

1時間くらい楽しんだあとメインで釣れてくるコハダもこれ以上いらないと感じ
途中からは連れたコハダはリリースなど。
今度は下のレンジを狙い撃ちすることにして円錐ウキに重めのガン玉を装着し、
コハダのレンジを避けて一気に底狙いする。
pic002_20151118060729fad.jpg

そうすると今度はクロダイの幼魚が。
小さい割にはしっかり引いてくるので案外楽しい。

~~~表層~~~
コハダ
アジ/イワシ
クロダイ
~~~底面~~~
こんな感じで魚の層ができている感じだった。
特にコハダが非常に多くて周りにはコハダは釣れてもクーラーに入れない人が多数。
コハダって高級魚なんだけどなぁ(´・ω・`)
地元では三大「釣り人に価値を過小評価されてる魚」だと思う。(コハダ、サワラ、サヨリ)


そんな感じで仕事の時間も有り7時過ぎタイムアップ。
pic007_20151118060944902.jpg
pic006_20151118060943b82.jpg
アジは少なめだけどコハダは結構つれたなぁ。
コリャ仕込みが結構時間掛かりそうだ。

久々の海、久々のサビキ。良い釣りでした。
シマさんお誘いありがとうございました。
状況に応じた釣りやレンジを考えることの大切さがよく分かるね。
もう今年はこれから時化が続くようだし足は遠のきそう。
(ぶりやタラ船のお誘いなんかも結構あるんだけどゲロ吐きそうだし)
まぁ、次の釣りをだらりと考えていこうかな。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

色塗りで気を紛らわせる日々。

当初の予定(10月上旬の予定段階)では
11/22日休みにするから釣り行くわ→仕事がたんまりはいって計画倒れ
ってな具合になってしまいまして
じゃぁ23日休みにするから釣り行くわ→つい先程比較的大きな注文が入る
なんてことに。

昨年は11/16にこの仕事が入ったので、前々から11/15日は
仕事をが入ってくるであろうことを前提として
次の日曜を休みにしようとずっと調整してきたのだがまさか調整先のほうに
予定をぶち込まれるとは予定外だった(´・ω・`)

でも、お仕事があるっていいことだと割り切りふたつ返事でお受けしました。
ただ、午後からはなんとか開けれそうなので半日だけでも釣りに行けたらいいなぁ。



ココ数日は釣りに行こうと決めていた23日に使用予定
(で終わるかもしれないけど)のルアーをいろいろと塗ってました。

今週初めのこと
友人「前借りてテストしたココニョロ同じの欲しいんだけど」
私「塗料まだあるしブランクさえ持ってくれれば無料で塗るでー」


そんなことで以前使ってよかったカラーなど塗ったのだが、その際
私「そういえば使っていないルアーとか無いの?」てな問いに
友人「もう使わないルアーひとまとめにしてタック○ベリーに売ろうと思ってる」
なんて話をしたので、その中から一部を買い取らせてもらうことに。
pic001_201511151240300ab.jpg
ロールスイマー、ノア、アキュラシー、ハイバーストX、プラグなどあれこれを
かなりの破格で譲り受けました。下地がホワイトのものは基本的に下塗りいらないので
表面のコーティングを軽く紙やすりで撫でるだけですぐに塗装に移れる。
同様に、白のプラグもそのままいけるし色が薄いものなどはそれを活かして上塗りするだけでいい。

その買いとった一部のスプーンと、手直し必要なルアーやブランクを
とある有名ドコロのルアー塗装をガッツリやっているサイトさんの配色などを参考に
pic002_201511151251502a4.jpg
あれこれと複数種を塗ったり再塗装したり。
(前回使用したココニョロとクラピーだが、トップコートにラッカーを使ってひどいことになり、
幾つかの溶剤を使って完全に塗装落として再利用している。
塗装の知識0で手探りでやっているので塗料の組み合わせの良し悪し知らなかった)
自分で塗ったり剥がしたりすることを覚えるとカラーバリエーションに幅が広がるし
持っていない蛍光のルアーカラーの幅を広げるのも容易なのはありがたい。

このほか昨日発売されてたオオツカオリカラのW美鬼も近いうちに届く予定
とりあえず今のところ戦力補強は今年はコレで最終にするつもり。あったとしても
アールグラッドのリベロの重いのが発売されたら手を出すかな?と考えている程度かな。

余談だがオリカラって転売がひどいね。平気で3倍くらいの価格で売られてるの見ると
そりゃ「真に使用して頂ける方の手元で
この子たちが活躍してくれますように・・・」
なんても言いたくなるわなぁ・・とかなんとか。




11/17 海釣り(サビキ)
11/23 半日だけでもエリアに行ければ
11/29もしくは12/6 エリア釣行予定
バックレポイントがたまってたらもしかしたら平日仕事投げ出すかも。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

今年度ブラックバス最終釣行

pic001_201511131433286d4.jpg

先日釣ってきたニジマスのスモークサーモン化処理開始。
すべて魚は釣りたてほやほやが美味しいと思われがちだがそんなことはない。
魚種や調理法などによって味が大きく異なるのでどの段階がいいか考えなくてはならない。
特にサーモン系は釣れたてホヤホヤだと身が柔らかすぎるんだよね。
骨も抜きにくいし基本的には1日程度しっかり固めてから処理している。



2015/11/13 近くの自然公園にて
pic001_20151113223911880.jpg

時刻 7:50→8:30
天気 快晴
気温 0度

昨年は11/8で終了していたのだが今年はどうだろう?とスモラバ片手に。
珍しく他の釣り人が。使っているのは・・・随分古めかしい道具だがこれはコイ釣りかな?
なんて思って「おはようございます~!鯉釣りですか~?」なんて声掛けようとしたら
こっちみるやいなやすごい勢いで撤退準備を。いやいや、おれは職員とかじゃないし?
なーんて道具を見てたら、ああなるほど全力でガラ掛けね・・・・。
まぁ、見なかったことにして鯉の状況など軽く話をしてなぜココの鯉が渋いのか、てな話を
立ち話で10分位もダラダラとやってしまう。

帰ったのを見届けたあとこちらもそそくさと道具を組み始める。
スモラバにシザーコームの組み合わせで手早く目ぼしいポイントをせめて見るけど
小さい反応が一度あった程度で今回はノーフィッシュ。

pic002_20151113232615d4b.jpg

ということでもう直ぐ側まで冬が近づいているのでバスは今シーズン最終に。
2シーズン目はサイズはのびなかったものの数はそれなりに重ねれたかな。
年末に総括をします。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

自塗装品のみ縛り、とな?

バーガーキングのビッグななんとかフェアの話を見ながら
でっかい夢を語るとしたら何がいいだろう、そんなことをふと思ってた。

そうだなぁ、仕事1年位ぶん投げて釣りしながら放浪なんてどうかな。
全然ビッグでないって?身の丈ってものがあるんですよ、うん。
でも人ってやっぱ仕事するため"だけ"に生きてるもんじゃないってつくづく思う。


・・・・なので今日は仕事ぶん投げてウキウキに遊びに行ったよ!



11/12 青森県新郷村「フィッシングエリアUK」にて
pic001_201511121529511c2.jpg

時刻 9:00→12:00
天気 快晴
気温 2度(8時半)→10度(12時)
風  ほぼなし

朝は多少霜が降りる程度まで冷え込むも、太陽はてり続け
昼間には小春日和と言っていいような気持ちのいい天気に。
レジャーとしての釣りでみるならコレほど恵まれた天気はないと思う

例によりとりあえず今回のヒットルアーから。
pic002_20151112152952034.jpg

(左上から)
ココニョロ/自塗装 (九重ルアーズ)×4
エアーブロー/自塗装(ラッキークラフト)
ディープクラピー/自塗装(ラッキークラフト)
ザッガー/自塗装(ハンクル)

(左下から)
中華スプーン/自塗装(メーカー不明)
ハビィ/自塗装(アイビーライン)
カランバ(バスディ)

殉職者
サーフェスエアーブロー:ラインブレイクしたココニョロが浮いてきたので
それを引っ掛けるために周囲を何度も巻いてたらデカイのがヒットしてラインブレイク

陸っぱりルアーキャッチ(グロー色):投げたら切れて飛んでいきました……
田んぼ側の中央から2~3m先に沈んでいると思います(´Д⊂グスン
使わないスティックあるしやっぱ自作するか

終い30分ちょっとだけはハンクルシャッドなどちょいミノーイングもやったけど
基本的には見ての通り今回は自塗装カラー縛りでの釣りでした。
いろいろ調べたりなんなりしてどんなのがいいのかを考えながら塗ってみました。
友人がブランクのルアーを持って塗装依頼に来るのでそれの検証も含め
どういった感じでオリカラを出していけばいいのかを調べるのが今回の釣行の目的。
ついでにカランバだけは釣座が近くで以前ちょいとやり方教えたことのある方が今日も居て
かなり苦戦していたので「今日はこんなルアーでこうやってこのパターンが・・・」
ってな具合で釣ってみせた時に使用。こういうデモンストレートするときなど、
ココイチで掛けたい時結構失敗するんだけどドンピシャでつれたのでガッツポーズしてました。
こんなエンジョイ勢の私でも少しは上達してたようだ。

釣果:35くらい
pic006_20151112222205b7f.jpg

キープ:40台×3(釣果で言えば50台×3、40台も10本程度)
最後の30分だけミノーイングにまた挑戦してた。9時→10時ころまでは比較的渋めだったが
日が昇ってきて魚が浮き始めたら水面ややしたの魚が高反応だったかな。
キープに関しては釣れた魚でデカイのはバリバリの婚姻色だったりして
個体の選別を行った結果こんな感じに。
特別デカイってのはないけどそれでも美味しそうな肥えている個体を揃えたつもり。
pic003_20151112154336217.jpg
こんなのとか
pic004_20151112154425ee4.jpg
こんなのはハズレ率高い気がするのでリリース。
下の写真の方は50中盤くらいあったけど計測に回しておくべきだったかなぁ
昨年は11/18には降雪しているので次回の休みにイケるかどうかが正直微妙で。
雪が降るともう春までは来れなくなるのでその辺も考えておかなきゃ
ついでにこれらの個体はスモークサーモン制作に回す予定

そんなわけで今回の釣行記は以下から。


自分でルアーを作って釣りに行く。それが一つの釣りの到達点ではあるが
エリアフィッシングの場合、自作ルアーが禁止されているところは多い。
例えば今回伺っているウキウキランドなんかも自作ルアーは禁止とされている
しかし、カラーはもちろん自由である。そういうことも有り、エリアフィッシングの業界?世界?
まぁどっちでもいいけど自分の思い描いたカラーを塗って釣りに出るというのは
誰しもが一度は思い浮かべることなんじゃないかなと思っている

例えば
隣の人が見たこと無い配色のルアーで釣っていた時
限定カラーが欲しいのに売り切れていた時
とあるカラーがほしいのにメーカーのラインナップにはなかった時
カラーが気に食わないために死蔵したルアーが増えてきた時
ブランクや中古は安く買えるんだけど色がなぁ・・・なんて思った時
・・・
・・



タイミングや状況というのは人それぞれかもしれないが心あたりがあるはず。
今回に至るまでもちょくちょく自塗装品で釣ったりはしていたけど
秋口からエアブラシ片手にズブズブと底なしの沼に挑み始めました。
pic005_20151112221417f23.jpg

そういうことでブランクルアーを販売しているザッガーとココニョロを中心に
アクアエリアの処分品にあったエアーブローのクリアなどを塗装してみたんだが
ようやくガッツリ使う機会に巡りあった感じ。
ロストが多い清水川釣行でもメインに据えて行きたいので
まずはウキウキで幸先良い結果を出したい所。
(ココニョロとザッガーに関しては既成品の塗装済み品の単価が半分)

まぁ結果から書いていけば
pic007_20151112222207d11.jpg
これとか
pic008_2015111222220856f.jpg
これとか
pic009_2015111222221064c.jpg
これとか。
特に一番上はまじでウオッという艶めかしい感じでビビる。
マジでやばい。チェイスも激しいし別カラーのココニョロを続けたあとでも連発。
普通に1軍で全く問題ない。
魚もデカイのばっかチェイスしてヒットするしこれから重宝していきそうな感じ。
他にもいくつかあるんだけどこの3つは特に飛び抜けた感じだったかな。
まぁ、気に食わなければまた色落として別の塗ればいいだけだしね。
もしくは新しくブランクを買うか、でもいいか。
エアーブローも割といいし、今回使った自塗りルアーに関しては
全く釣れなかったというのは0に終わった。良きことかな。

釣り自体は開始から40分程度まではやや渋めだったりしたが
そこから徐々に活性が上がったのかポツポツと釣れ始め
上記の3つ、それとハビィには連続ヒットが続いた。レンジが若干シビアだったかな。
なかなか苦戦していた人も居てきっちりルアー合わせないと苦労する感じだった。

サイズ自体は大きく伸ばせなかったが、それでも気分晴れやか。
どんなのがいいのかってのがわかってき始めた、そんな一日だった。



午前で釣りを終え帰り支度をするとどこかで見たことがあるような方がミノーイングを。
ああ、こちらのブログを書いている人かな?と思って声をかけてみたらビンゴ。
あれこれミノーイングとはどうすればいいのか、いろいろ聞かせていただきました。
なるほど、と思うことばかりでここまで深く考えてやっているんだななんてため息が出る。
と同時に、正しい?間違っている?というわけではないけどただ散らせるだけのミノーイングか、
それとも狙って取っていくミノーイングか、その差は歴然と出るなと感じた。
そして自分がやってるミノーイングは散らす要因が多いなということも。
内容まではお教えすることは出来ませんが(せっかくご厚意で教えてもらったことだし)
やはり上手いと思ったら教えてもらうと言うのはとても大事だなと。
そしてその道は険しいなと改めて思う。
この出会いに感謝し考えながら次回釣行に活かしていきたい。



次回以降のエリア釣行予定

11/23 フィッシングエリアUK
(※冬季閉鎖が行われた場合予定を変更する場合もあり)
12/6 ユーランド清水川

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

釈迦内釣り堀センターへ行ってきました。

以前自塗したココニョロだが一回だけで結論もなぁなんて考えていたので
友人にもテストをお願いしていたのだが結果が出てきた。
2つのうちピンク系のココニョロは合格点もらったこともあり
同じカラーを使ってエアーブローなどもこの色を使ったオリカラ制作。
ついでに赤一色の方は問題外だったらしく、近いうちに一部の色を落として
蛍光系のバイトマーカーを付与したいと考えている。

平行して幾つかも塗っているけど
pic001_20151109134959143.jpg
上:自作白桃カラー(濃)+薄めの赤
下:自作エメラルドグリーン+自作白桃カラー+グロープレート(夜光)

塗り関係の記事は別にまとめたほうがいい気がしてきた。
てなわけで後々まとめたいと思うが今回は別の話。



11/8 秋田県大館市 「釈迦内釣り堀センター」 にて

pic002_20151109141832000.jpg


時刻 15:20→16:00
天気 小雨

今回は"エリアフィッシング"ではなく"釣り堀"です。
使用タックル
渓流ロッド 5m40cm
道糸  ナイロンライン12lb
ハリス フロロライン 6lb
ウキ   棒ウキ
針    チヌバリ5号
餌    鯉師+鯉のぼり+さなぎ粉

初めての「釣り堀」での釣り。




今回伺ったのは大館市「釈迦内釣り堀センター」

営業時間     9時頃~16時(多少の前後あり)
休業日      冬期間(今年は11/15日が最終日、来年4月営業再開)
ターゲット     鯉
レギュレーション 延べ竿、エサ釣りのみ(生き餌、練り餌ともにOK)
池の大きさ深さ  約420㎡、深さは1mちょい、中央からは常時酸素吹き出しあり

10年ほど前までは早朝から営業していたそうだが今現在は
基本的には上記の営業時間で行っているそうです。
pic003_201511091429254fe.jpg

料金体系はやや特殊。
最初1時間は600円で、1時間毎に300円?そのくらいづつ加算されていくシステムだが
釣れた鯉の総重量に応じて料金が差し引かれる。
釣れ具合によっては1時間200円程度でゆっくり楽しむことができるようだ。



お葬式がありまして、その後釣りに行く予定を立てていたわけだが
急いで釣り場に急ぐも到着したのが15:10分。
更に道具をセッティングして受付行く・・・・
「営業時間16時までになっているけどそれでもいい?」という話。
ネットの情報を見ても営業時間など書いているところなどもなく
以前も言ったことあるけど電話帳の情報?をロンダリングして掲載しているだけで
足運んで得たような情報が無いクソばっかりなので営業時間まではわからなかったんだよね
(まぁ、だからこそマイナーと言われるエリアにも結構足運んでいるんだけど)

pic004_20151110072841055.jpg

手っ取り早く餌を配合して、集魚の意味も含めやや大きめの団子で開始。
3~4投ほどヘチを中心に餌を打ち返ししていくと魚が集まってきたのか
いい感じで反応がではじめる。ただ、問題はどの段階で合わせを入れるか。
マルキューなどが公開している動画をみる限りは、反応が出た時点で即合わせしているが
野池での鯉釣りなんかはしっかり飲むまでじっと待つのがセオリー(と考えている)

うーん、どうするべきか?なんてところで即合わせ。
・・・・・・・2cmくらいのモロコが釣れる。いやいや、こんなの釣っても。
なんてことで何度か打ち返ししてようやく、なんてところで時間切れ。
実質30分で何できるわけでもなかったけどとりあえず雰囲気だけでもわかっただけでも収穫か。



その後管理人さんの人と常連さんの人に声かけてしばし歓談。
こういう釣り堀での釣りは初めてだったので仕掛けなども含め色々聞いてみた。
常連さんや管理人さんに素直に聞いてみる、エリアでもそうだけど上達の早道だ
エリアでもそうだけど聞かれて牟岐にするような釣り人なんてよっぽどじゃないと居ないしね

遠くから見られていたんだけどやっぱ餌でかくつけすぎていたのはまずかったようだ。
推奨仕掛けは道糸フロロ3号/ナイロン5号程度。
ハリスはフロロ2号程度が一番好ましく、とにかく釣り堀の場合は
そばで釣りをしている人がいるので周りに絡まないように常に主導権を握れるよう
結構パワーが有るセッティングをするのが望ましいとのこと。
針はやはりスレ針がよくおすすめはヘラスレ針(鯉用)などがいい。
その他狙い場なども一通り全て聞くことが出来、次回釣行でどういうタックルで行けばいいか
ある程度見通しがついた感じになった。

「今シーズンは何時まで営業してるんですか?」ッて聞いてみたら
「来週には竿納めです」とのこと。むむむ、早朝とかやってるならまだしも9時営業だと
朝のひとときに行くとかっていう芸当はできないしどうしたもんかな、と。
方向性としては来年にリベンジ釣行になりそうな感じだなぁ。



しかし言わせてもらいたい。
ビールのP箱に座って鯉釣りをする。
俺は最高にクールと思った。
エサ釣りの鯉の釣堀なんて昔ながらの古臭いと思われがちだが
いろんな釣りをしてぐるっと帰ってくると案外コレがクール。
ついでに、今回お話した常連さんはそのパターンだった。
来年はきっちりやってみようかな。
pic005_20151110074656da0.jpg
来年またこの釣り座に戻ってこれるといいなぁ。



霜が降るまでちょいと野池の方で釣りする予定です。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

エリアのエサ釣りまでして来た。

業界関係で不幸事があって8日の釣行は全キャンセルに。
昨年の同時期も別用事で急な仕事が舞い込みエリア釣行がボツったんだっけ。
でも不幸事じゃ仕方ない。何処で誰にお世話なるかもわからないしね。
そんなわけで今回はきっちり結果を出していきたい釣りだったのだが・・・・



11/5 青森県新郷村 「ウキウキランド」にて
pic001_20151105184943928.jpg

時刻 9:00→12:00(ルアー)
   12:15→12:45(延長戦)
天気 晴れ
気温 この時期には珍しい18度
風  そよ風レベル

天候コンデション的に考えるとほぼ文句のつけよう無いレベル。

例により今回のヒットルアーを。
pic002_2015110518570145e.jpg

(左上から)
ミッツドライ(ティモン)
ザッガー/自塗装(ハンクル)×2
ココニョロインジェクション/自塗装(九重ルアーズ)×2
ココニョロインジェクション(九重ルアーズ)
エアーブロー/自塗装(ラッキークラフト)
パニクラDR/越トラオリカラ(ティモン)×2

(左下から)
ロールスイマー(シマノ)
ミュー(フォレスト)
シーライドミニ(ブルーブルー)※今回初登場

今回は自塗装組のチェックを中心に。
ココニョロの自塗装は割といい感じにヒットしたかな。
pic003_201511051905399ae.jpg
このカラーの塗料はやや多めにブレンド、備蓄したのでちょいといろいろやって定番化しようかな。
このほか、ピンクのザッガーにも結構ヒットが続いてたし(ほとんどバレたけど)
白、ピンク系を中心にしたローテーションを組むのが正解だったかもしれない。

なーんて書きながら実はあんまし白やピンク系のルアー持っていないんだけどね。
一人でやっていたならがりっとローテーション回すんだけど
今回は同伴者が居たのでそれらにも気を配りながらやってたことも有り
そこまで頭回らなかったのが痛い。

釣果:20尾未満(ルアー)
    10尾程度?(餌)
pic004_20151105192036464.jpg
キープ 50台×2 40台×2 ブラウン×1(※UK管理人様許諾済み)
釣行記の中身で書きますが、エサ釣り釣り放題コース30分をワンセット分も一緒です。
エサ釣りでつれたブラウンに関しては持ち帰りOKと、管理人様から許可があるので
今回UK産のブラウンを初めて実食予定。

なぜエサ釣りまで・・・・なんていうところも含め今回の釣行記は以下から。


2日前のこと。

友人がやってきて先日のUKのメタル縛り大会関係の話を。
いろいろ難儀な大会だなと思ってみていたんだけど
あれこれ話しを聞いてとにかく「ちょっと今は難しい釣りになるよ」と。
スプーン系やメタルバイブなんかはもしかして結構すれてると思うなぁ、
なんて話を聞いているのだが、昨年同時期のブログ記事を見ると
うーん、圧倒的にメタルバイブ有利か・・・・。

まぁ、一人ならメタルバイブでボトム攻め一辺倒余裕なんだけど今回同伴者が居ることだ。
年齢や持病等で竿でアクションを付けて誘うことが出来ないことなどから
クランク系しかほとんど使えないため、メタルバイブでバンプなんかは無理。
自分だけメタルバイブで釣ってて一緒に釣っている人はクランクでどうぞ
なーんてことは無理だしできるかぎりは2人で使うルアーを揃えたい。
タイプが異なっても単純にダダ巻きや入れても軽いアクション程度で済ませて釣れるルアー。
抜け駆けで自分だけアクション加えたり別パターンで釣るっていうのはNG
目的はより多く釣ることではなく、釣らせることとそのルアーパターンを教えることが最優先
となると何かしらパターンを作っていかないとなぁ・・・・・なんて考えている間に釣行日が。

自分はとりあえず今回自塗りしたルアーのチェックから。
今回は魚がそんなに浮いている感じではなかったけど、ココニョロOK
ザッガーなんかもかなり連続でヒットしてたんだけど、バラシも多数。
XULのロッドで軽くだけどアクションかけた時によく反応してたので
ロッドのせいでうまくフッキングしなかったのかな?なんて思ってたけど
自宅に帰ってフックチェックしたらおもいっきり曲がったまま使ってたようで
なんでこんな些細な事に気が付かなかったんだと自分を殴りたくなるレベルで項垂れる。

pic005_20151105232439a48.jpg
反応結構良かったんでノーチェックで投げてたけどこりゃバレますがな・・・
普段はコレすぐ気づくんだけど・・・ううむ。

放流があったのでミューの放流カラーで良サイズ1尾追加の2尾で
自分の方はタイムアップ。あれこれ投げてみたんだけど
やはり先日の大会のスレ具合が残っているのかどうも反応が鈍く
スプーンでとれたのはほぼ放流魚という惨敗ぶり。
クランクでなんとか出せたんだけどなんか釣れている層が分散しているというか
コレというのがどうもうまくつかめず苦戦。全体的に見た感じでも結構渋い感じはしてたので
こりゃどうかな・・・なんて思ってたのですが。それでもキープ分はなんとか。

しかし問題は同伴者だ。
結局前回連れて行った時のルアーを中心に使わせてみたもののほぼノーヒット。
虎の子のカフェコーク一式を貸し出してみるもノーヒット。
膨張色系のクラピーやその他幾つかのルアーを使わせてみるも
3時間でキャッチは2尾~4尾?しかもすべて放流サイズ。
2回ほどかなりデカ目な魚がヒットしていたものの、イナせずバラシ。
前回連れて行った時は最大60センチ級を2尾、
その他ブラウンや50センチ級も釣らせることに成功しているので
それらを期待して釣ってたんだろうけどこの貧果ではどうしようもない。

タイムアップの時間を迎えた私は「このまま手ぶらで返すのか?」というのが浮かんだ。
いや、いいはず無いじゃん。
あくまでも自分は釣らせるのが第一目的なんだ、と。
俺「30分ばかり時間遅れても大丈夫ですか?」
同伴者「別に構わないけど十和田湖でも回っていく?」
俺「いや、ココでエサ釣り30分一本勝負します。

実はエリアフィッシングといってもエサ釣りをするのは初めてだ。
しかし基本はわかるし、さほど難しい釣りでないのは明らか。
わんこそばよろしく、同伴者には竿を持って釣ってもらう。
私は魚から針を外し、クーラーにぶち込む。そして餌をつけるだけ。難しいことはない。
といっても、予定外の釣りなので道具は持っておらずレンタルタックルで。

レンタルタックルで貸し出されたのは
多分5m40cmの延べ竿、メインラインは3号か2号のナイロン、玉ウキと
スナップを介して針は多分鯉針?の返し付き。ラインの太さは1.5~2号かなあの太さ。

とにかく餌を投入するとすぐに食う。
入れて5秒程度だろうか、すぐにヒットするが、この辺もエサ釣り慣れていないと難しいのか
なかなかフッキングしない。ちょっとしたコツなんだろうけどねコレ。
針を飲ませてしまって時間を無駄にロストしたり、ラインがキレてみたりなかなか苦戦するも
なんとか満足するところまでは釣らせることに成功。
エサ釣りなんかは割と渓流で慣れているんで自分がやればきちんと一発で
飲まれずに釣れるんだけど、慣れていない人がやると飲まれて手返しが悪くなるんだな
そういうことがわかったのも色々面白い。
ついでにブラウンがつれたのですが、管理人さんに
「ブラウンキープしていいよー」との許可を得たのでブラウンもキープ。
多分、返しがある針を使っているからなのではなんて思っている。
これはお刺身にして食べてみようかな、と考えている。
どうやってもブラウン食べたい、なんて思うならこういう手段があるんだななんて思った。

やり方さえしっかりわかっていれば大物狙いうちなんてこともできるし
これはこれで面白さがあるなぁ・・・なんて感じになりました。
帰り際管理人さんにも言われたんだけど、キープ券は最低保証本数が決められていて
本数が満たない時はエサ釣りでの救済措置があるようで、
それ使って釣ってよかったのに、なんて言われました。
ある意味無駄に多く?出費した形にはなったけどそれでも自分としては
この釣り場にお金を落とすことに関してはいつも楽しく釣りさせて頂いてるので
別にいいや、なんてことを考えていました。

■メモ
エサ釣り    30分3500円(延長やもうちょっと長いプランも有り)
レンタルタックル    500円
餌の種類         練り餌
貸し出し品   プライヤー、軍手。
持ち帰り制限        なし(イトウとアルビノは不明)

個人的な雑感
タックル持ち込みOKならば、3m60センチ位のロッド
道糸3-4号+ハリス2号、道糸と針の連結はスナップ付きのものがベスト
チチワを繋げればすぐに釣りができるよう手返し重視が良い感じ
針はスレ針の大きめなものを使用
なければ返しを潰したチヌバリ5号程度
針のチモトに小サイズのガン玉をつかい、アタリはウキではなく目印で取る
戦術としては偏光グラスなどで大きい魚を目星をつけて目の前に餌持っていく感じ
合わせ方は即合わせ、縦方向。

こんな感じが一番いいんじゃないかなと。
正直ただ単に魚キープだけしたい人はちんたらルアー巻くより圧倒的に勝負が早い気がするけど
家族連れでワイワイやってる人たち以外でコレやってる人も居ないよね
まぁ、自分もキープ派ではあるけど味気も何もないのでこういう非常時でないとやらないと思う。

エサ釣りの出費は想定外のレベルだったが
それでもなんとか今回もミッションは達成させることが出来た。
今回は反省点ばっかだなぁ。一人で釣るのと教えながら
(ルアーの付け替えからネットインから絡まった時の対処など)
やるのとでは全く勝手が違うこと、その難易度を改めて思い知らされる結果に。

人に教えるというのは体系建てて理詰めしていく必要もあるので
普段気づかないことを学んだりいろいろ収穫もあるんだけど
やっぱ場合に応じてなかなか難しい状況に落ちやすいね。。



管理釣り場・釣り堀等次回釣行予定
11/8 釈迦内釣り堀センター 15:00~ 釣り堀での鯉釣りに挑戦予定。
11/22もしくは23 フィッシングエリアUK
12/6 ユーランド清水川

8日に行けなかった分どこかで平日釣りに出かける可能性も有り。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

流行りに乗りまして

悪天候が続いていたことも有りました1週間ほど釣りをおやすみ。
世の中はハロウイーンで盛り上がっているようですけどこんなど田舎の
流行とはあまり縁もゆかりもない仕事場にも
pic001_20151101181911926.jpg
西洋文化がしっかりとやってきたようです。
そんなわけで、自分も例により流行に乗りました。
つまり、風邪。咳や頭痛などはあまりなかったのですが熱と寒気がきつかったかな。
おもいっきり体調を崩してしまい、狩猟解禁前のバス釣行ができず。
そんなわけで釣りそのものは出来なかったけどちょっとだけ釣り関係の雑記を。


次回釣行用の塗装が一段落。
pic002_20151101182745033.jpg
(文字で表現をするのは難しいが左から
クリーム(スプーン)
ホワイトベース+ピンク+レッド+ラメ(ザッガー)
グレーベース+ピンク+グロー+ケイムラ(ザッガー)
シルバーベース+グレー系の緑(ザッガー)
グレーベース+コークカラー(エアーブロー)
銀メッキベース+マッドブラック+青ラメ(スプーン)
透過系のレッド(ココニョロ)  みたいな感じ。

この写真ではこうなっているけど実物は結構違っている色です。
一部ショップオリカラやメーカーカラーを真似て見たりもしているけど
まぁ、次回実践でどう転がるか今から楽しみだったりする。
自塗りはコストも結構かかるけど塗ってる作業がまた楽しくて・・・・やばいねコレ。
次回釣行まで3日しか無いのでこれでトップコート始める予定。
とあるところでしましまのスプーンの話があってそれも真似してみようかと、
そういうのもあるのでもう少し足すかも?まぁいろいろ画策しています。


今年一回目のスモークサーモン完成。
pic003_20151101184433644.jpg
先日ウキウキで釣ってきたニジマスのうち、大きめなものから順に4本を
今年最初のスモークサーモン制作に充てました。
昨年最後に作ったのがハーブが超キツ目になってしまった上に、
ソミュール液の塩分濃度の調整が失敗していて
味のバランスが滅茶苦茶な上なまぐさみが残り全廃棄することになったりしたので
今回はハーブ類を少なめに抑え、少し上質なアルコールと
ハーブのブレンド、追加、変更などいくつか手を加えてみた。
pic004_20151101184821286.jpg
いぶしながら味の具合をチェックと言いながら1本まるごと食べてしまったり
まぁあれこれ反省点もあったが及第点はあげれそうなレベルまではなんとか。
自己評価では70点かなぁ。素材自体ウキウキのサーモンは上質なので
それを邪魔しない程度には行けたのかなぁ・・といったところ。。
ローレルとペッパーが足りないのと、野菜からのだしがまだ染み込み足りなかったか
お客様や身内の評価では十分美味いという評価だが以前できた最高傑作の時は
自分で食べても「うわ何だこれやばいぞ」って声も出なかったんでまだまだだなぁ。
ほんとうにうまいものを食べた時って、あんなテレビで見るような大袈裟なリアクションでも無く
うんちくを垂れるのでもなく声でもなくとにかく笑うしかないんだよね。
でも確かロックで作ったんだよなぁ。ううむー。
ついでに11/1現在釣り場で欲しいって言われた方や友人関係など
繋がりある人に無料配布しまくったんでほぼ在庫は無し。
できたら10~15本分くらいはこの冬にストックしたいなぁ。ピザに乗せるとまじうまいし
チャウダーなんかにしてもコレまた美味い。
もうちょっと寒くなったらニジマス版荒巻の制作もしたいし
鮭とばの制作もしたいし・・・ううむ。食への渇望は尽きない。


次回エリア釣行予定

11/5(木曜日) 午前中 ウキウキランド
またまたご年配の方に釣りを教えながら。
11/8(日曜日) 全日 ウキウキランド
詳細はまだ未定だし天気次第だが、エリアフィッシング初挑戦の子を2人ほど連れていく予定。
11/22もしくは23日 行き先未定
路面状況に応じて。状況によっては新規エリアに行く可能性も有ります。

その他、今年も奥入瀬川サーモンフィッシングが始まりましたので
そちらの方の遠征も視野に入れています。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 上浜釣り堀センター(秋田県) 尻別川フィッシングエリア 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 合子沢養魚場(青森県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR