スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣りに行けない日は塗装を考え・・

来月関東遠征をすることになってからどうも気分がふわふわしてる感が。
考えてみると2年ちょっとぶりの関東行きになるようだ。
その時はとあるコンサート(ライブ)に行くために恒例の0泊3日の弾丸バスツアーをしたが
早朝池袋に降り立ち速攻で早朝から寿司、幾つかの観光地歩きまわって早朝落語を楽しみ、
オールドルアーを探しに釣具屋を巡り巡って野球観戦して、夕方からライブではしゃぎまくって
バスが来るまでバーを3件はしごして呑んだくれたまま飛び乗り次の日から仕事と
かなり満足感高めのスケジュールだった。
(0泊旅行は誰に言っても「お前は馬鹿か(もしくは学生か)」としか言われない・・・楽しいのに。)

もうちょい時間があればあの山手線から見える釣り堀での釣りも・・・・
なんて考えてたんだけど流石にそこまで余裕はなかったかな。
訪れたライブは競争率40倍と言われてたことも有り気分が2~3週間前くらいから
ふわふわしていたが今回は初めての関東遠征でなかなかふわふわ感がある。
よっ、この田舎者っ!みたいに言われてもしゃーない。


まぁ、そういう気分を少しでも紛らわせようとチマチマチマチマルアーの色塗りをしています。
pic001_201601290104323eb.jpg
ベースルアー上からザッガー、シュガーミノースリム、ダイソーシャッド
ザッガーは、いま地塗りのザッガーで最もヒット率、実績ダントツの淡桃系+ラメを踏襲。
赤色でバイトマーカーをつけラメは銀ラメではなくもっとアピールの強い金ラメを。
残りの2つはシェルホワイト・蛍光オレンジ+ラメ、想定はマッディウォーターでのミノーイングで
結構強めのカラーを重ねてみたがどう転ぶかはまだ未知数。

pic002_201601290104335eb.jpg
ベースルアーはロールスイマーやリベロ、EIENなど。
以前ロールスイマーを揃えようかなと思ってカタログを見た時に
レッドシルバーやレッドゴールドがほしいのに3.5gでのラインナップが
なかったため今回、以前安く手に入れたゴールド、シルバー単色に手を加え製造。
今調べてみたら今年?から公式販売でもこのカラーのラインナップが新発売で
なんかちょっとだけ損をした気分になるなど。
残りはオリカラやシグネイチャーを参考にして塗ってみる。
※裏面や側面が別カラーなので似て非なるものです。

pic003_201601290104342ad.jpg
塗料濃度ミスってなんか飛沫が変に飛んじゃったな(´・ω・`)
気に入らなきゃ塗装しなおし。

加えて、少しタックルを見直し、ネイティブ用のルアーを少し加え、
ボトムをプラグ類で狙う方針を立てています。
必要最小限のタックル増強ってことで数枚スライドチップを購入手続きしたけど
今回釣行には間に合わないなぁ。ううむ。
スプリットリングとヴァンのフックを幾つか増強して遠征まではこれで済ます予定。
(どうせ遠征で浪費しまくるから今は節約節約・・・)


来月は遠征で初エリアということを踏まえ、31日の釣行も自身初エリアとなる
岩姫フィッシングエリアを予定しています。
がりっと釣ってきたいと思います。エリアの詳しい詳細はじゅんさんのブログに有ります。
始めていくエリアをどう攻めるのか、そういう練習になるしね。
友人が先日行ってきて大体の内容はつかめていますしなかなかエキサイトになりそう。

というわけで次回釣行予定は
1/31 岩姫フィッシングエリア
2/14 尚仁沢アウトドアフィールド など
2月末  青森県西海岸での磯釣り(ホッケ、メバリング)

追伸
ウキウキランドのビッグワンラリーの結果が出ましたが今年はダメでした。
ついでに友人は2年連続で上位入賞でございました。
凄いというかやっぱ頭おかしい(褒め言葉)
他の釣れている人のサイズ見てだいたいあのへんが33位のラインかな?
なんて考えてサイズ揃えたつもりはあったんだけど若干ずれてました(´・ω・`)
もちろん来年も参加予定。今年一年頑張って腕あげて上位入賞狙うぞー!
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

4年ぶりの地磯寒クロ狙いも・・・

なかなか道具の洗浄、後片付けと言うのはめんどくさいもので
そのままポーンと放り投げておければどれだけ楽かって思うんだけど
結局後回ししても次に行く時にセッティングしなおさなきゃいけないし
特に今回の釣行のように臭うものがあるとすぐにやってあげないと
ゴカイとかオキアミが後々とんでもないことになったりも・・・・・(経験者・談)

ふとコレを書きながら、ルアーがもてはやされてるのも
こういうメンテナンスが少なくて済む、匂いがしなくて済む
そんなのがあるんだろうね。
ようやくすべての洗浄が終了、あとは磯竿にボナンザ吹きかけて終了。
というわけで書き始めますか、今回の話はいつもと趣が違う釣りのお話。


1/17 秋田県八峰町~青森県椿山までのどこかの地磯。
pic001_20160117214740144.jpg

時刻 10:30→15:30(5時間)
天気 曇り時々雪
気温 多分マイナス2度~0度位?
風  超暴風→昼過ぎから2mくらい
波高し。

いろいろ訳がありまして、4年ぶりに地磯へ寒クロおよびホッケ狙いでの釣行へ。
4年ぶりの地磯。正直感覚がどれほど戻せるか、その辺が問題。
pic002_20160117224711bb5.jpg
得意にしているのは遠矢釣法だがこのメソッド自体は30年以上前。
長所:感度がいい、視認性が良い
短所:流されやすい、二枚潮に弱い、風に弱い
(※追記:そういえばそういう時は沈めて使う釣法あったな・・すっかり忘れてた)

でも最新の円錐ウキは持っていないのでコレで無理に通しちゃおう。

今回は昼過ぎまでは風も強く波も高め。
遠矢うきの「離島」をメインに風下になるポイントを探し狙っていく方針を立てる。
(余談だが今は「離島」とか「サラシ」とか販売されてないね。貴重品なのね)

自宅を9時頃出発。午前中は風が強くてあまり釣りにならないのはわかっている。
それならゆっくり夜の仕事分などを処理していざ津軽西海岸方向へ。

pic003_20160117225920c89.jpg
途中八森の観光市などをだらりと覗いたりしながら到着。
こういう感じで余裕を持った時間の使い方で釣りに出かけるのは何時ぶりだろうか。

pic004_201601172301419ee.jpg
ハタハタのサビキは基本的に引っ掛け釣りなんだよなぁ。
というか、冬の日本海に潜ってハタハタ手づかみで取れとかどんだけ!

磯道具を一式担いで車を出て、崖になっているような箇所をいくつも通り抜ける。
久々に磯を道具担いで歩いたけど、こりゃやべえわ。
防寒具や餌などすべて含め全部トータルで総重量20キロ以上装備して
崖を歩くってこんなに辛いものだっけ?明日(明後日)は間違いなく全身筋肉痛。
エリアフィッシングばかりだとやっぱ体がなまってるのかな。
なんとか釣り場に到着するも
pic005_2016011723080482c.jpg
強風&大時化でなかなか厳しい雰囲気。コレが冬の日本海。低い釣り場は全滅。
昔は結構人気だったポイントに入ったんだけど、誰も人居なかったのはこのせい?
いや、そんなことはないはずなんだけどなぁ。今日の風向きだと入れるポイントが
そう多くないのでココには人は居ておかしくないのに?なんて思いながらとりあえず開始。

基本的にはサラシを探るように流していくのと
潮溜まりになっている箇所を流していく作戦。
開始1時間で何度か当たりが出始める。ポイント的にはサヨリかアジ・サバの類かクロだが
棚を変えたり流し方を変えたりするといい感じにスコーンと。


pic006_20160117232123c8e.jpg
よし、ボウズ回避や!

じゃなーいってばよ!ふぐが釣れたってことはちとまずい。
データ的には今の時期にはふぐなどのエサ取りはほぼ居ないはず。
(後に分かることだが)数日前青物が上がっていたり海水温が高いのでは。
となると、ホッケを期待するのはちょっと難しくなるな・・・なんて考えながら
その後1時間ほどエサ取りと背後で付けエサを狙うカラスに悩まされる事に。

風もやや弱くなってきたので、先程まで正面に風を受けていた一級ポイントへ。
ついでに昼ごはんと洒落込もうか。
pic007_20160117233047c30.jpg
ここで以前の記事に訂正を入れたい。
日本海の荒れた天気の磯+カップラーメンは最強の組み合わせではあるが
「お湯がぬるいと全て台無し」という補足を入れておきたい。
たしか家に魔法瓶あったよなぁ・・・なんて思って置いてあった魔法瓶?に
お湯を入れてきたのだがなんかぬるくて麺がいまいち硬かったヨ(´・ω・`)

それでも長めに麺が柔らかくなるの待って食事終了。
岩のり採取していいならぶち込みたいけどコレ取ると怒られるのよね。
(アワビやうにと一緒で密漁扱いになる)
pic009_201601172336326c7.jpg
粘ってみたけど
pic008_20160117233631d37.jpg
移動先のポイントでは釣果は無し。
一回スコーンと入ったんだけど残念ながらフッキング出来なかった。
何の魚かは分からないがそういう時はエサ取りと考えたほうが気が楽。
久々の磯はそんなに甘いモノじゃなかった。
釣り人は1~2時間に1人くらいのペースで状況を聞きに来る。
今日のこのダメっぷりを話したりお互いの情報交換を密にしてみたんだけど、
やはり昨年とは海の状況がガラッと変わっている感じでクロをやるにも
ホッケをやるにもみんな様子見している感じだとのこと。
本当であればもうこの辺でもホッケの先発隊来ててもおかしくないんだけど(´;ω;`)
比較的好調と言われている男鹿に行けばよかったかなぁ、なんてのも
帰り道頭に浮かんだのだが後の祭りっていうやつだね。

・・・・・てなわけで悔しいので延長戦。

いつもの漁港にて。
pic010_20160117234344bf7.jpg

時間 15:30→16:45
天気 曇り


流石に漁港なら何か魚いるでしょ。最悪、根魚狙うことも考えていけば………
行くと先客が4~5名ほど。湾内はベタ凪そのもので釣り人は棒ウキで
並んで釣っている感じだったのでまずは状況把握ということで
その中の1人に状況を聞いてみたら

「魚全く居ないっす………ふぐ一匹泳いでるの見たくらいで」

なんということだ、この漁港に来てもノーフィッシュか?
いや、とりあえず根魚狙いでヘチ流してればなんとかなるでしょ
           ↓
やっぱり釣れませんでした!!!
のコンボをキメてしまいこの港では何も釣れずに撤退。
相性が良い漁港なのでノーフィッシュ食らうのは想定外だった。
といったところでだいぶ日が傾いてきたので今回の釣行は終了。
pic016_201601180025303c5.jpg
いつもの猫がいたけどごめんよ、今日は食べさせる魚がないよ(´Д⊂

釣果はふぐが一匹と貧果に終わったが、それでも久々の磯はやはり楽しい。
移動が滅茶苦茶疲れたけどね┐(´д`)┌
2~3月に一回リベンジしたいと考えている。次こそ。


次回釣行予定
1/30 エリアフィッシング(行き先未定)
次回遠征のタックル選定及び想定される釣り方のチェックを。

2/13→14 関東遠征
2/13:尚仁沢アウトドアフィールド(1日)
難易度も高いと言われている尚仁沢アウトドアフィールドへ関東地方初遠征。
2/13:室内釣堀(夜)
NHKドキュメント72時間を見てからいつかはやりたいと考えていました。
2/14:フィッシングスペース爆釣(半日)
前日とは打って変わってレギュラーサイズがメインのエリアへ。




帰り際は例により温泉へ。寒空で塩水かぶってきたんだしね。
pic011_20160118000148411.jpg
秋田県八峰町「いさりび温泉・ハタハタ館」
料金は500円。浴槽は露天を含めて4つ。温度はかなり低めで非常に入りやすい。
子供でも問題なく入れるし実際子供連れが非常に多かった感じ。
海のそばの温泉だからか、水質は塩分結構含んでたね。

温度が低いせいか一部の温泉通の人には
「津軽の温泉は何の効き目もない、財布にだけよく効く」なんて言われているが
(秋田弁で:つがるのふろはなもきがね、しゃふにだげきぐ)
そもそも内陸部の山側の温泉はどれもこれもクソみたいに熱すぎるんだよ。
こういう温めでゆったりできる風呂のほうが俺としては好きなんだけどなぁ。

pic012_20160118000703825.jpg
温泉付属の食堂で夕飯も済ます。なんか八森成分を補給できるような
そんなオリジナリティが高い料理を選択しようと思ったが
pic013_20160118000930c01.jpg
焼きカレーを注文。どんなメニューかと思って注文してみたが
カレーの上にチーズ上げて焼いた感じ?しかし、これが滅茶苦茶旨い。
人生初焼きカレーだったがこれは病みつきになりそうだなぁ。
あまりにも美味しかったので珍しく料理の写真を上げてみました。
次回こっち来たらまた頼もう。

ご当地ポスターシリーズを貼って今回の記事の締めとします。
pic014_20160118001159841.jpg
白神山地は春、もしくは秋がいいですね。
リゾートしらかみから眺める光景はもちろんのこと、
駅や線路沿いにサクラが咲き乱れてる場所がいくつか有ります。

pic015_201601180012001cc.jpg
あれ、ネイガーかな?なんて思って写真とったけどなんか別だった。
でもたしかこの監督の人有名なクリエーターだったような

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

今年の初釣りを「ユーランド清水川」で。

世の中には文章を書きたくなる、そういう文章があるのは間違いない。
自分の中だと、とあるノベルゲーム化されてる作家の作品がそれなのだが
文章が浮かんでこない時はその文章の熱量に触ることで文章を書きたいななんていう
そんな熱を得ることができる。本職のモノ書きってのはほんとすごいなと思う。
自分は推敲もろくにせず書いているような文章だしそんなのには手が届かないが、
文章はともかく釣りの熱量を誰かに伝えれたら、そう考えて毎回書くことにしている。

というわけで、突然ですがちょっと文章構成を変えます。
今までは割りと結果を重視した書き方にしてましたが
しばらくは工程を重視した内容にしようかと。

※1/12追記 次回釣行予定部分を修正。



1/10 岩手県八幡平市 「ユーランド清水川」 にて
pic003_20160110230223728.jpg

時刻 9:10→16:00
天気 晴れのち曇り、午後から風雪と強い横風
気温 -4→0度→-3度
釣人 ルアー18名、餌5名 後追加有り。

初釣りを「ユーランド清水川」にて行いました。
今回はキャッチアンドリリースコースを選択。その内容も含め以下から。



一番最初はなんか縁起のいいカラーで釣りはじめにしようと。
おめでたい色ってなんだろう。そう考えていた。
カラーリングで言えばなんかが一番最初に思い浮かぶが
某釣具通販で紅白のオリカラ見た感じ、「うーん・・・」ってレベルだったので
他のおめでたい色を思い浮かべると蒔絵などで使われる「」の組み合わせだろう。
てなわけで、クラピーを一つおめでたいカラーで塗ってみた。
pic001_2016011022270549a.jpg
本当は背中の金も食用金箔を使ったり、文字にしたり凝ろうか迷ったんだけど
この先の出番はあまり多くないだろうと判断し、グリッターラメで代用。
今回は「取る」ための釣りではなく「遊ぶ」ための釣りなのだからこそ
凝ったほうが良かったかなぁ、なんてちょっと後悔。
命名:めでたいカラー。
pic002_201601102228245ba.jpg
ついでにアンフェアのサラダペレットカラーを上塗り。
もともとのカラーを活かしてまた某3色カラーの組み合わせにしてみた。

正直なところ、今回この2つのルアーに関してはあまり結果は要求していない。
と言うか、今回の釣行はキャッチアンドリリースコースと決めていたため、
ガッツリ結果を出す必要が無い。楽しむための釣り。
それならこういう余裕や遊びというのも取り入れることができる。

もちろん最初に選択したのは前回紹介したこのロッド。
pic006_20160111000434130.jpg
1979年製、ダイワ・ファントム。ついでにリールは12・ヴァンキッシュ。
なんと、ルアーを装着しなくても若干竿がしなっている
そんなくらい柔らかくペナっペナなロッド。
このロッドの感覚は表現が非常に難しく実際に使ってもらわないと
この特殊な手触り、感覚は絶対伝わらないし伝えれない。
更にはティップのブレが酷くちょっとでも適当なキャストをするものなら
とんでもない方向にルアーがぶっ飛んで行ったりする。

・・・・が、その滅茶苦茶感が楽しい。
きちんと釣れるんですよコレが。合わせは巻き合わせも並行しないと
ロッドがゆるゆるなのでフッキング甘くなってしまうのが難点だが
あまりにもロッドが柔らかいのでほんの些細な当たりでもティップが食い込む。
更には大型がかかるとロッドにパワーが殆ど無いに加えて、
グリップ部が短いためロッドのアシストほぼなしのパワー対パワーで引き合える。
結局、今回は事前放流だったため活性も非常に高く
クラピー(めでたいカラー)→アンフェア(自塗)→クラピー(自塗)
                   →エアーブロー(自塗)で20匹確保。
ちょっと軽く魂入れと思ってたのがあまりにも楽しくてついつい20尾も釣っちゃっう。
やっぱりグラスロッドって楽しい。
pic004_201601102332157c7.jpg
クラピーめでたいカラーで。
pic005_201601102332161fc.jpg
アンフェア自塗りで。

というところでまず一つ目の予定を片付けた、と。
もう一つ今回はやるべきことがある。
それは購入するか迷っているロデオクラフト・ブロンズウルフの試投。
友人曰く「どのルアーにでもまんべんなく対応できるロッドで半オート気味にフッキング、
一応『掛け』系のロッドですわ」とのこと。

まだ放流効果が残っているのまずはスプーンから。
選択したのはアールグラット・リベロスプーン(アクアエリアオリカラ)・ヒョイットニー01。
無論釣れる。友人も私もこのルアーに対する評価っていうのが
「ほんとうにごくごく普通のスプーン」ってので一致しているのだが
普通であることが安定した釣果には必須要素な気もする。
pic008_20160111001413ad0.jpg
リベロスプーンで。
pic007_2016011100141166a.jpg
こっちはもしかしたらべつのヒョイットニーかも。(どちらかをロストしてます)

本当は放流カラーならQM等2g~3gのラインナップまけばいいんだろうけど
このロッドの想定はBFみたいな超軽量から2g以下での想定なので
あえて軽めのを選択したけどやっぱ軽い分手返しは悪かったかな・・・。

続けて今度はプラグでの使用。
適当にロストがあまり怖くないルアーをいくつか。
pic009_20160111002240225.jpg
クラピー(自塗)
pic010_20160111002241b50.jpg
エアーブロー(自塗)
pic011_20160111002242d36.jpg
パニクラ(ダッキーブラウン)

一番反応が良かったのはいわゆる「ウーロン茶」色を参考としたクラピー。
普通の見た目だとクリアだし余り目立つ感じではないのに水に入れて使ってみると
はっきりシルエットがでて結構高アピール(魚からどう見えるかわからないが)に驚く。
などなど、11時30頃で54尾到達。コリャいい感じだなと思ってたんだけど
急に天気が一変。強風と暴風雪が吹き荒れる天気に。
無論水面は波打つし軽いルアーは流れるしパターンが一変。
一気に渋くなり、どうすればいいのか攻め方を迷うことになる。
pic012_20160111004451f9c.jpg
強風で波立ちまるで川にような様相に。

さて、ココでどうするか迷った。
まず最初に重めのルアーを使用して風に負けない釣り方を。
このブロンズウルフはそれもできるキャパシティを持っている。
いくつか重めのを投げてみるもののクラピーのヘビーウエイト、ベビークランクだけには
1尾づつ掛かるも後が続かない。風もますます強くなるしコリャやべえな
そう思ったので取った決断は「飯休憩」
そうと決め込んだらカップ麺を購入して休憩所へ。
ついでに常連さんに行きたいと思ってる宮城県の管理釣り場の情報収集を行う。
わからない時は聞くのが一番だしネットだけで得られる情報には限度があるし。

こういう荒天の時に食べるカップラーメンはまずまず悪く無い。
他の人はいやまじうめえわ的な話もしていたが、
私個人としてはカップラーメンが一番うまいのはクソ荒れて横風が強い
冬の日本海の磯釣りで野外で食べるカップラーメン、あれが至高だと思う。
晴れて少し波立っている初春の磯でのホッケ釣りの時に食べるカップ麺も
なかなか捨てがたいものもあるけどね。

なんて考えて釣り場の様子見たらインレット側の人影が少なめ。
午後からはミノーイング中心に組み立てるかそうは決めてたので
ココは行くか!ということでブロンズを少し置いて
ミノーイングに使用しているロッド一本持ちだして場所移動しながらミノーを投げていく。

やはりミノーは楽しいね。アクションを考えながら今日の状態は、
やる気のある魚はどれか、カラーはどれか・・・なんて一つ一つ組み立てていく。
それに対して魚がきちんと返してくれるのが楽しい。
目の前でその答え合わせができるんだから釣れると変な声が出る。
数を重ねることだけ考えてるとなかなか時間は割けないのだが
こうやってキャッチアンドリリースでやるときは気兼ねなく時間をさけるのは大きい。
pic015_2016011107552495d.jpg
pic014_2016011107552329f.jpg
ハンクルシャッド65MRにて。
今日はシャッドを小刻みに竿を立て気味に細かなアクションを入れていくのに好反応。
とにかく小刻みにダートさせていってザッガーなども含め良型をいくつか。
ミノーだけで15本くらいは釣れたかな?
この日ミノーイングでやってる人があまりいなかったしそれがいい方に向いた感じ。
(ミノーをダダ巻きもしくは軽いアクションでやってる人は居たには居たけど)
この辺がミノーゲームの醍醐味といえるのだろう。

と言っても、ミノーばかり投げ倒してると結構場荒れするので対岸側へ道具をすべて移動。
他のクランクやスプーンでのパターンをいろいろ考えていく。
ココニョロやジギルなど表層系を巻くも無反応。ついでに風が強く流される。
中~低層をクラピーのDRを巻いても藻が引っかかってくるのと反応が悪い。
で、たどり着いた結論がリベロスプーンをボトムまできっちり落として巻き上げ。
途中でフリップを軽く入れてあげるパターンを見つける。コレが爆発力抜群だった。
pic017_201601110816041c6.jpg

しかしカラーリングが一個しか無い地塗り。(表面オリーブ、裏面マッドチョコ)
大切に使わなきゃ、と思ってたが風で流されたのか8匹くらい連発したところで
大物の背びれにスレがかりしてラインブレイク。ううーん・・・・。
メーカーカラーにはないしスプーン自体は安いし塗ればいいだけだから(´・ω・`)
pic016_2016011108112326e.jpg
自塗/自塗/ショップオリカラ/メーカーカラー
今回自塗りのを2個とショップオリカラ1個ロスト・・・・。
まだ7個位ストックあるから上塗りすればいいだけだけど手間がなぁ。
クランク塗るときに一緒に塗ることにするか。

その後、エサ釣り池の方にちょっかい出したり自作豆を投げて見たり
一通りブロンズのロッドの調子をみて今回の釣行の終了時間に。
最終的な釣果は94尾。正直なところ、いつもどおりの取っていくスタイルでルアーや
攻め方、休憩時間なしのぶっ通しなどもう30以上は余裕で伸ばせてたと思うが
今回は数を伸ばすことに全く意味が無いのでまぁ、こんなものだろう。

今日からエリアの方も初営業ということで人も多いが活性も高く
1年で一度の一番釣りやすい時期なんじゃないかな、そういう感じだった。
気になったといえばエサ釣りの人のあまりにもひどいマナーくらいかな。

そんな訳で今回のヒットルアーは以下のように。
pic018_2016011108345349f.jpg

(左上から)
EIEN(アングラーズドリームバイト)
AGスプーンリベロ/自塗(アールグラット)×2
AGスプーンリベロ(アールグラット)
AGスプンリベロ/アクアエリアオリカラ(アールグラット)
エグザなど豆類

(中段左から)
アンフェア45F/自塗(ラッキークラフト)
エアーブロー/自塗(ラッキークラフト)×3
カランバ(バスディ)
ハビィ(アイビーライン)

(下段左から)
ココニョロインジェクション/自塗(九重ルアーズ)×2
ザッガー/自塗(ハンクル)×3
ハンクルシャッド65MR(ハンクル)×2
ハンクルシャッドボーン/M.A.Tカラー(ハンクル)
クラピー/自塗(ラッキークラフト)×4
クラピー(ラッキークラフト)
クラピーヘビーウエイト/越トラオリカラ(ラッキークラフト)
ベビークランク(ラッキークラフト)
パニクラ(ティモン)※画像に写ってなかったので追記

殉職者
リベロスプーン×3(ショップオリカラ×1、自塗×2)
エグザ×1
フォールゾーン×1
自作豆×2


さて、1日ブロンズウルフを投げ倒した感想ではあるが
正直に好きか嫌いかと言われるとエリアロットとしてはどうかなとは思った。
というのもメインで使っているロッドがXUL2本、ULだがかなり柔らかいロッドが1本
今回は更にベナベナな柔らかさのグラスロッド一本。
そんな構成の中にパワーがしっかり有る固めのロッドだと
ロッドを変えた時に感触が掴みづらい。腰がしっかりしすぎてて
これはまるで渓流系のロッドで想定していた用途には合わないかな?
そういう感じではあった。しかし、だ。
このロッドで魚をかけた時にパワーが十分で、今までさんざん走らせて取ってたサイズ
コレがあっさりと引き寄せてこれるのがデカイ。
リールとの相性もいいしまぁよく作られてるロッドだなぁ、と。
ルアーの操作性もいい。やや重めのルアーをセットしてもきちんと操作ができる。
本来、ウキウキやら清水川で使うロッドは
こういうロッドであるべきなんだろうなというのがはっきり分かるロッドだった。
というわけで、自軍に加えることにしました。もっと激しい使い方を考えているので
借り物状態ではやりづらかったルアーセッティングで使います。

別にロッドなんてこんな高級品を使わなくても上州屋ブランドの3000円程度のルアー竿で
十分釣りになることや、1000円程度のバスロッドでもミノーイングができるし
今日みたいに30年以上前のオールドだって十分楽しむ釣りができる。
リールは20年前の廉価品を使って釣りもしてみたし(無論全く問題なし)
自分がそういう釣りをして証明してきたことだがそれでも高いロッドを欲するのは
やっぱりそういうのも使ってみたいという欲が出てきた証拠なのかもね。
(無論安さを求める釣りも好きだしルアーなんかは最近は中古の自塗り重視だけど)
弘法筆を選ばずとか言うけどきっとそういうことをデキる人って酸いも甘いも噛み分けた
そういう人が使う言葉じゃないかって常に思っている。だからそこに少しでも近づければ。

次回釣行は1/17。
好天であれば宮城県への遠征、行き先は難しいと有名な某Zか某Aへ。
荒天であればユーランド清水川を予定しています。

次回釣行は1/17
行き先は地磯。日本海の寒クロ、及びホッケ、サヨリを狙います。
pic001_201601122257526e4.jpg
数年ぶりに磯竿の一張羅を引き出してきました。(ダイワ・大島)
釣法は遠矢釣法、ホッケが接岸していたらルアーでのホッケ狙いも行います。



体がヒエヒエだったので帰り際八幡平といえば温泉ということで
ユーランド清水川からほど近いココの温泉に浸かって帰ることにした。
pic019_20160111101329c8b.jpg
自然休養村センター「なかやま荘」

源泉掛け流しの温泉。こりゃ八幡平パワーぐんぐん補給&
悪の組織としてハチマンタイラーと対決も出来ますわ。
硫黄臭はかなり強め、あと温泉の温度もかなり高めで感じとしては
八幡平ハイツで温泉に入った時と同じような感じかなぁ。癖が強い。
ギリギリギリと熱いんだけどキチンと浸かってしまえば案外。そんな感じ。
メインはコレ宿泊施設なのかな?帰り際スキーから帰ってきた一団とすれ違った。
pic020_20160111102639ed9.jpg

数年ぶりにスキー、そんなのも有りかもしれない。
しかしやると絶対2日後筋肉痛で死ぬんだろうなぁ・・・

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

初釣りに向けて。

あけましておめでとうございます。
いろいろ新年からパタパタしててなかなか釣り関係のことが出来ず
釣り以外のことは書いていないのでこちらの方もちょっと放置気味でした(´・ω・`)

とりあえず昨年~今年はじめでいろいろ動きがあったのでとりあえず雑記風味で。



・新年早々戦力増強を。※予定
pic001_201601071334172c1.jpg
友人がロデオクラフトのレッドウルフを購入したのにあたって、
今まで使っていたブロンズウルフを手放すということになりまして
じゃぁそのブロンズウルフが手に合いそうだったら譲ってほしいという話をしまして
次回釣行で使ってみて、もし手に馴染むのであれば・・・ということにしました。
用途的には固めな竿なのでミノーイングややや重めのスプーン用途を予定。
でもコレを買うと今年の渓流用の竿を新調する予算がなくなるという・・・。
コレが手に合うならメインロッドはプレッソイプリミ、シンクロナイザーエボリューション、
そしてこのロッドになるがさて使ってみてどうかなぁ・・・といったところ。
前まで使っていたメジャーのネクスティーノはソルトウオーターゲーム行き、
ファントムはネイティブの本来の位置づけに戻すもしくは大きめなミノーイング用に。
昔は完全なるダイワ党だったが今はさほどこだわりがないから問題なしと思うけど。



消耗品を中心に補充を。
pic004_20160107134848145.jpg
pic003_20160107134847288.jpg
pic002_20160107134845df8.jpg

前回釣行でPEラインが劣化しまくっていたのが判明したので新調。
デュエルアーマードFの新しいシリコンコーティングのやつらしいけど
とりあえず新しもの好きなので購入してみた。
デュエルのラインは殆どが硬いというかハリがあるので好きなんだよね。
ダメならまたバリバスに戻せばいいか。加えて地元の釣具店から
年末~初売りでヴァンとデコイのフックを多種、合計15袋ほど。
耐力スナップとDスナップを計8袋ほど購入。
それと初めて見るフロロラインがあったので購入。まぁ、サンラインならハズレはないでしょ。
1釣行で針は平均10本程度消耗するので計算すると・・・10釣行分くらいは。
と言っても、一番消耗が激しいスプーンフックではなく、フロントフック用のフックと
プラグ、ミノー用のフックをメインに購入したので、この手はまぁしばらく大丈夫かな?
ついでにスプーンフックはマンティスを友人に購入してもらったのでこっちも大丈夫かな。
今まで無いくらいにフックケースが重くなってる・・・・。



これからの予定の話。

1/10はユーランド清水川釣行の予定だが午前中に仕事が入ったことが有り
1日いっぱいの釣りコースがやれるかどうかが微妙になってきた。
朝イチからやりたいのだがどうなるか。
1日まるごとやれるならキャッチアンドリリースコースでやりたいように遊ぶ予定。

pic005_2016010810482008c.jpg
35年以上前のオールドロッドを持ち込んで1年1回の魂入れもやっておきたい。
例年はネイティブでやっているけど今年は初めてエリアでやってみよう、と。
考えてみると自分が生まれる前のロッドを振るってのは感無量だよなぁ。
もともと自分はオールドタックルをメインで使っていたので
(というか、昔からずっと使ってきた道具のほうが圧倒的に手に馴染むんで
昔からの使ってるけどそれがもう20年前の道具とかになってオールドレベルに・・・)
こういう道具がちょろちょろとあるのよね。スピンキャストも久々に油さしてあげなきゃ。

1月の2回めの休みは宮城県への遠征を予定している。
腕試しをしようかな、と。(1/17か1/31いずれか)
ちょっと前の話しだが、以前ウキウキの大会に参加した際、優勝者が宮城県の方で
やはりストイックな釣り場のほうが技術を磨く、自分の実力を把握するには
いいのではないかなというのを考えている。
普段のスタンスは基本的に釣れればいいや的なレジャーフィッシングだけど、
難しいところでいかに釣りを楽しむかというスポーツフィッシングも視野に入れていかないと。
そして2月は関東圏への遠征を予定している。一人で行くのには
公共機関を使うにもコストが掛かり過ぎるし時間も十分に確保できないものの
友人が関東行くなら連れて行くで!という話を出してくれているのでおんぶにだっこしようかと。
候補としては3~4箇所あるが今のところはまだ未定かな。
いずれにせよ大物中心の場所へ行く予定だ。

それでは今年もよろしくお願い致します。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。