磯釣りの前にメバリングへ。

体バキバキ眠気MAXの中、道具をすべて洗浄して
29日までイベントの某ブラウザゲーをしながらロッド類に全部ボナンザ処理かけて、
休日を2回連続でフルに体こき使うような事してました。
海に行くと道具の洗浄に3時間位使わなきゃなんないのが割ときつい。
まぁキツイキツイいいながらコレがまた楽しかったりするわけだが。

以前エリアロッドをボナンザ処理かけてた時にシンクロナイザーエボリューションの
ブランクスの傷がちょっと気になったので友人にチェックしてもらったら
ちょっとヤバメのクラックが2本、その他3本見つかるという何時折れても仕方ない
そんな状態にあることが判明。折れたとしてもまた同じ竿がほしいなぁなんて
結構気にっている竿なのでもしものことを考えると予備を買っておこうかどうか
でもワンピースロッドって公共機関を使って移動するときは邪魔以外の何物でもないし
じゃぁシンクロナイザーランスにするか?と思ったけど触ったこと無いし
そもそも1ピースのロッドってなんかすごくかっこいいから捨てがたいなとか
そう迷っている月曜の朝だったりします。

29日現在いい感じの雨なので岩手渓流は数日延期の予定。
水曜朝あたりちょうどいいんじゃないかなと考えている。

今回の記事も魚種/釣法が2種にわたるので2本立てとなります。



2/28 秋田県八峰町~青森県岩崎村までの漁港にて

時刻 0:30→2:00
天気 雪のち曇

とにかく釣りをしたい。
体が渇望している。

てなわけでもう完全に釣りザンマイの日曜にすることを決心。
月曜の支度などある程度事前にやっておける仕事を下準備して
仕事をすべて終わらせたのが土曜日の22時過ぎ。
雪がこんこんと振る中、エサ釣りとルアーロッドを積み込み重装備で車を走らせる。
最大3魚種対応できる装備+防寒装備なのでなかなか普通車だときつい。

時計は0時をまわり日曜日に。折角の休みなんだし
夜中からフルタイムで釣りするよ!
ってことでいつもよりも3時間遅い0時30分頃から釣行開始。
pic001_20160229114604ef0.jpg
こんな雪がふるクソ寒い夜に釣りバカは自分一人じゃないことにほっとする。
暴風雪って言う天気でもないしだんだん暖かくなってきてるから
だんだん釣り人全体の活性も上がってきているのかもしれない。

眠気も結構強いのでダラっとやっていくが本格的なメバリングは
まだまだ初心者なのでうまくいくわけでもなくただただ時間だけが過ぎていく。
それと普通に寒い。駄目だ駄目だしっかりやらなきゃとか
誰もいない暗い漁港でブツブツ独り言を言いながらさまようそのさまは
竿持っていなきゃ不審者で通報されてもおかしくないな、なんて考えている。

pic002_20160229115603fb8.jpg
バークレーシュラッグミノー/尺ヘッドDタイプ3g

ソイやメバルはどうやら先行者にやられてしまったのかヒットはしなかったが
小型ながらアイナメが1尾ヒットしてきた。20cmくらいあるかないかだし即リリース。
このジグヘッドはマイクロバーブってのが良いね。簡単に魚から抜けるし。
シュラッグミノーは地元釣具店にオーダー出してもらったし
ジグヘッドさえあれば年中いつでも安心して釣りに行けるのが良い。

しかしこの後風も強くなってきたのと眠気がきつくなってきたのでこの辺で切り上げ。
起きてからの釣りもあるし夜中2時頃釣り終了。
徹夜だけは体へのダメージがデカイので普段も含めやらないことにしている。
釣行予定の磯場の空き地に車を停めて車中泊。
こういうのはだんだん年をとるとできなくなるからやれる体力があるうちにやらないとね。
2時半就寝。流石にちょっと寒いけど防寒着着込んでるしなんとかなるだろう・・。

てなわけで磯釣り編へ続く。

スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

月が綺麗だったのでメバリングへ

秋田県の渓流は4/1解禁なのだが、岩手県は3/1の解禁。
渓流が恋しくなってるので解禁日に仕事前岩手遠征を考えているのだが
遊漁券を買えるお店で早朝からやっているようなところが少なく
余計に車を走らせないと取り扱いをしているコンビニがないのがめんどい。
かと言って、現地徴収で余計に払うのも癪だし今週末岩手行きにして
行こうかと思っている地域の遊漁券を年券で買おうか考えている。

いずれにせよ、ルアーがまだ完全に揃っていないし(スピナーの一部がまだ不揃い)
餌の方もゼロ釣法に近いレベルでの細糸がまだ手元に来ていないので
3/1行ったとしてどの仕掛けを使うのかもまだ未定という状況なんですけどね。
いっその事鮎用のラインでも使ってみようかしら

まぁ、そんなわけでどうすっかなーって空を見てたら月が綺麗だった。
…………………うん、海に行こう(`・ω・´)


2/22 秋田県八峰町~青森県深浦までの何処かの港か磯にて。
pic001_201602230155273f8.jpg

時刻 21:00→23:30
天気 快晴
風  22時半ころから強めに吹いてきた

昨日までの荒天が夜になったら月がはっきり見えるような
そんな素敵な夜空だったのでちょっと行ってくるわ!的な話をサラッとして飛び出す。
まぁこんなに月明かりが煌々と照らされているってことは大潮だし
新月のような闇夜ではないにしろ活性は悪くないんじゃないかなという見立てだ。

実は先週遠征にいったメンバーの一人はメバリングガチ勢で
専用ロッドをガッツリ持っているレベルで釣りしている人だったのだが
その人のおすすめのワームをオオツカで買ってきていたのでそれを試したいのもあった。
それがバークレーのシュラッグミノーって言うのだが
これをボトムに沈めてワインド釣法で攻めていくっていう算段だ。

個人的にはバークレーのワームはあまり相性が良くなく
全体的に硬いマテリアルが多いのもいまいち感じが悪かった。
それでもまじやばい超おすすめ的な女子高生もビックリなおすすめ具合だったので
とりあえず試してみてそれでこれからを考えていこうと。

使い方の動画で予習してきているので、
「えーっと、ボトムまで沈めてラインスラッグを積極的に出すダートアクション、と・・・」
食わせはフォールのタイミングらしいのでとりあえずは試行錯誤しながらやってみると
pic001_2016022310160030f.jpg
おおぅ、たしかにメバルに効いたわ・・・・
オカッパリで釣れる魚となると圧倒的にソイ率が高いんだけど
一発目からなかなかのメバルが釣れるとはいいんじゃないこれ?

調子に乗って攻めていくと細かいアタリが結構いいペースで出てくる。
まぁでも乗らないあたりが多くて
pic004_20160223102140c67.jpg
乗ったとしてもこんなサイズとか
pic002_2016022310213721d.jpg
こんなサイズとか
pic003_20160223102139ed7.jpg
もうメバルじゃなかったりとか

そんな感じでフッキングしない、してもリリースサイズばかりでううむ、といったところ。
結局リリースサイズを5キャッチ。(メバル4・カレイ1)
リリースならシャッと写真撮って魚を触らないようにして海にお帰り願うんだが
急いで撮るので写真がぶれぶれで使いものにならないのが多いなぁ。

しかしサイズはともかくとして、きちんと数が出てくるんだからなかなか良いぞコレ。
ワインド釣法恐るべし、といったところ。
で、調子に載ってると根掛かりしてリーダーからバッサリキレてしまうんだなコレが。
でも大丈夫、スペアのジグヘッドもリーダーも予備が・・・・あれ?
かばんにリーダーと尺ヘッドがある・・ある・・・・?

無い。


仕方ないので手持ちのジグヘッドにダート出来そうな良さそうなのないかな
なんて見てたらたしかコレダートアクション用だったなっていうの思い出して
装着してみる、うん、きちんとダートアクション出せる。
肝心なリーダーもまとめて自宅に忘れてきてしまってたのでPE直結でやってみた。
pic005_201602231045569ca.jpg
うん、釣れないわけじゃない。
釣れたのはメバルじゃなく小型アイナメだったが。

しかしジグヘッドのサイズは1.5gととにかく手返しが悪い。
それとPEライン直結だとやっぱりどうもうまくダートアクション出せてるかわからない
加えて風も強くなってラインが流されボトムがほぼ取れなくなってしまったので撤退。
このジグヘッドはもっと風が無く、魚が浮いている時ようだなぁ。

とは言え初回でこのくらい結果が出るか・・・・うむ、合格。
次回のメバリング釣行が俄然楽しみになる1日だった。

pic006_20160223105803001.jpg
帰り際に寄った公衆トイレがあまりに綺麗だったのでパシャリ。
汚くて臭くて暗い公衆トイレってもう過去のものなんだねぇ。

根魚+6(カレイは除外)で今年の根魚目標まで後6か。
次回釣行で決めたいところだね。



次回以降の釣行予定

2/28 磯もしくは岩手県でエリアフィッシング
3/1  岩手県渓流解禁日で米代川水系に入る予定
3/14 エリアフィッシング予定

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

関東遠征してきました4(フィッシングスペース爆釣編)

今回おみやげとして購入したものにこんなものがあった。
「宇都宮発の「ご飯にかけるギョーザ」、ポテトチップスでコラボ新商品」
(宇都宮経済新聞)
これはすごいもんが出たなと思ってついついサービスエリアで手にとった。
ご飯に餃子の代わりに餃子味のポテチをフレーバーとして掛け召し上がる。
ご飯にポテチというのは以前からそういう食べ方があると聞いたことがあるが
これが宇都宮新名物らしいってことで砕いてご飯に食べてみたわけだ。

んー。まぁ、こんなものかな?150円ちょいだしなぁ・・・。
ポテチの食感とご飯がまぁあわないわけでもないけどとか首をかしてたわけだが
今調べてみたら「ご飯にかける餃子」(という商品名)のポテチだったんだね(´Д⊂
律儀にご飯にかけて食べちゃったよ。くそぅ。単体で食べておきたかった。

という訳で今回はその3・関東遠征してきました3(アミパ編)の続きになります。


朝5時に起床、社会人なら10分前に集合場所へということで身支度済ませ
ロビーでコーヒー飲んでくつろいだけど流石に頭がぼんやり気味。
それでもビシっと行かないとね。半日分持つ気力を。
最後まで走り続ける体力を。

出発は少し遅れたものの、2日目最初にして遠征最終となる目的地へ。

2/13 栃木県宇都宮市「フィッシングスペース爆釣」にて
pic007_20160217001222fbf.jpg


時刻 7:30→12:30
天気 曇り時々雨
水温 12度(管理人さん談)

土曜日は大物メインのエリアを、日曜日は数釣りができるエリアを
そう考えてやって来ました「フィッシングスペース爆釣」。
事前情報では藻が結構きついよっていう話と
釣りに行くタイミングで連れ方にムラがあるという話を。
それでも数釣り系ならなんとかなるでしょと思ったがさて、結果は。

フィールドの概要
池は大池が1箇所で約2100平方メートル。水深は最深部3m(管理人さん談)
水流を生む機械が2箇所、インレットが5箇所以上とどこに入っても
それなりの狙い方をすればチャンスは十分ありそう。
pic002_201602162327180a9.jpg
写真のようなポンプのような流れを出す箇所が2箇所
それとパイプからの水流が何箇所から生み出されている。

建物から見て正面や左側の方に何人も釣り人がいるが右側には人が全くいないため
本来であればそちらの方は魚影が濃いもしくは放流があるとかなのだろうか。
pic003_2016021623313630f.jpg
常連が入る=釣れる場所だろうからなぁ・・・
前日のアレが頭をよぎるがとりあえずやってみないことには。
魚は結構見えるのでそれなりの魚影はあるから勝負になるはず。
開始は例によりクラピーの自塗装から。
水質的には濁り気味なので膨張色からの開始で
正面に投げてゴリゴリ巻いてきてみる・・・・うーん、藻が結構ついてくるな。
この時点で自分としてはスプーンでの巻きとボトム攻めるのは捨てました。
クランクの巻きで基本全部ロッドを立てて上を攻め続ける戦略を。
昨日の釣行で水流をクランクでドリフトさせて良い思いをしているので
ここでやってみようかな?なんてちょいと流れの際にキャストして
藻に引っかからないようにギリギリクラピーが視認できるレベルで
ゆっくりゆっくり巻くと思いもよらない強烈なヒット。
え、マジ?と思いながらもやり取りしてキャッチしたのはこいつ。
pic004_20160216233733134.jpg
50cm後半のロックトラウト。ディープクラピー/自塗装で。

いやいや、ここレギュラーサイズがメインの釣り場でしょ?
前日に釣具屋から2lb以下の極細ライン買うの忘れて結局3lbフロロでやったけど
もし極細ライン使ってたら一発目からラインブレイク食らってた。
普通にやるならここは超極細が正解なのかもしれないけど。

この一発目でここののパターンはこうじゃないかなというのを予測。
ポイントを休ませつつ、色々試していくけど案外見きるのが早いのか
ある程度手数を用意していないとどんどん魚が見切ってくる感じ。
しかしクラピーなら結構な色のバリエーションがあるので
色を落としていくと
pic005_20160216234336133.jpg
フィッシングスペース爆釣って大物メインの池なんだなぁ・・・(錯覚)
ディープクラピー/オオツカオリカラ(美鬼)で。

と、この写真をとってる時に管理人さんが来て
「大物釣ったんだったらこっち持ってきてー」といわれたのでせっせと管理人棟へ。
計測すると55cm。写真取ろうとしたけど充電が切れているという大失態を犯すも
50cm以上を釣り上げた人には3時間無料券を進呈ということで頂きました。
私「遠くから来てるんで無料券貰っても次いつ来れるかわかりませんけど・・・」
管理人さん「ええでええで持って行ってー」
pic001_2016021709313235e.jpg
釣行の記念として自室に飾っておきたいと思います(`・ω・´)ゞ

その後小さいのを一匹追加して釣っているとまたまたロックトラウトがヒット。
どういうことだよこれ・・・・昨日行った大物エリアよりもよっぽど大物が。
管理人さんのところへ持って計測すると残念49cm。後1センチで
もう一枚3時間無料券を、なんて思ったんだけど貰っちゃったら
今度絶対来なきゃダメになっちゃうじゃんみたいな話を。
(※携帯充電中で写真取れなかったので写真省略)
コレもグリーン系のディープクラピーでキャッチ。

実はこの日、足元など泳いでいるロックを含む大物系は
クラピー眼の前を通すとどの魚も眼の色かえて追ってきてました。
終了時までコレ以上ロックをキャッチすることは出来なかったが
チェイスはもう多数、バラシ2回と大物だけでも合計5ヒット3キャッチでした。

ただ、全体的には大物を釣ってる人は0で、
ある程度の小物をが釣れているのはフライマンくらいしかいない感じで
自分だけがたまたま大物連発できてたのはちょっと嬉しい。
もしかしたらこの釣り方はこのエリアではトレンドじゃない釣り方だったから
余計大物が反応しやすかっただけかもしれないけどね。

でもやっぱ渋めだなーなんて思ってたら管理人さんがバケツを持って
ペレットを巻き始める。実はペレット撒きも初体験です。
何のルアーが良い?豆は使いたくないな、ペレットペレットか?
なんて何度か投げてみるが全く反応がない。
それならトップに浮くスピッシュか?コレもダメ・・・
ええい、この際プライド捨てて豆投げちゃえ・・・えええ、反応無しぃ?
てなわけでこの日ただ一度だけ使った豆は不発に終わりました。
初志貫徹してプラグ投げ続けてたら結果は違ったかもしれないのに
そのへんまだまだ意志の弱さがあるなぁ。
しかしコレが終了時間近くの連発の布石に。

ペレット撒きも拾えなかったし通常の釣りに戻るもそういえば
今回の釣行では合格ラインを決めていたため、ロックはさておき
少し数釣りもやれないかなと思い場所移動をしてみた。
ちょうどステージの正面の流れをせめて見る。
pic006_201602170009195c9.jpg
とりあえず投げてみたけどここも結構藻が多い。
この場所では完全に表層~50cmくらいをメインにして攻めようと判断。
ココニョロをメインにゆっくりゆっくり攻めていくとポツポツとレギュラーサイズが釣れる
ただ、何色か持って行ったけど清水川やウキウキでよく効くてへぺろ系ではなく
地味なカラーのほうが圧倒的にバイトもキャッチも多かった。

いくつかキャッチしてもう一方の水流も攻めた後、元の場所へ。
ペレット撒きを逃したもやもや感をどう払拭するのか
どうすれば正解に辿りつけたのかをニョロ引きながらずっと考えてたんだけど
一つ思いついたので最初の場所へ帰ってきたっていう感じ。
同行者1名が心折れて伸びてたので遠慮無くキャストしたら一発でドンピシャ。
そうか、バズボールってこういうエリアじゃ強いんだね、と。

今まで釣っているエリアではこのバズボールと言うルアーは
全くと言っていいほど結果を出せないでいたのだが、
コレも環境次第でここまで爆発力のあるルアーに変わるのかと思うくらいにヒット多数。
といってもなかなか魚が乗らなくてヤキモキさせられることになるのだが。
多分重要だったのは「ポップ音」。ペレット撒きがあってそういう
「音」にかなり敏感だったんだろう。コレにかぎらずプラグを強めに水面に着水させると
それだけでワラワラと魚が寄ってくる光景が見られた。
そこから途中で入ってきためちゃくちゃうまいガチ勢のお子様の釣りを眺めると
スプーンでのバジングやトップウォーター系を早くリトリーブして
水面をかき乱して釣ってるのを見るとコレがローカルパターンだったのかな、と。

上浜でのペレットペレットに続きこういうパターンを発見する喜びってのも
また別の楽しみとして探してみるのも有りかもしれない。

釣果:12尾
合格点には達しないけどロックが3尾遊んでくれたので
それだけでも満足度は非常に高かったです。
このエリアだけは他の2人にも釣果でも先んずる事ができたのが
ちょっとだけ嬉しかったかな。こういうことも有ります。

ヒットルアー
pic008_20160217003343a07.jpg
ミディアムクラピー/アイランドオリカラ"エビピラフ"(ラッキークラフト)
ディープクラピーSFT/オオツカオリカラ"美鬼"(ラッキークラフト)
ディープクラピー/オオツカオリカラ"美鬼"(ラッキークラフト)
ミディアムクラピー/自塗装(ラッキークラフト)
ディープクラピー(ラッキークラフト)※中古購入品のためカラー名不明
ココニョロインジェクション/自塗装(九重ルアーズ)×2
バズボール/ザクトクラフト

常連と思しき人達はトップを波立てて活性を上げるやり方と
豆オンリーでじっくり狙う人の2極化に見えた。
まぁ自分も豆はよく使うのですぐわかったけど大物スレ掛かり狙ってる人も居たけどね。
狭いところに割り込んでスレ狙いはみっともないなぁ…ってのはあった。
普通の巻きで粘ってる人は結構しんどい感じ。藻がやっぱりネックだね。


今回3箇所管理釣り場を回った中で一番好きだったのはココ。
もちろん満足できるレベルで釣れたっていうのも一つの理由ではあるけど
ずっとみてた感じ、管理人さんがしっかりフィールドを監視しているって言うこと。
釣れない人や初心者にはしっかり教えているし、逐次釣り人と情報交換してたのが
非常に良い印象でした。それに安いしね(`・ω・´)
このフィールドのネックはとにかく藻、藻、藻。あえて藻を攻めるのか、
自分みたいに藻がついてこないレンジを攻めるかは人それぞれだが
それ以外に関しては頑張れば釣れにくいエリアとは思わないし大物のアルビノや
今回釣れたロックみたいなのも入っているしまた来たいと思うエリアでした。
オールナイトの釣りもできるらしいし再訪したいエリアの一つに入れました。



今回の遠征のもう一つの目的、買い物。
pic002_20160217104647d39.jpg
オオツカの実店舗行くのは初めてです。
流石にデカイなぁ。品ぞろえ凄いなぁ。

・・・・なんでマイクロクラピーのスコーカーあるんですかねぇ。
思わずガッツリ買っちゃったじゃないのよ節約節約言ってんのに!
クラピーにはほんと弱いんです、私。ATM近くにあったらもっと買ってたかも。

ただ、今回の釣行の買い物での目的の一つであったスイッチバックスプーンが見当たらず。
よく拝見させていただいているブログでは冬イチオシスプーン的な話なので
いつか買おう買おう考えてたんだけどううむ、やはり通販か・・・。

旅の締めは美味しいお肉で。
pic004_20160217105309e3c.jpg
pic003_20160217105308bcc.jpg
東京に遊びに行った時に夜ご飯何にしようかってなことで
当時良く見ていたtwitterの人がすごく進めていた万世に行こうと思い
秋葉原うろついていたんだけど何故か二郎系ラーメンの店に吸い込まれてしまったという
その思いを4年ぶりに果たしました。

さて、2日間の釣行の記録はここまで。
良い旅でした。次の旅は5~7月、北海道遠征を予定しています。


次回釣行予定は2/28 青森西海岸での磯釣り。ホッケ、寒クロ。
海が時化ている場合は岩手県でのエリアフィッシングを予定。
3/13 岩手県でネイティブ→エリアフィッシングのハシゴを予定。
その他、余裕が有るときにメバリングのボトムワインド釣法をやってきます。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

関東遠征してきました3(アミパ佐野店編)

以前は無理してもしんどいのは次の日くらいだったのだが
2日経過した今でもだいぶ疲れが残ってるのを考えると
やはり歳を重ねるとこうなるんだなぁ・・・・なんてのを強く実感。
それでもうまく力を抜きつつ流すことを覚えているので
無理しなくてもなんとでもなるんですけどね。

関東遠征してきました2(408club編)の続きとなります。
※今回の記事はエリアフィッシングではなく餌釣り堀です。


私の好きな番組の一つに「ドキュメント72時間」というのがある。
「深夜の釣堀で見る夢は」 という回が放映されていて(※リンク先はグーグル検索結果)
世の中にはこんな全天候型の夜まで楽しめる釣り堀があるのか、と衝撃を受けた。
それからいつか関東行くときは立ち寄ってみたいと考えていたが、
今回ホテルの向かいが運良く室内釣堀施設だったため1時間だけだが挑戦してきました。

2/13 栃木県佐野市「アミパ佐野店」にて。

pic001_20160216185418a39.jpg

時刻 22:45→23:45
天気 室内の電灯の下。天井時々提灯といったところ。

営業時間は24時までということで1時間しか出来ない。
本当は3時間位ガッツリやりたい気持ちもあるがそのへんは仕方ないかな。
料金は1時間1080円。その他の料金は公式で。
鯉池、金魚池の2種類があるが今回は鯉池を選択。(まぁ引きも楽しめるし)
ついでに池に入っているのは鯉の他にチョウザメやナマズなどメートル級のも居ます。
釣れたら即店員さんを呼ぶということを教えてもらっていざ釣り座に。

餌は練り餌と粒状の餌の2種類あるがどちらでも良いというか、わからないので
おすすめを聞いてみるものの「うーん」と首を傾げてしまったので粒タイプを選択。
pic002_201602161909052af.jpg
いわゆるこれがペレットというものだろうか。かなり小ぶり。
ロッドなど道具一式もセットで借りれるのだがロッドは40センチ位の
太めの延べ竿(単体の写真撮るの忘れてた)。
フックはバーブレスのチヌバリ3~5号程度の大きさ、ラインは12lb(3号程度?)
程度のナイロンラインでうきはちょっとした棒ウキが付いている。
ガン玉が一つ付いているのだがこれがかなり重要となる。

この池のキャパは20名は余裕で行けるくらい広いが
地元の釣り堀にいった際にシマさんのアドバイス「釣り堀はヘチを釣れ」を思い出し
ヘチを効率的に狙える角地に釣座を構える。

pic003_20160216191615cf5.jpg

初めてやるジャンルの釣りの場合、どの釣りに一番近いのかを考える。
例えば餌の付け方、全部隠すのか、針をしっかり出すのか、ちょっとだけ出すのか。
合わせ方は即合わせなのか、予兆があるタイプなのか、前あたりタイプかなどなど
でも同じ鯉ということで延べ竿で鯉を狙うパターン前あたり」→「本あたり」を待つやり方で
餌は針先はかかり重視ということでちょっとだけ出すことにしました。
(練り餌だったら全部隠して釣ってたと思う)

まぁ、ファミリーフィッシングだって余裕でできちゃうくらいの難易度ですから
pic004_201602161923308ca.jpg
普通によく釣れます。でも、きちんと餌の流し方っていうのがあって
なんだかんだで全然釣れていない人もいるのがやはりエリアと同じ。
2時間で5~6匹しか出ないこともざらに居るということ。
時々撒き餌もしてくれるのでその時は一気に活性上がります。

途中でガン玉が落ちてしまい、ウキの立ち方や
当たり方がおかしくなってしまったせいもあり後半失速したものの
1時間で8尾の釣果も2匹ほどスカリにいれる際に逃亡されてしまい
釣果記録としては6尾となりました。
途中のフックオフを考えると1時間で10~15回は余裕で釣るチャンスがあった。
pic005_201602161948093b1.jpg
終了時間にカウンターへ行き延長なしを告げると本数を数えてもらえます。
店員さんに「え、こんなに釣ったの?初めてで?」とかなんとか。
うむ、偶然だぞ。

釣れた魚や本数に応じてくじを引くことが出来ます。
今回クジを引けたのは2枚。40センチアップが2尾分かな?
そのクジには「ポイント」が記載されてありまして、それに応じた商品と交換可能。
ポイントを貯めることも出来ますが、次何時来ることができるかわからないので
お菓子など細かい商品と交換することにしました。

pic006_20160216195359bab.jpg

1ポイント1円くらいの認識で良さそう。

pic007_20160216212037dc8.jpg
なっとう味のうまい棒など110ポイント分と交換。
栃木来たなら納豆ですよねーっていうことで、同行者2名それぞれプレゼントしたけど
よくよく今考えてみると納豆は茨城県だったねぇ・・・。
餃子味のうまい棒があればそれが大正解だったのかもしれない。


pic008_2016021621225726d.jpg
金魚すくいもできるようだ。
縁日以外で金魚すくいをやれるっていうのはなかなかないよね。

pic009_201602162124376f7.jpg
今日一日の締めを清々しい気分で終われたのはほんとよかった。
室内釣堀ってこんなに楽しいものなんだね。もし近くにあったら絶対通っちゃうヨ。
次関東来た時も絶対行きます。



朝7時から夜12時まで釣りに明け暮れた1日も終わる。
pic010_20160216214035efa.jpg

ホテルのテーブルの上に折り紙のハートが置いてあった。
そういえば明日はバレンタインデーだったな・・・
そう思いながら疲れた体を湯船でほぐしながら夜1:30就寝。
起床は朝の5時予定、しっかり目覚ましをセットしておやすみなさい。

明日も良い釣りになりますように。

→関東遠征してきました4(フィッシングスペース爆釣編)に続く。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

関東遠征してきました2(408club編)

ちょうどこのブログを書きはじめた時に黄色い店からweb買取査定が。
まぁ、こんなもんだろうなというレベルの金額だったけど承認。
ただ、webでの買い取りは現地よりも辛めで、この記事の後半に書きますが
佐野市にある店舗の方で同じルアーを買い取ってもらった査定のほうが
若干高く評価されているみたいで、その土地のトレンドに合わせたルアー
そんなのを持っていくのが一番いいと感じたね。

・・・・ついでに自宅から一番近い店舗で100kmくらい有ります(´・ω・`)

というわけでその1・尚仁沢アウトドアフィールド編の続きです。



尚仁沢アウトドアフィールドを午前中で切り上げて向かったのがこのエリア。
友人が何度も通っていて、私をここへ連れて来たいとは言われてたものの、
いざこのエリアにつくとここがあの408クラブなのねと感慨深いものがある

2/13 栃木県塩谷郡「408club」にて
pic001_20160216113552ea5.jpg


時刻 13:15→18:00
天気 はれ

とうとうやってきました、かの有名な408クラブ。
友人より「一匹釣れりゃ合格点ですわ」との話を前から聞いていたが
噂によく聞くとにかく難しい、魚がよく見切るというフィールドへ。
今回一緒に来ている2人はもう何度も通っているので勝手知ったる様子だが
こちとら関東も初めて、このフィールドも初めて、おまけに水車初めてと
初めてづくしの釣行なのでまずはとにかく合格点を貰える所を目標に。

とりあえずフィールド概要。
池はL字型の大物池一個のみ。
広さは約9700平方メートル。(下記の参考も含めgooglemapより算出)
参考 
一般的な区画整理された田んぼ:1000平方メートル(一反)
尚仁沢アウトドアフィールド:4700平方メートル

一個の池としては自分が行った中だと最大の面積のようだ。
(今まで行った中だとビッグファイト松本の6・7号池の約6000平方メートル)
水質はクリア。2台連結された水車がストック池の前に設置されていて激流を生む。
その他詳しいフィールドマップは公式ページで紹介されています。
(今回入ったポイントに関しての名称は公式ページで書いてあるポイントです)
pic001_20160215205009fca.jpg
1時頃、シャローエリアから開始。とにかく広いが魚が見えないわけでもない。
ディープクラピーの自塗から開始。大遠投して一気に潜らせ、後はリトリーブ。
反応無し。スリムスイマーCE4.5の大遠投での巻きに期待したがこれも反応無し。
良い反応があったのがハンクルシャッド65SPスパークルクリア。
何度もチェイスしてきて反応が良く・・・・一瞬フッキング!も、反転され
最初のチャンスをみすみす逃す。そこから1時間ほど粘ってみたが反応は無し。
チャンスが多いエリアじゃないので一瞬のミスが命取り。

次に向かったのが岬エリア。友人がすでにそこで一匹釣り上げていたのでお邪魔しに。
なるほど、この周辺はスポーニングエリアなのか足元の魚影が濃い。
どこかのアレよろしくザッガーにウエイトはってその辺荒らしまくったり
スライドチップレーシングなどで威嚇バイト狙ったりするもどうもうまくいかない。
しかもこのポイント、虫がひどい。目の前でぶーんしゃかぶーんしゃかやられると
気力がゴリゴリ削られていくのがはっきり分かる。
逆に言うと、こうやって虫が湧いている場合は虫パターンということでトップで攻めるのも
アリっちゃありなんだろうけどこのポインとに入ったタイミングではトップで釣れなかった。
岬で2~3時間ほど粘るも、このままだとジリ貧なのは間違いない。
水車周りを攻めている友人らはヒットしているので合流して入れてもらうのも考えたが
現状で大変つらい釣りになってはいるものの何としてでも自分の力で釣りたいところ。

PM4時ちょっと前、駐車場前ポイントのインレットに入る。
パターンとしては午前中の尚仁沢アウトドアフィールドでの水流を横切らせて
ゆっくり誘って行くパターンをクランクでネチネチ攻めていく戦法再び。
が、ここでもふわとろでバイトに成功させるが途中でフックオフ。ついてない・・・・(´・ω・`)
ここまで5バイトノーキャッチ。いい加減嫌な汗が出てき始める。

パターンが全くつかめないのと、こういう大物エリアでは頼みの綱となる
カランバが以前の釣行などでなくなってしまっているため手札がない。
豆なんかもほとんど補充してなかったし巻き系しか手札がない
しかも残り時間はもう1時間。これはもう万策尽きるか?
正直かなり心折れてました。ゲロ吐きたいレベルで。
それでも最後の最後まで粘って良い結果に巡り会えたことは多いし諦めない。
ちょうど出島エリアに陣取ってた釣り人が移動したのでそこに最後のチャンスをかける。
日が陰ってきたのでカラーはもちろんピンク系など目立つ色を投げる。
夕まずめの一発がシャローで出ることだけを祈る。

そして。
pic002_20160216121249239.jpg
ココニョロインジェクション/蛍光ピンクで。

なんとか終了40分前、今までの経験から軽い合わせじゃバレる事も想定して
軽く追い合わせを加えてとにかくただ祈るだけしかなかった。
これほどまでに1尾出すのに苦労したエリアは他にない。
サイズは50中盤~後半程度とこのエリアにしては多々小ぶりの一匹だったが
それでもなんとか初釣行初キャッチだけはなんとか達成できました。

最終的には一緒に向かったメンバーは5尾が1名、3尾が1名、そして私が1尾。
ココでもポインと選びやルアーチョイスなど経験の差と腕の差が出たなぁ。
正直言うと、ここまで一匹ひねり出すのに苦労するか・・・というため息がデカイ。
16時過ぎあたりで折れかけてたけど、奥入瀬で鮭釣りをした時に
最後の最後でヒットしたのことや、清水川で数が揃わず最後の30分で粘り勝ちしたこと
そういう経験が最後まで背中を後押ししてくれたから
最後の最後までずっと諦めずに竿を振り続けられたんだと思う。
やっぱ釣り人はファイターじゃないとダメだと思ったね。
きっとこの経験も、この先の釣りに生きてくると思う。


釣果:1尾
全く行く予定もなかったので合格点は決めてませんでしたが、
何も釣れずに帰る人も多くいること、友人らからも初めてなら1日やって1尾釣れたら
余裕で合格点ということで合格としました。

このエリアへ釣りしに行く場合は1日をかけて釣らないと半日じゃ足りないと思う。
もし次回行くことがあれば朝イチから終了時間まで投げ倒したい。
エリアフィッシングの感覚じゃなく、サクラ釣りの感覚にスイッチ入れれば
大きめなルアーでも何でも1日投げ倒すのは苦にならない。
今回の遠征で管釣り3箇所回ったけど群を抜いて辛かったがそれも経験。
後ココの魚妙に刺さりが悪い気がするんだけどココで釣りするならフック51じゃなく
31にしたほうが良いのかもしれないなぁ(そのぶん伸びやすいけど)

今回のヒットルアー
pic003_2016021612325181e.jpg
ココニョロインジェクション(九重ルアーズ)

これだけじゃ寂しいので今回バイトまで持ち込めたルアーも紹介。
pic004_2016021612352263b.jpg
ザッガー/自塗装………スポーニングベッドを荒らして威嚇バイトへ。
ハンクルシャッド×2………トゥイッチと何度も目の前通してバイトに持込み1回
ふわとろ………流れをドリフトさせゆっくり巻いて2回。
SC-R………スポーニングベッドを荒らして威嚇バイトへ。

でも大体感触はつかめた気がする。次いけたら3尾くらいは行けるんじゃないかな。
遠征してくるにはシブすぎるけど、近くに住んでるなら何度も釣行を重ね
じっくり狙っていくには良いエリアだと思った。


pic005_20160216130149ee5.jpg
宿舎はルートイン。
アメニティがしっかりしているのでこういう時に全国チェーンのホテルは助かる。
あえて言えば携帯の充電器があれば嬉しかったかな。

チェックイン後タックルベリー佐野店でもう使わないルアーを処分。
というか、素性がわからないルアーなんかも一緒に混ぜて
店員さんが「これグラム数もないし何のルアーだ・・?」的な話が。
その割には持ち込んだルアー類が割といい値段で引き取ってもらったので満足。
中古コーナーにあったクラピー類をごそっと買いたいのをぐっと我慢して
pic007_201602161304122e6.jpg
pic006_201602161304113a3.jpg
アカサカ釣具店へ。流石に管釣り本場の地域でしかも最大級の品ぞろえ。
欲しいと思う品は結構あったけど自分がほしいと思ってた商品は無し。
関東遠征記事のパート4で書く予定ですがオオツカの宇都宮店でも在庫無しで
今回の遠征で買い物に関しては満足がいく買い物ができなかったのが心残り。

佐野といえば佐野ラーメン。
pic008_20160216130848321.jpg
果たしてこれが佐野ラーメンなのかは分からなかったが
さっぱり出汁であまり食べたことのない味。でもするするお中に入る。
美味しゅうございました。

pic009_2016021613160213e.jpg
もうラインがヨレヨレになってしまったのでホテルに帰りバッサリ切断。
次の日の目的地がレギュラー鱒がメインなので細いラインにしようと思ったのだが
買い物の際に買ってくるのを忘れてしまった。仕方ないけど4lb3lbのラインを取り
リーダー結び直しして(普段は現地で結ぶけど今回は特別)時間の許す限り
今回の記録を書き留めて、フックを交換して、並べ直しして・・・。

時計は22時45分。さて、次の釣りへ向かって出発。
夜釣り?いえ、違います。目の前にあるアミューズメントパークが目的地。

→関東遠征してきました3(アミパ!編)に続く。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

関東遠征してきました(尚仁沢アウトドアフィールド編)

2/13→2/14にわたって関東へ遠征してまいりました。
いった場所別に記事を区切りますので4回に渡っての更新となります。
なるべく早く記事化をしていきたいと思いますがどうなることやら(´・ω・`)
それと今回は「あくまで自分はどう思ったか」で書いてますので
その辺もいろいろと察していただければ。では、本編へー。



深夜。一台のプリウスに拾われ以前から予定していた関東遠征へ。
那須白河ICでやいくつのコンビニで休憩を取りながら
腰がいたいなと思いながらも7時間ほどで現地入り口到着AM6:10。
ゲートオープン前なので一旦寄り道をしつつ現地の駐車場へ。
それが、今回の目的地である「尚仁沢アウトドアフィールド」。


2/13(土曜日) 栃木県塩谷郡「尚仁沢アウトドアフィールド」にて。
pic001_20160214225325d27.jpg

時刻 7:20→11:45
天気 晴れ

到着すると建物側に2グループ(確か5人)対岸側にフライマンが4名、ルアーが3~4名。
それから建物から向かって右側に3~4名かな。
この程度なら池は広大だし密度的には全く問題ない感じ。

池の概要だが池は2つ。
大池は約5000平方メートル、小池は約300平方メートル
(参考 ※googlemapより算出
 テニスコート1枚:    約260平方メートル
 25×50mプール1枚  1250平方メートル
 ビッグファイト松本7号池 約4700平方メートル)
 408クラブ       約9700平方メートル)

pic002_201602142322147b7.jpg
大池がメインとなる釣り場なのだが、広さは約5000平方メートルということで
清水川の3倍、うきうきの4倍、ビッグファイト松本の第七ポンドと同規模。
中央からは開始直後からポンプか何かで水を出し、流れを作っている。
また、朝9時前?そのへんから水車が回り始める。
その他詳しいフィールドの写真などは公式
(※今回の記事はこのフィールドガイドの地名を元に書いています。)

常連さん達と思われる集団がインレット、そして対岸(フライ)に多く陣取ってる
事前に「インレットに入れなきゃ相当しんどい。逆にインレットは天国」的な話は見ていたが
残念ながらそこに入れないことは確定のようだ。
というわけでボートのあるあたりから3人で軽く開始。
pic001_20160215181504dcb.jpg

水は若干濁り気味なので以前の教訓から濁り気味なら膨張色ってことで
クラピーの地塗りから開始。うん、反応無し。クランクがダメならスプーンか?
ノアシグネイチャーカラーの福田色を投げる。これもダメ。
表層から中層、ボトム探るけどどうも反応がない。
友人2人も全くヒット無し。場所が悪いのか?
インレットの人たちだけは連発しているけど・・・・。
友人らは15分ほどで場所移動、自分も別行動で同じく場所移動。
3人同時討ち死にの可能性もあるからこういう場合は分散した方がいい。
相変わらずインレットは人も多くしかも釣れている。
他の場所はまぁ、お察しレベル。とりあえずどうせダメなら人が少なく
まだプレッシャーが少ないドッグラン方面へ。
しかし相変わらず開始から悶絶。
反応があったのはエフドラッグをアクションつけながら巻くのと
スリムスイマーCE4.5gを大遠投して中央の水が湧いているところからの
巻きでの釣りだったのだがどちらもキャッチに至らず。さてどうしたものか。
時々ライズがあるからトップはどうか?と投げてみたもののこれも反応無し。
午前8時半すぎ、釣れなさ過ぎていい加減心が折れかけてきたので
遠征までして使うのはどうかと思ったが豆解禁。
できたら今回の遠征では変わり種を使わないと思ってたのに早速取り出すあたり
まだまだ引き出しが少ないなぁ・・なんてことを痛感する。
(※開始時、管理人さんの話を聞いた時に魚はボトムべったり。
ボトムメインの釣りでしか釣果は伸びないよ的な話と、
入る場所のおすすめはやはりインレットとその対岸側との事は聞いている
ついでに言うと1~2月の放流は無いので渋い時は結構きつい感じと。)

8:52ようやくキャッチ。
pic002_201602151844483d8.jpg
ディスプラウト/フォールゾーン0.4g。ボトムバンプを繰り返していた時にヒット。

このドッグラン付近、帰り際まで何人も人が入れ替わって入っていたが
昼まででにつれてた人が1人か2人居るか居ないくらい渋かった。
9時頃に水車が回り始めてたのだが水車べったり攻めてた人が移動したので
9時30分、すかさず水車周りに入る。(移動した人は1時間で1尾くらい)
インレットや水車は定番ポイントだけど寒い季節だと逆効果になるケースも多いらしく
ちょっと迷ったけどこのままではジリ貧なので変化を求めての移動。

pic003_20160215184948631.jpg
いつもより余計に回っております~。
染之助染太郎のネタだっけ。こういうネタを出すとおっさんって言われるがまぁ、いいか。

ついでに「水車のあるエリア」は初体験だったりします。
でもまぁ考え方としてはネイティブのドリフトを意識したルアーの通し方で良いかな?
そう思い水車周りをネチネチと攻めていくとヒット。
pic004_20160215185301c07.jpg
ディープクラピー/自塗。

pic005_2016021519003770f.jpg
これは確かマイクロクラピーだったはず。


水車からの流れを横断するようにクロスにキャストして、ロッドワークで潜らせつつ
斜めにドリフトさせ安定したらゆっくりそこをさらっていく戦略。
これでなんとか11時ころまでにクラピーで6キャッチ。
流れの際をハビィで1キャッチ。
バラシの回数もあったのでそれなりに魚は溜まっていたと思う。
友人が来てやっていて釣ったのだがこの水車のキワに豆を投げて
リフトフォールしてるだけでももしかして釣れるかもしれないけど
巻きで釣れるうちはなんとか巻きで対処したいのでメタルバイブで
一回つれた程度で後はクランクで粘ってみました。

別に変わり種のルアーが嫌いというわけじゃなくて
見据えているのは春、秋に予定している北海道遠征。
北海道のエリアではその手のルアーはすべて禁止されているので
この関東の渋い状況でいかに巻きにこだわって投げれるか、ということで
なるべくは頼らないようなルアーローテでやっている。

11時過ぎ、休憩に入った人なども多く開いている場所へ移動しながら
ミノータックルで全域をざっと攻めていく。ノーヒット。
うーん、やっぱ水車でじっと粘ってた方良かったかな?なんて思ったけど
せっかく遠くに来てやるんだからいろんなポイントでやりたいという欲に負けて
釣果が散々になるといういつものパターン。

皆が食事などで車やレストランに戻っている姿に紛れて
なんか友人2人も道具を持って車にィ?
まぁ、盗難の心配もあるし
道具置きっぱで場所キープしながら飯食いに行くのはマナー違反ってのもあるから
随分行儀良いことしてんなーなんて思い車に行ってみた

私「え、車に戻ってどうしたん?」
友人2人「駄目だ、別に行こう」
「は?え、一日券払ったじゃん?マジ?」

一部のポイントじゃないと全く勝負にならないというのがどうも気に入らなかったらしく
そこらもまずあきそうにに無いということがわかったので別に行かないかっていう話。
確かに釣れているのはインレット付近、水車、そしてフライマンと
決まった所以外はびっくりするほど釣れている感じがないのはわかるが・・

ちょうどインレット付近の常連さん達が飯休憩に出ていたので
インレットから若干離れてはいるがタックルボックスが置いていない付近に陣取り
リアクションジャバーを投げてみるとたしかに簡単に釣れる。
(15分ほど一回おじゃました時は釣れなかったんだけどルアーがあってなかったのかな)

とにかく、周りはほとんど豆とフェザー系?で底釣りだし
もっと多彩な攻め方で釣れるエリアが良いからココはこれで切り上げよう、と。

俺としては次の選択肢がかの有名な高難易度なエリアなので
ココで粘っても・・・とは思ったけど民主主義バンザイっていうことで1対2で
午後からの予定を変更して場所移動となりました。

pic006_20160215192852ef7.jpg
春と言っても過言ではないほど空は晴れ清々しい陽気。

pic007_201602151930103b8.jpg
ぬいぐるみみたいだろー?

pic008_201602151931053b2.jpg
こっちの黒い方のわんこは全力で俺を撫でろアピールしてきた。かわいい。

釣果:9尾
1日で30尾行ければ合格としていたので半日で9日はもちろん不合格点。
いやぁ、負け惜しみ乙と言われても仕方ないけど最初から"釣れるポイント"に
入れていたなら余裕でクリアできる自信はあるんだけど
「土地勘」「独自パターン」「放流時期」などなろ、「知」の部分も実力の一つと思うし
初遠征、初釣行な自分にとってはそのマイナス点だけでも十分痛手でした。
(友人らは工事前?の数年前にいったのが最後らしい)

ヒットルアー
pic009_20160215195125eb7.jpg
ディープクラピー/自塗(ラッキークラフト)
マイクロクラピー/ペレットオールスターズ(ラッキークラフト)
リアクションジャバー(ディスプラウト)
ハビィ/オオツカオリカラ(アイビーライン)
フォールゾーン(ディスプラウト)

今度来るならきちんと放流がある時期に良い場所に入りたいな。
ついでにもう一つ言えば、立ちションばっかしているフライマン連中が居なきゃ
もっと清々しく釣りができたんだろうなと思った。
なんでおっさんたちの立ちション見ながら釣りしなきゃダメなんだよと思ったけど
これは自分達がどうすることも出来ない話なのであくまで愚痴程度。
東北の圧倒的な田舎の釣り人でも流石にそういう人遭遇したことないわ。

そして車は動き出す。408クラブへ向かって。
ということで、その2へ続きます。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

遠征に出かける前に雑記など

明日関東遠征が控えているわけだが週末は天気がよろしくないようだ。
といってもメインの土曜の釣りでは気温が15度のぽかぽか日和
そんな話ではあるようだが、急激な気温の上昇はパターンを読むのが難しい。
いろいろな話を統合してボトムメインのルアーを揃えたのだが
表層~中層も選択肢に入れるべきか、どうなることやらと言った感感じ。

過去の北海道遠征では霰に降られてみたり午前中まで雨に振られたり
なかなか天気に恵まれていないことも有り運の悪さを呪うばかり。

というわけで雑記。


断捨離、というわけではないが使わないルアーを売り飛ばすことに。
pic001_20160212003756c35.jpg
古くなったルアーやもう使っていないルアーを中心に黄色い店へ。
今まで釣具は使わなくなってもいつか使いまわせると思い、
売るような事はなかったが、先月ブロンズウルフを買ったり他にも出費が重なり
あれこれカツカツなので今月は節約そしてすこしばかりの足しにと。
箱が届いたその日のうちにバスルアーとシーバスルアーはweb買い取りへ。
サクラ用を除くトラウト系のルアーでホライザードやバービーのような
世間一般では実績あるけど自分には合わなかったのは友人らに譲渡、売却。
残りの有象無象は遠征先のお店で売却予定。地域によって買取値段違うし。
黄色い店だと間違いなく二束三文で買い叩かれることは間違いないし、
それにかかった費用や思い出なんかも一緒に投げ飛ばすことになるが
ネイティブの方も今年ルアーを結構多めに補強する必要があるため
スペースの確保といくらか資金にしておこうなんて。
もちろんオールド系は残してます。



遠征に向けてせっせと準備中。
pic001_20160212175546289.jpg
と言ってもなにか特別な道具を購入・・・というわけでもないのだが
週末は天気が荒れ気味、気温が高く状況が一変するような
そんな天候のようなので服なんかも春秋物を急遽出してきたりなど。
無論エリアフィッシングが最も盛んな関東、それらに初遠征ということで
どちらも初釣行になるがなるべくトーナメントで採用されてるレギュレーションで
尚仁沢アウトドアフィールドでは30尾(2/13、1日券)
フィッシングスペース爆釣では20尾(半日券)
この辺をとりあえずの合格点として挑戦してきます。
釣行記に関しては計3箇所、来週末までには全部アップしたいところ。



来年は2月に北海道遠征しようかなと・・ビッグファイト松本の
アイスフィッシング」の動画を見たけどこれはこれで楽しそう。
どういう感触なんだろう、基本はワカサギ釣りスタイルだけど
引きというかターゲットがニジマス?そんな感じなのだろうか。
また北海道行きたいなぁ。予定が空くかどうか、そこからなんだけどね。

では、どこまでやれるかわかりませんが頑張ってきます。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

二匹目のドジョウを狙うもうまくいくわけもなく

ダイワの総合カタログを遅ればせながら購入。
pic001_20160206101547b7b.jpg
自分の中ではわからない釣りはとりあえずダイワ、という選択肢をとっている為有用。

値上げラッシュが釣り具業界にもきているようで
ダイワも一部の用品(ピニオンリール、ニッパー、オイルなどの小物)の値上げが。
まぁ、全品目値上げではなくロッドやリールなどは据え置きだから自分としては問題なし。
使っているものだと、リングオープナー、オイル、磯バッカンくらいか。
ヘラと磯用品がメインで上がっているのでその辺やってる人は注意だね。
コレまた自分の使っているものには影響ないがタックルハウス製品も一部値上げだとか。
タックルハウスのは持っているのだとK-TENシリーズとエリア用シケイダーくらい。
K-TENは今のところ買う予定ないしシケイダーは値上げ一覧にないからセーフか。
自分が釣りを覚えてサクラマスで地元河川が有名になった頃に、
猫も杓子もK-TENをこぞって使ってサクラを釣った時代があったと聞く。
あれから10年以上は余裕で経過してるし今年は1軍のラインナップに加えようか。


2/5 能代市周辺の漁港、岸壁など

時刻 20:30→22:45
天気 小雪
気温 たぶん0度位、強風

前回の釣行の良さに調子に乗って今度はやや南下。
能代市周辺の思い当たるポイントをちまちまと狙っていく。
しかし思ったよりも今日の風は強く入れそうなポイントは少ない。
市街地の風速は2m程度の予報だったが海沿いはマジ暴風。
凧揚げなんかやったら余裕でぶっ飛ばされる勢いで、煙突の煙も
ほぼ直角で流れているような有様なので風を背に受けるポイント中心に
地図を見ながら足で稼いでポイントを覚えていく。

とある漁港の常夜灯の下へ入ろうとしたら
pic004_20160206120313c31.jpg

むむむ、これは入るなって言うことか。
能代市周辺は随分と釣りができる場所が減って魅力が落ちたと思うんだ。
もう15年以上工事中と銘打って封鎖している場所なんかもあるしなんだかなぁ。
河川水の流入しているようなポイントではどこも結構濁りが入って釣りがしづらい状況。
特に水温がかなり低い。前回の釣ってたポイントよりもガッツリ低い。

それでもなんとか手のひら以下ではあるが。
pic003_20160206120311bf0.jpg

ダイワ月下美人1.5gジグヘッド+ダイワ月下美人ビームスティック(グロー)で。
写真ちゃっちゃと撮って即海にお帰り願いました。
このポイントの周囲ではほんとうに小さいコツコツとしたアタリが何度かあったので
魚自体はいるけどサイズは全く期待できるレベルじゃなさそうだ。
戦略的にもこの風、この濁りだったらもうちょっとボリュームのあるワーム、
そして2~3gのジグヘッドじゃないと風でラインが流されワームが浮いてしまう。
この辺のラインナップを次回釣行で持って行きたい。

風が強いんでハードルアーを取り出す。
もちろん前回つかったテトラワークスユラメキ。
コレなら多少流れのあるところでも問題なく攻めれる。
そういうわけで気合入れて第一投・・・・(パチーン)

なんかいい音出してルアーだけぶっ飛んでいったヨ(´・ω・`)
手持ちのユラメキはこれしかないんだよなぁ。
自分で使う用に地元釣具店に結構な数とってもらったんだけど
他にハードルアーを使う人が結構いたのか売り切れていたし。(再度発注)
その後トトシャッドを出してやってみたけどグローだとおもいきやクリアで
全く魚の反応も得られず無事終了。ラインが切れた時点で集中力も切れました。
うーん、河川水入っているところは釣り自体も厳しいようだ。
本当は男鹿まで足を伸ばせればいいんだけどたかがメバルに男鹿まではちょっと。
もうちょい青森県境を攻めに行こうかな。
来週の管釣り遠征の前にもう一度穏やかな夜に行きたいと思います。



早く切り上げたので久々に能代市でラーメンを。
pic005_20160206120314bfc.jpg

辛いニラをドバドバ入れたら滅茶苦茶辛口に。
頑張ってスープまで完食したけど流石に帰り道体がぽかぽかだったね。

pic002_201602061203103ae.jpg

アメッコ市は来週だったか。
来週この2日間は関東にいるから行けないんだよなぁ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

冬の夜の海で根魚ゲームを。

まもなく発表になるであろう、3月の鉄道ダイヤの改正情報を注視している。
というのも、北海道の幾つかのエリアに行くのに調度良かった
寝台急行「はまなす」が廃止されるにあたって、代替となる交通手段が
どういう感じになるのか、場合によっては夜行バスなども含め動向を見守っている。
時間に自由が効く車で北海道に渡る場合はフェリーになるが、他の釣り人誘って
「0泊3日で北海道行かない?」とか言っても理解されないのは解りきってるし
1人で行くには運賃がバカならないし……ううむ、どうしようか。
せめて夜行バスが途中で止まってくれたらいいんだけどさてさてどうなることやら。


2/3 秋田県八峰町付近の漁港や砂浜など

時刻 21:00→24:20
天気 はれ
風   あまりなく久々の穏やかな冬の夜。

pic001_2016020409442858e.jpg

なんか仕事も早く終わったし、一日を通して穏やかな日だったので
夜も穏やかなら久々に根魚ゲームでもしようかと考えていた。
と言っても、真冬(厳冬期)のメバリングってのは初めてなので
とりあえずは秋のタックルを持ってやれるだけやってみようってことに。

タックル
ロッド メジャークラフト ネクスティーノ 602XUL ←メバルロッド無いからエリアロッドで代用。
リール ダイワ  スプリンター2000 ←古い廉価リールだけどメバリングなら問題ないか。
ライン ダイソーハリスライン0,8号  ←ワームメインだし安物でいいや

残念ながらライトゲーム専用タックルは一つも持っていないし
海水が付着する海には高いリールを持って行きたくないので
この辺の安物タックルでなんとかお茶を濁す。
(まぁ、これらで十分釣りになるからなぁ。ガッツリやるなら専用品買うけど)


途中途中で車を止めグーグルマップの航空写真を見て
地形的によさ気な場所を幾つかピックアップ。
ランガン風味でどんどんポイントを変えていく方針を固める。

1カ所目の砂浜・・・・名もない漁港の砂浜だったが全く反応無し。
2カ所目の護岸・・・・こちらも全く反応無し。
3カ所目の漁港・・・・水がクリア過ぎ、底面が根魚もぐれるストラクチャーがない
4カ所目の漁港・・・・水がクリア過ぎ、水鳥多数(魚捕まえてる様子なし)
5カ所目の港湾部・・ここは反応がありそうというか、照明が多いのでよさ気。

ルアーは月下美人のジグヘッド1.5gに同じく月下美人のビームスティック(グロー)
何を使えばいいかわからないというのもあるし、地元の釣具店でコレ系は
あまりラインナップがないので夜だしグローでいいしダイワでいいや、っていう消去法。
季節のせいなのか、何処の釣り場も底面は小魚が隠せるような海藻類は見当たらず
砂地や岩盤むき出しに変わっているポイントも多くしかも水が超クリアということで
ストラクチャーや岸沿いを丁寧にネチネチ攻めていく。5カ所目のポイントでようやく1匹め。
pic002_20160204102010825.jpg
まずまずといったところかな。28.5cm。

ボトムまでべったりおろして底を這わせるようにゆっくり巻いたらグッと来ました。
でもとりあえず今の自分の攻め方で問題ないことや、冬でもしっかり釣れる
そういうことがわかっただけでこの一匹は価値がある。

8歩歩いて中層、低層ズル引き、ボトムバンプの3セットやったら
また8歩歩いて・・・といった感じでくまなく探っていくともう一匹。
pic003_2016020410242852a.jpg
24.5cmくらい。引きが割とグイグイやってきたのでもうちょいデカイと思った。

一通り攻め終わったら今度はハードルアーを取り出す。
距離アップで届かなかったところも攻めれる上、
積極的にベイト追えるもうようなちょい良型を取っていこうっていう魂胆。
選んだのはデュオのテトラワークス「ユラメキ」。シンペンは勝負が早いし。
エリアでよく使う縦方向のトゥイッチで底から跳ね上がる動きで誘って行く。
ロッドが柔らかいのでちょいとキビキビした動きをイメージしながらロッドを動かすと
pic004_20160204103052dbd.jpg
何故かハゼが釣れる。冬のハゼは美味とは聞くがリリース。

pic005_20160204103419651.jpg
アメフラシの仲間だろうか。いずれにせよ海に返す。

pic006_20160204103555bb9.jpg
ハゼって案外釣れるものなんだね(´・ω・`) もちろんリリース。

pic007_201602041037282ee.jpg
ロープとかじゃなければルアー回収機を併用すれば
この程度のゴミならルアーまるごとなんとか回収できたりします。

といったところで時計が12時を回ったのでココでタイムアップ。
なんか今年は穏やかな日が結構あるのでまた風が弱い日を狙って海に行こうかな。
底面がこんなに海藻類が少ないならちょっと試してみたいポイントも結構あるので
次回海へ行ければすこし南のポイントへ行こうと思います。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

「岩姫フィッシング」(岩手県)へ行ってきました。

所在地域の広報を見ていたら秋田県のマスコットキャラが
新しくなっただのどうなのという記事が目に入る。
まぁ、スギッチは動けないし地味だしあまり可愛くないしきぐるみの中臭かったし。
しかし新しいキャラのんだっちはたしかに可愛くなっているが没個性になってる気も。
せっかく秋田県だし秋田犬(ハチ公)を横に置くだけで更にキュートになるのに。

なんてことをボーッと考えながらつるっつるの道路をちんたら向かったのが今回の話。


1/31 岩手県滝沢村 「岩姫フィッシング」にて。

pic002_20160131235412d53.jpg

時刻 10:00→17:00
天気 曇り
気温 昼間でも氷点下2度位
風   時折結構強め

オープン時間は10時とわかっていたが、ちょっと寄る所があったので早めの出発。
高速を使わず山道をとろとろ走ってたわけだがあまりのもツルッツルで
夏場よりも30分遅く9時ちょっと過ぎに中継点の某所へ到着。
再来週の遠征の件で岩手の方とちょいと予定とかすりあわせておく。
電話やメールで連絡を取るだけじゃ心配で直接口で伝えておかなきゃなんて思うのは
なんだかんだで自分の中でレトロな部分があるのかもしれない。

エリアから10分範囲には道の駅や食堂、コンビニなど点在しているので
そこで水分やトイレなどを済ませてから行くのが良いだろう。
エリアのレストハウスにはコーヒーやお茶が有り飲むことが可能ではあるが
一分一秒でも釣りをしていたいとなると休憩せずやりたいからね。
pic003_2016020100021285a.jpg
道の駅西根。
ご飯物は少なかったけど(おにぎりが焼きおにぎりとしその葉でくるんだおにぎり?)
pic004_20160201000213bed.jpg
ミニカツ丼があったので購入。道中外食店は焼肉店が多かったこともあり
この辺は畜産が盛んなのでは、なんて考えてみた。

到着は9:45分頃。自分の他に車は1台。
人的プレッシャーは無いと考えても良さそうだ。
一日を通してこの日はルアーマンが約10名、フライ(テンカラ)が多分2名。
pic005_20160201000804fef.jpg
料金体系、ルールなど。もちろん1日コース。
リリースコースといえどもキープ可能本数が設定されてあるのはウキウキと同じかな。
清水川とほぼ同じレギュレーションと考えて良いだろう。結構ゆるめ。

管理人さんは管理人のプレハブもしくは養殖池にいるので料金を先払い。
ふらしを持参しない場合、バケツを貸し出してくれます。ネットも無料で使用可。
pic006_20160201001246f38.jpg
その他画像左のレストハウスが使用可。暖房やコーヒー、お茶が飲めるらしい。
自販機やご飯物の提供はないため、要持参となっている。

pic007_20160201001451d73.jpg
池は合計3面あるが一つはエサ釣り&オールキープ専用なので実質2面。

小さい池は推定150㎡程度。一番深い場所でも1.5mくらいか。(キャパ3人程度)
インレット一本、アウトレット1本。
大きい池は推定1600㎡。最深部はもしかしたら3mはあるかも。(20人は余裕)
清水川のルアー池とだいたい似た程度かもうちょっと大きい感じかな。
インレット2本(3本?)アウトレット2本。底面は砂、ビニールシートで
ボトムを攻める際にシートに絡む可能性があるので注意したい。

開始は小さい池の方から。メインディッシュは後からってね。
季節によるかも知れないが水質はクリアなので
スタートはナチュラル系もしくは食わせ系のカラーで始めたい。
以前ウキウキで濁っていた時に膨張系のカラーが良かったのの逆、という理論。
自分はパイロットルアーが自塗ディープクラピーなので幾つかの選択肢を考える。
茶+金ラメか、クリア系のウーロン茶系か、カニムラ系か・・・・
結局チョイスしたのはクリア系のウーロン茶。
まぁ、結果を言えばこのクラピー一つで開始からさくっと4尾キャッチ。
考えてみると底面が青でもあるから青銀/青白系でも良かったかも。
pic008_20160201003353d48.jpg
小さい池の魚は比較的イージーに釣れる。

とは言っても、しっかりパターンをつかめなければもちろんこんな狭い池で
しかも散々叩かれている魚なんだからそう簡単には行かない。
最初はディープクラピー系をロッドを立ててゆっくりゆっくり巻くパターンから開始も
確かに釣れないわけでもないしそんなに悪くないのだがどうも気に入らない。
いろいろ手を変えてでた結論がマイクロクラピーの透過色のルアーをやや早巻き。
マイクロクラピーのペレットオールスターズ(デザートPAS)や
15年の1091カラー(スモーククリア、パーフェクトブラウン)が主なところ。
pic009_201602010046527ab.jpg
マイクロクラピー/デザートPAS

ゆっくりだと結構見切られるので早めに巻くってのがミソだった。
モカやパニクラでも同じことができると思うがエアーブローやニョロ系など
シャロー系を普通に攻めれるルアーでは反応が薄く
同じマイクロクラピーでもハツユキペレットなども反応薄めだったこと考えると
レンジは浅いからそれほど神経質になることはないが
種類とカラーをきっちり考えないと比較的簡単といえども
全く勝負にならないことも十分にありえる。

時々水面がざわつくのでトップを投げたら普通に食ってきた。
小さい池でも大きい池でも。
一日を通してだが魚は比較的浮いている感じか。
しかしあまりやる気のあるやつは多い感じではなく、追ってくるルアーは一部でしか無い。

12:45の時点で23匹到達(開始2時間45分)
雑感だが初めてやるなら小さい池のほうが釣れやすい。
もしここへ釣行へ来たとして、苦しかったら息抜きにみたいに考えておくといいのかな。
小さい池は大きい池に比べるとルアーのヒットゾーンが広いというか
いつもやっている釣りの延長で充分対応可能なのでよく釣れます。今のところは。


pic010_20160201013216ffc.jpg

じゅんさんとお会いしたことも有り大きい池へ移動。
一番勢いのあるインレット付近に陣取る。エリアではインレットが一番のポイントになるし。
11時半ころにちょろっと大きい池には少しちょっかい出してミノーで岩魚が釣れたこともあり
ミノーで開始してみたのだがどうもいまいち乗り切らない。
pic011_20160201010736c48.jpg
様子見に行って釣れた岩魚。ザッガー/自塗装にて。

開始から10分位、ようやく一匹目が釣れてからなんとか話しながらポツポツ重ねる。
pic012_2016020101114470c.jpg
岩魚なんだしネイティブ系ルアーでよくね?と思ってAR-S投げたら狙い通り。
その他3回ヒットがあったのだが乗せれなかった(´Д⊂グスン

pic013_2016020101114522e.jpg
確か茶ラメのクラピー。

pic014_20160201011147949.jpg
これも。

pic015_2016020101154129f.jpg
ダートラン(カフェコークで)

このほかノアをカウント10で完全に沈めてからの巻き上げにも反応があり
取れたりしたんだけどフックオフも多くて思ったよりも釣果を伸ばせない。
足場から浅場が1~2mくらいあり、そこでローリングしたり木に絡めてきたり
いつものエリアよりも圧倒的に魚が取りづらいなと感じたね。
寒いんで底ベッタリかな?と思ったんだけどさほど底を攻めても数を伸ばせない。
かと言って浮いてるのもどうもいまいちやる気が無い

それでも2時ころまではポツポツ重ねていけたのだが2時半すぎからパタリと止まる。
こういう時にどれだけ引き出しがあるかで上手い下手が出るんだが
30分後にやってきた友人と並んで釣りをしてみると
自分との差がはっきりわかりまだまだ自分の技量が足りないなと感じる。
終盤役に立ったのがふわとろ、カランバなど。(※カランバはロスト)
pic017_20160201012439ea3.jpg
pic016_201602010124375e2.jpg
普段はふわとろは使わないんだけど、
今日の状況がこれふわとろだとドンピシャじゃね?と思ったらいけた。
他の色にも割りと反応が良かったかな。
こういうことがあるから使わないとは思うけど・・・なんて思ってても
しっかりルアーはフル装備で行きたい。
ジョイント系のルアーは寒冷地だと使っている間にジョイント部が
凍っていたり氷、雪が詰まってたりするので気をつけないといけない。

結局3時過ぎから最後癒やしのために小さい池に戻って釣るまでに
キャッチ出来た本数は3~4本。
ヒットは結構あったし決してパターン読めてなかったわけでもないけど
なかなか乗せれず、特にブロンズウルフ+PEのタックルはルアーが弾かれ
こういう時こそ「乗せ」のタックルが必要なんだなと痛感。
PEだけじゃなくナイロンもしくはフロロを持ち込めばもう少しとれたと思う。
(今回のタックルはPE2本にナイロン6lb)

最後は小さい池の方でささっと釣って終了。
滅茶苦茶寒い中の釣りではあったがそれでもなんとか一日を終えた。


今回のヒットルアーは以下のとおり。
pic001_20160201075707cbe.jpg

(上段左から)
ふわとろ35F・35F-D(シマノ)×3
デカミッツ/有頂天カラー(ティモン)
ワウ/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
ザッガー/自塗装(ハンクル)
ダートラン/越トラオリカラ(ティモン)

(中段左から)
クラピー/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
クラピー/自塗装(ラッキークラフト)
クラピー/越トラオリカラ(ラッキークラフト)
クラピー/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
クラピー/自塗装(ラッキークラフト)
マイクロクラピー/ペレットオールスターズ(ラッキークラフト)
マイクロクラピー/15年1091カラー(ラッキークラフト)
バズボール(ザクトクラフト)

(下段左から)
AR-S(スミス)
ノア/14年シグネイチャーカラー(ロデオクラフト)

■殉職者
・ザッガー/自塗装 ×1
ヒット時に魚が木に巻き込んでラインブレイク。
・マイクロクラピー/15年1091カラー×1
ヒット時にPE部分からラインブレイク。ちぎれるように切れてたので
ささくれになってたところに気づかずやってたようだ。
・カランバ×1
バッサリ結束部あたりから切れてた。リーダーに傷が入っていたのかなぁ
・ディープクラピー/越トラオリカラ×1
キャスト時高切れ。ファッキュー。

釣果:36尾(7時間)
pic002_2016020113563453a.jpg

自宅に戻ってからルアー一つ一つコレどのくらい釣れたっけとか数えたら
思ったよりは善戦マンだった感じ。でもそのうち7~8割が小さい池の釣果。
落第点ではないかもしれないが自分が設定した及第点ラインには届かなかった。
じゅんさん曰く、今日はあまり釣れない日といっていたので、
今日の難易度はやや高かったのかもしれないがまぁ、なんとかといった感じだけど
途中ボケーっと適当にルアー投げてた時間もあったり集中力キレてたり
お遊びのルアー投げてたりしてた時は全く反応がなくてしんどい時間もあった。



今回1日やってみての感想と雑感をまとめておく。
・難易度は清水川やウキウキよりも難しく、ダラっとぼけっとやっても当然釣れない。
全く釣れないというわけではなく「しっかりやればしっかり釣れる」。
腕試しをしたい、難しめのところでやりたいならココはドンピシャ。
当然こういうところでやるとうまくなると思うし通えば腕もあがると思う
ただ、今回は強風+常時氷点下と天候的に厳しいところもあったので
もう少し暖かくなるとだいぶ易化するかな。特にフライは。
ついでに今回1日通して10~12人くらいはルアーの釣り人がいたが
何も釣れずに帰った人が半数はいたと思う。
管理人さんいわく釣れずに帰る人は結構多いらしく「自分ところはあまり釣れないよ」
的な話をされていたが個人的にはこのくらいの難易度は楽しいと思った。
ついでに自分がほぼ悶絶中に友人は15尾(2時間)。ぐぬぬ。

・岩魚の大きめなのが多い。
大きい池の方はイワナが結構はいっておりミノーを投げるとチェイス多数。
水質がクリアだし、サイトでミノーイングやるなら非常に適していると思う。
リフトフォールではなくトゥイッチでダートアクションをつけるのが反応が良かった
しかしながらフックがデカイのかじゃれてくるものの、フッキングしない、
合わせてもスッポ抜ける事が多くて多分7~8尾はキャッチに至らず。
ハンクルシャッドも反応は悪くなかったんだけど追っては来るものの、といった感じ
pic001_20160201115303973.jpg
セッティングはフックの51ではなく、通常の31クラスのほうが刺さりもよく
釣りやすいと思うね。以下に書くけどサイズも特段でかいというのは少ないし。
(ついでに自分は現在フックはすべてヴァンのプラグ用#51か、ダブルリングにしてエリモンを使用。
そりゃ合わせた時にスッポ抜けやすいわな)


・平均は40cm台に落ち着きそう
放流されている魚はニジマスは中型~大型が多い。岩魚もほぼ30cmオーバーがメイン。
小池はさほど難なくネットインができるが、大池の方は下にグイグイと強力に引く。
立ち位置から20cmくらいのシャローが2mくらいのびてて急に深くなる構造のため
魚がローリングしたりして油断ならない感じでなかなか楽しめる。
マックスは多分60クラスなのでゴテゴテのヘビータックルは必要なさそう。

個人的な感想としては
単純に楽しい。"釣れる楽しみ"と言うよりココは"釣る楽しみ"だね。
全く手も足も出ないスレッスレって言うわけでもないし手数さえ揃えれば
なんとでもなるんじゃないかな。
上浜の大物池くらいの難易度で考えると良さそうです。

簡単な釣り方はシャロー系のクランクを中速巻き、これだな。
色と種類によっては全くスカる場合もあるから注意必要だけど。




先日ドラゴンフィッシュジャパンの公式通販に注文を出していた
SC-R(スライドチップレーシング)が帰ってきたら届いていた。
pic001_201601312333097e4.jpg

迎春特別価格(もう2月になるけど)ということで1個200円程度だったし
以前からこのメーカーのウエイブラーというクランクに興味を持っていたのも有り
価格のやすさからついついポチってしまった。
ううむ、個人的に今の自分のお財布はスレまくってて多少のルアーじゃ見向きもしないような
そんな感じでぎっしり財布の口をしめていたはずなのに・・くそう。
ステッカーも同封されててお得な買い物だったのは間違いないけどね。
ルアーの形状から見るにゴッドハンズのイーリヤタイプのルアー。
完全に豆タイプのルアーと思ったけど巻きでも使えそうだ。
感触が良ければクランクの方まで手を出してみようかと考えている。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 0/10
釣行日数 0/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等 0/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR