米代川本流概況(2016/3/31)

多くの河川は明日から解禁。
なんだかんだでもう4月なんですよねー。
昨日普段行っている貯水池なんかも一通り雪解け具合や道路状況見てきたので
ブラックバスや鯉もシーズンインということでちょくちょく挟んでいきます。


3/31 米代川中流域 朝
pic001_20160331102923383.jpg
pic002_20160331102925765.jpg

川の防災情報(下川沿):-0.14(9:00) 全く出来ないわけではないが良くはない。

昨日の雨でやや増水、濁りが入った感じ。写真で見る以上に濁っているイメージ。
水位は下がってきているから明日朝には間に合うかな?といった感じだが
支流はさほど問題ない感じではあるのでノーチャンスではなさそう。
いずれにせよ今週末日曜、月曜が雨予報なので解禁1~2日やった後は
本流は4~5日は休みになりそうな状況です。

スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

米代川本流概況(2016/3/30)

昨年ほどはマメにやりませんが明後日からシーズンインということで
密猟者が居ないか巡回しながら川の状況を見てきました。



3/30 朝 中流域。
pic001_201603301028118b0.jpg
川の防災情報(下川沿):-0.54 良コンディション
水質は若干の白濁(雪代)が入っているものの釣りには全く問題なし。
寧ろドクリアよりはいいんじゃないかなと思えるくらい。
推移的には昨年5月初めころの水位レベルで、昨年は4月末から本流でもいい知らせが来ていたので
後は水温と遡上量が主な注目点かな。

何度も書いてありますが水位と釣りコンディションの目安は
昨年のこの記事を御覧ください。
水温は5度。
天気は曇り気味で今日の昼頃から雨予報のため、
雨の降り具合によっては解禁日当日は濁りが多く入る可能性もあるが
今のところ入るポイントにはあまり苦労せず済むような状況。

ついでに昨年の今頃
pic001_20150403190110335.jpg
(昨年2015/4/3)
pic001_2015040615305712c.jpg
(昨年2015/4/6)

去年はいかに糞だったかよくわかる比較だ。

下流域の釣り情報に関しては上州屋能代店が一番手っ取り早いとおもいます、はい。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

岩姫フィッシングで村田基スタイルを

シマノのオーバーホールキャンペーンがまもなく期限ということで
一部リールをオーバーホールに出しました。
"シマノオーバーホールキャンペーン2016"
次回のエリア釣行が約一ヶ月後ということや若干シャリシャリ音がしてきているので
いろいろ見てみるとオイルがだいぶ黒くなってきているので時期かな、と。
定期のエリア釣行が1ヶ月先というだけで、突発的に仕事休んで行けそうなら行くタイプの
エリア釣行はありそうなのでヴァンキッシュの方は自分で最低限のメンテナンスをすることに。
まぁ、性能にこだわらなきゃエリアに使えるサイズのリールは合計5つあるしね。
最低限2個それなりのリールがあれば問題ないと考えています。

というわけで前回記事「エリアフィッシングで大惨敗。」の続きです。


3/27 岩手県西根町「岩姫フィッシング」にて。
pic001_20160328225234bd9.jpg
時刻 13:00→17:00(4時間)
天気 快晴

前日の話。
友人「いやぁ、岩姫フィッシング行ってきたんだけどマジやばかったよ
数週間前に銀鮭放流したっていう話だからやってみたら
やる気のあるやつがまだ残ってて釣ってみたけど引きが半端ない。
タックルは通常より上のハイパワータックル持って行ったほうがいい
まだかなりやる気あるやつ残ってる。ヒットルアーと戦略は・・・・(企業秘密)」

まぁでも所詮は銀鮭。ウキウキなんかでも時々釣れるが
さほどいい引きって言うイメージじゃないんだよなぁ、なんて言ったけど随分力説するんで
携帯の写メ見せてもらったら超銀ピカの素晴らしい魚体。
………………これはいかなきゃなぁ。(意訳:これは美味そうだ)

なんていうことで午後からは一路車を走らせて西根町の岩姫フィッシングへ。
今回で釣行2回めとなるのだが程々に難しいとはいえ
流石に午前中の大惨敗よりはマシな結果が出るでしょ、と考えて向かう。

ついでに今回のメインルアーはこれら。
pic002_201603282259330fb.jpg
一番左に見えるのがロデオクラフトのノア1.8g。他のルアーがいかにデカイか分かる。
ついでにフックはすべてエリモン#4に変更済み。やわなフックじゃ勝負ならんしね。
普通のエリアだと「お前何勘違いしてるんだよ馬鹿か?」と言われても仕方ないラインナップだが
とにかく大物の一本、それだけを狙うためにデカイルアーでとにかく巻き倒す
そういう村田基スタイルで銀鮭を狙い撃ちする作戦が今回の作戦です。

ロッドも今回は
ブロンズウルフ+ステラ(PE0.2+シーガーグランマックス0.6)
シンクロナイザーエボリューション+バンキッシュ(フロロ3lb)
フェンウィックバスロッド+フリームス(ナイロン6lb)

と、一本だけ明らかにパワー系のタックルを組み込んでみたけど
正直この3本のうちパワータックルでなんとかって言うレベルだったのがなんとも言えない。

13時頃開始。とりあえず小さな池にマイクロクラピーぶん投げる。
うん、もうこのパターンほぼ効かない感じかな、反応が全く無いわけじゃないんだけど。
なんてぶつくさいいながら数投したあと、お目当ての大池へ。
正直、どうせ吹かしレベルで大げさな誇張でもしてるんでしょ?
ノルマは3匹(持ち帰り上限)だし、大きいルアーで遊ぶのは数揃ってからでいいでしょ?
と、数時間前の反省点を活かし小手調べでディープクラピー(スコーカー)から開始。

一投目。
こんな感じかな?と若干潜らせてトーレスしてくるといい感じの反応が。
pic003_20160328231719fb1.jpg
56cmだったかなコレ。ディープクラピー/オオツカオリカラ

ココの魚ってニジマスでも滅茶苦茶引いてくるんだよなぁ………。
目的とはちょい違うけどかなりいい感じのしっかりしたニジマス。
しかし銀鮭はともかくこんなのうようよしてる可能性も捨てきれないし、
まだ開始第一投でソコソコの釣れちゃったんでちょいと遊びでデカイの投げちゃうかな?
ブロンズウルフにチヌークS7gを装着し大遠投。底気味をトレースしてるとガン!という感じの
ものすごいアタリのヒットが。いやいやいや、マジで食ってきてんのコレ?
跳ねまくるし一気に走りまくるしローリングするし。
パワー自体は今まで体験した中で一番引きの良かった尻別川のニジマスにも負けず劣らす。
しかもジャンプもさることながらスピードが半端ない。スチール並のスピードはあるし
ココ最近では味わったレベルのない引きに慌てふためく。
pic005_20160328232606c61.jpg
ほぼ60サイズの銀鮭(ダイワ・チヌークS7gで)

北海道のニジマスはトルクが強くガンガン引っ張ってくる感じだったけど
これらの銀鮭はスピードも兼ね備えて一気に走っていくのが特徴だね。
この一回のやり取りで完全に手首ぶっ壊れたのでそこからはバスロッドをメインに。
ブロンズウルフを譲ってくれた友人に
「このロッドリアグリップが短すぎてダメだコレ、手首に負担強すぎぃ!」って話したら
「このロッドで大物狙いという時点からすでに間違っているヨ」、と。
本来であればエリアトーナメントロッドだよなぁ・・なんて話を帰宅後に。

ルアーをチェンジしていくと
pic006_20160328232808078.jpg
またまた銀鮭(パラバン・サラマンダー6g)
現在パラバンはすでにメーカーが吸収合併されていて存在していない。
だがソルブクローケンというメーカーが同じルアーを生産しているので
直輸入すればまだなんとかなるレベルなので普通に投げ倒せるのがありがたい。
このバージョンは再販物かわからないけどね。
某スプーンみたいに名前だけ引き継いで形状全く違いますよ的なやつじゃなければ。

pic007_201603282330084bb.jpg
時折50サイズのニジマスも交じる(オリムピック・レイクル7g)
これ釣ったあとにキャストしたらキャスト切れしてしまいロスト………
もう廃盤ルアーなのに(´・ω・`)
以前も秋鮭を連れて来たりオリムピックのレイクルシリーズは相性がいいルアーなのかも。
オリムピックはマミヤOPとなりその後ロッド部門を残して解散してしまったたため
(正しくは現在のオリムピックがロッド部門を引き継いだ)もう金型はないんだろうなぁ。


pic011_20160328234220c1c.jpg
ニジマス時々銀鮭みたいな感じ

pic009_201603282342184e1.jpg
この日一番のヒットルアーはこのチヌークSだった

15時ころからぱったり止まって1時間半くらい途中からやってきたじゅんさん
ほぼ悶絶食らったけど、開始2時間で腕が完全にぶっ壊れていたんで休憩と割りきると
そういうのもありかな、という余裕があった。
ほら、やっぱ余裕がある釣りやればしっかり釣れるじゃん自分!
最初から心にゆとり持ってやればきちんとできるんだけどなー。

時間的なものもあるのかわからないがそれでも銀鮭7尾、ニジマス16尾となかなか。
本数的には大した感じではないんだけどサイズがどれも良型だったので
満足度は非常に高い釣行となった。

今回のヒットルアー
pic012_20160329000842284.jpg

(左から)
ハイバースト1.6g(ヴァルケイン)
蝦夷3.5g(イトウクラフト)
タックルスプーン5g(タックルハウス)
ロングゲーター5g(ウォーターランド)
サラマンダー6g(パラバン)×3
チヌークS 7g(ダイワ)
ディープクラピー/オオツカオリカラ ほか(ラッキークラフト)×3
ココニョロ/自塗装(九重ルアーズ)

殉職者
リアクションジャバー×1
最後の一個だった。途中でラインが劣化していたのかヒットして一気のダッシュでラインブレイク。
パニクラ×1
唯一通常色で相性が良かったダッキーブラウンカラーがアワセ切れ。
レイクル×1
数匹キャッチ後だったせいか高切れ。
再入手不可能なルアーなのがいろいろダメージがきつい。

手持ちに7g程度の調度良いスプーンがあまりなく
オールド用のルアーケースから幾つかオールドルアーを拝借。
その最たるものがパラバンバージョンのサラマンダーなのだが、これもキチンと釣れます。
チヌークも現行カラーにはもうすでに無いカラーなので
使っていて割りとヒヤヒヤしながら使ってた。
そういえば昔のチヌークと今のチヌークって形状違う気がするんだがどうだろう。
流石に10g以上のルアーはチェイスがあるものの、底をズリズリ引っ張ってきちゃうので
数回使って後は使いませんでした、まぁ、サクラに使うし問題なし。


しかしまぁ、デカイルアーが必ずしもデカイのを釣れてくるかって言われるとそうでもないし
数を狙って食わせてその中にデカイのを、ってのも悪くはないんだけど
やっぱなんて言うかな、デカイルアーをすっ飛ばすとまず爽快感がやばい。
午前中が午前中だったんでやけくそでぶっ飛ばして時折アクション加える程度で
ガン!といったでかいアタリとともに一気に走って行かれるんだから
そりゃもう村田基バンザイですよ。
正直映像撮るための放流取りだしあんなデカイのぶん投げて
ダダ巻でデカイの釣れるはずないだろ、そう思ってたのをちょっと思い直さないとな
時にはあんな釣り方しても面白いんだなって。
いつの間にかエリアトーナメントのような小さいルアーで、繊細な動きで
そういうのに固執しすぎてるのかもなぁと、釣りの懐の深さを再確認しました。

あ、そうそう。
ミミズ持ち込んでルアーにつけてぶん投げてたおバカさんが居てしかも
ボウズで帰っていったのでm9(^Д^)プギャーって言うところまでワンセットで楽しかったね。
普通は即退場出禁レベルだと思うんだけどなぁ。
はっきりと悪意を持ったルール違反は初心者だろうが問題外だと思うヨ。



帰宅後友人から「どうだった?」てな話が来て来訪してきたので
早速釣った魚の締まり具合をみてまずまずOKっぽかったので刺し身にしてみました。
pic014_20160329112852c47.jpg
宮城県産の銀鮭なんかは扱ったことがあるが身が柔らかくて
刺し身なんてとてもじゃないけど………・ってな感じだったんだけど
今日釣ってきた銀鮭は身もビシっと締まっていて
「これはもしかしたらもしかするかも?」という手応え。

pic013_20160329112851a30.jpg
身の色は若干薄めだが悪くない感じ。
味のほうの感想だけど「美味い。」
口に入れた感じはさっぱりしているが噛めば噛むほど魚の脂が口に広がり
尾を引く魚の美味しさ。ロックトラウトに近い感じの味だねコレ。
まぁこんな感じでしょ的な食味から徐々にお?お?おおお?てな感じの味の広がり具合。
正直銀鮭のイメージとはほぼ真逆の臭みもなくしっかりとした食感、しっかりしたお味でした。
他に何人かに味見してもらったけど「銀鮭ってこんなに美味いのもあるの!?」って言うくらい
食べた人みんな口々に良い感想ばかりでした。

・・・焼き魚にしてみようかなと思ったけど刺し身で全部食べちゃおうかなコレ。




実は次回釣り遠征できるのは4/10日だったのですが、
明らかにオーバーワークレベルの仕事がどっさり入ってしまったので
次回の定期エリア釣行はその次の次の週の4/24日を予定しています。
実はコレを書いている3/29日に仕事抜けだして・・・て思ったんだけど
脱走失敗したんでまた日を改めてエリア釣行をはさみます。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

エリアフィッシングで大惨敗。

今年のダイヤ改正が行われ公共機関を使った遠征に影響出るか試算したのだが
結論から言えば北海道方面は寝台急行はまなすの廃止が非常に痛いものの
八戸から苫小牧行きのフェリーがまだ健在なのでそちら経由で遠征予定の各釣り場までは
予定通り行けるのは確認している
できるのであれば1泊3日の旅行を組みたいところなのだがさて、うまく予定が空くか。
だんだん釣行後に体のぐったり感が抜けなくなってきているので無理が効くうちに
そんな感じであれこれ備えています。

モットまとまった休みがしっかり取れる職だったらいいんだけどね………


3/27 岩手県八幡平市 ユーランド清水川にて

天気:快晴
時刻9:00→12:00
pic001_20160328114803b31.jpg


          と て も 良 い 天 気 で し た


                                        糸冬
                                   ---------------
                                    制作・著作 N○K










まぁ、それだけじゃしゃーないのでぐだぐだした反省会は折りたたんで続きの方に。

続きを読む

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

シーズンインに向けてあれこれ散財

秋田県の主な河川の解禁日までもう1週間となりました。
実は漁業権のかかっていない、もしくは漁協の管轄外の一部河川は
3/21に解禁されていて、○○川はOKという話は知っていながらも
どうも気が進まなかったのでまだやっていません。

近隣河川での密猟者のチェックなどは行っていますが現行犯で見つけることが出来ず断念。
今年は監視員なのでこまめに里川を中心に遊漁券のチェックを行う予定です。
時々サクラマスを含めてきちんと魚券を買って釣りをしている釣り人に
「地元の漁協組合員なら魚券持たずに密漁しているのをきちんと取り締まってもらわないと
真面目に魚券買うのが馬鹿らしいんでまめに回ってきて欲しい」って言う話は受けてて
漁協の役員さんに要望は出してはいたのだがこういう機会なので参加させてもらうことに。

そのためにはいっぱい川へ行かなくちゃ!ってなわけで散財ネタを。


ヴァルケインのハイバーストをもっさり購入。
pic003_20160324145544cc4.jpg
ハイバーストは友人がメインで使っているルアーで、使わなくなったものを中心に
いくつか拝借して以前は使っていたのだが、ココ最近はプラグばっか使っていたこともあり
縁遠いルアーにはなっていたのだが「誰でももらえるキャンペーン」に応募しようかと思い
自分の手持ちにはない色を中心に購入。ついでにノアの16有頂天なども購入。

キャンペーンの方はルアー到着後すぐに応募。
でもバーコードってこのフィルムに付いてる奴?んん?
防犯タグなどいっぱい付いてるんだが??ってなわけで
ルアーだけぬいてパッケージまるごと入れて発送しては見たものの・・・・
まぁ、なんとかなるでしょうってことにしておいた。


アールグラットのドラーフをもっさり購入。
pic001_20160324142716eb7.jpg
友人の分もまとめて購入。豆系のルアーが現状もう殆ど手持ちにないので
割と期待して待っていました。価格帯としては税込みで2枚入れ428と
ディスプラウトのフォールゾーンと同程度の価格帯で比較的安いため、根掛かりが多い
秋口のヒメマス釣りでの使用も視野に入れて多めにストック予定。
倍くらいの重量があればほぼドンピシャなのだが現状の0.6のラインナップのみなら
昨年高実績だったバベルとの併用で考えている。ネイティブというか湖なので
シンカーを噛ませて使用するっていうのも一手かな。


あれこれ使わなくなったルアーなどをまとめてリペイント
pic002_2016032414554354a.jpg
つや消しスプレーやメタリック塗料などを手に入れたので
以前塗ったルアーであまり良くなかったものを中心にリペイント。
加えて自作の豆もいくつか補充。
メタリックグリーン塗ったのにぼーっとしてたのかつや消し塗ってしまい
もっさりとしたメタリックになってしまったルアーもあるがそのへんは使ってみてからだな。


とりあえず針ももっさりと買ってみた
pic004_2016032415050367b.jpg
地元釣具店にがまかつの値上げ前のフックがあったので買い占め
数は少ないものの、以前書いたミノーに使おうと思っているフックの候補の一つ
がまかつエリアプラッキングコンペティションがあったので。
pic005_2016032415050418f.jpg
一回の釣行でこのくらいはフック交換するのでフック代が案外ばかにならない。
いっその事31メインで使っているフックの番手を上げて少し節約するべきかとも考えている。


といったところで散財ネタはこの辺まで。
ついでに普段の釣行範囲の魚券は全て年券で購入終了。
あれ、ネイティブ用ルアーは?
注文していたスピナーが全く入ってこず、実績がないカラーやシリーズ、
番手しか入ってこないためスルーということにしました。(再入荷は5月だとか)
釣具屋さんにはカタログにしるしつけて品番も書いて発注だしたので
間違えようはないと思うんだけど問屋が悪いのかメーカーが悪いのかわからないが
来ていないものはどうしようもないんで昨年の残りのボロボロのAR-Sをリペイントして
お茶を濁す予定にしています。


次回釣行は3/27 ユーランド清水川でスプーニングを中心に釣行予定。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

久々のユーランド清水川へ。

先日購入した岩手県用の渓流の年券を落としてしまった(´・ω・`)
今回の釣行後日が落ちてきている中、前回入ったところ中心に
いろいろ探してみたんだけど結局なかった・・・・

地元の2漁協の遊漁券だったら「なくしたから再発行してー」とお願いしたり
監視員も顔見知りなので顔パスでも問題ないんだろうけど
今年はじめて買ったエリアの魚券だったので仕方ない・・・。
帰るときは素直にまっすぐ直帰しろってことですかね、はぁ。


3/13 岩手県八幡平市 「ユーランド清水川」にて
pic001_20160314071053433.jpg

時刻 9:00→16:00
天気 晴れときどきくもり。午前中は最高の天気。
気温 昼は6~8度くらい

前回の磯での寒クロ&ホッケからネイティブでのルアー、エサ釣り、
加えてメバリングなど最近雑食と言わんばかりに釣りに出ているけど
やはりエリアフィッシングとなると1ヶ月ぶりなので心躍る感じで
それがホームにしているユーランド清水川となると格別だったりします。
pic002_201603140715553a4.jpg
清々しいほどの晴れでつい車を止めて正面に見える岩手山を。
路肩に車を止めて道路の真ん中まで歩いて写真をとってみるなど。
高い山ではまだ流石に雪は残ってはいるものの、今年は全国的に雪が少ないということで
道路のコンディションもよく気持ちよく運転ができた。

釣り人は午前中のピークで14~5人くらい?(エサ釣りを除く)
延べ人数で行くと20人は越えてたと思うんだけどどうだろうか。
よくいる常連さんの皆さんに軽く挨拶してアウトレット側に陣取る。
後々わかったことだがコレが悪手だったというか、一番魚影薄い場所だったようだ。
ホームといえども清水川に来るのは2ヶ月ぶり。
季節と混み具合で刻々と状況は変わっていきますし久しぶりなので仕方なし。

・・・・とは言っても流石に開始1時間で5尾しか釣れないのはどうかと思うが。
開始は先日塗ったココニョロとハンクルクランクからはじめては見たものの
どうもなんかおかしい。じゃぁいつものクラピーでってことで投げてみるけど
それでもさほど連発できるっていう感じでもない。
5mくらい横の常連さんたちはコンスタントに釣れているのに?ううむ?なんだこれ?
今日はスプーンの方に分があるのかクランクにこだわったのもまずかったんだろうけど
それでもこれだけクラピーに反応ながないとさてどうしたものかと。

きっと土曜にぶっ叩いた奴が居るんでしょうねぇ
・・・と前日来てたらしい友人の恨み節をぶつくさ言うなど。

そんな中今回の釣行では1日を通して派手目なカラーのココニョロが終始良かった。
pic003_20160314073646ff4.jpg
蛍光ピンクとか某ショップ系のオリカラに似せたやつとか。
もちろんバラした数も半端無かったが釣果自体は非常に安定してたかな
まぁ、他の人が連発してるの見てそれ真似ただけですけどね!

11時放流。公式FBで発表されているが放流は土曜から日曜に変更されている。
個人的には土曜でも日曜でも構わないとは思っていたが
休み明けでプレッシャーが低い上に更に放流が入るもんで
土曜放流になってた短い間は最高の天国だったとの話。羨ましい。

放流取りはルーニー自塗り(0尾)→ロールスイマー赤金(いっぱい)→
リベロ1.2gアクアエリアオリカラ(数尾でロスト)→ロールスイマー赤銀(いっぱい)
落ち着いてきた所をQM(0尾)→ノア15ヒーローズ(いっぱい)って言う感じで。
久々にプリンスメロンカラー使ったけどこれも使いドコロ間違わなきゃ良いね。

昼の時点で43尾、キープ7尾での折り返し。
開始1時間はコリャどうしたものかと思ったが放流取りでなんとか数自体は
それなりに伸ばせることに成功したのはまだ救いがあった感じ。


pic006_201603141132092eb.jpg

そういえば同行者が複数人居たので仕事で来てるだろうから話はしなかったけど
MATの重田さんがミノーイングセミナーみたいなのを開いていました。
いやぁミノーでもコンスタントに釣れるもんだなと見てはいたけど
正直久々の清水川でたっぷり楽しみたいっていうのもあったし、
自分は今回は持ち帰りコースでノルマもあったのでガッツリミノーで釣りはしなかったけど
それでもイトウを食わせてバレてしまったりそれなりに良いサイズも取れたりした。
pic005_20160314075603d7d.jpg
ザッガーボーン65のくわっぴーだっけかこのカラーは?

pic004_201603140756024a0.jpg
ハンクルシャッド65MR スパークルクリアーで。
※持ち帰りをした魚体のため陸揚げして撮影。
通常は魚陸揚げ禁止です。

最近メバリングでダートアクションばっかやってたんでどうも竿の動かし方が
トゥイッチでなくラインスラッグを出すダートばっかになってしまい
なんかアレ、あれ?こう動かすんじゃなくて?みたいな感じになってたり。
これでまたメバル行くとまた振り出しに戻ってアクションの付け直しから
体直さないとダメだったりするんですけどね、ううむ。

ミノーで小さめなのもつれたけどそのへんは割愛ね。
でも正直チェイスしてきた魚の1~2割しかフッキングできていないと思う。
どうやって食わせていけばいいんだろう?その辺がまだわからないなぁ
フックを細くするべきか、それとも・・・・(現在使用はヴァンの51フックとエリモン)
個人的いは以前使ったことがあるがまかつ製のコレが候補かな。
シャンク短めで良く刺さる。でも結構太さの割には弱いんだよねぇ。



午後からは放流効果も落ち着きポツポツっていう感じだったんだけど
んー、なんかどうも魚影が薄い気がするんだよなぁ
って考えて常連さんたちが飯を食っている間にそちら方面へぶん投げてみると
あれ、なんか魚随分溜まってんだな、といった感じにポツポツと。
どうも魚が偏在していたようでそれで数が伸びなった可能性は高い
(上手い人はそれでも取っていくんだろうけど私にはまだ無理だった)

14:00頃このままだとダメだなと見切りをつけて場所移動。
魚は結構いるし今まで居た場所より遥かに活性が良い。
しかし釣れてくるのは小物ばかり。後は今日はフッキングしなかったりバレるのが
半端ないくらい多かったのもちょいと気になる。


14:40はい、ギブアップです\(^o^)/
キープ10を揃えるのがちょいと厳しくなってきたのでおもむろに
エグザやらフォールゾーンやらNSTが入ったケースを取り出す
清水川だとアベレージが大きすぎて切られるリスクがあまりにも高すぎて
いくつ用意してもロスト数がマッハになってしまうため最近はなるべくなら
滅茶苦茶釣れることはわかっているけど使わないようにしようっていう心がけを持っている。
好き嫌い云々ではなく使ってしまうと非常にブルジョワジーな釣りになってしまうのよね。
以前10個単位でロストしたのが未だにトラウマだったりする。
とは言え、今回は持ち帰りコースなのでキープが揃わないのはちょっと困るし
途中でお会いしたじゅんさんの脇で数釣りモードに入る。
1~4投でワンヒットレベルでガンガン釣っていく。

15:30、キープノルマ確保。
キープ分とったらそこで終了、ミノーに切り替えて
残り少ない時間をミノーイングをしながら3本追加してタイムアップ。

場所替えなども功を奏したのかなんとか73尾/キープ10を揃えて終了。
諦めずに最後の最後までやれば結果もでるし、
結果が出ないとしても悔いが残らないから最後の一分一秒まで
望みを捨てないのが大事だと思うよ、うん。

釣果は50台がメイン。60行くか行かないかがちょっとあるくらいかな?
pic007_20160314113952e6d.jpg

キープノルマがある釣りは3ヶ月ぶりだから焦燥感がほんとやばかった。
やっぱこういう釣りはきついなぁ、ゆっくりやったほうが良い結果が出る場合が
ココ最近のエリアフィッシングで思い知らされた。
まぁこういう「ココぞ」って時こそ実力が問われるんだろうけどね。

今回のヒットルアーは以下のとおり(名称は分かるところだけ)
pic008_20160314121837ab2.jpg
(上段左から)
DENS70MDF/MATオリカラ(ハルシオンシステム)
ハンクルシャッド65MR(ハンクル)
ザッガーボーン65F/MATオリカラ(ハンクル)
ザッガー65F/自塗装(ハンクル)
ココニョロインジェクション/自塗装(九重ルアーズ) ×5
ココニョロインジェクション(九重ルアーズ)

(中段左から)
パニクラDR/越トラオリカラ(ティモン)
ディープクラピー/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
ディープクラピーG2ディスプラウトチューン(ディスプラウト)
ディープクラピー/有頂天カラー(ラッキークラフト)
ディープクラピー他/自塗装(ラッキークラフト) ×4
でかミッツドライ/有頂天カラー(ティモン)
ちびパニクラ(ティモン)
名前不明/自塗装(メーカー不明)※作りは華奢なので廉価品だと思う

(下段左から)
SC-R/自塗装(ドラゴンフィッシュジャパン)×2
ロールスイマー(シマノ)×2
ノア/15ヒーローズカラー(ロデオクラフト)
リベロ/アクアエリアオリカラ(アールグラット)
リアクションジャバー(ディスプラウト)
他にNST、エグザ、フォールゾーン、自作豆など。

殉職者
豆類×5~6
リベロ×1 ラインブレイク
ペレスプ×1 どっかに落とした

ココニョロ一回切られたけど拾っていただいた(`・ω・´)

久しぶりの清水川だったが思ったよりは??といった感じ。
と言うかやってて「あれ?コレ合わせるんだっけ?」的な感覚に戸惑ったり
ちょっと間が空いただけでもこんなにも感覚にぶるのかな、といった感想。
エリア一筋とかでやってる人ならまだしもいろんなのに手を出しているせいか
ちょいと間をあけてプレッシャーかけるだけでこんなにもテンパってしまうとはなぁ。
放流取りしてる時も「アレー?レンジとかどうやって合わせるっけ」みたいな
ド初心者レベルなこともんもんと考えてしまったり。

もっかい鍛え直さないとなぁ。



次回エリア釣行は3/27 ユーランド清水川を予定。
場合によっては3/29も行くかも?
渓流の方は最初に書いたとおり年券紛失したので4/1までは予定なし。
27までの間にメバリング1回以上、バス釣りを1回以上を予定しています
それと5月末~6月上旬、北海道遠征を予定しています。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

アテが外れてるなぁ。

もう沖には充分来ているようだ。
pic001_20160312122854e76.jpg
冬の解禁があった時代には2月末にはすでに米代川の川の方でも釣れていたし
すでに遡上が始まっていても充分おかしくない。
昨年は解禁日前後は濁流でほとんど全域で釣りにならなかったのだが
今年は明らかに様相が違う。ほんとうに雪がない。そして水位が低い。
雪白水がまだ出ていないこともあるがそれでも現状で
いつもの指標が-0.59と5月中旬水準というのはちょっと低いと思う。
(※この指標に対しての川のコンディションはこの記事を。あくまで本流中流域用ですが)
暑さ寒さも彼岸までというように、月末にぐっと暖かくなると一気に雪解けが進み
水量がました時どこまで上がってくるかってところだね。


昨年は本流が滅茶苦茶だったけど今年は本流、期待できそう。
頑張れ超頑張れ俺。



3/12 (岩手県)米代川の支流にて

時刻 6:40→7:50
天気 晴れ
気温 マイナス6度

アテもなく入ったことのない渓流へ入ってみる。
とりあえず行けるところまで行っとけ的な感じで進んでみるが
まだ雪もしこたま残っていることもありそんなに奥に入る前に通行止め。
車を降りて一応川を覗いてみたら堰堤があったので進んでみるものの
pic002_20160312135724410.jpg
ううむ、やはりきちんと知っている人は知っているらしい。
途中からあしあと加わり約4名は入っている。コレはまぁ、残ってないだろうなぁ。

pic004_201603121405281c5.jpg
pic003_201603121405271f4.jpg
2枚上の写真のポイントの他にも上のようなよどみといい、良いポイントが結構あるので
丁寧にブドウ虫放り投げて粘ってみるものの反応は無し。
雪庇になって危ない箇所もあるし、仕事の時間もあるので1時間ばかりで撤退。
移動時間のほうが長いじゃん!って突っ込まれてもおかしくないような状態だが
初めて入るポイントしかも攻められた後に入ってばかりじゃまぁこんなものでしょ(´・ω・`)

釣りに行きたい気分を解消できるのはまぁいいけど
ちょっと思ってたよりポイントも少なく、奥深いせいもあるのか
釣果の面に関してアテが外れてるってのが本音かな。

このもやもやは明日エリアフィッシングで解消してくるとして
ちょっと幸先が悪いのでなんとかして流れを変えていきたいところだね。


3/13 ユーランド清水川釣行予定。
磯釣りメインの人を連れて行くかもしれないがまぁ、久々のホームで楽しんできたい。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

そりゃ歳も取りますわ

今から16年前のこと、インターネットを触ってまだそれほどでもない頃に
彼女と彼女の猫」という短編ムービーに深い衝撃を受けたことを覚えている。
自分の中では「CATMAN」シリーズと双璧をなすくらい衝撃的だったムービーだったが
先日スマホでポチポチ見てたら「16年ぶりに最映像化!」というニュースを見て驚いた。

もうあれから16年になるんだなぁ。
そりゃおっさんにもなるわなぁ。

新しいのと古いの両方一通り見たけど、自分には昔のほうのが好きかな。
思い入れもあるだろうし、新海誠版の方がいろいろ細かく描写されてるし
やっぱり音楽は天門さんの曲は素晴らしいと思うし。コレとかよく流してたなぁ。
でも新旧を比較する時って気をつけなければならない。
単純に自分がその時代の感覚のまま取り残されているだけの可能性を。
釣りにおいても固執的に昔からのアレじゃなきゃダメだ、コレじゃなきゃダメだ
そのまま足止めしていて新しいのに挑戦できないことって良くある話。
自分も一昔前まで渓流はブレットンじゃなきゃダメだ、本流はチヌークじゃなきゃダメだ
昔からのものばかりに固執して釣りをしていた時期もあった。
ただ、日々技術は進歩するしココ数年使い始めているAR-Sやリュウキ、
バスではフリックシェイクなど今までのを遥かに凌ぐ良い道具に出会えたこともある。
それでも昔のものが悪いかっていうとそうでもなくて良い物はやっぱり今でもいい。

昔のものもいいけど今のもいいよね
今のものも良いけど昔のもいいよね

釣りに限らずそんなフレキシブルな考えを持っていけるようになりたいね。


3/9 八峰町他地磯、漁港にて。
pic001_201603101237466bc.jpg

時刻 20:30→23:30
天気 はれ時々雪がちらつく程度
風速 2mくらい

朝早く起きて川に行くか、夜遅くにメバル行くかその2択を迷った。
出した結果は今年のメバリングの目標到達分を決めてしまうか。
ってなわけで到着したけどどうもいつもの漁港は風を真正面に受けてどうも具合が悪い。
新規開拓でもしましょうかね。携帯で地図を出して航空写真を眺める。

「うーむ、この地磯はちょいと見た感じ夜渡るには怖いな」とか
「うーむ、この漁港はちょいと係留ロープが多いなぁ」とか
実際に行ってみないととわからない情報てのも結構あって意外と手こずる。
場所が良くても釣れなかったりするんですけどね(´・ω・`)


結局何箇所か渡ってきて釣れたのは
pic002_201603101310154b1.jpg
月下美人ピンテールワーム/月下美人ジグヘッド

チビメバル一匹だけ。
小さいヒットは結構あったんだけど乗せれても途中で落ちたり
アタリの殆どが乗らなかったの考えるとこれよりも更に小さい魚ばっかりだったのだろう。
大潮だったのでさくっと爆釣したかったけどそうは行かなかったね。
無論リリース。小さいの持ち帰っても仕方ないしね。


殉職者:尺ヘッド×2・シュラッグミノー×2・月下美人ジグヘッド1・ピンテールワーム1




前回の塗ったルアーテストしてもらいました。

結論。
pic004_20160310133933f27.jpg
左の○も更に手を加えて欲しいとのオーダーがあったので先日作った3種は作りなおし。
ZESTのウレタンを使っているのだがこれがまた非常に高品質でなかなかハゲない。
結局高濃度アルコールで溶かしたんだけどブランク素材のほうにもダメージがありそう。
このブランクスは塗り直しは最後にしておきたいのでちょっとガチっぽいのを塗る。

pic001_2016031013511227e.jpg

13日の釣行でお目見え予定。
久々に塗ってて「あ、これ釣れるわ」っていう手応えがある感触だったがさて。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

16年渓流はじめました。

昨年までコイ釣りで通っていた野池にででんと大きい立て看板が。

「あぶないから あそんじゃ いけません by PTA」(※意訳)

まーたこのパターンか。
確かに2年ほど前から自分が足繁く通っていて、道路脇だったので見られていたのか
昨年夏ごろから子どもたちが時々釣りに来ているらしいって言う話は聞いていた。
そしてこうなる、と。自分が聞き分けのない子供ならまだしもいい年したおっさんなんで、
ルールを守らない大人を演じるのは嫌だからわざわざ禁止区域で釣りしないけど
確かに落水事故があると所有者(多分この場合は水利組合?地域集落?)
が責められるし、そりゃ落ちちゃ危ないことには間違いないっちゃ無いけど
車もあるし多種な釣りをできる自分にとっては一つ釣り場が減った程度ですむのが
それが出来ない子供に取っては死活問題じゃないかな、と思う。
公園の遊具しかり、こうやって遊び場を取り上げていくんだから
そりゃみんな携帯ゲーム機に走らざるを得ないわけで、
更にゲームは悪ってことでそれを取り上げたら?てなことを考えるとなんだかなぁ、と。



3/6 岩手県 米代川と米代川の支流にて。
pic001_201603061017189fb.jpg

時刻 6:30→7:50
天気 曇り
気温 2度

岩手県の渓流解禁は3/1。秋田県よりも1ヶ月早い。
例年ちょっとばかりは気にはなっていたがいつもどうするか迷って買ってなかった。
というのも岩手県で釣りをする場合、地元にも川があるのにわざわざ遠征することもないし
清水川でのエリアフィッシングとワンセットになる。
となると、候補になるのが3つの漁協区域。メリットデメリット含め考えていくと

候補1)岩手県米代川漁協:米代川の岩手県側(秋田県県境~田山周辺まで)
メリット:近い(下道で40分程度)。安い(3000円/年)
デメリット:放流量が少ない(岩魚/ヤマメ計54kg)
      大場所が少ない
      清水川へ行く際にいつも使っている高速は使えない。

候補2)松川淡水漁協:八幡平市エリアほぼ全域の松川を中心とした松川とその支流
メリット:放流量が多い(岩魚/ヤマメ計450kg)
     :大場所が多い
     :清水川から近い
     :大物実績が多い
デメリット:かなり遠い(下道で1時間40分程度)

候補3)馬渕川(上・南)漁協:八幡平市一部、二戸を中心とする安比川、馬渕川とその支流
メリット:放流量はかなり多い(両漁協あわせて900kg)
    :大物実績が多い
デメリット:遠い(下道で1時間10分程度)

さて、どれにしようかといろいろ考えたのだが
今年はとりあえず岩手県米代川を買うことにして来年、再来年は別を試すことにしました。
正直なところどのエリアも全くどこがどんな感じかさっぱりわからず
釣りとしてはぶっつけ本番になるので条件は同じって感じでもあるけど
やっぱり遠方の2漁協はちょいと遠すぎるかなぁ、って感じです。
pic002_201603061128422b0.jpg
こちらの釣宿「山専旅館」にて遊漁券を購入。
魚券の販売所で早朝から売ってくれそうなのがここしか無くて
朝6時なら旅館業なら始動しているでしょ、ってことで行ってみたら販売してました。

pic003_20160306114906b0e.jpg
岩手県米代川漁協、雑魚(鮎以外)年券。3000円なり。
簡素な感じではあるがそれでも監視員(居るかわからないが)にわかればそれでいい。
(居ないとは思うが)簡単な作りなのでコレを参考に複製されてもアレなので
印影など一部は隠して掲載。
残る隣の地区の年券を買えば今年の魚券購入は終了。

こちらの旅館の人が言うには、シーズンになると関東地区からのお客さんが多く
町外の地元の人で魚券を買いに来たのは自分が初めてだそうだ。
その関東からのお客様たちも寒い時期には来ないのでまだオフシーズンといった感じ。
メインは地元の漁協所属の釣り人がひっそりと楽しんでいる感じなのかな。
署名と住所等記入してさぁいざ釣り開始だ。

・・・・・どこ行こうか全く見当つけてきたわけじゃないんだよなぁ。
釣れる釣れないはともかく魚券を買うのが一番の目的だったし。

経験上、渓流釣りでは魚券を払わず密漁している人はかなり多い。
そしてそういう人ほどひと目の付かない奥渓流に登っていく。
自分がメインシーズンは奥渓流ではなく里川を狙うのは密猟者の多い奥よりも
人目につきやすい場所がプレッシャーが少ないのでは、という推測に則っている

てなわけで、国道脇のちょっとした退避所に車を止めてまずは川に入ってみる。
今回は初めてな河川なのでルアーで軽く打ちながらどんどん場所開拓が目的。
本来であれば早春はAR-S/トリックカラーのチャートや桃色が強いんだが
今回は手持ちないため主に晩秋に使う赤黒系のAR-Sをメインに打っていく。

この時期はもちろん淵の底で休んでいる魚をメインに取っていくことになるが
どうもどのポイントも鴨など渡り鳥が占拠しててルアーを投げても無反応。
もしかしたら偶然瀬に入っている魚が・・・なんて考えて打ってもやはり現実は非情。

うーん、どうしたものかとgooglemapを開いて航空写真であれこれ観察する。
時間も余りあるわけじゃないしこの沢なんてどうかな?と思い向かってみると
pic004_20160306122750bbe.jpg
釣り人のあしあと発見。1人はスキー、1人はかんじき履いてるな。
初春の釣りにおいては雪の足跡で大体何人入ったか、どんな釣り方か
そういう情報が非情に得やすいので初めて入る沢の場合ポイントの選定が楽だ。

いずれにせよ人が入っている沢なら実績あるだろう。
問題はその釣り人がエサ釣りか、ルアーか。
エサ釣りの場合は根こそぎやられている可能性が高いので釣果は期待できない。
逆にルアーであればしっかり攻めれば出てくることはよくある。
自分は両方の釣りをできるのでポイントに対してどの場所からアプローチしているかで
すぐにわかるが・・・・ううむ、先行者はエサ釣りだなぁ。しかも川に近いところまで
かなり近づいて釣りをしている所を見ると小継で丹念に攻めている感じだ。
小継だと普通の竿では攻めづらいづらい場所でもこまめに攻められてるケースが多い。

pic006_20160306123331eab.jpg
pic005_201603061233293d5.jpg
ポイントの感じとしては割といいような場所があるんだがいろいろ攻めてみたものの
魚の気配を感じることが出来なかった。すでに抜かれた後だったか。

あしあとはまだまだ上流に続いていたが魚も抜かれてるだろうし
時間も残り少なくなってきたので一旦退渓、本流筋に戻る。
最後、行く時に目をつけていた大場所に入ってみる。
pic007_2016030612374543d.jpg
比較的流れも強いが早いアクションで攻めても今の時期は厳しそうなので
ブレットン#2などやや重めのスピナーを沈めてゆっくり巻いてくるもノーヒット。
残念ながら今回は釣果0という結果になった(釣行時間80分)

この他にもあれこれポイントを見て回ったので、ちょいと次回はエサ釣りで攻めてみたい。
どうも魚が活発にチェイスしてくれるような水温じゃない気がする。(水温3度位)

明日は雨。行けても2~3日後かなぁ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

タックルの補強など雑記。

確定申告に全力でケツ叩かれて釣りに行くことが出来ない(´・ω・`)
例年は岩手の渓流釣行など考えていなかったから全く気にならなかったんだけど
早くバシーっと決めないと用意している餌も無駄になるし急いでやらなきゃ
(なんていいながら伝票の山に向き合うとパソコン打ちながら寝落ちするわけだが)

・・・というわけで最近行ったタックル補強などを少しだけ書いておく。



・ハンドメイドミノーを購入。
pic001_201603021144450cd.jpg
"Full Handmade Balsa Minnow 寄熊"
詳細は不明。フローティングかシンキングか、長さや重さなど
スペックが書いてあるわけでもないので前から気になってはいたけど手に取らなかったが
地元秋田の人が(しかも周辺市町村)作ったルアーって言うなら使わない訳にはいかないだろう。
せめて紹介ページやスペック表くらいあるともっと手に取りやすいんだがなぁ。
(ついでにスペックを書いていくと、
バルサ素材、シンキング、ボディ長4.0mm/リップ含む4.3mm、約4g、リップはサーキットボード)

3月の岩手渓流から投入予定。
今年はもう一種類ハンドメイドミノーを購入予定。


いつものルアーを購入。
pic002_201603021154583ae.jpg
スピアヘッドリュウキ アイビック別注カラー
地元釣具店に入荷されていたので即購入。
過去のアイビックカラーでも結構いい思いをしたことがあるので。
スタンダードカラーの方も入荷待ちしている状態。
1091カラーもでてるはずだけど入荷されていないので今回はスルー。
地元で買える釣具はなるべく地元で買うのがモットーだしね。
ついでに今年は去年の残りのリュウキがまだ結構あるのだが
結構ヒビが入ってあったり破損してるのが多いので結構量を買うことになりそう。



メバリング用のジグヘッドも購入。
pic003_201603021611496fb.jpg
JAZZの尺ヘッドを購入。すでに記事化している前回釣行で使っているのはこの時買った物。
シュラッグミノーのボトムワインドの基本となるDタイプの漁師パックはもちろんのこと
Rタイプというのもとりあえずどんなものかと思い購入。
ワーム本体は地元の釣具店に発注済み。
メバリング自体は4月で一旦切り上げてシーズンオフ、10月から再開の予定とはしているが
夏シーバスの時に少しメバル狙いもやってみてもいいかもしれないと考えている。
その他にももう1魚種使いたいものがあるがとりあえずそれは時期になったら書きます。


渓流のエサ釣りの方もあれこれ小道具補充。
pic004_20160302163647611.jpg
通常時に使うシーガーグランマックス0.6号や一刀ヤマメ針の各種サイズ
ここ一番で使うファイター0.3号とハイパー渓流6号針などを補充。
地元でハイパー渓流を出すことはほとんど無いけど、岩手にいった際どういう河川があるか
プレッシャーのほどはなど未知数なところが多いので一応。
竿はすでにコーティングやメンテナンスも終わっているのでいつでも行ける状態に。

pic005_20160302170109e69.jpg
もちろんルアータックルも全てフックチェック済み。
いつでも行ける準備が整っている。
今年はトレブルフックとシングルバーブレスを2:8くらいの比率に調整。
抜き上げが必須になるようなポイント以外では基本シングルバーブレスを使用します。
ネイティブ専門の人には「なんでトレブル使わんの?バレちゃうじゃん」とか言われるけど
魚に優しいでしょ?(にっこり)みたいなことではなく単純に刺さりがいい、
根掛かりしづらい、ネットに絡みにくい、リリースサイズを手っ取り早く外せる
そういった実用性で採用していると説明している。別にバレても仕方ないと諦めれる。
そのくらいの余裕は必要だと常々考えています。変わり者だなって言われるけどね。



地元の魚券(組合員用)も到着。
pic005_20160304111440d66.jpg

今年はこれに2箇所の渓流魚用年券を購入予定。
一箇所は隣の漁協管轄地域でもう一箇所は岩手県の管轄を買う予定だが
岩手県の方は岩手米代川、馬渕川、松川いずれの年券を買うかまだ迷っている。



ココニョロ再塗装などエリアタックルも一部増強。
pic004_20160304113603842.jpg
一番左:友人分(名前未定) ボーンブランクスに4色の散らし・
真ん中:某16有頂天のカラーリングを塗ってみたやつ
一番右:黒を塗ってみました。マットブラックではなく若干青系。散らしは薄いけどグロー。

友人のオーダーを2つほど塗装。すでに紹介したものなので
今回はじめて塗ってみたカラーの方のみ紹介。自分も塗装がハゲ気味なのを1つ、
実績が薄いのを一つ塗装を剥いで再塗装処理をかける。
初期に作ったニスでトップコートを仕掛けたのはかなり傷も顕著だったので
この際一気に作りなおしてみる。あとでここまでの変遷を纏めてみようか。
試しに作ってみた奴は後でテストをお願いする予定。

加えて以前から使っている通販店で割引セールが行われていたので
マイクロクラピー、ボトムクラピーのディスプラウトチューンやブランクルアーを購入。
来週予定しているエリア釣行で使用予定。まーたクラピー買ってるよこの人



さて、こんなことを書いているうちに一枚でも書類を進めたら?って言われても
ぐうの音も出ないので今日はこの辺まで。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR