スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密の区間で粘っこい釣りを

携帯が故障したので数日メール返信等出来ませんのでご了承ください(´・ω・`)
下に書くけど水に濡れた時にショートした可能性が非常に高いんだよね。
というわけで写真もほとんどサルベージできてない記事になります。



4/25→4/27 秋田県県北地域某所にて。
今回はシマさんに教えてもらった機会なので場所は秘密ということで
pic001_201604271015504ff.jpg

数カ月前。
「毎年○○って言う地域で××があってさ・・・」って言う話を。
ほう・・・それはなかなか興味深い話。これは行かなきゃ。
~~当日朝~~
友人T氏も誘って4時過ぎ現地集合。まだ夜が明けきらないが現地に行くと
やはり人は来るわ来るわ。知ってる人はしっているんだなーなんて。

というわけでday1
4/25 AM4:30頃→AM6:30、AM7:20→8:10
天気:はれ
殆どいる釣り人がエサ釣り、一部ガラ掛け師。
ルアーマンは自分、シマさん、友人T氏、他1名。
事前情報で「餌には全く反応が悪い」というのは聞いていたので
最初からタックルも渓流ルアースタイルで挑んだ。
友人T氏はネイティブなのにエリアのタックルケース、そして竿何本も持ち込む
完全にエリアスタイルの装いで多分この辺のエサ釣りしているおっちゃんたちは
「あの人得体のしれないのアレはなんなんだ・・・・」状態だったと思う。
俺だって普通にネイティブで釣りしている釣り人が竿何本も擁したエリアタックルだったら
「おいおいマジかよ・・・」と思うに違いない。が、一本目は友人がヒット。
ぐえー、マジかよ、って思っていたら自分にもヒット。
ヒットルアーはチヌークS4.5g、赤金。サイズは28cmのヤマメ。
あれ、確かターゲットはイワナだったはず、もしかして普通に居たヤマメがつれたのかな?
その後時々チェイスはあるものの乗せれなかったんだけどチクッとした
小さなアタリに合わせてみるとコレが案外いい感じに走る。
pic002_201604271023395f2.jpg
写真下、スリムスイマー2.5gピンクシルバーで。
藻が多めで上記のチヌーク4.5だと結構引っかかってきたため
スプーンをサイズダウンしてみたら良い結果に転がったという感じ。
エリアではスリムスイマーよりはロールスイマーを多用するため
とりあえず的な感じでネイティブ用のワレットに入れておいたんだが
結論から言えばもっと軽い1.5g程度のものがあればベストかなという気も。

軽いルアーならエリアタックル持ってくれば結構入っているんだよなー
なんて思ったこともあるんだけどじゃぁそう言うタックルを多くもっている友人は
どうかというとなんかいい感じで釣れてた
俺「えー、何で釣れたの?ガラ掛け師2人に密着されてたよね?
友人「え、シャドウアタッカー。」
それエリア用のメタルバイブですやん・・・・。
確かにネイティブ用エリア用の垣根なんてフック制限くらいしか無いっちゃ無いけど
自分の中にはこの選択肢はなかったかな。以前買ったネイティブトラウトのルアー雑誌に
確かに今年のトレンドはメタルバイブだ!的な記事があって
「あちゃー、この記事ダダ滑りでしょ。」って思ってたけどメタルバイブもきくんだね。
宣伝バンバン載ってたメーカーなんでこんなの渓流ベイトみたいな
はやらせようとしてゴリ押ししている感じにしか受け取らなかったんだよね。

最終的にはガラ掛け釣り師及びそれに準ずる釣り師より安定して釣れてたのを見ると
やっぱキチンとさえやれば絶対釣れるんだけどなぁ・・・なんてのを思う。
その他移動しながら小さいサイズのイワナを2尾AR-Sで拾うもリリースしたので写真なし。

ついでにこの日根掛かりしたルアーを回収しようとして川で転んでびしょ濡れに。
でもルアー回収はきちんと出来たんでどうなろうとまぁ良いんです。
だってロストしかけたのNacraftのハンドメイドルアーだったので
あれはなくしたらほぼ入手不可なんでね。

4キャッチ(うち2本は小さいのでリリース)、ヒットは多数。


4/26 7:00↪8:00
天気:晴れ

もうほとんど釣りしている人居ないだろうとたかをくくったんだけど
シマさんから朝早く他に2名の釣り人が居て結構反応はあったとのこと。
今度はエリアタックルを持ってせめて見る。
残念ながらタックルケースにはシャドウアタッカーは在庫が1個(しかも赤)のみ。
ということでハビィ2.4gで岸際、テトラした、
流れに乗せて駆け上がり落ち込みなど丁寧に探っていくと「ゴン」といった感じで
かなり強烈な引き。「おお、釣れるもんだな・・・」なんてやり取りしていると
グイグイと暴れた時にふとテンションが抜けてそのまま逃げられてしまう。
くそう。

その後スリムスイマーで1回、K-1ミノーで一回小さいバイトを合わせるも乗らず。
と言うか、前日にガラ掛けでさんざん叩いたせいか、ラインを見ると完全に嫌う感じ、
朝から夕方までずっとやってた人が居たと後で聞いて「ああ、なるほど」と。

0キャッチ、バイト3回のみ。



4/27
7:20↪8:10

まずはじめに練り餌を試してみる。誰もやらないのをやらないとって思ったけど
結局のところ反応無し。そこからルアーで
ハビィで1尾、K-1ミノーで1尾、グラスミノー&ダイワ月下美人ジグヘッドで1尾。
ワームで釣れるのは知っていたのでためしてみると案外反応自体は悪くないが
ウグイが結構ひらひらと寄ってくる感じでメインのイワナは正直まぐれでつれたレベル。
魚のほとんどが登る/下るしたせいか、かなり魚影が薄くなっているのでもう潮時かな。

3キャッチ(全てリリース)3バイト。


というわけで駆け足ではありますが3日分まとめて書きました
はっきり言ってエサ釣りには全く釣れずルアーばっかりに釣れてた感じでしたね。
後はガラ掛け師。(釣ったと言っていいのだろうか・・・漁協の人に注意されてたけどね)
主なターゲットがイワナということでほとんどがテトラや入り組んだ釣りづらい
ストラクチャーなどについてしまったため、サンデーアングラー的なエサ釣り師には
かなり厳しいコンディションだったようです。
でも楽しい3日間でした。やっぱネイティブフィールドの釣りも気持ちいいね。
(今回のは尺は釣れたけど今年度も目標消化分としてはノーカウントにしました)

木曜からは雨なので水曜夜にちょっくら釣りに出て数日釣りもお休みかな。
そこからはいよいよサクラ再開の予定です
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

フィッシングエリアウキウキランドでがっつりミノーイング。

割と釣りに行った記事が溜まっているので一気に消化したいところだが
とりあえず一番内容が濃いのから紹介していきたいので
この先の記事と若干時系列が前後しますがご了承ください、とl


4/24 青森県新郷村 「フィッシングエリアuk」にて。
pic004_20160425162604491.jpg

天気:快晴
風:時々波立つ程度
気温:15度位

秋田県から青森県へ向かう道路の一部の冬季閉鎖が4/1に行われて
とうとう今年もフィッシングエリアukに通う季節がやってきたんだな、と。
友人が前日にユーランド清水川へ行って様子を見てきた話を聞く限り、
向こうも濁ってはいるものの、超高活性で大変楽しかったという話を受けたが
今回ちょっとしたことをやってみようと以前から画策していたのを実行することに。

というのは、コレ。
pic001_2016042422384396d.jpg
M.A.TオリジナルミノーングロッドMFM-601
このロッドを昨年末ウキウキでレンタルロッドで飾ってあるところにあるのを発見していたのだが
冬季は遠征できないことも有り春に来た時借りようと前々から考えていた。
加えて、現在ステラ・ヴァンキッシュの両方共オーバーホールから帰ってきていないことも有り、
手持ちのリールはネイティブには充分すぎる性能ではあるが、
エリアで使うとなるとちょっと心もとないドラグ性能のリールしか無いということで
巻きの釣りではなく、ミノーイングをガッツリやる、その時が来たんだな、と。

あ、ついでに米代川本流はまだ結構濁っています。
pic002_2016042422422214f.jpg
ちょこっとサボっていた巡視をして釣券の所持の有無を確認して
所属漁協の範囲を監視しながら出発。
そういえばシーズンインから結構巡回しているけど今だに未所持って居ないな。
もちろん「所持」を確認しているだけで券の内容までしっかり見ていない時があるんで
もしかしたら見落としていることもあるかもしれないが重要なのは
「この河川の範囲は定期的に監視員が回っているよ」っていうのをアピールするのが
一番の目的でもあるのでそれで充分っちゃ充分なのかもしれないが。

・・・・って、横道に話がそれてしまったな。

到着は8:53。
しまったな、ちょっとぎりぎりになってしまった。
新ルール、新料金表をまずは確認。
pic003_201604242247185a7.jpg
以前は
持ち帰りコースとキャッチアンドリリースコースの2種のみだったのが
更に細分化されてオールリリース、持ち帰りS、持ち帰りM、持ち帰りLと
合計4つのコースが設定されているのがまず第一の変更点か。

ついでに2014/4の料金表の画像がPCに残っていた。
pic004_20160424225255722.jpg

比較すると若干だけ値上げにはなってはいるものの、
比率で言えば一番多そうなオールリリースしているお客さんは実質据え置きかな。
持ち帰る人が若干だけ値上げ、てな具合なのかな。でも思ったよりは値上げ幅少なめと感じた。
釣れてくる鱒のコンディションもいいしこの金額出す事に関しては充分に価値がある。
いいものに金をださずして何に出すってすかって話。
それと今年滅茶苦茶国産鱒が高いからそのへんも影響しているんだと思う。
銀鮭なんて末端価格が去年の1.5~2倍近くなってたりして「おおぅ・・・」となったし。

それときちんと持ち帰る魚は必ずチェックを受けることも必須に。
明らかにオーバーした量を持ち帰っていた人見かけたこと何度もあったし当然。
それとルアーな私には関係はないことだが
pic006_2016042423002018a.jpg
フライでの釣りはインジケータ使用不可に。
今日途中でリトリーブやドライでやっている人が居たけど横で見ていて
切れの良いキャスト、しっかり飛ばしてポイント狙い撃ち、リトリーブでアタリを取っていく。
「あー、そうそう、フライの釣りってコレよ、やっぱかっけーな!」って思った。
特に今日居た人たちは手際もいいしおお、やっぱしっかりやるフライマンはすげえなと。
エリアで良く見るタイプのフライマンはインジケータに頼りっぱなしというか
ろくにキャストもできていないしマナー悪いのも多かったしあまり好きじゃなかったが
やっぱ本職見るとその差は歴然って思ったね。
・・・って、コレ以上うだうだ言うと怖い人が来そうなのでグダるのはこの辺にしておく。

というわけで新ルールの下今回の釣行を始める。
今回最初に入ったのはアウトレット側の駐車場側。まぁよく入るなココ。
以前鱒職人の大会で知り合った夫婦様に挨拶して入れてもらう。。
pic007_20160424231246bf8.jpg
今回は自分ルールを設定してあった。
・基本的には自塗り縛り。
・メーカーカラーOKはミノー及び前回釣行から今回までに購入したルアーのみ。

・・・だってそうでもしないと、どーせいつもどおりのルアーしか使わないでしょ。
気づけばクラピーばっか投げてるんだもんこの人。それとノアのシグネイチャー。
ついでに例によりマメも使いません。しばらくはマメなしの釣りになりそうなので
いずれにせよ何か別の武器も増やさないと駄目だし普段から練習していきたい。

開始はリベロ(自塗り)から開始。
あっさり1尾取ったんで今度は購入したてのウェイブラーを使用。
これメーカーから来た時フックが前&前の設定できたんだけど
このまま使用していたらスレが頻発するんじゃないかと思ったのでフック交換。
調整しながら安定して釣れるのを確認。
まぁ、それらとかカランバでダラっと釣ったんですが、まーとにかく池を見ると
イトウが活発すぎてライン噛まれたりこれはちょっとまずいなって感じ。

でも、イトウを釣るチャンスでもあるため、時々ミノーを投げたりしたが
ニジマスはヒットするもののどうもイトウにはかからない。
pic008_20160424232006eef.jpg
DENS70MDF・MATカラー(ピンクモザイク)
このサイズは1日を通して割と多く釣れた。
普段は以前からよく登場しているハンクルシャッドの「すぱーくるくりあ」をよく使うのだが
今回は全く反応がなく同じ白系といえどもこっちのDENSMDFのほうが圧倒的に好反応で
きっと「そういう日」だったのだろう。カラーを見極めるのも大事大事。

ついでにタックルは
ロッド:MFM-601
リール:フリームスKIX2000
ライン:デュエルエックステックスコブラ6lb
先日FCシューターの5lbも買ったんだけど、太さがどっちにしてもアレなんで
ずっとこの6lbで釣りしてましたが流石に6lbとなるとパワーが圧倒的ですね。

終盤試しにこのラインとロッドをつかってクランクやスプーン巻いてみたけど
やっぱ結構きつい感じでは有りました・・・・(釣れないわけではないけどパワーがありすぎるのと
鋭いアタリに対して乗せづらいのが難点かな)

10:30放流開始・・・と言っても、地塗りであまり放流取りするようなカラーもなくて
クランクを投げていたのだがそういえば、なんて取り出したこのカラーで乗り切る。
pic009_201604242331174cc.jpg
ベースはいずれもアールグラット/リベロ1.5gを自塗りしたもの。
以前も書いたことがあるが、アールグラットのリベロシリーズは破格ではあるのに
しっかり釣れてくれるので非常に揃えやすいしあれこれしやすいルアーだと思う。
そういうこともあって結構大量に買って塗って色んな色用意してたりするんですけどね。
放流取りも一段落した後はまたミノーイングへ戻る。

そもそも今回はキープ上限が4な上に、池全体で大物が結構見えるので
さほど数をそろれなきゃ、というプレッシャー無しで釣りができるのはデカイ。
そんなことも有りちょっと場所を変えていこうと思い、タックルは邪魔にならない所に寄せて
MFM一本とミノーボックスだけ持って餌池の方へ。

じゃぁガッツリイトウ狙いやっちゃいますか。
てなことで数種ルアーローテさせて移動しながらやる気のある個体を探していく。
そしてその時はやってきた。
ザッガー(自塗り)で小刻みにテンション入れながらイトウをチェックしていくと3m先で
ザッガーがジャークで左右に触れた瞬間一気にバイトしてきた!
イトウはよくスレ掛かりで苦労しながら釣っているのを見るが
しっかり口にかかればさほど暴れることはないとはわかっているものの、
今回はこの竿でこのターゲットを狙いに来たんだっていう目標があったので
丁寧にやり取りしてよく清水川でお会いしているD氏に大物用のネットをとってきてもらい・・・
pic010_201604242340549fd.jpg
きちんと計測したわけではないが80~90くらいじゃないかとD氏と話を。
自分自身時々イトウ自体は釣れてはいたのだが今までは「釣れた」だった。
しかし今回は間違いなく「狙って、釣った」なのがとても嬉しい。

実はこのヒットの前、ビッグファイト松本オリカラの仕事人黒子カラーを使っていて
チェイスをしてきていたのだが他の小物に邪魔などされて見切られてしまっていた。
と言ってもこっから色ガラッと変えてもなぁ・・・って思った時にとったのがこのカラーだった。
pic011_2016042423482852a.jpg
右:ザッガーF1 ビッグファイト松本カラー「仕事人黒子」
中央:ザッガーF1 自塗り
左:ブラストイットミノー 確か忍者ブラウン改
再び上の2のザッガーで粘ったが出てくるのは小物ばかりで
同系統ながらちょっとテイストを加えて別のミノー投げてみたけど、今回は反応なしだった。

この時点でもうキープは揃ってるし、完全に腕がぶっ壊れているので
もう後は完全燃焼気味にこのミノーイングロッドでクランク投げたり
スプーン投げてたんだけど今度はウェイブラーにイトウがヒット!
どうせ6lbだしそんなに無理しなきゃ問題無いわ・・・なんて雑にやり取りしてたら
pic012_20160424235333f23.jpg
ロッドパワーとラインパワーに慢心したやり取りで針が折れて逃げられ・・・・
逆に細いラインだったら慢心せず丁寧にやり取りしてたからとれたたんだろうなぁ。
エリアフィッシングってさ、雑な釣りをするとすぐにこういうしっぺ返し食らうのも面白いんだよね。
だから常に集中、集中なんだけどそれでも慢心しちゃうのがダメなところだな。
pic013_201604250005254ea.jpg
そこからは2時間位ダラダラとこのミノーイングロッド&6lbで
ミノーやったりクランクやったりスプーン投げてみたり。
一応釣れる。釣れるけど乗らない、外れる。でもそれなりに釣れてくる、そんな感じ。
この後最後の1時間は通常タックルで集中してやることになるんだけど比較すると
やはり釣果の差は大きく出るしこれから考えるに、ロッドもラインも適正ってものがあって
それがアンバランスだと釣果にも大きく差が出るんだろうなとは思ったね。

15時、ラスト1時間ということでブロンズウルフで一気に数釣りモードに入る。
リベロやウェイブラーを使いながらこれらとパニクラ、ノアの同重量の比較など軽く行いながら
切っては投げ切っては投げで一気に数を伸ばして16時、上がり鱒をリベロでキャッチして終了。
pic014_2016042511132456e.jpg

今回スプーンは主にリベロの自塗をメインで投げ倒したが、総じて外れカラーが無いのを確認。
まぁ、何度かの釣行でダメだったカラーはどんどん色塗りなおしているから
そういう感じで徐々に洗練されてきているのかなとは思う。
pic015_201604251115547b6.jpg
それらの自塗りの中では圧倒的に釣果が抜けていたのがコレ。
コレ一つだけで連続10尾位いけてたのでカラーとしては大合格。
1.2gの方でも増産予定だ。

とりあえず今回はじめて使ったもののインプレを書いていくと
・ウェイブラー
初期のフック設定だとフック絡みが多いので
自分はフックはシャンクが短いものに変更しました。(初期状態はカルティバの31かな?)
性能自体は割としっかりしていると思う、結構チェイスも多かったし
しっかり使用重ねていけば結構面白いルアーになりそう。
弱点になりそうなのは立ち上がりの悪さかな。パニクラ(カフェコーク)との比較では
パニクラに軍配は上がったものの、ひと通り揃える価値はありそう。

・mfm601
持って竿振ってみると「あー、そういうことね、なるほどなるほど」が声に出てくるくらい
コンセプトがわかりやすいロッドだと思った。
まず一番最初に気づくのがその竿の軽さ。非常に軽い。
今回はコレに糞重いリールを接続したが(280g)、ステラやヴァンキッシュなど
軽いリールを装着すれば1日いっぱい振っていても疲れないんだろうなと思う。
バッドパワーは割りとあるのに対してしなりが結構あってこれはバスロッドや
固めのトラウトロッドとはちょっと違った感じだなというのは感じ取れたが
パワー自体はブロンズウルフなどちょい固めのトラウトロッド程度かなという感じ。
「お前そのロッドはそういう使うもんじゃねーから!」と言われてもしゃーないけど
多彩なアクションをかけやすいのと他のルアーへの汎用性を考えると
この2つでの比較ではブロンズウルフの方に軍配を上げたい。
乗せやすさと糸抜けの良さに関してはmfmのほうがいい感じなんだけどな。
この辺は好き好みが出そう。
ただ、ミノーイングをやるなら一度は使ってみたほうが良いと思う
「ああ、こういうことなのね」ってのがよく分かる。

ついでに5/28(土)にフィッシングエリアukにてM.A.Tのイベントが行われるようだ。
自分は残念ながら土曜は普通に仕事なので行くことが出来ない。悲しい(´・ω・`)


という訳で今回のヒットルアー
pic017_20160425131328c49.jpg
(上段)
カランバ(バスディ)×4

(下段・左から)
ノア/16有頂天(ロデオクラフト)
リベロ/自塗(アールグラット)×6
メビウス(フォレスト)
SC-R/自塗(ドラゴンフィッシュジャパン)

pic018_2016042513173373f.jpg
(上段左上から)
DENS70MDF/M.A.Tオリカラ(ハルシオンシステム)×2
ハンクルシャッド65Fボーン/MATオリカラ(ハンクル)
ザッガー/自塗(ハンクル)×2
ザッガー/ビッグファイト松本オリカラ(ハンクル)
ザッガーB1(ハンクル)

(中段左から)
ココニョロ/自塗(九重ルアーズ)
ウェイブラー(ドラゴンフィッシュジャパン)×7

(下段左から)
フラットクラピー/自塗(ラッキークラフト)
パニクラ/越トラオリカラ(ティモン)

釣果:75(くらい)
pic001_2016042516052734c.jpg
持ち帰りはキープ上限4尾到達。(50台前半~後半×4本)
ココの魚は「はずれ」が無いのが非常に嬉しい。生産者さんの苦労の賜物だと思う。
早い段階でキープを埋めてしまったのでサイズ自体はもうちょっと粘った方よかったかな。
ミノーイングやっている時間が結構長いので釣果自体は伸びないとおもいきや
後半はエサ釣りのポンドで数釣りをやるなど大人げない釣りをしてしまったことも有り
「それなり」の数になりました・・・・が、もうエサ釣りポンドではミノーイング以外は封印。
無限に釣れちゃうし数を伸ばすこと自体は何も意味が無いから、ね。
pic002_20160425160815d56.jpg
三枚卸ししてみて分かる通りこの色この体高でおいしくないはずがない。

pic003_20160425160816dd7.jpg
この後刺身でいただきました。




抜けるような青空のもと、ちょっとだけ日焼けが痛いけど
その痛みすら心地よいと思えるような満足できる1日だった。
本当であれば八戸市の釣具店をはしごしようと考えていたが疲労困憊で直帰することに。
pic016_20160425120103055.jpg
道の駅で久々にソフトクリームをペロリ。
ああ、こんなにも満足度が高いソフトクリームも久しぶりだ。

後は前に目をつけたラーメン屋さんや食堂によって1日を締めようと思ったのだが
残念ながらすべての店が営業終了、および臨時休業だった………というオチも含め
なかなかの釣行でございました。



次回エリア釣行は5/8 フィッシングエリアukを予定しています・・・が、
リールがオーバーホールから帰ってきていない場合は予定変更も有ります。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ウグイときどきヤマメ。

以前注文を出していたKガイド(単品)が入荷したらしく
明後日~3日後には手元に来るだろうという段階になった。
そろそろ本流のほうがだいぶ落ち着いてきたのでちゃっちゃとでかして本流へ、
そう考えているものの、どうせガイドセッティングが滅茶苦茶だったり、
エポキシがうまく硬化せずに頭抱えてしまうんだろうなぁ・・・とか
今からなんかいろいろ不安だったりもする。
新しい物に挑戦するときは何時でも期待と不安でいっぱいだ。

うまく行けば5月末までに今使っている7ftトラウトロッドをトルザイトリング変更に挑戦予定。
失敗したらそうだなぁ・・・・新しいロッドでも買おうかね(´・ω・`)
アジング用/エリアトラウト用のYB社のロッドを模索中。


4/20 米代川支流にて。
pic001_201604201913545ef.jpg
時刻 15:05→15:55(50分)
天気 晴れ 若干風有り。

中規模の川のほうでも若干水位が落ちてきているのを確認したのでちょいと釣りに。
車で2~3分でポイント到着。田舎の特権っていうやつですかねコレが。
ついでに米代川の一級ポイントまでも5分以内でいけるんだな。
正直雪かきの必要性や物流の利便性考えたら住むには不適な地域なのは間違いないが
こういう時くらいは自慢させてください、ってことで。

前回釣行でブドウ虫の箱あけちゃったんでとりあえず消化しなきゃもったいない。
てなことで車にルアーも積んであるが今回は餌で短時間一本勝負。
感度重視で0.6号のフロロで針直結のミャク釣りでおもりなどを調整しながら流していく。
pic002_20160420193150351.jpg
出だしは悪く無い。18cmとやや小さめだがきちんとヤマメ。
深い層でヒットが出たので少しおもりを調整して攻めてみたんだがコレが悪手。
pic005_20160420193419a26.jpg
pic004_201604201934186d4.jpg
pic003_20160420193416e32.jpg
景気よくウグイ三連発。
エサ釣りでもスレ/半スレ針を使用しているので手際よく外し魚体に負荷かけないように
さっさとお帰りになってもらうことにして棚を再度調整。
海などでもよく見るがふぐなどターゲット以外の魚を無駄に殺しているのはイカンね。
バスみたいに条例で駆除対象なってる魚以外であれば優しくリリースが釣り人の姿だと思う。

棚といる場所さえしっかり把握できると
pic006_20160420193857447.jpg
釣れる魚自体はコントロールできるし
pic007_20160420193859dca.jpg
魚体は痩せているが銀毛だって釣れてきちゃう。
上の方は20cm、下の方は18cmなのだが痩せているので通常ならリリースだが
今回ちょっとヤマメ食べたいって言う人がいるので採取制限(15cm)を
現地で測って確実に超えているのを確認してキープ。

でもサイズがなぁ。
ココは結構ポテンシャルがある場所なんだけどな。
なーんて思って水面をよーくよーく観察する。
ん?なんかデカイの泳いでんな。

棚を浅め(1m程度)に流れるよう調整して餌を流す。
うーん、なかなか反応しない。しかも横取りで食ってくる魚が居て
pic009_20160420194606a11.jpg
pic008_20160420194605f95.jpg
20~30くらいのウグイが横どってくるなぁ。
婚姻色バリバリ出ているウグイが出た時点で悪い予感は出ていましたが
それでもデカイ魚が悠々と泳いでいればそれを釣りたくなるのが
釣り人の習性でありそれを阻止することは餌やルアーが枯渇する以外に止めようがないのです。
時間ギリギリまで何度も何度も微妙に流すラインや深さを調整して流すと・・・ん、コレ食っただろ!
と勢い良く合わせる。一本竿なのでドラグなんて無い、勢い良く走る魚をただただ耐える。
走る走るこれウグイじゃないだろこのトルク、こりゃもしかして尺超えの鱒来た?



pic010_2016042019595477b.jpg
あ、はい。そんな甘い話はないですよね。
40にちょっと足りない39センチでした(´・ω・`)
コレがイワナかヤマメだったらるんるんステップで仕事に戻ったんだけどなぁ。
記事用に写真撮って長ささっさと測って優しくリリースしといたので
もしかしたらまた会うことになるんだろう・・・・。

てなわけで渓流の方をはさみながらぼちぼち本流をまた再開する予定。
餌はもう2釣行は余裕なくらいは残っているので全部使いきってから
ルアーに移行していく予定です。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

工事したての川に魚を求めて。

最近になってようやくエアブラシの洗浄やスプーンの剥離に
ガイアツールウオッシュを使い始めたんだがコレが落ちる落ちる。
今まで一部の塗料を薄くするために使っていたエナメル溶剤(シンナー)で
洗浄や剥離を行っていたのだがそれらが馬鹿らしくなるレベルの差がある。
スプーンの剥離にかかる時間は殆どのメーカー製で4~5分でいけるので
それなら、と中古スプーンを漁って塗り直し計画を本格的に進めようと考えたのだが
よくよく考えてみるとエリアスプーンの中古となると最低でも八戸盛岡までいかなくちゃ
入手が絶望的なんだよなぁ。どうすっかなぁ・・・。

ついでに近くの釣具店に1~2ヶ月ほど前に注文していたカランバが入荷していて
速攻でワンセット買ってきた。週末はコレで勝つると安堵してるがさて結果はどうなるか。
予備も買おうかなぁ・・・でも散財してばっかだしなぁ・・・とか悶々としてます。


4/19 近くの川にて

時刻 13:14→14:00(45分)
天気 くもり

先日今まで行っていた川が全力で河川工事が行われていて
ほぼ何も出来ずに帰ってきた話はしたが、それでもピンポイントでの
ちょこちょこと餌ならなんとか出来そうなポイントが有ったので
その辺を攻めてみようか、もう魚が入っているかも?という淡い期待のもと車を走らせた。
ブドウ虫を3月の上旬に買ってあるのでそれを取り出し一つ一つ
ポイントを丹念に攻めていくと
pic001_20160420105541030.jpg
思ったよりも良いサイズのイワナが入っていた。23cm。
でもコレ一匹の後は魚が続かず。偏光グラス越しにかなり丹念に水面覗いてみたけど
やはり魚が他に入っている雰囲気は乏しく昼休み1時間が終了のタイミングになったので終了。

田んぼへ多く水を引っ張っていく川なので代かきなどが始まったタイミングで
ミミズを中心にして攻めていけばいいなって感じはしたがまだ時期的に早いね。
少し間を置いてからもう一度攻めてみようと思う。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

主に散財ネタ

今年車の車検だったので時期的には今が替えどきかな
なんて思っていたんだけどもう2年乗ることにしました。
正直ハイブリットセダン車で河原や砂利道すっ飛ばすなんて
適正な使い方なんて言えないのでいろいろカタログとか見て悩んだんだけど
もう2年後って感じだね。考えてみると釣りに適している車って
メインにしているターゲットで結構変わるんだなってのは目から鱗が落ちた。


4/14~4/15 近くの沼で
pic001_201604170713283fc.jpg
両方共30分ちょいの釣行なのだがボウズだったので省略。
というのもチェイスは結構あるんだけどどうやっても食わせにもっていけない。
フックサイズがおかしいのか、カラーなのか、ワームのサイズなのか、
それとも戦略自体を別にすべきなのか、そのへんが全く思い浮かばなくて手詰まり感が。
あと一歩なんだけどな、さてどうするべきか


やっぱあれか、散財か。
てなわけで散財&自塗ネタ。


M.A.Tから幾つかのルアーを購入。
pic002_20160417093719081.jpg

オリカラが4色、ハンクルシャッドのエリアカラーがヒトツ。
オリカラはDENS70MDF×2、DENS60US×1、月虫×1。
フックは推奨フックのヴァン51からがまかつプラグフック60BLへ変更済み
スパークルクリアはよくロストしちゃってるので万一のために以前使っていたSR版を。
正直、数釣り方面に舵を切るか、ミノーイングなどで大物釣り方面に舵を切るか
現状の両方やっちゃう的な釣り方だとそろそろタックル的にも時間的にも
大体の方向性を決めてしまわないとまずい時期に来ているとは思う。
単純に大物だけ狙うというのでなくミノーイングを主体に据えていくならなおさらのこと。
大会とかも参加しないし超大物とらなきゃとらなくてもいいしエンジョイ勢でいいや、と
そんな感じだったんだけどロッドの持ち込み本数とかタックルが肥大化しているので
そろそろ考えていかなきゃ。


ドラゴンフィッシュジャパンのウェイブラーを購入。
pic003_20160417093720a08.jpg

前々から気にはなっていたルアーだが実力の程はいかなるものか。
なんか結構お安く買えたのでクラピーを使わない/反応が鈍い時の
代替品としての立ち位置で使えればなんて考えている。
今のところはまだ使っていないのでなんとも言えないが
よく釣れる感じであればクラピーに反応が悪い時に使っている
パニクラを全処分してこっちをメインに据えていきたい。


コソコソとルアーの塗り直し。
pic004_20160417093721ca3.jpg
実績が少なかったエアーブローの一部を塗り直し。
今度は塗料にグロー系使っています。
前回のルアーと合わせると7個ほど塗り直ししました。
もう何個かは素体あるので塗る予定で自塗は合計10個投入する予定。
次回釣行の午前中はこれらの自塗りとウェイブラー、
それとマメ以外のボトムルアー(メビウス、ペンタ等)をメイン予定


ラバジとか。
pic005_20160417104310fcd.jpg
土曜日に用事がありまして秋田市の方へ。
某黄色い中古釣具店に清水川でよくお会いしてた人がいるのでちょっと話を。
スプーン等を少量買い取りしてもらいその金額に幾分か足してラバジとかワームとか
ちょっとしたスプーンなどを購入。バス用品はどれを手に取ればいいのかすら
正直今はわからないので実際に店頭においてあるのを見たほうが早いかなと。
予定が差し迫ってなければもっとダラダラして買い物してたんだけどなぁ。


次回エリア釣行予定
4/24 フィッシングエリアUK
4/26~28 フィッシングエリアUK(予定が合えば)
ついでに先週の釣り堀行きは疲労のため中止になっています。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

徹夜は若い人の特権だなとつくづく思う

仕事がくっそ溢れてた9日→10日はほぼ徹夜で仕事していたのだが
その疲れが13日現在ようやくマシになってきたかな程度までしか抜けてなく
川のコンディションが良好だった3日間は釣りに行かないという選択肢を。

ううむ、疲れが全く抜けない。
やっぱ徹夜って若い人の特権だなぁ。


4/13 近くの川で。
短時間ではあるが少しだけ朝練出来そうな時間あったので車に飛び乗る。
「あ、そういえばサクラ用のロッド車から下ろしてたんだ」って気づいて
急遽昨年何度かこの時期に良型のヤマメ・イワナに実績があった川へ。
ルンルン気分で川に到着して目に入ったのは



pic001_201604131110421d5.jpg
冬に間に工事され全く魚の付き場がなくなってしまった釣り場だった(´・ω・`)
キャストに正確さを求められるくらい木や草が覆い茂っていたポイントではあったが
それでも魚影は濃く毎年のようにお世話になっていたポイントだったんだけどなぁ
上下にある流れがカーブなっている場所などせめては見るけど
非常に小さなヤマメがちらほら見えるだけで釣ってもリリースするだけなので撤退。
ちょっとアプローチを変えていかなきゃ駄目な感じだね。増水時に狙ってみるべきか。

その他釣り関係のネタを。


サクラ用に使っているロッドのガイド交換を。

貰い物のロッドで安竿なんで馬鹿にして使っていなかったのだが
試しに使ってみるとなんて言うか、こう・・・・手にしっくり来るというか
なんかよさ気な感じだったので少し補修してみようかと考えてみた。
グリップにもきちんと木材使ってあったりちょっと来るものがあったんだよね。
pic004_20160413113527ef1.jpg
pic002_2016041311352494e.jpg

もらった時点でガイドに青サビが上がっていたのと、トップガイドが抜け気味だったので
これらを補修するのが先決ということでガイドを発注。
メーカー不明のステンガイドから富士重工のKRガイドに交換。
トルザイトにするか迷ったんだけど使用頻度も少ないしガイド交換もはじめてなんで
試しにっていうことで安い方のガイドで行くことにしました。
pic003_201604131135262d7.jpg

とりあえずスレッドとガイドをすべて外すところまでは終わったのですが
まだガイドが届いていないので続きはまた後日。


久しぶりに色が塗りたくなったので。
pic005_20160413113817bf2.jpg
釣れたら名前をつけるけどまだ実力は不明。
もうちょい調整して次回釣行で使う予定です。



スモークサーモン出来上がりました。
pic006_20160413114650f5a.jpg
雪が降った日にココぞとばかりに全部燻煙処理。
身が柔らかいのが多いので塩分ちょい高めでビシっと締めて
スモークサーモン独特のしっとり感?ネットリ感?を出した。
代償としてほぼ完全に酒のツマミになってしまったけどね(´・ω・`)

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ワームの強度だって大事。

4/10は忙しいって前々から書いてあるんだけど
なんか更に仕事がドンっと追加で来てしまい「もうどうにでもな~れ」的な気分に。

さて、新しい長靴買いに行かなくちゃ。


4/8 近くの池でコソ練。
pic001_201604081252363e2.jpg

時刻 8:30→8:45(15分)
天気 曇り

二度寝したら仕事が押し押しになってしまい、
2時間くらいはとれたであろう朝練の時間がほんの15分に。
川のほうやるにはちょっと時間が短いし、そもそもルートが違うし
そういう時はちょこっとだけ寄り道してブラックバスを狙うに限る。

ふと考えてみると、去年からバス用で買っている道具はフリックシェイクと
シザーコーム(両方共にジャッカル製)、あとはスモラバくらいなのだが
このジャッカルの両ワームは本当にとても良く釣れてくれるんだけど
とにかく耐久性の面で難があるのが不満。
なので常に多めにはストックしているのだがよく行く釣具店に
自分が使う(欲しい)カラー多めに入荷してもらっているのに結構売り切れてるので
大事に大事に使っていきたいなーなんて思ったところに今回は悲劇が。

ノーシンカーリグでワームをキビキビ動かすと後ろからかなりいいサイズのチェイスが。
こういう時状況に応じて止めるか、速く動かすか迷うんだけど
ロッドで少しあおり気味に暴れさせてこう入れると…………食った!
よっしゃ!とオモタその瞬間。


pic002_201604081300544d4.jpg
針の接合部からちぎれて帰ってきたヨ(´・ω・`)
40アップはほぼ確実のサイズ、50はちょっと難しいけど…。
そんなのが来てたんでフッキングさえうまく出来てれば、と後悔する。
コレもしワームがこの位置でちぎれなかったら釣れていたのだろうか。
明日もっかいやってみようかなと考えてゴソゴソしてみたが
このピンクのフリックシェイクはもう手持ちになくなってしまっていた。
もっと耐久度があったならまた明日も同じ攻め方できてたんだけどね。
バスの方は幸先悪いスタートになってしまったなぁ。ううむ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ヴァルケイン「必ずもらえるキャンペーン」応募品着弾。

そろそろこの記事を書いているパソコンを新調しようかと考えている。
実はかなりボロボロであちこちヒビが入っていたり一部キーが作動しなかったり
いろいろ不具合あるのをだましだまし使っている状況だったりする。
流石に5年も使えばよく持った方といえるのかな?
今度は頑丈なタフブックでも買おうかと画策しているけどどうなることやら。



釣行記事前に。

先日応募していたヴァルケインの「必ずもらえるキャンペーン」の商品が着弾。

今回応募したのは上記キャンペーンのスプーン10枚コース。
応募したパッケージが全部ハイバーストだったせいか、お返しもハイバーストで。
キャンペーンには10枚でスプーン2枚、ケース1個だったのだが
なんか中開けたらスプーンが3枚来た。これは一体どういうことなのだろうか…‥。
でもキャンペーンの画像に乗っていた5種の中以外のカラーだったので
更になにか特別なおまけだったのか、それとも自分がぼけっとして
購入したハイバーストを入れっぱなしにして送りつけたのか、詳細は不明だ。

pic005_20160408031156138.jpg
届いたケースはメイホー3010ベースに、ヴァルケインなどのロゴが入ったもの。
ヴァルケインのロゴの■の羅列は何を意味しているんだろうといつも考えてる。
結構深底で使いやすいタイプのケースだったのがちょっと嬉しい。
(実はスプーンよりもこっちのケースのほうがうれし・・・・・いや、なんでもない)

pic006_20160408031556240.jpg
クラピーを入れてみたけど結構入るね。

送られてきたスプーンはこんな感じ。
pic007_20160408041627b51.jpg

こちらが裏面。
pic008_20160408041629d30.jpg

ベース:コパー系ゴールド、側線ブラウン、赤ラメ。裏面はマット系ブラウン
ベース:ダークシルバー。裏面マット系ブラウン
ベース:チャートイエロー。裏面ゴールド

3つともハイバースト1.6と自分のラインナップ的にはドンピシャなところが来た。
スプーンは重さや種類を選ぶことが出来ず、アイスフェイクが届いたら
超絶ガックリしてケースの肥やしにしてしまう事になっていたので素直に喜びたい。

積極的にハイバーストは使っていかなきゃなー。
キャンペーン期間はまだ残っているしマークΣが良い感じであれば
もう一回キャンペーンに応募しようかなと考えている感じです。
変な話、4500円程度でお返しが2000円程度の商品が来るのは非常にお得だしね。




同じ川なので2箇所分まとめて米代川支流にて。
4/6 14:15→15:00 天気 曇り
4/7 13:10→14:00 天気 雨
pic001_20160407191428661.jpg

pic002_20160407191430512.jpg

仕事の休み時間1時間を利用して近くの川でコソ練を。
木曜昼から雨ということでその前に本流をやりたいところだったんだけど
増水が割と結構あるので渓流の方にひとっ走り。
本流にも1~2名釣り人はいたんだけど、ウェーダー履いて行くのも面倒だったので今回はスルー。
近くの渓流へ。

最初から今回の釣果を書いていくと
pic004_20160408025430ed4.jpg
どいつもこいつも

pic003_2016040802542944b.jpg
こんな小さいのばっかで。

経験上春先はこういうチャート系よりもリアル系のカラーのほうが実績あったけど
スピナーも含めてチャート系はチャート系でプレッシャー低いところでは圧倒的に強いね。
とはいえ、かかってくる魚はどれも小さいので全てリリース。
例年は結構大きいサイズの魚が釣れるポイントなんだけど抜かれた後だろうか。
このサイズも乱獲している釣り人も居るらしいけど
食べどころが無いじゃんと思うんだけど唐揚げにでもするんだろうか。

明日から数日は昼抜けがちょいと出来無いから少し釣行スペース落ち気味、の予定。
それにしても毎日釣りに行く/いけるってのはホント楽しいなぁ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

仕事ぶん投げエリアフィッシングへ。

「自分の好きな本の一つに「オー・ヘンリー短編集」というのがある。
オー・ヘンリーというと最もよく知られている作品として「最後の一葉」が有名か。

まぁ急になんの話を?と言う事なのだが、書いてる時NHKで新入社員に向けて
「あなたの幸せは何ですか」とかいう問いを投げかけていたので自分にとってはどうか、
そんなことをだらりと考えてみたら、きっと俺は昼はボーッと釣りをして、
夜がふけたら近くのバーで好きなスーズトニックを飲みながら短編小説を読む
そんな日々を暮らせればそれ以上望むものがないのかもしれないなぁ、と。

いつか1年位でもいいからそんな日々を過ごしたいなんて考える反面
だんだんこういう無謀さを実行できる気力がなくなってきていることに気づく。
きっと年をとるってこういうことなんだろうな。

なんか珍しく変なこと書いているなって感じだな、やめやめ。
春の陽気でとうとう頭がおかしくなったのかと言われる前に本編へ。
今回も写真少なめ。



4/5 岩手県八幡平市「ユーランド清水川」にて。
pic001_20160405175027e54.jpg
たまには岩手山をバックにした写真なんてどうだろう。

時刻 9:00→12:00(3時間)
天気 快晴 時折すこしばかり強い風が吹くものの良い天気。

今日は日頃お世話になっている釣り好きのおじいさまを口実に接待ということにして
半日ばかりでは有りますがユーランド清水川へ釣りに行くことにしました。
以前から何度も言っている通り、エリアフィッシングと言うのは
「安全」「釣れる」「お手軽」なのでお年を召した方でも安心して釣りをさせることができる
素晴らしい釣り施設と思うんですがどうですかね。

お客様の家7時出発。
秋田県をすぎるまでは霧がかかりぼんやりした天気ではあったけど
八幡平をこえてからはすっきりした春の天気。肌寒いものの日差しは完全に春。
米代川の最上流など、どこから雪代が多くでているのかなーなんて考えながら
現地には8時半には到着しゆっくりタックルのセッティングを始める。

今回自分のタックルは
ロデオ/ブロンズウルフ+ダイワ/15'フリームス2004H
ダイワ/ファントム+ダイワ/エンブレム2000(渓流用タックル)
パワー重視で多少のやり取りは強引に持っていける設定に。

貸し出したタックルは
アイビー/シンクロナイザーエボリューション+シマノ/12ヴァンキッシュ1000Sと
とにかく振った時に腕に負担がかからず軽いのでも投げれる軽いタックル一式。

9時開始。
場所はいつものアウトレット側。前回のように慣れてない場所はもうやめた。
日曜月曜と雨だったのでさほどプレッシャーがかかっていないんじゃないと判断して
ノア1.8g/14'シグネイチャーカラーノブカラーから開始。
魚は若干沈み気味かな?レンジ合わせるとちょこちょことアタリはあるもののどうも乗らない。
弾かれているのかそれともまだ水温が上がってきていないせいで反応が薄いのか。
そこからハイバースト1.6gに変更も反応が薄いのでボトムをべったり攻めていく方針。

先日あれこれ友人から純フックでのボトム攻めのアドバイスを受けていたので
ペレスプ2.4(スカ)→メビウスで最初のヒット。魚は先ほどの予想通り沈み気味か?
でも今回は魚を「釣る」のではなく「釣らせる」のが主目的。
この手の小細工をいれる釣り方で同行者は攻めれないので使わせているタイプの
クランクに変更してローテーションも考えていく。
ココニョロ→クラピーと来たところでクラピー自塗に何度かきたので
同行者にもクラピーディスプラウトチューン/ウーロン茶を使わせると1ヒット。
最終的にマメに移行する前の同行者のルアーローテーションは
Dクラピー(ディスプラウトチューン)→Dクラピー(スコーカー)→ココニョロ(てへぺろ)→
Dクラピー(カフェコ)→Dクラピー(百鬼)→エグザ
とオリカラをメインに使わせては見たもののヒットは散発的。
なんか以前はとりあえずクラピーとかパニクラ投げておけ的な攻略が楽だったんだけど
どうも最近は投げている人が多いのかクラピー投げているだけじゃ一筋縄ではいかない気がする。
去年~一昨年なんかはとにかく投げてボケーっと巻いてればなんとかなったんだがなぁ。
それこそこの手のオリカラなんて投げれば1色で30分以上はだらーっと遊べたんだが。
全体的にスレた魚が多くなってきているのかもしれない。

その後同行者にはクランク投げてもらってる間に
アールグラッドのドワーフを投げてみて釣れるかチェック。前回反応イマイチだったが
きちんとつれたので問題はないようだ。しかしフックサイズや
ヒットのタイミングがどこで一番出るのか、などなど細かい使い方までは
しっかり検証はしていないため、使うなら使うでしっかりガッツリ使わないと
なんかちょいと癖がある感じのルアーに感じた。
手持ちに結構在庫あるが、このルアー何かそんなに飲まれずガッツリフッキングするので
ロストが少ないのかな?いろいろ使ってみないとまだよくわからないな。
ただ昨年末からやっている通り徐々にマメに頼る比率を下げているので
この先活躍するチャンスはすくないのかもしれないけど。

(2016/3/13釣行時のヒットルアー)
pic008_20160314121837ab2.jpg
(2015/3/1釣行時のヒットルアー)
pic001_20150304084638d4c.jpg
(2014/3/2釣行時のヒットルアー)
pic001_R_20140302193653ea7.jpg

おお、こうやって見るとヒットルアーを昔のと並べて見るだけで
随分違うもの使ってんだなーと自分で書いてて驚きでありますよ。
以前は超絶マメマンだったんだなー。
2年前はたしかマメ覚えたてだったから夢中だったような気が。


10時頃自分のキープ分で2尾はまず確保。上限5なので後3本。
ミノーで攻めながらサイズアップを狙う作戦に変更。
まぁお馴染みのHNKLshadとデンスですけど今回からヴァン-51BLから、
がまかつのエリアプラッギングコンペティション60BLに変更したのだが
これが思惑通りハマってくれてサイズの大小かかわらずフッキング率がアップ。
結構小さめの魚のバイトでも逃さずしっかりフッキングがたやすくなったので
しばらくはヴァンではなくがまかつのこれを使用し続ける予定。
自分の場合はミノーのジャーキング、トゥイッチングの間に
バイトするタイミングとしてストップを結構入れるのでその際のフッキングで
大幅に効果が出てるような感じがする。
ただ見た目太軸なのに、フックは案外伸びやすい。まぁ、しゃーない

今日は何をイミテートしていこうか。
あれこれしっかり見ながら魚の反応やレンジを見ていく。
珍しくポンドには大型のイワナが入っていたようでしつこくしつこくチェイスさせて
なんとか取ろうとしたんだけど失敗。ぐぬぬ、岩魚食べたいのに。
この日は何故かミノーに反応が強くてクランク巻くより何故かよっぽど反応がよく
ぽんぽん、といい感じに中サイズ~小サイズのニジマスが2~3投に一匹づつ釣れる。
でもそれじゃまずいのでしっかり水中を見ながら大きいのめがけてミノーを通すと
なんかいい感じに反応してくる個体が居たので文字では表現しづらいのだが
「こうーやってこうすれば・・・・」と動かすとハフッっという感じのラインにも竿にも
出ないような食べ方をしてきてヒット。
なんかいつも「どうやって食わせればいいんだヨ・・・」なんていう苦悶ばっかしてるけど
今回はロッドワークでうまく食わせることが出来て食わせた瞬間思わず
「よっしゃ!」と口から出てしまうくらい会心の一尾だった。
pic002_20160406073107989.jpg
ハンクルシャッド65MR/スパークルクリアで。
久々の70アップは真っ直ぐにして自宅で計測してみたら75cmでした。
いやー、70アップはちょっと久々だな。取り込みにはさほど苦労しなかったけど
流石にこのサイズだとラバーネットのサイズが足りなかった。

これでもう完全に満足しました。
楽しい管釣り、終わり。


じゃなくて。そこからは魚の様子をちょろちょろと池全体を見渡しながら
魚影の濃い場所を探していくとインレット側が良さそうなので
同行者のルアーを変更してライントラブルの処理などサポートしながら
数匹釣らせることに成功してタイムアップの時間を迎えました。
いやー、満足満足。

とまぁ、そこで片付けして気づいてはいたのだが対岸の子供連れが
どうも1時間半くらい?魚が全く釣れずに困っているようだったので声をかけてみた。
お子様が「あの人うめえ!」とか言ってたんで若干気を良くしていたのもありますが
実は1日前のこと。
俺「あれ、姪っ子の始業式って4/4じゃねえの?どーせ宿題できてなくて
日曜日悶絶してたんじゃねえの?HAHAHAHA」
姉「いや、始業式は4/6日なんだよ。宿題?あー、まだ出来てないの結構あってさ
春休みの思い出っていうのがあってねー。
今年の春はどこぞに旅行したわけじゃないから何か思い出作りさせないとー」

というやり取りをしていたため、なんとなくこの日は平日というのに
子供用エサ釣りポンドも含めて妙に親子連れが多いのに気づいていた。
「うーん、この人たちノーフィッシュで終わったとして、春休みの思い出
エリアフィッシングに行ってルアーを振ってノーフィッシュでした?
えー、うーんそれって・・・・?うーん?」って考えてたらなんか体が動いててね
あー、また俺のクソみたいなおせっかい虫が顔出しちゃったよ、なんて
思いながら話を聞いてみると子供さんは釣り好きなのだが大人さんは
あまり釣りなどされない方のようなのでちょこっとだけ釣り方のアドバイスを。

まずは引いてたクランクがほぼ動いていないので見てみると
スナップがサビキ釣りなどで使われる大スナップ付きサルカンだったので
普通に使われるタイプのスナップに変更。
(ダイワDスナップSだからそれでもまだちょいと大きいんだけどね・・・。)
ラインはPEの1~2号でリーダーはしっかり付いているので(多分8lbくらい?)
糸ヨレも無いしさほど問題はないか。ある意味そのくらい太仕掛けなら
ゴリ巻きで一気に上げれるっていう考え方もできるしね。
最初こういう時の必殺ルアーであるマメ使ってもらったんだけど魚が濃すぎるのと
やはり着水時すぐにバイトしているため、なれないとその時点であたり取れない事、
ラインでのアタリもとれてないと判断したのでクランクを渡してみる。

本当であればクランクの着水時にかなり好反応だったのでミッツドライが
ほぼ100点の解答だったものの、手持ちのミッツドライはどれもこれも入手が面倒な
日焼けホロやクリアーホロだったので無理。うーん、うーん、じゃぁコレか。
てな具合にマイクロクラピーMRのヒーローズとパニクラちびを2個ほど渡してみる。
うん、反応は良さそうだ。コレならいずれ釣れるだろう・・・・ということで譲渡。
現物があればこの先釣りをする場合でもそれと同じルアーくださいで分かるわけだし。

と、仕事の時間と同行者の「あー、そろそろ帰る時間にしませんかね」的な
痛い視線を浴びていたので車に戻りますーってことで撤収したのだが
気になって道具しまうまでどうしても釣れなければ予備の予備に持ってきてある
プレッソとフリームスKIX置いてって「地元同じようなんで
○○釣具さんにコレどんとおいていってくれればいいよ」って言おうかと思ったら
無事釣れていたようだし、またこの釣り場に来てやってみます言っていたので
自分としては例の「釣り人1人でも増やそう」ミッション完了ってところかな。


友人に今回の釣りの話したら「は?それ気軽に貸すレベルの竿じゃねーよww」とか
「そのマイクロクラピーもう入手出来ないやつでーすwww」とか言われたけど
まぁイイんだよ、初心者に一番必要なのが飛びやすく、軽く、
トラブルレスでフッキングの良いハイエンドや道具であり魚をつることで覚えるのが一番早い。
自分らのようなある程度こなれた人間なんて別に海釣りセットだろうがパックロッドだろうが
トラブルにもめげずなんとか魚引き出せるくらいできるという持論があるんでね。

という訳で今回のヒットルアー
pic003_201604060852519c2.jpg

(左から)
DENS/M.A.Tカラー(ハルシオンシステム)
ハンクルシャッド65MR(ハンクル)
パニクラ/越トラオリカラ(ティモン)
クラピー/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
クラピー/自塗装(ラッキークラフト)
ココニョロ/自塗装(九重ルアーズ)
メビウス(フォレスト)
その他エグザ、ドワーフ、自作マメ。

MVPはもちろんハンクルシャッド。フックを別のに交換した効果もあるのか
ミノーなのにこんだけコンスタントに釣れるんだなってのを再確認。
あれ、これ以前MATの重田さんの釣りを見てた時に思ってた感想だなコレ。
というか、ミノーで釣ると頭バカなりますわ、楽しすぎて。
久々にミノー縛り行っちゃおうかな?なんて思っても次回釣行はしばらく先。

殉職者
ちびパニクラ:上で書いたとおり譲渡。
マイクロクラピー:上で書いたとおり譲渡。

釣果:28尾
pic004_20160406091030eec.jpg
70台×1 50台×3 40台×1

最初に2匹イマイチなサイズでキープしちゃったのがちょっと下手くそだったな。
前回の釣りでコテンパンにされてそれが若干トラウマ気味になってしまってるんだよね(´・ω・`)
時間の多くを同行者の釣りに使ったため自分の釣果としてはいまいちだったが
サイズ的にも良いのが一つとれたし他のも結構揃えたしこんなものじゃないかな。


4/10は短時間ながら「釈迦内釣り堀センター」にて鯉釣りを予定、
次回エリア釣行は4/24(日曜日):「フィッシングエリアUK」を予定しています。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

しばらく本流はダメそうな雰囲気なので渓流朝練。

考えてみると釣り場ってのは初めていった時でも
ハイシーズンならそれなりのポイントを見つけるのはたやすいが
今日のように完全に川がダダ濁りでポイントを厳選しなければならない時は
地の利がある地元民ってのは強いなと思う。



4/4 米代川支流にて。

(※携帯が電池切れだったため現地写真なし)

時刻:7:45→8:00(15分)
天気:あめ

車には常に竿を積んであるので移動中ちょこっと朝練なんてお手の物。
本流は超濁流、大きめな支流もほぼ全滅だが、
「雨が降った時は降ったなりのポイント」というのは存在するもので
雪代増水時のポイントと合わせて幾つかは押さえてあります。
仕事で移動中にちょこっと沢の方に入りポイント一点集中、ダメなら即撤退
そう決め込みお目当てのポイントへ。

スピナーは反応無しだが魚がいることは確信していたので
こういう時はヘビシンでうまくエグレを叩いていけば・・・
pic001_201604041117238b3.jpg

28.5cm/リュウキ50S・フルチャートヤマメにて。
ぐぬぬ、あと1.5cmか・・・。

今年からやり始めたのだが、アップにキャストして無駄なスラッグのみを巻き取り、
軽いロッドワークでミノーをひらひら動かしながら流してくる釣り方。
ミノーで魚のキビキビした動きではなく落下物がひらひら流れながら落ちていくイメージかな。
この釣法は釣りビジョンで「トラウティストドリーム」という番組があるんだが
そこで確かDコンだったかな?を使ってやってた釣法を真似してみました。
番組では全く釣れてなかったけどまぁどれどれとやってみると案外バイトが有る。
でもアタリも取りにくいのもあってシングルバーブレスだと
どうもフッキングに持って行きづらかったため今回はトレブルを使ったら一発でした。

渓流のミノーも今年は若干だけトレブルを残したルアーを用意しているけど
状況によって使い分けしてシーズンを過ごしていきたいと思う。



今日の米代川
水位:+0.68(下川沿) とてもじゃないが釣りをするのは自殺行為という水位
濁度もかなり高いし落ち着くのは今日の夜から晴れが続いたとしても、
支流部では水曜午後以降、できたら木曜朝以降
本流は雪代の出具合によるが金曜以降のほうが無難なレベルです。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。