駆け足で2釣行分

先月~今月と狙う魚種が多種すぎて部屋が散らかりまくり。
先程まで掃除と整頓をしていたわけですが、やはりスプーンが置いてあると
針先チェックして「あ、コレ曲がってるなー」なんて言いながらフック交換作業を。
そんな感じで色々なことに気を取られ遅々として進まないこの状況。
挙句の果てにはエアブラシまで洗浄しちゃうとか無駄に時間を・・・

まぁエアブラシに関してはパール系の噴霧にトライする予定なので
時間の有るときにしっかりとした分解掃除をしておくに越したことはないが。
その前にグレー&オリーブを大量にストックしておかなきゃ。


6/24 青森県陸奥湾にて

時刻 22:30→3:00
天気 曇り 爆風

ちょっとネタが古くなったので駆け足で。

本当はシーバスリベンジ予定だったのだが
出発時間が遅れてしまい雨雲直撃が確定的に。
レーダーや天気図から逆算した所陸奥湾は天気はなんとか持ちそう
そう判断したのでT氏と一緒に陸奥湾へ。

しかし現地に到着すると爆風
いやコレは久々に厳しいコンディションの釣りになることが。
N氏も加わり3人でアジングを開始するもなかなかアタリがわからない。
その中でもなんとかかんとか風が緩んだ瞬間など
ちょいちょいとポツポツでありながら魚をキャッチしていくものの
1:00過ぎ、場所移動を決断。何人も釣り人がいたけど
やはりこの風で切り上げていく人は多かったように見られる。
ひとつ目の漁港での釣果はメバル2、ソイ、アジ。

ふたつ目の漁港で延長戦を。
比較的風の影響が少ないポイントだったのだが
ここは猫、猫、猫。魚を釣るとよこせと言わんばかりに飛んで来る。
pic001_20160627070640891.jpg
こいつが泥棒猫ですよ奥さん!

ただ、この漁港は最初の漁港よりも魚の反応がよく
場所によっては風の影響が少なかったので結構やれた感じ。
根魚のサイズが結構いいの取れたかな。
T氏が釣った良型の黒ソイがこの泥棒猫にやられたけど。

猫様のために小型メバルをちょいちょいと釣ってこの日は終了。


6/26 秋田県大館市どこかの沼で。

時刻 18:20→18:50
天気 晴れ

ちょいと時間があったので夜練一本勝負。

pic002_20160627071111292.jpg
30あるかないかくらい。
フリックシェイク/ノーシンカーリグ

そろそろこちらの方もエンジン温めておかなきゃね。

スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

久しぶりの色塗りネタ

昨日、一昨日と何人からか釣り方や狙いどころを教えてもらったので
本日もシーバスリベンジに向かう予定です。
しっかし最近体力が落ちてきているのか、釣りからの帰路で
必ず一度は休憩もしくは睡眠を取らないと眠気と疲れがやばくなってくる。
自分で運転しないなら余裕で釣りに全力投球なんだけどなぁ。

それでも釣りに行くけどね!


先日の釣行の帰り、幾つか塗り替え用のスプーンを購入してきていたので
それの塗装を剥離して再塗装作業をしておいた。
一度に10とか作るならエアブラシを使ってしっかり作るんだけど
少量生産となるとやはり缶スプレーが便利でエアブラシはちょっとしたグラデーションや
ラインを入れるところだけにとどめておきたいなっていうのが本音。
1個作るのも10個作るのも手間自体はあまり変わらないんだよね。
こういう作業をして初めて知ったヨ。

じゃぁ何を塗ろう?と考えたんだけど
そういえばノアシリーズは普通のペレットカラーってなかったよなと思い
よくあるタイプのペレットカラーを塗装。
pic002_20160624113134719.jpg
塗ったのは11枚。リベロが2枚、ノアが5枚、ノアjrが4枚。たぶん。

pic001_201606241131332c5.jpg
レッドペレット、グリーンペレット、ブラウンペレット、オリーブラメ、ゴールドチャート
今回エアブラシを使ったのはグリーンペレットのベースカラーくらいかな?
グリーンのスプレーがメタリックしかなかったので、
アクリル塗料を混ぜて強引に緑作って噴射した程度。
それ以外は缶スプレーと歯ブラシあれば誰でも簡単に作れる程度のものです。
他メーカーだと定番になっているカラーなのでまぁ大丈夫だと思うけど
次回釣行で一応一通りチェック予定。

ついでに
pic003_20160624114331e1e.jpg
ロッドホルダーも改装しました。
まぁ普通にホルダー付きのタックルボックスやバッカン買うのが良いと思うんだけど
なんだか慣れてくるとさほど悪いとも思わないし、こんな異色なの使ってるの
自分くらいしかいないからそれも良いなと思うようになってきた。

ついでにこのホルダーは
pic004_2016062411433301e.jpg
100円。でも案外いい感じにリールが前向きに変わってくれるので
お値段以上に使い勝手は良さそうです。

よし、じゃぁ仕事の合間に今夜の釣行の準備をしようかな。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

今回もスカ。

八戸市に行った時マックが24時間営業だったのがちょっと羨ましかった。
最近地元のこの手の全国チェーンファストフードが揃って24時間営業を辞め
釣りから戻ってきた時にだらりと食べる店がなくなってしまった。
"深夜食堂"みたいな店でもあると嬉しいんだけどなぁ。


6/21 米代川にて。

時刻 20:20→23:50
天気 多分晴れ

なんか河口でシーバスの調子がいいらしいので行ってみた。
しっかしまぁ、サーフを歩きまくるってこんなに疲れるっけ?
うーんこの運動不足野郎てな感じなんだけど
流石にナイロンウエーダーを装着して長距離サーフ移動となれば
そりゃ仕事終わってそのまま車に飛び乗ってゴーって感じだし
仕方ないよね、ね?

で、流れあるところに到着し、ずっとコモモ投げてたんだけど撃沈。
夜釣りだからみんな何使ってるかも見れないし
そもそもルアーの釣り人何人も居たけどみんなボウズで帰っていったので
「なんのルアーで釣りました?」と聞くわけにも行かない。
しまったなー。疲労度マックスだし今日は粘らず3時間程度で撤退としました。
ここ最近重いロッド持ってなかったし無駄にペンデュラムキャストの練習してたら
なんかめちゃくちゃ腕が痛いヨ(´・ω・`)

自分の場合シーバスはほぼ我流なので今まで適当にやってきてたけど
そろそろきちんとメソッドなりなんなり学ばなくては行けない段階になったかな、と。
まぁ、近いうちに餌とルアー両方でリベンジ行きますけどね!

他にも語ることもなく今日は惨敗なので画像も無しで。
今日明日でノア等一部スプーンの塗装をやる予定。
行ければネイティブトラウト久しぶりに行くかなーなんて考えています。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

急遽予定変更のウキウキへ。

前回の記事にある通り、結局北海道行きは延期しました。
ニュースなどでも「1週間は大規模な余震に注意してください」と
言われているのもあってアナウンスもあるのに無理していって
もし地震に巻き込まれたら、と考えるとやはりそこまでのリスクは取りたくない。
高潮時に興味本位で海に出る人や
くまが出て犠牲者多数なのに山に入る人のように
注意しろとわかっていても無視していくほど行かなきゃならないわけでもないし。

ついでに木曜日釣行時にはあんだけ人が死んでいても山菜採りしている人が居て
なんだかなーなんて思ってたら今回行く際に警察が検問を敷いていて
「山に入られま予定ですか?現在熊を追っているので山には入らないようお願いします」
とのこと。猟友会っぽい人たちもいたし熊の捕獲にめどが立ったのだろうか。

というわけで八戸市に用事もあったので今回もフィッシングエリアUKへ


6/19 青森県新郷村 フィッシングエリアUKにて。

時刻 9:20→16:00
天気 晴れときどきくもり

一度ダーッと長々と書いたんだけど、読み返したら
文章の乗りがいつも以上に悪かったので書き直しで簡潔に書いていきます。
意識しないで書くと「とても読みづらい」文章になることがある。
1年で100記事くらいは書いているけどかならず2~3回はこういうのあるんだよなぁ。
画像に頼れない時はこういうのが致命的で文才ってのがほんと欲しいなと思う。

開始は現場着が遅れて9:20。
ざっと見12~5人。見知った顔やトーナメント参加者がポツポツ。
開始前からこりゃしんどそうだなと思いながらスピッシュやBFを中心に拾う。
10時過ぎ、まずは10尾到達。スピッシュを切られてからコレっていうルアーを探せず
隣でワーム使ってるおっさんが居たり、スモラバやフェザー使ってる集団が居たり
無法地帯化しているのに辟易しながらもパターンを探したけど
釣れてくるのはどれもコレもレギュラーサイズ。
ミノーマンの人何人かと話ししながらとか餌池でインレットを互いに攻めながら
ダラダラ話しながらなどだらりとぬるりとあれこれ試行錯誤したけど
15時時点でリミット6尾のうち2尾しか揃わず。この時点で今日は80尾以上釣ってたが
ちょいと前から導入した21番のフックがのされて2回も大物外したりグダグダ。

Q:今回リミットを揃えるのに苦労した理由は
A・タックルがうまく組み合わず何度も掛けそこねていたのが原因か。
B・今回から麦わら帽子にしたのが原因か。
C・行く際に普段行かないコンビニに入ったのが原因か。

残りは1時間。だが、1時間「も」ある。
今まで何度もこの「残り1時間」に大逆転できたことか。
まず、この場所から大物でないなら今日はもう諦めるしかない、と田んぼ側に移動。
クラピーとBFのフォールを信じて使い続けるとそれに答えてくれたのか
小型に混じりキープサイズ3本キャッチ。残り3分、枠はもう1尾。
もうプラグは厳しい、それならそこにみえているジャガーをBFで取れないか、
そう考え目の前にBFを落としボトムバンプして目の前と押すとハフっ・・と
よっしゃコレで上がれる~!と16時を知らせる曲が流れながらやり取りしてたんだけど
最後は結局フックをのされて終了。
それでもラスト1時間でリミットには達しなかったが3尾加えて終われたのは
きついと思ってた中でもよく集中力を持たせて諦めなかったからだと思う。

今回のヒットルアー
レギュラーサイズだけはやたら釣れたのでルアー紹介も2枚に分けて。
pic001_20160620181326002.jpg
(左上から)
DENS70MDF/MATカラー(ハルシオンシステム)×2
ハンクルシャッド65MR(ハンクル)
ザッガー/自塗(ハンクル)
ザッガーボーン/MATカラー(ハンクル)×2

(左下から)
ボトムマジック(ジャクソン)×2
シャインライド/1091(ヴァルケイン)
トトシャッド/自塗(Duo)
フィッシュイーター/自塗(ムカイ)
ココニョロ/越トラオリカラ、自塗(九重ルアーズ)

pic002_2016062018132742d.jpg
(上段)
クラピー/オオツカ、越トラ、有頂天、自塗、DSチューン等(ラッキークラフト)×9

(中段)
クラピー(ラッキークラフト)
パニクラ/越トラオリカラ他(ティモン)×2
ウェイブラー(ドラゴンフィッシュジャパン)
トレモ/アイランドオリカラ(ムカイ)
スピッシュ(ノリーズ)
ミッツドライ(ティモン)

(下段左から)
スリムスイマー(シマノ)
メビウス(フォレスト)
ジギル/シグネイチャーカラー他(ロデオクラフト)×2
ノアjr(ロデオクラフト)
ブラインドフランカー/シグネイチャーカラー他(ロデオクラフト)×4

殉  職  者
リベロ/自塗×1
シャインライド×1
スピッシュ×1
クラピー×1

実はこの日コレに加えてクラピー4回、パニクラ1回ラインブレイクしたのですが
拾ってもらったり回収したりして事なきを得ました・・・・
この場で感謝、感謝。

にしても切れすぎだよ!
前回の釣行のあとノーメンテだったせいか、ラインがだいぶ弱っていたのか
そのへんはよくわからないけどここ最近だと一番ラインをブチブチ切られた日かも知れない。

釣果:100近くは行ったはずだけど確実に数えていたのが80だったので80で。

キープは5尾。50台×3、40台×2
40台のは塩漬け、味噌漬け行きかな。
50台のはまだ何にするか考えている途中だが
血抜きする前に死んでしまった個体があるのでその辺チェックしてからかな。
血が回ってしまってると生臭くなってしまう。


釣行終了後、現地で内蔵取らせて頂いている間に管理人さんとダラダラと。
どうやら行こうとしていた北海道の管理釣り場は聞いたこともないぞ、との話。
ううむ、なんか暗雲が立ち込めるなぁ。

その後A氏、M氏、ミノーマンM氏と駐車場でまたダラダラと。
「この後八戸市の釣具店に行く予定なんですわ」って言ったら
「え、めっちゃ疲れた言ってるのに?まじかよ?」とA氏M氏に言われましたが
M釣具店にいって会計終えたらA氏が買い物に入ってきました。
疲れているのはお互い様だと思うんですがなんで直帰じゃないんですかねぇ・・w
駐車場でA氏、M氏と別れたあとさらにミノーマンM氏とダラダラと40分位話して
ウキウキ出発が5時30に。教えてもらった広域農道を走って
pic003_20160620185737165.jpg
まべち釣具店に入る。
めっちゃデカイ。なんなんだこの釣具屋・・・・。
スピッシュとシャインライド、プレッソフック、カルティバの35フックを補充。
加えて再塗装用のノアを幾つか購入。1個200円は安いなー。
ヴァンと31フックは地元釣具店にあるからこれらだけでいいかな。

pic004_20160620185738b43.jpg
ブレイクに寄ってマンティスフックを補充。
イーグルプレイヤーあるかなと思ったんだけどなぁ。

pic005_20160620185740100.jpg
ルアーコーナーになにか無いかなと寄ってみる。
ペンタを2個ほど購入。計500円。
それと遊んでいるゲームのプライズ品を購入。
しまったな、ねこあつめのプライズ品も探してくればよかったかな。
ここ最近自室に辿り着く前にソファーで死んでたりするけど飾っておこう。


7月は休みのいずれも何かかしら用事が入っているのでエリア釣行がどうなるか。
7/31はエリア釣行予定です。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

再び悪天候でもウキウキへ。

今週末予定していた函館行きだが余震の可能性を考えて延期しようかなと。
こういう地震は発生後1週間は様子見しておきたいっていうのがあってね。
海をわたるので帰れないと大変なのでぎりぎりまで迷おうと思っている。
ついでにその次の休業日(7/3)もアレな仕事というか行事が入ってきて
なんだか思い通りに行かないなぁ・・・・なんてボーッと考えています。

※6/19追記 やはり余震の可能性を考え北海道遠征は7月末もしくは9月に変更しました。



6/16 青森県新郷村「フィッシングエリアUK」にて。

時刻 9:10→12:00
天気 小雨

pic001_201606161523496bc.jpg

いやまぁ、こんな天気なんですんでね
pic002_20160616152350ee8.jpg
行かないことも考えたし、何よりも今回の釣行は同行者が居るはず「だった」が
いろいろ諸般の事情があってキャンセルになってしまったんで気分も乗ってなかったけど
次回釣行の練習やあれこれやりたかったことを課題立ててやってみようと思って
仕事を半日休んで車を走らせてみました。
こんなクソみたいな天気だったので貸し切りかなと思いきや先行者は一名。
その時の気分を一枚の画像に託すと
aaa_20160616191131d64.jpg
クソッタレな天気だが互いにベストを尽くそう。


今回はいつもと違いLコースでの挑戦。(半日で持ち帰り4尾)
ここ最近持ち帰りでの釣りをしていないので自分にプレッシャーをかけようかと。
Mコース(半日券だと持ち帰り2尾)を揃えるのは容易いが一人でLコースの挑戦は初めて。
清水川でよくやっていたこととはいえ、良型でリミットをきちっと揃えるってのは
大きいのが溜まってる層を探しつつ数釣りなのでなかなかコツが居る。(多分。)
それをしつつ、前回大会で覚えたり使ったメソッドの復習、北海道パターンの練習などなど
幾つかの課題を決めてクリアしていこうと。

準備に手惑い開始10分ほど押して釣行開始。
中央インレットそばに布陣。通常時の開始パターンであるリベロ1.2から初めて
ノアの1.6と変えつつボトムから表層を軽く通してみるもノーヒット。

アジスト+エステル2.2lbに持ち替えインレットの脇~流れの切れ目を
シャインライドで細かく刻んでいってヒット連発。ううむ、今日はボトムか?
まずはちゃっちゃと10尾釣ってボトムミノーの練習は終了。
次いでココニョロを投げるとこれまたそこそこに反応は良い。
しかしシャインライドにしろココニョロにしろ釣れてくるのはレギュラーサイズ。
これはインレットの流れを攻めていってもさほどサイズが伸ばせないと判断。
となると、ここは深みをクランクでゴリ攻めでしょと言うことで
うちの特攻隊長のウエイブラーでロッドを下げてボトムを攻めていくと
乗りきれないバイトが多数。リップがかなりワイドなのでボトム攻めすると
ウエイブラーだと暴れすぎて乗りにくいのかな?なんて考えていたらヒット。
pic003_20160616225436fec.jpg
夕爆チャートだっけ?それでまずは1尾。あと2時間で3尾50アップかー。
小型はなかなか景気よく釣れてくるが大型が来ない。ここで粘っても埒が明かない
そう考え対岸側へチェンジ。今度は小型スプーン&アジストで小さいあたりを取っていく。
中層より上の方は小型が多いようなのでBFを底までしっかりフォールさせて
ボトムをバンプという程でもないけどネチネチせめて行く方針に。
尻別川遠征時にとても良かったパターンでこっちだとどうかな?とやってみたら
やはりフォール、着底からの巻き上げで
pic004_201606162304391a7.jpg
良型が4連発。そのうち2尾をキープ。※陸揚げはキープ魚のみ。
残り時間が1時間以上残っていたのでラス1尾はもう少し粘って
もっともっと良いサイズをキープしようとして考えてリリースした。
この日はBFの福田01カラー、同02カラーへの反応が非常に良くて
ぶっちゃけ次の課題をこなしてからでもこのパターンではめればキープ揃うでしょと判断。
豆OKならわざわざBF使わないで豆投げてりゃこれの再現は容易だが
持ち帰りコースでは使用不可なのに加えて、見据えている先は北海道遠征など
豆が使えない状況下の釣りなので釣りの手数を増やしておくに損はない。
ジギルやティアロなど投げたあと今度はブロンズウルフへ変更。
ミノーケースをかばんに入れ少し移動しながらエリアミノーイングスタイルに変更。

前回ウキウキ釣行の際のミノーマンのM氏との会話や動作を思い出しながら
DENS70MDF/ピンクモザイクを装着し幾つかのパターンを試していくと
「ああ、今日はこれね」と言うのが。2度の良型のフックオフを挟んで
pic005_201606162332580ee.jpg
質、サイズともに納得の1尾をキープ。
もう1尾良型を釣ってリリースしたところで本日のミノーイングは終了。
ブロンズは張りもあって使いやすい竿だと思うけどグリップエンドが短いので
サイズがデカイのを連発すると腕が完全にぶっ壊れることだけが
この竿のデメリットなのかなぁ、と。

キープも揃った。
ミノーイングも終わった。
アジストのエリア導入チェックも終わった。
北海道でやったパターンのおさらいも終わった。

11:20分、今回の課題は終わったがまだ時間はある。
腕もぶっ壊れてるんで残りの時間は小型マスと戯れっかな。
そう思いインレットに戻ってくるとどうも魚が浮いて水面が騒がしい。
こういう時はトップかシャロークランクでいっぱい取れるのは間違いない。
が、今回はあえてそれらを無視した釣りをしてみようと思い
(尻別川で水面に波紋が多く出ているのにトップに反応がない時間帯があった)
普段あまり使わないクランクや重めのスプーンを投げてみるものの
ノア1.8gで1~2尾取れたくらいでどうもパターンが掴めず撃沈。
残り15分となったのでセオリー通りトップに移行。
デカミッツでせめてみるがどうもイマイチ嵌めこんだ感がない。
選択肢的にはここからシケイダーなどシャロークランクに行くか、
ミッツドライにサイズを落とすか、それとも・・・・

と考えた時にふと前回大会でジャッジした人がスピッシュをうまく使っていたのを
思い出してそのパターンを実践してみるとこれがドンピシャ。しっくり来た。
ぽぽぽんと連発してタイムアップを迎えた。PEでやってたらトップはもっと取れてたな。
また一つ手数が増えたことが嬉しい。
結果はともかくとして今回は大会に出たことで釣りのパターンが幾つか増えた。
上手い人の釣りをしっかり見るっていうのはホント勉強になるなぁ。
自分は結構遠征するのでいつものルアー、いつものパターンで嵌めれない時なんて
往々にしてあることなので幅広い釣りができるようにならなきゃね。

今回のヒットルアー
pic001_2016061710461158f.jpg
(左上から)
スピッシュ(ノリーズ)
デカミッツ(ティモン)
トレモ/アイランドオリカラ(ムカイ)
パニクラ(ティモン)
ウェイブラー(ドラゴンフィッシュジャパン)
ふわとろ(シマノ)
シャインライド/1091カラー他(ヴァルケイン)×2
DENS70MDS/MATカラー(ハルシオンシステム)

(下段左から)
ジギル(ロデオクラフト)
ブラインドフランカー/シグネイチャーカラー他(ロデオクラフト)×3
メビウス(フォレスト)
ノア(ロデオクラフト)

殉職者
ブラインドフランカー×1

釣果
45くらい。キープは4尾。(50近辺の魚は計7尾)
pic002_20160617124514c29.jpg
今回ラインの太さをフロロ1.5lbとエステル2.2lbの2本を巻きに使ったこともあり
若干ドラグゆるめたので取り込み時間のロスがデカかったかな。
ミノー用に用意した3lbを織り交ぜてたらもう少して返しよく行けたかも。
しかしマイクロスプーンをフォールで使うにあたってはエステルも細いフロロも
両方共使い勝手が良くてこれは重宝しそうだ。

しかし今回釣った魚、どう調理してやろうかさっぱり考えてなかった
この梅雨時にスモークサーモン作るのもアレだしなぁ。ううむ。


次回釣行は6/19。行き先は未定に変更。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

アジング2釣行まとめて。

口を開けば「あー眠い」が出る。
眠いのは当然で中一日で青森釣行しているからで
自分でも「よーやるわ」とこの釣り馬鹿の自分に呆れ顔ですよ。
でも休憩時間に書いておかなきゃ疲れたから後でーって考えてると
後回し後回しなっちゃうんだよなぁ。なので早いうちに書かないとね。


6/10 青森県平内町などにて

天気:確か曇り。朝方には晴れ、強風。
時刻:21:20→3:40(6時間20分※移動時間含む)

自分、T氏、現地でN氏と落ち合い3人でアジングを。
しかしこの日は向かい風が結構強くPEを使っていた自分はとにかくあたりが取れない。
あたりが取れないというよりか、風で煽られ棚ボケしまくってたんだろうか。
自分だけがなかなか心が折れるレベルで悶絶食らってました。
ワーム/ジグヘッドのバリエーションが足りないのもあるため
風が強い状況に対応できるタックルでなかったのが一番の敗因か。
移動3カ所目でようやく風の影響をあまり受けない港に入って
そこでは結構楽につれたんだけどメバルがほとんどだったかな。
明るくなってライン見ながら釣れるようになった時に
こういう感じであたりが取れてなかったんだなとわかっただけでも収穫。
pic001_201606131130082be.jpg
このメバルは案外良型だった気が。

pic003_201606131130115ed.jpg
またなめろうでも作ろうかね(´・ω・`)=3

pic002_2016061311301058a.jpg
釣りをして夜明けを迎えるのは久しぶり
おっさんには辛いんですよこれが。



6/12 青森県平内町にて

時刻 21:30→2:05(4時間35分)
天気 霧雨→曇、風はやや強め

正直、疲れがほとんど取れてなかったけどアジストが着弾しているのでT氏の誘いに乗って
中一日で陸奥湾釣行へ。前回の反省を活かしラインはフロロに(FCシューター3lb)変更。
やや太めだがそれでも風には強いのでこの戦略が好転すればいいな、と。

で、実際使ってみてどうだったかというと今度はしっくりきました。
もちろん連発超爆釣って言うわけでもなかったけど
それなりに満足がいくサイズ、量をキャッチすることができました。
ロッドが変わったっていうのもあるしちょっとした小さなアタリもしっかり分かるね。
向かい風でもなんとか勝負になったのは思ったよりも印象が良い。
pic006_201606131252132f3.jpg
さば

pic005_20160613125212510.jpg
あじ

pic004_20160613125211667.jpg
めばる

写真に取らなかったけどこの日はクロソイも釣れたし魚種も多く楽しい釣りだった。
と、同時にもうちょっと手数を増やせばもっともっと行けると確信もした。

主なヒットパターンは
アジチョンヘッド0.9+シュラッグミノー
ダイワ月下美人1.0g+シュラッグミノー/バブルサーディン
まぁいつもの組み合わせっちゃいつもの組み合わせなんだが
活性の良い時のシュラッグミノー、なんとか1尾食わせたい時のバブルサーディン
そんな感じで今のところは使い分けしています。
一部ワームが補充必要な状況になってきたのでこの際まとめて
バリエーション広めに補充しておこうか考え中です。



そろそろ渓流が恋しくなってきた時期なので今週から地元渓流再開予定。
さてラインとか巻き直ししなきゃな。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

アジストTZが着弾。

ちょっと時系列が前後するのですが先に新ロッドのインプレから済ませようかと。
先日アジングにでかけたストーリーは後ほど。


6/12 米代川水系長木川にて。

時刻 7:00→8:00
天気 はれ

えー、アジストがもう着弾しました。
pic001_20160612133423e44.jpg
思ったよりも早く着弾しすぎてリールの準備などしていなかったんだよねぇ。
というわけでとりあえず使用を想定した使い方で近くの川へ。

ルアー重量が3gとなっているように、超小型ルアーでの使用になるため
流れがある場所で使うのではなく、実際使用するレベルのルアーでちょいと振ってくることに。
となるとちょうどこの時期の川は流れが淀んで小物釣りするにはちょうどいいかな
そう思って幾つかのエリアスプーンを持っていざ出撃。
先日アジングに使ったPE0.2号とリーダー月下美人の3lbでやってみる。
ルアーは小物釣りということでノア1.8g~BF0.5gなど。

ここからインプレ。
(マイナス点)
・ロッドはやや重め。でもリールを装着して使ってみるとそんなに重く感じない。
 根本をやや重めにして持ち重り感が軽めにしてるのかな?
・糸鳴りがきつい。ガイドの設計上どうしても糸鳴りが発生しやすいらしいが
 それを実感できるレベルで糸鳴りが特にうるさい。
・かなり硬い。好みの問題もあるがバッド部は相当硬い。
 トラウトに兼用する場合はかなりライン柔いの使わないと弾くなこれ。
 (※柔めのフロロかナイロンで使おうかなと計画変更)
・思ったよりは飛距離が出ないなと。トルザイトに過剰な期待をしてたかも。
 もしくはロッドが硬いのでしなりのなさが飛距離に影響与えている気がする。
・ガイドがかなり小さいのでラインは極細でしか使えなさそう

(プラス点)
・感度というかフッキング時のわかりやすさは相当増幅されてると思う。
 かなり小さい魚のアタリでもしっかり手元に来る感じ
・価格のやすさ

主にライトソルトとエリアに使うのでこれから、ではあるが
とりあえずファーストインプレッションとしてはこんな感じか。
どのくらい小さいあたりをしっかり手元に伝えてくれるかというと
pic002_20160612183913435.jpg
pic003_20160612183914759.jpg
BF0.5g 9.24カラーだったかな?
このサイズでも手元に「カーン!」という感じではっきりアタリが伝わってくる。
魚のサイズとしてはこれ7cmくらいかな?このレベルの魚のあたりも
かなりしっかり伝わってくるなら合格点かな。
ただ、ネイティブでミノーに使うには華奢すぎる感じ。ううむ。
あれこれとこのサイズのウグイを7~8匹つってとりあえずテストは終了。

あとはエリア/ソルトに持って行ってどれだけやれるかかな。
今週は釣りに最低でも3回は行く予定なのでその時に色々やってみます。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

再び地元の海へ。

地元の釣具店へ新しいロッドを発注出しました。(来るかどうかは別だが)
テイルウォークのアジスト10週年記念モデルの5ft10inchモデルなのですが
ソリッドティップで、しかもトルザイトを搭載して3万を余裕で切ってくるお手軽さ、
エリアにも流用しても全く問題ないのを実際貸してもらってチェックしたので
エリア兼ライトソルトゲーム用としての用途で使用予定です。
エリアで使うにしてはかなりパッツン系なので掛けに行くスタイルになりそうだけどね。
どっちで使うにせよ、若干ハードに使う事になりそうなのでロッドが折れた際の
修理の出しやすさと、「なるべくなら地元から買おう」と言うスタンスなので
通販などよりも時間がかかるだろうけど、まぁ来週の釣行に間に合えばいいな
そんな感じで気長にまつとします。


6/8 秋田県八峰町 どこかの漁港にて

時刻 20:30→23:30 (3時間)
天気 曇のち小雨

6/10日にアジングにT氏と行くことになりまして
ほら、アレです、練習とか調整とか景気付けとかああいう感じのアレですよ。
つまり天気が悪くなる前にちょいとだけ海に行きたいなと。
天気図や雨雲レーダーを見る感じだと陸奥湾方面は先に雨が降っていたので
それなら、ということで八峰町へ車を走らせる。

今回は完全に最初からメバルがターゲットなのでボトム狙いから始める。
例によりシュラッグミノー(グロー)/尺ヘッド3gの組み合わせ
・・・・んー?ボトムじゃないのかな?
なんかここ最近あまりボトムで良い思いしてない気もするが
それでも来ると良型だしうーんうーんと悩みながら攻めづつける。

うーん、だめか。
狙いを表層~中層に変更。アジチョンヘッド0,9g+シュラッグミノー(オキアミコッパーグロー)/バブルサーディン2inch(クリアピンク)に変更。
巻き速度はかえずカウントダウンだけでカウントダウン3~5からの巻きに反応多数。
でも・・・・

pic001_20160609172931dfe.jpg
小さい

pic002_20160609172933624.jpg
やっぱ小さい

pic003_20160609172934be2.jpg
うーん小さい。

他の釣り人は渋い中数自体は伸ばしていくものの、内容が悪い。
このサイズを13匹ほど釣り上げたところでこれ以上は進展なしと判断。
場所移動して再度ボトム攻めでサイズアップを狙う。

でも「お、割りといい引き」と思って上げてみるも
pic004_20160609174437ce5.jpg
このサイズで精一杯。
漁港をぐるっと粘ればまぁそれなりのが居そうな感じではあるけど
まだ漁港では仕事をしている漁師さんがいたのでそのへんは自粛。
小雨もぱらついてきたので撤退。

数自体は悪くないんだけどサイズがなぁ。
少し磯周辺もやってみようかと画策中です。
夜の磯は危ないので知ってるところ以外は控える必要があるので
少しあれこれ下調べしておかなきゃ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

鱒職人バトルに参加してきました。

自宅に帰ってきてから何もせずソファーにダイブ。
帰り道眠いなーなんては思っていたけど、まさか14時間近く寝るとは
ここ最近じゃあまりないくらいにつかれていたのかな、と。

じゃあ何をやってきたの?と言うとタイトル通りでして。


6/5 青森県新郷村「フィッシングエリアウキウキランド」にて。

時刻 7:00→16:00
天気 晴れ。 時より冷たい東風が吹く。

昨年に引き続き、「鱒職人バトル」に参加してきました。(※昨年の記事
自分は基本エンジョイ勢なんで、他の人に全く歯がたたないとわかっては居るけど
それでも上手い人の釣りを「穴開くレベルでガン見できる」機会なんてそうそうない。
試合終わるまでには討ち死にして翌日の朝八戸港に浮かぶ結果になるのは見えていたが
それでも今の実力を図るにもいい機会じゃないかって。

目標?そりゃ1回戦突破ですよ。まぁ無理だとは思っていましたが。
(昨年は予選では8人中8位、敗者復活でも復活できず)



今回はプラもしなかった。
特に大会用セッテングをしたわけでもなかった。
まぁうまくいかないし普段の釣りの延長で、という軽い感じで行きました。

pic001_20160606113433fde.jpg
こうやって見るとプラノ派が多いのかなぁ?
この先の写真もプライバシーのこともあるのでなるべく顔が映らないようにしてます。

ルールは以下のとおり。
使用ルアー制限は持ち帰りの方のレギュレーションに準ずる。
(シングルバーブレス必須、可変、フロントフック、18mm以下、自作、毛など不可)

予選ラウンド
10分で場所移動を含む20分1セット×4セットの総釣果で競う。
Aチーム(先行)Bチーム(後攻)それぞれのグループの上位4名が勝ち上がり。

敗者復活戦
予選敗退者全員で開始。3本先取りで4名勝ち上がり

準決勝
1対1での釣果で上の人が勝ち上がり。
10分での場所移動を含む20分1ラウンドでの釣果で競う。

決勝
6名での釣果で総釣果の多い方から順位決定
(確か)15分での場所移動を含む30分の総釣果で結果が決まる。
※場所移動に関しては特殊ルールが適用



開始はB組。予選ラウンドは放流が行われる。
pic002_2016060611495725a.jpg
いつもの放流トラックがやってくる。

pic015_20160606194507c4c.jpg
どっせーい、っとネットで3箇所へ放流。
これをA組B組それぞれの開始時に1度行う。
実はここ最近ガッツリと放流取りをしっかり練習してきたわけではなかった。
水質がかなり濁っていているのでオレンジ系よりはチャートを推していくのか
最後の最後まで迷ったが先行のA組の釣れ具合がどうもおかしい。
みんな放流カラーを投げているはずなのにどうも数が伸びてない。
自分が審判していた選手は放流刈りではなくトップを攻める選択をしたり
これはちょいとおかしいぞ・・・・?ということで自分がつけているルアーを
ちょいとカラーを落とし気味に設定する。

第一ラウンド開始。
それでもA組最後の方は放流魚が若干仕事し始めていた感じ。
3本のロッドに装着していたロールスイマー2.5gやMIU2.2g等から若干グラム数を落として
ノア1.8などを装着すると悪くない感じには放流を取ることができた。
それでも他の選手に比べると出足はやや鈍目で8尾にとどまる。
ざっと見た感じだとA組の時に放した放流魚が割りと仕事していたようで
やはりセオリー通りの重めの放流カラーのほうがどうも良かったようだ。
pic003_201606061214211ec.jpg
キャッチしたルアーは左から
ノア/2012シグネイチャーTS
ノア/2014シグネイチャー早乙女
ハイバースト1.6/自塗り

2セット目。
A組をバーっと見渡すとスプーンでセカンド~サード系のカラー、
もしくはクランクに移行している人が多いのでクランクを。
予定していたココニョロを投入するもこれが大誤算。
合計20分の内半分近くはココニョロ引いていた気がするがダメでした。
どうもこの日はココニョロを引いたとしてもカラーがかなり限定的だったようだ。
全く魚が取れずなんとかリベロの自塗りとトレモのオリカラでキャッチするも
4尾と低調な結果に。前回大会で2巡目に超苦戦したのを思い出す。嫌な思い出。
pic004_20160606142800f0b.jpg
左から
リベロ/自塗り
トレモ/アイランドオリカラ

3R目。
困った、A組含め結構みんな好調だぞ・・・。
何かないか、なにか無いか・・・いや、アレがある。
3本のロッド全てにクラピーをつけて遠投、魚は上の方にいるのはわかっていたので
ロッドをなるべく立ててディープクラピーでの表層巻きを試すとこれがドンピシャ。
バレる数がかなり多かったがヒット自体はほぼ毎回。
ヒットゾーンは足下まで確認していたこともあり手数が少なくなってしまったが
ここで数を伸ばせたのが非常に良かった。
今回のMVPのディープクラピー(美鬼カラー)は圧倒的でした。
pic005_20160606144325bcb.jpg
左から
ディープクラピーディスプラウトチューン(ディスプラウト)
パニクラ/越トラオリカラ(ティモン)
ディープクラピー/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
フックの伸びにさえ早い段階で気づけていればもう3~4は積めたと思う。

4R
開始直後同じパターンで行けるかなと思いクラピーを投げてみるも
どうも同じパターンで攻めた人が居たのか反応が全く無い。
シャインライドとウェイブラーで数尾積むもパターンがわからない
わからない・・・困った・・・周りを見るもどうも見たことがないプラグばかり。
これは万策尽き・・・・いや、困ったときはこれでしょ。
って具合につぶアンを投げたらこれがかなり良い感じで一気に数を伸ばす。
ここに来て思い出すとたしかいつぞやukのブログにつぶアンが好調で~
そんな記事があったことを思い出す。残り3分前でラインブレイクでつぶアンが
切られたりして万事休す。最終を7尾でトータル27尾で予選ラウンドを終える。
pic006_2016060615214240e.jpg
左から
つぶアン(ラッキークラフト)
ウェイブラー(ドラゴンフィッシュジャパン)
シャインライド/1091カラー(ヴァルケイン)
(※つぶアンは後ほど別の釣り人さんに回収してもらいました)

主催者からコールがかかる
「今から名前呼ばれる人は敗者復活戦をするので準備してくださいー」
○○さんー○○さんー○○さんー・・・・・・

ん?
俺呼ばれてないよね?
え、マジ?予選突破きた?
イヤッホォー!と小躍りしましたが予め書いておくと準決勝はボロボロでした
予選突破ラインが27尾未満でギリギリの滑り込みで突破できました。
突破できたこともそうだけど昨年はビリケツだったことを考えると
それなりに上達はできていたんだなって言うことには素直に喜びたい。


pic007_201606061550305f8.jpg
敗者復活戦を遠くから見ながら。
今思うとこの時間が無駄でこの時にパターンやレンジをつかめておけば
もう少し善戦できていたのかな、と後悔だけが残る。

準決勝の相手は前回の大会で審判をさせていただいた選手の方で
めっち上手いのは知っていたので正直一番当たりたくない方でした(´・ω・`)
昨年はこの人のザッガーの扱いほんとうまいなぁ・・・なんて眺めていた記憶がある。

もうなんのルアーを使ったのか覚えていないけどボロ負け。
スコアで言うなら7-4での負けでしたが相手方は途中でライントラブルがあったり
大きいのかけたりして時間のロスが多かったので数字以上に負けた感がありました。
準決勝のところで全くパターンがわからずもう頭が回らなかったのですが
決勝で同じようなルアーで「こういうやり方をすればここまで釣れるのか!」
というのを見せてもらったのでそれだけでもかなりの収穫があったかな、と。

決勝戦となるとやっぱりみんな圧倒的に上手いなぁ。
自分の釣りがまだまだ手数も手際の良さも全く足りないのがよく分かる。
清水川にいる時にルアーをよく拾ってもらっている常連さんとの一騎打ちは
見ているこちらもワクワクする展開でした。
pic008_20160606171101b00.jpg
優勝者お米、2位がコーラ、3位がダカラだったかな。
協賛は地元の釣具店のブレイクさん。
大会の様子はその協賛店のブログUKのブログディスプラウトのフィールドレポートに乗るかと。
pic009_20160606180616c7e.jpg
参加賞はノマディックコードのルアーが一つ。
それと参加後に参加者の一人がスプーン要る人いるー?ということでじゃんけん大会。
ずーっとグーで勝ったような。
pic010_20160606180617669.jpg
完全なるオリカラなのだがなんと名付けようか
一部選手にはDクラフトでいいじゃんって言う話だったのでそういう名称にしておこうか。
3種ルアーがあって自分もよく自塗りしているのでどれが一番手間がかかったか
すぐわかったこともあり一番手間がかかってそうなのを選びました。
でもこのルアーなんだろう?




昼休み中に優勝者がやっていたパターンを試してみたけど凄い。
確かによく釣れる。また一つ2つ、と戦略の幅が増えたと思う。
結果は負けたが得るものは多かった、さて自分の釣りを・・・・と思ったら
今度は参加者有志によるルアー縛りのミニ大会が始まる。
中にはこちらのほうが大会本番でしょという人まで。
無論有無を言わせず強制参加でございます。

1回戦はスプーン縛り。20分一本勝負。
スプーン形状のものであればすべてOK。
ロールスイマーの自塗りでポポンと魚を出すけど次が続かない。
こういう時はBFで粘るしか、ということで粘ってみたがやはりスローな釣りだと
本数が伸びず6尾で終了。(1位は10尾)

2回戦はクランク縛り。
ボトムクラピーやココニョロ自塗りなどで数を重ねたけどこれも7尾で終了。
みんなで同じルアーを投げると圧倒的に釣れないことを再認識。

3回戦はミノー縛り。
やったぜ、シャインライドとボトムマジックでこれはいけるで!と思ったが
「リップがあるミノー形状のルアー以外不可」ってことに。
え?そんなの無理じゃんってことで他の人がザッガーなどでトップの釣りをする中
エリアミノーイング仕様の太軸のフックをつけたハンクルシャッド65でやけくそトゥイッチするも
全く話しにならず最後シュガーミノースリムでトップで拾って終了。
ミノーなんて全部太軸エリアミノーイング仕様だってばよ!

プチ大会でのヒットルアー。
pic011_2016060618061927c.jpg
パニクラ/越トラオリカラ
マイクロクラピーディスプラウトチューン
ふわとろ
シュガーミノースリム
BF×3
ロールスイマー(自塗り)
ミノー系はフックを重くして少し沈ませ気味にしてのトゥイッチも狙っているので
若干アンバランスなフックサイズだがこれ以下のフックをセットしたミノーがなかったヨ。


その後さらに別の趣向でのプチ大会が一回あったのですが
ちょいとミノーイングの件でよくお会いする人と話をしたかったことと
次回のエリア釣行がまた北海道を予定しているので、前回尻別川での
北海道パターンを復習しておきたくて離脱。その際にその方から「あれ、これ使ってなかった?」
って自分が無くしていたパニクラのカフェコークを見つけてもらいました。
これだけでもう十分です、はい。
今回渡しそびれたけどそのうち使わなくなったヴァンの51フックさし上げる予定。

大会やプチ大会以外の釣果は結局39尾。豆の練習とかもやったので
2時間弱でこのくらい行ったのは当然の数字か。
(今回大会に参加すると1日分のオールリリースでの釣りがOKでしたので
そのレギュレーションでは18mm以下がOKということになっています。
普段の持ち帰りコースでは使用不可。)

大会で紹介していないルアーでのその他のこの日のヒットルアーは以下のとおり。
pic012_201606061833245b1.jpg
パニクラDR(ティモン)
ウェイブラー(ドラゴンフィッシュジャパン)
スマッシュ/アイランドオリカラ(ムカイ9
ちびパニクラ(ティモン)
ディープクラピー/オオツカオリカラ、有頂天他(ラッキークラフト)×4
マイクロクラピー(ラッキークラフト)

下段
BF(ロデオクラフト)
カランバ(バスディ)
ボトムマジック(ジャクソン)
シャインライド(ヴァルケイン)×2
寄熊(メーカー名不明)
【ココニョロインジェクション(九重ルアーズ)】←プチ大会の方で写真に入れ忘れ。

写真に写すのを忘れたが
フォールゾーン(ディスプラウト)
ドワーフ(アールグラット)も追加です。


殉職者
シャインライド×1
ザッガーF1(ビッグファイトオリカラ)×1
フォールゾーン×1
ドワーフ×2

本当はこれにつぶアン、パニクラが追加だったのですが
いずれも拾ってくださった方が居たので難を逃れました。

累計80尾でこの日はフィニッシュとなりました。
大会参加者さん、主催のウキウキランドさん皆様有り難うございました。
時間が合えばイブニングなどにも再び参加できれば、そう考えております。



大会終了後
pic013_201606061913067b9.jpg
駐車場でラジコン飛行機飛ばして楽しむ面々。
多分この写真に小型ラジコン飛行機載っていると思うんだけど
見つけることはできませんでした(´・ω・`)
この写真に写ってはないけど顔が写った写真はみんなやっぱ笑顔。

まぁ、落下して壊れてしまうんですけどね。

pic014_20160606191606412.jpg
帰りは前々から気になっていた大湯の小さな食堂に入ってみました。
麦茶、もうそんな季節になったんですね。



次回以降エリア釣行予定
6月中平日 半日のみウキウキランドへ。
6/19 天気が良ければ北海道へ。
   行き先は北海道森町、濁川にある「プレイ・フィッシュ・プレイス」を予定。
     釣行記もあまりなく管理釣り場のポータルサイト系にも登録がない場所。
     荒天の場合は2週あとにずらしてユーランド清水川を予定しています。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

昔のワームを引っ張りだし

数カ月後に地元のイベントが有るのだがさて、何をやろうか迷っている。
年々過疎化も続き出店側の肉体的負担が増えている一方、
来場者の人や運営側から「変化球」を要望されている。
(昨年は青森県のソウルフード?とも言える源たれの焼き鳥ソースの焼き鳥で
手が全く回らないレベルで大好評だった)
再来週北海道に行くに当たり、函館やその周辺でなにか
いいアイデアとか美味しいもの掴めれば良いなぁ


6/2 秋田県能代市

時刻 21:00→22:45(1時間45分)
天気 晴れ、強風。

ここ最近河口付近でシーバスが好調ということでシーバス狙いに行ってみる。
……………と言うのもだ。数日前に倉庫を漁っていたらこんなものが出てきた。
pic001_2016060323152175d.jpg
マーズR32/カルティバ静ジグヘッド。
そういえばこんなのあったなー。いつかったのかすら覚えてないや。
どれどれ使い方ってどうだっけ?メーカーHP見ればまぁ分かるっしょ。
発売当時確か爆発的なヒットだと思ったし


・・・・・え、ワームの方はメーカー倒産してたんですか。
結構話題になったしっ使ってた人いたはずだったのだが
なかなかわからないものだねぇ、と。

とりあえず他にもいろいろ調べていくと使い方は
「とにかくぶん投げて底に沈めてスローに巻いてくればOK!」とのこと。
でも使うラインは5lb程度にしてください、とな?
まぁエリアミノーイングで使ってるリールにエックステックスコブラ5lb巻いてるから
海水の入ってこない辺りでやってればいいかな?ということで
R32のワームとジグヘッドのみを持って海へゴー。
メバリングの道具やプラグを持って行くと絶対そっちを使ってしまうので
とにかく持って行かない、背水の陣?で挑む。



海到着。

寒い。超寒い。

ここ最近の暑さは何だったんだろうと思うくらい寒い。
ライフジャケット等ある程度風を遮るような服装などはあるけど
それを差し引いてもとにかく寒い。その時点でやる気50%オフ。
それでもせっかく来たからには様子を見て竿を出さなきゃ……・なんて思って
とりあえず目星をつけていたポイントに向かおうとするとなんか柵が。

「熊出没しているため通行止めにしています。」

いやいやいや、まてまて、この森でくま出てるとしたら
市内にクマがうろつかないと無理でしょ?ってなところを
クマが出没している理由で通行止めにしている。えー、何だよ能代市。
通行止めにしている箇所のそばの業者?の敷地の駐車場に
釣りメーカーのステッカー貼っている車が何台かあったので
その辺に車を止めて歩いて立ち入り禁止区域に入って釣っている感じはあったが
行きたい気持ちをぐっとこらえて良識ある釣り人になろうと我慢する。
入るな言われたら入らない。特に柵をはっているような場所なら。
しかしここで5割に削られたやる気がさらにそこから5割減。

しゃーない。超メジャーポイントに入る。
ん?
んー?
ライズ音全く無しですか。
こりゃ居ても相当渋い釣りになるだろうなぁ・・・なんて考えながら
とりあえずワームを装着しダラダラと攻めていく。
ガイド交換したロッドはかなりガイド抜けがよくこのサイズのラインなら気持よく飛んで行く。
スローにスローに、でもストラクチャーに引っかからないように・・・・
意識しながら巻いていくとスコーンという尖ったアタリが。
おっ?これは???

pic002_2016060323315403a.jpg
ぼ、ボウズだけは逃れることができたんでセーフ。

おとなしく海にお帰りいただいてしばらくやってみるも
小さいあたり?で魚が食いきれないような感じの反応しかない。
これはどうもシーバスは居なさそうだなぁ。確か居付きには強いけど
寄せてくるのには弱いんだっけか、なんて考えながら場所移動。
2カ所目でもだらりと攻めてみるがテトラに引っかかりジグヘッドが殉職。
寒いにも寒いし心が折れたのでそこで終了としました。

結局帰りにラーメン花月嵐へよってラーメンを食って満足できたので
そんなに釣りの内容の悪さは気にはならなかったけど
久々に空振りの釣行となりました………ううむ、今年はシーバス釣りたいんだけどなぁ。

シーバスはもう数回は頑張って粘ってみます。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR