久々の渓流はもう秋色で

最近流行りに乗ってポケモンgoをやっていまして
仕事終わったあと1~2時間ダラダラ歩いているせいでどうもお疲れ気味。
朝までぐっすりなせいで最近はちょっと朝が辛い。
まぁ、健康にもいいししばらくはやるだろうけどね。



8/30 米代川水系支流の支流で。

時刻 7:20→8:40(※ほとんど移動時間)
天気 晴れ(風は強め)

台風が来るということでまたしばらく増水が続き釣りができないだろう、
ならちょいと朝の時間を使って久々の渓流へ行こうかなと。
ここ1ヶ月以上渓流に行っていない感じなんだけどソルト行ったりエリア行ったり
いろいろうやってはいるものの、渓流のルアーフィッシングは自分のルーツでもあるので
時々妙に恋しくなっちゃったりするのよね。

じゃぁどこ行こう?と考えてみたけどとりえず春先ちょいと行ってみた
ちょいと小さい川を攻めに行ってみる。
夏は瀬ということで瀬をミノーで攻めて見るとちょいちょいとフッキングしてくるも
釣り座が2m以上有るような場所なので小型魚だと巻いている途中で落ちてしまう。
かと言って、トレブルを使うとキャストミスで伸びきってる草に絡めちゃうと
ジ・エンドにゃんということなのでこのポイントはバーブレスで攻め続けたが
結局3ヒットくらいもキャッチ0。まぁ、仕方ない。
pic001_20160830172002fd1.jpg
流石に目の前がこんな感じだと、ちょっとね。

うーん・・・水量は結構あるのでここは春に攻めるようなポイントはどうか。
てなわけで車をさらに10分ほど走らせあれこれ春のポイントを巡回していく。
ここは・・・草がちょっと。ここも、草、あそこも、草・・・・むむむ。
やれるところがないわけでもない。僅かに残る水面を攻めていく。
この時期は2投も投げてこなければ諦めてもいいだろう。
pic002_20160830172731fef.jpg
こういうポイントはどの時期でも有効だし
何よりもエサ釣り師が攻めにくい感じなのでほぼ魚は残っている。

pic003_20160830172723476.jpg
AR-S#2で。

基本的にトレブルで釣った魚はダメージが大きいのでキープすることにしているが
もう魚は秋色で卵をパンパンに持っている魚なので手で触らず
なるべくダメージが残らないようにさっさと外してリリース。
チェイスがはっきり見えてめちゃくちゃ興奮した1尾。

pic004_20160830173159c9c.jpg
ミズの葉っぱのせいでキャストがしづらい&巻距離がみじかく
フッキングにもっていけなかった。こういう所でメタルバイブを投入したらいいのかな?

ラスト1尾をリュウキで釣ったところでタイムアップ。
チャンスは何度もあったけど結局モノにできたのは少なかった。
pic005_2016083017395308a.jpg
ミノーのリアフックがエラに刺さってしまい魚体にダメージが残ったので
コレはキープしました。

台風は足早にすぎるようで明日からもう釣りはできそうだけど
どうだろうなぁ、川はしっかり増水しそうなのでバスに行くか、
コイにいくかちょいと迷っているところです。

さて秋渓流もあと20日。
今年はかなり釣行日数少なかったから今週来週はいっぱい行きたいなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

1ヶ月ぶりの陸奥湾へ。

ちょーっと夜中まで起きるとなかなかリカバリが難しく
次の日なんかはグロッキーになるあたり歳を取ったんだなと実感する。
その割に"年寄りは早起き"と言われるようなこともなく
朝までぐっすりなのでまだ"おっさん"レベルでとどまっているといったところか。



8/23 青森県平内町にて
pic002_20160825130824200.jpg


時刻 21:20→翌2:30頃 (約5時間)
天気 晴れときどきくもり、風も穏やか。

T氏が仕事休みということで久々に陸奥湾へメバルを狙いに。
能代や八峰町周辺に比べると圧倒的に魚影が濃いので積極的に行きたいが
正直なところを言うと、陸奥湾へ行くとなると距離も結構あるし
高速道路に乗って行かないと運転がかったるいことも有り
釣行先としての選択肢としてみると結構ハードルが高いんだけど
それでも自分が運転しないとなると話は別。人の車に乗ると楽だしね。

現地で青森のN氏と合流。ホームにしている人が居るというのは心強い。
1カ所目、常夜灯があるポイントへ入る。魚影は魚が目視できるレベルで濃い。
さて始めるかな、と道具を用意し始めるとどうもラインが変に絡まっているのか
スプールからなかなか出ない&出るとラインがゴワついている。
前回釣行ではさほど問題なかったんだけどなぁ……と思いながら
調整して釣れ始めている2人に遅れて開始。

・・・と言っても、今回ジグヘッドが1gの月下美人が1つで
残りはダートヘッドのカルティバのジグヘッドが2つ
そして大量にある3gの尺ヘッドという陣容で
どうも前回八峰町へ釣りに行った際にアジチョンヘッドを落としてきてたようだ。
この組み合わせだと困ったときの~で使っているバブルサーディンが使いづらい。
ただ、ポイントとしては根が結構あるので尺ヘッドも使いづらいし
なんとか月下美人のジグヘッド+シュラッグミノー/月下美人ピンテールでごまかす。
ここではそれなりに釣れたが諸事情で別のポイントへ移動することに。

2カ所目は漁港へ。
pic004_20160825161609cec.jpg
泥棒猫にメバルを何匹かとられるくらいには釣れる。
最初は小さいのばかり釣れていたが、先端部に行った時になかなかの良型がヒット。
・・・・・もバラしてしまいもう一回!と同じ所を攻めた時に根掛かりしてジ・エンド。
この段階で軽量ジグヘッドという選択肢がなくなってしまう。
このポイントでは釣果がイマイチで早い段階で見切りをつけて次の漁港へ。

3カ所目も漁港。
このポイントは立ち位置が重要らしくN氏が最初から連発。
自分はぽつ、ぽつと言った感じだったのに圧倒的な差が。
後にワームをお借りしてわかったことだがワームの種類やジグヘッドが
合っていなかったのが主な要因であとは流れを掴んでいなかったことも。

現状4種のワームでやっているのだがそのどれもハズレだったことや
ジグヘッドが重いの一択だったことなど、タックル不足を突きつけられた感じ。
それでも、まだどこを強化していけばいいのかわかってるぶん、
まだまだ行けるという自信もあるので次回の釣行ではその辺をカバーしていきたい。

pic003_20160826151312c85.jpg
釣果は3人でこんな感じでした(※小型魚は全てリリース済み)

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

エリアで20分刻みの練習を。

先日地元の友人らと居酒屋へ。
お好み焼きなど粉物をたらふく食べてきたんだけど
炭酸系をがぶ飲みしてたこともあり家に帰ってから
炭酸と粉が反応してヤバイことに。

教訓:粉物食べるときは炭酸控えめに。



8/21 青森県新郷村「フィッシングエリアウキウキランド」にて。
pic001_201608212304141b0.jpg

時刻:9:10→16:00
天気:雨のちくもり、夕方になるにつれ再び雨。

本当であれば他のエリアに行く予定だったのですが
台風の影響など考えて急遽青森方面に舵を切りました。
(高速に乗ろうかなとおもったら電光掲示板で雨注意が出てたので)

とは言えこちらの方も雨。
雨雲レーダー見る感じでは1時間もすれば晴れる感じだったので
最初さえ凌げば、という算段。まぁ選択が凶と出たとしても八戸市にも用があったし
雷でも鳴ってきたら引き上げて用事を済ませればいいや、という感じでした。

流石に台風の影響に依る荒天のせいか、釣り人は全部で4人。
向かい側(インレット)に2人、自分、Mさん。
今回のこのMさんというのは時々出てくるミノージャンキーの方のM氏であり、
清水川を知り尽くしている某M氏でもなく、
イブニングの大会を勝ちまくっている"夜の帝王"某M氏でもない。
この冠名は私が勝手に呼んでるだけなので異論は受け付けない。

ついでにわけあって
pic002_2016082123135790c.jpg
これらのルアーを戴く。次回釣行でデビュー予定。多謝。
ハンクルシャッドのスパークルクリアは自分の中では超主力ですが
先月だったか、不注意でラインブレイクしちゃったんですよね。



さて。

ここ最近の釣果が非常に不甲斐ないことに非常に悩んでいた。
前回  20尾(半日)
2回前 79尾(1日)※イブニング省略
3回前 37尾(1日)
4回前 47尾(半日)
平均:61尾/day(※半日を1/2日で計算)

実によろしくない。
たしかに今年はめっちゃ暑いのもあるしいろいろ変わってるのもあるけど
それでもちょっと調子が悪いなと感じていた。
原因を考えてみたのだが集中してない散漫な釣りになっているんじゃないかな、と。
きちんと考えて、集中してやる癖をつけないと
惰性でつまらない釣りになるのは火を見るより明らか。
というわけで、エリアでの試合形式を想定してインターバル数分程度で
20分づつ6セット(2時間)集中してやってみようと。

9:10~9:30
水質はマッディ、と行かないまでもかなり濁り気味。
とりあえずどういう方向で行けばいいのかもちょい微妙。過去の経験を掘り起こして
BF0.9g(2015福田カラー) DSディープクラピー ハイバースト1.6g(No.42)
この組み合わせで開始。雨も降っていたし竿は3本で済ませる。
釣果:BF7尾、ハイバースト2尾、クラピー2尾。

~9:55
レンジは明らかに上。しかし雨も振り続けていたしトップだとアピール力が弱いと判断。
1.6gと0.9gのハイバーストとクラピーは続投で表層を意識した使い方を。
釣果:ハイバースト5尾、クラピー2尾。

~10:20
表層が徐々に渋くなり始めたので一気に底を狙うことに。
EIEN(自塗)・リベロ(自塗)・ハイバーストで底を攻めるも裏目に出る。
釣果:EIEN1尾・リベロ1尾。

~10:43
再びハイバーストで表層狙いをと思ったら途中で一輪車放流が入る。
トラック放流とは違い効き目は薄いがそれでも放流系のカラー、
放流系のパターンで時間後半に反応が出てくる。
釣果:MIU2尾、ハイバースト5尾。

~11:05
放流取りと言った感じでもないので折角だしこのローテはトップ縛り。
スピッシュ、ミッツドライ、デカミッツの3つを装着する。
スピッシュもデカミッツも反応が弱かったがW恵比寿のミッツには高反応。
どうもトップはトップでもアピールが弱いほうが出るようだ。
スピッシュ2尾、デカミッツ1尾、ミッツ3尾
(ミッツはデカイのがかかってしばらくやり取りしていたのが原因。

11:25~11;45
途中であまりにも暑くてレインウェア脱いだし休憩したのもあってちょっと間を開けて
最終ローテ。ミッツドライは継続でココニョロ、BFの3種で挑むも結局はトップだった。
ミッツ:5尾、ココニョロ1尾、BF3尾。

午前中:42尾(120分)
他の釣り人がなかなか苦戦気味だったのでまぁこんなもんかなと。
少なくともきちんと集中して釣りができたので数はともかく満足。
いつになるかは分からないが次トーナメント形式の大会へ行くなら
フックを細軸に、ラインは1.5~2.0lb/フロロやエステルに変更すれば
それなりに戦えるとは思うのだがさてどうなることやら。

今回の釣行はキープL券(キープ本数6尾まで)でエントリーしていたのですが
この時点でもうすでに5尾キープを決めていました。
最近あまりうまく行かなかったことも有り40台のもキープしちゃったってのも有りますが
きちんと集中してやればきちんと戦えるんだなということを再確認。
小さな自信を積み重ねることはモチベの維持にも重要だしね。



12時回ってからはフリーフィッシングということでQMでまずデカイのを狙う。
前回の釣行で60アップがでたポイントに入り、底、底、底。ずるずると。
・・・うーん、あたりは出るんだけど釣れてくるのは小さい。
じゃぁ若干見えている中~表層に漂っている良型をミノーで狙おう。
ミノージャンキーの方に聞くと今日はシャッド系に反応全く無しというので
フローティングミノーを中心にローテーションしていくと
pic001_20160822110155c58.jpg
小型から大物までなかなかいい反応が得られる。
基本的にエリアミノーイングはシャッド系を中心に使っているけど
それならということで使ったのがこの自塗りのパニッシュで
pic002_20160822124100b72.jpg
両方のフックがヘロヘロになる程度に釣れてくれました。
明らかに60~70くらいあるブラウンもヒットしたんだけど
フックがヘタっているのに気付かずバラしたのはちょっと後悔している。
カランバにもフックに乗らないようなサイズばかりヒットしてくるし(ヴァン41 #1番フック)
どうしたもんかなと考えたところで12時になり対面に居た2名が帰宅。
2人で池貸し切り状態になる。

リミットまでは残り1尾。できたら大物を狙いたいがシャッドは今日はいまいち。
途中想流シャッドでは何尾が取れたのでHNKLシャッドのような
ボリューミーなシャッドではなく手持ちのフローシャッドやシャッティングXなら
取れないって言うわけじゃないだろうけど・・・折角フローティングミノーが効いてるなら
それを使って獲ってみるってのも悪くはない。

しかし、フローティングミノーでゆっくり表層をまけてしかも大物実績があるルアーか。
となると・・あれか。と思い取り出したのはアーキテクトのデスロール。
コレをインレットをまたぐようにキャストしてドリフトさせると・・・・・はい、一発。
その後は小型が続いたが12:40分、リミットメイク終了。+18尾。
そこから2時まではミノーイング縛りで12尾、
終了までは餌池であれこれだらりと適当にやって27尾。
本日のトータル99尾で終了となりました。
もうちょいで100行ってたんだな。
今回まとめてカウントしたのではなくチェックポイントごとでリセットしていたので
一日のトータル本数自体は全くわからなかったのよね。

ヒットルアー一覧
(スプーン)
pic003_201608212342519aa.jpg
上段左から
MIU/自塗(フォレスト)
ドーナ(アングラーズシステム)
QM/2015シグネイチャーカラー(ロデオクラフト)
スイッチバックスプーン(ヒーローズ)
EIEN/自塗(アングラーズドリームバイト)
メビウス(フォレスト)
ハビィ(アイビーライン)×2

中段
ハイバースト/オオツカオリカラ他(ヴァルケイン)×7
SC-R/自塗(ドラゴンフィッシュジャパン)

下段
クワトロスプーン(ジャッカル)
リベロ/自塗(アールグラッド)×3
BF/シグネイチャーカラー他(ロデオクラフト)×3
ジギル(ロデオクラフト)

(プラグ類)
pic004_20160821234253264.jpg
(左上から)
プリラ(ザウルス)
デスロール(アーキテクト)
イーグルプレイヤーF+(ディスプラウト)
クラピー/自塗、オオツカオリカラ、DS等(ラッキークラフト)×5

中段
ココニョロ/自塗(九重ルアーズ)
スピッシュ(ノリーズ)×3
ミッツ/オオツカオリカラ(ティモン)
デカミッツ(ティモン)×2
想流シャッド(ジャッカル)
パニッシュ/自塗(スミス)

下段
バズボール(ザクトクラフト)
シャインライド(ヴァルケイン)×2

イーグルプレイヤーはMRだと全然ダメだったのが
F+にしたら段違いでバイトしてきたのが印象的。


ヒットルアー分布
pic003_20160822154800a9d.jpg

全体的にハイバーストがいい仕事してくれました。

殉職者
シャドウアタッカー×1 ヒットと同時にラインブレイク。
後半はボトムが良かったかな。

今回はそんなところで。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ようやく釣り再開。

繁忙期も一段落したので釣り再開です。
ただ今月末の日曜と来月初めの日曜日、
そしてお彼岸時期は釣りに行けないので本格的にエンジンかかるのは
その後からかなぁ?ってそうなると渓流が終わってしまうんですけどね。



8/15 青森県新郷村 フィッシングエリアウキウキランドにて。

天気:確か晴れ
時刻:9:00→12:00

pic001_2016081711153114b.jpg

今回の釣行はまたちょっといろいろ有りましてレクチャー側です。
それと画像は写真とってる暇が殆ど無かったので1枚のみです。

数日前の話。
時々連れて行っている人から提案が。
「とある釣り人がニジマスを釣ってみたいと言っているので連れて行ってもいいか」
ふむ、その人の名前は地元の釣具店で昔に行われていた黒鯛ダービーで
名前だけは伺っていたし釣りの知識はあるので問題無いだろう、と判断。
そういうわけで今回は2人の様子や釣り方を教えながらあわよくば、という釣りを。
メンバーは自分、A氏(70代)、K氏(70代)となかなかエリアフィッシングでは
見かけないような組み合わせになりました。

とりあえず手持ちに有る使えそうな道具は持ってきてもらったんだけど
鯛ラバロッドに5~10gのスプーン数枚(バーブ有り)だったので
道具は全貸与の方針を決め、あとは投げ方の利き腕の有無や
キャストがしっかりできることを確認してステラとブロンズウルフを貸与。
いつも連れて行ってるA氏にはワンランク落として自分が主に使っている
シンクロナイザーとヴァンキッシュでやってもらうことにしました。
前々から言っているけど、初心者やあまりうまくできない人ほど
必要なのは良い道具、安心して使える道具で
そういう道具は往々にしてトラブル回避能力が強かったり
魚がヒットした時に腕をカバーしてくれるから見ている方も手がかからない。
ある程度やれるようになれば別に海用のパックロッドでも釣れるでしょ?
ってのが持論。まぁ何かあって折れても今アジ・メバルに使っている
ネクスティーノをエリア用に配置転換すればいいだけだしそれも折れたら
用途なしで転がってるトラパラやらイトウを釣り上げたszmの竿もあるし。

ついでに自分はアジストでスプーンの練習を中心に自分の苦手な
スプーンの練習を中心にロッドをとっかえひっかえしながら
レンジを探っていってルアーを提案する方針を。



最初のルアーは好きなのを選んでもらって、選んだのは
一人はウェイブラーのカニミソチャート、もう一人はクラピーHWのカフェコーク。
自分はスピッシュでトップの様子を見てそこからノアでタナを刻んでいく。
トップで魚がボコボコ出てくるなら視覚的にも楽しいし簡単だからね。

やった感じだと魚は上には出てくるけどトップには、といった所。
スプーンで刻んで1尾取れたのでうーんうーん言ってた一名のルアーを
ココニョロ/自塗りに変更したらポツポツと釣れ始めたのでこれでOK
今日は周りの釣り人もそんなにガンガン釣れているわけでもないようだし
なかなか今日は厳しい感じのようだ。

ぽつりぽつりと釣れながらも連発することもなく
うーん、どうしたもんかと考えていたところで放流が入る。
平日にトラック放流があるのは思いもよらない幸運。
一人はロールスイマー2.2g、一人はファクター1.6、自分はMIU2.8g
それぞれ違う重さのタイプを使えば対応もしやすい。

今回の放流は・・・・・・・全く効かない。
あれ、放流したの?と思うくらい魚が働いていない。
放流系ルアー投げればバンバン来るはずなのになーなんて考えたが
そうは行かなかったようだ。無論、放流が入ってもなかなか効かない、
そういうことは過去に経験してるし(直近では鱒職人に参加した時
放流箇所から遠いから我慢するしかない、といってポコポコ来始めたのが20分後。
この三人だと一番良かったのは1.6gもファクター。
時々ある放流したけど早巻きでは効きづらいパターンか。
数尾とったあとセカンド、サードとルアーを指定して投げてもらうと
一人のQM/2014シグネイチャー安塚カラーに連発。
初挑戦にして60台をキャッチしてリミットメイク。(M券なので2尾)
もう一人もちょいちょい、と釣れ始めてなんとか今日連れてきた面目躍如といった所。
QMは以前釣り初挑戦の友人をつれてきた時も良型をキャッチさせることに成功したりと
自分みたいな邪念を持って巻くような人以外にはいいと思うんですよね、はい。
それで大物4連発に小物挟んでドーナで更に大物2連発させて
エリア初挑戦にしてこの日一番大物を釣ったと思う数キャッチさせることができて
自分としてはまぁなんとかうまく行ったかな、と。
(コレでエリアに嵌ってもらえばただで釣りに連れて行ってもらえるんだけどなぁ・・ぐへへ)


まぁ自分の方は放流前はBFなど、放流のセカンドはノアで取って、
最後30分は2人好きな様に釣らせながら更に横で釣れなくて飽きていた子供に
釣り方レクチャーしたり(しかし、そういいながら魚が釣れなかったんだけど(´・ω・`))
ミノーイングを時間切れギリギリまでやって大物狙ったりしていました。

自分個人の釣果としては2人のルアーの指定や絡まりの指摘、
ルアーチョイスからやっていたんで集中力が足りなかったせいか
イマイチな結果に終わりましたけどまぁ、こんなもんかなといった所でした。


釣果:20くらい
同行者2名もリミットメイク成功。

ヒットルアーは残り2名が使用したものと混ざってしまったので紹介無しでおねがいします。

あとはスマホで撮った写真を現像して本人と行きつけている釣具屋さんにおいてきて
次回釣行に向けた再調整を行わないとね。



次回釣行予定
8/21 たぶんユーランド清水川
9/11 函館
9月~11月 鯉釣り
10月末 尻別川FA
10月1日~10月20日 ヒメマス(十和田湖)
十和田湖畔の道路の冬季閉鎖以降は昨年通り
ロックフィッシュ、ユーランド清水川、岩姫を中心とした釣りになる予定。
またロックフィッシュは今年は陸奥湾への冬の釣行をしたいと思っています。
関東遠征は・・・・まだその日になってみないとっていうところですかね。

昨年はいけなかった奥入瀬川のサケ遡上調査ですが
昨年で実施終了ということで残念ながら今年はいけません。
(詳細記事:奥入瀬川のほとりから

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

マイクロメバルでなんとかボウズのがれ。

あつい。
とにかくあつい。

・・・・・・・・暑くて何も気力がわかないからとっとと本文いこう。



8/4 八峰町どこかの漁港にて。

時刻 21:00→23:50(2時間50分)
天気:曇り?

こう暑いと家にいてもアレだし
外ぶらついてくるにも今日はアンダーウエアが洗濯中だし


・・・・・海行くか。
昨年の記録を見ていくとこの時期にはすでに豆アジが入っているようだ。
それなら久々に肩の力を抜いて豆アジに癒されに行ってこようかなと。
数日前にT氏が言っていたこともちょいと気になっていたし、と。

pic001_20160805174616f90.jpg
おお、昨年も居たネッコじゃないか。
不思議なもので猫に遭遇した時はボウズで帰ってきたことが(たぶん)ない。
逆に考えてみると餌をくれる釣り人がいるから猫がいるってのもあるかもしれない。

さて、水面をよーく観察してみる。
透明度は高い。
ベイトらしき5~10センチくらいの小さなアジは居る。
それと小さな小メバルかな。若干水面にライズっぽいのもあるし過去の経験から
ミノー表層巻きすると水面近くの小魚を食べにメバルが来るはず。



・・・

・・・・・

…………こない。
このパターンは違うというのか。
となるとグラスミノーを取り出しアジチョンヘッドで表層近くを泳ぐ小魚を演出してみる。


・・・・・・・うん、コレもダメ。
もしかして表層近いプランクトンを狙ってライズしているのか?
そう思い月下美人のビームスティック(ケイムラクリア)やシュラッグミノー(クリアーホロ)
など、クリア系のワームで表層~中層を引いてみるけどコレまた全く反応無し。
近くに子供連れがやってきててサビキで小アジが釣れていたのを考えると
全くアジが居ないというわけでもないし、細かくカツカツと言った感じのバイトも
出ることには出るのだが肝心なフッキングは0。ボトム付近も全く反応がないどころか
ゴミか何かに絡まってジグヘッドを失う。

こういう「解」が見当たらない時はやはり移動に限る。
300mほど移動して常夜灯の下に入る。
pic002_20160805181432193.jpg
なるほど、泳いで水面を騒がせていたのは5センチ足らずの
大量のイワシの大群だったか。しかもスイミーもびっくりレベルの群れ。
ルアーに無反応なわけだ。
しかしよくよく目を凝らしてみてみると、はぐれたのを捕食する魚が
ちょいちょいと見える。アジか?ソイか?メバルか?
かばんの中からメガバスのX-30を取り出して群れから逸れるように操作していくと
コツコツと言った反応が多数。でもどうもフッキングしない。フックの向きが逆だったか?
(シングル・バーブレスフック使用)
じゃぁ再度ピンテールワームでやればどうか、と思い
アジチョンヘッド1.2+ビームスティッククリア(ケイムラ)で狙うと更に高反応。

で。
pic003_20160805191554502.jpg
ちっこいメバル。
それでも今日はボウズを回避できた
それだけでもう今日はいいや・・・・・・・・。

まぁこういう日もありますね。
他にも幾つかここはどうだろう?という開拓もしてみたけど
総じてスカだったが潮が悪かった可能性も考え後で改めて回ってみようと思う。
8/10あたりからは1週間ほど繁忙期を挟むのでこの辺でガツンと何かいい魚を
ヒットさせることができればまた秋に弾みがつくのだがさてどうするかな。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

短時間一本勝負で。

秋田県はポケストップの密度が全国最下位だとか。
そんなポケストップ過疎地の1プレイヤーなのだがあれこれ教えてもらい
密集地(と言っても3箇所集まってる所だが)を2時間ほど歩きまくったせいで体ヘトヘト。
でも運動しなきゃなーなんて思っているのでゲーム云々は別として
コレをきっかけとして少しでも体動かしていかなきゃね。


8/3 近くの自然公園にて

時刻 8:30→8:50(20分)
天気 くもり

本当は渓流で短時間一本勝負をやろうと思っていたのだが
ここ最近の不安定な天気のせいで濁流がマッハなため今回はブラックバス。
30分以内で一匹釣れたら今日は良し。
30分釣れなかったら今日はダメな日ってことで撤退。
そんな感じで開始して1回めはフッキング失敗したけど
2回めのバイトチャンスで
pic001_20160803123206a80.jpg
フリックシェイク4.8"/ノーシンカーリグ
まぁいつもどおりのタックル、いつもどおりのサイズって感じだね。

正確には釣り開始18分で2バイト1キャッチかな。
ちょいと早めに終わったので今年3度目のゴミ拾い。
pic002_20160803124710a33.jpg
比較的最近拾ったばかりなので数は少なめ。
珍しくタックルベリー系のゴミが少なかったかな。
この箱は青森県で展開している萬屋グループ系の中古ルアーの箱かな

7月にゴミ拾いした時は
pic003_201608031248112ec.jpg
殆どがタックルベリーのゴミだったんだよね。
同一人物なのかしょっちゅう散乱しているのを見る。

まぁ、自分は意識低い系なんで釣り人が残してあろうゴミ程度しか拾わないし
その理由だって釣り人のゴミのせいで釣り禁止になったら嫌だな程度で、
環境美化団体のボランティアみたいな崇高な目的を持ってやっているわけじゃないんで
そのへんはあしからず、ってことで。


・・・・それにしても中古ルアーのパッケージが結構あるけど
自宅で開封してフックのチェックとかやらないのだろうか。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

急遽イブニング参戦するも準備0どころかマイナス開始で

エリアフィッシングから帰ってくると即フックチェック→道具の整理と
そういう段取りを習慣づけているが流石に疲労困憊の日は避けている。
年に2度か3度あるかないかの頻度なんだけど今回はそんな日でした。


7/31 青森県新郷村「フィッシングエリアuk」にて。
pic001_20160801160918e64.jpg

時刻 9:20→18:30
天気 快晴/夕方曇り、一時小雨程度。

週間天気予報などから地元のエリア釣行に舵を切っていた。
今回、炎天下の下アンダーウエアを着てどのくらいやれるかをチェックするのが目的。
今まではTシャツにジーンズのパターンがメインだったのだが、
この時期になるとアブやブヨなど害虫に悩まされていたのと
やはり発汗などで体がべとつきやすくなっていたのでなんとかできないかと考え
薄手のアンダーウエア上下を着用して試してみよう、ってのが今回の趣向。
前回北海道釣行でブヨに悩まされたので秋口の2度の北海道遠征を見据えての
着用という感じです。



釣り開始時は日曜とは思えない少人数で全体でも6人程度。
あれ、今日はイブニングの大会あるはずだけど大会で見たことある顔が居ない。
水質は朝の時点ではかなりのマッディレベルだった。
pic001_20160801233823443.jpg
写真じゃちょっとわかりにくいかな。

みんな田んぼ側に入っているのでとりあえずインレット側に入って開始。
マッディな状況というと初めて尻別川FAへ行った際雨上がりで濁っていて
その際は膨張色系がよかったのを思い出してノアシグネイチャー2015/福田から開始。
なるほど問題なく釣れる。まぁ、この辺は釣れて当然か。
ただその後が続かない。激しく、かつしっかりアピールできてゆっくり巻けるものねぇ。

・・・・うーん?スピナー?
あまりエリアではスピナーを使う人は少ないと思うが
立ち上がりもよくしっかり巻けるAR-Sはエリアでも十分有用なのは経験で知っている。
インレットの流れの消えるあたりに投げ込んでゆっくり巻いてくると・・・ほらね。
いい感じでポンポンと出る。それでもどうも濁りが結構きついせいなのか
しっかり魚がチェイスしてこないのかよくわからないがどうもルアーの当たり外れがある感じ。

10:10までの50分で約10尾とスローなスタートになる。
ボトムが出るんじゃないかなとちょっとしつこくやり過ぎて結果が全く出ないのが要因。
10:30放流開始。
ロールスイマー2.5gで開始もなんかちょっと反応が悪いので
QM2.8北関東鉄板に変更したらまぁドンピシャ。
QM(北関東鉄板)→ハイバースト(自塗)→ノア(自塗)→リベロ(自塗)→
あれ、隣のインレット投げてないやんってことでハイバースト2.4(FS.01)でまた再度拾ったり
まぁ何投げても釣れるのはいつものウキウキっちゃウキウキなんだけど
なんせ気温が32度な上ピーカン照りの下
水質はいつもと違うマッディなので空振りも結構多くてなんか放流ですら「これだ」
と言ったパターンを掴むことができなかったのはちょっと残念。
午後からは若干水質も我慢できるようなレベルになってきたのか活性もやや上がってきて
それなりに魚が出てくる感じになったことも有りそれなりに暑くてもやる気が出てくる。

朝はトップですらほぼ出なかったものの徐々にトップでも出始める。
ただ今回はスピッシュがない。こういう時はあのポップ音が心強いのに・・・
なんて思ってふと目に止まったバズボールを強めにアクションさせてみると
ああ、なるほどこういう日はしっかり音のするもののほうが反応いいのね、と。
でもこのバズボールと言うルアー、とにかくフッキングしないのが苦しい。
魚は結構出るんだけど・・・・・魚のわき方の割には釣れないのはなんとかならんのかな。
レギュレーション的に不可能だが、もしトレブルだったら最強クラスなんじゃないかなと思うくらい
状況によってはかなり魚を集めれるルアーだと思う

昼もまわりちょくちょくと知っている人がイブニングの大会のために来はじめ
2回めの放流をはさみそこそこのペースでは釣れていくけどパターンはつかめない。
アキュラシーの自塗りで7連発したくらいか?
ボトムはこの日ほぼ全くといったレベルで効かなかったし
クランクなんかも正直微妙、トップはまぁそれなりに?と言った感じ。
pic002_201608020012182c2.jpg
苦しい中でもそれなりのゴロゴロに肥えたブラウンをヒットできたのだけは印象に残ったが
とにかく暑い。口を開けば「暑い・・・あつい・・・(ゼーゼー言いながら)」
こんな感じで正直2時半あたりですでにもう今日はいいかな・・・・といった感じ
途中ではかき氷食べながらの釣りをしていました。
pic003_201608020021530c0.jpg

今回はM券だしリミットは揃っているしそれなら餌池のほうにミノー持って・・・
そんな感じで軽くミノーやって帰ってきた時に気づいた。


釣った魚めっちゃ逃げてる!
魚が大脱走していました。気づいたのは15時回ったあたり。
見てみると大型は2匹、小型の殆どに脱走されてました(´・ω・`)※今回はM券
問題はこの時にパターンをつかめていなかったことと
現在の水質の状況があまり経験したことのない状況だったこと
加えて先月?の清水川釣行後から大幅にタックルを変更したことなど
まちがいなくリミットを達成できない条件が重なっていた。

結果的にはリミットには2尾足りない合計2尾。
小型も20尾バーベキュー用にサイズ揃えてキープしたのに残ったのは5尾。
おかしい、おかしいぞ。こんなはずでは・・・・・。



まずここまででのヒットルアーの紹介から
pic004_2016080200241553b.jpg
(上段左から)
ロールスイマー(シマノ)×2
サタン(アールグラット)
リベロ/自塗(アールグラット)
アキュラシー/自塗(なぶら家)
QM(ロデオクラフト)
ハイバースト/オオツカオリカラ(ヴァルケイン)
ハイバースト/自塗(ヴァルケイン)
MIU/自塗(フォレスト)
B-1/Dオリカラ(メーカー不明)
ペンタ(アイビーライン)
ハビィ(アイビーライン)

(中段左から)
ノア・ノアjr/自塗、シグネイチャーなど(ロデオクラフト)×7
AR-S(スミス)

(下段左から)
ジギル(ロデオクラフト)
BF/シグネイチャーほか(ロデオクラフト)×7

pic005_20160802002416a88.jpg
(上段左から)
DENS70MDF/MATカラー(ハルシオンシステム)
フローシャッド(ジャクソン)
シャッティングX(メガバス)
ザッガーB1(ハンクル)
クラピー/自塗(ラッキークラフト)
イーグルプレイヤー/越トラオリカラ(ディスプラウト)

(下段左から)
シャインライド(ヴァルケイン)
マイクロクラピー/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
ミッツ・デカミッツ(ティモン)
バズボール(ザクトクラフト)

殉職者:なし
夏の清水川用にタックルの殆どを4lbフロロラインに変更したことも有り
連続でヒットさせても一度もラインブレイクを起こしませんでした。


ヒット分布
pic006_20160802003843411.jpg
合計79尾。
どうもクランクで思ったほど伸ばせずスプーン頼りになった感じ。
レンジは表層気味を攻めるのが一番出たかな。
トップは午前はほぼ厳しい感じで避けていたけど午後からはライズも多く
それなりに出るようにはなった感じ。でもいつも程ではない。

次回釣行になるまでには水が澄んでいればありがたいのだが。




終わり気味の時に
「え、マジでイブニング参加しないとかないわ」とか
「今回出場者少ないから参加してくれ」とか
あれこれ言われまして全く準備どころか大物用にチューンしたタックルで参加することに。

本来の予定はこうだった。
この炎天下のもと汗だくになったのと仕事の疲れ
そして8月の繁忙期に備えるために16時でさっさと切り上げて
ホテル鹿角の日帰り入浴でしっかり体もみほぐして疲れを抜いて帰るつもりだった。
(ついでに営業時間は18時まで。)

お風呂の道具も用意してたし本当に全く参加するつもりはなかったのだが
まぁ、こういうこともあるよねということで更に延長2時間で急遽参加。
参加者は10名。レギュレーションは一般的なトーナメント仕様です。

急いでイブニング券を購入、脱走されてリミットに達しなかった魚を見せてから参加へ。


・・・・・・・さてどうしようか。
タックルケースを開けると使用済みのルアーがぶっ散らかった状態。
タックルも全くトーナメント仕様の設定にしていない。
(ナイロン6lb、フロロ4lb×2本、2lbフロロ×1本)
まずミノーイング用のセッティングは使いものにならない。
まわりは間違いなくトーナメント仕様で参加しに来ているだろうからまともに見切られずに
操作できるのは1.5lbフロロ一本しかないか。
(参考までに前回大会ではフロロ1.5/フロロ2lb/PE3lb+2lbリーダー/エステル2.2lb)
何よりも鱒職人の大会後はほとんどのフックを普通のヴァンの31もしくは41に
刺さり重視よりもコスパ重視に変更したことが一番の変更点になるのかな?
先を見越した釣行計画で変えていたのが仇となるとはなぁ。

pic008_20160802100819a49.jpg
とりあえず大会開始。20分×5ローテかな?
1ローテ目開始。ラインが切れている竿が2本。でも流石にミノーイングセッティングを
使うわけには行かないのでスタートには間に合わなくても他の2本のセッティングを先行。
まわりがバカスカ釣り始める頃傍らではライン結束していました。
そして終わる頃にはすでに勢いが落ちているというザマ。

トップで出ているようなので午後良かったバズボールを手に取る。
pic007_20160802100950e3d.jpg
フックが開いているので使用不可。
えーっとデカミッツなら・・・・・・げっ、こっちもフック開いてる。
ボトムにつけずミドルレンジでシャインライドをダートアクションさせ……コレも伸びてる!
ふと横を見る。
しめた、このカラーに似たココニョロは俺も持ってる
と、おもむろに自分で塗ったグリーングローのココニョロを装着。
第一投でイトウにスレがかりして無事ラインブレイク。あほか。
他のココニョロの自塗カラーでは他にはヒットもなく1ローテは1尾(´・ω・`)
この時点でまぁダメだろうってのははっきり感じたしもうどうにでもな~れ状態。
日中に使用済みのルアーはヒットルアーでも全部見切る。
いちいちフックチェックやって交換している暇はない。
それ以前にルアーケースの中に散乱していて漁るつもりもない。

第2ローテから第四ローテまでクラピー、パニクラ、ウエイブラーで取る
日中の釣りで明らかにこの手は反応が悪かったが
まぁイブニングでも同様反応はさほど良いっていう感じではなかったかな・・・・。
加えて、マイクロスプーンを使おうにもフロロ4lbでは水流に流されやすいのか
浮き上がりがめっちゃ早かったりしてマイクロスプーンのたぐいも諦める。

第5ローテ、もうどうにでもなーれ的な状況でハイバースト2.4/FS.01をぶん投げて
ダダ巻してきたら連続で釣れたりもしたけど結果的には9尾としょぼい結果に。

ヒットルアー
pic009_201608021054586e3.jpg
マイクロクラピー/ディスプラウトチューン
パニクラ/越トラオリカラ
ウェイブラー ×2
クラピー
ハイバースト

殉職者:ココニョロ/自塗×1
イトウにスレがかりしたのでスプール押さえて切りました。


結果的には最下位でした(´・ω・`)
女々しいけど反省点というか言い訳というか。
・炎天下で疲れたままイブニングまで参加すると疲労で集中力が持たない
 →他の参加者は主に午後からプラを兼ねてパターン探ってた一方で
  全くそんなのお構い無しでミノーとか投げてたんだよね・・・

・やっぱり太いラインだと上手い人らと並ぶと圧倒的に釣果が落ちる
 →秋の初めの北海道遠征およびユーランド清水川で安定してキャッチできるように
  4lbラインにしてたんだけどやっぱはっきり差がでるね。
  その差を埋めれるだけの技量は私にはありません。

・リリーサー、カウンター、リングオープナーそれも持ってきてないとか舐めてるとしか・
  →リリーサーは自宅に忘れてきてました┐(´д`)┌
   致命的なのはリングオープナーでそれを忘れてたため
   途中でのフック交換ができず日中の釣りで使ってたルアーの大半が使用不能に。
   爪で開けろ?あたしゃ年中爪は短く切ってるんだよ!

・イブニングは効くカラーの幅が予想よりも狭く全く対応できなかった
  →グリーン系とクリアカラーのプラグが有効に見えたが
   グリーン系のココニョロは殉職。クリアカラーのプラグはトップはフック曲がってたし
   残りのプラグもあまり良い反応はなかったね・・・

・使用済みのルアーを仕分けしておくシステムが必要だ
  →ルアーがぶっ散らかってたせいで使いたくても使えなかったルアーがいくつか。
   ただ、ルアーケースにそのまま戻すとフックチェックできなくなるので
   別途使用済みルアーケースを作るつもり。

・フックは31のノーマルや41のノーマルと細くフッ素加工したものじゃ圧倒的な差がでる
  →大会など参加するつもりは全く無かったのでノーマルフックに交換
   節約節約なんてやっていたけど釣れる魚の数も節約になってました。
   なんだかんだでフッ素は偉大。

・やっぱ競技の時はPEとエステルがないとダメだなー
  →感度重視のラインはやっぱそれなりに違ってくるのをまざまざと知った。
   普段使いにはエステルは正直厳しいがここぞで使うラインとしては
   コレ以上の適任がないレベルと感じている。
   替えスプール一つかって巻いておこうかなぁ?

このくらいですかね敗者の弁は。
あたしゃ器が小さい人間ですから言い訳なんていっぱいしますよ!ちょっと悔しいし。
いずれこの経験も何かに生きていくと思っています。

次回釣行:もしかしたら近日中どこか行きます。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 0/10
釣行日数 0/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等 0/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR