久々に上浜釣り堀センターへ。

徐々に朝の早さに慣らしていかないとなーなんて思うけど
今時期早起きしても1文の得もないんだよなぁ・・・
まぁそんなこともあとすこしで釣り三昧のシーズンに入るんですがね。

今年のネイティブ方面は"欲張りセット"を用意しました。
pic001_20170329205407ef8.jpg
"欲張りセット"と言うのはつまりサクラマスの水系券にしたことですね。
例年は所属する漁協のみの範囲で行使できる券だったのですが、
デイシーバスを今年やってみようかなと考えていたので
ならば現地の監視員とトラブルが起きにくいよう、サクラマスの水系券を買いました。
河口付近ではシーバス狙いの人の遊漁券云々で毎年揉め事が起きてるとか。
自分はまぁそんなのめんどくさいってのも有るし、購入したことで1尾でも多くの
サクラマスの放流資金の糧になれば、と考えました。


てなわけで今回は久々のエリアフィッシングの話


3/26 秋田県にかほ市「上浜釣り堀センター」にて
pic001_20170327223723969.jpg
天気:快晴
気温:7度位(昼)

前回が2015/7/24なので、約1年8ヶ月ぶりの釣行になります。
前回釣行時は自分以外に釣り人もおらず、ほぼイレパク状態でした。
さて、今回は?


釣行内容になる前にちょっとしたタックルの変更を書いておこう。
今回から汎用フックをダイワのプレッソマルチ、プレッソショートマルチに変更。
ここぞでヤリエやアイビーラインのフックに変更する算段。
なぜって?そりゃある程度の軸の太さがあって刺さりもよく、大物も無難に処理できるからだ。
カルティバのSBL47をこの位置づけにする予定だったのだがいざ使ってみると
あまり満足のいかなかったので何か代替を、ということで白羽の矢を立てたのがこのフック。
結論から言うと結構満足してます。入手も楽だしね。

ラインにも手を加えました。
今回からこちらのラインを使用しています。
pic002_20170327225342866.jpg
シーガーフロロマイスター3lb→サンラインパワードへら奏0.8号
   同              →シーガー筏チヌスペシャル1号。

まぁ明らかにルアーラインでない2種を使っています。
というのも、先日展示会でラインメーカーさんと話ししたときに
私「細くて強靭で、しなやかでルアーに使えそうな糸ってあります?」と聞いときの話を
色々かいつまんでいくことになるのですが
基本的にルアーラインと言うのは「断絶保証」をしなくてはならない。(国際規格)
コレは4LB表記のラインというのは4LBで必ず切れなくてはならない、ということ。
ルアーラインに書いてある○LB.testってのはコレ。
また、「号」というのは基本的に糸の太さを指すもの。よく4LB=1号と認識されているけど
実際は4lbと1号ってってのは全く違うことなんですね。また、強度を考えると
ある程度伸びのあるもののほうがためが効くのは明らか。
選択肢としては号表記のラインで、ナイロンラインという選択肢になる。

じゃぁ、メーカーとして一番神経質にラインの質を整え無くてはならないのは何か。
まずは磯。そしてヘラ、鮎。ナイロンの場合、伸びっぱなしになってしまうと
棚がボケてしまい思ったレンジに届けることができなくなる。
その為技術の粋を集めて伸びてもしっかり瞬時にもとに戻るラインは必要になる。
しかし残念ながら磯用ラインでは一番細くても1.5で太すぎる。
また、鮎ラインだと巻き数が少なすぎる。
というわけでおすすめされたのはへらびとというラインだったのですが
ここはあえて最高級のへら道糸ラインを使ってみようということで「奏」を購入。

コレも先に使用した感想を書いていけば
サンライン奏0.8+シーガーグランマックス0.8の組み合わせで使用したけど
やばい、かなりやばい。全く切れる気がしない。
コレほど心強い強さは久しぶりという感触だった
(※ナイロンのメインラインですが色が付いているので3mほどリーダー取りました)
使っていてもこりゃ強いなってのがはっきりわかった。
今回一度結束部からほつれてしまったがラインそのものから断裂する気は全くでない。
あえて注文をつけるとしたらガイド通りがあまり良くないのだが、
そこは本来の用途とはかけ離れた使い方なので仕方ないと思う。
まぁ、価格帯がグランマックスと同じランクなのでそのくらいはやれてもらわないと
ちょっと、ってのもありますけどね。

それもコレも春以降のエリアフィッシング、とりわけホームにしている2箇所と
今年もやります北海道遠征を見据えてのパワー系タックルの選定も行いたかった。
あれこれググっていくと、上浜では1.5lb程度の細糸での繊細な釣りが
トレンドになってはいるようだが、ここは釣果が落ちたとしても
力こそパワー、パワーこそ力ってことでパワー系で攻めることにした。

同時に、今季から渓流でカバーがきついポイント攻めに使用する
ミニバチの使用感の再チェックも同時に行いました。
ということで今回の釣行記はここから。



到着は9時。
車はひい、ふう・・・・・おいおい、めっちゃ混んでる!
これまで3度上浜にはお邪魔したのだが一番混んでたときでも1桁だったと思う。
後に秋田市の某釣具店の店長さんから話を聞いたけど
「上浜ここ最近めっちゃ人気出てるよ、特に酒田とか山形県中心の人が多いね」
確かにバスにはまだ早いし磯モノも早いし、川もまだ解禁日前だし・・・

9:10 受付してまずは大物池は向かう。
ハイプレッシャーの状況でしっかり大物池で魚と勝負するのはまだ無い。
まずはここで一匹釣ってからメインポンドに移ろうと考えていた。
pic001_201703280730440cf.jpg
水は相変わらずの超クリア。
でも木陰にはそこそこ魚が見える。
コレはなんとかなるかな?


pic002_20170328073046862.jpg
なんとかするのに15分以上かかるやつ。
確かノア→BFとやったけど追うどころか全く興味を示してこなくて
でもクランク投げるにも水深が浅くて・・・・じゃぁってなわけで
カランバ取り出してフックサイズ下げたらどん、だったはず

シルエットの大きさから大物用と思われがちのカランバだけど
フックサイズを#6に下げるとレギュラーマスもしっかりとれます。
最初からついているのは多分ヴァンの#2だと思うけど
個人的にはカルティバSBL47#6がベストマッチだと思う。

まぁレギュラーサイズではあるが一匹釣れたのでメインポンドへ。
それなりに釣れてはいる感じ・・・だがとにかく透明度も高いしプレッシャーも強いので
ノアjrから開始。ダメー
じゃぁBFは?ダメー
グレッチ使っちゃうよ?はいダメー
なるほどザワールドの愛川欽也ばりにダメ出しが続く。
近くでは釣れているのに自分は全く反応無しで50分位ノーフィッシュ。
いっその事ボトムはどうか?と思いシャインライド投げるとコレは好反応。
ならば・・・ということでミニバチにペレスプバンプを装着。はい、正解。
コレがもう一投一匹。ボトムにつけてからのデジ巻きが非常に有効だった。
まぁ、きっとフォールゾーンやエグザなど投入するともっと楽だったんだろうけど
そこまでルアーサイズ下げると飲み込まれるかなーなんて。

14匹くらいほぼ連続で釣れたあたりで近くに居た釣り人が
「あれ邪道だから、オレは正攻法の巻きでしか釣らねーんだわ」とかっていう嫌味聞こえたが
はいはいそうですかと聞き流しながらもじゃぁ巻きでも釣ったるよ!
ってわけでシュヴァーンとハビィとスピッシュで取ったあたりで
インレットがいい感じで空いたので移動。散々叩かれた場所だけど
この辺に漂ってる魚めっちゃやる気が感じられないので潮時とは思ってた。

と言うのもだ、回りで結構叩いていることもあって
やる気のある魚が中央付近に多く、そこに投げれるかどうかで
どうも大きく釣果が変わっているのに気づいていたから。
入った場所は左右から大きくキャストされるためなかなか中央まで
ロングキャストするのが難しかしく、気難しい魚ばかり相手せざるを得なかった。

インレットちょい下に入る。
いやー、さっきと打って変わって楽。
後にやってて体感したけど中央付近の魚よりは叩かれ気味で
活性は落ちるもののそれでも魚きっちり素直に追ってきてくれうことの喜び。
が、少し釣ったアタリでパタリと止まる。
横の3人組は結構そこそこ釣れている。
自分との違いはなにか、ルアーどんなのを使っているか
その辺をじっくり観察してみると気づくことがあった。
他にも釣れてる人の多くはルアーチェンジが圧倒的に早い。
自分は1個のルアーを5~6投は投げるが早いと2投くらいでチェンジしている。
加えて、使っているルアーのほぼ全てがクランク系。
確かにスプーンでも反応が出ないわけでもないがクランクねぇ。
ちょいと試してみるかなとおもむろにエアーブロー、つぶアンの入ったケースを開けて
同じように釣れなければ即交換、釣れても3~4投で交換を意識して
ゆっくり見せながら釣ってみると・・なるほど、ほう、ほう、ほう!
普段はルアーローテーションはかなりゆっくり目だけどこういうのもあるのか!
釣れている人をよくよく観察していきその技術とかやり方を自分の経験にしてく、
コレはエリアに限らずホント大事なものだと思うのよね。
まぁ、個人的にはスローシンキング系のこの手のクランクのゆっくりまきが
一番いいかなとは思ったんだけど、手元にピンとくるものがなかったので
ロッドを水に突っ込んで巻くことで沈めてごまかして釣ってました。

2投でダメなら交換。
投げても4投程度までと決めてどんどんローテーションを組むと
コレまたいい感じに数を重ねることに成功する。
まぁ、道具だよりのブルジョワフィッシングではにっちもさっちもいかないとき
どうするっていう話も出てくるのだが、とりあえず今日はこういうことでOKのようだ。

12時過ぎ、隣の3人組が交互にご飯を食べはじめて
ちょいと中央に投げれそうなのでおもむろにカランバフルキャストしたら
6連続くらいで釣れちゃう。やはりカランバ is GODか・・・・
ではなく、まぁ単純に四方からプレッシャー掛けられてるから
やる気のあるやつが真ん中に集まるのは仕方なく、レンジもちょうど合ってたんだろうね。
ルアーの交換をしながらそこそこのペースで釣って1時ころ受付に
魚を調理してもらえることを確認、ぱっぱと豆を使って
大きい方を1尾、小さい方を1尾用意して持ち込む。
小さいほうが連発でなかなか大きい方がつれなかったのは反省だな


ちょろっと釣りながら調理が終わるのを待つ。
ポツポツと釣ったあたりで「できました~」と。
座敷に通されて待っていたのは
pic002_20170329213217e0c.jpg
おお、コレですよコレ。
どんぶりいっぱいのご飯にお味噌汁。
そしてニジマスの唐揚げ。この組み合わせに間違いなど起きるはずもない。
ましてや先程まで生きていた魚だから生臭さも出ることはない。
(魚の生臭さは基本的に鮮度落ちからくる)

骨まるごとのからあげなのでちょいと邪魔になるんじゃないかなと思ったけど
しっかり二度揚げサれててサクサク行ける。うん、うまい。
このカタクリ系のから揚げ粉がいい仕事してるなー。
今時の業務用のから揚げ粉って扱いもかんたんだけど
こんな感じのしっかりしたサクサク感がある揚げ物って出来ないんだよね
とかなんとか独り言ぶつくさ言いながら

pic003_2017032921410896e.jpg
ごちそうさま。
体をストーブでしっかり温め直していざ、午後のスタートと行こう。

14:25釣り再開。
珍しく休憩50分位取ってたんだなぁ。
いつもエリアフィッシングでは休憩なしでやってることが多いけど、
ノルマ無しの釣りだとこんな感じでゆっくりやります。釣りバカだってお腹は減るんです

午後は少しメインポンドで釣った後再び大物池へ。
フォールゾーン1年ぶりくらいに投げてみるかなと思い投げたら
pic004_20170329214926561.jpg
あっさり出てしまう。ま、まぁ今日1出てしまったし、またメインポンドにいくか・・・
トラキンエキスパート戦にも参加している友人T氏にも
"一部エルアでレギュレーション上使えないルアーは結構あるけど
だからといってそれを全く使えないと困る日も来る。
使用OKの釣り場なら時々練習しておいても損はないよ"って言われてるしね。
とかなんとか。


メインポンド戻って適当にあれこれクランク投げ始める。
飯を食う前はつぶアンとかあのへん投げてたけど
ワウとかトレモとか水押し強めのシャロークランクどうかなと思ったらうん、まぁ、釣れる。
ニョロも・・・見切られるのが早いけどコレも問題なく釣れるし
活性が上がってきているのか見切りは早いが交換してすぐは反応が良い。
カランバ以外のスプーンには相変わらずだったんだけどね(´・ω・`)


時間は15時30ころ。秋田市に寄る時間、帰宅までの時間を考えると
リミットは16時半頃。最後に常連さんらがメインで入っている樹の下とか
あかないかなーなんて考えてるといい感じに入れそうな場所が。
ここからなら中央の魚にルアーをアピールできる!ということで移動。

案の定叩かれているとは言えやはり中央の魚はきちんと反応する。
やっぱり四隅ではなく四辺の中央が圧倒的にいいじゃないですか。
四隅でやる気ない魚メインに構ってた時間がもったいないなぁ。
ある程度巻きでとってラストは豆ドサドサなげて
pic005_20170329221403424.jpg
16:40、上がりマスをエグザで取って終了。
エグザ使うのいつぶりなんだろ・・・・・・。

ネットインの前に落とす魚も結構多かったので多分この日は多めに見積もっても
70程度止まりだと思うけど、もう一度行ければもうパターンもやり方もわかったので
ぶっとい糸ではなく細糸駆使して数を伸ばすのは問題なくやれそう。
ここでやるならやはり下調べどおり1.5lbくらいの細さで十分だね。
それでもまだ太いかもしれないけど、定期的に釣りに来れる距離でもないので
たぶん次行くときもパワータックルになると思います。

あーこの人めっちゃうまいなって思う人もちらほらいたし
pic006_201703292232218e2.jpg
アイビーライン・ムカイカップが行われるようで
メーカー協賛の大会が企画されてあったりと、
近場に有るならあれこれ腕磨くにはいいなぁ・・・なんては思いました。
大会そのものにはあまり興味ないけど、手持ちのムカイ製品で
使い方がよくわからないルアー結構あるのでコンセプト直接聞きたいんだけどなぁ。
それとペレスプバンプがとても良かったし直売アレば欲しいなーとか。
そううまくぽっ、と予定が空くはずもなく。

とりあえず先に今回のヒットルアーを。
※今回からルアーメーカーの表記を省略します。
pic007_201703292237137b3.jpg
(一段目・左から)
つぶアン/城峰オリカラ ×2
つぶアン/オオツカオリカラ
エアーブロー/自塗り
イーグルプレイヤー/越トラオリカラ
インチクランクUneR/越トラオリカラ
ゴキクラ
トレモスマッシュ
トレモ/アイランドオリカラ
ワウ/オオツカオリカラ
ワウ
スピッシュ

(2段目左から)
パニクラDR
シャインライド
ミッツドライ
カランバ×2
スイッチバックスプーン
ファクター
ノア×2
BF
グレッチ×2

(最下段左から)
シュヴァーンナノ/越トラオリカラ
ココニョロ/自塗り ×2
フィッシュイーター/自塗り
エア
ペレスプバンプ×2
ドワーフ
NST
エグザ
ハビィ

(記載漏れ)
フォールゾーン

殉職者
ペレスプバンプ:スナップ開けっ放しで釣ってたようで(´・ω・`)
この他に1度木に引っ掛け、1度合わせ切れしましたが
pic004_20170207212445d01.jpg
根掛かり、ルアーロストへの新型兵器のお陰で難を逃れました。



帰りは象潟の道の駅で帰り道にいくつか有る親戚にお土産買って置いてきたり
清水川でよくあってた方に会いに秋田市へプラっと寄ったり
旅として見るなら結構充実した1日なんじゃなかったと思います。
pic008_2017032922581729b.jpg
やはりネイガーはいいキャラしてると思うよ、うん。

この自販機で飲み物買ってくるの忘れたのが心残りか。

でも、やっぱ県南、中央の秋田弁って綺麗だなー
自分が主に喋ってる秋田弁は津軽弁、南部弁、秋田弁のハイブリッドだから
秋田弁と言ってもイントネーションだいぶ違うんだよなぁ。
県南部だと「しゃっけーのみもの"なんとだ?"」だが
自分の住んでるところだと「しゃっけーのみもの"どんだ(べ)?"」になる。
多分普段の会話は県外の人は絶対理解できないと自信あります。


次回釣行は4/9(まだ未定)
ホッケは接岸しない、磯もまだ微妙に早い、サクラは混むだろうから休日はなし
ユーランド清水川はこの日岩手の釣具屋がイベント予定だから回避、
ウキウキもT氏の情報によれば大会が有るとかで(2面のうち1面貸し切りかな?)
謝肉祭の餌になるのも一興だが太いタックルだけで今揃えたばかりなので回避で
八郎潟にブラックバスしにいくか、エリア遠征を考えています。
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

カニねぇ・・・

えー、普段ブログ書きに使っているノートパソコンが故障したため
帰ってくるまでの間ちょっと釣行記がかなり縮小or後回しになる予定です。
マウスをディスプレイとキーボードの間に挟んだまま閉じちゃったんだよね(´・ω・`)

多分4月になってからの修理完了になると思うので
解禁日の話とかはちょいと後の記事になるかもしれないです、はい。
ついでに予定していたタナゴ釣りはここ数日の急な荒天で延期しています。


3/24 青森県外ヶ浜町ほか、にて

時刻 22:00→0:00
天気 快晴、やや風強し。

西風の天気予報なので能代方面、青森市方面はアウト
N氏に連絡して風裏のポイントになる某所あたりの状況を聞いてみるもよろしくないようだ。
でも仕事もスパンと片付いているのでこのまま家でごろごろするのも・・・
それならば今まで行ったこと無いが平舘方面へ行ってみようかと思い車を走らせる。

まぁ、平舘はちょっと遠すぎるし幾つかの漁港でやってみるかなと
航空写真をもとに幾つかの港をピックアップ。
どれどれ・・・と港に入ると各所に釣り人?が居る。
なんかところろどころで水面にライトを入れて何かを探しているようだ。
しかし釣り人にしては何かがおかしい。そもそもメバリングとして考えても
あんなに光を水面に入れてしまうと魚は逃げてしまうはず。
ますます頭には「?」浮かぶ。そもそもこんな状況ではメバリング無理だろというのも有るし
何をやっているのかと聞いてみると「クリガニ取ってるんだべ」と事。
他の人にも聞いてみるとやはりクリガニとのことでみな持っていたのは
竿ではなくタモ網でした(´・ω・`)
そっか・・・青森県民にとってクリガニって秋田県民にとってのハタハタみたいなものだと
何処かで聞いたことが有る。昔は花見の時期になるとこのクリガニの茹でたものが
各所で売られていてそれを食べながら花見をしたものだが、ごみ問題の関係で
禁止になった云々という話を聞いたことがあったな・・・と。
pic002_20170325070643f31.jpg

ということはこの草で覆った謎の漁船のかごはカニ漁のやつか。

まぁ、自分はべつにカニなんてどうでもいい、メバルだメバルだ、というわけで
そんな状況の中一人だけこの寒空に竿振ってきましたよ。

結果
pic001_20170325070521101.jpg
なんとかボウズを回避するものの1尾で終了。
12時ちょっと前に風が強くなってきて心が折れるのが先でした。
まず水温がまだまだ低い。それと漁港内を中心とした釣行だったが
どうもパターンもつかめないというか生命感がないというか。

あ、でもイカっぽいのは居ましたな。
べつに興味なかったんで放置しましたが。
まぁ仕方ない。またちょっと間を開けて釣りに来たいと思います。

ついでに散財記事も。
pic010_201703091430464f1.jpg
14ステラC200Sが新たに陣営入り。
ヴァンキッシュで揃え始めたT氏から譲り受けです。
コレに伴いKIXフリームスが引退となり、15フリームスがネイティブ行き。
マグシ乗ってるから少し荒い環境の方に配置転換ですね。
4月にやってくるゼスタ/ブラックスターTZソリッドを購入するにあたって
いくばくかの商品券での返金があるようなので+アルファで17サハラを買う予定。
そのサハラが予備リールとなり、他のリールのOH時の穴埋めになります。
そろそろ手持ちのステラの方もOHに出してあげないとね。



海の状況がどうもクロダイもホッケも全くダメっぽいので
3/26の釣行は久々となる上浜釣り堀センターを考えています。
4/1まであと少し。準備はほぼ整えました。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

久々の陸奥湾釣行へ

海水に水没させた12ヴァンキッシュがOHから帰ってきました。
pic012_20170317081839f94.jpg
前回、シマノにOHを依頼した所1ヶ月以上時間がかかってきたので
正直「どんだけ時間かかってんだよ。もういいや」って思ってて、
今回は個人でやっている所に依頼してみました。
依頼先は東京都に有るルアーショップ忍さん。
ピッカピカになって帰ってきてくれました。いい仕事してくれました。コレで勝つる!
1週間ちょっとでOH完了になったので次回のステラ他のOHでも使おうかな。

で。

せっかくピッカピカになってきたんだったら具合を試しに海に行かなきゃねぇ。
って言うことで若干まだ早いとは思いながらも陸奥湾釣行へ行ってまいりました。


3/15 青森県平内町の漁港にて。

時刻 22:00→翌1:20
天気 晴れ、時折やや風強め

青森をメインにしている人には「3月末からようやく動き始めるのが普通だよ」
なんて話はされたけどソイも含めていけば年中釣りになるのは御存知の通り。
じゃぁソイをメインにする方向でメバルの様子も見ていこうっていう算段でいく。
pic001_20170317004633a44.jpg
道すがら以前シェーキを買ったお店に入ってダブルソフトなるものを購入。
バニラ+北海道バニラとかいうバニラマシマシを注文してみた
まぁふつうに美味しいですよねっていう感じでございました。



さて、どこから行こうか。
基本的には教えてもらったポイントに関しては
一緒に行く時以外はなるべくいかない、居ない時に荒らさないってのが
変なこだわりとして持っているのでとりあえずその辺の漁港からはじめて見る。
まぁ夏泊半島初年度なんかは教えてもらったところが拠点にはなったけど。

奥の方に行くと船が係留してある
ここは自分が以前リクエストして何人かで行ってみたところだ。
その時はメバルが釣れたが・・・・船と船の深みを攻めてみるも魚が居ない。
明らかに手前には魚が居ないパターンか?
と思い1.2-1.5gのジグヘッドに交換して遠投するも反応なし。
うーん幸先悪いな。

ふと。
じゃぁ逆を考えてみよう。
こんな寒い状況でも実は魚は上に居ましたという可能性。
でもそんな都合のいいシャローエリアってのは有るもんですかね?
目についたのは船揚げ場?っていうのかな?
先日のサーフエリアでの釣り方を思い出しながらボトムスレスレを攻めていくと
pic001_2017031707244238d.jpg
バークレー マイクロクローラー+JAZZ Rヘッド0.9G

ん、なかなか悪くない。
1匹目が30分近くかかるくらい苦労したけどね。
根掛かりで切れちゃったのでワームを変えて同じパターンを試すと

pic002_2017031707300571d.jpg
エコギア グラスミノーSS+JAZZ Rヘッド0.9
まぁ普通に釣れるわな。グラスミノーはホント万能選手だ。
ソイがぽんぽん、と釣れたけど去年の釣りを思い出すと
この時期でもメバルが居てもおかしくないと思うんだけどな……
もしかしてレンジや攻め方を変えれば来るんじゃないかなと戦略変更。

浅場での底からの跳ね上げアクションをメイン所から
グラム数もワームサイズも限界まで落として表~中層を狙ってみると
pic003_20170317073833466.jpg
pic004_20170317073835586.jpg
pic005_201703170738371bd.jpg
バークレー バブルサーディン+ゼスタ スターヘッド0.3g タッチダウン0.8gほか
今のところ一番軽い組み合わせがバブルサーディンもしくはグラスミノーSSに
スターヘッド0.3なんだけど割と相性がいい組み合わせで重宝している。
ボトムにはソイがいて、上の方にはメバルっていう感じなのかな。
でもサイズが伸びない。10-15くらいのばっかりで煮付けには不向き。
あまりにもサイズが小さくてオートリリースしたのも含め
それなりに釣れたところで「こりゃ大型はいなさそうだな」ということで場所替え。

pic007_20170317081135b60.jpg
ここはこの地域に釣りに来た時に初めて入ったポイント。
釣り人が居るような気配は・・・・ない。
ないからって魚が全く居ないって言うこともないんだが

pic008_201703170751172f3.jpg
pic006_201703170751146d9.jpg
更にサイズが下がってしまう。
駄目だな、時計もゆうに0時をまわって0時半か。
それなら以前も行っている抜き上げが必要にはなるが
来ると25アップが期待できるポイントへ移動して今日の〆とするか。

青森市方面に車を走らせてポイント到着は0:50分ころ。
こんな遅くまで釣りするとかアホだなと思いながらも再び竿を出す。
ここはもうパターンをしっかり確立できてるから最初から"狙って"いく。
沈めすぎずフォールさせながらテトラエリアとの境目を攻めていけば・・・
pic009_20170317080054803.jpg
はい、今日1のがあっさり出ましたよと。27cmでした。
このポイントはマイクロクローラーにジグヘッドの1g-1.2gが丁度良いのがわかっている。
1g切ると距離が足りない(風邪を背負った釣りならOKだけど)し、
1.5gまでサイズあげちゃうとフォールが早すぎ&根掛かりしちゃうのよね。

多分もう1~2匹は居ると思うんだけど・・・なんて考えながら広く攻めてみると
pic010_20170317080056dab.jpg
サイズはいまいちだけどきちんと出るね。
まぁ、リリースするんだけどサ。

と言ったところで時計は間もなく1時半になろうかというところなので
コレ以上次の日に支障出るとまずいので今回の釣りはここで撤退。
もうちょいソイの良型を上げたかったな。
それでも今回はメバルも広く探せたし、ヴァンキッシュの具合もひじょうに良い&
ドラグの出具合もわかったので当初の目的は達成ということでOKでしょう。

ぼちぼちライトソルトも力入れていきますよー。


次回釣行

もしかしたら21~23のあたりで一度エリア釣行挟めるかも。
~25日までに近所の野池にタナゴ調査に行く予定。
3/26は現在行き先も未定。ホッケ何処に居るんだよ・・・

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

深浦方面から釣れる魚を探して

ようやく確定申告の方の書類整理なども一段落を終え、
仕事の方も山を超えた感じが出たのでようやくブログを書けます。

※今回の記事は半分旅行記も混じっています。


本来の予定であれば3/4→3/5にかけては遠征の予備日と設定していたのだが
あれこれ有りまして親の温泉旅行への送りをすることになりまして
(もともとは電車で向かって貰う予定だったが五能線の列車の少なさのせいで・・・)
どうせだし、ということで深浦方面から南に下っていくルートでの釣り三昧をやってみました。

今回は釣行にあたって戦力増強を行いました。
pic001_2017030818561896f.jpg

プレスベイト95・カムイ/デュオ 北海道限定カラー
日曜昼からのターゲットを見据えたジグミノー。
主にサーフから狙うルアーで「アレ」の釣り本場の北海道の釣具店から取り寄せ。

エックスフォー/DUEL
昨年まではX8を使用していてさほど不便は感じなかったのだが
幾人かにX8よりもX4のほうが良いよ、しかも安いし。てな誘いで。

マイクロクローラー/バークレー 伊勢湾スペシャル
在庫切れのワームを補充。

ロデオスプーン各種/ロデオクラフト オオツカオリカラ
送料合わせのために購入。



2名ほど青森県深浦町のとある温泉へ送迎して自分は釣り三昧と決め込む。
とりあえず深浦と言ったらまずは深浦漁港でしょう。
この辺の漁港では最も大きな漁港ですし魚のストック量に期待。

3/4 青森県深浦町 深浦漁港にて。
pic002_20170308190354c2e.jpg
時刻 19:50→20:4
天気 晴れ、やや強めの風。

とりあえずgooglemapで全景をみながら風の向きと相談しながら適当な場所に入る。
八峰町の漁港でやっているときと同じく、メインはJAZZ/Rヘッド0,9-1.2,
ゼスタダイバーダウン1g-1.2gを中心に。ワームはもちろんマイクロクローラー。

結構えぐれなどもいい感じであって漁港内はそれなりに流れがある。
常夜灯も多くさすがこの辺随一の規模の漁港と気合が入るが・・・・釣れない。
足で稼ぎながら回ってみると僅かなアタリは有るが乗らない感じ。
コレはハゼか、マイクロサイズのメバルか・・・・・?
ある程度歩くとこの漁港には淡水の流れ込みがあるのに気づく。

しまったな、この漁港は汽水なのか。
この時期川の水が入るということは漁港内の水温も低く、
活性も圧倒的に低いということも考えられる。
夏場なら多くのベイトが入ってくるから豊富な魚種が期待できるとは思うが
コレが冬場だとマイナスの方向にしかつながらないと判断。
時間はまだまだ有るんだ、場所を変え普通の港を回ってみようと考える。

夜ご飯は食べずに向かってきていたので、とりあえずどこか
地元の店に入ろうと判断。しかしググって出てくるのは食べログや
食べログの類似サイトの山、山。しかもその情報はどれも不明瞭で
全く参考にもならない、寧ろ邪魔だけのゴミクズ情報ばかり。

調べても苛立つだけだし今回は仕方ない、コンビニを使おう。
と思ってコンビニを検索してみても弘前や五所川原方面のコンビニばかり
アホかよ・・・・仕方ない、こういうときはあそこに行くのが一番手っ取り早い。

向かった先は交番。
車を停めると何だなんだと不思議な顔をして警官が2人ほど見つめてくる。
そりゃ髪バサバサでヘッドライト大1つに夜中に五寸釘を打ちに行くかような
LEDライト4つも装着した人間が入ってくりゃそりゃ不審者そのものだわな。
LEDは明るけど範囲が狭すぎてな。最終的にはこのスタイルが一番いい。

「すみません・・・・、コンビニでも良いんですけどこの辺で何か食える店ないですか・・・」
「とりあえずどっちから来たの?コンビニだとこっから北に23kmくらい先にあるけど」
いやいやまてまてまて、コンビニこの辺マジでなかったのねと呆然とするも
「なんでも良いって言うなら少し行ったスーパーの向かいあたりに
  バーがあってそこでピザを食えすはずだよ」


ほう。
良いね、バーが有るなんて洒落てるじゃない深浦町。ナイスだぜ深浦町。
向かったのは深浦町のやや外れにあるピザアンドバーカデール
pic003_20170308193253f64.jpg
入り口で数人ガタイのいい人たちがたむろっていたので
「すみません、ここピザ食べれる店ですか?テイクアウトって出来るんですか?」
とキット店の常連客らしき人に話し聞いてみると問題ないよ!って解答が。
入るとあまり大きくはないがMAX20人位は入れるフロアが。

マスターを見つけピザをお願いする。
pic004_201703081936171d8.jpg
ソーセージピザ/クリスピーを注文。
"ソーセージがいっぱい!お子様に大人気"

・・・ふむ。

直ぐ側に車停めて釣りができるならお酒飲んでぷら~っとしたいが
飲酒運転などもってのほか、カクテル飲みたいのをぐっとこらえてテイクアウトを。
pic005_20170308193821985.jpg
旨い。
ここ最近満足がいく美味しいピザってなかったんだよね。
このクリスピーのカリカリ感、冷凍ピザじゃなかなか表現できない。
コンビニにはたどり着けれなかったし、食べ物の店の選定には
ちょいとばかり手を焼いたが、思いがけずうまい食べ物に有りつけた。
夜遅くまでやってるし・・・もうちょいと暖かくなったらシーバスあたり狙うことにして
遠征もしてみようかなっていう気まで出てくらいうまかった。

お腹もいっぱい。さぁ、釣りに戻ろう。


深浦にまた戻ってくるのは決定事項として、
周囲の幾つかの漁港を回ってみるが、何処の漁港も真っ暗だ。
航空写真で見ると「この漁港ちょっと良さそうじゃない?」なんて思っても
夜行くと真っ暗なんてことは、実際足を運んでみてみないことにはわからない。
別に真っ暗でも釣りができないというわけではないのだが、ライフジャケット着ているとは言え
初めての漁港で闇夜の状況で安心して釣りなんて出来るわけもなく
以前行ったことが有る漁港へ足を運ぶ。

時刻 20:35→20:55 深浦町舮作漁港にて。

昨年3月ホッケに釣りに来た漁港。
ここは次の日の朝一番からの開始を考えていたのだが
急遽「1尾」が欲しくて向かってみる。

しかしこの漁港もやや離れた所に小さな灯りがあるだけで
基本真っ暗。風も場所によってはしんどい感じで吹いてくる。
さてどうしたものかと撤退を考えたところでようやく
pic006_20170308194623729.jpg
まずまず、か。

八峰町などでやってるパターンとは違い中層を維持しながら
かつ、細かいシェイキングを入れて誘って誘って誘って・・・なんとか乗った感じ。
コレはかなり渋いんじゃないかなと思い早めの撤退。
と言うか、この漁港車止めもなくボケッとしてたら海に落ちそうだったので
やはり明るい時に来たほうが良いという印象。



再び深浦漁港へ。
さてどうしたものか。ここは外海に面している所が良いのでは?と場所を変えてみるも
どうも反応は鈍い。とにかく寒いし。それでもちょいと視点を変えてみて
船と船の間などちまちまと拾っていく釣り方に変更していくと
pic010_20170308213206292.jpg
pic009_20170308213204383.jpg
pic008_201703082132036b2.jpg
pic007_20170308213201b2d.jpg
足で拾いながら釣っていく。
パターンはボトムに落とす→シェイクしながら竿の角度で中層まで持っていく
→一気にボトムまで再び落とすのパターン。
大丈夫、丁寧にやっていけば魚はきちんと反応してくれた。

夜0:20分ころ。
いい加減寒くなったので車に入る。港の端っこ、なるべく人目の付かない
且つじゃまにならないところまで移動して持ってきた衣類をばほっとかぶって車中泊。
おやすみなさい。

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・
・・


外気温がマイナス3度あたりだったので寒く起床は朝5:30。
エンジンかけたまま寝たら良かったかなとは思ったけどガソリンもったいないんでね。
車中泊はなかなか体に負担が大きいが、
ネカフェ等半端な時間で休憩ができる場所も有るわけなく・・・・

3/5 青森県深浦町 舮作漁港にて。

pic011_20170308222433237.jpg

時刻 5:45→7:50
天気 晴れ

さて、今回の第二目的に移るとしよう。
今回の釣行はホッケ釣りを一つの目的としている。
昨年の遠征時の記録を見るともうこの時期にはしっかりホッケが接岸していた。
今年は接岸が確認されないとは見ているが、実際この目で
どんな具合なのかをしっかり確認しない限りは納得していなかった。

朝5時40分に到着してとりあえずはライトソルトのセッティングで港に出る。
考えてみると昼でのライトソルトゲームは数年ぶりということも有り
全然どのレンジが良いのか、パターンは・・・などさっぱりわからない。
グラスミノーを中心に攻めてみるが全く反応はない。
じゃぁ、ということでマイクロクローラーのオレンジをボトムに落として
アクションを加えていくけどコレもダメー。

6:30頃、ホッケが居ないか沖目を探り始める。
去年の経験から偏光グラスでホッケの魚影ははっきり見えることはわかっているので
ワームで中層を攻めながらもホッケが居ないか歩きながら探っていく。

・・・・・ううーん?全然居ない。
途中で餌釣りの人が来るけど30分もやると撤退する感じ。
ああ、きっと彼らも自分の目で確認しないと納得いかないのだろう。
エサ釣りの場合はコマセを多用するので、魚が居るのであればしっかり目視できるから
それをまじまじ見ていたが・・・・・・うん、魚影、なし!
残念ながら全く接岸していない。困った。
それでも諦めず僅かな可能性を信じてワームを投げ続けるけど結局釣果は0。

疲労がまだ抜けていないので、近くにある不老不死温泉の開場(朝8時から)を待って
温泉にだらりと入って疲労抜きを行う。
pic012_201703082235141cb.jpg

pic013_20170308223637477.jpg
深浦の方面に温泉に行ってきましたって言うと
「お?不老ふ死温泉?」って速攻で言われるくらい有名ですね。

pic014_2017030822363830f.jpg
テレビ取材もよく来てるようです。

露天風呂は時間がなくて入らなかったけど
カップルが数組温泉に入ってキャハハウフフしている所に自分がいけるわけ無いだろ!
内風呂で体もみほぐしながらしっかりと体を温める。
めっちゃ寒くて体の芯まで冷えてたので、この程よいぬるさはとても快適だった。

pic015_20170308224436d74.jpg
ファイブミニ懐かしいなぁ。まだ売ってるのね。
ぐいっと飲んで親をハタハタ館に下ろして自分は釣り再開。

3/5 秋田県八峰町 八森漁港、岩館漁港、その他八峰町サーフにて。

時刻 10:30→16:00

何人かの人に何釣ってるんですかなんて言われたけど
なんにも釣れてないんです、何か釣れるんでしょうかねぇ・・・と返す感じ。

pic017_20170308224818491.jpg
はちもり観光市に行けば何か食べれるかな?なんて思って入る。

pic016_20170308224817a35.jpg
たらのじゃっぱ汁(200円)、おにぎり(250円)を購入。
コレだけでもグイグイご飯いけちゃう。
でもこのタラのじゃっぱ汁、中身あんこう入ってるなコレ。
タラだけの味じゃないと思うんだよなぁ。この食べた身もさぁ。
でも結構イケる味だったので別にどうでも良いんだけどね。

さて、食べたところでライトタックルは全部タックルケースに。
変わって11ftのソルトロッドを装着。

今回の3つ目の目的、それは海サクラ狙い。
コレを行うにあたって秋田県の内水面漁業組合など幾つかの関連団体に問い合わせてみました。
秋田県内3河川での解禁は4/1となっているけどその他の河川に関して
河口部からどのくらい離れればOKなのかなど質問してみました。
それぞれの内容から要約すると

・サクラマスの漁業権を設定しているのは3河川のみ。(河口から半径1km四方釣り禁止)
・海でのサクラマスはレジャーでは基本的にOK(船の場合は許可が必要かも?)
・各個の漁協で釣り禁止範囲を設定している場合があるのでそれは問い合わせしてください

この辺からとりあえず予定していたポイントの漁協の周辺行くと
漁師の人を見つけたので「○○のあたりって釣りしてOKなんですか?」
って聞いてみた所「別にあのへんで釣っても咎められることねえべ。」との話。
一応なんか言われたら面倒くさいので少し離れたサーフや磯場に上がって
ジグミノーを中心に投げていくことに。



・・・・


pic018_20170308230140a06.jpg
1時間半くらい投げて反応なし。
1本めのジグミノーが殉職。
70~80m沖の根に引っかかってしまったなら回収不能。はぁ。

前々から気になっていた看板。
pic019_20170308230446571.jpg
明るいうちにこの地域で釣りするのはなかなか無い。
今こそこの「いいかげん丼」に挑戦するタイミングなんだろう。
→まぁ、普通の海鮮山盛り丼でした。

腹ごしらえしたところで再度ライトタックル作り直して岩館へ。
pic020_20170308230624c64.jpg
ノーフィッシュでした。

ただ、ヤリイカ狙いの釣り人が結構多く
スッテに餌をまいてウキ釣り、ルアーロッドで探り釣りをしている人も多く
なかなかいいサイズのヤリイカが釣れていました。
以前買ったライトタックル用イカジグ忘れてきちゃったよ・・・くそう。

お腹もいっぱい出し再びサーフの方へ駆け出す。
地図を見ながら良さそうなところをジグやミノーで攻めていく。

pic021_201703082309435a0.jpg
もうこうなったらランガンだぞ

pic022_20170308230941a6f.jpg
ふむ・・・・・


pic023_2017030823094416c.jpg
はぁ・・・・。


というわけで海サクラ狙いの方は見事に空振りで終わりました。
流石に海サクラは腰を据えてじっくりやらないとダメなのかねぇ。
あれこれやったことのある人に色々聞いておこうかな、と。

てなわけでこの日の釣りは終了。
結局土曜夜のソイとメバルだけが今回の釣果となりました。
簡単に今回の日程をおさらい。

夜到着で深浦漁港で釣り。
ピザ食べて舮作漁港で釣り。
再び深浦漁港で釣り。車中泊。
朝5;30に起きて舮作漁港で釣り。
温泉入ってめし食って八森漁港でライトソルト。
サーフでジグミノーぶん投げて岩館漁港でライトソルト
再び南下しながらサーフでジグミノー投げて今回の日程完了。

ホッケが接岸してれば全く違ったんだけどね・・・。
まぁまたそのうち何かかしらやってみようと思います。


次回釣行日は未定。
後ほど書けると思います。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 上浜釣り堀センター(秋田県) 尻別川フィッシングエリア 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 合子沢養魚場(青森県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 0/10
釣行日数 0/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等 0/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR