今年の新しい投入ルアーは。

本流の方も今の雨がやんで水が落ち着くと本格シーズンイン。
渓流もハイシーズンだし、沼も湖もそして海もいい時期になりました。
家でゴロゴロしているのがもったいないくらいで、
今年からナマズ関係も本格挑戦する予定だし体がいくつあっても足りないくらいだ。
明日は何処に行こうか?ということで一昨日の話を。


4/25 米代川の支流にて。

時刻 14:00→15:00
天気 くもり

実は先週あたりから今年新投入のルアーをいろいろ試している。
今年は「ザンム(ムカイ)」と「ハビィ(アイビーライン)」の2種を投入している。
だいたいネイティブでこの2つがどんな感じか試して、ようやく手応えがつかめてきたかな
と言った感じに至ってきた。
毎年毎年何かかしら新しいアイテムを投入していて、かつてはAR-Sやリュウキなんかも
取り入れた当時はスピナーはブレットンを中心に、ミノーはパニッシュとDコンを中心に据えていた。

自分は以前から書いているとおり、ポイントに合わせてルアーチョイスを変えている。
「こういうポイントはコレがベストで、コレで出ないときはコレで引き出す」というのが
自分の釣り方で1つのポイントで2種類のルアーを試すことが多い。
手っ取り早く自分が一番使うルアーを、最初から最後まで投げ倒すというのも有りだと思う
しかし折角こんなにルアー有るんだからもったいないじゃんっていう話。


で。
ここまで書いておきながら今回もこの2種で魚は釣れなかった。だが、
バイトはあったしネイティブで全く話にならないということはないのは確定した。
つぶアンはシャローエリアのアップで攻める時に。
ハビィはリフトフォールよりもダダ巻の方に反応が良いのはわかった。
後はフックセッティング。もしかしたらフックはプラグの後ろ前にしたほうが良かったかも?
とかいろいろ考えながらもまだまだ改善の余地が有ることを確認した。
pic002_20170426224633746.jpg
pic001_201704262246320aa.jpg
この2尾はいずれもAR-Sで。上記の2種ためした後にフォローで入れてキャッチ。
さて、あたらしい試みはどこまで使い物になるかなぁ。


新しい道具一式が届き次第チニングに挑戦してくる予定。(多分連休中頃かなぁ)
それと陸奥湾内でもアジが上がり始めているので5月前半まで数回イケるかな。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

いざ春の男鹿半島へ。

来月からの釣り関係の予定を埋めているが割りと釣りの方は忙しくなりそうだ。
遠征する時間が取れるのかどうかもちょっと微妙に。
ただ、新潟遠征もまだ諦めていないし北海道遠征も控えている。
地元で言えばユーランド清水川が料金改定で持ち帰りコースの匹数が減った代わりに
料金値下げと自分が願っていた料金プランになり行きやすくもなったし、いっぱい行きたいね。
以前受付の人に「1日券で匹数少ないプランって作ってくれませんかね・・・1日10尾は
揃えるにもしんどいし余裕のない釣り、余裕のないルアー選択になってしまう」と伝えていた。
まぁリミットメイクしなくても別にいいだろっていう話だけど、
そこは釣り人のアレで揃えてしまうんだよね。良コンディションの魚を選別して抜くとなると
倍の数の良型必要だったので飯食わずで毎回やってたけど今回からはゆっくりやれそうだ。

そして4~5月といえば磯です。
クロダイです。水温が良くなってきて4月中旬には某漁港で初物が上がったとか。
それなら・・・・行くしかないでしょう?ねぇ?


4/23 秋田県男鹿市 双六漁港周辺にて

今回は地名を出しちゃおう。本命釣れなかったし(´・ω・`)
時刻 8:15→12:00
天気 晴れ、暴風。

男鹿に行きました。
以前から言っているとおり八森以北の地磯なら色々知っているのですが
男鹿の地磯ってのは全くさっぱりわからないのが本音です。(漁港はまぁ、わかります)
航空写真や昨年の釣具店のブログなどから入道崎付近(水島など)が一番いいのは
わかってはいましたが、予報で風が4m以上と渡船は無理だろうと判断。
地磯でいいところがないか急遽探すことになりましたが風がこんな感じで
pic001_20170424062953b4b.jpg
もろに男鹿の先端部~北部は真正面の風を受けてしまうため、方針転換か?
でも地図を見ながら、西黒沢の漁港なら風を背に内海を狙えると向かってみるも
背中に風を背負って釣りとか無理無理かたつむり状況の風に、最初から方針転換どおり
やったらええがなって言う自問自答を繰り返す。
コレで目をつけていた第3候補まで全滅とかやっぱカンが鈍ってるなーとつくづく思う。
pic002_20170424063543166.jpg
そもそもこの海見た時点で男鹿の南側に移動する決断をすぐ出来るくらいでなきゃなぁ。
しかし南側の地磯ねぇ。弁天崎か水族館の地磯あたりは写真見る感じ
悪くはなかったがこの2つはまだ結構風の影響を受けていて更に東へ。
・・って考えていって磯を眺めながらまた止まって眺めながら、ってやってるうちに
えええええーいめんどくっせえええ!となってしまい一路椿漁港へ。
面倒くさいときはマッハで漁港。手堅い選択だと自分では思った。
ナイス俺。しかし・・・・釣り人で満員御礼。ですよねー
pic003_20170424064414cbf.jpg
もちろん柵越えした立ち入り禁止区域に侵入すりゃまだ釣り場は空いていたけど
そんな馬鹿な真似をするつもりは全くないし・・・じゃ、じゃぁ館山崎は・・・・
八戸八戸岩手岩手時々秋田と言った風に県外ナンバー時々秋田みたいな感じで
車が10台近く止まっているのを見てガッカリ。この時点でどうするか決断したのが
「ああ、いいや、そのへんの適当な漁港の防波堤に入ろう」っていう安易な決断。

というわけで今回入ったのは椿漁港そばの双六漁港でして
この漁港に入るのも初めてだが海を見るとなかなか根がマッハで比較的浅めと
まだちょっと早いかなーと感じるポイントですが、もう男鹿に到着して2時間も
場所選びしてたのでもうここでいいや、と。
実は今回の釣行はダブルヘッダーで、12時の磯上がりは確定しているため
コレ以上伸ばせないという事情もあった。
(今考えたら近いんだし帆掛の方よかったか・・・)


pic005_2017042407472914d.jpg
ご覧の通りマッハで根。

なんか磯タモが全然届かない高さで抜き上げ必須になるのですが
今回は道糸1.5+ハリス1.5と細糸仕掛けで挑むことにしました。
撒き餌はチヌパワー麦スペシャル+激荒ミンチ+オキアミ3kg。
挿し餌はオキアミ、場合によっては激荒ミンチ内のコーンで。
急げ急げとは思いながらもしっかり30分かけて場所づくりして
ようやく開始。ざっと見る感じなんかエサ取りはもういるっぽいなと感じながら
底を中心にしばらく攻めていくとスーッとウキを横に引っ張っていくアタリ。
クロダイのアタリじゃないなとは思ったが勢い良くフッキングさせると強烈な引き。
まぁしかしなんだ?なんか浮いてきたやつなんか長いぞ?ホッケか?
pic004_20170424074727ad4.jpg
アイナメさんでした。こうみえても41cmのなかなかの良型。

よし、これでパーフェクトボウズ回避!
本命じゃないにしろなかなかに美味しい魚だぞ!
その後10時ころまでは風は穏やかだがどうもマッハでエサ取りにやられる。
犯人は誰かととりあえず針サイズを掛かりすぎチヌ3号からチヌ1号にかえて
誘ってみると・・・・
pic006_20170424081052a03.jpg
おまえか!

アベレージで20センチ位かな?
正直骨も荒いしあのウミタナゴ独特の風味?匂い?
焼いても好きじゃないのでリリー・・・いや、そう言えばタナゴ好きだった人いたなと
2尾だけキープして後はリリース。
最終的にタナゴは8尾釣れました。と言ってもタナゴ釣りに来たわけじゃないので
途中からコーンに変更。

10時半ころからだろうか、風向きが一気に変わって正面からの強い風に。
さっきまで超凪で楽に仕掛けコントロールできていたのに
なかなか仕掛けのコントロールが難しい状況に。
コマセが沖に出ているのに仕掛けが風に流され岸に寄るような状況じゃ
釣れるものも釣れなくなりますわな。
遠くに見えていた数人の磯釣り師も30分もしないうちに撤退していきましたが
これから場所替えするにも時間もないし仕方なく粘ることに。
時々コマセバッカンや磯バッグがズリズリと動くような突風も有り
なかなかアタリも取れず苦悶、苦悶。そこからは風とエサ取りとの格闘でした。
コレがラスト・・・・と投じた仕掛けに最後の最後で
pic007_20170424083356784.jpg
コーン(エサ取りには強いが取られないと入っていない)でラストふぐを釣って
この日は磯上がりと致しました。次回は渡船かなー。
状況がかなりいい感じになってきてるようですしね。
pic008_20170424083620afa.jpg
今回の釣果:アイナメ1 タナゴ8(うちキープ2) ふぐ1
先日エリアに連れて行った人に鮮度落ちないうちに上げてきました。
アイナメはお刺身してもとても美味しいんだけど、タナゴだけじゃ寂しいし。

pic009_20170424083936e91.jpg
防波堤もしっかりコマセ流してきれいにした(つもりだ)し

pic010_201704240840395eb.jpg
道の駅八郎潟?でネイガーの自販機でコーヒー買ったし

いざダブルヘッダーの2戦目に車を東に走らせる。



秋田県小坂市 十和田湖にて。
pic011_20170424084041c52.jpg
時刻 15:15→17:40
天気 はれ

ダブルヘッダーの2戦目は十和田湖でヒメマス狙いでした。
ソルトN氏のお誘いで行ってきましたが残念ながらこちらはノーフィッシュ。
ヒメマスはやはり群れに当たらないとどうしようもないことも有りまして
こういうことが有るのは仕方なし。こういうことだって有ります。
後ほどリベンジ予定で。

まぁ今日は前半アイナメ釣れたからいいや!

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

数日分まとめてざっくりと。

姉からTシャツをもらう。
pic001_2017042212365567b.jpg

ぐうの音も出ない。
夏この頭おかしいTシャツ着ている人が居たら十中八九私です。


4/20 鹿角市某所で。
時刻 5:50→7:30
天気 横殴りの猛吹雪

ああ、山沿いってまだ雪がふるんだな。
しかも横殴りの糞みたいな天気で。
フリースにジーンズで挑みましたが1時間ちょいが限界でした。
帰ってきてから若干風邪気味だったのですがしょうがにんにくマシマシの
馬肉の煮込みを作ってゆっくり休んだらなんとか生き返りました。
釣果はもちろん0です。



4/21 大館市某所で
時刻 14:50→15:30
天気 晴れ、強風。

仕事抜け出し30分チャレンジするもノーフィッシュ。
pic002_20170422124445833.jpg
ウグイの遡上とたらのめを発見。
山菜の天ぷらはタラの芽よりもコシアブラ派なので放置。
街中では桜が咲き始めてるしそろそろ本流をやりたくなってきた頃合い。


4/22 大館市某所。

時刻 7:50→8:30
天気 曇りのち雨

一昨年あたりにせっせと通った沢にちょこっと様子見に。
昨年工事が入って結構変わって釣りは諦めたのだが
その後のポイントにもう魚いるかなって感じで見に行ってきた。
pic003_2017042212481117d.jpg
居た。
その他にもチェイスは結構あったけど書けれなかった魚も結構いて
腕が未熟だなと思うと同時にこのくらいいれば今年は楽しめそうと手応えを感じる。


時刻は一気に遡りますがちゃちゃっと一件エリアフィッシングの記事を片付けます。

4/14 岩手県八幡平市 ユーランド清水川にて

時刻 9:00→12:00
天気 曇り(強風)

80歳位になる方と一緒にエリアフィッシングへ。
釣果はまずまずでクランクやスプーンの巻きよりも
ミノーイングのほうが反応良かった感じでした。
初めてブラストイットのシンキングを使ってみたがコレはとても感触良いね。
フローティングはいまいちだったけどシンキングはアクションもレスポンスもとてもいい。
ウキウキでN夫妻から頂いたルアーだけど一発で1軍ミノー行きになりました( ・`д・´)
pic004_201704221253553aa.jpg
ミノーはどれも反応良かったけど特にこの2つは優秀だった。
(下:DENS70MDF ver MAT 上:ブラストイットミノーS)

今回のヒットルアー
pic006_20170422130014965.jpg
(左上から)
ウエイブラー
クラピー×3
ブラストイットミノーS
DENS/MATカラー ×3

(左下から)
ノア
ウルトラベスパ
リベロ
バベルGT×3
シャインライド
ボトムマジック
カランバ×2



明日の釣りは
pic007_20170422130527429.jpg
磯の予定です。
昔から使ってたチヌパワー+おからダンゴの組み合わせから
最新の流行の組み合わせにしてみました。(V10とか白チヌとかと迷ったけど)
今年はだいぶチヌが遅れ気味だがさてどうなるか・・・

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

こりゃ年貢の納め時かね。

そろそろタイヤ交換しても良いような、
そんな感じの雰囲気にこの秋田県北部もなってきました。
しかしまだ奥山などに車走らせる可能性もあるし、
数年に一度は4月末に雪が降ったりするのでまだタイヤ交換はしない予定。
用心、用心と言うやつね。

しかし用心どころか釣り道具に関しては用心どころかまーたやらかしをしちゃいまして。
今回はそんな話。


4/16 青森県某所(陸奥湾管内)にて

時刻 20:40→1:40(5時間)
天気 快晴、星空がよく見える夜空。風は強め。

場所自体は紹介してもらったポイントに入るので詳細無しでお願いします。
今回の釣行は青森のN氏がエスコートでの釣りになりました。
ターゲットはもちろんメバル。

で、移動中薄々気づいていたことが有る。
青森市に入る高速道路の料金所で料金支払う際に
なんかいつもは有るはずの長物のケースがない。
うん、またなんだ。自分でもうんざりだよ。
ロッド全部忘れてきたの。

あえて言い訳させていただきたい。
エリア用のロッド、ネイティブ(本流用)のロッド、バス用のロッド、ソルト用のロッド、
渓流用(車に積みっぱ)と釣行に合わせてちょろちょろと中身入れ替えてるんだけど
最近はエリア行って渓流行って、バスの様子も見てから今度はソルトいってと
荷物の積み込みが毎日のように行われているので荷物忘れやすい状況にはなってた。
いやまいった。この時点で今日の釣行は満足いくものにはならないのが確定。
でも車には積みっぱなしにしているミニバチがあるからそれでやろうと決心。
(竿借りることもできたんだけど、数投するだけならまだしもガッツリ使うには
やっぱり怖いところがあるのよね・・・)

ポイントや攻め方を聞く。
ある程度のキーワードは聞いていたのでこんな感じじゃないかという
想定は立てていたが実際はもっと繊細な攻め方でなかなか手こずりましたが
pic003_201704181432163cd.jpg
pic002_20170418143214b84.jpg
pic001_20170418143213119.jpg
それでもミニマムサイズの中にも20くらいのがチラホラと交じる。
最初はいつも通りマイクロクローラーで攻めていたが、どうもテール部だけしか
かじっていないのかポロポロ落ちるのを連発したのでバブルサーディンに落としたら
ようやくしっかり来たかな、という感じ。
水は前日までの天気でだいぶ濁っていたことも有り途中フィジットヌードのクリアなど
ちょこちょこと変えてみたけどグリーングロー最強ということに落ち着いた。

コレが例えば普段行っているクリアウォーターの岩館なんかだと
今度はクリアラメなんかが効いてくるんだろうけど今回はグローでしたな。
0時までで豆サイズのメバルがいっぱい、時々レギュラーサイズが交じるという感じ。
ついでにこのポイントで一番のサイズだったのはN氏がプラグで釣った
pic004_20170418144810257.jpg
コレが一番だったかな。29センチだったと思うけど
魚のサイズ云々よりも体高の良さが目立った魚だった。

場所移動を提案して今度は前回の釣行でソイ天国だったところへ移動。
さっと竿振ってみるが・・・・・・・魚が居る雰囲気はもうなくなっていた。
潮の関係なのか、はたまたたまたまだったのか、分からないが
何れにせよ魚が全く居なかった(前回居た)のは何故だったのかを考えないと。
その後周辺で釣りをしてみるも風が強い&アタリがないため1:20、一旦切り上げ。
ちょっとだけ最後に上がりソイほしいと思い少し移動してぱっぱとマイクロクローラーを通して
pic005_20170418172250267.jpg
なかなかのクロソイをキャッチして撤退としました。

なんていうか、竿忘れた時点でかなり貧果に終わるかなと思いましたが
まぁ悪いなりにもなんとか・・・そんな日でした。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

バラし、バラシ、うーん・・・・?

エリア関係を中心に若干だけ戦力補充しました。
pic001_20170416121054aff.jpg
カランバのヒーローズ3種
K-Iミノーのオオツカオリカラ×2種
ちょい前になくしたノア鉄板北関東の補充、
バベルGTの補充。

加えて渓流用に一つ安物リールを追加。
pic002_20170416121706a3a.jpg
初代サハラに続き新サハラも買ってしまうという痛恨のミス。
しかも初代サハラは1年もしないうちにパーツ破損、ベール湾曲、
巻いてもゴリ感が強くなり、友人には「何このリール筋トレ用?」とか言われて
結局1年も使わずに戦力外最速記録を出してしまった初代サハラに懲りず
まーたサハラを買ってしまうんですなぁ。

こんなことを書くと渓流ルアーマンからは嫌な視線どころか
泥や石を投げつけられてもおかしくないと思うけど、自分はカーディナル33嫌いだし
シビアな性能も求められないしサハラで十分と思っている。
(逆に本流やエリアはドラグ性能の差など高いのを使うと差が出やすいと思っています。)
そんな渓流の話ですが今日はうーん・・・・?という感じでして



4/16 地元の小川にて。
pic003_201704161235597fd.jpg

天気 くもり
時刻 7:30→8:50(1時間20分)
ウエーダー引っ張り出してきて少し川を漕ぎながらの釣りを。
こういうポイントで張り出している木を気にせずにキャストするために
ミニバチを渓流にしたんだから、と本来の目的としていた釣りを展開する。

この川のこのポイントはエサが割りと流しづらく
それでいてなかなか木が邪魔で長いロッドだと投げづらいが
ミニバチなら問題なく振り切れるのが生きると思っている。
案の定魚は結構いるしチェイスは・・・・ある。

しかし、30分程度有るき回るもキャッチに至らない。
というよりもフックアウト多発なのだ。
魚がしっかりバイトしてそれに合わせてフッキングさせるが
どうも途中で魚がバレてしまう。バーブレスならそれも仕方なしと思うのだが
トレブルの方のルアーを使っても途中で落ちてしまう。まいったな。
pic004_20170416133900223.jpg
ようやくリュウキ45Sで1尾を取った。釣り開始からすでに40分もたってだ。
サイズも15センチほどということでもちろんリリース。

結局この後悶々と更に30分釣りをするがもう1尾をAR-Sでとったところで撤収。
pic005_20170416135115a90.jpg
これは小さいように見えて22あったのでキープしました。
AR-S#2で。

魚がしっかり追ってきてバイトしてるのに外れるとなると
まず一番最初に疑うのはフックなのだが、シングルバーブレスなら取れることがあっても
トレブルで取れるのはちとおかしい。
となると今度はラインを疑うのだが現在使っているPEでも先日までは
さほどこれと言ってバレ連発している状況ではなかった。
ロッドもそう。確かに固くて弾きやすいところはあるとは思うが・・・・。
次回釣行では巻き合わせへの変更など合わせ方をちょいと変えてやってみようと思う。
ミニバチで渓流などやってる人も他にいるとは思えないし
なんにしろ手探りで自分で改善していくしかないってのは難しくもあり楽しくも有る。



今後の予定など
4/14の清水川釣行の記事は後ほど。
4/16夜 陸奥湾へメバリングの予定
4/23は激荒ミンチもって男鹿方面へ
来週からぼちぼち本流も開始、サクラ狙っていきます。
多分5月最初の休みもチヌフカセになると思います。
例年通り5月末~6月に最初の北海道遠征を行います。
行き先、魚種などはまだ未定。エリア以外もあり得るかも?
地元のエリア釣行は友人らなどの誘いある時以外は6月まで無いかも。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

久々のフィッシングエリアUKへ。

PCがようやく帰ってきました。
そして4/9のストーリーガッツリ書いていたのですが
書きかけだった内容が全部ぶっ飛びました(´・ω・`)

なのでざっくりとだけ書いていきます。


4/9 青森県新郷村「フィッシングエリアUK」にて
pic001_20170413060944660.jpg

時刻 9:00→16:00
天気 はれ

プチ鱒大会を遠くに見ながら久々のUKへ。
今回はシマ氏ともう一人初心者さんを連れての釣行。
全体人数では約30名。開始は田んぼがわから。

開始はスプーンから初めたが反応がイマイチで結局はクランク。
上浜でもクランクが良かったこと考えると春はクランクなのかね。
それとは別にボトムは割りと良くてバベルGT、シャインライドで拾う。
放流はロールスイマー→ノア→ウルトラベスパ→再びノアで。
前回釣行からリバーオールド社のウルトラベスパを購入して使っているが
正直まだ全然感触がつかめない。どう使えばいいのかなコレ?

放流でノア2つほどブッチされたけど午前中は大サイズ2匹キープ完了。
同行者2名は午前券なので午後からはソロ釣行。
渋めだったんでBFをメインにして拾っていき、1時ちょいから小マスもキープし始める。
巻いているラインはどれれもコレも0.8号~1号のラインなので
メバリング用に巻いてあった0.3号のエステルをつかってみるが
3匹ほど釣ったところで良型ブラウンにあっさり切られ使ったことを後悔。
いや、後悔先に立たずか。

2時ちょいにインレット側に移動して空気読まないブラウンなどと遊んでいたが
脇から入ってきて執拗にラインかぶせてくるクソフライマンに文句つけたり
あまり楽しめた感じではなかったかな。すごく上手いフライマンもいたし
別にフライマンが全部クソだとは言わないけど、この日はほんと
「どうにかしてるよ」といいたくなるようなフライマンばっかだったな。

最後はエサ池で城峰オリカラ"二代目なおちゃん"でザクザク拾って終了。
このカラーはローライト時に圧倒的威力を発揮するのね・・・。
しまったな予備分も買っておけばよかった

今回のヒットルアー
(スプーン)
pic001_20170414225501d12.jpg
ノア
ハイバースト/オオツカオリカラ
QM
ペンタ/自塗
ウルトラベスパ
カランバ×2
グレッチ/自塗
BF×4
リベロ/自塗
ロールスイマー
バベルGT×4

(プラグ)
pic002_20170414230224138.jpg
パニクラ
クラピー/オオツカオリカラ、自塗×6
つぶアン/城峰オリカラ ×2
こしアン/オオツカオリカラ
シャインライド×2
ベビーバイブ
ザンム
イーグルプレイヤー/越トラオリから
シュヴァーンシャッド/アイランドオリカラ

殉職者はBFが1枚、ノア2枚、バベルGT1枚だったかな。
pic003_20170414230226335.jpg
サイズは驚くようなサイズは釣れませんでした。
それでもM券リミットの大4尾、小30尾確保には成功。
小マス30尾はなに、2~3時間位あれば余裕だろうと
1時過ぎ辺りから真面目に揃え始めましたがネットから逃げられたりして
ギリギリまでかかってしまった。ぐぬぬ



前回の上浜釣行から続けて違和感が残る。
全く釣れていない、というわけでもないがしっくり来ないこの違和感は
次回釣行(4/14)の釣行で更に顕著に。

ということで次記事に続きます。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

15分朝練一本勝負。

タックルケースをだいぶ整理しました。
エリア用に突っ込んでいたシャッド類はフック交換してバス用に戻したり
追加でやってくるカランバのためにスプーンの一部をリストラしたり。

現状でエリア方面はスプーンちょっと増強すればいいかな程度で
プラグ類は満足しているというか、釣りスタイルを絞り込もうかと考えているので
そろそろあれやこれやとタックルのスリム化をすすめていく予定。
金もなかなかにかかったがようやく使用ルアーがしっかり固まってきたことが嬉しい。
エリア釣行の話はちょっと後回しにして先に今朝ちゃっちゃと済ませてきた釣りの記事だけ。



4/11 大館市市内にて

時刻 8:45→9:00
天気 くもり

朝車移動してたら急遽用事が入り脇道にそれる事になり
せっかくそこまで来たならと用事をさっと済ませ15分一本勝負を。
はじめてこの流域を車で走るがめっちゃススキ。超ススキ。
このワードを言うとだいたいどの川速攻でバレるレベルで超ススキだった。
ちょうどよく落ち込みになっているポイントを発見したので
とりあえずリュウキでざっと流してみるが反応はない。
高台から投げているのでフラッシングを十分に出せていない?
確かに民家がそばにあるようなポイントではあるが形状考えると魚が居ないはずがない。

んー。
高い場所からしっかり沈めれてスローに攻めるとなるとやっぱコレでしょう。
というわけでブレットン#2を出して流れにのせてドリフトさせてくると
pic001_2017041119512385e.jpg
居た居た。ヒットルアー:ブレットン#2
もちろんリリース。
AR-Sでは軽すぎる上に高すぎて攻めづらい、
ミノーで攻めるような流れではないしスプーンか、スピナーだと思ったんだよね。

昔はスプーンならスプーンのみで、ミノーならミノーばっかで全域やってたし
知り合いだった人たちもそんなスタイルばっかだったが
エリアをやり始めた影響か、ポイントごとに一回一回ルアーを変えるスタイルになってしまった。
どっちが正しいとかって言うわけでもないしシーズン通して同じ種類のルアースタイルだって
良いとは思うが、ルアーをチョイスする楽しみ、これもなかなかオツなものだと思う。

※4/11に予定していたエリア釣行は釣行先の風速が8mだったため延期しました。
ウキウキランドも最低10日ほど休業に入るし行き先は清水川1択なので、
天気次第で行き先変えるのができないのが辛いところ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

今日の米代川(4/8)概況

本日分で「米代川の概況シリーズ」」は終了となります。
あとは気が向いたときだけ。

4/8 13:00 米代川中流域
pic001_20170408213147f60.jpg

天気:くもり時々小雨
濁り:強めの茶系の濁り(前日よりは改善)
水量:+0.44 ※増加傾向
本流での釣りは不可能と考えたほうが良い。

一人だけ増水;濁流の流れにフライを投げてた人が居たが
釣りになっているのかどうか自体正直良くわからない感じでした。
1日を通して比較的気温は暖かめで雪代も絶賛増加中。
加えて上流部には多少の降水があったようで水位も上昇中です。
ただ、全域で一気に雨が降ったわけでもないので
もしかしたら下流の支流ならワンチャン有るのかもしれません。
(もちろん保証はできません)



本流がこの調子なのでちょろっと里川へ向かうも
白鳥が一匹取り残されてるようで釣りには不向きと判断。
もう一箇所目ぼしいポイントに行ってみるも
pic002_20170408213839954.jpg
pic003_20170408213841d46.jpg
明らかにエサ釣りマンが魚抜いていった痕跡あったので撤収。
根掛かりなどでウキが切れてしまったとかなら仕方ないとは思うが
仕掛け入ってきた袋とか散らかしていくんじゃねえよ・・・

若干手持ちぶさだったのでバスの溜池の様子を見に行く。
あいにくバス用の道具は車にまだ積んでいなかったけど
魚影が有るか確かめるだけでも十分な収穫だろう。
pic004_201704082141194cf.jpg
水中に青いのが見えたので例の回収機を取り出して引っ張ってみると
あまり見たこと無いクランクがひっついてきた。
法律的な観点から見ると
水中に引っかかっているルアーは無主物なるから拾った人が所有権主張できるんだっけ?
(当然ながら陸地においているのを拾うのは窃盗にあたるはず)

多分一冬どころか1年位は放置されてる痛み具合。
目の感じがYO-ZURIっぽいルアーだけど自分がなくしたと主張する人いれば連絡ください。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

ゼスタ・ブラックスターTZが届いたので早速海へ。

ノートが死んでるのに自室のPCの音が死んだ。
完全に音が出なくなったのならまだ良かったのだが
中途半端に高音域と低音域だけが出ない感じに。
となると怪しいのはドライバ関連と判断して
ドライバ全部更新やらとっえとっかえしてそれでも解決しなくて
断線や半刺しなども含め色々チェックしたんだけど
最終的には数年前まで使っていたUSBサウンドボードつかって再復帰。
なんとか表面上の問題回避には成功したがこりゃそろそろ
新しいのを新調しようかなぁ・・・・とお財布と相談し始めたところです。

ちょっと前まではこういう作業スラスラ出来てたんだけどなぁ。
windows10になってさらに複雑になったというのも有るんだろうけど
こういうことに対応できなくなりはじめて、コレが老いなんだなと感じる。


4/5 青森県青森市にて

時刻:21:30→0:30
天気:快晴(ただし暴風)

さて、この子が届きましたよ、と。
pic001_2017040619485885e.jpg
ゼスタ・ブラックスターTZチューン S510
スペックだけ書いていけば 
5ft10インチ、トルザイトリング搭載、
ルアーは0.2~5g、ラインは3lbまでだったかな。
お値段定価で35000(+税)という感じでミドルエンド位の価格かね。
でも価格の高いもの=良品という図式は成り立たないことは覚えておきたい・
免責は8750だからまぁこの辺は普通かと。

N氏から「今こんなの釣れてるよ」とかいう25アップのメバルの写真が届いたので
そりゃーこんなの見せられたら行かないわけにも行かないっしょ!ってことで
買いたてのロッドを持って幾つかのポイントに検討をつけて車を走らせる。

風はかなり強い。
しかし逆に言えば風を背にすれば軽いジグヘッドも遠投が可能になるし
昨晩巻いておいたエステルの0.3号といった超細ラインの真価も引き出せるというもの。
早速セッティングに掛かる。

ん?
んーーーーーーーー?
んーーーーーーーーーーーーーーー?

リール忘れてきちゃった(・ω<)
いやまいったね、以前ロッド忘れてきてからと言うもの
ロッドに関しては毎回チェックしているものの、リールのチェックをすっかり忘れていた。
しかし今回は運がいい。車には渓流のセットが積んである。
そこからリールを拝借する。うーん、フロロ4lbか、この暴風の中どこまで影響が出るか。
とにかく0.3や0.5といった超ライトリグは無理だろう。
まずせっかく太いの使ってるからということで3gのジグヘッドにグラスミノーSの組み合わせで
幅広く攻めていく。うん、このロッドだと3gも超余裕でぶっ飛ばせる安心感はある。

が、どうもはやり沈みが早すぎるのか反応がない。
続いてプラグとしてユラメキを投げてダートアクションで引いてくるが反応なし。
じゃぁ妥協して1.5のジグヘッドにマイクロクローラーつけてぶん投げるかとやってみるが
あまりの強風で驚くほど飛距離が出ない。そのくらいこの日は風が強かった。
というわけでこんなクソッタレな風を真正面に受けるポイントで粘るよか、
足で稼いで一つでも多くのポイントを開拓した方がいいと判断。
航空写真を眺めながら風裏になって、それなりにストラクチャーが・・・・うん?
ココ絶対魚がついてなきゃおかしいだろうというポイントを発見。
もちろんメバル向きのポイントじゃないにしろ、まずは1匹ということで
pic001_201704071950199ba.jpg
最初の1尾は小さなソイでした。
一匹目はさほど「?」てな感じだったけど2匹めから「なるほど」に変わる。
pic001_20170407233716328.jpg
もちろんちっこいのでリリース。
持ってみた感じではアジストと同じような操作性重視の硬いロッドだが
使ってみるとそのフィーリングの違いは結構ある。
4lbフロロという太めのラインを使っているのも有るんだが
確かに手に伝わってくるもの、操作性は違う。

となるとこういった感じ・・・?と考えながら操作していくと
pic002_201704072341000a8.jpg
ふむふむ。操作性自体はアジストよりもちょっと鈍い感じでは有るものの

pic003_20170407234218ba3.jpg
かかってからの魚とのやり取りの感触はだいぶ違う感じで

pic007_20170407235236862.jpg
トラウトロッドでもない、バスロッドのようなぐいっとしたパワーが有る。

pic006_20170407234551219.jpg
細身でありながらしっかり筋肉質というのがもしかしたらちょうどいい表現かもしれない

歩きながら魚をひょいひょいと拾っていく。
サイズは伸びない。、ソイは24cmがマックスで、
メバルに至っては15センチ位が最大だった。
しかしながらとにかく釣れた。エリアでの放流取りかよと言わんばかりに。
多分あまり考えないような場所だったことも有るかもしれない。
23:30で場所移動するまでに、この辺のポイントでは30匹以上の釣果があり
ロッドのテストをするには十分すぎるほどの釣果だった。
今回は良型メバル以外は全てリリースを前提とした釣りを行っているので
基本的に魚には一切触れないでリリース。
まぁ、写真取るならバス持ち+接写が大きく見えるんだろうけど
今年はリリースにあたってもバス持ちもしないことにしているんでね。
いずれにせよこのポイントは魚影が濃いので次回釣行も楽しめればいいなぁ

少し移動して今まで全くノーマークのポイントに入ってみる。
浅い。めっちゃ浅い。しかし昨年夏こういうポイントに連れて行ってもらい
それなりにいい思いをしたことを思い出すと、
こんな浅場なんかでも魚がいるんじゃないかと思うし、馬鹿にできないなと考え
数投やってみて気づいたのは飛距離不足とはやり太いラインだと
しっかりした感触が伝わらずなかなかしっくり来なかった。

最後は冬に来たとき「きっと暖かくなるとここにも魚入ってくるだろう」と予測した所。
シャローでは有るが多分最初に入ったポイントと性質は似ているから・・・・
pic010_20170408001933379.jpg
pic009_2017040800193237c.jpg
期待していたナイスサイズではなかったものの、
やはり予想通り魚はしっかり入っていた。(この他にも3キャッチ)
きっとちょっとした変化で良型も入ってくれると思っているので
陸奥湾に遠征したときはちょくちょく見ていきたいと思う。

結局3時間で40にちょっと足りないくらいキャッチできたが
お目当ての良型メバルにはお目にかかれなかった。
しかし焦る必要はないだろう、まだまだこれからだしね。
近いうちにまた陸奥湾遠征を行います。


今後の予定
直近の予定は
・磯→チヌはまだ早い。ホッケは未接岸。
・本流→チョコレート濁流で多分無理
・渓流→もう少し雪がしっかり消えてから
・バス→八郎潟の流入河川がアレだと思う。
・・・と、ここ数日の雨でどれもうんこになってしまったので
4/9:フィッシングエリアUK釣行
4/11か14:エリア半日釣行
4/23:磯でチヌフカセ(たぶん男鹿・入道崎付近かな~)

という感じになりそうです。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

今日の米代川(4/7)概況

釣行記事もあるのですが先に。
割りと仕事きっちり入ってきて夜になると疲労で結構辛い。

4/7 米代川中流域 8:30頃
pic001_20170407094523f53.jpg

天気 くもり
濁り ほぼコーヒー色(昨日より大きく悪化)
水量 +0.75 ※増加傾向
(4/6 8:00 +0,08)
釣りをするのは無謀レベル。


昨日朝の時点でほぼ釣りは厳しいレベルに加えて、
昨日夜の雨で更に大きく水位上昇。
ほぼ濁流と化しているので本流でのサクラは数日無理だと思います。



釣行記はでき次第後ほど。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR