だって十和田湖ばっか行ってたし

えー、間が空きました。
実は先週、今週とずっと十和田湖にかよっていました。
なので、何か書こうと思っても同じことなっちゃうなーなんて思ったので
放置しっぱなしになっていましたが、とりあえずある程度まとまったので記事化を。



6/4~6/15 十和田湖にて。

まずは写真を貼り貼り。
pic002_20170615221133cbd.jpg
クソみたいに風が強い日もあったし

pic003_20170615221134034.jpg
清々しい朝だった日もあったし

pic004_20170615221135109.jpg
幻想的な霧の日もあれば

pic001_20170615221135e66.jpg
横殴りの風でしんどかった日もあるし

pic005_2017061522113638d.jpg
桟橋で出会った人も結構いたし

pic006_20170615221150b7f.jpg
満員御礼だった日もありました。


もちろん釣果の方も
pic008_2017061522153312e.jpg
だいたい平均で5~7尾/2~3hくらいのペースだったけど

pic007_2017061522153251f.jpg
アホみたいに釣れた日もあるし(※一部T氏の釣果含む)
ボウズだった日ももちろんあった。
その辺を踏まえてこの時期のヒメマス釣りを再度考えてみよう。



Q:ぶっちゃけ何を投げれば釣れるか。
A:自分のヒットルアーを見ていくと0.7g~19gのメタルジグまであまりに幅広い。
釣ったことが有るルアーを列挙していくと
ブラインドフランカー0.7g ジギルjr1.1g T-サーフェス1.2g ウルトラベスパ1.2g
リベロ1.2g/1.5g ハイバースト1.6g/2.4g ノア1.8g  ハイバーストX 2.2g
ロールスイマー2.2g CE4.5g チヌークS4.5g AR-S#2
リュウキ45S/50S/70S、Dコン、ブラストイットミノー、デンス
ザンム、つぶアン、ディープクラピー、エアーブロー、プリラ
メタルジグ(教えてもらったルアーなので秘密)19g 
pic010_2017061607574598b.jpg
あくまで一例。

pic011_201706160757477e6.jpg
自塗りの秋用のほっちゃれスペシャルでももちろん釣れます。
まだ抜けが有るかもしれないが個人的には「つかうルアーはなんでも良い
と結論をつけざるをえない。とにかく色々投げてみたが本当に全く話しにならんといったのは
下に書くが、うまくレンジキープできないようなタイプが主だった。
そしてそれらの使い方を考えていっても
ジグはスローピッチジャーク、ハイピッチジャーク、ワインド・・・どれでもOK
スプーンは巻き、フォールいずれもOK(※ただしただのダダ巻きでは反応は鈍く、
デジ巻きなど~~みたいな感じの形の小刻みなアクションを入れると良い)
ミノーはシンキング系を使い幅広い層をトゥイッチ、ダートアクションで誘っていけばOK
・・・ってぶっちゃけ何やっても釣れるじゃんという話になる。
実際それで釣れたんだから仕方ない。

しかし見ていくと全く釣れない(貧果に終わってる)人は割と多い。
じゃぁ何が大事かといえばレンジキープ力だと思う。
活性がいい姫マスがどの層に居るのかを考えながらヒットが出たら
とにかくそのレンジを攻め続ける。湖の釣りってこうやるんだなってのを思い知らされた。
それとやっぱり回遊している魚なので全く居ないっていうときもあった。
しっかり時間が取れた釣りの場合は場所移動重ねて群れを見つけれるけど
短時間釣行の場合は駄目なら即終了ってケースも有る。


Q:じゃぁ、どんなタックルで行けばいいの?
ライトタックルならUL-XULの5-7ft,リールは1000-2000相当。
ヘビータックルならサクラ、メバル、シーバス、バス用7-10ft,リールはそれに合わせたもの。
って・・・それなんでもいいってことやないかーい!ってなる。
それで良いんです。ただ、闇雲になんでも良いかと言われるとまた別で
ヒメマスの場合は合わせたときなど口切れ、途中でバレるケースは非常に多い。
なのである程度竿の弾力が有るものでしっかり「乗せ」ができるロッドのほうが
バレ率は低くなる。この辺がライトタックルつかうメリットで、攻めれる範囲は狭いし、
手返しが低くなる代わりにぐっと竿に載せることでバレにくく出来た。
(自分の場合ライトタックルは、アイビーライン・シンクロナイザーエボリューション+鯵の糸
の組み合わせで感度重視+しっかり乗せ気味にできる組み合わせでやっています。)
ヘビータックルの場合はとにかく広範囲を手返し良く攻めれるのがメリット。
沖でじゃんじゃんかかるのにライトタックルでは届かない・・・そういうことも何度か。
確実にルアーで取りに行きたいとなるとヘビータックルも持ち込むべきなのだが
やはり竿が硬いと結構バレてしまうので完全なヘビータックルよりも
5-10gくらいのライトジギングの柔めのロッドが一番バランス良いかとは思うけど
そんな感じのロッドは持っていないのであくまで「多分」というところで。
(自分の場合ヘビータックルは、7ftバスロッド(ガイド他自分で換装済み)+PE1号、
リーダーは12lbを使用して重めのルアーもしっかり投げれる組み合わせにしています)

後はヒット後口を切らさないようなランディングが必要だけど・・・・まぁ
全部手取り足取りじゃつまらないだろうから各自の課題、ということで。
アジングやエリアやってる人は普通にやってることだしね。

ここまでがあくまで「ゲームフィッシングを楽しむ」という立ち位置での話。
無論どうしてもヒメマスがほしい!というのであれば素直にサビキ釣りを勧めます
トラブルになってるのを見かけたことがあったのでエサ釣りの場合も竿出す本数の厳守と
ルアーの方もラインのたるみ具合も計算した釣りになるので気をつけないといけません。

今年の解禁は残るは3日。18日の釣行は北海道の遠征を考えていたのだが
断れない仕事がぶっこまれてしまったため磯かエリアかヒメマスか、
はたまたその両方取りかわからないが近場で済ます予定です。


今後の釣行予定
6/18 磯フカセもしくはエリア、湖。
7/2  北海道遠征予定
6/21~(数日) 近隣の貯水池などでバスの生息調査
7/1  鮎のルアーフィッシングにちょっかいを出してみます
7/1~ ようやくシーバスはじめます。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

磯を諦め雨のウキウキランドへ

前日の夜の話。

PCで天気や風向きなどを確認しながら渡船に電話してみる。
「これマジで釣りになるんかね?」
「北西だし空いているのは男鹿だと戸賀~椿辺りまでの地磯くらいだな」
「船は?」
「出せるか全く見当つかないってさ」
「結論・・・・・う~ん、これは延期!」

というやり取りがありまして磯仲間の方は一応は道具は持っていくけど
「潟上市のO釣具店に買い物しに行ってくるわ」ってことになり
私は磯セットをぱぱっと仕舞いエリアの道具を車に積み直す。
こういうときは様々な釣りを嗜んでいるから釣りの選択肢には困らない。
川が濁流なら海へ、海も時化ってるなら、エリアか湖へ。
暴風雨などで近隣が釣りにならないなら遠征へ。釣りバカですな。
今回の行き先は青森県のウキウキランド。そしてそこかーらーのー十和田湖。


6/4 青森県新郷村 フィッシングエリアウキウキランドにて。
pic003_20170605212249e77.jpg

時刻 9:00→12:00
天気 曇り時々小雨

休日のエリア釣行は4/9日以来。なんだかんだで放流取りなども2ヶ月ぶりかぁ。
ルアーの釣り人は全部で7~8名かな?遠征組なのか、関東ナンバーの車が居たり。
今回は田んぼ側、アウトレット側に入りました。まぁインレットは混んでたし。
開始はノア1.8g鉄板STで開始する。
アウトレット駐車場側ではポコポコと釣れてきてるけど
上から下までざっとやってみても「?」といった感じのショートバイトのみ。
うーん、どうすっぺなぁ・・・・なんて考えるといきなりズドンと大物がヒット。
1尾目はいきなり60アップ。ううむ・・・・?
ならばM券の大物リミット分のもう1尾を取ってみようかということで
カランバやミノー、シャッドぶん投げてみるもどうも反応は鈍い。
さてどうすっかな、と考えたところでT氏到着。遅刻30分。
「どう?」って言われたので「大物もう1尾取るか小さいの揃えるか迷ってんだけど
小さいの取るならエサ池行けばいいしなー」なんて話をしたんだけど
ルアー池のほうが小さい魚もコンディションいいんじゃね?という話になって
じゃぁ・・・ということで大物タックル(ブラックスターー+フロロ1号)から
小型マス用のシンクロナイザー+フロロ1.5lbに変更。
小型のルアーを中心に展開するとコレがまぁ、釣れる、釣れる、釣れる。
グレッチを中心に釣ったのだが圧倒的に反応が良かったね。
2個ロストしたけど。
シーレーベルの製品ってアドロワはよく見るけど、グレッチほんと売ってないし
自分としては結構お気に入りのルアーなんてストック増やしたいんだけど
通販関係探してもまとまって売ってるところが全然ないのよね。困った。
先日無くしたブラストイットミノーの66Sもまさしくそれでどうしたものかなと考えてる。
後述するが、同じような動き出せるかな?と思って使ってみたブラストイットミノーの
ボトムリッターは全く見当違いの動きになってしまうし・・・66Fが動画の動き見る限り
一番近いんだけど縦のダートアクションで飛び出ないかが問題かなぁ。

っと話はずれた。
10時半ころ、放流が入る。
最初ロールスイマー2.5で攻めるがピンと来ない。
ならばとQM2.8北関東鉄板巻くと、はい、ビンゴ。
もう明らかに色落としてもいいでしょと思うようなところでも
当たりが続き、いつぞやのシグネイチャーの早乙女、
あとはクラピー、つぶアンなどで拾った後、もしかして・・・・と思って
シャインライドでボトムネチネチ攻めれば・・・はい、来た、と50アップ確保。

11時、M券リミットメイク完了。
荷物をまとめ車に放り込み、ファントムTRだけ持ってエサ池へ。
ミノーをザクザク投げていく。うーん?さほどあまりいい感じの魚は出せなかったけど
今回から仲間入りさせたシルバークリークシャッド(復刻版)と
DENS50USがいい仕事してくれたかな。
pic001_20170605212247dfc.jpg

更に移動などしてみたけど魚がコレでもかというくらい居たので
バジングの練習もしたんだけどまぁ、なんていうか。
改めてヘッタクソだなー自分と思いましたヨ、はい
それでもリミットはすぐに揃えれたし釣果もそれなりに出たので良かったのかな。
うん、雨がクソッタレだった割にしっかりした釣りになったので良かったとしておこう。

今回のヒットルアー
pic004_20170605231110ee8.jpg
(左上から)
カランバ×3
QM×2
DENS×2
シルバークリークシャッド
シャインライド
つぶアン×2
(左下から)
ロールスイマー
ノア
ドーナ
グレッチ×2
BF
バベルGT
クラピー×4

殉職者
グレッチ×2

釣果
pic005_20170605231437261.jpg
M券リミットの40アップ×2、それ未満×20。



午前中で早めに撤退なんてらしくないじゃない?
いや、この日はダブルヘッターなんですよねぇ。
というわけで、次記事で。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

春の十和田湖、オカッパリでのヒメマス釣りを考える。

日曜日の天気と波の具合がまるではっきりせず現在予定が全然立ってない。
メインの予定としては春磯最終戦ということでチヌフカセの予定で、
道具なども増強を終えている。
pic001_201706011127592df.jpg
ついでに私はウキはカン付き派です。まぁ、もともとは棒ウキラブ派だったし。
ラインは競技チヌにする予定だったんだけど
少し比重が軽めだったので同メーカーのテクニシャンネオに。

まぁ時化てるんだったらエリアフィッシングなど他の釣りになる予定だが、
ギリギリまで天気と相談ですね。
北西なのでまだ入れる場所はそこそこあるのが救いか。


じゃぁ磯行かなければ何処行くの?候補は?
という選択肢の一つが今回の釣りの内容になりまして・・・・・


6/1 十和田湖にて

時刻 5:20→7:15
天気 はれ

選択肢の一つ、それは十和田湖にて陸っぱりでのヒメマスのルアーフィッシング。
ちょっと前の記事でさわりだけやりましたが、現在十和田湖は6/20まで
ヒメマス、サクラマス(6/1~6/20)が解禁されています。
しかし実は案外岸から釣れるのもあまり知られておらず、
多くの人は今時期はボートでサビキで釣るんでしょ?的なイメージだと思います。
現に私もそうでした。やる人は居ても今まではマイナー、もしくは
1日かかって数尾なんでしょ?と言った感じだと思います。
でも実は・・・?というのが今回のストーリーです。

まぁああだこうだ言う前にまず何よりも、
朝の素晴らしい十和田湖の風景でもくらいやがれっていう話です。
(※クリックで大きい画像になります。)
pic002_20170601115304172.jpg
桟橋有りver


pic003_20170601115307b16.jpg
桟橋無しver

ね?別にひめますが釣れようが釣れまいがこの風景見るだけで全部許せるでしょ?
自分でも思わず「はえ~すっごぃ」って思わず出たからなぁ。
ともあれ桟橋有りのほうがなんか趣が有るな。



釣ってみて思っているのが「低活性の集団のヒメマス」と「高活性の集団のヒメマス」
2つの集団があるんじゃないかなと考えている。
高活性集団のヒメマスにあたると、ルアーの種類はあまり問わず
とにかく表層~やや下までのレンジをある程度の速度で巻いてくればOK

5/26の釣行の際はザンムやクラピーなどの水面1m程度の場所でヒットが多発した。
しかし普段ライズなどがない時はこれらのルアーへの反応は正直弱いと感じている。
もしかしたらクランクは基本的な捕食スタイルとは離れているのでは?
と、考えている。

低活性集団は足下~少し沖の掛け下がりに待機していて、ボトムを攻めていくと出てくる感じ。
自分の場合は今日はリュウキ70Sを一旦ボトムまで落として、
ダートアクションで巻き上げからのボトムまで再度~を繰り返して攻めました。
ついでにこの日のこのパターンでは3バラシのみでした(´・ω・`)

釣りのスタイルは完全なヘビータックルでも、ライトタックルでも
どっちもやり方さえ間違わなければ問題なく釣れるのは間違いない。
ただし、攻め方やルアーチョイスはよく考えられたし、と言った感じ。

今回自分は2タックル持ち込みでどちらもライトタックルにしました。
開始はノア1.8gからはじめて、リュウキ70S、ザンム、ハイバーストなど
エリア用のルアーを中心に展開。
ノア1.8g(自塗)×1をあわせ切れ
ブラストイットミノー66Sが大物?に走られてラインブレイク。
ブラストイットミノーはもう入手厳しいやつなんだけどなぁ。
いっその事アイジェットリンクに直に問い合わせてみようかしら。

ヒットルアーはノア1.8g(自塗)、ハイバースト2.2g(オオツカオリカラFS.01)
リュウキとブラストイットミノーでは途中でバレてしまった(切れてしまった)

pic001_20170603170831d23.jpg

pic002_20170603170833d29.jpg

この日の釣果は4尾(8ヒット4キャッチ)
腹の中身はわかさぎの5cmくらいのやつが主でした。
ポロポロバレるので何かかしら対策を取らなきゃならないなぁ。
個人的には細軸/小型のフックへの変更が一番手っ取り早いと考えていて
例えばアイビーライン・マンティスフックナノ・ファイヤーワイヤー#10あたりだと
非常にやりやすいのでは?と思う反面、サクラマスがヒットする可能性も考えると
このフックじゃ力不足では?と思うことがある。
うーん、やっぱり現在使ってるダイワのプレッソマルチフックがちょうどいいのかなぁ?
悩みは尽きないが、いずれにせよ
「ヒメマス限定モデル!」とかいかにも的なルアーもあるけれど、
そんなのじゃなくごくごく普通のスタンダードカラーのスプーンで問題ないのは間違いない。
まぁ、秋と違ってオレンジに塗るとか小細工はまだ試していないですけどね。
(秋釣行に関してはこの記事参考で。)
いずれにしても、大事なのはレンジ。そして動き。
メタルジグや大型スプーンでもそれに関しては一緒。

ついでに今のところあえてトレブルフック使うという選択肢はない。


6/3 十和田湖にて
pic003_20170603184814c40.jpg

時刻 5:20→7:20
天気 霧雨、場所によっては風雨

マッハで風。
見た目以上の風にビビる。
さらに言えばしれっと上に着る合羽を忘れてきてしまった。
応急処置でゴミ袋を使って即席ポンチョを作ってかぶるも、
風が強くて写真のポイントでは1匹釣ったところで撤退。

今回はT氏との釣行だったのだが、
あれこれ風裏をさがしながら某ポイントに入る。
そこからは最初ミノーにこだわって投げてみるが反応が渋く
最終的にはT氏が連続ヒットさせているタイプの1.2-1.5gのスプーンに変更して
ようやくなんとかヒットを重ねることに成功する。
pic004_201706031919362d4.jpg
(※T氏の魚も含んだ写真です)
写真は6尾だが持ち帰りは8尾だったので最終的には自分の分は5キャッチかな?
ヒットルアーはリベロ1.5g(アールグラット)、ウルトラベスパ1.2g(リバーオールド)、
ノア1.8g(ロデオクラフト)だったはず。
ついでにヒットルアーのリベロは殉職。
更にはAR-Sもぶっ飛んで切れてしまい殉職でした(´・ω・`)

まぁ、今回はこんなところで。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

帰りの車で爆睡するマン

次のSteamのセールになったらスターデューバレー買うんだ・・・!
ってそんなの買っちゃうと絶対昔超ゲーマーだった頃の血が騒いで
釣りどころじゃなくなってしまいそうな気もするのだが。



釣れなかったので省略するが2釣行ほどスカを食らう。
5/29 十和田湖で。
pic001_201705312302124f0.jpg
T氏と一緒に釣りをするが2バラシで終了。
風が強すぎて全然あたり取れなかったのと、
ブラックスターじゃロッドの反発が強すぎでロッドに乗せきれないのが原因だった。

同じく5/29 大館市で。
pic002_20170531230335986.jpg
短時間一本勝負をしたけどアブラハヤ一匹で終了。
この野郎小さいながらもしっかりバイトしてくるんだなぁ。

とまぁ、このへんはサラッと報告だけしておいて
この不完全燃焼のもやもやな気持ちをどうしよう?
じゃぁ海でも行きますかということでまた陸奥湾方向に行ったのが今回の話。


5/30 平川市某所にて。
pic003_201705312306040e0.jpg
まぁ写真上げればこの辺ですな。すぐに分かるだろうけど

時刻 21:45→22:10?(1箇所目)
    22:45→1:20(2箇所目)
天気 はれ

釣りに行くことは決めていたのだが19時ピンで出ることが出来ず、
最終的には20時頃の出発と1時間押し押しの日程になってしまう。
ソルトN氏に行こうと思うと思うけどどんな感じ?と聞いてみると
ふむふむ、もういつもの場所はピークが過ぎた感が出てきた感じのようだ。
とは言っても、青森市に入った時点でもうだいぶ遅くなってしまい、
第一目的としてた某所方面に行くには時間が足りないということで
普段は紹介してもらったポイントには入らないのだが、手っ取り早く結果出したかったのも有り
いつものポイントに入ろうと向かっていってみるが
まぁ、人、人、人。それとまぁ、色んなスタイルの人は居まして。
アジがしっかり居るポイントに入れなかったのもあって肩透かしに会いました。
3匹くらいだっけ?多分取れたの。いつもはイレパクレベルなんだけど
端っこの端っこだとどうしようもなかったですね。

(話題休閑)
まぁ、アジ釣り一つとってもサビキスタイル、一本釣りスタイル、
アジングでも何もないところで釣ってくるスタンダードスタイルから
撒き餌でガッツリ集めてそこでアジングとか色々あるとは思う。
俺は大物のみキープ派だが根こそぎガッツリキープ派もいるし
オールリリース派も居るし、それらが分かり合えにくいのも分かる。
ルールが有る釣りでないんだからなんでもいいとは思うのだが、
アジングに関してはヘッドライト光を水面に落とすのはどのスタイルにおいても
マイナスにしか作用しないのでは、というのを思っている。
常夜灯など常に水面を照らすのは集魚力が有るが、動く光に関しては
明らかに魚を散らす/沈めてしまう効果が出てると思う。
自分はソルトに関してはルーツはシーバス・黒鯛のエサ釣りだったけど、
光を入れないのは鉄則で、それをすっと他の釣りでも貫いているのだが
割と現在はエギングを中心にヘッドライト照らしぱなっし派も多く居たりする。
色々釣りスタイルは有るとは思うが、出来たらアジングに行くのであれば
光を入れないというのが常識になって欲しいと切に思っている。

それを踏まえて。
エサ釣りをする場合「サーフライト」という商品がある。
まぁ、いわゆるデカイ電気ウキで、よく飛ぶし夜のエサ釣りではコレが大好きなのだが
この灯りは豆電球に赤いナイロンをかぶせて赤く発色させたウキである。
あくまで経験上の話なのだが、この発色が白のときと赤のときだと
魚の釣れ方に差が出ている感触が有る。(もう最近はシーバスのエサ釣りしてないんだけどね)
もしかしたら魚には白の光よりも赤の光のほうがプレッシャーが低いのでは?
コレがもしほぼノープレッシャーで水面を照らすことが可能だったりするのであれば
水中のストラクチャーなども目視でチェックしやすいし
赤い光のヘッドライトを自作してみようと思っているのだが、こういうことを考えている人は
他に居ないのだろうか。(まぁググればちょこちょこ出てくるんですけどね)
さらに言えば「ケミホタル」という商品もある。
コレも夜つかう際は赤色よりもロープレッシャーだと思う。
もしグリーン発光のライトがあれば・・・?とかなんとか。

まぁ後ほど実釣で試してみます。

(話題休閑終わり)

2箇所目に向かったのは上記の写真の港。
ちょこっと携帯ゲーを少しやってたのも有るが、時間押し押しなのに
更にゆったり釣り始めるという暴挙をしてしまうが・・・・・・

まぁ、それなりによく釣れる。
メインはベビーサーディンだが、マイクロクローラーやバブルサーディンでも問題なく。
それ以上何を語れと言われると難しいのですが
レンジとパターンがコロコロ変わる事以外は、普通によくよく釣れて文句なしでした。
回り見ると悶絶している人も居たけどやっぱレンジがポンポン変わると
ハマることもあるよなぁ・・・とかなんとか上から目線で見てたけど
自分も微妙な時間帯が結構あってまだまだ修行が足りないな~なんて実感する。

2時間ちょいで
pic004_20170531234815239.jpg
クーラーの60%くらいかな。
潮が変わってからは結構良型がポツポツ出たんだけど
到着時は小物中心だったり鯖が多かったりとリリースが結構連発で
そこそこのサイズに絞るとまぁこんなもんかなといった感じ。

pic005_20170531235003f62.jpg
ソイ、メバル類も合わせてキープは50ちょいでした。
オールキープでも悪くはなかったんだけど手がかかるからね……


帰りは例により途中のPAで力尽きてしまい、
起きたときにはすでに太陽は高くのぼってました。
ここ最近帰り道家まで休憩(睡眠)なしで帰ってこれないなぁ。
コレが歳と言うやつなのだろうか

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR