スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた新リールの魂入れにユーランド清水川へ。

ちょい前の話。
「あのー、すみません。活鯉って扱ってますか?」と。
まぁ、鯉なら以前市場経由で何度か取寄したことあるなと思って承り、
その件で発注をかけたら
「あれ?いつも取ってる養鯉場閉鎖したの教えてませんでしたっけ?
取り寄せするにしても関東から引っ張るんで活魚じゃチョット無理っすよ」
と。こりゃ困った。とりあえず色々あたってもらうも条件が折り合わず。
野鯉じゃ泥はかせたり寄生虫の心配もあるので却下
(まぁ、それ以前に沼はほぼすべて何処も凍結してるけど)
万策尽きるかーとおもいきやふと思うところがあってとある小さな釣り堀へ。
冬期間は営業してないのは知っていたけど聞くだけなら。
と、聞いたらなんと普段は売っていないが自分らで食べる分の鯉から分けてもらえることに。
完全天然湧水、しかも水量豊富のところで泳がせてるから品質は万全。
ダメ元でも聞いてみるものだなと。
しかも自分の楽しみがまた一つ増えるというおまけ付き。
話を聞くと鯉の需要がかなり減っていてココ数年養鯉場が一気に減ってしまい
この釣り堀でも以前は鯉も販売してたが今ではしてないとの話。
鮒釣りの釣り堀なんだろうけど今年の春に釣行予定。
私は何度か東京に行った際、山手線窓際から見るあのP箱に座って釣る
あの昔ながらの釣り堀をやりたいとずっと考えていたんだ。
もちろん、上京してそんな余裕が有るような楽しみ方は出来ないけれど
せめて地元でそんな雰囲気をあじわいたいな、と。



2/22 岩手県八幡平市 「ユーランド清水川」にて。
pic001_2015022313280385c.jpg

天気 晴れ時々くもり
気温 たぶん5~6度。日差しがあたたかい。
風  ほぼなし

関東地方では春一番のニュースが流れ、岩手県の海側の方では風が強い予報だったが
現地は服を脱いでも問題ないくらいの気持ちいい天気でした。

例により今回のヒットルアー
pic002_20150223133000971.jpg


(上段上から)
ロールスイマー(シマノ)
ザンム(ムカイ)
フォールゾーン(ディスプラウト)
(下段)
エグザ×8(ゴッドハンズ)

殉職者
エグザ×6
うち4個はイトウにスレ掛かりして終了。
なんかイトウが滅茶苦茶増えた気が。

今回バリエーションが少ないです。
それには色々理由があるのですがそれは本編で。
コレしかヒットルアーがなければ釣果は散々だろうな?
とおもいきや・・・

今回の釣果:80~90くらい
pic004_20150224104748198.jpg
70台×1
60台×2
50台×6

いくらでかくても少しでも婚姻色が出ているものは全てリリースしたこと考えると
持ち帰りのサイズ的にも決して悪いわけではない数。
マス玉が出た時点で常にその勢いをキープするため
腕が爆発寸前までとにかく釣り続けた時間帯が3時間ほどあった。
もう投げればすぐにバイト、周りの人を差し置いてガッツリ連発させてもらった。
え?持ち帰り上限10尾なのになんで9尾だって?
数えるの間違えてたんだよこんちくしょう!
最後受付チェックの時点で一尾足りないのに気づくとか
どんだけ耄碌してるんだよほんと。

てなわけで、色々あれこれった今日の釣行の内容は以下から。


pic001_201501241049011c4.jpg
先月我が陣営に加わったヴァンキッシュ。
多少ゴリ感が出ているものの、リールの軽さ、ドラグの出やすさ、
そして巻きの軽さと破格で譲ってくれたのが申し訳ないくらい非常にいい仕事をしてくれています。
ロートルや安物がメインのうちのタックル群の中において
エースなのは間違いなかった・・・しかしだ。
先日加わったおニューのリールはそれをさらに置き去りにするレベル。


つまり
pic003_201502231332417c1.jpg

ステラC2000S。
ダイワのイグジストと並ぶスピニングリールの最高峰なのであるが
わけあってうちの陣営に仲間入り。遡ること3ヶ月前。とある大物イベントに参加した所
ゾロ目賞としていただくことになりまして、本当に俺なんかでよかったのだろうか・・
と、はるかに上手い釣り人と申し訳ないとは思いながら有難く頂戴することに。
頑張ります、精進します。


てなわけで、ステラの試運転をしたいと思いいざ清水川へ。
今回はヴァンキッシュとステラの差異の違いを感じたかったのも有り、
途中まではヴァンキッシュを中心に、後半はステラを中心に同じ竿に装着して
違いを感じていこうと。(途中まではステラはミノーイング用の竿に装着)
とにかく数を重ねていくことを主題においてボトム系のルアーを中心にローテーション。

が、予想していた事態とはかけ離れた現実が。
もう渓流解禁1ヶ月を切るので早めに家を出て、普段行く河川を
下見を兼ねて工事状況やポイントチェックをして行ったら開始9時に間に合わず
10分オーバーして現地につくことに。
さらに、今回はいつにもまして人が多く自分がはいるポイントが殆ど無い。
受付の人も友人も、今日は人が多いなーと。
って、いつもいるめちゃくちゃうまい常連さんもいるしこりゃどうしたもんかと。

・・・てなわけで、今まで一度も入ったことのないポイントから開始。
インレット側、対岸といったところか。
このポイントは他の人が釣っているのを見てもあまりいい思いも出来そうもない場所で
何より手前がかなり浅めなお陰で遠投をしなければならない。
いつもとは感覚が違うがそれでもなんとかなるだろと思いスタート。

が、

なかなかに厳しい。近くに魚影がそんなにあるわけでもなく
開始1時間一匹も取れないなんてまさかまさかの状況で焦る。
魚がたまっているとみられる場所までは遠く、スプーンを中心に巻いていくも
どうも反応が鈍い。
その後何とかパターンを見つけて少しづつ放流も含めとるけど
どうもパッとしない感じ。てなわけで、こっからはもうなりふり構わず
エグザでガン釣りモードに変更。とにかく数釣って比較しなきゃどうにもならんし。
放流後なので、何とか釣り上げこっちによらせてマス玉を作る。
そのマス玉を切らさぬよう休みなしノンストップで釣り続ける。
といっても、最近はエグザやフォールゾーン、バベルなどこの手のルアーにスレ気味。
普通にお手本通りの使い方していても最近は続かないが(周りで使ってる人も居るけど
連発できずに散発的って言うパターンが多い)ちょいと使い方を替えると
コレが一気に爆発するようになる。今はちょいと企業秘密って言うことで。
とにかくそこからの2時間半以上にわたって、常に連発連発、
でかいのから小さいのまで腕がパンパンになるまで連続で釣り上げる。
グリップを支える人差し指のわきが擦れて軽く血がにじむまで釣るなんて久しぶり。
途中何度かイトウがスレ掛かりしたりして無駄に時間を費やしたりしたものの
とにかくマス玉が消える2時過ぎまではずーっと連発することが出来満足。
最後の最後で微妙に途切れてしまったものの、2つのリールを使うには十分すぎる釣果だった。

じゃぁ、バンキッシュとステラ2つ使ってどっちが良かった?と聞かれるとコレまた難しい。
違いを感じる事はできる。
バンキッシュは軽い。そしてハンドルが軽い。
ステラは上に2つの点に関してはやや劣るが魚をかけてからの馬力がすごい。
魚が急に走ったとしてもドラグがしっかり対応してくれるし寄せも強い。
安心感で言えばステラが圧倒的。今回イトウを含め大物をかけた時に
一瞬で走られてラインブレイクという自体は一度もなかった。
(ただし、やりとり中に結び目からキレたりはしたけど)
ついでにバンキッシュは一度だけ走られラインブレイク。
以前安リールを使っていた時に、一瞬で走られるとほぼルアーロストしてたこと考えると
ドラグの走りやすさがいかに重要かよくわかる。

コレまた別の話になるが、これらのリールが安物とかオールドと比較して
性能が価格に見合っているいるかと考えると難しい。
性能の劣ったリールだってドラグをゆるゆるにしてればそれなりに対処できるし、
どんな道具だってやりようによってうまく力を引き出せば負けず劣らずの性能は出せる。
ただ、これらのリールが明らかに良いものであることは疑いの余地はない。
2つのリールとも、自分がまだ十分ポテンシャルを引き出せているとは
到底思えていないが、それでも長く大事に使って腕を上げていければな、と考えている。

帰り際、養魚場の方とすこしばかり話を。
少しの時間といえど参考になる話が色々聞けてやはり、食べるにあたって
生産者の人にいろいろ話を聞いてみるのは非常に有意義だと再確認する。
医者に魚卵など、コレステロールの高いものはダメだぞ?
なんて言われてマスのイクラを避けていた(取引のある食堂さんなんかに
自家用で食べてね。と言って譲ってたり)が、問題ないならパクパク食べるかな。
清水川のニジマスは間違いなく美味い。
まぁ、不味ければとっくのとっくに持ち帰りなんてしないわけで
食って美味い釣って楽しい、だからよく通う。
日差しも暖かくなり解禁まであと少し。解禁までもう2回は伺いたいところだが・・・・。


八幡平市で温泉に入るのは非常にゆっくりできるが
同時に帰り道猛烈な眠気に襲われることが前回釣行で判明した。
そういうわけで帰り道に温泉を散策。

大館市「大葛温泉」へ
pic005_20150224120601902.jpg
以前から一度行こうと思っていたので少し回り道してみた。
入湯料が100円と破格の価格設定の地元民が通う公衆浴場と言った雰囲気。
温泉の質は癖もなくやや熱めだが自分にはちょうどいい。
湯瀬温泉なんかも泉質は自分好みだったがそれと同じくらいいい感じ。
しかし、備え付けのシャンプー等はもちろん、シャワーや蛇口すらない
浴槽も一つといった昔ながらの温泉だね(建物は新し目)
そういえば子供の頃通っていた銭湯なんかはこんなかんじだったなぁ・・・。
たまにはこういうところに入るってのも良いね。

pic001_2015022412132940c.jpg
天使は言ったんだ「風呂あがりは瓶コーヒー。疲れた体には定番、そして美味のコレ」と。
悪魔は言ったんだ「こんなところに来たんだったら、ココは一発ネタに走るべきだ」と。
私は悪魔に屈したね。そしてこう思った。


「このジュースはアカン」



次回釣行は3/1もしくは3/8を予定。
前者ならエリアフィッシング。後者なら海でロックフィッシュ狙い。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

毎度お世話になっておりますです

まだそちらは雪景色なんですね

こちらはもう花粉が飛び始めています・・(>_<)

ステラもらったんですか・・・すごい!
高価なリール大集合になるんじゃないでしょうか
何が違うのかわからない自分にとっては
ただただ羨ましいです

その飲み物は・・・風呂上がりには・・・ちょっと・・・

Re: こんにちは

自分でも身の丈にあってないのは重々承知ではあるんですけどね・・・。

ただ、今回こうやって応募して思ったのは
「何事も挑戦しないと始まらない」ってことかもしれない。
俺なんてゼッテー無理だからエントリーしないわ、応募しないわ
だとチャンスが0なんで無理だとわかっていてもとりあえず、
ってのもいいもんだなと。

あのジュースはここ最近飲んだ飲料でも最低ランクの味でした。
あれを開発した人間はどこか頭おかしいと思う。
プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。