教えるって、難しい。

最近これを書くときに使っているバッテリーの持ちが非常に悪くなり
新しいノートパソコンを買うべきか、もしくはまた海外から直輸入でバッテリー取り寄せるべきか
現在進行形で悩ましい思いをしている。
(ついでに日本国内で代理販売を探しても軒並み1万円代前半で、
それが海外直輸入となると30~40ドルが相場なので国内代理店は考えていない
しかし、返品は困難な上場合によっては到着まで3週間程度かかる)
さて、どうしたものか・・・・。




■ 7/5 岩手県八幡平市 「ユーランド清水川」にて

時刻 9:00→16:00
天気 晴れ時々くもり、時折小雨
気温 28度位(最高気温)

5日ぶりにユーランド清水川へ。
本当はウキウキに行こうかと考えていたんだけど
前回釣行時、持って帰ってきた魚の半分程度が産卵あけなどの要因で
痩せて食べるにはイマイチなコンディションな魚が多かったため、
今月食べる分の魚を確保しておこうかな、と。

というわけで、いつもどおり今回のヒットルアーから。(※印:初登場)
pic004_20150706110602045.jpg
(上段左より)
ミッツドライ(ジャッカル)
こしアン(ムカイ)
エアーブロー(ラッキークラフト)
ダイソークランク(ダイソー)
ザッガー50 F1(ハンクル)
ザッガー65/自塗装(ハンクル)×2 ※

(中段左より)
エグザ(ゴッドハンズ)×4
コロン(アイビーライン)
クラピーD4(ラッキークラフト)
熊王/自塗装(釣之屋)
ふわとろ 45F(シマノ)×2
ふわとろ 45F-D(シマノ

(下段左より)
キメラ(ネオスタイル)
フォールゾーン(ディスプラウト)×2
ジギル(ロデオクラフト)
イーリヤ(ゴッドハンズ)
ノア/シグネイチャーモデル(ロデオクラフト)
プレッソアダム(ダイワ)
ミュー(フォレスト)×2
ロールスイマー(シマノ)×2
QM/シグネイチャーモデル(ロデオクラフト)

殉職者
クラピー(有頂天カラーの白いの)×1
QM (北関東鉄板カラー)×1
エグザ×2
フォールゾーン×1

クラピーは何度も浮いてこないかアウトレットをチェックしてたんだけど
結局最後まで浮かんでこず・・・・。
持っているクラピーの中では一番実績があるカラーだった('A`)
運良く拾った人がいらっしゃったら大事に使ってください(´Д⊂

釣果:多分60は確実に釣れてるはず
無論ほとんどが40以上で更に大きい物の半数は50アップを多く含む。
いい加減そろそろ写真省略してみたんだけどどうだろう。
というか、キープした魚をまとめて写真に取るのではなくネットインした魚の画像を使おうかなって。
キープしたのは60台4本、40台~50台6本。


今回はちょいと導入部の話が長くなります。
加えて今日はへとへとになるまで釣ったのですが中身も色々濃かったので
あれこれ長い話になります、ご了承ください。




話はさかのぼって6月中旬の話。
ウキウキのイブニング大会で打ちのめされてきたわけなのですが
その時にいくつかの選手がココニョロのどキツイ蛍光ピンクを使っていた。
その印象が結構残っていたのだが、実は手元にあるこれ系のプラグが実は殆ど無い。
(というか、ココニョロ自体持っていないんだけどね。)
まぁ、なきゃないで別に困ることはない。こういう競う場でなければ。

・・でもこの手のカラー、欲しい。いや、ココニョロでなくても別にいいけど
例えばザッガーとかザッガーとかザッガーとか・・・・。
またダメな癖が出てきた。しかもミノー中毒も混じってるという。
でもコレという色がどうも写真ではわからない。
都会のように管釣りの専門店などがあるわけでもないし・・・・

じゃぁ、自分で塗るか?

って言うことでブランクのザッガーをMATさんから購入。
一本あたり700円位でかえるのがありがたい。
このくらいの値段ならバリエーション多く揃えるんだけどなぁ。
普通の完成版のザッガーだとその倍くらいするし、売り切れてるの多いし。
pic001_201507060701133e0.jpg
あんまりあっても仕方ないしとりあえず6本購入。(3パッケージ分)
今回のデザインはベースカラーにいくつかの飛沫系のデザインを。
クランクだと結構あるけどミノー系では少ないかも。
pic002_201507060704449fc.jpg
飛沫のカラーはだいぶ悩んだんだけどいくつかの候補から黒、茶系をチョイス。
後はタトゥーシールにプリントして貼り付けてさらに何度かのコーティングを重ねて
pic003_20150706070752feb.jpg
赤いやつの継ぎ目チョット失敗しちゃったけど、割とカラーはイメージ通りでたかな。
ザッガーオリカラ(自塗装)完成ということで。
一つはココニョロなどでも大人気の蛍光ピンクこれに独自の飛沫デザインを追加
一つはユーランド清水川で使われてるペレットをイメージしたカラー
一つは中華クランク自塗装版で一番実績のあった緑系デザイン
飛沫模様はデザイン系のフリー素材の一部をサイズ変更したり回転させたり。
それをそれぞれ色を変えたものを重ねて出してみた。
みどりのはもうちょい濃いほうが良かったかもしれない。
自分が中華クランクの模様の一つとして使っているデザインの
自称海海苔デザインっていっているんだけどそっち使えばよかったかなぁ。
まぁ、今回の釣行ではこの緑は使わなかったけど次回以降使用予定
ついでにこのやり方だと塗装が弱くはなるけど再塗装が容易というか
気に入らなかったらコーティングを剥がして全く別物のカラーを塗り替えれるのも強い。


pic005_20150706132219b0d.jpg

最近のユーランド清水川はよく混むので高速道路を使って向かった。
開始20分前の8:40分には到着。結構車はあるなぁ・・・なんて思ったんだけど
ルアーの方は釣り人が合計3人で開始と貸切状態での釣り開始。
このくらい空いてた時って殆どなかったような。
逆にえさ釣りの方は大混雑だったかな。(大物釣りコースの方も含め)

「こりゃ最高だね!」と、常連さんと話をしながら自分はインレット側から開始。
が、
渋い。
非常に渋い。

火曜日いった時は天国だったのに。
パニクラやらダイソークランクである程度ひろえはしたんだけど、それでもバイトが乗らず
こういう時はマメで勝負・・・といってもこれでも拾えない、なんていう感じで
こりゃ土曜に散々叩かれたりでもしたのかね?という状況。
放流までの1時間半を数尾程度のキャッチに留まる。

放流後は自分のタックルのライントラブルなどがあって
十分な時間は満喫できなかったものの、それでもそれなりにキャッチに成功。
ついでに今回はじめてエリア用PEラインが高切れを経験してしまう。よくよく見ると
どうも傷が入っていたらしく千切れるような感じの切れ方になっていた。
よりによって放流時間中にキレなくてもいいのに・・・・。
FGで結びなおして再開して・・・・なんとかそれなりの数を釣り上げる。

今回はインレット側に入ったのだが藻?浮草がすごくて結構厳し目な釣りになっていた。
具体的に言うと、インレット側の石周囲は藻が多く、キャストしてもあまり釣りにならない感じ。
逆側から回ってみたらそれなりに悪くなかったんだけど立ち位置が完全に悪かったかな。
そんなことで放流がなかったら空振りで疲れきった1日になっていただろう。
放流取りはロールスイマーの赤金からミューの赤金、それが落ち着いた後
QMの北関東鉄板カラーで拾い、(ラインブレイクでロストすることになる)
その後、ノアやQMのシグネイチャーモデルで拾い切りそこで一息ついた感じ。
数的にも結構この短時間で伸ばせたがいつもの放流時と比べると全然伸ばせなかった。
ぐぬぬ。

そんなこんなでだらりとやっていたんだけど、途中から来てた家族連れが苦戦模様。
子供には良いところ見せたいだろうし、持って帰りたいだろうし、
色々と大変だよなぁ・・・・なんて思いながらも横で連発ヒットさせていたわけだが
子供が見つめるんです。どこぞの大人は釣れてない子供の視線に弱いのに。
とりあえず大人の方に
「この手のルアーで沖まで飛ばせれば、あのへんには固まってますよ」
とはアドバイスしてみたものの、ラインの太さ的な問題なのか圧倒的飛距離不足で・・。
その後、家族が移動した後一回大物をヒットさせてて、ネット貸したりしてたんだけど
子供がてこてこ歩いてきて「パパは釣れてないのになんで釣れてるの?」とか
「いいなー、あそこのデカイの釣ってみてよ」とか言うんですよ。
パパがんばれまじでとか密かに思ってたんだけどなぁw
はい。俺そういうなのやられるとよわいんです。

ということで
『急遽開催、楽しい親子の釣り教室』(※通算4回目)

まぁ釣れない原因は道具だろうね。
大抵の場合、ラインが太すぎるもしくはそのラインに対するルアーチョイスがおかしい。
片方だけならなんとかなるんだけどね。いつか自分がたどってきた道。
コレに関しては以前こういう事あったよーって教えた際に、友人のT氏に
「竿折れたりしたら洒落にならんしょ。道具は大事に扱おうよ」
とか色々と苦言言われてたんだけどどこ吹く風か、
まーた一式全貸与しちゃうバカがここに1名。加えて常連さんのA氏にも全面協力してもらい
こっち側に引き込み家族連れとその釣れ具合に色々苦悶する釣りバカ2名の構図に。
(よくつり場ではあってたし時々軽くは話してたんだけど、実はあまりお互いのこと知らなかったのよね。
 今回の一件に乗ってくれたのはホント助かったし自分にとってもいい経験となりました・・・)

ついでに貸与したタックルは
ロッド アイビーラインシンクロナイザーエボリューション609
リール シマノステラC2000
ライン バリバスプレミアムPE0.2+シーガーグランマックス0.6号
ルアー ふわとろ、つぶアン他
A氏のタックルはさらにいいの揃えてるんだけど竿が硬いのが多いんだっけかな。
ロッド選びから色々悩んでいたけどさすが手練の釣り師らしくルアーチョイスはドンピシャ。
褒めても何も出ないよとか言われたけどやっぱ流石で
俺も「何使えばいいっすかねー、これ?これ?」とかアドバイスを受けながら
なんとかパターンを見つけキャストだけ自分が担当してバトンタッチ。
最終的にはふわとろ(シマノ)で表層をゆっくりダダ巻きパターンに落ち着いたんだけど
(魚も浮いていたし、クランクはダダ巻きでレンジもアクションもつけてくれるから楽。)
まぁ、子供が魚掛けるたびに外野2人は応援したりバレて悶たり、
何も事情を知らない周りの大人から見れば「頭おかしいよ」なんて
思われてたんだろうなぁ・・・なんていう感じで。
連れてきた父親さんにはルアーチョイス、ロッドやラインはこれのほうがいいよ、などなど
釣りをしながらアドバイスをして釣ってもらった。その辺Aさんに丸投げしたけど┐(´д`)┌
誰だよその家族連れに「ココで子どもたちに釣らせるように釣り教室やりましょうか」と
話を持ちかけた奴は!まぁ、俺だけど。
「俺氏は「どりゃ」とか「くいっと」とか「どりゃっと」とか擬音表現で説明し過ぎやw」と言われたり
まぁまぁ、いろいろ笑いあり喜び有りの釣り教室を1時間半ほど・・・・。
あれですよ、長嶋茂雄風の教え方なんですよ、多分。

てなわけで、子供には50~60のを数匹つらせれたし
父親さんにも自宅に持ち帰って食べれるサイズも釣らせれたし
無論その間は一切釣りもしないでつきっきりで教えてたけど
教える側としても楽しく、充実感ありまくりのひとときになった。
まぁ、教えた2人はその後の釣りがへとへとになって消化試合になってしまったりも。


終わった後A氏に感謝を伝えた時にも色々話したんだけど
先日地元の釣具店にいった際に、岩手にはこういう感じで釣りのインストラクター的な
釣りを専門に教えるボランティアが居て、子供に釣りを広める活動をしているんだけど
秋田ではそういうのもないし、とくに自分の住んでいる地域では
どんどんあちこちの沼や池、川などには近寄るなとか立入禁止処置トラれたりとか
若い子が釣りをはじめなきゃこの先先細りしか無いよねぇ・・という話もあって
何とかしなきゃなりませんね、という話はしてきた。
(もしそういうなのが開催されたらネイティブとエリアならボランティア募集されれば行きますけどね)

結局そんなことしても自分にはなんにも得はないんだけどまぁ、なんだ。
やっぱ子供がつまんなさそうに釣れずに悶々としてるの見るとなんか悲しくなるんだよね。
それで急遽釣り教室やってみたりするんだけどまぁ、なんだ。
ほんと頭悪いな自分って。損得勘定言うなら損しかないのに。



そんなこんながあって自分の釣りに戻ったのは2時頃。
隣同士で色々あれこれ疲れただの何なのグダグダと話しながら連発。
というか、放流入ってからずっと魚が釣れっぱなしで正直手が痛い。
途中からはだんだん魚が乗りにくくはなっては来たものの、場所をずらすとまた釣れたり。
月曜にいった人はこれまた天国モードだよなぁ・・・なんてぼんやり考えてみたり。

加えて、ミノーイングの方もちょろっとやってみたけど
やっぱ普通に自塗装版のザッガー、バンバン釣れます。
pic006_2015070622180027b.jpg
まぁ色塗らなくてもケイムラだけでも十分釣れるっていう話だし
そりゃ多少色塗ったところでマイナスにはならない程度には釣れるね。
普通にルアーが目立つから魚がひったくるタイミングが取りやすい
ピンク系のルアーってなにげにこういうのがやりやすいのね。ちい、覚えた。
それもあるけどやっぱミノーイングは楽しいよ。ルアーをクイクイ動かして
それを目の前でひったくるんだもん。コレで燃えないはずがないよ。
次回はちょいとウエイトチューンをしてサスペンドにしてダートできるようにしよう。
蛍光オレンジ系+ラメとかどうだろう。
カラーリングの変更は楽だしいろいろ試してみたいな。
マス玉がガンガン出てマメで遊んでみたり、
A氏から軽量スプーンで表層巻き+サイトで合わせるのもええで!とか言われて
こりゃええもんだー!とか言いながらも何度も乗せ失敗して崩れてみたり。
昔上州屋提供の釣り番組で「千夜釣行」っていうのがあったんだけど
それの真似をして魚がかかった時に「フィッシュオンー!」とかやってみたり。
色々とありましたがほんと楽しい1日でも有りました。

帰り際、クラピーを探していたら泥まみれになって塗装が禿げてるボロボロのモカが
糸くずと一緒に放置されてるのを発見。きっと障害物などに引っかかってるの拾ったんだけど
ボロボロだから使えないしポイーって言うパターンかな。
(時々リップが折れたミノーとか打ち捨てられてるし)
自宅に戻り、きちんと洗浄し磨きをかけてみたら塗装以外は使えそうなので
これもまた自塗装して再利用してみようかな。
pic007_20150707012942aa9.jpg
塗り直ししたらそのうちまた画像を。





今回つれた魚を下処理したら良いコンディションの魚ばっかりだったので
しばらく食べれること考えると次回釣行は予定通り遠征をしようと考えています。
(近場何れかに行くとしても次回はキャッチアンドリリースコースかな。)

北海道の西部にあるとあるエリアか(羊蹄レッド食べたいし)
北宮城かのどちらかを今のところ予定。
大学はもちろんのこと、普通の高校なども連休はいることから繁忙期って言うことで
交通手段等チケット取りづらくなり近場のどちらかで済ます可能性もありますが
いずれにせよまた近くなったら確定させます。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして、岩手のじゅんと申します。
最近、ユーランド清水川にて管釣りを始めた者です。
いつも、こちらを参考にさせていただいています。
というのも、岩手や東北でネイティブをやる人・サイトは多いですが、
管理釣り場となると人もサイトも少なくて…
ましてや、タックルやルアーを細かく説明している人となると皆無ですから。

私も家族で釣りを楽しんでいる一人ですが、
子供がつまらなそうにしているのを見るとモヤモヤします。
「楽しい親子の釣り教室」をやって、葛藤しているようですので書き込みしてみました。
きっとその家族は、帰り道の車中、釣った魚を食べている時、次の日の学校で、
「すげぇ大きいのが釣れた!釣り、楽しかった(^o^)」となっていることと思います。
T氏の苦言もわかりますが、私は損ではないと思いますよ、皆が笑顔に包まれたことと思いますから。

Re: タイトルなし

>>じゅんさん
はじめましてー。最近清水川へいった記事拝見させていただきました(`・ω・´)ゞ
果たして参考になっている内容になってるかどうかは自信がないところでは有りますが
少しでもお役に立ててるところがあると思えばそれだけでもありがたいです。
確かに北東北3県でエリアをやってる方のブログとなると殆ど無いですね。
自分もエリア関係で定期的に見ているところは3つ4つくらいでしょうか。
まぁ、そのへん歩けば魚影の濃い川は結構ありますし、
あえてエリアフィッシングへ!となるとあまりπは少ないかと。
(その割にはウキウキや清水川結構混んでる気もしますが
 あのへんは仲間内でSNSなどで連絡やら情報取り合っているのかなぁ?)

やっぱ釣れてない子供とか見るとなんかやきもきしますよねー。
本当はそういう子見つけたら声掛けていきたいっていうのはあると思うのですが
今は色々と物騒な時代なので、不審者だと攻められるかもしれないですし
教えるにしても例えばルアーを手にさしたとか厄介事になると
色々あれこれある時代ですしなかなか手を出しづらいってのもあるかもしれません
これは釣りにかぎらずそういう風潮になっているってのはありますが。

それでもまぁ、楽しく帰っていたのを見ただけでも良かったかな・・・なんては思っていますw
また清水川に行かれた際、お会い出来ましたらその時は一緒に釣りましょうー。
プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 上浜釣り堀センター(秋田県) 尻別川フィッシングエリア 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 合子沢養魚場(青森県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR