スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尻別川フィッシングエリアへ行ってきました。

理由は様々あれど、やはり旅というのは楽しい。
いろいろな事や一期一会の出会いにも助けられて、
そして素晴らしいパワフルな魚に出会える。これほど楽しいことはない。

人のぬくもりに触れた、そんな今回の北海道釣りの旅でした。


9/13 北海道蘭越町「尻別川フィッシングエリア」にて。(初遠征)
pic001_20150914092827e0a.jpg
公式web公式blog

時刻 8:00頃→16:40
天気 小雨→曇のち晴れ

今年春のビッグファイト松本に続き2度めの北海道遠征。
とりあえず今回もヒットルアー一覧から。(※印:今回初登場)
pic002_20150914093500252.jpg

(左上から)
マイクロクラピー/ペレットオールスターズ(ラッキークラフト)×5
ミディアムクラピー/ペレットオールスターズ(ラッキークラフト)
クラピーD4(ラッキークラフト)
ディープクラピー(ラッキークラフト)
ディープクラピー/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
ディープクラピー/有頂天カラー(ラッキークラフト)
ディープクラピーヘビーウエイト/越トラオリカラ(ラッキークラフト)
ディープクラピー/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)

(左下から)
ブラインドフランカー(ロデオクラフト)
ブラインドフランカー/シグネイチャー2015(ロデオクラフト)
ノアjr0.9g・1.4g/シグネイチャー2015(ロデオクラフト)※
ミッツドライ(ジャッカル)
K-IIミノー(HMKL)
エアーブロー/クリア×クリア×クリア(ラッキークラフト)※
つぶアン/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
つぶアン(ラッキークラフト)
カランバ(バスディ)×2
ワウ/ペレットオールスターズ(ラッキークラフト)

殉職者
デカミッツ×1 ラインブレイク
ミッツドライ×1 ラインブレイク
ミニシケイダー×1 ラインブレイク
リアクションジャバー×1 ラインブレイク
ミディアムクラピー×1   譲渡
北海道の魚を完全に舐めてました
プラグ類ぶっちぎられるとか全国でも魚のサイズも引きも屈指という清水川でですら
そんなに経験ないのに一気に3つも持っていかれるのはどういうことだ・・・

釣果:55くらい。(午前中33尾+午後20尾程度)
持ち帰りはしていないので写真でもペタペタ。
pic003_20150914103935cf8.jpg
pic004_2015091410393776e.jpg
pic005_20150914103938b4c.jpg
pic006_201509141039391be.jpg
pic007_2015091410394102e.jpg
pic008_201509141040445b6.jpg
pic009_20150914104045c88.jpg
pic010_201509141040474a9.jpg

約50匹中、40cm以下は1尾のみ。
釣れるのは50cm以上がほとんどで、アベレージで見るなら今までのどのエリアよりもデカイ。
そして引きがヤバイ。こんな天国のような釣り場があるなんて思いもよらなかった。
北海道バンザイ。そんな釣行記&旅行記は以下から。




(旅行記部分を飛ばす場合はここをクリック)

割りと8月の忙しさにうんざりしていた。どこか遠くへ行きたい。
ビッグファイト松本に行くことも考えたが、エリア開拓も含め今まで行ったことないところ。
そう考え白羽の矢を立てたのが今回釣行を決めたのが尻別川フィッシングエリアだ。

条件はいくつかある。
・土曜よる出発で19時以降(仕事の関係で)
・月曜早朝には自宅へ到着しなくてはいけない。
・節約を心がける

北海道へ向かうルートはいくつかある。

A・車でフェリーを使う (往復47,000程度+ガソリン代)
(長所)
・時間に縛られることはない
・移動に自由が効く
・タックルなどフル装備で挑むことができる
(短所)
・運転が疲れる
・高い(函館ー青森 片道23,340円程度)


B・往復夜行急行を使う(往復14,000円程度)
(長所)
・安い(北海道東日本パス+急行券で青森から片道6,300円程度)
・早朝に到着できる
(欠点)
・手荷物がかなり制限される
・往復とも長万部にて長時間待たなくてはいけない。
・予約は最低でも2週間前くらいにしないと指定席や寝台は取れない

C・行きは夜行急行、帰りは電車と船を使う(往復18,500円程度)
(長所)
・比較的安い(行き・乗車券5940+急行券1300※自由席+駅までのタクシー1500)
(帰り・乗車券2810+特急券1800)+フェリー2700円+フェリーまでのタクシー1000
・フェリーの便が多いので帰りは時間に自由が利きやすい

(短所)
・手荷物がかなり制限される
・タクシー代がかかったり徒歩が必要なところがある。
・予約は最低でも2週間前くらいにしないと指定席や寝台は取れない
・行きは長万部で長時間の待ち時間がある。

ついでにボツ案として
夜中フェリーに乗り込んで、函館朝一の電車に乗り込むプランも考えたのだが
エリアへの到着予定が10時半頃になるルートしか無いためボツ。
夜中にフェリー乗り込んで、函館からレンタカーで向かうプランも考えたのだが
レンタカーの営業時間が軒並み8時半、及び9時とかでボツ。
長万部についたらレンタカーで、と考えたが個人でやっているところがヒットするものの
詳細が何もわからないためにボツ。
それなら室蘭までいってそこからレンタカーも考えたけど北海道の広さ舐めてました
ということでボツ。
じゃぁ路線バスを乗り継いでいけばいいじゃない、と思って調べてみるも
長万部から欄越方面に向かうバスが無いためボツ。

そういうわけでコストも比較的安く、自由が効くCプランを採用して旅に出ました。
XX時XX分 自宅出発
21時すぎ 津軽海峡フェリー駐車場着。徒歩利用者用駐車場の離れたところに車を停める。
pic011_20150914115414508.jpg
到着は津軽海峡フェリーの駐車エリアではなく青函フェリーの駐車エリアそばでした・・
ここから路線バスや接続バスに乗ると安価で駅まで行けるのだが間に合わずタクシーで。
Q:この長物はなんですか?
A:釣り竿です。ここにチョップを強く入れると12万ほど取られます(ニッコリ)
みたいな話からこれから一人で北海道に行くんだ、とか他愛ない話を。
帰り際、いい天気といい釣りになればいいですね、なんて。

pic012_20150914115405a0e.jpg
急行はまなす号、札幌行きは3番乗り口から。
電車そのものはホームに21;30の到着となっていて、自由席を利用する人たちは
列をなして並んでいたけど到着時点ではまだ座席に余裕があるかな、といった感じ。
出る際には「本日自由席は大変混雑しておりー」というアナウンスが有ったので
自由席に乗る場合は1~2時間前にはホームについて居たいところだね。

22:18青森駅出発
pic014_2015091411583479f.jpg
pic013_20150914115832cb0.jpg
確か現在運行している寝台列車って殆ど無いんだっけ?
カメラを持って事細やかにアングルなどを変えて撮影しているいわゆる撮り鉄というのが
いっぱい居ました。でも、ブルートレインに対する憧れは痛いほど理解できる。

今回、指定席の切符が常時売り切れていたのと、
行くことを決心したのが出発1週間チョット前ということも有り座席が取れなかったのだが
ふと、調べてみると寝台車に1人ぶん予約の空きが出たので飛び込みました。
別途6300円ほどかかりますが横になって過ごせるぶん体の負担は少ないです。
pic015_201509141204445f3.jpg
pic016_2015091412044618b.jpg
大学の頃は北陸に住んでいたのですが、当時は良く寝台特急「日本海」乗ってました。
わずか1畳足らずのスペースですがなんか秘密基地みたいな感じもしてなかなか新鮮。
寝台列車は10年ぶり以来くらいで乗っただろうか、この独特の雰囲気は大好きだ。
長万部への到着は夜中となるため寝坊の心配がある。
車掌さんに「もし起きてなかったら起こしてくれますか?」と確認したらOKとのこと。
結局は夜中2時半に目が覚めたわけなんですけどね。

朝3時、長万部駅到着。
pic018_20150914122556a23.jpg
pic017_20150914122555125.jpg
下車は自分含め2名。満員電車なのにチョット意外。みんな札幌行くのかな?
外は降りしきる雨。実は駅から海岸線まで徒歩10分程度だったので
メバリングのためのルアーとセットは持ってきていたんだけど残念。
天気の良い日の釣行なら迷わず海へ根魚釣りが良いね。
この雨の中で釣るをするのもチョット・・・・といった感じだったので黙って駅周辺で過ごすことに。
pic019.jpg
無論朝の3時ということで駅前はほぼ真っ暗。
漁師町ということで気の利いた店がもしかしたら、なんて思ったのだがそんなのはない。
携帯でコンビニを・・・・、出てくるのはセブンとセイコーマート。
北海道行ったならセイコーマートは基本でしょ、アイスも買いたいし。
と言って、降りしきる雨をひたすら15分。到着ー!

営業時間外だったヨ。
コンビニってどこでも24時間営業じゃないのね。
結局今度はセブンまで歩き降りしきる雨の中傘もささず30分以上歩いたよ
朝4時半ころ、朝食終了。
pic020.jpg
ご当地モノを買うことが出来なかったのは仕方ないが
全国チェーンのコンビニはクオリティがどこでも平均以上のものを得られるので
「失敗したくない選択」をするのであれば一番だろう。
自分は旅先ではあまりコンビニは使わないが選択肢がこれしかなかったため。

駅構内のフリーペーパーなどを眺める。
pic004_201509141841534b1.jpg
このキモゆるキャラが話題のまんべくん。割と好み。
一緒に書かれている女も含め吉田戦車風なテイストが伝わってくる。

pic005_201509141841547d2.jpg
待ち時間の3時間は駅のホームよりも駅構内の方がいい。
朝の7時15分までは駅員さんが居ないのでだらりと寝るのもいいだろう。

pic001_2015091418414860b.jpg
劇団四季「CATS」
いつか生で見てみたいミュージカルの一つだ。

pic002_2015091418415048f.jpg
帰 り は か に め し だ な 。

6:00。長万部駅に電車が到着。6:12出発。
pic006_20150914185349db3.jpg
出発時乗客は2名。ついでに4両編成なので一人で2両を使えるね!
運転手の方ともしばし歓談。秋田から物好きな釣りバカが来ましたよと。
地元のお話とチョットの観光話、旅の無事といい天気になればいいですね、と。

7;20分頃蘭越駅到着。
pic007_20150914190107456.jpg
無人駅ではあるのだが高校があるせいか、若干の乗降者が居る。
蘭越の駅周辺はJAのスーパーと幾つかの店がある程度の小さな町と、下調べをしている。
とりあえず地図にそってタクシー会社があるところまで・・・あれ?

タクシー会社がある場所がただの広場になっている


後にわかったこと。
タクシー会社はすでに倒産している。
現在は第三セクターでハイヤーとバスを運営しているためそれを頼る必要がある。
営業時間は8時から17時ということ(休日の場合)
pic008_201509141907302ff.jpg
(帰りホームについてこの張り紙を見つけたヨ)

タクシー会社見つからないため途方に暮れていた。
もしかしたらそばにタクシーみたいなものがないか、トボトボ歩いていると
軒先でフライフィッシングのキャスティングの練習をしている人を発見。
釣りのことを聞くなら釣り人に聞くのが一番、ということで
他にタクシーはないのか、エリアまでどのくらいの距離があるのか
などを聞いてみたら「じゃぁ、送っていきますか?尻別川フィッシングエリアまで」
渡りに船とはこのことか。全力で甘えさせていただきいざエリアへ。
もしこの出会いがなければエリアまで20分以上道具を担いで歩く必要があった。

(ここから釣行記部分)


pic009_20150914191257ebd.jpg

pic010_201509141914208de.jpg

ポンド:1面
水質:ステイン(前日の雨の影響もあったかも)
インレット2本
アウトレット1本
広さ :約3200平方メートル(googleマップより)
(比較※概算)
一般的な50mプール 1250平方メートル
上浜釣り堀センター通常ポンド 1300平方メートル
フィッシングエリアUKルアーポンド 1400平方メートル
ユーランド清水川ルアーポンド 1450平方メートル
ビッグファイト松本第3ポンド(滝があるところ) 4000平方メートル

レギュレーション
・シングルバーブレス必須
・ワーム/トレーラー不可
・フロントフック類不可
・直径2ミリ以下のルアー使用不可
・樹脂製ルアー不可(でもカランバはOKだったので管理人判断に依ると思う)
・フック本数制限なし(ただしアイ一つに対してフックは一つのみ)
・毛不可
・ラバーネット必須?(無料貸出し有り)

持って行ったルアーで使用不可だったものの例
pic011_20150915045923200.jpg
ペレスプ
ペレットペレット
バズボール
エグザ
NST

とにかく管理人さんにチェックしてもらうのが一番ベスト。
メタルバイブOKなのでボトムを攻めたいときはそれがベストだろう。
また、フォールで攻めるならBFなんかもOKなので状況に応じて。
そんなにレギュレーションがきついわけじゃないので巻きで使うタックル持っていけば
さほど困るような状況にはならないだろう。

料金は1日券で4000円。キャッチアンドリリースのみ。
持ち帰りの場合は、キロ数に応じてキロ1500円での買い取り。
ただ、全国的な試料高騰により来年からは
一部値上げがあるかもしれない、とのこと。全国的な流れだね・・・。
オリカラのルアーなどの販売はなしだけどザッガーなど一部ルアーは買えるようだ。
自販機などは無いため、欄越のスーパーか、コンビニから飲料などを買う必要あり。



さて、エリア紹介はこの辺としてさぁ、釣りと行こうか。
この降りしきる雨で釣り人はまばら。先行者2名、トータルで5名?
こちらのブログで9月釣行の記事があったので参考にさせて頂く。
ふむふむ、トップが良い、と。管理人さんはスプーン推しだったけど水面にライズが多いので
友人からトップの合わせ方を伝授してもらったのでそれの実践も合わせて始めようか。

pic012_20150915055952657.jpg

ポイントとしてはインレット内側のほうから開始。
水量はかなり多めだったのと、地元の人が先行して入っていたポイントなので
そこは多分よく釣れる場所なのであろう、と判断。

第一投目はミニシケイダー(クリア)を投げる。
ん、反応悪くないな。と、ラインにあたりがあって幸先いいぞー!と合わせると
今まで経験したことのないパワーと一気のジャンプで第一投目からルアーをなくする。
幸先いいとは何だったのか・・・。
釣行通してクリアカラーで表層攻めるのが表層攻略では一番感触が良かった。
しかし何だこの魚のパワーは。今まで行ったことのあるエリアの何処よりもパワーが有る。
とにかくヒットしした瞬間からぼけっとしてると速攻でルアーを持っていかれる。
清水川やウキウキで60~70結構楽にとれたラインシステムでも平気でぶっちぎられる。
このパワー、ヤバイぞこれは。開始早々、北海道の魚のパワーに圧倒される。
それでも、魚自体は比較的素直にアタックしてくるので
ちょいと変化を加えるとバイトに持って行くには比較的簡単。
パターンさえしっかりつかめればそんなに難しいエリアではない。
一番よくヒットしたのがディープクラピーヘビーウエイト(越トラオリカラ)を遠投して
竿立ててゆっくり表層を攻めていくパターン。全体的にもクラピーへの反応もよく
アクアエリアの在庫処分セールで大量に買ったペレットオールスターズシリーズが大活躍。
特に膨張色のストロベリーシャーベットカラーは最後までコンスタントにヒットした。
あえて言おう、高いルアー使うのを躊躇した結果だぞ!と。

リーダーを太くする事も考えた。(使用したのはシーガーグランマックス0.6号)
ここの魚はパワーやトルクが半端ない。マトモにやりあうなら5lbはあってしかるべきか。
しかし何匹か釣っていくと持久力はそれほどでもないことに気づく。
なので、ドラグをある程度緩めに調整して、ヒット時に一気にラインブレイクに備えておく。
そしておとなしくなったらある程度ドラグを締めて引き寄せていくとさほど問題ないと判断。
そこから昼過ぎまでは結構いい感じに取っていく。アウトレット側は魚自体の反応は少ないが
こういうところはカランバでゆっくりゆっくり巻いてくると楽に魚の反応が得られた。
この魅惑のアピールはなかなか鉄では表現しにくいところだ。貝や水牛でもいいかも。
昼過ぎ前に別の釣り人から「何で釣ってるんですかー?」と聞かれたので
「表層直下をクランクでゆっくりでいいんですよ。」と。
だいぶ苦心してたし手持ちがミノー類しかないようだったのでクランクは差し上げました。
帰り際キチンと釣れていたようでそっと安堵。ミノーでも釣れないわけじゃなかったけど
パターンがチョット独特でゆっくりゆっくり誘う必要があった感じだった。
渓流で主流のトゥイッチ連発で誘って行くパターンではなかったね。
(今回使ってたロッドはXUL一本だったからうまくトゥイッチできてなかったせいもあるかもしれない)
ミノーイングをやってみるといかに誘い方とレンジの合わせ方が重要か分かる。


午後からはスプーンメインに切り替え。
実はここからが地獄の一丁目だったのかもしれない。
とりあえず今まで実績十分の緑系のノアやらジギルなどから攻めていく
・・・・・ん?反応ないな。これじゃない?
じゃぁ、ということでカラシカラーに替えて攻めていく。ん?んー?反応悪いな
積極的に追ってきているふうでもない。最近まじめにスプーン使っていないしなぁ。
おっかしいなぁーなんて考えながらスレてる時には、みたいな感じのをローテーションしていくが
反応が全く無い。スプーンダメか?と思ってクランクを投げるとヒットはする。
魚が居ないって言うわけでもない。じゃぁ、何が悪いんだろう?
今まで使ってきたルアーが全然ダメなら今までダメと思ってたルアーでせめて見るか?
ということで使用頻度が高いのに結果がほとんど出てこなかった
2015シグネイチャーカラーの福田モデル(ピンクのやつ)に変えたら連発開始。
ああ、そうか、こういう水質の場合やわらかな膨張色を使うのが鉄則だったな。
2015のシグネイチャーカラーで唯一の釣れないカラーだわ!ってプンスコしてた自分、無能。
しかしこの解にたどり着くまで2時間位ほとんど釣れてなかったんだよなぁ。
こういう経験を重ねてだんだんうまくなっていくんだろうけど
まだまだ経験の無さを噛みしめるばかりです。

その後ミッツを丸呑みされてルアーロストしたり夕方からどんどん連発などして最終的には
50尾ちょいで今回の釣行は終了。

いやぁ、これほどまで引きをを楽しめるエリアって初めてかもしれない。
引きやパワーを求める釣り人ならココは絶対に満足できる事まちがいなしです。
生半可な道具で挑むのは要注意でしょう。今年はもう次の休みが10月以降になり
肌寒い季節になってしまうので伺え無いと思いますが来年必ず行きます。

そう誓ってエリアを後にした。
管理人さんの車に乗って。

いや、帰ろうと思ってタクシーを呼んでいただけますか?という話をした時に
だいぶ困った顔をして「それなら駅まで送って行きましょう」という話を。
途中にも書いたけどタクシーの運営時間が、ということで。
なんか往復地元の方に甘えっぱなしだな。なんかお礼をしたくて行きの時に送ってくれた人に
地元の店からお礼を購入し届けてくれるよう頼んで欄越の町を後にした。

pic013_201509150654058bf.jpg
どんより雲で小雨だった天気は、帰る時にはいい感じに晴れ間が覗いていた
行きの時の青森のタクシーの運ちゃん、駅員の人、長万部からの電車の運転士さん
送ってくれた地元の人、みんな言ってたな、今日はきっと晴れるよ、と。その通りになった。

pic015_20150915065848626.jpg
pic014_20150915065847cac.jpg

ありがとう、蘭越町。また、来年。
(釣行記はここまで)



かっにめしー♪
かっにめしー♪

心躍らせて長万部の町に変えてきた私を待ち受けていたのは
pic001_201509150719087ad.jpg
おめえに食わせるカニ飯はねえから!と言わんばかりの暗さ。
まさか長万部にきてカニ飯が食えないとは。
今朝からずっと我慢してカニ飯のことばかり考えていたので深い悲しみに包まれた。

pic002_20150915072245820.jpg
それなら車内販売で・・・・!とおもって帰りの特急の車内販売で声をかけたら
「すみません、前の車両のお客様ですべて売り切れました。食べ物ならチーカマなどありますが・・」
違う、違うんだ!俺がほしいのは北海道成分なんだよ!

20時15分頃、五稜郭駅着。
pic003_20150915072500ee5.jpg
函館・・・・函館付近に来ればアレがある。地図で調べると徒歩10分のところに。
さらにはそこから7分のところにもう一つアレが。
出船までは90分。なんとか両方のものをゲットしてタクシーに飛び乗る。

pic004_20150915072815b9b.jpg
aaa.gif
ラッキーピエロ「ラッキーエッグバーガー」
ハセガワストア「やきとり弁当(小)」
メグミルク「カツゲン」
それとわさび漬けを。
今回北海道で購入したものって朝食とこれらとお礼くらいしかないような。
どれも美味い、ほんと美味い。腹が減っていたせいもある。しかし美味い。

定番ネタではあるが
pic005_2015091507341299a.jpg
しっかりやき「とり」弁当。

pic007_20150915073610bf7.jpg
これも北海道成分だったね、忘れてた。船内で購入。

帰ろう、自宅が待っている。
22:05 出船。pic006_20150915073611116.jpg

早朝2時着。
今回の釣行は早朝に3時間ほど長万部に居た以外は
全く観光もしてないしする余裕もないタイトなスケジュールではあったけど
それでも満足感たっぷりな1日だった、これで明日からもきっと、頑張れる。



次回エリア釣行は10/3日を予定しています。
行き先は近場を予定していますが十和田湖が解禁されているので
そちらの方の状況も眺めながら、の予定です。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

nakakichiSさんへ

すごいですね!!50匹UPとは。
腕、筋肉痛になりませんでしたか?(笑)
雨後の好条件とはいえさすがですね。
私もヒットパターンやルアーを参考にさせていただきます(笑)
遠路はるばる蘭越までお越しいただき、そして良い釣りと良い思い出出ができたとのことで、私も道産子として嬉しく思います。
それではまた!!お互い良い釣りしましょうね。

Re: nakakichiSさんへ

>>武装親衛隊さん
先日の釣行では参考にさせていただきました。
こちらこそありがとうございます。

実を言えば、北海道で管釣りをしている記事やブログって殆ど見ないんですね。
なので、詳細に書いてある頁があると遠征する身としては大変助かります。
(そもそも、北海道に限らず1年以内の記事すらなければ運営しているのかな?とも思ってしまうし。
 たとえ数行でも行ってきたっていう記事があるっていうだけであ、やってるんだなっていうのがわかって
 それだけでも大変ありがたいと思うことも)

来年は蘭越と釣り堀明石にも行ければなぁ、そう考えていろいろ悪巧みをしているところで・・・w
その際にはまた参考にさせていただきますのでよろしくお願いしますー

(ついでにおすすめされたピューパは取り寄せなってて釣行に間に合わず試せませんでした(´・ω・`))
プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。