スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自塗装品のみ縛り、とな?

バーガーキングのビッグななんとかフェアの話を見ながら
でっかい夢を語るとしたら何がいいだろう、そんなことをふと思ってた。

そうだなぁ、仕事1年位ぶん投げて釣りしながら放浪なんてどうかな。
全然ビッグでないって?身の丈ってものがあるんですよ、うん。
でも人ってやっぱ仕事するため"だけ"に生きてるもんじゃないってつくづく思う。


・・・・なので今日は仕事ぶん投げてウキウキに遊びに行ったよ!



11/12 青森県新郷村「フィッシングエリアUK」にて
pic001_201511121529511c2.jpg

時刻 9:00→12:00
天気 快晴
気温 2度(8時半)→10度(12時)
風  ほぼなし

朝は多少霜が降りる程度まで冷え込むも、太陽はてり続け
昼間には小春日和と言っていいような気持ちのいい天気に。
レジャーとしての釣りでみるならコレほど恵まれた天気はないと思う

例によりとりあえず今回のヒットルアーから。
pic002_20151112152952034.jpg

(左上から)
ココニョロ/自塗装 (九重ルアーズ)×4
エアーブロー/自塗装(ラッキークラフト)
ディープクラピー/自塗装(ラッキークラフト)
ザッガー/自塗装(ハンクル)

(左下から)
中華スプーン/自塗装(メーカー不明)
ハビィ/自塗装(アイビーライン)
カランバ(バスディ)

殉職者
サーフェスエアーブロー:ラインブレイクしたココニョロが浮いてきたので
それを引っ掛けるために周囲を何度も巻いてたらデカイのがヒットしてラインブレイク

陸っぱりルアーキャッチ(グロー色):投げたら切れて飛んでいきました……
田んぼ側の中央から2~3m先に沈んでいると思います(´Д⊂グスン
使わないスティックあるしやっぱ自作するか

終い30分ちょっとだけはハンクルシャッドなどちょいミノーイングもやったけど
基本的には見ての通り今回は自塗装カラー縛りでの釣りでした。
いろいろ調べたりなんなりしてどんなのがいいのかを考えながら塗ってみました。
友人がブランクのルアーを持って塗装依頼に来るのでそれの検証も含め
どういった感じでオリカラを出していけばいいのかを調べるのが今回の釣行の目的。
ついでにカランバだけは釣座が近くで以前ちょいとやり方教えたことのある方が今日も居て
かなり苦戦していたので「今日はこんなルアーでこうやってこのパターンが・・・」
ってな具合で釣ってみせた時に使用。こういうデモンストレートするときなど、
ココイチで掛けたい時結構失敗するんだけどドンピシャでつれたのでガッツポーズしてました。
こんなエンジョイ勢の私でも少しは上達してたようだ。

釣果:35くらい
pic006_20151112222205b7f.jpg

キープ:40台×3(釣果で言えば50台×3、40台も10本程度)
最後の30分だけミノーイングにまた挑戦してた。9時→10時ころまでは比較的渋めだったが
日が昇ってきて魚が浮き始めたら水面ややしたの魚が高反応だったかな。
キープに関しては釣れた魚でデカイのはバリバリの婚姻色だったりして
個体の選別を行った結果こんな感じに。
特別デカイってのはないけどそれでも美味しそうな肥えている個体を揃えたつもり。
pic003_20151112154336217.jpg
こんなのとか
pic004_20151112154425ee4.jpg
こんなのはハズレ率高い気がするのでリリース。
下の写真の方は50中盤くらいあったけど計測に回しておくべきだったかなぁ
昨年は11/18には降雪しているので次回の休みにイケるかどうかが正直微妙で。
雪が降るともう春までは来れなくなるのでその辺も考えておかなきゃ
ついでにこれらの個体はスモークサーモン制作に回す予定

そんなわけで今回の釣行記は以下から。


自分でルアーを作って釣りに行く。それが一つの釣りの到達点ではあるが
エリアフィッシングの場合、自作ルアーが禁止されているところは多い。
例えば今回伺っているウキウキランドなんかも自作ルアーは禁止とされている
しかし、カラーはもちろん自由である。そういうことも有り、エリアフィッシングの業界?世界?
まぁどっちでもいいけど自分の思い描いたカラーを塗って釣りに出るというのは
誰しもが一度は思い浮かべることなんじゃないかなと思っている

例えば
隣の人が見たこと無い配色のルアーで釣っていた時
限定カラーが欲しいのに売り切れていた時
とあるカラーがほしいのにメーカーのラインナップにはなかった時
カラーが気に食わないために死蔵したルアーが増えてきた時
ブランクや中古は安く買えるんだけど色がなぁ・・・なんて思った時
・・・
・・



タイミングや状況というのは人それぞれかもしれないが心あたりがあるはず。
今回に至るまでもちょくちょく自塗装品で釣ったりはしていたけど
秋口からエアブラシ片手にズブズブと底なしの沼に挑み始めました。
pic005_20151112221417f23.jpg

そういうことでブランクルアーを販売しているザッガーとココニョロを中心に
アクアエリアの処分品にあったエアーブローのクリアなどを塗装してみたんだが
ようやくガッツリ使う機会に巡りあった感じ。
ロストが多い清水川釣行でもメインに据えて行きたいので
まずはウキウキで幸先良い結果を出したい所。
(ココニョロとザッガーに関しては既成品の塗装済み品の単価が半分)

まぁ結果から書いていけば
pic007_20151112222207d11.jpg
これとか
pic008_2015111222220856f.jpg
これとか
pic009_2015111222221064c.jpg
これとか。
特に一番上はまじでウオッという艶めかしい感じでビビる。
マジでやばい。チェイスも激しいし別カラーのココニョロを続けたあとでも連発。
普通に1軍で全く問題ない。
魚もデカイのばっかチェイスしてヒットするしこれから重宝していきそうな感じ。
他にもいくつかあるんだけどこの3つは特に飛び抜けた感じだったかな。
まぁ、気に食わなければまた色落として別の塗ればいいだけだしね。
もしくは新しくブランクを買うか、でもいいか。
エアーブローも割といいし、今回使った自塗りルアーに関しては
全く釣れなかったというのは0に終わった。良きことかな。

釣り自体は開始から40分程度まではやや渋めだったりしたが
そこから徐々に活性が上がったのかポツポツと釣れ始め
上記の3つ、それとハビィには連続ヒットが続いた。レンジが若干シビアだったかな。
なかなか苦戦していた人も居てきっちりルアー合わせないと苦労する感じだった。

サイズ自体は大きく伸ばせなかったが、それでも気分晴れやか。
どんなのがいいのかってのがわかってき始めた、そんな一日だった。



午前で釣りを終え帰り支度をするとどこかで見たことがあるような方がミノーイングを。
ああ、こちらのブログを書いている人かな?と思って声をかけてみたらビンゴ。
あれこれミノーイングとはどうすればいいのか、いろいろ聞かせていただきました。
なるほど、と思うことばかりでここまで深く考えてやっているんだななんてため息が出る。
と同時に、正しい?間違っている?というわけではないけどただ散らせるだけのミノーイングか、
それとも狙って取っていくミノーイングか、その差は歴然と出るなと感じた。
そして自分がやってるミノーイングは散らす要因が多いなということも。
内容まではお教えすることは出来ませんが(せっかくご厚意で教えてもらったことだし)
やはり上手いと思ったら教えてもらうと言うのはとても大事だなと。
そしてその道は険しいなと改めて思う。
この出会いに感謝し考えながら次回釣行に活かしていきたい。



次回以降のエリア釣行予定

11/23 フィッシングエリアUK
(※冬季閉鎖が行われた場合予定を変更する場合もあり)
12/6 ユーランド清水川
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フィッシングエリアUKでのココニョロ率が上がってますね。
独特な形がいいんでしょうかね。

ところで美味しそうな魚の見分け方に、
「肥えている」以外は何かあるんでしょうか?

リンク先のブログ、凄いの見ちゃった感が…
時間作って、読破しなければ!

Re: No title

>>じゅんさん
ココニョロはほんと良く釣れるルアーだと思います。
特に魚が浮いているときは相当強いですねー。
でもフックが1本なのでミスバイトも多く、場合によってはヤキモキする展開も。


自分の場合だけど
・まずは婚姻色などがはっきり出ているか確認する
・怪我している魚は外す(状態が悪いやつとか)
・極端に痩せている魚は外す
この辺は最低条件として考えていて

・体高がある(肥えている)
・ウロコが生えそろっている
この2つは追加条件として考えています

それでも100%卵を持っている魚や身が真っ白な魚、
パサパサして状態が悪い感じの魚を避けるというのは無理だと考えています。
身の色なんかは与えている餌に寄るところや、池に残っている期間などにも左右されるようで
なかなか狙い撃ちができてないな、なんて思うことは良く有りますねー。

リンク先の方、実際ルアー操作しているの見ましたけどやっぱ上手かったです。
ネイティブでは余りやらないような操作だな、という印象も合わせて感じました

No title

ウロコってのは考えていませんでした。
ありがとうございました。

ココニョロの黒・白の自塗装がうなぎに見えるのは自分だけ?

No title

一昨日はどうも!
声を掛けて頂いたYブロガーの不漁中年です。
当方のブログのアクセス解析を見たら、
こちらのブログから数十件飛んで来てましたので覗いて見ると、
一昨日お話しした方のブログだと判りました。

先日は短時間だったので話しがまとまってませんでしたが、
何となく雰囲気は伝わったのかなぁと!
魚の本能や生態を知ったり、
実釣を終えるまで強弱を付けての組み立てだったり、
道具類以外の事もしっかり考えると周りの人と違う釣果になって面白いですよ。

あと、
スレ掛かりで尾びれにぶら下げてしまったシャッドは、
お別れした後にミノーを引っ掛けて外し、無事回収しました。
そして、そのシャッドで1本獲りましたよ!(後日アップします。)
当方のブログ、技術的な事は書かないようにしているので為にならないブログですが、
たまに覗いてください。

Re: No title

>>じゅんさん

うなぎカラー、それありかも。
でもサイズ的にはどじょうカラーかなぁ(゚∀゚)
お腹がクリーム色ってでも結構効くと思うんですよねコレ。
ココニョロの場合、一般販売されているカラーはお腹がクリアなの多くて
じゃぁ塗ってみようか、みたいな感じで塗ってみてます。

Re: No title

>>Yブロガーの不漁中年さん
なんとなくでもなく、だいぶ伝わってきました。
特にミノーってすごく釣果に差がでるのと、それとなにげにネットだけみても
こう・・・ピンとくるような技術的なことってなかなかないんですよね。
よくよく考えてみるとネイティブやってる時はこういう時はこういう動きであれ演出で・・・
みたいなこと結構考えて捕ってはいるのですが、いざエリアでは
単純にトゥイッチかけてればいいんじゃね?的な浅い考えでした。
やっぱこういうのって楽しいとほんと思います。
(自分的に言うと悶絶している時間のほうがまだまだ長いですがw)

ヤフーブログってID捕ってログインしないと書き込めないことがあって躊躇してる間に
ご挨拶に行けないままでしたが後ほどあの日の結果を拝見させていただきに行きますー
プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。