「岩姫フィッシング」(岩手県)へ行ってきました。

所在地域の広報を見ていたら秋田県のマスコットキャラが
新しくなっただのどうなのという記事が目に入る。
まぁ、スギッチは動けないし地味だしあまり可愛くないしきぐるみの中臭かったし。
しかし新しいキャラのんだっちはたしかに可愛くなっているが没個性になってる気も。
せっかく秋田県だし秋田犬(ハチ公)を横に置くだけで更にキュートになるのに。

なんてことをボーッと考えながらつるっつるの道路をちんたら向かったのが今回の話。


1/31 岩手県滝沢村 「岩姫フィッシング」にて。

pic002_20160131235412d53.jpg

時刻 10:00→17:00
天気 曇り
気温 昼間でも氷点下2度位
風   時折結構強め

オープン時間は10時とわかっていたが、ちょっと寄る所があったので早めの出発。
高速を使わず山道をとろとろ走ってたわけだがあまりのもツルッツルで
夏場よりも30分遅く9時ちょっと過ぎに中継点の某所へ到着。
再来週の遠征の件で岩手の方とちょいと予定とかすりあわせておく。
電話やメールで連絡を取るだけじゃ心配で直接口で伝えておかなきゃなんて思うのは
なんだかんだで自分の中でレトロな部分があるのかもしれない。

エリアから10分範囲には道の駅や食堂、コンビニなど点在しているので
そこで水分やトイレなどを済ませてから行くのが良いだろう。
エリアのレストハウスにはコーヒーやお茶が有り飲むことが可能ではあるが
一分一秒でも釣りをしていたいとなると休憩せずやりたいからね。
pic003_2016020100021285a.jpg
道の駅西根。
ご飯物は少なかったけど(おにぎりが焼きおにぎりとしその葉でくるんだおにぎり?)
pic004_20160201000213bed.jpg
ミニカツ丼があったので購入。道中外食店は焼肉店が多かったこともあり
この辺は畜産が盛んなのでは、なんて考えてみた。

到着は9:45分頃。自分の他に車は1台。
人的プレッシャーは無いと考えても良さそうだ。
一日を通してこの日はルアーマンが約10名、フライ(テンカラ)が多分2名。
pic005_20160201000804fef.jpg
料金体系、ルールなど。もちろん1日コース。
リリースコースといえどもキープ可能本数が設定されてあるのはウキウキと同じかな。
清水川とほぼ同じレギュレーションと考えて良いだろう。結構ゆるめ。

管理人さんは管理人のプレハブもしくは養殖池にいるので料金を先払い。
ふらしを持参しない場合、バケツを貸し出してくれます。ネットも無料で使用可。
pic006_20160201001246f38.jpg
その他画像左のレストハウスが使用可。暖房やコーヒー、お茶が飲めるらしい。
自販機やご飯物の提供はないため、要持参となっている。

pic007_20160201001451d73.jpg
池は合計3面あるが一つはエサ釣り&オールキープ専用なので実質2面。

小さい池は推定150㎡程度。一番深い場所でも1.5mくらいか。(キャパ3人程度)
インレット一本、アウトレット1本。
大きい池は推定1600㎡。最深部はもしかしたら3mはあるかも。(20人は余裕)
清水川のルアー池とだいたい似た程度かもうちょっと大きい感じかな。
インレット2本(3本?)アウトレット2本。底面は砂、ビニールシートで
ボトムを攻める際にシートに絡む可能性があるので注意したい。

開始は小さい池の方から。メインディッシュは後からってね。
季節によるかも知れないが水質はクリアなので
スタートはナチュラル系もしくは食わせ系のカラーで始めたい。
以前ウキウキで濁っていた時に膨張系のカラーが良かったのの逆、という理論。
自分はパイロットルアーが自塗ディープクラピーなので幾つかの選択肢を考える。
茶+金ラメか、クリア系のウーロン茶系か、カニムラ系か・・・・
結局チョイスしたのはクリア系のウーロン茶。
まぁ、結果を言えばこのクラピー一つで開始からさくっと4尾キャッチ。
考えてみると底面が青でもあるから青銀/青白系でも良かったかも。
pic008_20160201003353d48.jpg
小さい池の魚は比較的イージーに釣れる。

とは言っても、しっかりパターンをつかめなければもちろんこんな狭い池で
しかも散々叩かれている魚なんだからそう簡単には行かない。
最初はディープクラピー系をロッドを立ててゆっくりゆっくり巻くパターンから開始も
確かに釣れないわけでもないしそんなに悪くないのだがどうも気に入らない。
いろいろ手を変えてでた結論がマイクロクラピーの透過色のルアーをやや早巻き。
マイクロクラピーのペレットオールスターズ(デザートPAS)や
15年の1091カラー(スモーククリア、パーフェクトブラウン)が主なところ。
pic009_201602010046527ab.jpg
マイクロクラピー/デザートPAS

ゆっくりだと結構見切られるので早めに巻くってのがミソだった。
モカやパニクラでも同じことができると思うがエアーブローやニョロ系など
シャロー系を普通に攻めれるルアーでは反応が薄く
同じマイクロクラピーでもハツユキペレットなども反応薄めだったこと考えると
レンジは浅いからそれほど神経質になることはないが
種類とカラーをきっちり考えないと比較的簡単といえども
全く勝負にならないことも十分にありえる。

時々水面がざわつくのでトップを投げたら普通に食ってきた。
小さい池でも大きい池でも。
一日を通してだが魚は比較的浮いている感じか。
しかしあまりやる気のあるやつは多い感じではなく、追ってくるルアーは一部でしか無い。

12:45の時点で23匹到達(開始2時間45分)
雑感だが初めてやるなら小さい池のほうが釣れやすい。
もしここへ釣行へ来たとして、苦しかったら息抜きにみたいに考えておくといいのかな。
小さい池は大きい池に比べるとルアーのヒットゾーンが広いというか
いつもやっている釣りの延長で充分対応可能なのでよく釣れます。今のところは。


pic010_20160201013216ffc.jpg

じゅんさんとお会いしたことも有り大きい池へ移動。
一番勢いのあるインレット付近に陣取る。エリアではインレットが一番のポイントになるし。
11時半ころにちょろっと大きい池には少しちょっかい出してミノーで岩魚が釣れたこともあり
ミノーで開始してみたのだがどうもいまいち乗り切らない。
pic011_20160201010736c48.jpg
様子見に行って釣れた岩魚。ザッガー/自塗装にて。

開始から10分位、ようやく一匹目が釣れてからなんとか話しながらポツポツ重ねる。
pic012_2016020101114470c.jpg
岩魚なんだしネイティブ系ルアーでよくね?と思ってAR-S投げたら狙い通り。
その他3回ヒットがあったのだが乗せれなかった(´Д⊂グスン

pic013_2016020101114522e.jpg
確か茶ラメのクラピー。

pic014_20160201011147949.jpg
これも。

pic015_2016020101154129f.jpg
ダートラン(カフェコークで)

このほかノアをカウント10で完全に沈めてからの巻き上げにも反応があり
取れたりしたんだけどフックオフも多くて思ったよりも釣果を伸ばせない。
足場から浅場が1~2mくらいあり、そこでローリングしたり木に絡めてきたり
いつものエリアよりも圧倒的に魚が取りづらいなと感じたね。
寒いんで底ベッタリかな?と思ったんだけどさほど底を攻めても数を伸ばせない。
かと言って浮いてるのもどうもいまいちやる気が無い

それでも2時ころまではポツポツ重ねていけたのだが2時半すぎからパタリと止まる。
こういう時にどれだけ引き出しがあるかで上手い下手が出るんだが
30分後にやってきた友人と並んで釣りをしてみると
自分との差がはっきりわかりまだまだ自分の技量が足りないなと感じる。
終盤役に立ったのがふわとろ、カランバなど。(※カランバはロスト)
pic017_20160201012439ea3.jpg
pic016_201602010124375e2.jpg
普段はふわとろは使わないんだけど、
今日の状況がこれふわとろだとドンピシャじゃね?と思ったらいけた。
他の色にも割りと反応が良かったかな。
こういうことがあるから使わないとは思うけど・・・なんて思ってても
しっかりルアーはフル装備で行きたい。
ジョイント系のルアーは寒冷地だと使っている間にジョイント部が
凍っていたり氷、雪が詰まってたりするので気をつけないといけない。

結局3時過ぎから最後癒やしのために小さい池に戻って釣るまでに
キャッチ出来た本数は3~4本。
ヒットは結構あったし決してパターン読めてなかったわけでもないけど
なかなか乗せれず、特にブロンズウルフ+PEのタックルはルアーが弾かれ
こういう時こそ「乗せ」のタックルが必要なんだなと痛感。
PEだけじゃなくナイロンもしくはフロロを持ち込めばもう少しとれたと思う。
(今回のタックルはPE2本にナイロン6lb)

最後は小さい池の方でささっと釣って終了。
滅茶苦茶寒い中の釣りではあったがそれでもなんとか一日を終えた。


今回のヒットルアーは以下のとおり。
pic001_20160201075707cbe.jpg

(上段左から)
ふわとろ35F・35F-D(シマノ)×3
デカミッツ/有頂天カラー(ティモン)
ワウ/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
ザッガー/自塗装(ハンクル)
ダートラン/越トラオリカラ(ティモン)

(中段左から)
クラピー/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
クラピー/自塗装(ラッキークラフト)
クラピー/越トラオリカラ(ラッキークラフト)
クラピー/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
クラピー/自塗装(ラッキークラフト)
マイクロクラピー/ペレットオールスターズ(ラッキークラフト)
マイクロクラピー/15年1091カラー(ラッキークラフト)
バズボール(ザクトクラフト)

(下段左から)
AR-S(スミス)
ノア/14年シグネイチャーカラー(ロデオクラフト)

■殉職者
・ザッガー/自塗装 ×1
ヒット時に魚が木に巻き込んでラインブレイク。
・マイクロクラピー/15年1091カラー×1
ヒット時にPE部分からラインブレイク。ちぎれるように切れてたので
ささくれになってたところに気づかずやってたようだ。
・カランバ×1
バッサリ結束部あたりから切れてた。リーダーに傷が入っていたのかなぁ
・ディープクラピー/越トラオリカラ×1
キャスト時高切れ。ファッキュー。

釣果:36尾(7時間)
pic002_2016020113563453a.jpg

自宅に戻ってからルアー一つ一つコレどのくらい釣れたっけとか数えたら
思ったよりは善戦マンだった感じ。でもそのうち7~8割が小さい池の釣果。
落第点ではないかもしれないが自分が設定した及第点ラインには届かなかった。
じゅんさん曰く、今日はあまり釣れない日といっていたので、
今日の難易度はやや高かったのかもしれないがまぁ、なんとかといった感じだけど
途中ボケーっと適当にルアー投げてた時間もあったり集中力キレてたり
お遊びのルアー投げてたりしてた時は全く反応がなくてしんどい時間もあった。



今回1日やってみての感想と雑感をまとめておく。
・難易度は清水川やウキウキよりも難しく、ダラっとぼけっとやっても当然釣れない。
全く釣れないというわけではなく「しっかりやればしっかり釣れる」。
腕試しをしたい、難しめのところでやりたいならココはドンピシャ。
当然こういうところでやるとうまくなると思うし通えば腕もあがると思う
ただ、今回は強風+常時氷点下と天候的に厳しいところもあったので
もう少し暖かくなるとだいぶ易化するかな。特にフライは。
ついでに今回1日通して10~12人くらいはルアーの釣り人がいたが
何も釣れずに帰った人が半数はいたと思う。
管理人さんいわく釣れずに帰る人は結構多いらしく「自分ところはあまり釣れないよ」
的な話をされていたが個人的にはこのくらいの難易度は楽しいと思った。
ついでに自分がほぼ悶絶中に友人は15尾(2時間)。ぐぬぬ。

・岩魚の大きめなのが多い。
大きい池の方はイワナが結構はいっておりミノーを投げるとチェイス多数。
水質がクリアだし、サイトでミノーイングやるなら非常に適していると思う。
リフトフォールではなくトゥイッチでダートアクションをつけるのが反応が良かった
しかしながらフックがデカイのかじゃれてくるものの、フッキングしない、
合わせてもスッポ抜ける事が多くて多分7~8尾はキャッチに至らず。
ハンクルシャッドも反応は悪くなかったんだけど追っては来るものの、といった感じ
pic001_20160201115303973.jpg
セッティングはフックの51ではなく、通常の31クラスのほうが刺さりもよく
釣りやすいと思うね。以下に書くけどサイズも特段でかいというのは少ないし。
(ついでに自分は現在フックはすべてヴァンのプラグ用#51か、ダブルリングにしてエリモンを使用。
そりゃ合わせた時にスッポ抜けやすいわな)


・平均は40cm台に落ち着きそう
放流されている魚はニジマスは中型~大型が多い。岩魚もほぼ30cmオーバーがメイン。
小池はさほど難なくネットインができるが、大池の方は下にグイグイと強力に引く。
立ち位置から20cmくらいのシャローが2mくらいのびてて急に深くなる構造のため
魚がローリングしたりして油断ならない感じでなかなか楽しめる。
マックスは多分60クラスなのでゴテゴテのヘビータックルは必要なさそう。

個人的な感想としては
単純に楽しい。"釣れる楽しみ"と言うよりココは"釣る楽しみ"だね。
全く手も足も出ないスレッスレって言うわけでもないし手数さえ揃えれば
なんとでもなるんじゃないかな。
上浜の大物池くらいの難易度で考えると良さそうです。

簡単な釣り方はシャロー系のクランクを中速巻き、これだな。
色と種類によっては全くスカる場合もあるから注意必要だけど。




先日ドラゴンフィッシュジャパンの公式通販に注文を出していた
SC-R(スライドチップレーシング)が帰ってきたら届いていた。
pic001_201601312333097e4.jpg

迎春特別価格(もう2月になるけど)ということで1個200円程度だったし
以前からこのメーカーのウエイブラーというクランクに興味を持っていたのも有り
価格のやすさからついついポチってしまった。
ううむ、個人的に今の自分のお財布はスレまくってて多少のルアーじゃ見向きもしないような
そんな感じでぎっしり財布の口をしめていたはずなのに・・くそう。
ステッカーも同封されててお得な買い物だったのは間違いないけどね。
ルアーの形状から見るにゴッドハンズのイーリヤタイプのルアー。
完全に豆タイプのルアーと思ったけど巻きでも使えそうだ。
感触が良ければクランクの方まで手を出してみようかと考えている。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様でした^^
魚影も濃くていいかなぁと思ったんですが、自分には厳しかったです。

nakakichiSさんの分析結果でもクラピー系のクランクが良かったですか。
あながち間違いではなかったんだな前回までのルアー選択は・・・と一人で納得してみる。

やはり、他人の意見も聞けると勉強になりますね。
機会がありましたらまた御一緒してください。

Re: No title

>>じゅんさん
うちの友人曰く
「スプーンでも釣れるじゃん、あ、クランクコレでもいいな」
みたいにいろんな手を悶絶時間にあれこれと言われて
やっぱ種類よりもレンジを撮ることが最も大事なんだな、と・・

来月は何度か行く予定なのでこちらこそよろしくお願いします。
今度はゆっくりやりませうー
プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR