いざ、春磯のホッケ釣りへ。

ちょっと前のネタにはなるのですが。

以前も書いたことがあるけど時々時間を見てamazonやyahooショッピングなど、
割引で売っているルアー無いかななんていろいろ探しまわってたりするのですが
検索だの条件絞った時に出てきまくって邪魔するのが怪しい個人輸入品。
よくあるamazonなどでも聞いたこと無いメーカーのルアーセットが高割引率で「お得!」とか
デカデカと出てたりする怪しげなアレ。
ちょっと調べると大抵は中国系の通販で同じものが見つかるわけでして
もちろん値段も物によっては1割程度で買えるものなんかもある。

クレカ情報抜かれるとか遅延、破損品が届いた時の処理など
リスク代を考えたら?とか言う話にもなってくるので転売の是非を問うわけではないが
ココ1~2年でパチもんのエリアに使える小型ルアーの品質がやけに上がってきてるのにビビる。
まぁ例によって中国製品ということで、どっかで見たことあるルアーとか結構あるんですけどね
例えばコレとか。(※リンク先は中国系の通販サイト)
元ネタは言わずもがな、バスディのコレ
使い方もわからないのか掲載写真のルアーの上下が全て逆に並んでいるのがじわじわくる。
以前激安企画として直輸入してぶっこんだ時に
いろいろ選定してた時にはこういうエリアで使えるようなルアーは殆ど無かったんだけどなぁ
イタリアでも日本式のエリアフィッシング根付いてきてるだかでワールドワイドになってるし
世界的に需要が出てくるとこういう模倣品は増えていくかもしれないね。

その辺の話はまた機会があればおいおいしていくとして
今回は前回の続きでルアーとはあまり関係ない話です。



2/28 秋田県八峰町~青森県深浦までの何処かの磯で。
pic003_201602291541452c7.jpg

時刻 6:15→11:30
天気 晴れ
風  若干。

前回記事の続きです。

朝6時、予定していた起床時間になり目覚ましが起きろと騒ぎ出す。
うん、二度寝もすること無くすっきり起きれる。なぜならめっちゃ寒い
ホント寒い。急いでエンジンを掛け暖房をマッハにするが冬の車中泊はコレほどまで寒いのか。
防寒着のままでなんとかなると思ったがシュラフを持ってくるのが正解だったかもしれない。
pic004_20160229162520fde.jpg
朝の日差しが眩しい。
この日差しはもう冬の日差しではなく春の日差しだ。

先行者は一名、でも(自分の中では)一番と思われるポイントは空いている。
波のかぶり具合見ていても問題ない感じだし入ることに。
この日の海は穏やかで波の高さ0.5~1mといった感じ。
冬の荒ぶる日本海は何処へ行ったのかと言わんばかりの穏やかな海。
でも往々にして若干荒れ気味のほうが釣れるんだよなぁ・・・
なんて予想はしてはいたが案の定釣れない。
1時間後、すーっとウキが入る。

pic005_20160229190853d54.jpg
サイズは小さいが綺麗に色づいたアイナメ。
釣れたことは素直に喜びたいが海は穏やか日が昇ってから来てる周りの釣り人も
全く魚が釣れている感じもなく竿立てにロッド固定してぼーっとしている感じ。

"そこで問題だ!この釣れない状況での次の一手は?3択—ひとつだけ選びなさい。
答え1.釣り上級者たる俺は突如爆釣のアイデアがひらめく。
答え2.釣り場を移動したらきっと釣れるポイントが見つかる。
答え3.移動しようが小細工しようが今日はもう釣れない。現実は非情である。
                   答えは・・・・・」"


脳内のポルナレフが「答えは2」と言っていたので素直にそれに従う。
11時ちょっと過ぎ、道具をすべて撤収して移動を開始する。
海釣り(特に磯釣り)の釣り人は変なもので情報交換を知らない人同士で輪になって語れる。
他にも何種か釣りを嗜むが他の釣り人と密に語れるのは磯でのエサ釣りの集団だと思う。
(※あくまでも個人的な感想です)
片付けをしながら今日の状況を聞きに来た3集団5人らと深浦方面や鰺ヶ沢、
南は能代方面まで細やかに情報交換を行う。なるほどなるほど・・・・

というわけで青森県の更に北の方へ車を走らせる。ターゲットはホッケ。
ホッケを釣りに深浦方面の奥まで車を走らせるっていうのは親が生きていた時に
連れて行ってもらった時の記憶がちょこっとはあるが自分で車を走らせるのは初めて。
pic006_20160229193138902.jpg
コンクリートの上にニホンザルが3頭、横に1頭。

夜じゃ気づかないし昼の釣行じゃないとこういうのってわからないんだよね。
と言うかニホンザルの北限って何処なんだろう?なんてボーッと考えながら運転、
駄目だ駄目だ、集中集中。

昔からホッケの釣り場といえば何箇所か「定番」ってのがある。
今回はその中で4箇所に的を絞り状況を見極めていこうと考えた。
pic008_2016022919422542b.jpg
pic007_20160229194224c6d.jpg

そのうちの一つがこの「椿山」(青森県)
昔聞いたことがあったがこの絶壁を多量のコマセを持って登り降りして
そして数十キロのホッケを釣り上げこの絶壁をまた昇り降りすると。

むりむり。それ以上に見えている釣り人を10分位眺めていたが釣れている雰囲気ナシ。
ココが一箇所目の釣り場ならまだしも、車中泊で体バキバキの状態では無理。
椿の季節になると綺麗なんだろうなぁなんて思いながらも別候補へ。
pic001_2016030112214785a.jpg

ヴェスパ椿山とかいう豪華絢爛な観光施設を横目に更に北上を続ける。
第二候補の漁港に到着。名前伏せてもすぐに分かるというか有名なところなので。

2/28 青森県深浦町 艫作(へなし)漁港にて。
pic002_201603011231267de.jpg

時刻 11:30→15:00
天気 晴れ
波  超ベタ凪

先行者は8~10名。
時節になるとお祭り騒ぎになると言われているこの漁港も人はまばら。
もっと北上をという選択肢もあったが、よくよく海を見てみるとホッケが居るのは見える。
周りの人も含め15分かそこらに誰か一匹・・・そんな感じではあるが
鰺ヶ沢や千畳敷方面に行くのも賭けになるし今回はここに入ることに。
すでにいる釣り人に軽く挨拶をして空いている一番端に入る。

pic003_2016030122053791b.jpg
天気が穏やかなことも有り、漁船が水中メガネで水面を覗きながら
自分の釣り場の目の前で何かいろいろ捕獲しているがまぁ、なんとかなるんじゃ?
そんな感じで道具を用意し始める。


pic004_201603012211090e5.jpg
NFT時代の「ベイシス・極翔」。訳あって譲り受けた品。
メインが黒鯛釣りだったことも有りダイワ・大島の予備として一緒に持ってきた
今ではシマノのハイエンドモデルとして名を残しているが遥か昔のモデルなのに軽くてしなやか。
でも流石にかなり昔のモデル(シマノがNFTを吸収する前)とはいえ
防波堤のホッケ釣りで極翔を出すのはなんか竿に失礼なので
予備で持ってきている安い竿に仕掛けを付けて釣り開始。

が。

あたりが出ない。
棚はあっているし頻度は低いが時々餌もなくなる。
まばらながら見える魚に合わせて上下するもダメ。
ウキを円錐からもっと高感度の立ちウキに変えてもダメ。
ホッケを抜き上げできるようにハリスを1.2使っていたのを0.6に変更してもダメ。
ロッドの感度でなんとか出来ないかということで大島を引っ張りだしてもダメ。
最終的には場所が悪かったのが一番の原因とはわかっているが
ノーチャンスではなかったし、少ないチャンスを取れなかった自分の技術不足。
コレが一番の敗因だった。常連さんと思わしき一団は厳しいながらも釣ってたし
道具的にも戦略的にもなにかが足りない、そしてどうすればいいか対策は立ったので
次回釣行に生かせれば・・生かせれば・・・?ううむ、行けるかなぁ。
流石にたかがホッケと舐めすぎていたのも・・・・。
なんか初めてエリアフィッシングを始めた時におもいっきり舐めてかかって
往復ビンタされて帰ってきた体験を思い出した。

帰り際、ワームを投げてみたらホッケがいい感じにチェイスしてきたので
ルアーフィッシングで狙うホッケというのはなかなか有りかもしれないが
今回のようなタフコンディションでどうやて食わせるのかが重要になりそう。
個人的には3g以下のスプーンがいい感じがするがこれも実験できるかどうか…ううむ。
ヒントはヒメマス釣りとエリアフィッシングにありそうな気がするのだが
いずれにしてもその手のタックルなんて全く無かったので今回は手が出なかった。
pic005_2016030123431628c.jpg

帰り際大漁旗をつけた船が頻繁に入ってくる。
自分はノーフィッシュ、ううむ、楽しかったけど結果は辛い釣りだった。

pic006_201603012344157c2.jpg
今度こちらに来るときは不老ふ死温泉に入っていこう……。

さて、ちょっと前の問いに戻る。今回の正解は
「答え3.移動しようが小細工しようが今日はもう釣れない。現実は非情である。」

いつも釣れるわけじゃないが釣れないのは悔しいなぁ。



次回エリア釣行は3/13日・3/27日、行き先は岩手県を予定。
状況によっては上記のいずれかが海釣りになる可能性も有り。
岩手県方面のネイティブ釣りに関しては時間があるときに行きます。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

渋かったみたいですね~。私はルアーやり始めてから年1回程度のサヨリくらいで最近殆ど餌釣りしなくなりましたね、毎回餌買うのしんどい

まあ、餌で食わない時こそルアーが釣れると思ってる自分なのでこんな時はウキ浮かべてる間ルアー投げますね。

タイプはくわせじゃなくリアクションのモノ。スピンテールジグとかダート系だったりとか。

実は自分が使った時のシュラッグミノーが一番釣れるタイミングって日中だったりします。ソイばっかだけど

今度行ったときに今回みたいな感じだったら、1.5~3gくらいのジグヘッドで試してみてくださいな。ホッケよりもソイばっかな気がするけど

Re: No title

>>のんさん
餌はいちいち買わなければならないってのもありますけど
やっぱ匂いと洗浄がめんどくさかったりするんですよねぇ。
特にコマセを使う場合はとんでもないところにコマセがひっついてて車が臭くなったりなど。

今回いった漁港は底面がマッハで海藻ばっかだったため、ボトム系で攻めるのがしんどい感じだったんです(´・ω・`)
と行っても、巻きで釣るには足場が3m近くあってなかなかルアーでの操作が難しく
逆に5g近くの思いジグヘッドが有ったほうが良かったかなぁ……なんて思うような状況でした。

ウキ釣りしながらルアーはありですけど、実は今回周りがみ~んなエサ釣りの人ばっかで
ルアー投げている時若干白い目で見られてましたw
きちんとコマセも撒いてたんで何も言われなかったんですが、聞いた話によると
コマセもまかないエサ釣りのコマセ売ったところにルアーぶん投げる、そういう釣り人が以前居て
悶着になった話も聞きました(´・ω・`)
釣法に関しては空気を読む必要もあるなぁ……なんてことも感じました。
プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR