仕事ぶん投げエリアフィッシングへ。

「自分の好きな本の一つに「オー・ヘンリー短編集」というのがある。
オー・ヘンリーというと最もよく知られている作品として「最後の一葉」が有名か。

まぁ急になんの話を?と言う事なのだが、書いてる時NHKで新入社員に向けて
「あなたの幸せは何ですか」とかいう問いを投げかけていたので自分にとってはどうか、
そんなことをだらりと考えてみたら、きっと俺は昼はボーッと釣りをして、
夜がふけたら近くのバーで好きなスーズトニックを飲みながら短編小説を読む
そんな日々を暮らせればそれ以上望むものがないのかもしれないなぁ、と。

いつか1年位でもいいからそんな日々を過ごしたいなんて考える反面
だんだんこういう無謀さを実行できる気力がなくなってきていることに気づく。
きっと年をとるってこういうことなんだろうな。

なんか珍しく変なこと書いているなって感じだな、やめやめ。
春の陽気でとうとう頭がおかしくなったのかと言われる前に本編へ。
今回も写真少なめ。



4/5 岩手県八幡平市「ユーランド清水川」にて。
pic001_20160405175027e54.jpg
たまには岩手山をバックにした写真なんてどうだろう。

時刻 9:00→12:00(3時間)
天気 快晴 時折すこしばかり強い風が吹くものの良い天気。

今日は日頃お世話になっている釣り好きのおじいさまを口実に接待ということにして
半日ばかりでは有りますがユーランド清水川へ釣りに行くことにしました。
以前から何度も言っている通り、エリアフィッシングと言うのは
「安全」「釣れる」「お手軽」なのでお年を召した方でも安心して釣りをさせることができる
素晴らしい釣り施設と思うんですがどうですかね。

お客様の家7時出発。
秋田県をすぎるまでは霧がかかりぼんやりした天気ではあったけど
八幡平をこえてからはすっきりした春の天気。肌寒いものの日差しは完全に春。
米代川の最上流など、どこから雪代が多くでているのかなーなんて考えながら
現地には8時半には到着しゆっくりタックルのセッティングを始める。

今回自分のタックルは
ロデオ/ブロンズウルフ+ダイワ/15'フリームス2004H
ダイワ/ファントム+ダイワ/エンブレム2000(渓流用タックル)
パワー重視で多少のやり取りは強引に持っていける設定に。

貸し出したタックルは
アイビー/シンクロナイザーエボリューション+シマノ/12ヴァンキッシュ1000Sと
とにかく振った時に腕に負担がかからず軽いのでも投げれる軽いタックル一式。

9時開始。
場所はいつものアウトレット側。前回のように慣れてない場所はもうやめた。
日曜月曜と雨だったのでさほどプレッシャーがかかっていないんじゃないと判断して
ノア1.8g/14'シグネイチャーカラーノブカラーから開始。
魚は若干沈み気味かな?レンジ合わせるとちょこちょことアタリはあるもののどうも乗らない。
弾かれているのかそれともまだ水温が上がってきていないせいで反応が薄いのか。
そこからハイバースト1.6gに変更も反応が薄いのでボトムをべったり攻めていく方針。

先日あれこれ友人から純フックでのボトム攻めのアドバイスを受けていたので
ペレスプ2.4(スカ)→メビウスで最初のヒット。魚は先ほどの予想通り沈み気味か?
でも今回は魚を「釣る」のではなく「釣らせる」のが主目的。
この手の小細工をいれる釣り方で同行者は攻めれないので使わせているタイプの
クランクに変更してローテーションも考えていく。
ココニョロ→クラピーと来たところでクラピー自塗に何度かきたので
同行者にもクラピーディスプラウトチューン/ウーロン茶を使わせると1ヒット。
最終的にマメに移行する前の同行者のルアーローテーションは
Dクラピー(ディスプラウトチューン)→Dクラピー(スコーカー)→ココニョロ(てへぺろ)→
Dクラピー(カフェコ)→Dクラピー(百鬼)→エグザ
とオリカラをメインに使わせては見たもののヒットは散発的。
なんか以前はとりあえずクラピーとかパニクラ投げておけ的な攻略が楽だったんだけど
どうも最近は投げている人が多いのかクラピー投げているだけじゃ一筋縄ではいかない気がする。
去年~一昨年なんかはとにかく投げてボケーっと巻いてればなんとかなったんだがなぁ。
それこそこの手のオリカラなんて投げれば1色で30分以上はだらーっと遊べたんだが。
全体的にスレた魚が多くなってきているのかもしれない。

その後同行者にはクランク投げてもらってる間に
アールグラッドのドワーフを投げてみて釣れるかチェック。前回反応イマイチだったが
きちんとつれたので問題はないようだ。しかしフックサイズや
ヒットのタイミングがどこで一番出るのか、などなど細かい使い方までは
しっかり検証はしていないため、使うなら使うでしっかりガッツリ使わないと
なんかちょいと癖がある感じのルアーに感じた。
手持ちに結構在庫あるが、このルアー何かそんなに飲まれずガッツリフッキングするので
ロストが少ないのかな?いろいろ使ってみないとまだよくわからないな。
ただ昨年末からやっている通り徐々にマメに頼る比率を下げているので
この先活躍するチャンスはすくないのかもしれないけど。

(2016/3/13釣行時のヒットルアー)
pic008_20160314121837ab2.jpg
(2015/3/1釣行時のヒットルアー)
pic001_20150304084638d4c.jpg
(2014/3/2釣行時のヒットルアー)
pic001_R_20140302193653ea7.jpg

おお、こうやって見るとヒットルアーを昔のと並べて見るだけで
随分違うもの使ってんだなーと自分で書いてて驚きでありますよ。
以前は超絶マメマンだったんだなー。
2年前はたしかマメ覚えたてだったから夢中だったような気が。


10時頃自分のキープ分で2尾はまず確保。上限5なので後3本。
ミノーで攻めながらサイズアップを狙う作戦に変更。
まぁお馴染みのHNKLshadとデンスですけど今回からヴァン-51BLから、
がまかつのエリアプラッギングコンペティション60BLに変更したのだが
これが思惑通りハマってくれてサイズの大小かかわらずフッキング率がアップ。
結構小さめの魚のバイトでも逃さずしっかりフッキングがたやすくなったので
しばらくはヴァンではなくがまかつのこれを使用し続ける予定。
自分の場合はミノーのジャーキング、トゥイッチングの間に
バイトするタイミングとしてストップを結構入れるのでその際のフッキングで
大幅に効果が出てるような感じがする。
ただ見た目太軸なのに、フックは案外伸びやすい。まぁ、しゃーない

今日は何をイミテートしていこうか。
あれこれしっかり見ながら魚の反応やレンジを見ていく。
珍しくポンドには大型のイワナが入っていたようでしつこくしつこくチェイスさせて
なんとか取ろうとしたんだけど失敗。ぐぬぬ、岩魚食べたいのに。
この日は何故かミノーに反応が強くてクランク巻くより何故かよっぽど反応がよく
ぽんぽん、といい感じに中サイズ~小サイズのニジマスが2~3投に一匹づつ釣れる。
でもそれじゃまずいのでしっかり水中を見ながら大きいのめがけてミノーを通すと
なんかいい感じに反応してくる個体が居たので文字では表現しづらいのだが
「こうーやってこうすれば・・・・」と動かすとハフッっという感じのラインにも竿にも
出ないような食べ方をしてきてヒット。
なんかいつも「どうやって食わせればいいんだヨ・・・」なんていう苦悶ばっかしてるけど
今回はロッドワークでうまく食わせることが出来て食わせた瞬間思わず
「よっしゃ!」と口から出てしまうくらい会心の一尾だった。
pic002_20160406073107989.jpg
ハンクルシャッド65MR/スパークルクリアで。
久々の70アップは真っ直ぐにして自宅で計測してみたら75cmでした。
いやー、70アップはちょっと久々だな。取り込みにはさほど苦労しなかったけど
流石にこのサイズだとラバーネットのサイズが足りなかった。

これでもう完全に満足しました。
楽しい管釣り、終わり。


じゃなくて。そこからは魚の様子をちょろちょろと池全体を見渡しながら
魚影の濃い場所を探していくとインレット側が良さそうなので
同行者のルアーを変更してライントラブルの処理などサポートしながら
数匹釣らせることに成功してタイムアップの時間を迎えました。
いやー、満足満足。

とまぁ、そこで片付けして気づいてはいたのだが対岸の子供連れが
どうも1時間半くらい?魚が全く釣れずに困っているようだったので声をかけてみた。
お子様が「あの人うめえ!」とか言ってたんで若干気を良くしていたのもありますが
実は1日前のこと。
俺「あれ、姪っ子の始業式って4/4じゃねえの?どーせ宿題できてなくて
日曜日悶絶してたんじゃねえの?HAHAHAHA」
姉「いや、始業式は4/6日なんだよ。宿題?あー、まだ出来てないの結構あってさ
春休みの思い出っていうのがあってねー。
今年の春はどこぞに旅行したわけじゃないから何か思い出作りさせないとー」

というやり取りをしていたため、なんとなくこの日は平日というのに
子供用エサ釣りポンドも含めて妙に親子連れが多いのに気づいていた。
「うーん、この人たちノーフィッシュで終わったとして、春休みの思い出
エリアフィッシングに行ってルアーを振ってノーフィッシュでした?
えー、うーんそれって・・・・?うーん?」って考えてたらなんか体が動いててね
あー、また俺のクソみたいなおせっかい虫が顔出しちゃったよ、なんて
思いながら話を聞いてみると子供さんは釣り好きなのだが大人さんは
あまり釣りなどされない方のようなのでちょこっとだけ釣り方のアドバイスを。

まずは引いてたクランクがほぼ動いていないので見てみると
スナップがサビキ釣りなどで使われる大スナップ付きサルカンだったので
普通に使われるタイプのスナップに変更。
(ダイワDスナップSだからそれでもまだちょいと大きいんだけどね・・・。)
ラインはPEの1~2号でリーダーはしっかり付いているので(多分8lbくらい?)
糸ヨレも無いしさほど問題はないか。ある意味そのくらい太仕掛けなら
ゴリ巻きで一気に上げれるっていう考え方もできるしね。
最初こういう時の必殺ルアーであるマメ使ってもらったんだけど魚が濃すぎるのと
やはり着水時すぐにバイトしているため、なれないとその時点であたり取れない事、
ラインでのアタリもとれてないと判断したのでクランクを渡してみる。

本当であればクランクの着水時にかなり好反応だったのでミッツドライが
ほぼ100点の解答だったものの、手持ちのミッツドライはどれもこれも入手が面倒な
日焼けホロやクリアーホロだったので無理。うーん、うーん、じゃぁコレか。
てな具合にマイクロクラピーMRのヒーローズとパニクラちびを2個ほど渡してみる。
うん、反応は良さそうだ。コレならいずれ釣れるだろう・・・・ということで譲渡。
現物があればこの先釣りをする場合でもそれと同じルアーくださいで分かるわけだし。

と、仕事の時間と同行者の「あー、そろそろ帰る時間にしませんかね」的な
痛い視線を浴びていたので車に戻りますーってことで撤収したのだが
気になって道具しまうまでどうしても釣れなければ予備の予備に持ってきてある
プレッソとフリームスKIX置いてって「地元同じようなんで
○○釣具さんにコレどんとおいていってくれればいいよ」って言おうかと思ったら
無事釣れていたようだし、またこの釣り場に来てやってみます言っていたので
自分としては例の「釣り人1人でも増やそう」ミッション完了ってところかな。


友人に今回の釣りの話したら「は?それ気軽に貸すレベルの竿じゃねーよww」とか
「そのマイクロクラピーもう入手出来ないやつでーすwww」とか言われたけど
まぁイイんだよ、初心者に一番必要なのが飛びやすく、軽く、
トラブルレスでフッキングの良いハイエンドや道具であり魚をつることで覚えるのが一番早い。
自分らのようなある程度こなれた人間なんて別に海釣りセットだろうがパックロッドだろうが
トラブルにもめげずなんとか魚引き出せるくらいできるという持論があるんでね。

という訳で今回のヒットルアー
pic003_201604060852519c2.jpg

(左から)
DENS/M.A.Tカラー(ハルシオンシステム)
ハンクルシャッド65MR(ハンクル)
パニクラ/越トラオリカラ(ティモン)
クラピー/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
クラピー/自塗装(ラッキークラフト)
ココニョロ/自塗装(九重ルアーズ)
メビウス(フォレスト)
その他エグザ、ドワーフ、自作マメ。

MVPはもちろんハンクルシャッド。フックを別のに交換した効果もあるのか
ミノーなのにこんだけコンスタントに釣れるんだなってのを再確認。
あれ、これ以前MATの重田さんの釣りを見てた時に思ってた感想だなコレ。
というか、ミノーで釣ると頭バカなりますわ、楽しすぎて。
久々にミノー縛り行っちゃおうかな?なんて思っても次回釣行はしばらく先。

殉職者
ちびパニクラ:上で書いたとおり譲渡。
マイクロクラピー:上で書いたとおり譲渡。

釣果:28尾
pic004_20160406091030eec.jpg
70台×1 50台×3 40台×1

最初に2匹イマイチなサイズでキープしちゃったのがちょっと下手くそだったな。
前回の釣りでコテンパンにされてそれが若干トラウマ気味になってしまってるんだよね(´・ω・`)
時間の多くを同行者の釣りに使ったため自分の釣果としてはいまいちだったが
サイズ的にも良いのが一つとれたし他のも結構揃えたしこんなものじゃないかな。


4/10は短時間ながら「釈迦内釣り堀センター」にて鯉釣りを予定、
次回エリア釣行は4/24(日曜日):「フィッシングエリアUK」を予定しています。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱり、親が子供の時に釣りをしたことない!という世代に入ってきているんでしょうね。
自分が子供のときなんて釣りばっかりだったけどなぁ。
川や沼が危ないから近づくのも禁止!という時代に変わっていったからなあ・・・

それにしても、困っている家族に遭遇率高いですね!

Re: タイトルなし

>>じゅんさん
今の時代娯楽がいっぱいあるのと同時に、
「○○は危険だからやっちゃいけません、行っちゃいけません」的な
そんなのが一般化してきた世代ですね。
(私もそんな感じでしたが自分は家族が釣り人だったので・・・)

個人的には岩姫でやってるとうーんうーん悩んで釣りをしている家族連れの遭遇率が高い気が。
と言っても、大人相手なら自分が釣れている場合だと嫌味になりかねないので
めったに声をかけることはないのですがやっぱ子供がいる初心者家族を見ると
なんかこう、自分でもいらんことしてるなーなんて思いながらもおせっかい出しちゃってたりします。

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR