スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尻別川フィッシングエリアへ2度目の遠征へ


前回記事「ライトロックゲームin函館」の続きになります。

今回の予定してた日程は以下のとおり。
5/21 21:XX 自宅発
5/21 23:30 青森港出船
5/22  3:30 函館着
5/22  4:30 函館出発
5/22  X:XX 長万部ICから下車
5/22  7:00 尻別川フィッシングエリア着
5/22 17:30 尻別川フィッシングエリア発
5/22 20:00 函館港出船
5/22 23:50 青森港着
5/23 02:XX 自宅着

OK、問題なく0泊3日の強行軍だ。
今回の目的の一つに前回の釣行で食べれなかった長万部の「かにめし」
市内にめぼしいかにめし屋をピックアップしていたのでまずは目的地はそこだ。
函館からバイパス(無料区間)を抜けて道央自動車道へ。
秋田自動車道みたいに途中1車線区域もある狭い高速道路ではあるが
車の交通量もあるわけでなく北海道のG-WAVEFM局で流れていた
70年台フォークソング特集とかいう番組で南こうせつの神田川を聞きながら
晴天のもとまずは第一目的地長万部に向かってを駆け抜ける。
フォークソングが流行った時代はもちろん自分が生まれる前の親世代
その頃が一番のブームだったと思うがその当時北海道にバイク旅行に行き
現地で働いて帰ってくるのが流行っていたとか聞いたことがある
ハチミツ族とか言うんだっけ?きっとそういう人たちもこういう音楽を聞きながら
北海道の空のもとを駆け抜けたんだろうか・・・なんてことを思っていた。
(運転しながらそういうことを考えていたのだが実際はこれら2つの事項は
年代的に10年の差があったようだ)

目的地の長万部IC到着。ここまで約100kmだったが全く疲れなかった。
さてそこから長万部へ・・・・車を止めてナビを見る。
え、もしかして市内過ぎてしまってた?
なるほど札幌から見て長万部入り口って意味で函館から見ると
長万部の郊外に出てしまう感じになってしまうのか(´・ω・`)
ま、まぁ、また秋に来るしその時にかにめしを食べよう。

仕方ない、朝ごはんはその辺にお店があるでしょ、そこですまそう。



・・

・・・・

ないぞ、何だどこにも店がないぞ
おかしい、こんなはずでは。
コンビニすらないとかどういうことだ・・・・。
とりあえず道の駅の建物を見つけたのでトイレ休憩も兼ねて車を入れる。

pic004_2016052412332171d.jpg

pic003_2016052412331982c.jpg

pic002_201605241233186fb.jpg

入った道の駅は黒松内町というところでブナ林の北限地域のようだ。
確かに長万部周辺からは結構ガラッと草木の種類が変わった感じには思う。
マツが多いというか針葉樹が増えたというか。

で、そこの駐車場で軽ワゴンに材料を詰め込んだ移動カフェがあったので購入。
pic005_2016052412332226b.jpg

pic008_201605241258221d7.jpg

カフェオレを購入。
当然ながらこの空の下で飲むカフェオレがおいしくないはずがない。
このコーヒーに使われたたのが「島倉牧場牛乳」という牛乳なのだが
このコーヒーを買っていた他の人達が「この牛乳がめちゃくちゃ美味い!」
という話をしていたのでこの珈琲屋さんに「この牛乳はどこで買えるんですか?」
と聞いてみたところこの周辺の○○地域、○○地域・・・・の
コンビニ以外のスーパーなどで買えるよって教えてくれたんだけど
正直それがどこのことを指しているのかさっぱり理解できませんでした(´・ω・`)
北海道は地名が多くて難しい・・・。次回釣行の目的、また一つ増えた。

まもなく蘭越町内到着。
蘭越よ、私は再び帰ってきた!
なんて心のなかで思いながらとりあえず朝飯くらいは買おうと思い
周辺施設を調べてみるとコンビニがある。
pic007_20160524125821546.jpg

ローソンとセイコーマートと言われたらセイコーマート一択でしょせっかく北海道きたんだし。
ベーコンおかかおにぎりを買って食ってみたんだけどこれ卑怯でしょ。
マジでうまい、やっぱ北海道って最高ですわ。
おみやげとか北海道展で北海道のものを食べるってのも美味しいことには美味しいんだけど
やっぱ現地で出来たてのうまいもので北海道成分の補充、これが何よりも活力になる。
だから旅って良い。


予定よりも若干遅れて到着。

5/22 北海道磯谷郡蘭越町 「尻別川フィッシングエリア」にて。

pic009_20160524130525afe.jpg

時刻 7:30→17:00(9時間半)
天気 快晴

先客は5名。
うち4名はかなりエリアを本格的にやっている地元民と見た。
過去2回の北海道釣行ではどちらかと言うとネイティブマンの人ばかりで
やっぱ本格的にやってる人ってほとんどいないのかな?なんて思ってたんだけど
そんなことは全く無かったようだ。
水質はいい感じのクリア。草木もさほど茂ってるわけでもなくアカシアの綿毛?が舞っていた。


今回北海道釣行に向けてはある程度対策を用意していた。
まずは新規ルアーの補充。
地元でブログ書いている人のルアーを参考にするのが一番早い
そう考えシャインライドなどボトム系ミノーを増強
(練習も含め前々回の地元釣行から使い始めています。)
前回の遠征で一番反応が良かったクリア系のトップルアーの増強
ラインはエステルの中でも地元の常連の中で評価が高かった
ディスプラウトのエステルに変更などなど行いました。

最初に入ったのは道路側、管理棟側から降りてすぐのところ。
以前秋釣行の時は葦が多く生えていてそのそばに結構溜まっていた。
ここをシャロー系のクランクでゆっくり巻くとドン!ときてたのだが
クランクを通してもどうも反応が鈍い。これはちょい違うかな?
じゃぁいつも使っているココニョロ自塗関係を主に投げてシャローをせめて見る
あれ、これも違うな。チェイスすらない。じゃぁ表層はどうか?
pic010_2016052416104429c.jpg
ミッツドライ・クリアカラーにて。
ブヨが多く飛来していたこと、アカシアの花?が常に舞っていて表層に落ちてたのに
魚が多く反応していたこともあり一日を通して安定していたのがトップ。
前年秋もかなり有効なパターンでした。

まず現段階ではパターンを見つけることに専念して
そこから前回よかったクラピーヘビーウエイトのカフェコークで広く探るも反応無し。
スプーンに切り替えてこれも前回良かったノアから開始
pic011_2016052416161152a.jpg
ノアシグネイチャー2015/福田カラーで
完全にどっしり沈めてから時々フリップを入れながら巻き上げで反応あり。
こりゃそんなに困らずに数重ねていけるかな?とおもいきやここから1時間ノーキャッチ。
おかしい、これはおかしいぞ?と思い少し管理棟側かり全体を見回してみると
自分のあたりは魚影があまりいい感じではない。
インレット周辺の流れと対岸がやはりいい感じの魚のつき方をしている。
さてどうするかなと考えたところでインレットに入っている地元の方が移動。
しめた、と思いインレットそばへ移動しました。そこからは一転、比較的イージーな釣りに。
昼の2時ころまでは安定した釣りを楽しむ。

pic012_201605241627421f6.jpg
特に反応が良かったのがロデオクラフトの2015シグネイチャーの松本カラー全般。
これらはキャスト後フォールで食ってくるパターンがとても多く色もほぼドンピシャ。
他のカラーのBFのフォールでも反応さかながあったけどこの日のヒットルアーでは
一番釣果が良かった感じだった。
前回釣行時は雨後のやや濁りが入ったコンディションだったので、
福田カラーのような膨張色系が良かったのだが今回は落ち着いた色が良いようだった。
pic013_20160524164102d49.jpg
左:前回釣行で非常に良かった福田カラー
右:今回釣行で非常に良かった松本カラー
今回と前回では季節の差もあるが何よりも水質が大きな違いだろう。
それがこのルアーカラーや釣果に大きく影響を与えたと思う。
(前回は前日まで雨、水質はマッディでした。)

イメージ的にはBFはどうしようもないときに小さくてもいいからなんとか1尾をひねり出す
そんな感じだったのだが40以下がほぼいないこのエリアではそりゃデカイのばかりかかる。
正直今回1尾も飲み込まれることがなかったのは自分でも驚きだ。
ハイバーストは2個ほどぶっちぎられたけどね!!!!!

それと水押しが強いクランクも悪くなかった。
pic014_201605241659030a1.jpg
トレモ/アイランドオリカラで。

スマッシュ、ワウなんかも有効でヒットは多数だったけどフッキングの良さで言うなら
トレモが一番キャッチ率が高かったと思う。
この辺は岩姫フィッシングで友人がヒットしたパターンを思い出してやってみたらドンピシャ。
そういえばこの環境は岩姫フィッシングがよく似てる気がする。
次回の釣行時は想定練習を岩姫でやろうかな。


2時過ぎから巻きが若干厳しめになってきたので
地元の方々を見ていて薄々気づいていたボトム攻めへ舵を切る。
よくよく見てると地元の多くはボトム、トップ、クランクを止まるか止まらないかの巻き
この3パターンをメインに据えているように見えた。

ベビーバイブ(ディスプラウトチューン)を投げてみるとたしかにめちゃくちゃヒットする。
これは良いぞー?なんて思ったらラインブレイクしてしまい手持ちにDSベビーバイブが0に。
となると予め用意してきたシャインライドやボトムマジックの出番になるのだが
pic015_201605241731038fb.jpg
ボトムマジックで。

なるほどよく釣れる。しかし以前ウキウキで使った感じとはまた別で
アクションを切れ目なく入れていってドンッっていうアタリが入る感じ。
早いダートアクションが非常に有効でこの他にも社員ライドでバンバンヒットした。
もうちょっとベビーバイブ買っておけばもっともっと釣れたと思う。
くそう。
その代わりと言うかシャインライドとボトムマジックはよく頑張ってくれたけどね。

いい加減腕がヘロヘロになってきたので4時ころ、もう2尾を獲ったら終了にしよう。
と思って気を引き締めるがとにかくブヨの大群が発生してとてもじゃないが釣りにならない。
手で虫を払いながらやったけどやっぱ集中力が続かず45分程度で終了。
ラスト1を獲ったのはスマッシュ/アイランドオリカラだった。

まさか普段使っているS字系が全く効かないとなるとどうなるかと焦ったが
結構早い段階でヒットパターンを幾つか見つけれたのが釣果につながった。
このエリア(というか北海道全域らしいが)一番の難点はズバリ「虫」
特にブヨ対策は絶対必須だと思う。現地の釣り人はいくら暑くても肌を露出せず釣っていたが
何も知らないこの秋田人はアロハシャツ1枚で釣っていたため数カ所やられてしまった。
とは言え数年前磯の夜釣りで手が膨れ上がり寝れなく寝るレベルで刺されたとき以来
虫刺されのかゆみ止めのかなり強いのを常に携帯しているため、この記事を書いている現在
ブヨの痒みに関してはかなりコントロールできている。あとは毒が抜けるのを待つだけ。
もしこれから北海道へ遠征を考えている釣り人がいるのであれば
やぶ蚊、ブヨ対策は必ずしっかりとってもらいたいと願うばかり。

釣果:53匹
前回釣行には及ばなかったが前回がある意味特別な高活性だったのかも?
フッキング自体は間違いなく80近くはいけてたと思うが後半どうも寄せる段階で
フックオフしてしまうケースが多く、思ったほど釣果を伸ばすことができなかった。
一応フックはチェックしてはいたけどヴァンの21など細めの針を多用していたので
伸ばされてしまってたルアーが結構あったのかもしれない。


今回のヒットルアー
pic016_201605251551245cd.jpg
カランバ(バスディ)×2
ふわとろ(シマノ)×2
クラピー/有頂天(ラッキークラフト)
ミッツドライ・デカミッツ/有頂天他(ティモン)×4

(下段左から)
スピッシュ←写真チェックしたらキャッチしてませんでした
シャインライド(ヴァルケイン)×4
ボトムマジック(ジャッカル)
エアーブロー(ラッキークラフト)
ベビーバイブ(ラッキークラフト)

シャインライドは特に反応が良かったのだがフック伸ばされるケースが多く
あれ、なんでバレる?と見てみるとフックが変なことになってたりすることが
ストックしていたカルティバの31フックはこれらにほぼすべて消化されました(´・ω・`)
(太軸でシャンクが長いのがほかはエリモンしか手持ちがなかった)

pic017_2016052515512555d.jpg
リベロ/自塗り(アールグラット)
BF/シグネイチャー2015ほか(ロデオクラフト)×5
ノア・ノアjr/シグネイチャー2015ほか(ロデオクラフト)×4
EIEN(アングラーズドリームバイト)
ハビィ/アイランドオリカラ(アイビーライン)
写真に撮り忘れてしまいましたがジギルjr×2/シグネイチャー2015も追加。

殉 職 者 
トレモ/トラウトアイランドオリカラ ×1
ベビーバイブ/ディスプラウトチューン ×1
ミッツドライ ×1
ハイバースト/オリカラ×1 スタンダードカラー×1


誰だよエステルでラインチェック怠って投げて切られてるバカは

・・・・・・・・・・・・・・俺だよ!



帰り道は急いで道央自動車道を南へ。
タクシー乗り継ぎの時間も含めフェリー時刻に到着したので
函館での休憩はなしでノンストップで船に飛び乗る。
(出船約10分前でした)
pic025.jpg
帰りは津軽海峡フェリー。
青函フェリーよりもやや割高なんだけど

pic024.jpg
pic023.jpg
船内は非常に広くおみやげ屋さんもあったりいろいろ食べ物も売ってます。

pic020_20160525161441473.jpg
pic021.jpg
自販機限定ということで買ってみたが
このわざとらしいメロン味は割と嫌いじゃない。

pic019_2016052516144019d.jpg
今回北海道限定品として飲んだものは
これらの2種のペットボトルに先ほど紹介したわざとらしいメロン味
あと上に紹介したコーヒーとキリンガラナの1.8リットル一本かな?
流石に炎天下の釣りは水分補給が大事ということで
蘭越町のスーパーでガラナを買ってきたのだが大容量をらっぱ飲みしたせいか
お腹がだいぶ(自主規制)でした。

pic022.jpg
今度はたらふくご当地の食べ物食べに行くよ。

pic027.jpg
ありがとう北海道、また秋に。



メモ

今回の交通費などの遠征費用
行きの船 \1,600
函館までのタクシー \1,410
長万部までの高速料金\2,250
黒松内からの高速料金\2,670
フェリー乗り場までのタクシー\1,820
帰りの船 \2,220
カーシェアリング \13,691
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。