スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鱒職人バトルに参加してきました。

自宅に帰ってきてから何もせずソファーにダイブ。
帰り道眠いなーなんては思っていたけど、まさか14時間近く寝るとは
ここ最近じゃあまりないくらいにつかれていたのかな、と。

じゃあ何をやってきたの?と言うとタイトル通りでして。


6/5 青森県新郷村「フィッシングエリアウキウキランド」にて。

時刻 7:00→16:00
天気 晴れ。 時より冷たい東風が吹く。

昨年に引き続き、「鱒職人バトル」に参加してきました。(※昨年の記事
自分は基本エンジョイ勢なんで、他の人に全く歯がたたないとわかっては居るけど
それでも上手い人の釣りを「穴開くレベルでガン見できる」機会なんてそうそうない。
試合終わるまでには討ち死にして翌日の朝八戸港に浮かぶ結果になるのは見えていたが
それでも今の実力を図るにもいい機会じゃないかって。

目標?そりゃ1回戦突破ですよ。まぁ無理だとは思っていましたが。
(昨年は予選では8人中8位、敗者復活でも復活できず)



今回はプラもしなかった。
特に大会用セッテングをしたわけでもなかった。
まぁうまくいかないし普段の釣りの延長で、という軽い感じで行きました。

pic001_20160606113433fde.jpg
こうやって見るとプラノ派が多いのかなぁ?
この先の写真もプライバシーのこともあるのでなるべく顔が映らないようにしてます。

ルールは以下のとおり。
使用ルアー制限は持ち帰りの方のレギュレーションに準ずる。
(シングルバーブレス必須、可変、フロントフック、18mm以下、自作、毛など不可)

予選ラウンド
10分で場所移動を含む20分1セット×4セットの総釣果で競う。
Aチーム(先行)Bチーム(後攻)それぞれのグループの上位4名が勝ち上がり。

敗者復活戦
予選敗退者全員で開始。3本先取りで4名勝ち上がり

準決勝
1対1での釣果で上の人が勝ち上がり。
10分での場所移動を含む20分1ラウンドでの釣果で競う。

決勝
6名での釣果で総釣果の多い方から順位決定
(確か)15分での場所移動を含む30分の総釣果で結果が決まる。
※場所移動に関しては特殊ルールが適用



開始はB組。予選ラウンドは放流が行われる。
pic002_2016060611495725a.jpg
いつもの放流トラックがやってくる。

pic015_20160606194507c4c.jpg
どっせーい、っとネットで3箇所へ放流。
これをA組B組それぞれの開始時に1度行う。
実はここ最近ガッツリと放流取りをしっかり練習してきたわけではなかった。
水質がかなり濁っていているのでオレンジ系よりはチャートを推していくのか
最後の最後まで迷ったが先行のA組の釣れ具合がどうもおかしい。
みんな放流カラーを投げているはずなのにどうも数が伸びてない。
自分が審判していた選手は放流刈りではなくトップを攻める選択をしたり
これはちょいとおかしいぞ・・・・?ということで自分がつけているルアーを
ちょいとカラーを落とし気味に設定する。

第一ラウンド開始。
それでもA組最後の方は放流魚が若干仕事し始めていた感じ。
3本のロッドに装着していたロールスイマー2.5gやMIU2.2g等から若干グラム数を落として
ノア1.8などを装着すると悪くない感じには放流を取ることができた。
それでも他の選手に比べると出足はやや鈍目で8尾にとどまる。
ざっと見た感じだとA組の時に放した放流魚が割りと仕事していたようで
やはりセオリー通りの重めの放流カラーのほうがどうも良かったようだ。
pic003_201606061214211ec.jpg
キャッチしたルアーは左から
ノア/2012シグネイチャーTS
ノア/2014シグネイチャー早乙女
ハイバースト1.6/自塗り

2セット目。
A組をバーっと見渡すとスプーンでセカンド~サード系のカラー、
もしくはクランクに移行している人が多いのでクランクを。
予定していたココニョロを投入するもこれが大誤算。
合計20分の内半分近くはココニョロ引いていた気がするがダメでした。
どうもこの日はココニョロを引いたとしてもカラーがかなり限定的だったようだ。
全く魚が取れずなんとかリベロの自塗りとトレモのオリカラでキャッチするも
4尾と低調な結果に。前回大会で2巡目に超苦戦したのを思い出す。嫌な思い出。
pic004_20160606142800f0b.jpg
左から
リベロ/自塗り
トレモ/アイランドオリカラ

3R目。
困った、A組含め結構みんな好調だぞ・・・。
何かないか、なにか無いか・・・いや、アレがある。
3本のロッド全てにクラピーをつけて遠投、魚は上の方にいるのはわかっていたので
ロッドをなるべく立ててディープクラピーでの表層巻きを試すとこれがドンピシャ。
バレる数がかなり多かったがヒット自体はほぼ毎回。
ヒットゾーンは足下まで確認していたこともあり手数が少なくなってしまったが
ここで数を伸ばせたのが非常に良かった。
今回のMVPのディープクラピー(美鬼カラー)は圧倒的でした。
pic005_20160606144325bcb.jpg
左から
ディープクラピーディスプラウトチューン(ディスプラウト)
パニクラ/越トラオリカラ(ティモン)
ディープクラピー/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
フックの伸びにさえ早い段階で気づけていればもう3~4は積めたと思う。

4R
開始直後同じパターンで行けるかなと思いクラピーを投げてみるも
どうも同じパターンで攻めた人が居たのか反応が全く無い。
シャインライドとウェイブラーで数尾積むもパターンがわからない
わからない・・・困った・・・周りを見るもどうも見たことがないプラグばかり。
これは万策尽き・・・・いや、困ったときはこれでしょ。
って具合につぶアンを投げたらこれがかなり良い感じで一気に数を伸ばす。
ここに来て思い出すとたしかいつぞやukのブログにつぶアンが好調で~
そんな記事があったことを思い出す。残り3分前でラインブレイクでつぶアンが
切られたりして万事休す。最終を7尾でトータル27尾で予選ラウンドを終える。
pic006_2016060615214240e.jpg
左から
つぶアン(ラッキークラフト)
ウェイブラー(ドラゴンフィッシュジャパン)
シャインライド/1091カラー(ヴァルケイン)
(※つぶアンは後ほど別の釣り人さんに回収してもらいました)

主催者からコールがかかる
「今から名前呼ばれる人は敗者復活戦をするので準備してくださいー」
○○さんー○○さんー○○さんー・・・・・・

ん?
俺呼ばれてないよね?
え、マジ?予選突破きた?
イヤッホォー!と小躍りしましたが予め書いておくと準決勝はボロボロでした
予選突破ラインが27尾未満でギリギリの滑り込みで突破できました。
突破できたこともそうだけど昨年はビリケツだったことを考えると
それなりに上達はできていたんだなって言うことには素直に喜びたい。


pic007_201606061550305f8.jpg
敗者復活戦を遠くから見ながら。
今思うとこの時間が無駄でこの時にパターンやレンジをつかめておけば
もう少し善戦できていたのかな、と後悔だけが残る。

準決勝の相手は前回の大会で審判をさせていただいた選手の方で
めっち上手いのは知っていたので正直一番当たりたくない方でした(´・ω・`)
昨年はこの人のザッガーの扱いほんとうまいなぁ・・・なんて眺めていた記憶がある。

もうなんのルアーを使ったのか覚えていないけどボロ負け。
スコアで言うなら7-4での負けでしたが相手方は途中でライントラブルがあったり
大きいのかけたりして時間のロスが多かったので数字以上に負けた感がありました。
準決勝のところで全くパターンがわからずもう頭が回らなかったのですが
決勝で同じようなルアーで「こういうやり方をすればここまで釣れるのか!」
というのを見せてもらったのでそれだけでもかなりの収穫があったかな、と。

決勝戦となるとやっぱりみんな圧倒的に上手いなぁ。
自分の釣りがまだまだ手数も手際の良さも全く足りないのがよく分かる。
清水川にいる時にルアーをよく拾ってもらっている常連さんとの一騎打ちは
見ているこちらもワクワクする展開でした。
pic008_20160606171101b00.jpg
優勝者お米、2位がコーラ、3位がダカラだったかな。
協賛は地元の釣具店のブレイクさん。
大会の様子はその協賛店のブログUKのブログディスプラウトのフィールドレポートに乗るかと。
pic009_20160606180616c7e.jpg
参加賞はノマディックコードのルアーが一つ。
それと参加後に参加者の一人がスプーン要る人いるー?ということでじゃんけん大会。
ずーっとグーで勝ったような。
pic010_20160606180617669.jpg
完全なるオリカラなのだがなんと名付けようか
一部選手にはDクラフトでいいじゃんって言う話だったのでそういう名称にしておこうか。
3種ルアーがあって自分もよく自塗りしているのでどれが一番手間がかかったか
すぐわかったこともあり一番手間がかかってそうなのを選びました。
でもこのルアーなんだろう?




昼休み中に優勝者がやっていたパターンを試してみたけど凄い。
確かによく釣れる。また一つ2つ、と戦略の幅が増えたと思う。
結果は負けたが得るものは多かった、さて自分の釣りを・・・・と思ったら
今度は参加者有志によるルアー縛りのミニ大会が始まる。
中にはこちらのほうが大会本番でしょという人まで。
無論有無を言わせず強制参加でございます。

1回戦はスプーン縛り。20分一本勝負。
スプーン形状のものであればすべてOK。
ロールスイマーの自塗りでポポンと魚を出すけど次が続かない。
こういう時はBFで粘るしか、ということで粘ってみたがやはりスローな釣りだと
本数が伸びず6尾で終了。(1位は10尾)

2回戦はクランク縛り。
ボトムクラピーやココニョロ自塗りなどで数を重ねたけどこれも7尾で終了。
みんなで同じルアーを投げると圧倒的に釣れないことを再認識。

3回戦はミノー縛り。
やったぜ、シャインライドとボトムマジックでこれはいけるで!と思ったが
「リップがあるミノー形状のルアー以外不可」ってことに。
え?そんなの無理じゃんってことで他の人がザッガーなどでトップの釣りをする中
エリアミノーイング仕様の太軸のフックをつけたハンクルシャッド65でやけくそトゥイッチするも
全く話しにならず最後シュガーミノースリムでトップで拾って終了。
ミノーなんて全部太軸エリアミノーイング仕様だってばよ!

プチ大会でのヒットルアー。
pic011_2016060618061927c.jpg
パニクラ/越トラオリカラ
マイクロクラピーディスプラウトチューン
ふわとろ
シュガーミノースリム
BF×3
ロールスイマー(自塗り)
ミノー系はフックを重くして少し沈ませ気味にしてのトゥイッチも狙っているので
若干アンバランスなフックサイズだがこれ以下のフックをセットしたミノーがなかったヨ。


その後さらに別の趣向でのプチ大会が一回あったのですが
ちょいとミノーイングの件でよくお会いする人と話をしたかったことと
次回のエリア釣行がまた北海道を予定しているので、前回尻別川での
北海道パターンを復習しておきたくて離脱。その際にその方から「あれ、これ使ってなかった?」
って自分が無くしていたパニクラのカフェコークを見つけてもらいました。
これだけでもう十分です、はい。
今回渡しそびれたけどそのうち使わなくなったヴァンの51フックさし上げる予定。

大会やプチ大会以外の釣果は結局39尾。豆の練習とかもやったので
2時間弱でこのくらい行ったのは当然の数字か。
(今回大会に参加すると1日分のオールリリースでの釣りがOKでしたので
そのレギュレーションでは18mm以下がOKということになっています。
普段の持ち帰りコースでは使用不可。)

大会で紹介していないルアーでのその他のこの日のヒットルアーは以下のとおり。
pic012_201606061833245b1.jpg
パニクラDR(ティモン)
ウェイブラー(ドラゴンフィッシュジャパン)
スマッシュ/アイランドオリカラ(ムカイ9
ちびパニクラ(ティモン)
ディープクラピー/オオツカオリカラ、有頂天他(ラッキークラフト)×4
マイクロクラピー(ラッキークラフト)

下段
BF(ロデオクラフト)
カランバ(バスディ)
ボトムマジック(ジャクソン)
シャインライド(ヴァルケイン)×2
寄熊(メーカー名不明)
【ココニョロインジェクション(九重ルアーズ)】←プチ大会の方で写真に入れ忘れ。

写真に写すのを忘れたが
フォールゾーン(ディスプラウト)
ドワーフ(アールグラット)も追加です。


殉職者
シャインライド×1
ザッガーF1(ビッグファイトオリカラ)×1
フォールゾーン×1
ドワーフ×2

本当はこれにつぶアン、パニクラが追加だったのですが
いずれも拾ってくださった方が居たので難を逃れました。

累計80尾でこの日はフィニッシュとなりました。
大会参加者さん、主催のウキウキランドさん皆様有り難うございました。
時間が合えばイブニングなどにも再び参加できれば、そう考えております。



大会終了後
pic013_201606061913067b9.jpg
駐車場でラジコン飛行機飛ばして楽しむ面々。
多分この写真に小型ラジコン飛行機載っていると思うんだけど
見つけることはできませんでした(´・ω・`)
この写真に写ってはないけど顔が写った写真はみんなやっぱ笑顔。

まぁ、落下して壊れてしまうんですけどね。

pic014_20160606191606412.jpg
帰りは前々から気になっていた大湯の小さな食堂に入ってみました。
麦茶、もうそんな季節になったんですね。



次回以降エリア釣行予定
6月中平日 半日のみウキウキランドへ。
6/19 天気が良ければ北海道へ。
   行き先は北海道森町、濁川にある「プレイ・フィッシュ・プレイス」を予定。
     釣行記もあまりなく管理釣り場のポータルサイト系にも登録がない場所。
     荒天の場合は2週あとにずらしてユーランド清水川を予定しています。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。