スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急遽イブニング参戦するも準備0どころかマイナス開始で

エリアフィッシングから帰ってくると即フックチェック→道具の整理と
そういう段取りを習慣づけているが流石に疲労困憊の日は避けている。
年に2度か3度あるかないかの頻度なんだけど今回はそんな日でした。


7/31 青森県新郷村「フィッシングエリアuk」にて。
pic001_20160801160918e64.jpg

時刻 9:20→18:30
天気 快晴/夕方曇り、一時小雨程度。

週間天気予報などから地元のエリア釣行に舵を切っていた。
今回、炎天下の下アンダーウエアを着てどのくらいやれるかをチェックするのが目的。
今まではTシャツにジーンズのパターンがメインだったのだが、
この時期になるとアブやブヨなど害虫に悩まされていたのと
やはり発汗などで体がべとつきやすくなっていたのでなんとかできないかと考え
薄手のアンダーウエア上下を着用して試してみよう、ってのが今回の趣向。
前回北海道釣行でブヨに悩まされたので秋口の2度の北海道遠征を見据えての
着用という感じです。



釣り開始時は日曜とは思えない少人数で全体でも6人程度。
あれ、今日はイブニングの大会あるはずだけど大会で見たことある顔が居ない。
水質は朝の時点ではかなりのマッディレベルだった。
pic001_20160801233823443.jpg
写真じゃちょっとわかりにくいかな。

みんな田んぼ側に入っているのでとりあえずインレット側に入って開始。
マッディな状況というと初めて尻別川FAへ行った際雨上がりで濁っていて
その際は膨張色系がよかったのを思い出してノアシグネイチャー2015/福田から開始。
なるほど問題なく釣れる。まぁ、この辺は釣れて当然か。
ただその後が続かない。激しく、かつしっかりアピールできてゆっくり巻けるものねぇ。

・・・・うーん?スピナー?
あまりエリアではスピナーを使う人は少ないと思うが
立ち上がりもよくしっかり巻けるAR-Sはエリアでも十分有用なのは経験で知っている。
インレットの流れの消えるあたりに投げ込んでゆっくり巻いてくると・・・ほらね。
いい感じでポンポンと出る。それでもどうも濁りが結構きついせいなのか
しっかり魚がチェイスしてこないのかよくわからないがどうもルアーの当たり外れがある感じ。

10:10までの50分で約10尾とスローなスタートになる。
ボトムが出るんじゃないかなとちょっとしつこくやり過ぎて結果が全く出ないのが要因。
10:30放流開始。
ロールスイマー2.5gで開始もなんかちょっと反応が悪いので
QM2.8北関東鉄板に変更したらまぁドンピシャ。
QM(北関東鉄板)→ハイバースト(自塗)→ノア(自塗)→リベロ(自塗)→
あれ、隣のインレット投げてないやんってことでハイバースト2.4(FS.01)でまた再度拾ったり
まぁ何投げても釣れるのはいつものウキウキっちゃウキウキなんだけど
なんせ気温が32度な上ピーカン照りの下
水質はいつもと違うマッディなので空振りも結構多くてなんか放流ですら「これだ」
と言ったパターンを掴むことができなかったのはちょっと残念。
午後からは若干水質も我慢できるようなレベルになってきたのか活性もやや上がってきて
それなりに魚が出てくる感じになったことも有りそれなりに暑くてもやる気が出てくる。

朝はトップですらほぼ出なかったものの徐々にトップでも出始める。
ただ今回はスピッシュがない。こういう時はあのポップ音が心強いのに・・・
なんて思ってふと目に止まったバズボールを強めにアクションさせてみると
ああ、なるほどこういう日はしっかり音のするもののほうが反応いいのね、と。
でもこのバズボールと言うルアー、とにかくフッキングしないのが苦しい。
魚は結構出るんだけど・・・・・魚のわき方の割には釣れないのはなんとかならんのかな。
レギュレーション的に不可能だが、もしトレブルだったら最強クラスなんじゃないかなと思うくらい
状況によってはかなり魚を集めれるルアーだと思う

昼もまわりちょくちょくと知っている人がイブニングの大会のために来はじめ
2回めの放流をはさみそこそこのペースでは釣れていくけどパターンはつかめない。
アキュラシーの自塗りで7連発したくらいか?
ボトムはこの日ほぼ全くといったレベルで効かなかったし
クランクなんかも正直微妙、トップはまぁそれなりに?と言った感じ。
pic002_201608020012182c2.jpg
苦しい中でもそれなりのゴロゴロに肥えたブラウンをヒットできたのだけは印象に残ったが
とにかく暑い。口を開けば「暑い・・・あつい・・・(ゼーゼー言いながら)」
こんな感じで正直2時半あたりですでにもう今日はいいかな・・・・といった感じ
途中ではかき氷食べながらの釣りをしていました。
pic003_201608020021530c0.jpg

今回はM券だしリミットは揃っているしそれなら餌池のほうにミノー持って・・・
そんな感じで軽くミノーやって帰ってきた時に気づいた。


釣った魚めっちゃ逃げてる!
魚が大脱走していました。気づいたのは15時回ったあたり。
見てみると大型は2匹、小型の殆どに脱走されてました(´・ω・`)※今回はM券
問題はこの時にパターンをつかめていなかったことと
現在の水質の状況があまり経験したことのない状況だったこと
加えて先月?の清水川釣行後から大幅にタックルを変更したことなど
まちがいなくリミットを達成できない条件が重なっていた。

結果的にはリミットには2尾足りない合計2尾。
小型も20尾バーベキュー用にサイズ揃えてキープしたのに残ったのは5尾。
おかしい、おかしいぞ。こんなはずでは・・・・・。



まずここまででのヒットルアーの紹介から
pic004_2016080200241553b.jpg
(上段左から)
ロールスイマー(シマノ)×2
サタン(アールグラット)
リベロ/自塗(アールグラット)
アキュラシー/自塗(なぶら家)
QM(ロデオクラフト)
ハイバースト/オオツカオリカラ(ヴァルケイン)
ハイバースト/自塗(ヴァルケイン)
MIU/自塗(フォレスト)
B-1/Dオリカラ(メーカー不明)
ペンタ(アイビーライン)
ハビィ(アイビーライン)

(中段左から)
ノア・ノアjr/自塗、シグネイチャーなど(ロデオクラフト)×7
AR-S(スミス)

(下段左から)
ジギル(ロデオクラフト)
BF/シグネイチャーほか(ロデオクラフト)×7

pic005_20160802002416a88.jpg
(上段左から)
DENS70MDF/MATカラー(ハルシオンシステム)
フローシャッド(ジャクソン)
シャッティングX(メガバス)
ザッガーB1(ハンクル)
クラピー/自塗(ラッキークラフト)
イーグルプレイヤー/越トラオリカラ(ディスプラウト)

(下段左から)
シャインライド(ヴァルケイン)
マイクロクラピー/オオツカオリカラ(ラッキークラフト)
ミッツ・デカミッツ(ティモン)
バズボール(ザクトクラフト)

殉職者:なし
夏の清水川用にタックルの殆どを4lbフロロラインに変更したことも有り
連続でヒットさせても一度もラインブレイクを起こしませんでした。


ヒット分布
pic006_20160802003843411.jpg
合計79尾。
どうもクランクで思ったほど伸ばせずスプーン頼りになった感じ。
レンジは表層気味を攻めるのが一番出たかな。
トップは午前はほぼ厳しい感じで避けていたけど午後からはライズも多く
それなりに出るようにはなった感じ。でもいつも程ではない。

次回釣行になるまでには水が澄んでいればありがたいのだが。




終わり気味の時に
「え、マジでイブニング参加しないとかないわ」とか
「今回出場者少ないから参加してくれ」とか
あれこれ言われまして全く準備どころか大物用にチューンしたタックルで参加することに。

本来の予定はこうだった。
この炎天下のもと汗だくになったのと仕事の疲れ
そして8月の繁忙期に備えるために16時でさっさと切り上げて
ホテル鹿角の日帰り入浴でしっかり体もみほぐして疲れを抜いて帰るつもりだった。
(ついでに営業時間は18時まで。)

お風呂の道具も用意してたし本当に全く参加するつもりはなかったのだが
まぁ、こういうこともあるよねということで更に延長2時間で急遽参加。
参加者は10名。レギュレーションは一般的なトーナメント仕様です。

急いでイブニング券を購入、脱走されてリミットに達しなかった魚を見せてから参加へ。


・・・・・・・さてどうしようか。
タックルケースを開けると使用済みのルアーがぶっ散らかった状態。
タックルも全くトーナメント仕様の設定にしていない。
(ナイロン6lb、フロロ4lb×2本、2lbフロロ×1本)
まずミノーイング用のセッティングは使いものにならない。
まわりは間違いなくトーナメント仕様で参加しに来ているだろうからまともに見切られずに
操作できるのは1.5lbフロロ一本しかないか。
(参考までに前回大会ではフロロ1.5/フロロ2lb/PE3lb+2lbリーダー/エステル2.2lb)
何よりも鱒職人の大会後はほとんどのフックを普通のヴァンの31もしくは41に
刺さり重視よりもコスパ重視に変更したことが一番の変更点になるのかな?
先を見越した釣行計画で変えていたのが仇となるとはなぁ。

pic008_20160802100819a49.jpg
とりあえず大会開始。20分×5ローテかな?
1ローテ目開始。ラインが切れている竿が2本。でも流石にミノーイングセッティングを
使うわけには行かないのでスタートには間に合わなくても他の2本のセッティングを先行。
まわりがバカスカ釣り始める頃傍らではライン結束していました。
そして終わる頃にはすでに勢いが落ちているというザマ。

トップで出ているようなので午後良かったバズボールを手に取る。
pic007_20160802100950e3d.jpg
フックが開いているので使用不可。
えーっとデカミッツなら・・・・・・げっ、こっちもフック開いてる。
ボトムにつけずミドルレンジでシャインライドをダートアクションさせ……コレも伸びてる!
ふと横を見る。
しめた、このカラーに似たココニョロは俺も持ってる
と、おもむろに自分で塗ったグリーングローのココニョロを装着。
第一投でイトウにスレがかりして無事ラインブレイク。あほか。
他のココニョロの自塗カラーでは他にはヒットもなく1ローテは1尾(´・ω・`)
この時点でまぁダメだろうってのははっきり感じたしもうどうにでもな~れ状態。
日中に使用済みのルアーはヒットルアーでも全部見切る。
いちいちフックチェックやって交換している暇はない。
それ以前にルアーケースの中に散乱していて漁るつもりもない。

第2ローテから第四ローテまでクラピー、パニクラ、ウエイブラーで取る
日中の釣りで明らかにこの手は反応が悪かったが
まぁイブニングでも同様反応はさほど良いっていう感じではなかったかな・・・・。
加えて、マイクロスプーンを使おうにもフロロ4lbでは水流に流されやすいのか
浮き上がりがめっちゃ早かったりしてマイクロスプーンのたぐいも諦める。

第5ローテ、もうどうにでもなーれ的な状況でハイバースト2.4/FS.01をぶん投げて
ダダ巻してきたら連続で釣れたりもしたけど結果的には9尾としょぼい結果に。

ヒットルアー
pic009_201608021054586e3.jpg
マイクロクラピー/ディスプラウトチューン
パニクラ/越トラオリカラ
ウェイブラー ×2
クラピー
ハイバースト

殉職者:ココニョロ/自塗×1
イトウにスレがかりしたのでスプール押さえて切りました。


結果的には最下位でした(´・ω・`)
女々しいけど反省点というか言い訳というか。
・炎天下で疲れたままイブニングまで参加すると疲労で集中力が持たない
 →他の参加者は主に午後からプラを兼ねてパターン探ってた一方で
  全くそんなのお構い無しでミノーとか投げてたんだよね・・・

・やっぱり太いラインだと上手い人らと並ぶと圧倒的に釣果が落ちる
 →秋の初めの北海道遠征およびユーランド清水川で安定してキャッチできるように
  4lbラインにしてたんだけどやっぱはっきり差がでるね。
  その差を埋めれるだけの技量は私にはありません。

・リリーサー、カウンター、リングオープナーそれも持ってきてないとか舐めてるとしか・
  →リリーサーは自宅に忘れてきてました┐(´д`)┌
   致命的なのはリングオープナーでそれを忘れてたため
   途中でのフック交換ができず日中の釣りで使ってたルアーの大半が使用不能に。
   爪で開けろ?あたしゃ年中爪は短く切ってるんだよ!

・イブニングは効くカラーの幅が予想よりも狭く全く対応できなかった
  →グリーン系とクリアカラーのプラグが有効に見えたが
   グリーン系のココニョロは殉職。クリアカラーのプラグはトップはフック曲がってたし
   残りのプラグもあまり良い反応はなかったね・・・

・使用済みのルアーを仕分けしておくシステムが必要だ
  →ルアーがぶっ散らかってたせいで使いたくても使えなかったルアーがいくつか。
   ただ、ルアーケースにそのまま戻すとフックチェックできなくなるので
   別途使用済みルアーケースを作るつもり。

・フックは31のノーマルや41のノーマルと細くフッ素加工したものじゃ圧倒的な差がでる
  →大会など参加するつもりは全く無かったのでノーマルフックに交換
   節約節約なんてやっていたけど釣れる魚の数も節約になってました。
   なんだかんだでフッ素は偉大。

・やっぱ競技の時はPEとエステルがないとダメだなー
  →感度重視のラインはやっぱそれなりに違ってくるのをまざまざと知った。
   普段使いにはエステルは正直厳しいがここぞで使うラインとしては
   コレ以上の適任がないレベルと感じている。
   替えスプール一つかって巻いておこうかなぁ?

このくらいですかね敗者の弁は。
あたしゃ器が小さい人間ですから言い訳なんていっぱいしますよ!ちょっと悔しいし。
いずれこの経験も何かに生きていくと思っています。

次回釣行:もしかしたら近日中どこか行きます。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。