間もなく十和田湖解禁・・・・その前に。

もうヒメマスが絶賛遡上中で採卵はピークに達しています、というローカルニュースが
流れていることも有りまして、先日ウキウキいいったときにちょこっと観てきましたが
ライズも有りしっかり魚は接岸しているのを肉眼で確認してきました。

(基本情報)

解禁日:10/1夜明けから。
釣行可能エリア:半島や遡上地域を除くほぼ十和田湖全域
pic001_20160928113635d49.jpg
写真は和井内の桟橋ですが正面に見えるようなブイやロープに囲まれた箇所は釣り禁止。
(一部ポイントは11月頃に開放されます)
通年の禁止区域は遊漁券の日付の下に記載があります。
遊漁券は岸釣り1000円/day。漁獲制限有り。
最速で手に入るのは各地にある民宿で、よく使われるのは
うたるべ荘のようですが解禁日当日朝一番では行ったことないのでよくわかりません。
時々不在でしたな。
現地徴収も加算なしのはずだったのでそれでも良いかもしれません。

■タックル
ゲームフィッシングで楽しもうとする場合、エリアタックルでいいと思いますが
(UL~XUL,ラインは2-4lb、シングルフック)
多少強引でも取りたいというならネイティブトラウトのタックルやバスタックルでOK。
フックサイズは#6-10あたりのやや小型のほうが良いかもしれない。
使用するルアーは軽めのスプーン、クランクベイト(表層のほうが良いかも)
マメ、メタルバイブ、まぁ、普段使っているようなものはなんでもOK。
参考までに去年(自分以外の人を含めて)釣れたルアーはこんな感じ。
pic002_201609301123397f4.jpg
(画像のルアーは、ザンム、ふわとろ、ハビィ、ロールスイマー、ファクターなど)
解禁当初は赤金系の派手めなスプーンやクランク、というかなんでもOK
ただし、狙うのは浅場がメインなのであまり深く潜るタイプのルアーは
あまり個人的にはおすすめできないなという感じ。
思い返してみると回遊してるような魚はスプーンやスピナーが良かった。
完全に底を縄張りとして固定している魚はマメやミノーで威嚇バイト狙うのが
良いような感じではあったが別にどっちでもどうもなるかもしれない。
確実にキャッチするならもちろんバーブ有り、だがトレブルだと
場所によっては根掛かり頻発するのでフックはシングルのほうがスタイリッシュかなー。
去年見かけたのはシーバス/サクラ用の7ft以上のロッドで重いスプーンやミノー
それらをかっ飛ばし悶絶しているパターン。たしかに大物が釣れるかもしれないけど
コンスタントにキャッチしていくなら岸狙いで十分。足下に泳いでくるってことも。
接岸も最終段階に来るとだいぶ渋くなってきてエリアと同じくカラーも落とし気味のほうが
良かったりもするのだが無論その日の状況に依るのでなんとも。

エサ釣りなら断然サシが有効。
隣でド初心者おっちゃんに聞かれたんで釣り方教えたら入れ食いしてた。
それが手にはいらないならブドウ虫でいいようだが去年やった感じ、
イクラはあまり有効な餌でなかったことだけは留意しておきたい。
(タイミングによるかもしれない。)

共通して、ヒメマスは口切れしやすいので強引なやり取りは禁物。
それからハンディタイプでいいのでネットはあったほうが良い。
それと何よりも車上荒らしにはご注意を。最低限の道具だけ持ってくること。

明日の朝、早速やってきます。
その前に・・・・




9/29 三種町の漁港にて。

時刻 21:00→23:30
天気 晴れ、強風、時化。

男鹿からの荷物にアオリイカが大量に。
pic003_20160930120638521.jpg

・・・・・・・ん、こんなに浜に上がってるなら2年ぶりくらいにエギング行くか!
実はここ2~3年、男鹿以北でアオリイカはあまり状況が良くない。
無論今年も昨年よりはマシになったとは言え、絶望的な釣果が上がってきている。
とは言え、実際男鹿産のアオリイカが来ているというのは間違いない。

幾つかの漁港をピックアップしていってなるべく家から近い所・・・・うーん。
googlemapであれこれ調べてみると、ふむ、この漁港が良さそうだな。
というわけで行ったこともない初めての漁港を目的地と定めGO。
事前情報で「砂がめっちゃ多い漁港だよ!」って聞いていたけど
砂が多いなら多いでシュラッグミノーでヒラメ狙いもいいじゃない?
そんな軽い気持ちで到着。


・・・・・爆風やんけ!
そりゃ爆風スランプも走り出すわ。
ライトタックル?無理無理かたつむり。
そっとアジストを車に仕舞いエギングの道具だけを持っていざゆかん。

いやぁ、久々にエギで煽ってみたけど何ていうか、
感覚めっちゃ忘れてるね。エギだけはヤマシタのエギQを揃えているので
いればそれなりに反応はあるはず、とスマホの動画であおり方をチェックしながら
こまめに漁港を攻めていく・・・・も、うーん、浅い。

じゃ港湾部奥の方はどうか、と思い後ろからうねりがバッシャンバッシャンと
テトラに打ち付けられてるようなポイントに立ってやってみたけど
後ろの波の音が聞こえるともう怖くて不安でやってられない。
動物的直感?いや、普通にコレは危険というのを肌で感じたので浅い内海で
エギをひたすら投げて、おっ、とぐぐっと来たので2m~3mは有る高さから
抜き上げを試みて・・・


・・・・・落としたヨ(´・ω・`)

緊張の糸が切れてしまったのでそこで撤退を決断。
今年こんなのばっかだなぁ。
やっぱ自分にはエギング向いてないのかなぁ。うーん。

明日の十和田湖でこの不運も一緒に消し去ってこようぞ。


追伸
10/30(日曜日)の釣行先は尻別川フィッシングエリアに確定しました。
はいー、ミノーイングセミナーと日程かぶったー。/(^o^)\ナンテコッタイ
脳内でなるほどザワールドのセットで愛川欽也が机叩いていました。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2002年に関東へシーバス釣りに行ったとき、
明るくなるとシーバスアングラーがアオリイカのエギングにチェンジするの見てびっくりしたもんです。
その年、秋田でも釣れると聞いてかよったなあ。
あのとき関東で買ってきたエギが役立つとは思いもしなかった(笑)
あの頃は誰もいなくて、天国だったなぁ秋田は♪
秋田の漁師さんもアオリイカをしらなくて、お金にならないから捨ててる時代でしたな!

今はアオリイカは高級品ですよね?
それに、アオリイカよりエギンガーのほうが多いし(>_<)

Re: タイトルなし

>>じゅんさん
どうだろう、アオリイカはイメージ的に言うと高級品な感じはありますが
実際の取引価格を見ると「ああ、こんなものなのね」といった感じが。

秋田で結構釣りしてきてるけどアオリイカが本格的に流行り始めたのは
ここ数年と言った感じがします。しかもメインは男鹿かなー。
アジングにしろ、メバリングにしろ、メーカーがあの手この手で
釣りのターゲットを増やしているその現れなんでしょうねぇ。
プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 上浜釣り堀センター(秋田県) 尻別川フィッシングエリア 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 合子沢養魚場(青森県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR