スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十和田湖ヒメマス釣行#4 ~色について考える~

消耗品の補充を完了した。
pic001_201610081225522ae.jpg
針は新発売のカルティバSBL-47を補充。
現在はヴァン21,31,41とカルティバのSBL-31,37、マンティスフックを使っているが
ヴァンとSBL31はSBL47に置き換え。
マンティスはそのまま継続&ナノを少し補充する感じで行くことにした。
コスト削減の一貫とシャインライドなどカルティバのフックを多用すること、
フックはほぼ全てフッ素コーティング品に置き換えるという方針。
一部のクランク用にシャンクの短いヴァンも少量だけは保持しておく予定だけどね。

pic002_2016100812255390a.jpg
ラインもシーガーフロロマイスター(3LB&4LBに変更。)
値段の割に結構性能も悪くなく、さほど細糸にこだわる釣りも多くないので
再度購入、使用し始めました。(320mで800円位。)
トーナメントや軽量スプーン用はエステルとPEでごまかす予定。
細糸に関しては品質の良い物を選ぶべきでは有るから更に細いの買うときは
新発売の某村田基ラインかFCシューターを買おうかと考えている。



10/8 十和田湖にて
pic001_20161009102644721.jpg
時刻 4:50→7:30
天気 雨

雨が降ってくる前にちゃっちゃと勝負掛ける方針にして十和田湖へ。
今回はT氏と2人での釣行。
pic007_20161009125327472.jpg
前日の夜小説(相沢沙呼 作「小説の神様」)を読むのに夢中になって
0時半に就寝、3時半起床と、おいおいまたいつものバカやってんのかよ
みたいな感じな事してました。北海道遠征時途中まで読んでて積んでたのよね。
夜遅くなってはしまったが、それでもこの小説は大変よかったし、
後半のキャラ同士の掛け合いの疾走感もいいし何ていうか、
ちょっと難があるたとえなんだけど
"相手に自傷の血をバッシャバッシャと浴びせながら這い進むような物語"の展開は
大好物だったりするんだよね。何のことかさっぱり、というのであればそれでいいけど。
そんなテンションで集合場所で合流、汗だくのラグビー野郎がヤカンで
キンキンに冷えた麦茶を注ぎ込むが如く、モンエナを勢い良く注ぎ込み
今日一日頑張る分の気合注入完了。さぁ、いくぜ。
(まぁ、栄養剤って元気の前借りみたいなもので夜には口から魂を出しながら
死んでいるかのように横たわることになるんだけどね。)


2回目3回目の釣行で考えていたことがあった。
とりあえず3回目の釣行でのヒットルアーを思い出したい。
pic002_20161009113516fd1.jpg
右がヒットルアー、残りは反応がない/乏しかったルアー。
目立つのはやはり赤色。ピンクではない、しっかりとした赤。いや"紅"か?
エサ釣りの方でも有効な餌が紅サシ、赤短冊など「赤色」のものが
有効という感じだった。考えてみると雄ヒメマスのこの赤色がカギなのかなと。

pic003_201610091135175e7.jpg
まぁヒメマスは要は紅鮭なのだから当然赤くはなるね。
これらを追っている?追い払っている?それにフッキングポイントは
クランクのテール部のほうが多いので後ろから追って後方にバイトしている
そういう推論を立ててみた。でも一つだけ。

pic005_20161009113523be6.jpg
このクリアーレッドのエアーブローにはどうも今年は反応が悪い。
昨年の記録が割りと雑だったのも有るのだがなぜ、どこで、それらを汲み取れる
釣行記録を残していなかったためその理由はしっかりしたものじゃないけど
「透過」の有無も、もしかしたら関係有るのかなとは考えている。

じゃぁ具体的にどうしようという話だが
一番手っ取り早いのはコレかなと。
pic004_20161009113518863.jpg
赤色のスプレーでジャッ!と塗ってしまう。ダイソーの100円スプレー。
コレやるためにいちいちエアブラシ用意するほどでもないかな、と。
トップコートしないので剥がすにも弱めのアルコールでさっと取れるし
案外エリアで使っても悪くないかな?なんてことを考えて塗ってみた。
一つはアンフェア35F、一つはエアーブローの以前塗装したやつ。
サイズも影響有るのかなと2種用意してみました。

というわけで実践。
薄暗くなってきたあたりからポツポツと周りが釣れ始める。
自分の正面側に居たルアーの人が連発していて
「ほうほう、あのカラーであのレンジはスプーンで有効なのね、メモメモ。」
この辺は次回の釣行に活かすとして、ルアーをあれこれとっかえながら
もちろん自分で塗ったルアーもローテに入れてカラーを探っていくと
早速塗ったルアーにヒットが・・・・でもバレる。
しかし悪くない、悪くないよコレ!

でも結局この日のファーストフィッシュはエアーブローの
マーボーペレットオールスターズ。なんだかんだいってこの色はドンピシャなのかな。
エリアでは割と使わない方の部類の配色なのだが。
そしてとうとう赤く塗った方のエアーブローにもヒット。
ポンポン、と連発してなかなかいい感じだ。3日目は7時過ぎに
ようやく巻きでのヒットが増えてきたけど今回は6時台に連発。うん、良いね。
その後雨足が強くなったのも有るけど移動しながら苦悶しながらなんとか5尾。
pic006_20161009123101034.jpg
もう1時間あればもっともっと行けないわけでもなかったけど
何にしろエサ釣り、サビキ、ルアーが混在しまくっていて釣り場としてはカオスそのもの。
ルアー同士、餌同士ならそれでも分かり合えないわけではないんだけど
向かい合い左右から餌とルアーとの釣り人が入り交じった状態ではちょいっとね。
某曲の歌詞じゃないけど
"人はそれぞれ「正義」があって、争い合うのは仕方ないのかも知れない
だけど僕の嫌いな「彼」も彼なりの理由があるとおもうんだ"

まさにそんな感じ。仕事時間も近いので撤退しました。

あと1~2回ヒメマスに行く予定ですがエサ釣りを一度。
もう一度も実験的な釣行なので普通のエリアプラグで巻きでガッツリ釣るのは終了。
たぶん。いや、どうせ行けばルアーロッド出してしまうんだろうなぁ……。

スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。