十和田湖ヒメマス釣行#5 ~色々やろうか~

久々にまた贋作シリーズ。
以前紹介したのはペ○ットペ○ット?の贋作。
a1.png
うーん、コレは本物そっくり過ぎというか金型使って勝手に作られてますな。
突っ込みどころは写真のルアーは全て逆さまで配置されてることかな。
……・というのを以前やった。また1つ。

a3.jpg
うーん、ミ○シケイダー?
形状とグラム数の表記はほぼアレデスな。
コレはルアー形状の特徴といい勝手に作ってますな。
他にもトラウト以外になるのだがサ○ケ裂波、ローリ○グベイト、ポ○プXなどなど
凄いよく似た形状のものをポツポツと見かける。
調べてみるとヤフオクなどで贋作品を掴まされたなど結構問題が出てたようで。
といろいろ調べてみるとなかなか興味深い記事が。
なるほどなぁ・・・・。

そんなわけで今回はチャイナクオリティの、でも贋作ではない
テンプレ通りのクオリティのスプーンが登場する話です。


10/10 十和田湖にて。

pic001_201610101251264da.jpg
天気 晴れ時々小雨
時刻 4:50→8:00

前回日記で書いたが
>>あと1~2回ヒメマスに行く予定ですがエサ釣りを一度。
>>もう一度も実験的な釣行なので普通のエリアプラグで巻きでガッツリ釣るのは終了。

その「実験的な釣行」と「エサ釣り」をしてきました。

まず"実験的な釣行"の件だが前回釣行ではプラグに赤色塗ってどうなるか
その辺を試してそれなりに良い結果に巡り会えた。しかしスプーンはどうか。
しかし今まともなスプーンでこういう実験に使えるようなスプーンがない。
何か・・・こう、適当なスプーンがどっかに転がってないか、とゴソゴソと探すと
ああ、以前激安企画で買ったあのスプーンが何個かあったな

メッキとルアーについているリングだけはなかなか悪くない。
スプーンそのものは重さにばらつきと穴の開いている部分が均一でないのと
ルアーそのものに歪み?があったりするけどとりあえずスプーンはスプーンだ。
ついでに一時期何度も激安企画としてエリアでこのルアーで挑戦してみましたが
まぁ、何ていうか。はっきり言ってウンコでした。
そんなスプーンで釣れたとしたらもし誰かにルアーは何がいい?って聞かれた時
「適当なスプーンを買って、色を塗ればはい、完成。」ってことを言うことができる。

てなわけで
pic002_2016101013493063b.jpg
ミッチャクロンで足付けして

pic003_20161010134935e4a.jpg
ホワイト(缶スプレー)塗って

pic004_20161010134939a57.jpg
ダイソーの蛍光スプレーをペペッと塗ってハイ終了。
しかしこのダイソーの蛍光塗料のスプレー、めっちゃ品質悪いね。
普通のカラーの方はわりときれいに発色するやつ有るんだけどなぁ。
アイボリーとかブラウンとか。

もちろん開始からスプーンで。
しかしこのスプーン、とにかく浮き上がりがきつい。
今回は桟橋上からやったのでロッドをなるべく下にやるけど
スプーンがウォブリングするギリギリの速度で巻いても浮き上がる。
魚が居る層はかなり下なのに。困ったものだ。
とにかく浮き上がってきたらまたフォールさせて、その繰り返し。
感度重視で行くのでラインもエステルにして・・・・・・・・

よっしゃ乗った。うんうん悩みながら行ったけど釣れました。
カラーは蛍光レッドと蛍光オレンジを使いましたが
圧倒的に蛍光オレンジがいい感じでした。

とりあえずの結論:
"色に迷ったらスプレーで蛍光オレンジ塗っとけ
できたら単色赤もあるとなおいいぞ"
という感じで一匹釣れたのであとは普通のクランクで。

今季のローテーション、
エアーブローマーボーペレット→自塗り(ベースホワイト飛沫赤→自塗り(赤ベース)で
ぺぺっと4尾とったところで悶絶タイム開始。
隣ではサビキのブッコミやエサ釣りでポンポンと小気味よく上がっていく。
こっちは必死にエサ釣りやブッコミのラインを避けながら、
対岸のルアーマンの着水ポイントなどを見極めながら
少ないタイミングでちまちまと投げていく・・・・が厳しい。
チェイスは有るし乗ることは乗るんだけどどうもうまくいかない。

・・・・・じゃぁ、もう一つ予定していたエサ釣りではどうか。
玉ウキを用意して餌はブドウ虫を装着。
周りは赤タンを装着していてそれが一番ポピュラーな感じ。
サビキも同様かな?ブドウ虫を使っているのは自分くらいだが
事前情報では紅サシと同様に有効な餌とは聞いている。さて。


あっさり釣れた。

仕掛けは
pic007_201610111044415dc.jpg
フロロライン4lb(1号)-玉ウキ-極小ガン玉-針
ハリスもサルカンも使わない最もシンプルでかんたんな作り。
見ていると磯用のウキやヘラウキを使っている人もチラホラと居たけど
いざやってみると一番シンプルな玉ウキで十分ですねコレ。
4尾釣れたところで実験は終了。満足。

8時までのリミットに対してエサ釣りを終えた時点で7時40分。
コレで上がるのも有りなんだろうけど、そこはまぁ、ルアーマンでしょ俺たち。
そりゃルアーで上がりマス取らなきゃ。
もちろんただ取るってだけならルアーロッドぶん投げて餌だけで十分だけどさ。
某バスケ漫画じゃないけど
"オレはルアーを投げる。ルアーマンだからだ"
ささやかなこだわり、ささやかな抵抗。
こだわりをこじらせた人間はこんなにも厄介だなと自分でも思う。
でも、ある程度エサ釣りでもなんでもいいから釣って満足したなら
自分のベースである釣りで至難の中一尾とる喜びを感じてほしいと思う。
その経験はいずれ役立つとエリアフィッシングでの経験が物語る。

というわけで再度ルアーに変更。
左右にサビキマン&サビキガールに挟まれてたなんとかかいくぐり2尾追加。
いずれもエアーブローの自塗り(赤)の方でした。
リミットも近づいたしただでさえ狭い所にサビキマンが2人ほど割り込んできたのも有り
「入るならここに入れよ、俺は8時で終わるから」と話しラス1投・・・・・ヒットするもバレて
ああ、やっぱラス1で上がりマスってのは俺にはまだ出来過ぎな話で無理だったかー。
って思いながら撤退。
桟橋の反対側を見たけどルアーにサクラマスっぽいのっがチェイスしてビビる。

今回のヒットルアー

pic006_201610111044379c0.jpg

エアーブロー×3
LIBO 名前不明のスプーン×1

釣果:10尾
pic005_20161011073946f80.jpg

コレで今期目標の30尾に到達。
いつものおじいちゃんを釣れて一度行くのは確定。
エサ釣りでしっかりヒメマスが釣れるのか、それの検証はそのため。
ほか、もう1~2回いけるかなー、でも早起き必須なことも有り仕事中眠くて
最近は夜20時には爆睡してしまってるのも有るから控えないとな、とも。
ううーん。

追記
そう言えばタックル書け言われてたんだ

ロッド:アイビーライン シンクロナイザーエボリューション 6'09
リール:12ヴァンキッシュ1000(+夢屋スプール)※ラインは2種
ライン1:シーガーフロロマイスター 3lb
ライン2:バリバス トラウトエリアマスターリミテッド スーパーエステル0.5号
リーダー:シーガー グランマックス0.6号

まぁ、一般的なエリアタックル。
"巻き"にこだわる場合以下の2点にだけ気をつけたい。
・クリアラインを使うこと(巻き直ししなくてもリーダーつければいい)
・かかりの良い針を使うこと
この2つは鉄則かな。
足下でひょいひょいとかやってる人はまた別で視認性がいいのが良いかも。
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 上浜釣り堀センター(秋田県) 尻別川フィッシングエリア 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 合子沢養魚場(青森県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR