会心の一日

久々にラム肉が食べたくなって肉屋に駆け込み買ってきた。
ただ、焼いて、タレで食べる。懐かしい味。
北海道遠征するとコンビニはセイコーマートをいつも使うのだが
コンビニではラム生肉(冷凍)を売っていて、どの都度「また食いたいなー」と
そのたびに近いうちに食べようかなと思ってたのがようやく叶った。

小さい頃にイベントなどでラム肉の焼肉などを食べたことが有るせいか
この独特な風味、味には抵抗感がまったくなく食が進む。
ああ、旨い。子供の頃の時の食べ物っていかに重要かよく分かる。


2/19 岩手県八幡平市「ユーランド清水川」にて
pic001_20170220140522762.jpg
時刻 9:05→16:00
天気 晴れのち雪、時折爆風

当初の年間計画では遠征する頃合いだったのだが、訳あって2日間の空きを作れず
遠征はちょっと先の方に変更。それならば海へ行ってホッケでも・・・・
なんて予定を考えてみるが、今年はどうしたものかホッケが全く居ない。
知人のつてなど現地情報を聞いてみるが「うん、多分無駄足になるよ」とのこと。
海を諦め上浜やウキウキなども考えたのだが天気予報見ると
「キョウノテンキハ、ユキ、トコロニヨリボウフウセツ。キオンハマイナス7ドデショウ」

流石に氷点下7度とかいうレベルになると峠越えが怖い。
特に県北地域からだと鹿角から田子まで抜ける峠、
そして田子から新郷村に至る細い道路なんかはちょっと。
逆に県南方面向かうにしても森吉ルートはちょっと怖い。
だからと言って能代経由も遠いし………えええい!怒涛のユーランド3連チャンでいいじゃん!

いつもはわずかながらの高速料金をケチって一部下道で行くが
今回は高速道を使い最短時間で車を走らせる。
安代を超えたあたりにはすでに車の温度計はマイナス8度を指していた。
下道は道路テッカテカだっただろうなぁ。



今回は前回釣行などで残っていた鮭をしっかりハーブ塩で染み込ませた
脂ギッシュな腹身の部分をカリッと焼いたものをおにぎりの具として作ってきて
それを頬張りながら少しだけ遅れて現地着。
えーっと誰かいたかな、なんて探してみると常連A氏が。
軽く挨拶を交わし隣に入れてもらう。
この日は釣り人も10人ちょっとくらいで、しかも全体的に釣り人も散らかっていて
案外どこでも入り放題ではあったが、やはり酸いも甘いもやり尽くした人の隣だと
アドバイスも受けやすいし大型かかったときなどでも心強い。

ついでにこの日は偏光グラスも自宅に忘れてきて「まずいな・・・」なんて
思ってた所に助け舟というか、サイトマスターを貸しを出してもらい
1日を通して全く不便なくと言うか寧ろいつもよりも快調な滑り出しが出来ました。

開始はリベロから。まぁ、普通に釣れるよなーなんてやってると
開始15分もしないうちに放流トラックが到着。
9時半頃に早々に放流するのは珍しいなぁ・・・と同時に、後半食いがおちた時
さぁてどうするかななんて考えながらA氏とだべりながら放流取り開始。
QM(鉄板北関東)で攻めるとそれなりには釣れるんだけど、何かが違う。
前回釣行でも放流取りはスピードをかなり遅めにしないと
しっかりしたバイトは得られなかったよなぁ……なんて考えて重量を一気に1.2の
ファクター赤金に変更。表層~中層をゆっくり目で巻いてくると、お?いいぞいいぞ?
と言った具合に釣れてくる。きっと上手い人は重いやつでもロッドワークを駆使して
うまく拾っていけるんだと思うけど、そのへんはまた後ほど。

ある程度ファクターでとった後セカンドはノア/地塗りで行くも数匹釣ったところで
ランディングの際にマスの魚体にぐるぐる糸が巻き付いてラインブレイク。
魚が巻き付いた時点でライン緩めるなり対策をとっさに取れなきゃダメなのに
そこまで一瞬で頭回らなかったなぁ、くそう。

ただ、連続でどんどん取れはするもののキープサイズが釣れない。
今回は3月いっぱいエリアは多分おやすみになる可能性があるので
出来たら60アップ、最低でも50後半の良型キッチリ揃えて暖かくなる前に
新巻鮭ならぬ荒巻ニジマスやニジマスで作る鮭とば、スモークサーモンなど
寒い時期、寒い地方でないと出来ない料理を一通りレシピ化して
しっかりした安定レシピにしておきたいなと考えていた。
(余裕があればこの辺も雑記記事で久しぶりに書いてみようかな。)
現状ではスモークサーモン一つとってもまだハーブのバランスや熟成が
納得行くレベルに達していないのでその辺も含めまだまだ未熟なので
ウキウキやユーランド清水川の美味しいサーモンで作っておきたいなと。

それはともかく、だ。
A氏が休憩中も投げ続け数を重ねてみるもどうも型が揃わない。
風も強いので再びQMを中心とした大きめのルアーをチョイスして投げる。
放流は若干落ち着きマットマンゴーやメタリックブルーなどでいい反応が得られるも
うーんコレはよく釣れるんだけど大物狙うなら違うなぁ、と頭をかしげる。
ノアとQMのロデオ系で攻めてました。

10時30頃か、遅れてやってきてたミノーマンM氏が「あっち側に放流魚固まってるよ」
との話を持ってきたのでそそくさとインレット側へ移動。
こっちの方は浅いからなー、ならカランバ行きますかということで
強風の中、風に流されないように、でも沈みすぎないようにラインの位置を調整すると
ドカンといいあたりが。なるほど、たしかに溜まっている。
2尾ほど良型をカランバで取るもインレット側は婚姻色が強い魚体多いことも有り
ある程度のフレッシュな魚が反応鈍くなったなと思ったので切り上げ。
キャッチアンドリリース組とは違い、キャッチ組としては出来たら美味しそうな魚を。
やせ細ったような魚を持ち帰っても後悔することを何度も経験しているので場所移動。

あまりプレッシャーもかかっていないと思われるエサ池の方へ向かう。
何人か釣り人が入っていたがすぐに戻ってきていたのであまり良いコンディションはないのかも
なんて考えながら、まぁとりあえずでノアを投げたらデカイのがバンバンかかってくる。
文字通りバンバンと。中でも投げてて、ここはノアがちょっと違いそうだから・・と
投げたハイバースト1.6/ウエストリミテッドカラーヒーローズがもうズバッとハマってくれて
ちぎっては投げちぎっては投げの状態。
pic002_201702211102261b8.jpg
ハイバーストは一度嵌ると爆発力半端ないなぁ。
向かいで釣ってた親子連れが唖然とするレベルでどんどんヒットを繰り返えしてました。
あまりにも連続で釣れるんで携帯で調べてみたらもうほぼ何処も売り切れのカラーと判明したので
そそくさとワレットに仕舞ってシェル、スイッチバックスプーン、ノアなどで
先ほどでもない勢いでは有るが拾っていって11時30分でキープ半分は完了。
ハイバースト1種だけで20尾くらいは取ってその後も10くらいは拾えたはず。
とりあえずここまですべて納得行くサイズで取れているが問題はこれから。

午後は渋くなりやすい、しかも放流は早い段階で終えているのでどうやって取るか、だが
とりあえずはまずはカランバで攻めて見ると相変わらず大物を中心としたヒットが続く。
で、カランバで若干食いが落ちてきたら一気にルアーサイズを落として
グレッチ0.5gで同じ層をゆっくり丁寧に引いてやるとコレまた連続でヒットを続ける。
なんていうか、カランバを完全に飽きさせないようにシルエット違うのを交互に挟むイメージ?
そんなのを意識して釣ってみました。
pic003_20170221111653150.jpg
その中でもグレッチ/自塗りでヒットさせたのがこの日1番の65cm/4kg超えの大物。
前回の釣行を踏まえてアジストでしっかりコントロールさせて、
思い通りにしっかり取れた会心の1尾。キープ。

と言うか、最近スプーンで釣るのがほんと楽しいんです。
クランクやミノーが嫌だとかというわけでなく、今は単純にスプーンで釣るのが
楽しくて楽しくて、クランクで釣る時間がもったいないくらいスプーンが楽しい。
ある意味でステップアップできたのかなと思うけど辿って考えてみると
やっぱ丁寧な釣りってのを考えだしたのがスタートラインだったのかな、と。

話を戻そう。
PM1:30を回ったあたりで暴風が吹き荒れる。しかも気温は氷点下で雪もちらつく
かなり厳しい天気。もちろん水面も
pic004_201702211148220f2.jpg
まるでちょっとした川を思わせるような波立ち具合。
それでも空を見上げると若干の青空は見えているのでこのアレ具合も
さほど続かないとは思って我慢して釣り続けます。
pic005_201702211150455d9.jpg
ここまで透き通るような青空もなんだか久しぶりだ。

てなわけで、どっかの釣りバカは「こんなに風が吹いているんだったら
魚はきっと流されて風下に居るだろう
」とかいう馬鹿なことをやり始め
ロールスイマー/自塗(オリーブ系)を投げると一発でデカイのがヒット。
うっひょーなんて思ったけどデカイのが水面はねた瞬間にラインブレイク。くそう。
じゃぁ同じ色で塗ったグレッチとかノアを投げ・・・たが、あまりの向かい風にルアーが飛ばない。
しかし別のカラーのロールスイマーを投げても先ほどみたいな反応は出ない。
ぐぬぬ、またストック作っておこうかなぁ・・・

PM2時過ぎ、風が止む。
再びスプーンで攻め始めるがどうも反応が鈍い。
もちろん釣れないわけではないのだが先程までの勢いがない。
回りをぐるっと見回すと同じエサ池では釣り人が6人。
大体みんなプラグで早巻き・・・でも釣れてない。
一人なんかボトム攻めしてる人が時々ヒットしている程度。
となると・・・・・・プラグで中層をねっとり攻めるパターンならもしやと思い
この日最初のプラグをチョイス。
そう言えばメールでトラキンエキスパート戦に参加してた友人から来てたメールで
今日はつぶアンとスプーンで攻めたんだけどあと一歩だった・・てな話しを思い出し
それ系のプラグでティン!と来るのないかなと見てたらティン!とくるものが。

選んだのはエアーブロー/ウマミソカラー。
クイッとレンジ下げてその後はスローにぎりぎり動くレンジをキープすれば・・・はいきた。
そこからはまたヒット、ヒット。こんなに調子良く釣れる日はいつぶりだろうか。
この日は何もかもが冴えていた。
A氏から借りたサイトマスターが良かったのか。
ブロンズウルフをメインに据えて組んだ戦略が良かったのか。
朝に前回ユーランド清水川で釣ったマスを使って作った巨大おにぎりが良かったのか
それとも途中A氏に差し入れとしていただいたコーヒーのお陰で頭が冴えたのか。
何が引き金だったかわからなかったが、冴えていたのは間違いなかった。
pic007_201702211231297c9.jpg
ダイドーのコーヒーって結構美味しい。

15:20リミット10到達。
もしかしたら1年以上ぶりくらいになるかもしれない。
自分が納得したサイズ、魚だけで10尾きっちり揃えれたのは。
しかも今年のユーランド清水川の魚は一味も二味も違う。
魚が抜群に旨い。2~3年食べているが今年の魚の旨さはほんといい。
昨年は身がパッサパサだったり見た目が良くても中身真っ白とかあったけど
今年はどうかなーなんて考えてキープしても身は真っ赤で驚くほど旨い。
40センチサイズなら1回でぺろりと食べる自分が言うから間違いないと思う。
もちろんしっかり血抜き、しっかり料理するのも大事だけどね。
食べ物が美味しいって、コレ以上の幸せはないと思うんだ。
pic009_20170221151325cb2.jpg


さて、時間は残った。
てなわけで場所移動して久々のキンギョチャレンジ。
現在は・・・計算し直してみたら約7時間ほど投げてキャッチ0。
今日の冴えている自分ならもしや・・・と投げてみるとなんと3投目、うおっと思うあたりが。
コレは・・・かなりのがヒットしたぞと隣のA氏のじゃまになりながらもなんとか釣り上げる。
pic006_20170221123126835.jpg
ラッキークラフト/キンギョ40F アルビノカラー
結局リングはダブルリングにしてスプーンフック使用。
やや大きめにしてテール部の食い上げにも対処できるようにするのがみそなのかも。

この日1ではないものの、この日3~4くらいの良型をキャッチ。
コレでようやく累計7時間とちょっとに渡ったキンギョチャレンジは
グッドエンドを迎えて終了に。あとはうん・・、もうお蔵入りにさせるかな。
その後、残り時間ブラストイットミノーでぐるりと回りながら楽しんで終了。

最終的には60アップ×8本、50アップ×2本という結果になりました。
以前もこのくらいきっちり揃えれた時期もありましたが、結局その当時は
レギュレーションでも認められていたマメも駆使した上での釣果だったので
それ無しでしっかりできるようになったのは自信にもつながる。
ここ最近では一番の会心の釣りになったのは言うまでもありません。
このクオリティと冴えを維持できるように精進していかないとね。

今回のヒットルアー
pic008_201702211350211b8.jpg
(左上から)
カランバ×2 バスデイ
リベロ/自塗 アールグラット
グレッチ/自塗他×2 シーレーベル
ハイバースト/ヒーローズカラー ヴァルケイン
QM×4 ロデオクラフト
キンギョ ラッキークラフト
ザッガー50F1/自塗 ハンクル
シュヴァーンシャッドナノ/アイランドオリカラ ヴァルケイン
デスロール アーキテクト
エアーブロー ラッキークラフト

(左下から)
パンサー ダイワ
ファクター フォレスト
シェル スリーピースルアーズ
スイッチバックスプーン×2 ヒーローズ
BF×2 ロデオクラフト
ロールスイマー/自塗 シマノ
アキュラシー/城峰オリカラ なぶらや
ノア/自塗他 ロデオクラフト
ミッツドライ ティモン


参考までに過去の同時期どんなのを使っていたかというと
pic001_20160201075707cbe.jpg
2016/1/31 岩姫に行った時にヒットさせてたルアー

pic001_201502091045120cb.jpg
2015/2/9 ユーランド清水川でのヒットルアー

pic001_R_20140216193556998.jpg
2014/2/16 釣行時でのヒットルアー

1年1年違った特色で釣ってるんだね・・・・

殉職者
ロールスイマー/自塗 はねた瞬間におなくなりに
ノア/自塗 ぐるぐるに糸巻かれておなくなりに
カランバ×2 普通にトルクフルなダッシュでおなくなりに
        もう一つは無理にランディングに持ち込んだ時に逃げられおなくなりに。
ハンクルシャッド ルアーの進行方向に魚が横切った瞬間ラインが背びれに絡まれ
          おいおい、頼むからいと外れてくれよと思ったがラインがおもったよりも頑丈で
          そのままルアーまで伝い背びれに引っかかってラインブレイク。



次回休日釣行は3/4 深夜:青森県深浦町での夜通しロックしッシュゲーム。
明け3/5はホッケのルアーフィッシング。未接岸の場合は海サクラを狙います。
仕事が入らなければ3月末の休みで遠征を入れます。
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

4kgオーバーのニジマス、スゴいですね! まるっとしてて旨そうです^^
60オーバーを1日で何本も取るなんてすごいです。

自分は最近、縦釣りばかりしてるのですが、スプーンでバンバン釣るなんて尊敬です。
縦釣りは釣れるんですが、スプーン使うのが上手い人はホントに良く釣るんですよね。

今年はユーランド清水川に行こうと思っているので、レギュレーションに合わせてスプーンを練習しなければ・・・と思っています。
記事を見てカランバ購入しました^^

これからスプーンを少し揃えようとおもうのですが、オススメがあれば教えて頂きたいです。

Re: No title

>>カワグチさん
自分も一昔前は縦一辺倒な時もありました。
まさに同じような状況です。でもメインの1つにしているユーランド清水川で
マメの禁止が禁止明言からボトムミノーやバベルGTなど様々なアプローチをしている間
普通のスプーンでもボトムも攻めれるし丁寧にやればもしや・・・?
ということに気づいて丁寧にスプーンをメインにした釣りを展開すると
コレがまた釣れるんですよね・・・きっとちょっとしたきっかけがあれば
すぐにスプーンの巻きも楽しくできるはずです。
カランバはいいですよー。今アホみたいに釣れているのはある意味
湧水で水温が安定しているせいも有るのですが、普通の川水を使う
エリアだと5月辺りからデカイのがバンバンヒットしてくるはずです。
個人的にはフックを#4か#6に落としたほうがいいかな。

スプーンのおすすめの件ですが何もなければ大手メーカーのでよいかと。
入手のしやすさ、バリエーションの多さなど圧倒的ですからね。
自分は昔から放流取りはロールスイマーかMIUをメインに、
今は残りはノア、ジギル、グレッチ、ハイバースト、リベロあたりをメインにしています。
合う合わないが結構あると思うのでコレに関しては色々使ってみてくださいとしか。
まぁ、そう言うの相談乗れるほどまだうまくないんですけどねw

No title

>>nakakichiSさん

アドバイスありがとうございます! 大手メーカーの物で揃えてみます。
縦釣りの経験をスプーンでの釣りでも活かしてやってみようと思います。

別記事の荒巻ニジマスすごいですね^^

地元だと荒巻鮭が贈答品として売られたりしてるのですが、頭の中で
ニジマスでも作れるよな・・・と思っていたら実際に作られていたので
やられた!!??(謎)と心で叫んでしまいました^^;

自分も色々とニジマス調理を楽しんでみます。

Re: No title

>>カワグチさん
ロデオなんかは特に使ってる人多いですが
それでも釣れるんだからまぁ大したスプーンなんだなと思っています( ・`д・´)
お互い頑張りましょうー

荒巻は・・・うん、まぁ、後々記事として上げますけど
うーん?うん、みたいなところにもなってたりして。
後ほど食レポも含め参考になればー。
プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 上浜釣り堀センター(秋田県) 尻別川フィッシングエリア 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 合子沢養魚場(青森県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR