スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼスタ・ブラックスターTZが届いたので早速海へ。

ノートが死んでるのに自室のPCの音が死んだ。
完全に音が出なくなったのならまだ良かったのだが
中途半端に高音域と低音域だけが出ない感じに。
となると怪しいのはドライバ関連と判断して
ドライバ全部更新やらとっえとっかえしてそれでも解決しなくて
断線や半刺しなども含め色々チェックしたんだけど
最終的には数年前まで使っていたUSBサウンドボードつかって再復帰。
なんとか表面上の問題回避には成功したがこりゃそろそろ
新しいのを新調しようかなぁ・・・・とお財布と相談し始めたところです。

ちょっと前まではこういう作業スラスラ出来てたんだけどなぁ。
windows10になってさらに複雑になったというのも有るんだろうけど
こういうことに対応できなくなりはじめて、コレが老いなんだなと感じる。


4/5 青森県青森市にて

時刻:21:30→0:30
天気:快晴(ただし暴風)

さて、この子が届きましたよ、と。
pic001_2017040619485885e.jpg
ゼスタ・ブラックスターTZチューン S510
スペックだけ書いていけば 
5ft10インチ、トルザイトリング搭載、
ルアーは0.2~5g、ラインは3lbまでだったかな。
お値段定価で35000(+税)という感じでミドルエンド位の価格かね。
でも価格の高いもの=良品という図式は成り立たないことは覚えておきたい・
免責は8750だからまぁこの辺は普通かと。

N氏から「今こんなの釣れてるよ」とかいう25アップのメバルの写真が届いたので
そりゃーこんなの見せられたら行かないわけにも行かないっしょ!ってことで
買いたてのロッドを持って幾つかのポイントに検討をつけて車を走らせる。

風はかなり強い。
しかし逆に言えば風を背にすれば軽いジグヘッドも遠投が可能になるし
昨晩巻いておいたエステルの0.3号といった超細ラインの真価も引き出せるというもの。
早速セッティングに掛かる。

ん?
んーーーーーーーー?
んーーーーーーーーーーーーーーー?

リール忘れてきちゃった(・ω<)
いやまいったね、以前ロッド忘れてきてからと言うもの
ロッドに関しては毎回チェックしているものの、リールのチェックをすっかり忘れていた。
しかし今回は運がいい。車には渓流のセットが積んである。
そこからリールを拝借する。うーん、フロロ4lbか、この暴風の中どこまで影響が出るか。
とにかく0.3や0.5といった超ライトリグは無理だろう。
まずせっかく太いの使ってるからということで3gのジグヘッドにグラスミノーSの組み合わせで
幅広く攻めていく。うん、このロッドだと3gも超余裕でぶっ飛ばせる安心感はある。

が、どうもはやり沈みが早すぎるのか反応がない。
続いてプラグとしてユラメキを投げてダートアクションで引いてくるが反応なし。
じゃぁ妥協して1.5のジグヘッドにマイクロクローラーつけてぶん投げるかとやってみるが
あまりの強風で驚くほど飛距離が出ない。そのくらいこの日は風が強かった。
というわけでこんなクソッタレな風を真正面に受けるポイントで粘るよか、
足で稼いで一つでも多くのポイントを開拓した方がいいと判断。
航空写真を眺めながら風裏になって、それなりにストラクチャーが・・・・うん?
ココ絶対魚がついてなきゃおかしいだろうというポイントを発見。
もちろんメバル向きのポイントじゃないにしろ、まずは1匹ということで
pic001_201704071950199ba.jpg
最初の1尾は小さなソイでした。
一匹目はさほど「?」てな感じだったけど2匹めから「なるほど」に変わる。
pic001_20170407233716328.jpg
もちろんちっこいのでリリース。
持ってみた感じではアジストと同じような操作性重視の硬いロッドだが
使ってみるとそのフィーリングの違いは結構ある。
4lbフロロという太めのラインを使っているのも有るんだが
確かに手に伝わってくるもの、操作性は違う。

となるとこういった感じ・・・?と考えながら操作していくと
pic002_201704072341000a8.jpg
ふむふむ。操作性自体はアジストよりもちょっと鈍い感じでは有るものの

pic003_20170407234218ba3.jpg
かかってからの魚とのやり取りの感触はだいぶ違う感じで

pic007_20170407235236862.jpg
トラウトロッドでもない、バスロッドのようなぐいっとしたパワーが有る。

pic006_20170407234551219.jpg
細身でありながらしっかり筋肉質というのがもしかしたらちょうどいい表現かもしれない

歩きながら魚をひょいひょいと拾っていく。
サイズは伸びない。、ソイは24cmがマックスで、
メバルに至っては15センチ位が最大だった。
しかしながらとにかく釣れた。エリアでの放流取りかよと言わんばかりに。
多分あまり考えないような場所だったことも有るかもしれない。
23:30で場所移動するまでに、この辺のポイントでは30匹以上の釣果があり
ロッドのテストをするには十分すぎるほどの釣果だった。
今回は良型メバル以外は全てリリースを前提とした釣りを行っているので
基本的に魚には一切触れないでリリース。
まぁ、写真取るならバス持ち+接写が大きく見えるんだろうけど
今年はリリースにあたってもバス持ちもしないことにしているんでね。
いずれにせよこのポイントは魚影が濃いので次回釣行も楽しめればいいなぁ

少し移動して今まで全くノーマークのポイントに入ってみる。
浅い。めっちゃ浅い。しかし昨年夏こういうポイントに連れて行ってもらい
それなりにいい思いをしたことを思い出すと、
こんな浅場なんかでも魚がいるんじゃないかと思うし、馬鹿にできないなと考え
数投やってみて気づいたのは飛距離不足とはやり太いラインだと
しっかりした感触が伝わらずなかなかしっくり来なかった。

最後は冬に来たとき「きっと暖かくなるとここにも魚入ってくるだろう」と予測した所。
シャローでは有るが多分最初に入ったポイントと性質は似ているから・・・・
pic010_20170408001933379.jpg
pic009_2017040800193237c.jpg
期待していたナイスサイズではなかったものの、
やはり予想通り魚はしっかり入っていた。(この他にも3キャッチ)
きっとちょっとした変化で良型も入ってくれると思っているので
陸奥湾に遠征したときはちょくちょく見ていきたいと思う。

結局3時間で40にちょっと足りないくらいキャッチできたが
お目当ての良型メバルにはお目にかかれなかった。
しかし焦る必要はないだろう、まだまだこれからだしね。
近いうちにまた陸奥湾遠征を行います。


今後の予定
直近の予定は
・磯→チヌはまだ早い。ホッケは未接岸。
・本流→チョコレート濁流で多分無理
・渓流→もう少し雪がしっかり消えてから
・バス→八郎潟の流入河川がアレだと思う。
・・・と、ここ数日の雨でどれもうんこになってしまったので
4/9:フィッシングエリアUK釣行
4/11か14:エリア半日釣行
4/23:磯でチヌフカセ(たぶん男鹿・入道崎付近かな~)

という感じになりそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。