スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の十和田湖、オカッパリでのヒメマス釣りを考える。

日曜日の天気と波の具合がまるではっきりせず現在予定が全然立ってない。
メインの予定としては春磯最終戦ということでチヌフカセの予定で、
道具なども増強を終えている。
pic001_201706011127592df.jpg
ついでに私はウキはカン付き派です。まぁ、もともとは棒ウキラブ派だったし。
ラインは競技チヌにする予定だったんだけど
少し比重が軽めだったので同メーカーのテクニシャンネオに。

まぁ時化てるんだったらエリアフィッシングなど他の釣りになる予定だが、
ギリギリまで天気と相談ですね。
北西なのでまだ入れる場所はそこそこあるのが救いか。


じゃぁ磯行かなければ何処行くの?候補は?
という選択肢の一つが今回の釣りの内容になりまして・・・・・


6/1 十和田湖にて

時刻 5:20→7:15
天気 はれ

選択肢の一つ、それは十和田湖にて陸っぱりでのヒメマスのルアーフィッシング。
ちょっと前の記事でさわりだけやりましたが、現在十和田湖は6/20まで
ヒメマス、サクラマス(6/1~6/20)が解禁されています。
しかし実は案外岸から釣れるのもあまり知られておらず、
多くの人は今時期はボートでサビキで釣るんでしょ?的なイメージだと思います。
現に私もそうでした。やる人は居ても今まではマイナー、もしくは
1日かかって数尾なんでしょ?と言った感じだと思います。
でも実は・・・?というのが今回のストーリーです。

まぁああだこうだ言う前にまず何よりも、
朝の素晴らしい十和田湖の風景でもくらいやがれっていう話です。
(※クリックで大きい画像になります。)
pic002_20170601115304172.jpg
桟橋有りver


pic003_20170601115307b16.jpg
桟橋無しver

ね?別にひめますが釣れようが釣れまいがこの風景見るだけで全部許せるでしょ?
自分でも思わず「はえ~すっごぃ」って思わず出たからなぁ。
ともあれ桟橋有りのほうがなんか趣が有るな。



釣ってみて思っているのが「低活性の集団のヒメマス」と「高活性の集団のヒメマス」
2つの集団があるんじゃないかなと考えている。
高活性集団のヒメマスにあたると、ルアーの種類はあまり問わず
とにかく表層~やや下までのレンジをある程度の速度で巻いてくればOK

5/26の釣行の際はザンムやクラピーなどの水面1m程度の場所でヒットが多発した。
しかし普段ライズなどがない時はこれらのルアーへの反応は正直弱いと感じている。
もしかしたらクランクは基本的な捕食スタイルとは離れているのでは?
と、考えている。

低活性集団は足下~少し沖の掛け下がりに待機していて、ボトムを攻めていくと出てくる感じ。
自分の場合は今日はリュウキ70Sを一旦ボトムまで落として、
ダートアクションで巻き上げからのボトムまで再度~を繰り返して攻めました。
ついでにこの日のこのパターンでは3バラシのみでした(´・ω・`)

釣りのスタイルは完全なヘビータックルでも、ライトタックルでも
どっちもやり方さえ間違わなければ問題なく釣れるのは間違いない。
ただし、攻め方やルアーチョイスはよく考えられたし、と言った感じ。

今回自分は2タックル持ち込みでどちらもライトタックルにしました。
開始はノア1.8gからはじめて、リュウキ70S、ザンム、ハイバーストなど
エリア用のルアーを中心に展開。
ノア1.8g(自塗)×1をあわせ切れ
ブラストイットミノー66Sが大物?に走られてラインブレイク。
ブラストイットミノーはもう入手厳しいやつなんだけどなぁ。
いっその事アイジェットリンクに直に問い合わせてみようかしら。

ヒットルアーはノア1.8g(自塗)、ハイバースト2.2g(オオツカオリカラFS.01)
リュウキとブラストイットミノーでは途中でバレてしまった(切れてしまった)

pic001_20170603170831d23.jpg

pic002_20170603170833d29.jpg

この日の釣果は4尾(8ヒット4キャッチ)
腹の中身はわかさぎの5cmくらいのやつが主でした。
ポロポロバレるので何かかしら対策を取らなきゃならないなぁ。
個人的には細軸/小型のフックへの変更が一番手っ取り早いと考えていて
例えばアイビーライン・マンティスフックナノ・ファイヤーワイヤー#10あたりだと
非常にやりやすいのでは?と思う反面、サクラマスがヒットする可能性も考えると
このフックじゃ力不足では?と思うことがある。
うーん、やっぱり現在使ってるダイワのプレッソマルチフックがちょうどいいのかなぁ?
悩みは尽きないが、いずれにせよ
「ヒメマス限定モデル!」とかいかにも的なルアーもあるけれど、
そんなのじゃなくごくごく普通のスタンダードカラーのスプーンで問題ないのは間違いない。
まぁ、秋と違ってオレンジに塗るとか小細工はまだ試していないですけどね。
(秋釣行に関してはこの記事参考で。)
いずれにしても、大事なのはレンジ。そして動き。
メタルジグや大型スプーンでもそれに関しては一緒。

ついでに今のところあえてトレブルフック使うという選択肢はない。


6/3 十和田湖にて
pic003_20170603184814c40.jpg

時刻 5:20→7:20
天気 霧雨、場所によっては風雨

マッハで風。
見た目以上の風にビビる。
さらに言えばしれっと上に着る合羽を忘れてきてしまった。
応急処置でゴミ袋を使って即席ポンチョを作ってかぶるも、
風が強くて写真のポイントでは1匹釣ったところで撤退。

今回はT氏との釣行だったのだが、
あれこれ風裏をさがしながら某ポイントに入る。
そこからは最初ミノーにこだわって投げてみるが反応が渋く
最終的にはT氏が連続ヒットさせているタイプの1.2-1.5gのスプーンに変更して
ようやくなんとかヒットを重ねることに成功する。
pic004_201706031919362d4.jpg
(※T氏の魚も含んだ写真です)
写真は6尾だが持ち帰りは8尾だったので最終的には自分の分は5キャッチかな?
ヒットルアーはリベロ1.5g(アールグラット)、ウルトラベスパ1.2g(リバーオールド)、
ノア1.8g(ロデオクラフト)だったはず。
ついでにヒットルアーのリベロは殉職。
更にはAR-Sもぶっ飛んで切れてしまい殉職でした(´・ω・`)

まぁ、今回はこんなところで。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あ~、やっぱりハマりましたね。教えた甲斐もあるってもんです。まあ、できればT氏辺りには現在の職も考えて自分で発見してほしかったのですが……

自分の場合は某ルアーでまず広範囲をサーチして、レンジ決めてからまだ見せてないルアー(ちょい改造)で拾ってく感じですね。

最初に見せた方なら十和田湖クラスなら絶対負けませんからね。サビキトローリングの舟と綱引きで渡り合ったりサクラマス対策でもあります。
まあ後2週間ちょっと、精々メソッド研究でもしますか。

Re: No title

>>のんさん
ははははははまってないし!全然ハマってないし!
あれデスよ、ちょーっと本流やる気も出ないし、川も濁ってるし?
十和田湖行けば常時水はクリアだし、釣れるならそりゃ毎日でも通っちゃうし?
20まではびっしり釣行重ねちゃっても残念だなー!20からは禁漁だしなーかーっ!
てな具合です。海が穏やかなりましたらまた陸奥湾行きますのでよろしくです。

例のルアーの件も含め、沖と近場の2タックルあると
攻守というか、攻めのバリエーション広くていいんだけど
逆に言うとタックルの持ち替えも忙しいし、どちらかをメインに据えて
"特殊な状況"が出たらそこを速攻で攻める、と言ったスタイルに落ち着きそうです

ライトタックルに関しては正直「コレじゃなきゃ駄目だ」とかいう
ルアーの種類は無い気がします。ちょいとあれこれ試しているものも有るので
今度一緒になったときは情報交換をばしましょうー。

No title

朝日の画像、すごく綺麗ですね^^
癒されました。スマホではなく一眼レフで撮影でしょうか?

ヒメマスも銀ピカな魚体がとても綺麗ですね。
旨そうです・・・

Re: No title

>>カワグチさん

スマホで取ったんですよコレ。
一昔前はスマホ写真って画質悪かったのですが自分でもびっくりです。
ついでに機種はXperia。さすが世界のソニー!てな感じです。
シャープが圧倒的画質の時代もあったんだけどねぇ

No title

>>nakakichiSさん

スマホでしたか!
自分はiPhoneなんですが、友人のXperiaは画像がキレイだなと思っておりました。
この画質だとデジカメいらずですね^^

Re: No title

>>カワグチさん

お返事大変遅れました(´・ω・`)
一昔前は携帯のカメラはシャープがベストとか言われてましたが
最近はソニーのクオリティが格段に上がっていそうです。
一眼レフとかあのへんにも参入しているんでしたっけかな?
プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。