スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だって十和田湖ばっか行ってたし

えー、間が空きました。
実は先週、今週とずっと十和田湖にかよっていました。
なので、何か書こうと思っても同じことなっちゃうなーなんて思ったので
放置しっぱなしになっていましたが、とりあえずある程度まとまったので記事化を。



6/4~6/15 十和田湖にて。

まずは写真を貼り貼り。
pic002_20170615221133cbd.jpg
クソみたいに風が強い日もあったし

pic003_20170615221134034.jpg
清々しい朝だった日もあったし

pic004_20170615221135109.jpg
幻想的な霧の日もあれば

pic001_20170615221135e66.jpg
横殴りの風でしんどかった日もあるし

pic005_2017061522113638d.jpg
桟橋で出会った人も結構いたし

pic006_20170615221150b7f.jpg
満員御礼だった日もありました。


もちろん釣果の方も
pic008_2017061522153312e.jpg
だいたい平均で5~7尾/2~3hくらいのペースだったけど

pic007_2017061522153251f.jpg
アホみたいに釣れた日もあるし(※一部T氏の釣果含む)
ボウズだった日ももちろんあった。
その辺を踏まえてこの時期のヒメマス釣りを再度考えてみよう。



Q:ぶっちゃけ何を投げれば釣れるか。
A:自分のヒットルアーを見ていくと0.7g~19gのメタルジグまであまりに幅広い。
釣ったことが有るルアーを列挙していくと
ブラインドフランカー0.7g ジギルjr1.1g T-サーフェス1.2g ウルトラベスパ1.2g
リベロ1.2g/1.5g ハイバースト1.6g/2.4g ノア1.8g  ハイバーストX 2.2g
ロールスイマー2.2g CE4.5g チヌークS4.5g AR-S#2
リュウキ45S/50S/70S、Dコン、ブラストイットミノー、デンス
ザンム、つぶアン、ディープクラピー、エアーブロー、プリラ
メタルジグ(教えてもらったルアーなので秘密)19g 
pic010_2017061607574598b.jpg
あくまで一例。

pic011_201706160757477e6.jpg
自塗りの秋用のほっちゃれスペシャルでももちろん釣れます。
まだ抜けが有るかもしれないが個人的には「つかうルアーはなんでも良い
と結論をつけざるをえない。とにかく色々投げてみたが本当に全く話しにならんといったのは
下に書くが、うまくレンジキープできないようなタイプが主だった。
そしてそれらの使い方を考えていっても
ジグはスローピッチジャーク、ハイピッチジャーク、ワインド・・・どれでもOK
スプーンは巻き、フォールいずれもOK(※ただしただのダダ巻きでは反応は鈍く、
デジ巻きなど~~みたいな感じの形の小刻みなアクションを入れると良い)
ミノーはシンキング系を使い幅広い層をトゥイッチ、ダートアクションで誘っていけばOK
・・・ってぶっちゃけ何やっても釣れるじゃんという話になる。
実際それで釣れたんだから仕方ない。

しかし見ていくと全く釣れない(貧果に終わってる)人は割と多い。
じゃぁ何が大事かといえばレンジキープ力だと思う。
活性がいい姫マスがどの層に居るのかを考えながらヒットが出たら
とにかくそのレンジを攻め続ける。湖の釣りってこうやるんだなってのを思い知らされた。
それとやっぱり回遊している魚なので全く居ないっていうときもあった。
しっかり時間が取れた釣りの場合は場所移動重ねて群れを見つけれるけど
短時間釣行の場合は駄目なら即終了ってケースも有る。


Q:じゃぁ、どんなタックルで行けばいいの?
ライトタックルならUL-XULの5-7ft,リールは1000-2000相当。
ヘビータックルならサクラ、メバル、シーバス、バス用7-10ft,リールはそれに合わせたもの。
って・・・それなんでもいいってことやないかーい!ってなる。
それで良いんです。ただ、闇雲になんでも良いかと言われるとまた別で
ヒメマスの場合は合わせたときなど口切れ、途中でバレるケースは非常に多い。
なのである程度竿の弾力が有るものでしっかり「乗せ」ができるロッドのほうが
バレ率は低くなる。この辺がライトタックルつかうメリットで、攻めれる範囲は狭いし、
手返しが低くなる代わりにぐっと竿に載せることでバレにくく出来た。
(自分の場合ライトタックルは、アイビーライン・シンクロナイザーエボリューション+鯵の糸
の組み合わせで感度重視+しっかり乗せ気味にできる組み合わせでやっています。)
ヘビータックルの場合はとにかく広範囲を手返し良く攻めれるのがメリット。
沖でじゃんじゃんかかるのにライトタックルでは届かない・・・そういうことも何度か。
確実にルアーで取りに行きたいとなるとヘビータックルも持ち込むべきなのだが
やはり竿が硬いと結構バレてしまうので完全なヘビータックルよりも
5-10gくらいのライトジギングの柔めのロッドが一番バランス良いかとは思うけど
そんな感じのロッドは持っていないのであくまで「多分」というところで。
(自分の場合ヘビータックルは、7ftバスロッド(ガイド他自分で換装済み)+PE1号、
リーダーは12lbを使用して重めのルアーもしっかり投げれる組み合わせにしています)

後はヒット後口を切らさないようなランディングが必要だけど・・・・まぁ
全部手取り足取りじゃつまらないだろうから各自の課題、ということで。
アジングやエリアやってる人は普通にやってることだしね。

ここまでがあくまで「ゲームフィッシングを楽しむ」という立ち位置での話。
無論どうしてもヒメマスがほしい!というのであれば素直にサビキ釣りを勧めます
トラブルになってるのを見かけたことがあったのでエサ釣りの場合も竿出す本数の厳守と
ルアーの方もラインのたるみ具合も計算した釣りになるので気をつけないといけません。

今年の解禁は残るは3日。18日の釣行は北海道の遠征を考えていたのだが
断れない仕事がぶっこまれてしまったため磯かエリアかヒメマスか、
はたまたその両方取りかわからないが近場で済ます予定です。


今後の釣行予定
6/18 磯フカセもしくはエリア、湖。
7/2  北海道遠征予定
6/21~(数日) 近隣の貯水池などでバスの生息調査
7/1  鮎のルアーフィッシングにちょっかいを出してみます
7/1~ ようやくシーバスはじめます。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ハードスケジュールですね。私も見習いたいです。

Re: タイトルなし

>>M氏どの
え、じゃぁ一緒に行きます?
0泊3日とかになりますがwwww
プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。