15分朝練一本勝負。

タックルケースをだいぶ整理しました。
エリア用に突っ込んでいたシャッド類はフック交換してバス用に戻したり
追加でやってくるカランバのためにスプーンの一部をリストラしたり。

現状でエリア方面はスプーンちょっと増強すればいいかな程度で
プラグ類は満足しているというか、釣りスタイルを絞り込もうかと考えているので
そろそろあれやこれやとタックルのスリム化をすすめていく予定。
金もなかなかにかかったがようやく使用ルアーがしっかり固まってきたことが嬉しい。
エリア釣行の話はちょっと後回しにして先に今朝ちゃっちゃと済ませてきた釣りの記事だけ。



4/11 大館市市内にて

時刻 8:45→9:00
天気 くもり

朝車移動してたら急遽用事が入り脇道にそれる事になり
せっかくそこまで来たならと用事をさっと済ませ15分一本勝負を。
はじめてこの流域を車で走るがめっちゃススキ。超ススキ。
このワードを言うとだいたいどの川速攻でバレるレベルで超ススキだった。
ちょうどよく落ち込みになっているポイントを発見したので
とりあえずリュウキでざっと流してみるが反応はない。
高台から投げているのでフラッシングを十分に出せていない?
確かに民家がそばにあるようなポイントではあるが形状考えると魚が居ないはずがない。

んー。
高い場所からしっかり沈めれてスローに攻めるとなるとやっぱコレでしょう。
というわけでブレットン#2を出して流れにのせてドリフトさせてくると
pic001_2017041119512385e.jpg
居た居た。ヒットルアー:ブレットン#2
もちろんリリース。
AR-Sでは軽すぎる上に高すぎて攻めづらい、
ミノーで攻めるような流れではないしスプーンか、スピナーだと思ったんだよね。

昔はスプーンならスプーンのみで、ミノーならミノーばっかで全域やってたし
知り合いだった人たちもそんなスタイルばっかだったが
エリアをやり始めた影響か、ポイントごとに一回一回ルアーを変えるスタイルになってしまった。
どっちが正しいとかって言うわけでもないしシーズン通して同じ種類のルアースタイルだって
良いとは思うが、ルアーをチョイスする楽しみ、これもなかなかオツなものだと思う。

※4/11に予定していたエリア釣行は釣行先の風速が8mだったため延期しました。
ウキウキランドも最低10日ほど休業に入るし行き先は清水川1択なので、
天気次第で行き先変えるのができないのが辛いところ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

里川と言うなの市街地の真っ只中をさまよう

現在修理に出しているPCの見積もりが来た。
最終見積もりはセルテート1台分。
しかし仕事にも使っているPCだから渋々OKを出す。
最初出てきた見積もりが1アンタレスDCくらいのお値段で
うわっ・・・と思ったんだけどあまりにも高いから内訳を聞いてみると
ガワの方も凹みが見つかりましたのでそれらも
全とっかえしての見積もりでして・・・との話。
いやいや、勝手に直さないでくれ・・・。
まぁそういうところで儲けてるんだろうけどさ。
(ついでに見積もり後にキャンセルをするとキャンセル料が取られる仕組み)

来週後半には返ってくるだろうけど明後日予定されてる会議の資料
バックアップ取ってなくてお手上げ状態、よし、バックレ・・・はしないけどさ。


4/2 秋田県大館市 市内を流れる川などにて。

時刻 6:15→8:30
天気 きり
水温 5.8度
pic006_20170402225211327.jpg

ヤマメ・イワナといえば渓流。
マイナスイオンが溢れまくってるような、そんな環境での釣りをイメージしやすいが
自分の場合、里川がメインフィールドなので必ずしもそれは当てはまらない。
コレは何度も書いていることだが里川だからこそ釣り人のプレッシャーが低い
「こんな場所に渓流魚が居るはずがない」そんな盲点をつくのが自分の釣りだ。
(もちろんかったるいなーとか考えながらきちんと山奥も行くけどね)
しかし今回は話が違う、町のど真ん中ってどうだろうと考えて、
今回は市街地を中心に竿を振って回った。
pic001_20170402213755c4f.jpg
とりわけ一箇所目はその中でも一番目立つ堰堤を探った。
ここは鳥インフルエンザが流行する前は白鳥飛来地として
釣りが禁止区域だったのだが現在では釣りが可能となっている。
前々からここは結構水量有るし、だーれも釣りしてるのも見たこと無いし
こここそ盲点中の盲点でしょ、いつ行くの?今でしょ!的な感じで
ウッキウキで向かってみるも・・・・うん、明らかに水量がマッハだよね。知ってた。
それでもせっかくルアー持ってきてるんだしやらなきゃなぁ・・・・
ドリフト気味にヘビシンでアクションを加えせめてみるが
まぁ、こんな流れの強い場所にこの時期魚いるわけ無いですよねー。

--場所移動--
少し車を走らせて次のポイントの支流に入る。
今度は民家も割りとある川。ここの堰堤で昨年夏いいのが出たはず・・・
と向かってみるも魚が全く居ない。そりゃこんな丸見えな堰堤なんて
人が入っていないはずないですよねー、はぁ。

2箇所連続で空振り。今日はあと1時間しかない。
新規開拓を諦め昨年春の実績ポイント(それでも市街地だが)に入る。
頼む、誰も入っていないでくれよ・・・うん、自分が1番だ。
後は魚がいるかだが・・・ん、居る。コレはいける。
おもむろにポイントに合わせたルアーをチョイスしていく。
pic002_2017040221594983c.jpg
Dコンで。サイズイマイチなのでリリース。
ポイントが線ではなく"点"の場合は経験上
リュウキよりもDコンで送り込んでロッドワークでアクション加えたほうが高実績だ。
点で攻めるときは浅場ならAR-S、深場ならDコンと決めている。
少し奥に行くと魚が数匹見える・・・これも取ってみるか。
ここはローアピールでなるべくプレッシャーを掛けず攻めていく。
となるとやはりチョイスはスプーン。深みが結構あるけど沈めれて、
(他のルアーに比べて)ローアピールで攻めるならコレでしょう。
pic003_20170402220709944.jpg
ロールスイマー3.5gで。
CEよりもフォルムが小さい方だけどしっかり重いので
ネイティブではこっちのほうがちょうどいいと思うんだ。
スリムスイマーは使わないけどロールスイマーは流れがが弱くてもぶりぶり動くし
pic004_20170402224655237.jpg
もういっちょ。

その後さらに3ヒットくらいはあったのですが、寄せる途中で落としたり
きちんとフッキングしなかったりとネットインには至りませんでした。
ミスキャストして場所潰しちゃったので別のポイントへ。

--場所移動--
ラストは地元ではかなり上位人気の小さな沢へ。
足跡もいくつか有るし
pic005_20170402224948caa.jpg

糸が絡まった木を見るとうーん、エサ釣りマンが入った後か。
コレは魚残ってないかなー。

・・

・・・・・

・・・・・・・・残ってませんでした!
まぁ仕方ないかな。餌マンがはいるとまぁ根こそぎやられちゃうだろうしな。
グギギギギ・・・・・。

朝の部 6ヒット3キャッチ0キープ。
朝の部はオール小型だったので全リリースです。



時刻 15;00→16:10
天気 くもり

朝がちょっと悔しかったので昼の部を少しだけ。
あのポイントに行けば魚いるかなーなんてルンルン気分で行ったら
砂で埋められてました!ファックマジファックってこういうとき言うんだよね。
仕方なく川を下っていくけどポイントはほぼ全部釣りができなくなっており
なだらかでただ浅い小河川に様変わり。ぐぬぬ。

仕方ないからもう一箇所秘蔵のポイントへ移動。
pic007_20170402225808b76.jpg
AR-Sで。
なんか小さな虫が羽化してきてたので想定外で表層を引けるもの・・・
ってことで白羽の矢を立てたAR-Sが一発で仕事を済ませる。
やっぱり3.5gではなく2.1gの方が傑作だと思うなぁ。

その後スプーンやヘビシンなどのに変更するもフッキングに行けず
場所移動の時間が多かったこともあり撤退。

午後の部 2ヒット1キャッチ1キープ。

もうハッチが始まっているのならちょっとルアーを変更しなきゃなぁ。
手なわけで今回の釣行は8ヒット4キャッチ1キープでした。


4/3は増水してなきゃ本流へ向かう予定です。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

解禁初日は渓流へ。

前日の話。
明日は中流域にサクラ釣りに行こうと思っていたのだが
ケースを見てみるとショックリーダーが無い。
前回サーフに行ったときは急ぎだったのでナイロンラインでリーダーとして使ったが
今回はしっかりとしたショックリーダー用意しよう・・・と思って忘れていたのだった。
仕方ないなと前日夜に釣具店に入ってみると自分と同世代~もっと若い釣り人の
多くが地元地域のヤマメ・イワナの遊漁券を買っていく。

うーん?渓流か・・・・。うん!明日は渓流に行くか!
そんな気分になったので解禁初日は渓流に行くことに決めました。


4/1 秋田県大館市どこかの小河川にて。
pic001_20170401143210b2b.jpg

時刻 6:20→8:30
天気 はれ

昨年のデータなどから「雪代水」が出ていると良いタイプの河川に入る。
しかしまだ雪はたっぷり、水温も低いしルアーで攻めるなら・・・
てなわけでとりあえず夏前までの構成をこんな感じにまとめる。
pic003_20170401144657c38.jpg

ミノーはリュウキ45S・50S・Dコン・Lotty
スプーンはロールスイマー、ベスパ、ヤマメスプーン、チヌーク
スピナーはブレットン、AR-S#2、ニアキス
ボトムはハビィ

フックはミノーはバーブレスシングルフックとトレブルバーブレスの2種を用意。
(釣座の高さや場所によって切り替え)
スピナーは付いているフックが取れ次第シングルバーブレス、
スプーンはすべてシングルバーブレスを使用しています。
夏場はヘビシンを減らしてフローティングルアーとシャッド、クランクを足す予定。
よくよく考えると魚は季節で食性変えるんだからルアータイプも変わってくるよねって話。

ロッドは前々からアナウンスしているとおり
EMTバーチカルプロミニ35とダイワファントムTR702ULSの2本をポイントによって使い分け。
メインはミニバチの方になるのかなー。今年は割りとじゃぶじゃぶやる予定なので。
pic004_20170401180551787.jpg
本来であればエリア用でしかも"巻き"では使わないロッド。
コレでミノーをネイティブで使ってる人って多分自分くらいじゃなかろうか。
でもバットパワーの強さとショートロッドとしての強みを感じて今年から投入。


まずは一つ目の河川に入る。
近くを犬の散歩で歩いていたおっちゃんから
「つりかー、この川去年だいぶ工事で掘ったから難しいと思うべ」
なーんて幸先が悪そうな話を早速受ける。

入ってみてなるほど、幾つかのポイントが砂で埋められなだらかになってしまっている。
夏ならまだしもこの春先に瀬に魚がついていることはないだろう。
じゃぁということで下りながらARスピナーで攻めていくと魚の反応が。
決して活性が低いというわけではなさそう・・・だがチェイスを何度か出すものの
フッキングには持って行けず場所移動。

2つ目の大きな落ち込みのポイントに入る。
ココは魚のストックはさほど多くはないが、イワナの良型がつくポイント。
この時期は水量も多いしなんとか出てほしいなと攻めてみると
pic005_2017040118501996a.jpg
今年の1匹目はヤマメでした。リュウキ45Sで。
サビも強く魚体が痩せ気味なのでリリース。
pic006_20170401185218a83.jpg
ルアーを変更して流れの通し方を替えて更に一本。
AR-S #2/トリックカラーで。これもリリース。痩せすぎ。
pic007_201704011854214fc.jpg
場所移動したところでもう一本。
AR-S #2/黒塗り。これもリリース・・・うーん?
写真は撮り損ねたが更に一本キャッチもどれもこれも上がってくる魚はサビが強く
この川はキープするにはまだ早いと判断、撤退。

3・4箇所目のポイントは大場所に入ったのだが
流れのど真ん中のゴミ溜まりにルアー引っ掛けて今年最初のルアーロスト。
昨年は1年通してルアーロストは5本?4本?そのくらいで行けたのに今年は幸先悪い。

朝の部(6:20→8:30)での釣果は
キャッチは4本。フックアウトは3本。(7ヒット4キャッチ0キープ)


昼からちょっと時間をあけて昼の部もやってきました。

時刻 12:15→1:10
天気 くもり

午後の部は近くの川へ。
足跡がいくつかあったのだがこの位置に立って釣りしてるってことは
ルアーマンだと判断。魚残っている可能性は高い
pic008_20170401190311efb.jpg
予想通りミノーをダートアクションで引いてくると反応が。
リュウキ45Sでダート引き。でもサイズがいまいち、リリース。
魚体そのものは朝の川よりも良さそう。
pic009_20170401190442100.jpg
同じくリュウキで。22cm、キープしました。

場所を更に変えて
pic010_20170401190608af7.jpg
リュウキで。24cm,キープしました。

pic011_20170401190610bb2.jpg
ブレットン#2をしっかり沈めてスロー巻きで。リリース。

山菜採りにきたおっちゃんに実演と説明しながら釣りをしていたので
集中して釣ることが出来ず魚ポロポロこぼしたけど
良型2キープはなかなか悪くない結果。
何故かこの雪山で渓流釣りをしながら海の釣り情報の交換をする謎会話してました。
午後の部は7ヒット4キャッチ2キープでした。

まぁ初日にしてはソコソコオッケーイな釣果だったのではないでしょうか。


とりあえずミニバチをはじめて渓流に使った感想だけど
・やっぱりキャスティング精度にばらつきが出やすい。気が抜けない。
・飛距離はおもったよりも出たので割りと安心できた。
・短いためミノーにアクションを付けるには結構竿を動かす必要が出てきて
アップに投げてトゥイッチをかけながらヘビシンを巻いてくるような釣り方は無理。
・ロッドを煽っても根掛かりが外しにくい。ルアー回収機をほぼ毎回取り出す必要有り。
pic012_20170401191259825.jpg
こういうの。
・雪や林を歩く際は全くじゃまにならなくてとても楽。短いって携帯性は抜群。
・取り回しがとても楽。パワーもあるしゴリゴリ行ける。
・周囲に木が多いような場所でも割りと楽に投げれる。

メリット・デメリット結構色々出てきますがとりあえず今しばらく使って見る予定です。
明日は一応本流を予定はしていますが、市内の中規模河川も気になっているのでそっち行くかも。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

秋田県渓流釣り最終日。

このタイトルの記事を書くのは何年目か。
記録が蓄積されていくと「ああ、この年はこうだったなぁ・・」
とか振り返り感慨深く思うことがある。

ブログもそう、SNSもそうだが続けるにあたって一番大事なのは気楽さ。
無理はしない、あったことをただ淡々と。コレ、大事だと思う。



9/20 秋田県大館市、米代川支流にて。

時刻 14:30→15:30
天気 晴れ
pic001_20160921130645bf8.jpg
秋田県の渓流は最終日を迎えた。
今年は釣行日数も時間も昨年の半分以下で
それに伴い釣果もさっぱりな1年だったが、それでも最終日くらいは、と。
そう言えば今年はハンドメイドルアー全然使わなかったなってのを思い出し
最後の日だし、という感じでNa.CraftのLottyを取り出す。

今頃の時期になると水も冷たくなり瀬よりも淵のほうが魚居たりするのだが
仕事の時間の合間にちょろっと出て行く程度の時間しか取れないので
去年も最終日入ったポイントで草のキワをミノーで誘っていく。

んんー、何度か魚が出て来るもなかなか乗らない。
その中で2度ほどフッキングまで持っていったんだけど、
フックがバーブレスなこともありランディングまで持って行けず。
まぁサイズも20有るかないかの個体だったので気にはしないけど。

1時間でやれるポイントなんてたかが知れている。
40分ほど下りながら攻めてみたがキャッチは0。
ヒットはそれなりにあるんだがなぁ。
それ以上に今日はどうもスナップ部からラインが切れたり、
ラインの途中でぱっつり切れたり、今日このままこのルアーを使っていると
絶対ロストしてしまうようなそんな不穏なことが何度か起きていた。
最終日にハンドメイドミノーで結果を出せないのは心苦しいのだが
ルアーをブレットンに変更して今まで降ったところを登りながらスピナーで再度攻めていく。
pic003_2016092113064563e.jpg

この時期の水量になるとAR-Sよりもブレットンのほうが攻めやすかったりするんだよね。
でもヒットしたのはウグイ一匹。

pic002_20160921130650970.jpg
いつぞやの年も1年の締めがウグイだったなぁ。
そんなこんなで1時間経過してしまったのでここでタイムアップ。
今年は不本意な1年だったが他の釣りのウエイトも結構増えたり
3月1日から雪がまだ大量に残る隣県からスタートしたり
例年にはないようなことをしてたのが最後の息切れに繋がったかな。
その辺の反省も今年の最終更新にまとめることにします。

今年1年、お疲れ様でした。


~9/30 ソルト(カマス狙い)×1~2・エリアフィッシング×1(未定) 他予定。
10/1~10/15頃 十和田湖でヒメマス狙い予定。
エリアフィッシングは10/2 フィッシングエリアUK
10月中旬~11月上旬で尻別川FA×1、ウキウキ、清水川のいずれか。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

今日も1時間、川で。

台風やら疲労やらで先月~今月はあまり釣りに出ていなかった。
特に先日の台風の影響は河川に大きな影響が出て
思ったほどネイティブ釣行を重ねることができなかったため。
まぁ自分の地元の降水量は大したことがなかったんだけど上流部が、ね。

でも釣りの不調とは逆に食欲の秋バンザイ状態が始まって
台風の影響で片田舎じゃ普段手にはいらないようなものが入ったりとか
pic001_201609040906035e9.jpg
(まぁ、ブランド品だから品質はとても良かったけど、味は普通の天然本マグロでしたな。)

八森岩館海岸の海沿いで潮風で干してきたイカが入ってきたりとか(※画像なし)
ああ、やっぱ秋っていいなぁ・・・とそんな感じです。
まぁなんだ、とりあえず今回の記事をば。


9/4 地元の川にて。

天気:快晴
時間:7:30→8:30(1時間)

ちょいと今年はとあるプロジェクトを行っているのだが全く結果が出ていない
ブログの記事が今年少なめなのはそれの釣行に手間取っているのも有るのだが
まぁ、今年のうちに記事化できるのだろうか……


と、そのことをやろうとして川へ来てみたのだがどうも水量が多い。
となると普通にヤマメ・イワナ狙いと行きましょうか。
pic002_20160904102625bb4.jpg
先日までこの流れ込みは結構流れが緩くて
魚影があったのだが工事車両が入って浅くなってしまった……(´・ω・`)
それでも流れの切れ目にミノーを通すと
pic004_20160904103054e45.jpg
うんうん、しっかり居るね、秋色のヤマメ。
このポイントで3匹ほどヒットさせたが小型&途中で落ちてしまいキャッチは無し。

pic003_20160904102626b8c.jpg
風が強くなってきたのでチャートに変更してこういうテトラの一つ一つに
ミノーを通してみたけどヘビシンとは言え横風の影響で浮き上がりがきつく
思ったようなレンジを通せず結局はノーフィッシュ。
こういうシチュエーションは結構あるけどいっその事シルバークリークシャッドなど
巻いてしっかり潜る系のルアーを幾分用意したほうがいいのかもしれないな、と。

火曜からは雨予報なので実質残り1週間行けるかどうかだなぁ。
そろそろ毎年行っているポイントをさらさらと回っていこうかね(´・ω・`)=3

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) ビッグファイト松本 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR