スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
半年ぶりの更新だ!(゚д゚)!

11月辺りから会う人会う人「そろそろブログ更新してね?」とかなんとか言われ続けて
結局こんな時期に・・・。すみません、お待たせしました。
まぁそのいいわけも含めチンタラと昨年の振り返りをしていきます。


昨年7月ぶりから更新が止まっているとは言え、釣りはそれなりに行っています。
でも「それなり」にとどまっています。それは何故かと言うと、昨年はアレコレトラブルが多くて
最後の最後までグダグダでブログを書くまでにテンションが維持できなかったわけで
釣行回数も含め昨年より3~4割減という釣行回数となりました。

タックルボックスを海に忘れたのが1回(中身は替えスプールも含め3万円以上)
ラバーネット破損が1回
破損したからと行って買い替えたネットが川に流された?で紛失が1回
キャスト時にルアーが高切れしたはいが、ロッドの上の方もぶっ飛んでいったのが1回
しかもそれが2時間半かけてようやくたどり着いた釣り場の第一投とか?
リール破壊が2回?
投げ竿先端破損が1回。
磯スパイクにも穴空いてたよ・・・・


流石に釣りバカでもこれだけを1年でやらかせばそりゃテンションは下がります・・・・。
上記のウチ1つもない年がほとんどなのに何なの昨年は!!!!
てなわけで後半はもうテンション維持できませんでした。
ここ最近まれに見る一番ひどい年でした・・・・
年も変わったのでもうそれらをすべて過去にして今年改めて気合を入れなおそうかと。

ブログに書かなかった昨年後半をプレイバック。

エリアは程々に釣れましたが、
恒例のビッグワンラリーは90サイズのイトウ2バラシで轟沈しました。
下半期は今年はユーランド清水川とフィッシングエリアウキウキランドのみの釣行。
pic002_20180105120918523.jpg
コレは秋空の清水川だったかな。

pic001_20180105120916e04.jpg
初雪悪天候の日のウキウキはほぼ貸し切りだったね。

年間予定としては昨年秋は9月下旬と10月下旬に尻別川フィッシングエリアに
行こうかと考えていたのですが、モチベーションが上がりきらなかったのと、
感謝祭の日はどうしても外せない用事がブッキングしてしまい泣く泣く諦めることに。
(しかもその用事は全く実のないものでさらに腹立たしさ倍増でした)
また、日程の都合上昨年はどうやっても新潟遠征が叶いませんでした。
代わりに今年一発目、関東遠征を行いますがまたそれは記事の下の方で。

ネイティブの方はまぁ、それなりで岩魚の尺は結構イージーだけど
ヤマメの尺はなかなか最近でないな~と思ってたところに出てきてくれた。
写真はどれかわからなくなったが何人かにしっかり見せてチェックしてもらったので間違いない。

pic003_20180105132746b19.jpg
コレだっけかと思ってあげてみたけどたしかコレは泣き尺の方だったかな?
pic004_20180105133020eed.jpg
今年はこの手の小さいヤマメがポンポン釣れる年だった。
pic005_201801051332229e2.jpg
どこぞの写真のように自分のタックルと魚をやってみたが
うーん、ものすごい違和感があるぞ?でも水没していいリールじゃないしなぁ。
開けた場所は上記のファントム+ステラをPE0.2or0.3+グランマックス0.6で運用。
最初は「はー?渓流にPEとかwwwwww」って思ってたんだけど、試しにやってみて
少し慣れてくるとこの硬い感触が心地よいと思って終盤はコレがメインだったかな。
ルアーのロスト率はフロロ時よりも上がってたと思う。
でもこの硬い感触、癖になる。

pic006_20180105133707cdf.jpg
サブタックルは続けてネオスタイル・ミニバチ35+17サハラ+フロロ0.8。
初期はヴァンキッシュで運用してたけどエリアの方につかうということで
まぁミニバチにつけっぱなら安物でいいだろ、ってことで17サハラを購入したが
コレがまた思ったほど悪くないリールで後半ずっと使用してました。
pic007_20180105134952b08.jpg
こういうボサの中をくぐっていくようなポイントでの釣り、移動のときなんかは
コレ以上ないレベルでの活躍をしてくれて来年もコレなしの釣りは考えられないね。
ただやはり操作感がかなり独特なのでミノーには向かず、
スピナーを中心とした運用になりがちなのは少し考えないとダメだね。
(ダウンならまぁ使えないわけでもないけど)

今年に関しても同程度の2タックルでの釣りを考えています。
加えて、今年は予定が明けば馬場目川での釣り大会にも参加しようかと考えているので
機動性を重視したミニバチメインでの釣りを慣らしていこうかな、と。

秋のヒメマスに関してもこの項で振れていきたい。
昨年の10月1日は日曜日ということで、もう人が山盛り。
大大大盛況というか、コレだけ人が多い十和田湖観たことはなかったです。
夜中1時着でもう全然駐車場がないというか。

その割には釣果は全く渋めでかなり厳しい釣果だった釣り人は多かったのでは。
2週間前に様子見に行ったメンバーから「やべえぞ、もう接岸のピーク近いぞ」との話があったので
今年は渋いんだろうなぁ・・・と思いながらの初日を迎えましたが案の定でしたな。
それでも初日は夜明けとともに周辺では一番最初にぽぽんと釣り上げることに成功して
数本釣ったところで入る場所なくて困ってる子供連れがいたので場所を譲った後
場所を探してさまよった後、なんとか入るポイントを見つけ20尾きっちり揃えることに成功。

コメントで突っ込みがあったけど、今年は全く魚の付き場が違っていたのか
エサ釣り師で溢れかえっていたあの桟橋周辺は全く釣果が伸びず
今年はあのへんの桟橋にこだわるようなことは全くしなかった。
昨年解禁日以外であそこでルアーで堅調に出せた人がいたなら凄いと思う。
pic008_2018010514211645e.jpg
pic009_20180105142117975.jpg
釣果はによってまちまちでしたが7~20尾(上限)といったところ。
主に湖の西側での釣りとなりました。
銀山付近も含め、開拓の秋という感じでした。

それと今年はサクラマスはやらない予定。
昨年流域券を買えば少しは釣りをするかなぁ……なんておもったけど
結局サクラマス釣りに割いた時間は年間通して6時間程度?
それならいっその事少し間を開けて渇望状態に追い込まないと?と。
(※ただし監視員としては今年も回りますのでよろしくお願いします)

ネイティブトラウトに関して、今年は以下4点。
・今季は1年通して渓流中心の釣り。
・解禁直後はネイティブ、5月はヒメマス、6月以降はまた渓流で。
・時間があればみちのく渓流釣り大会に参加したい。
・もしかしたら近隣漁協に一個新規加入するかも

ソルトの方はシーバスはほぼ行きませんでした。
メバルの方は青森のN氏に誘われて数回ほど。
良型を手にすることは出来ましたが尺には届かなかったかな
pic010_20180105154616187.jpg

pic018_20180105154619de7.jpg

pic019_201801051546216ba.jpg

pic011_20180105154618d12.jpg

ハタハタは釣り仲間で情報共有が出来たため、ただ一日の爆釣日を逃さず釣れました。
今年はハタハタの接岸がほんの一瞬だったため空振りした人も多かったかと。
その中でなんとか爆釣を重ねれたのは良かったかな。
ついでに画像は有るのですが地元紙に提供したのでこの場では省略。
磯に関しては今年はモチベーションが上がらず回避となりました。
1月中旬海の具合が悪くなければ1回2回いければ・・・。

その他適当に撮ってた写真など。
pic012_20180105154716008.jpg
にんにくソフト。
しかもチョコ味!

pic013_201801051547183c5.jpg
漁火温泉はたはた館にて。
ここのお風呂は癖もなくスッキリしている。
あと秋田県の観光ポスターがいっぱい貼ってあってめっちゃきれい。

pic015_201801051547210f1.jpg
pic014_20180105154719df1.jpg
以前紹介した深浦のピザ屋へ再び行ってきました。
上はネギチャーシュー、したはにぼしピザ。
にぼしピザは他で食べたことがないニボシ味めっちゃあふれてるピザでした。
でも個人的にニボシが乗っているのかな?と思ってたから少し肩透かしだったけど
まぁ食えば食うほどニボシでした。
下のネギチャーシューがやばい。これ超やばい。
ピザ類はいろんなの食べたことが有るけど、そのなかでも上位3つに入るレベルで
とんでもなくやばい旨さだった。
今年ホッケやるなら再び行くし、夏も遠征したら行こうと思う。

pic016_201801051547220e1.jpg
久々に自塗りをしました。
ウキウキでオリカラを塗っている某D氏のDスペシャルのパチもんと
クリスマスを意識したカラーを少々。清水川の下池でドンピシャのカラーを想像して塗ったんだけど
予想通り食いつきが非常に良くちょっと良かったカラーです。

pic020_20180105154748430.jpg
もちろん17シグネイチャーも買いました・・・。
ノブカラー再販ばんざい!

pic017_201801051547470e2.jpg
このサイズのイトウ(50ちょい)は持ち帰ってもオッケー!っていう話だったので
ミノーで仕留めて持って帰って食べましたがコレまたなかなか美味しかった。
70以上だっけ?それ以上は完全リリースのため食べたことなかったけど
うん、コレ有りだな。今度またキープしよう。

pic021_20180105154750fd2.jpg
思いがけずリバーバスが居るポイトを見つけたのでそこでミノー中心に
バスと遊んでた日もありました。
しかしこんな東北の地でもリバーバスが居るんだね。
あとで漁協通して報告上げておかなきゃ。



かなり端折り気味になりましたが昨年後半はこんな感じでした。
くそったれな2017も終わったのでボチボチまたブログを再開していこうかと思っています。

新年一発目ですが新年一発目は遠征となります。
1/7 埼玉県朝霞市・朝霞ガーデン遠征予定。(できればナイターまで)
管釣りの東大と名高い朝霞ガーデンでどれだけやれるか試してきます。
もし心折れたら途中で撤退してFF川越にでもいこうかな?とゆるりと。
その後、夜までだらりと釣具店を回ってその日は終了。
マニアクスでのお買い物も頼まれてるし。

1/8 としまえんフィッシングエリアしらこばと水上公園(半日)
プールトラウトってのを前々から一度はやってみたいと思ってた。
どうやらいろいろな名前のエリアが有るらしいが競争率の激しいところもあるらしく、
そこには近寄らずだらりとして過ごすと思います。

昨年度の目標の反省は今回は無し。達成率も低かったのと
思いがけず全然やる気が出なかったのでうまく逝きませんでした・
今年の反省はまあまた後ほど。
コメントは近いうちに返します。

今年もよろしくお願いします。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

急ぎ足で7月分振り返っておかなくちゃ

ほぼ一ヶ月ブログぶん投げてました。
別に怪我したとかそういうのはないのですが以前から書いてる通り
一度ゲーマーモードになってしまうとまぁこんなものです(´・ω・`)
アマゾン好きな海外の車番組を観ていた時に、ふと名前を聞いたことが有るアニメがあって
ひと通り見たらドハマリしてゲームまで買ってしまい、釣りに行かない日はやりこんで・・・
そんな感じで頭が完全に"トゥットゥルー♪"的な状態だったんで
ブログ書く暇がまったくなかったんですな。
ロデオクラフトのシグネイチャーシリーズの発売が控えてなきゃ
グッズまでガッツリ買うところだったあぶねえあぶねえ。
なんとか自分が釣りバカになっている世界線に戻ってくることには成功しましたがね。
あ、ついでに病気はしました。7月末のことだったかな?
片足1.8倍くらいバンバンに炎症を起こし腫れましてやべえなー
言う感じにはなったのですが、釣りは行きましたし今はほぼ完治間近です。
大雨洪水注意報が出て道路が一部がけ崩れ起こしてる中エリアに行ったりしたので
その時の話も含めてまとめて。


7/9頃 陸奥湾にて
pic001_20170731113647ee3.jpg

確かソロ釣行だった記憶がある。
この日は以前行ったことのある漁港を中心に開拓を行った。
が、結局小物ばかりであまりいい釣果には恵まれなかった。
数自体は結構釣れたんだけどね。


7/12~13
pic002_20170731124550022.jpg
十和田湖特別解禁へ。
初日(解禁後2日め):十和田湖に行ったら風がマッハなんですわ。
少し投げてみたけどやってられるか!ってことで怒りの直帰。
2日目(解禁後3日目):T氏と一緒に朝から。
結論から言えば、魚は沖のボトムメインで遠投すりゃなんとかなるんだけど
そんな沖に投げてジグやミノーシャクる疲れる釣りは面倒くさいんで怒りの直帰。

今年の特別解禁は2日ほど行ったけど多分2バイトノーフィッシュ。
やり方自体はわかりました。


7/18 陸奥湾にて
pic003_20170731125101dd1.jpg
ソルトN氏とメバリングへ。
プラグでの釣りを中心に26を筆頭として数匹釣り上げるけど
ラインがテトラに擦れまくったりしてプラグ1個ロスト。



7/21 陸奥湾にて
シマノのメジャーシールが無料で配られていたので貼り付け。
早速陸奥湾デビューということで使ってみる。
pic004_201707311254102d1.jpg
1箇所目はキーホルダーサイズからMAXこの程度の魚が60匹位釣れる。
投げりゃ釣れる。無限に釣れる。

pic005_20170731125623790.jpg
pic006_2017073112562658a.jpg
時々良型のソイが交じる。
なかなか体高もあって美味しいソイだった。

2箇所目はみんな漁港の先端に行くところを
本当の車を横付けして2秒程度の場所で釣った。
ドシャローなのだが魚が居るだろう気配は十分あったのでワームを通すと
pic007_20170731125624056.jpg
MAX21とサイズはいまいちなもののここでも一投一匹ペースでポンポン釣れる。
帰り際の釣り人に「あんな浅いところでもこんなに釣れるんですね」
とか話しかけられたけど浅いところは釣れないと言うのは大間違いだと
以前N氏との釣行で知っていたのは大きい。



7/23 青森県新郷村 フィッシングエリアウキウキランドにて

八戸市、三戸市などは浸水被害、
秋田県の中央~県南部は川が決壊して全国ニュースになり、
自分の住んでいる場所も大雨洪水警報が出て川がなかなかいい感じに。
天気を見る・・・・行こうと思っていた清水川は落雷があるなぁ。
流石に雷だけはダメだ、こりゃ今日は打つ手なしか?
・・・・・ん?ウキウキは天気快方に向かってるし道路さえ通行止めになってなきゃ
イケるんじゃないの?雲もさほど無いし。ということでちょっと遅くなってから車を出す。
途中沢が溢れてる場所なんかあったけどまぁ大体問題なく到着。
pic009_20170731133525fe2.jpg
当然水質は

pic010_201707311335269bb.jpg
カフェオレですなぁ。


到着したのは10:30,10:40~16:00まで釣りをしていましたが
自分以外に釣りに来た人は0でした。
まぁ自分がいかに激烈バカかよくわかった一日でしたな。
釣果は40ほど。
pic011_20170731135412f3d.jpg
ほぼヴァルケイン縛りでやってたのでハイバーストばかりですな。



7/28 フィッシングエリアウキウキランドにて。

いつものお客様に連れられての半日釣行。
まだ濁りは取れていない感じではあったけどそれでも数日前よりはまし。
となると、このコンディションは・・・・アレですな。
2016シグネイチャーシリーズの福田カラー。
いい感じにポンポン釣れて、しかも11時過ぎには2人共リミット完了。
エサ池の方に2人でいって、スプーンの使い方教えたアタリでその日の釣行は終了。
pic001_201708070958595e5.jpg
ヒットルアーはこんな感じ。
ついでに福田カラー2つほどロスト。あとで買わなきゃなぁ。



多分7月の釣りはコレで全て。
かなり端折り気味になったけどこんな感じでした

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

6月末の釣りを一気に振り返る、ほか小ネタ

○○を振り返るパターンで書くって時は
たいていネタが溜まってたけど消化できない時のあれで
まぁアレがアレなんでぱぱっと済ませていきます。


・ユーランド清水川に行ったけどなんか渋くて難しかった件(6/18)
pic001_20170706235706fc1.jpg
T氏と半日ユーランド清水川に行ってきましたが、
この頃天気が続いて水量も少なく、濁りが結構はいっていたことも有り
なかなか厳しい半日でした。常連のA氏M山氏とゲラゲラ笑ってきただけの釣行だった。
pic011_20170707003117e7a.jpg
M山氏から釣りビジョンの手ぬぐいを戴く。
手ぬぐいって思った以上にポテンシャル有ると思うんですよね。
しかし、返礼として買ってこようとしたジンギスカンキャラメルをかいそびれてしまった。
むむぅ。



・2つほどバスが居ないか開拓しに行ってきたけどスカった件。
pic002_20170706235954f16.jpg
前から調査依頼があった沼へ(2回め)。
加えてその近くの沼を調査。
以前は伐採で入れないルートが通れるようになっていたので入ってみたが
RVクラスの車じゃないととてもじゃないけど無理だったこと、
水量が少なくて遠く見でも魚影がなく、畑仕事してた近隣住民に魚が居ないか聞いたが
性質上魚は全然居ないんじゃない?と言う話を受けて撤退となった。
釣りするしない以前の問題だった。航空写真や白地図ではイケるんだけど
実際その場所に行ってみないとわからないことは多いなと再実感。


・午前中ユーランド清水川に行った後、1仕事してそのまま岩館漁港へ行ってきた話。
pic003_2017070700050573c.jpg
別に釣りしに行ったわけじゃなくて、ただきれいな夕日が見たくなって
八森付近にいってきたんですよ?まさか午前中釣りしてそのまま海とか
何処の釣りバカだよって話ですよHAHAHAHAHA
まぁでも?海に行ったんだし?ほら、でしょ?
pic004_20170707000506310.jpg
小型のメバルばっかでした。
めっちゃエリート釣り師のお子様がいらっしゃって
「ねぇ、メバルはプラグっしょ?プラグで釣ってなんぼだと思うんですよ?」
とか話しかけられて絶句したりもしたが、コレは素晴らしい教育してますねと思いながらも
自分はベビーサーディン投げてちまちま釣ってました。


・水中に引っかかってたルアーを回収した件。
pic005_201707070010271f5.jpg
とある日30分一本勝負と思い川に入ったらなんか底にキラキラ光るものが。
ウエーダー履いてザバット川に入りペンチで引っこ抜いたらなんかのルアーだった。
コレ何処のルアーだっけ?キングフィッシャーだっけ?フィールドハンターだっけ?
まぁ心当たり有る人いたら使わず預かってあります。
ついでにその日は釣果0でした。


・ヴァルケインのワレットバリューパックを買った件。
pic006_2017070700141604a.jpg
なんとなく2個買ってみた。
2つ合わせた中身だが。
ハイバースト×29個・シャイラ1個。
リオラ×1 クーガ×2 シュヴァーンシャッド×3 シャインライド×1 もう一個何か忘れた。
pic009_2017070700180250a.jpg
pic008_20170707001801d8c.jpg
pic007_20170707001759d97.jpg
もっと多種のルアーが入っていることに期待していたので
ハイバースト濁だったのはちょっと残念。
そもそも自分としてはカラーはなんでもよく、剥いで再塗装してつかうための
素体集めとしての購入だったので別に何色でも問題なかった。
自分の近所ではまともに中古ルアーすら買えないのでこういう感じで素体が
安価で手に入るのは非常に助かる。ウレタンも買ったので頑張って塗らなきゃなぁ


・陸奥湾でナイスサイズのメバルを幾つか釣ってきた件。
pic010_2017070700232571b.jpg
T氏、N氏、M氏などでメバリングをしてきました。
3人が先にホットな漁港に入っていたんだけど、
自分は以前から何度か言っている漁港へ別行動で入りました。
何度か「そっち側はもうほとんど釣れなくなってると思うよ」なんて言われたけど
自分の目で、直接それを感じないと自分は納得行かない派で
ポイント選び、釣り方も含めとりあえず自分はこう思ってるのでとりあえずやって
それでダメなら頼ろうという感じのスタイルになってしまっている。
まぁもう一つ言うならば、ポイントを教えてもらっているだけじゃおんぶにだっこで
せめて他の場所の情報を幾つかでも提供できたらな、と考えている。
ギブアンドテイクの精神は大事だと思うんだ。
それに、人に教えてもらってその通りうやってるだけじゃ上達もしないだろうしね。
最適解に至るまでのプロセスというのも大事にしていきたい。


7月は割とパタパタと仕事など入ってきてまだシーバスにもいけてません。
コハダも釣りに行きたいし、さて困った。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

エリアトラベラーズ放映前に尻別川フィッシングエリアへ。

6月末の回顧とかあれこれはちょいとあとになります。
単に久々にゲーマーモードになっていてブログを書く時間全然取れなかったせいです。
信長の野望シリーズは時間泥棒すぎる。
以前はやり始めると500~600時間位はやりこんでいたので今回も長引かなきゃいいなぁ。
Stardew Valleyも買っちゃったしこりゃ下手したら泥沼になるなと思い
先にささっと溜まってる分を消化しておきたい所。



7/2は基本的に数日前まではノープランだった。
しかし3日前、週間天気予報をみると秋田県北部は雨の予報。うーむ。
シマ氏に「今年の鮎めっちゃいいっすよ!解禁日周辺はまじで今年はフィーバーだよ!」
とか言われてたけど鮎釣りなのにかっぱにウエーダーじゃ白い目だろうからなぁ。
今回は諦めて人が少なさそうな日を狙うことにしよう。
海の方はどうかと見るとコレもまたちょいとあまり具合が良くない感じ。
チヌフカセも考えたんだけどちょっと釣りづらそう。ハードな釣りは今回パス。
かといってグリーンパーク不忘で行われるドットコム戦に誘われてたけど
現状ガリッと数釣りをやっていきたいって言う気もしないし
じゃぁちょっと天気が心配だけど北海道へ行こうかなーなんて調べてみると
ん?んー?。
コレはとうとう来たんですかエリアトラベラーズが。
これは巷で噂に上がるなんとか放流のことも有りよく釣れるんじゃないか?
大物が入っているんじゃないか?なんて淡い期待も織り交ざって釣行を決めました。

ということで今回は尻別川フィッシングエリア遠征記事になります。


フェリー夜中は2:40分出港。(津軽海峡フェリー)
となれば少し早めに家を出て青森市の漁港でちょろっと遊べるなということで
市内を転々としてランガンしながら魚を拾っていくけど
まぁ風がわりと強いのとゴミがかなり多目で非常に釣りづらい。
それでもポツポツ、メバルや鯖を拾っていく。
pic002_20170703112759caa.jpg
鯖は30あるかないかくらいのともう一回り小さい感じ。

pic001_201707031127582d1.jpg
メバルも大きいのでもこのくらいであとはキーホルダーサイズ。
しかもこんな感じでゴミが絡まってくる感じで釣りづらかった。

2時間ほどライトソルトを楽しんで出船手続きを行う。
pic003_201707031131016f4.jpg
そう言えば北海道はたいてい7月から繁忙期料金になるんだけど
フェリーは6月から若干高めだったりする。

pic004_20170703113630fe3.jpg
このフェリー埠頭で釣りができたら最高なんだけどなぁ。
釣り禁止なんだよねここ。

pic005_201707031136316ae.jpg
高いと見るか、安いと見るか。
複数人で行けば一人頭の計算で考えるとかなり安く済むが・・・

pic006_20170703113633a47.jpg
夜食はカップラーメンにしました。
船が出るやいなやぐっすり就寝。

到着ギリギリまで体を休めることに専念。
といっても睡眠は3時間ちょいしか取れないんだけどね。
函館で下船してから少し時間が有るため
ライトソルト一式(ワーム数個、ジグヘッド数個だけだが)セットしてその辺を歩き回る。
pic007_20170703115442b74.jpg
青函フェリーと津軽海峡フェリーでは到着する港が違うため
魚影もぜんぜん違うしこちらは小さいバイトが2度あっただけで
ノーフィッシュでレンタカー屋が開く時間となった。
待ち時間があってライトソルトをやるなら青函フェリー側のほうが良さそうで
どっちを選ぶかはその日のプランに合わせたほうが良さそうだ。

今回はオリックスレンタカーを利用しました。フェリー埠頭直ぐ側だし。
あれこれ保険も加入して約8000円。繁忙期料金だから割高だけど仕方ないのと
直前予約だとやっぱりどうしても割高にはなってしまうようで
もう少し早い段階で決めてれば保険料込みでも5000円以下におさえれるようだ。
日産キューブに道具を全部積み込みいざ蘭越町へゴー。

北海道はなんどか釣りに向かっているけど、
初めて行った時に蘭越町の知らない人に車に乗せてもらって世話になったり
昨年は感謝祭でガッツリご飯食べさせてもらったりとかしていることもあって
この管理釣り場もだが、蘭越町そのものが自分にはかなり好印象で
1年に最低でも1度は挨拶に行こうと常々思っている。コメもうまかったし。
今年は北海道遠征もう2回行きたいなと考えているんだけど、
春先に行けなかった新潟遠征も秋口に行きたいと考えていて
先々の予定を組んで考えてみると現実的なところだとあと1回が関の山なので
今記事を書きながら、やっぱりこの日に行けてよかったなと思っている。



7/2 北海道蘭越町「尻別川フィッシングエリア」にて。

pic008_20170703122734230.jpg


時刻 10:10→15:30(5時間20分)
天気 くもり

到着は10時。管理人さんに挨拶して今回のタックルを取り出す。
前々から言っているが、今年度からラインもタックルも1~2段階上の強度にして
遠征に備えてきてはいる。さて、それがどう出るか、だな。

常連さんに挨拶して写真右インレットの手前側に入る。
色々話ししていくと昨年感謝祭でも一緒になった方で、
他にも自分を知ってくれてる人が数人居たことに驚く。

魚はやや上にいる様子。
しかし朝イチのスタートからは時間もだいぶ経っている上、
7~8人くらいの釣り人がもうだいぶ叩いている様子で渋いかなーと思い、
こういうときは最初から飛び道具で行こう、と決めカランバで攻め始める。
pic009_20170704104733982.jpg
でっぷり。
カランバ50/ダークブラウンカーキ。
清水川やウキウキでも定番カラーだがここでももちろん例外ではなくよく釣れる、
通販関係見ていくと結構売れ残っているカラーなのだが俺は一番信頼おいている。

が、その後ショートバイトを連発。
ピン!とは来るんだけど合わせても乗らない。
現状カランバのフックは通常ついているヴァン#2よりも遥かに小さい
カルティバ41#6を装着していて、それがいつものエリアではちょうどよいんだけど
ここでは通常通りのフックサイズにしたほうが良かったのかな。
いずれにしても頭に「?」が浮いたまま反応が悪くなったので
続けてシャインライドで反応なくて今度はトップということでスピッシュに変更。
pic013_20170704114919506.jpg
うむ、トップでもでる。
隣の常連さんにも「今日はトップかボトム一辺倒が一番いいと思うよ」なんて話が。
現にこの日一番安定して釣果を上げてた人はボトム一辺倒だった。
トップに関してはスピッシュが自分の性に合っているというか、
思い通りの動きを出せて非常に重宝しているがなかなかにいいお値段なんで
まだ手持ちの層は薄いけどいずれ増やしていきたい。
ミッツみたいに1000円割ってくればだいぶかいやすいんだけどねぇ。

そうしているうちに風が吹いてきてラインがたるみやすくなったのかうまく魚が取れない。
しゃーないって思いながらスプーンを出して巻きで狙い始めるがコレが想像以上に渋い。
唯一ジキルjrの#30(和からし)だけに4ヒット2キャッチ2針折られと反応はあったものの
他のスプーン類はダメー、シャインライドの有頂天で2尾とったあたりで12時半ころ。
前半を6尾で折り返す。うーん、今日は今まで行った中で一番きついか。
pic011_20170704114918e13.jpg
割りとほっそり。
でもコレ取る前にマンティスを2本ほどぶち折られてます

と言ったあたりで常連さんの団体が昼飯を食べに一旦撤退。
これは・・と思い安定して釣果が出ていたおねえさんが居た場所へスルッと入る。
pic001_20170704115132517.jpg
後半は水量が多いインレットからスタート。
流れにスピッシュなどトッププラグ乗せてやるとあからさまに反応がよく
1時間足らずでヒットは10を越え、うちキャッチは5本ととても幸先いいスタートを切る。
しかしこちら側に居た魚、半端ない元気がありすぎるのが多くて
跳ねる跳ねる走る走る。ラインは4lb~6lbと普通よりもぶっとくしたつもりだったのですが
ここで今回唯一となるラインブレイクを起こしスピッシュが1個殉職。
写真を見てみると分かるんだけど
pic002_2017070411582386d.jpg

pic003_20170704115824f8a.jpg
サイズ自体は50台程度とさほどデカイというわけではないんだけど
ヒレがしっかりしていてとにかくトルクの強さが半端ないのが多かった。
ただ、パラダイスだったのはその1時間程度で残りの1時間半は悶絶、悶絶だったかな。
トップで出ることは出るんだけどフッキングしない。
しっかり飲み込んで合わせてもフッキングしないこと考えると
トップのルアーのフックサイズも考えるところがあったのかなと。
結局上がり40分前になんとか取れたカランバでの1尾を最後にタイムリミットを迎え撤退となった。
pic004_201707041208571e8.jpg


釣果:15尾/5時間20分。(休憩なし)
ヒットルアー
pic015_2017070500092342f.jpg
スピッシュ
シャインライド
リオラ
カランバ×2
デカミッツ
ジキルjr

殉職者:スピッシュ×1

やればやるほどこのエリアは岩姫フィッシングとよくにてるなと思う。
地形の傾向やヒットパターンなどなど、やってみると「おっ」と思うことが多く有る。
ああ、よかった。また来れて。昨年感謝祭で会えた人たちにもまた再会できたし
今度また秋に伺うときにまた会えるといいなぁ。

もしエリアトラベラーズなどで放映があって、初めて行こうと考えている人が居たら
アドバイスなのですが
ハッカ油などアブ対策は絶対必須です。
昨年自分は地獄の苦しみを味わったので1時間毎に定期的にハッカ油スプレー使ってました。
特に15時過ぎたあたりからまじヤバイです。
自販機や食堂がないから飲料食べ物を予め持ってくることもかな。
函館(市内)~尻別川フィッシングエリアは2時間10分程度(※高速利用)


帰りは新幹線を利用しました。
フェリーは安い代わりに移動が片道4時間以上かかるのに対して
新幹線だと新函館北斗駅-新青森駅が1時間程度で到着可能。
フェリーは2~3千円に対して新幹線は7260円と割高だったりするけど
その分の住み分けはできてると思います。

pic005_2017070412252513b.jpg
新函館北斗駅はまだニュー・タウンという感じで
レンタカー会社がぽつり、ぽつりとあるくらいでこの街で何かするような
そんな雰囲気はあまりなかったですね。

ナマのかにめしをもとめてキオスクに行ったけど
有るのはイカ飯ばかり。お前じゃないんだ。
というわけで駅構内の小洒落た弁当店へ。
pic006_20170704122944fb3.jpg
以前上野のエキナカでプラついた時にこんなおしゃれな店あったなぁ。

pic007_20170704124512411.jpg
北海道限定のらいでんメロン三ツ矢サイダーも購入。

pic009_20170704124513f8b.jpg
中身はブランド牛のお弁当と塩味のザンギ。
美味しかったけど中身は少なめで女性向けでしたね。

pic010_20170704124915415.jpg
フェリーや車の旅がメインになっているので新幹線は久しぶりかな。
流石に電車にのるのにタックルケースなどかさばるものは持ち込めないので
予め途中のコンビニで自宅へ直送して手荷物を減らしました。
pic014_20170705000921d56.jpg
釣具って空輸しないんですね。
もしくはワームみたいな液体&袋みたいなのが有るから
気圧差で爆発するようなものが有ると大変だからという対処かもしれないけど。


pic011_20170704124917297.jpg
この時点でかなり疲労困憊気味だったのだが取った電車ははやぶさ。
つまり寝てしまうと東京まで一直線なので頑張って起きていなくてはならない。

グッバイ北海道。
今度は、また秋に。

pic013_2017070412572165e.jpg
青森到着後、夏泊半島へメバリングで〆ようかと思ったのですが
自宅に連絡したら早めに帰ってきて欲しい、ということだったので渋々帰宅の途へつきました。



7月中はエリアフィッシングをもう2回予定していますがいずれも平日半日釣行予定です。
メバリングの方はこの悪天候が一息ついてからかね。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

だって十和田湖ばっか行ってたし

えー、間が空きました。
実は先週、今週とずっと十和田湖にかよっていました。
なので、何か書こうと思っても同じことなっちゃうなーなんて思ったので
放置しっぱなしになっていましたが、とりあえずある程度まとまったので記事化を。



6/4~6/15 十和田湖にて。

まずは写真を貼り貼り。
pic002_20170615221133cbd.jpg
クソみたいに風が強い日もあったし

pic003_20170615221134034.jpg
清々しい朝だった日もあったし

pic004_20170615221135109.jpg
幻想的な霧の日もあれば

pic001_20170615221135e66.jpg
横殴りの風でしんどかった日もあるし

pic005_2017061522113638d.jpg
桟橋で出会った人も結構いたし

pic006_20170615221150b7f.jpg
満員御礼だった日もありました。


もちろん釣果の方も
pic008_2017061522153312e.jpg
だいたい平均で5~7尾/2~3hくらいのペースだったけど

pic007_2017061522153251f.jpg
アホみたいに釣れた日もあるし(※一部T氏の釣果含む)
ボウズだった日ももちろんあった。
その辺を踏まえてこの時期のヒメマス釣りを再度考えてみよう。



Q:ぶっちゃけ何を投げれば釣れるか。
A:自分のヒットルアーを見ていくと0.7g~19gのメタルジグまであまりに幅広い。
釣ったことが有るルアーを列挙していくと
ブラインドフランカー0.7g ジギルjr1.1g T-サーフェス1.2g ウルトラベスパ1.2g
リベロ1.2g/1.5g ハイバースト1.6g/2.4g ノア1.8g  ハイバーストX 2.2g
ロールスイマー2.2g CE4.5g チヌークS4.5g AR-S#2
リュウキ45S/50S/70S、Dコン、ブラストイットミノー、デンス
ザンム、つぶアン、ディープクラピー、エアーブロー、プリラ
メタルジグ(教えてもらったルアーなので秘密)19g 
pic010_2017061607574598b.jpg
あくまで一例。

pic011_201706160757477e6.jpg
自塗りの秋用のほっちゃれスペシャルでももちろん釣れます。
まだ抜けが有るかもしれないが個人的には「つかうルアーはなんでも良い
と結論をつけざるをえない。とにかく色々投げてみたが本当に全く話しにならんといったのは
下に書くが、うまくレンジキープできないようなタイプが主だった。
そしてそれらの使い方を考えていっても
ジグはスローピッチジャーク、ハイピッチジャーク、ワインド・・・どれでもOK
スプーンは巻き、フォールいずれもOK(※ただしただのダダ巻きでは反応は鈍く、
デジ巻きなど~~みたいな感じの形の小刻みなアクションを入れると良い)
ミノーはシンキング系を使い幅広い層をトゥイッチ、ダートアクションで誘っていけばOK
・・・ってぶっちゃけ何やっても釣れるじゃんという話になる。
実際それで釣れたんだから仕方ない。

しかし見ていくと全く釣れない(貧果に終わってる)人は割と多い。
じゃぁ何が大事かといえばレンジキープ力だと思う。
活性がいい姫マスがどの層に居るのかを考えながらヒットが出たら
とにかくそのレンジを攻め続ける。湖の釣りってこうやるんだなってのを思い知らされた。
それとやっぱり回遊している魚なので全く居ないっていうときもあった。
しっかり時間が取れた釣りの場合は場所移動重ねて群れを見つけれるけど
短時間釣行の場合は駄目なら即終了ってケースも有る。


Q:じゃぁ、どんなタックルで行けばいいの?
ライトタックルならUL-XULの5-7ft,リールは1000-2000相当。
ヘビータックルならサクラ、メバル、シーバス、バス用7-10ft,リールはそれに合わせたもの。
って・・・それなんでもいいってことやないかーい!ってなる。
それで良いんです。ただ、闇雲になんでも良いかと言われるとまた別で
ヒメマスの場合は合わせたときなど口切れ、途中でバレるケースは非常に多い。
なのである程度竿の弾力が有るものでしっかり「乗せ」ができるロッドのほうが
バレ率は低くなる。この辺がライトタックルつかうメリットで、攻めれる範囲は狭いし、
手返しが低くなる代わりにぐっと竿に載せることでバレにくく出来た。
(自分の場合ライトタックルは、アイビーライン・シンクロナイザーエボリューション+鯵の糸
の組み合わせで感度重視+しっかり乗せ気味にできる組み合わせでやっています。)
ヘビータックルの場合はとにかく広範囲を手返し良く攻めれるのがメリット。
沖でじゃんじゃんかかるのにライトタックルでは届かない・・・そういうことも何度か。
確実にルアーで取りに行きたいとなるとヘビータックルも持ち込むべきなのだが
やはり竿が硬いと結構バレてしまうので完全なヘビータックルよりも
5-10gくらいのライトジギングの柔めのロッドが一番バランス良いかとは思うけど
そんな感じのロッドは持っていないのであくまで「多分」というところで。
(自分の場合ヘビータックルは、7ftバスロッド(ガイド他自分で換装済み)+PE1号、
リーダーは12lbを使用して重めのルアーもしっかり投げれる組み合わせにしています)

後はヒット後口を切らさないようなランディングが必要だけど・・・・まぁ
全部手取り足取りじゃつまらないだろうから各自の課題、ということで。
アジングやエリアやってる人は普通にやってることだしね。

ここまでがあくまで「ゲームフィッシングを楽しむ」という立ち位置での話。
無論どうしてもヒメマスがほしい!というのであれば素直にサビキ釣りを勧めます
トラブルになってるのを見かけたことがあったのでエサ釣りの場合も竿出す本数の厳守と
ルアーの方もラインのたるみ具合も計算した釣りになるので気をつけないといけません。

今年の解禁は残るは3日。18日の釣行は北海道の遠征を考えていたのだが
断れない仕事がぶっこまれてしまったため磯かエリアかヒメマスか、
はたまたその両方取りかわからないが近場で済ます予定です。


今後の釣行予定
6/18 磯フカセもしくはエリア、湖。
7/2  北海道遠征予定
6/21~(数日) 近隣の貯水池などでバスの生息調査
7/1  鮎のルアーフィッシングにちょっかいを出してみます
7/1~ ようやくシーバスはじめます。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

nakakichiS

Author:nakakichiS
県北を中心にいろいろな釣りをしています。

カテゴリ
エリア別

フィッシングエリアUK(青森県) ユーランド清水川(岩手県) 尻別川フィッシングエリア 上浜釣り堀センター(秋田県) 岩姫フィッシング(岩手県) ビッグファイト松本 合子沢養魚場(青森県) いわなの村(青森県) 尚仁沢アウトドアフィールド(栃木県) しらこばと水上公園(埼玉県) アルクスポンド(栃木県) 朝霞ガーデン(埼玉県) プレイ・フィッシュ・プレイス(北海道) 408club(栃木県) フィッシングスペース爆釣(栃木県) 鬼怒川フィッシングエリア(栃木県) 

最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
2017目標
(淡水・ネイティブ)
サクラマス 0/1
尺物渓流魚 0/3
コイ60オーバー 0/2
バス40オーバー 0/2
ナマズ 0/1
ヒメマス 0/30
タナゴ  0/10

(淡水・エリア)
イトウ 0/3
60アップ 4/10
釣行日数 7/15

(ソルト・ネイティブ)
シーバス   0/1
黒鯛      0/3
      ※(餌限定)
アジ    0/100
    ※(ルアー限定)
ソイ・メバル等30+/15
    ※(4月までで)
ハタハタ 0/3(日数)

(その他)
長距離遠征    0/3
2017/4/25現在
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。